海外事情 2022年  1月  24日号

今週は、航空会社のイノヴェーションに関する記事が多かった。

シンガポール航空が、シンガポール国立大学と提携した2つ目のラボ(デジタルラボ)を立ち上げた(「1. (TJ). シンガポール航空、デジタルラボ立ち上げ」)。

 

ルフトハンザイノベーションハブ(LIH)の最新のレポートが、運輸会社のトップ10のランキングの中で、アメリカン航空のタッチレスバッグドロップステーションに加え、電動垂直離着陸機開発会社Vertical Aerospaceへの投資と、ユナイテッド航空のBoom Supersonic社が開発する15機のオーバーチュア航空機(超音速航空機)発注のイノベーションにハイライトを当てていると伝えている。 この記事は、AirAsiaのスーパーアプリ、JetBlue Technology Venturesの複数テック企業への積極的投資についても報道している(「5. 運輸会社の2021年イノベーション」)。

 

「11. 航空会社ロイヤルティ倶楽部にとってのNFTとメタバース」は、航空会社のロイヤルティプログラムの潜在的な使用例として、NFT航空券とメタバースのデジタルラウンジ構築を提案している。 「14. 社説:メタバースとNFTは旅行業界のバズワードになるか」が、『デジタル空間で構築することの利点の1つは、カスタマイズされたエクスペリエンスを形成することがはるかに簡単になると言うが、実際にこれらのブロックチェーンの旅行への応用は、まだまだ先のことになるようだ』と述べている。

 

仮に、メタバースのデジタル空間で旅行のカスタマイズが容易になれば、その旅行履歴データの蓄積によるパーソナルな旅行の提案も合わせて容易になるはずだ。 NFTやメタバースの新技術を使った旅行販売の方法が大きく変わることは間違いなさそうだ。 そうなれば、オフラインの旅行販売会社の将来は、どうなるのだろうか?

 

ツアーのオンライン販売を手がけるTourRadar(2010年6月創立、本社オーストリア、累計資金調達額 $66.5M)は、着々と事業を拡大増加している(「8. VIDEO: TourRadarの複数日ツアーB2B機会」)。

(編集人)

目 次

1. (TJ) シンガポール航空、デジタルラボ立ち上げ

2. (TJ) TUIとギリシャの持続可能性ツーリズムイニシャティブ

    (TJ) = トラベルジャーナル 2月14日号参照

3. トップホテルブランド、2022年流通とマーケティング改善必要

4. 新興企業の舞台:Staypia

5. 運輸会社の2021年イノベーション

6. マリオット、ロボット新興企業と提携

7. Sonder上場                                                                      閲覧第2位

8. VIDEO: TourRadarの複数日ツアーB2B機会                   閲覧第5位

9. OTB長距離旅行に賭ける

10. TUI、トランスファーのシェア最適化に機械学習追加

11. 航空会社ロイヤルティ倶楽部にとってのNFTとメタバース      閲覧第1位

12. 旅行者、2022年旅行支出拡大、ポイント使用

13. 旅行業界に浸透している消費者トレンド                     閲覧第4位

14. 社説:メタバースとNFTは旅行業界のバズワードになるか

15. エアビー、宿泊客保険追加

16. VIDEO: 複雑な航空流通の世界を暴く                                   閲覧第3位

17. 1月17日の週の資金調達記事

3. トップホテルブランド、2022年流通とマーケティング改善必要

このような激動のCOVID時代において、ホテルが流通の最適化に関して本領を発揮するのに苦労していることは驚くに値しない。 2021年に世界最大の上場ホテルグループ(およびいくつかの小規模チェーン)がどのように業績を上げたかを調査する新しいレポートが、来月Fornovaによって発行される予定だ。

私たちのチームは収集したデータを調査および分析し、主要企業間で非常に複雑な状況にもかかわらず、全体的に改善の大きな機会があることがすでに分かった。 ホスピタリティ業界は、過去2年間で頭を悩ませてきた。 流通、収益管理、およびマーケティングチームは縮小された。 残された人々は、かつてないほどのプレッシャーにさらされている。 ゲストを引き付けるだけでなく、失われた利益を取り戻すことも求められる。

すべてを最適化する  Optimizing everything

現在、ホテル経営者は、オミクロンの亜種が業界にさらに大きな打撃を与えるか固唾を飲んで待っているので、終わりの始まりの希望が延期されている。 それでも、すべての混乱の中で、ホテル経営者は流通を最適化するためにできる限りのことをすることが不可欠である。 そして明らかなことは、主要なホテルグループでさえ彼らの流通戦略を新たに見直さなければならないということだ。

今日の流動的な環境では、宿泊客を呼び込むために以前に働いていたことが、もはや収入と利益を生み出すための最も効果的な方法ではないかもしれない。

さらに、パンデミックでは、いくつかの主要な流通チャネル間で大きなダイナミクスに変化が見られた。 メタサーチのプラットフォームは、専用のホスピタリティサービス、機能、さらには支払いモデルを拡張することで、ゲームを強化した。 特にGoogleは、代替のペイパーステイ(PPS)入札戦略を開始することによってホテル経営者向けのクリック課金キャンペーン(PPC)を実行することによる投資とキャンセルのリスクを排除しながら、潜在的なゲストがCOVID関連の基準(柔軟なキャンセル、子供の占有、目的地の制限など)で結果を簡単にフィルタリングできるようにした。 Google Hotel Adsは、結果とROIが不確実な前払いのマーケティング費用ではなく、リスクのないゲスト滞在後の流通手数料として分類できるようになった。 同時に、一部の地域で旅行制限が緩和され始めたため、ホテルでは、より安心して最新のローカルルールにアクセスしたいというゲストからの直接ビジネスが増加した。 ブランドの自社ウェブサイトだけでなく電話予約も増えた。 流通(直接的、ホテルのWebサイトにトラフィックを誘導するためにPPCを使用するか、OTAなどを介して間接的に)は、ホテルがサービス品質レベルを損なうことなく最適化および潜在的に削減できる唯一の変動費であると同時に、オフとオンラインの両方で、ゲストの満足度、そして最終的にはホテルとブランドの評判に重大な影響を与える。

直接戦略  Direct strategy

直接予約は、ゲストの共感を呼ぶ強力なブランドを構築し、ロイヤルティを育み、ホテルに直接予約することで最高の価値を提供するという認識を促進するインセンティブを開発することに依存している。 OTAとの競争と提携の両方で、ホスピタリティのシェアで優位に立つ一方で、ホテルは流通マトリックスのあらゆる側面を最適化する必要がある。 現状では、多くのホテル経営者は、適切なチャネルからの適切な予約ではなく、予約の取得のみに焦点を当てたフラットな流通アプローチを採用している。 ほとんどのホテルでは、直接予約のコストは流通経由の約8%であるため、直接予約に影響する詳細なミクロの問題と業界全体のマクロの課題の両方を完全に理解し、チャネル全体のレートの整合性を積極的に監視し、それに応じて迅速な行動を取る、そしてそれらが流通を最適化するための鍵となる。 ホテルチェーンが真に流通を管理するためには、全体像を把握する必要がある。 つまり、ローカルレートのショッパーや1つまたは2つのOTAプロバイダーに焦点を合わせるのではなく、グローバルな競合他社が何をしているのかを学ぶ必要がある。 ビジネスインテリジェンスデータの単一のハブの周りにチームを配置することで、チームは各流通チャネルを最適化し、競合他社に先んじて、収益のパフォーマンスと利益を改善する機会を特定できる。 Fornovaは、プロパティ所有者、管理会社、ホテルチェーンから、流通の健全性が競合他社とどのように比較され、改善のために何ができるかを定期的に尋ねられる。 そのため、Fornova DIのユーザーがログオンしたときに表示される業界で認められたFornova Distribution Health Scoreを採用して、Distribution Healthによる世界のホテルメジャートップ7の史上初のデータベースの公開ランキングを作成することにした。

これまでの流通パフォーマンスのレビューからの驚きの1つは、Choice Hotels Internationalのパフォーマンスがいかに優れているかということである。

その他の注目すべき結果は、AccorとIHG(InterContinental Hotels Group)の分布の健全性スコアが弱かったことで、どちらも他のチェーンよりも大幅に低く、どちらも補うべき多くの根拠が存在する。 また、Marketing Effectiveness Scoreを推定するための2番目のアルゴリズムを作成した。 メタサーチはホテルのウェブサイトトラフィックの2番目に大きいソースであり(オーガニック検索に次ぐ)、ホテルがそのトップ結果ページに表示される回数の割合を測定することでマーケティングチームの効果を定量化する機会を提供するため、メタサーチに焦点を当てることにした。 もちろん、メタサーチのパフォーマンスを最適化して、投資収益率を高め、OTAパートナーとの活動を補完することは非常に重要である。 知らない人のために、FornovaはGoogle、Trivago、Tripadvisor全体で数十億のデータポイントを監視している。 これらの3つは圧倒的に最も支配的なプレーヤーであり、メタサーチエンジンからの需要のほとんどすべてを占めている。 また、上位のメタサーチ結果の中でホテルの概要を測定することは、マーケティングチームのすべての活動を完全に反映するものではないことを理解しているが、評価に使用できる最も客観的に測定可能な基準を見つけることに注力した。 例外がある。 たとえば、予算上などの理由でメタサーチへの投資を拒否した企業の場合、チェーンのMarketing Effectiveness Scoreは、チェーンの能力を表すものではないが、チェーンのマーケティングチームを低くランク付けして不当に扱う。

マーケティングに関しては、過去8か月でメタサーチのパフォーマンスが最も高かったホテルグループは、メタサーチに十分な予算を割り当て、それらの予算を最適に管理しているホテルグループであることが判明した。 私が見たデータによると、トップパフォーマーはAccorとMarriott Internationalの2社であり、常に同業他社を上回っていた。 Choice Hotels InternationalとWyndham Hotels & Resortsでは、2021年4月から2021年11月までの期間に改善が見られたが、チChoiceのパフォーマンスはやや圧倒的であった。 このような不確実な時代に確実性を見つけることは難しい質問である。 ホテルの所有者と運営者が将来を守るための最善のチャンスは、データに目を向けることである。 データを活用して流通とマーケティングのパフォーマンスを最適化し、回復力のある収益と利益をもたらす。

主要グローバルホテルグループのDistribution Health and Marketing Effectivenessに関するFornovaのレポートは2月に公開される。 いますぐ登録を。

(1/17 https://www.phocuswire.com/even-top-hotel-brands-need-improve-their-distribution-marketing-performance-2022?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

4. 新興企業の舞台:Staypia

Staypiaは、人工知能と機械学習テクノロジーによって自律的に実行される世界初のホテル予約サービスであると主張している。 韓国を拠点とするホテル予約サービスは、316万のホテルの最低価格を検索し、30%の割引を提供する。

Staypia.comのメンバーは、主要なホテル予約サイトで利用可能な最低市場価格よりも低い価格でホテルを予約できる。 メンバーシップは無料で、コストは一切かからない。 AIを使用して運用コストをほとんどかけずに実行しているため、競合他社よりも大幅に低い手数料を請求でき、それでも利益を上げることができる。 また、ソーシャルメディアのインフルエンサーと提携して、メンバーシップを有機的に成長させている。 Staypiaは、主要なAIトランスフォーメーションソリューションのスタートアップであり、AWSの高度なテクノロジーパートナーであるMycelebsの独創的考えによるものである。 ビッグデータの処理と視覚化、機械学習、リアルタイム更新を組み合わせたAI主導のサービス自動化エンジンを使用してStaypiaを構築した。 私たちはテクノロジーを使用して、従来の人的資源の多い業界に効率をもたらしている。 AIとデータ管理ソリューションを使用して、サービスを改善し、リアルタイムの旅行トレンドとパーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供できる。 また、旅行サービスプロバイダーと提携して、成長に合わせて新機能を“プラグアンドプレイ”できるため、メンバーは最終的にアプリで旅行全体を計画できる。

(1/18 https://www.phocuswire.com/startup-stage-staypia-uses-AI-to-give-travelers-maximum-discount-on-hotels?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

5. 運輸会社の2021年イノベーション

メディアの話題が旅行の革新を実証するための指標である場合、ルフトハンザイノベーションハブの最新のレポートは興味深い読み物だ。 LIHのTNMTニュースレターでは、2021年に最も多くのヘッドラインを生み出した企業を、特にイノベーションに焦点を当てて取り上げている。 この調査では、航空会社、エアタクシー、都市のモビリティを調べ、“専用の調査監視ツール”を使用して1年間の報道をスクリーニングしたと述べている。

このレポートでは、運輸会社のトップ10のランキングを示しており、アメリカン航空とユナイテッド航空が航空会社の要約の最初の2つのスポットを占めている。 このレポートは、2021年にメディアの注目を集めたAAのタッチレスバッグドロップステーションにハイライトを当てている。 同社の電動垂直離着陸機を開発しているVertical Aerospaceへの投資も、この1年で大きな話題となった。 ユナイテッド航空は、Boom Supersonicと15機のオーバーチュア航空機(超音速航空機)を購入することに合意したことでメディアの話題を呼んだ。 おそらくトップ10に含まれていないことで目立つのは、AirAsiaやJetBlueなどの航空会社である。 AirAsiaには、フライト以上のものを販売することでオンライン旅行代理店への挑戦者になるというその野心的な計画について多くの人々の話題となった。  また、スーパーアプリの ライドヘイリングサービスと生体認証による顔認識も発表した。 一方、JetBlueは、JetBlue Technology Venturesを通じて、Transparentへの投資や、投資家としてJoby Aviationの話題を共有するなどの多くの発表を行った。 また、水素燃料の流通とストーリー会社のUniversal Hydrogenにも投資した。

エアタクシーの上昇 Air taxi uplift

LIHのレポートによると、エアタクシー会社が2021年のメディアの注目を集めた。 前述のJoby Aviationは、エアタクシーのランキングで100件のうちのトップの言及があり、VerticalとLiliumがそれに続く。 他の注目すべき発表の中には、VerticalとLiliumが特別買収会社(SPAC)を介して株式市場に上場する計画があった。 Verticalはまた、昨年末にSPACを介してニューヨーク証券取引所に上場し、10月に2億500万ドルの資金調達を発表した。

Amazonは、都市のモビリティのヘッドラインに関するニュースを先導した。

これは、LIHが指摘しているように、Amazonの電気トラックのスタートアップであるRivianの投資に起因している可能性がある。 このオンライン小売大手も、2020年に買収した自動運転会社Zooxの所有権が、注目を集めている可能性がある。 Ola Electricは都市モビリティランキングで2番目のスロットを獲得し、Teslaは3番目になった。

GoogleのWaymoまたはMicrosoftのGeneral MotorのCruiseへの投資が、トップ10に登場しなかったことはおそらく驚くべきことである。

(1/18 https://www.phocuswire.com/transport-companies-gaining-buzz-for-innovation?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

6. マリオット、ロボット新興企業と提携

Marriott Internationalは、ホテル業界向けのR&Dラボであるホテル大手の新しいMarriott Design Lab一部として、ロボット工学と建築のスタートアップOriと提携している。 ラスベガスのCESで発表されたパートナーシップを通じて、Marriottは客室にOriの様変わりの家具(transformable furniture)とスペースソリューションテクノロジーを装備し、旅行者に新しい種類の部屋と体験へのより多くの柔軟性とアクセスを提供する。 ニューヨークのブルックリンを拠点とするOriは、エンジニアリング、テクノロジー、デザインの専門知識を組み合わせて、柔軟で多機能なスペースを作成している。 このスペースは、1つ部屋を2つの部屋に効果的に増室するため、より持続可能性である。

Marriottの本社にある10,000平方フィートを超えるラボスペースで構成されるMarriott Design Labは、短期的で明確な問題に対処するとともに、新しい設計、テクノロジー、および機会スペースの将来を検討する。 ラボの最初の重点分野には、建設、持続可能性、新しいゲストエクスペリエンスの作成が含まれる。

追加のパートナーには、LG ElectronicsとCarrierが含まれる。

(1/18  https://www.phocuswire.com/marriott-partners-with-robotics-startup-to-reimagine-guest-rooms?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

7. Sonder上場

ホスピタリティ企業のSonderは、Gores Metropoulos IIとの企業結合を通じて設立された特別目的買収会社(SPAC)を介して、明日1月19日にNASDAQに上場する。 2014年に設立されたサンフランシスコを拠点とするSonderは、2021年10月の時点で19億ドルの価値があった。 その普通株は、ティッカーシンボルSONDでリストされる。 SPAC取引は、Gores Metropoulos II、Fidelity Management&Research LLC、BlackRockの子会社が管理するファンドとアカウント、Atreides Management、Senator Investment Groupなどの投資家から約3億1,000万ドルのPIPE(パブリックエクイティへの民間投資)資本をもたらす。 Sonderは、1億6,500万ドルの遅延ドローノート(delayed draw notes)も利用し、Gores Metropoulus IIの信託口座に最大4億5,000万ドルの現金を持っていると述べている。 
2021年の第3四半期に、Sonderは6,750万ドルの収益、RevPARの126ドルを報告し、2021年の総収益の見通しを2億ドルから2億500万ドルに引き上げた。 Sonderの共同創設者兼CEOであるFrancis Davidsonは、「旅行業界はパンデミックの進行に逆風に直面しているが、Sonderは急速な成長を続けており、ビジネスモデルの回復力を証明し、新たなトレンドや旅行者のニーズに迅速に対応できることを示している。 第2四半期と第3四半期の両方で記録的な四半期収益を達成し、旅行の将来について積極的に楽観的である」と述べている。

Sonderの16,000を超える宿泊施設は、客室から設備の整ったスイートやアパートメントに至るまで、10か国の35を超える市場に存在する。 同社は2021年の後半に全米に25以上の新しい建物を追加した 。  2022年のPhocusWireのトラベルムーバーおよびシェーカーの1人であるDavidsonは、モントリオールの大学在学中にSonderを設立した。 投資家向けプレゼンテーションで、同社は2025年までに77,000ユニットに成長し、不動産レベルの利益率を30%以上にする計画であると述べている。

(1/18 https://www.phocuswire.com/sonder-debuts-on-public-markets-with-1-9b-valuation?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

8. VIDEO: TourRadarの複数日ツアーB2B機会

状況が厳しくなると、適応して生き残るための潜在的な新しい収入源を探すのは困難である。 このパンデミックにより、 TourRadarは立ち止まり、今後の製品の観点からどのように成長できるかを考える時間ができた。 共同創設者兼CEOのTravis Pittmanは、チームがB2Cアドベンチャーツアー製品を再販業者の手に渡す大きな機会があることに気付いたと言う。 同社はB2Bマーケットプレイスから約2,500の異なるツアーオペレーターを販売しており、現在、アドベンチャーブッキングプラットフォームを介して旅行代理店やその他の再販業者がこれらを利用できるようにしている。 TourRadarは、Flight Centreの旅行代理店向けの数日間のアドベンチャー予約システムの開発をすでに発表している。 最近のPhocuswright ConferenceのPhocusWire Studioで、Pittmanは、チームは「多くのプロダクトを販売に出した」と述べているが、B2B販売は大きなチャンスと見なされていた。 誰もが推測できる大きさであるが、複数日にわたるツアーのほとんどがオフラインで販売されているため、B2Cよりもチャンスが大きくなる可能性がある。 Pittmanはさらに、パンデミック時の製品投資と、数日間のツアーが消費者から自分の泡で旅行したいという欲求(the desire from consumers to travel in their own bubbles)にどのように影響したかについて話し合う。

彼はまた、パンデミックが終わった後も残る傾向について話す。

 (1/18 https://www.phocuswire.com/TourRadar-on-the-B2B-opportunity-multi-day-tours?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

9. OTB長距離旅行に賭ける

On the Beach Group(OTB)は、OTBブランドとクラシックブランドの両方を通じて、2022年に長距離ホリデーシーズンの提供を拡大することを目指している。英国を拠点とするこのパッケージ旅行スペシャリストの2021年通年業績結果は、2020年の3,370万ポンド、2019年の1億400万ポンドと比較して、2,120万ポンドの収益を報告した。 On the Beachブランドの収益は、2020年の約1,600万ポンドに対し、2021年には1,300万ポンドであった。

ブランドは、29百万ポンドの営業損失とほぼ19百万ポンドのEBITDA損失を報告した。 同社の年次報告書は、長距離および定期航空会社をサポートする新しい機能を構築し、新しいサプライヤーをペースに合わせて追加できるようにしたと述べている。 また、OTBは、企業のデータプラットフォームを最適化して、パーソナライズを強化し、顧客の生涯価値を高めることに重点を置いているとも述べている。 過去2年間で、On the Beachは、2つの別々の株式発行を通じて9千万ポンド以上を調達した。 OTBによると、2021年9月末現在、現金は5,600万ポンド、未使用の信用枠は7,500万ポンドとなっている。

年次報告書はまた、2021年の1,000万ポンドの例外的な項目を強調している。 これは、COVID-19およびそれに関連するキャンセルの推定に起因する。 この数字は、2020年の4,200万ポンドと比較される。 同社は昨年5月、ウイルスに対する不確実性が続いているため、2021年夏の休暇を販売しないと発表した。

(1/19 https://www.phocuswire.com/on-the-beach-results-2021?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

10. TUI、トランスファーのシェア最適化に機械学習追加

グローバル観光企業TUI Groupは、ボストンベースのMOBI Systemsと提携して、世界中の顧客に提供する交通サービスを改善している。 TUI Groupは、2019年に3,100万人以上の顧客に、空港、ホテル、その名所旧跡間のトランスファーを販売している。 TUIは、今月からMallorcaで始まり世界中にロールアウトするMobi Systemsの機械学習技術と統合された大規模なバス、シャトル、車など、共有輸送(shared transportation)を管理するための新しいプラットフォームを使用している。 このシステムは、フライト、ホテル、顧客数などのTUIの顧客予約データを使用している。 フライト遅延、トラフィック、天気、車両のインベントリについてのデータとともに、最も効率的な転送計画を計算し、TUIアプリを介してバス会社、運転手、旅行者へのルートとタイミングをリアルタイムで自動的に通信する。 Tui Musementの最高のデジタル責任者であるPeter Ulwahnは、「常に私たちのゲストの緊張の源がある重要な分野の1つは空港とそのトランスファーである。 私たちは、バスが遅れると、最初のホテルまでの時間と停車するホテルの数を披露できる技術を初めて持っている。 私たちが目指していたことは、私たちの顧客がすべての乗り物共有サービス(ride-sharing services)を使って慣れてきたUberスタイルの情報の種類であった」と語る。 旅行者のためのストレスを減らすことに加えて、Ulwahnは、Mobiの機械学習技術は必要に応じてルートを自動的に再計算し、タイムリーな手動プロセスを排除し、より良い車両最適化とルーティングを通して運用コストとCO2排出量を削減する。 「機械学習などの新技術を統合し、より速く、より安定しているより正確なプラットフォームを介して最高の顧客経験を届けるのを支援する」とUlwahnは言う。 プラットフォームは空港送迎のために発売されているが、Ulwahnは最終的には小旅行、マルチデイツアー、クルーズ乗客のための交通機関にも使われるダロウと期待している。

(1/19 https://www.phocuswire.com/tui-adds-machine-learning-to-optimize-its-shared-transfer-platform?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

11. 航空会社ロイヤルティ倶楽部にとってのNFTとメタバース

新たなテクノロジーやトレンドにリモートで追いついてきたのであれば、NFTとメタバースについては確かに聞いたことがあるだろう。 これらの用語は、あなたが参加したくないディストピアのフィクションの始まりのように聞こえるかもしれないが、適切な方法で使用された場合、いくつかの興味深い実世界のユースケースも提供する。 これは航空業界に当てはまる。 航空業界は、過去10年間に新しいテクノロジーの影響を特に受けてきた。 具体的には、航空会社のロイヤルティプログラムがNFTとメタバースでどのように再考されるかを見るのは魅力的である。 始める前に、これらの新しいテクノロジーがまだ初期段階にあることを指摘しないのは無責任だ。 つまり、将来は明確ではないため、予測はせいぜい曖昧である。 それを理解した上で、少し楽しんで水晶玉(crystal ball)を見​​てみよう。

NFTとメタバースとは何か?  What are NFTs and the metaverse?

なじみのない人のために、NFTとメタバースのいくつかの高レベルの定義を使用してベースラインを確立することから始めよう。 NFTは非代替トークンの略(そうです、それはひどい名前である)。 非代替可能とは、他のアイテムと互換性がないものを表すために使用する経済用語である。 これらは独自の特性を持っている。 基本的に、これらのトークンは、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンによって保護されているため、一度に1人の公式所有者しか持てない一意のオブジェクトの所有権を表す。 これは、所有権の記録を変更したり、新しいNFTをコピーして貼り付けたりすることはできないことを意味する。

さて、メタバースに移ろう。 FacebookがMetaのブランド名に変更して以来、メタバースはトレンドトピックとなっている。しかし、この言葉の最初の言及は、Neal Stephensonのディストピア小説“Snow Crash”が出版された1992年に遡る。 Snow Crashのメタバースは、パーソナル端末とバーチャルリアリティゴーグルを介してアクセスできる3Dバーチャルリアリティ空間だ。 おなじみですか? Mark Zuckerbergは、それを「見ているだけでなく、体験している具体化されたインターネット。これをメタバースと呼ぶ」と説明する。 最も単純なものに要約すると、メタバースは、ユーザーがコンピューターで生成された環境や他のユーザーと対話できる仮想現実空間として説明できる。

現在のNFTとメタバースのユースケース  Current NFT and metaverse use cases

簡単にコピー&ペーストできるmonkey jpeg(Bored Ape Yacht Club)を購入することの無意味さについての皮肉(quip)が広まっていることを完全に理解している。 ただし、それよりも少し微妙な違いがあることに加えて、理解する必要があるのは、これらのテクノロジーを中心に実際のユースケースがまだ開発されていることである。 最高のものは、現実の世界とデジタルの世界を一緒にブレンドする。 現在NFTで最も一般的な使用例の1つは、ある種のメンバーシップまたは排他的アクセス(つまり、単なるランダムな画像ファイル以上のもの)でデジタル資産を倍増させることである。 Bored Ape Yacht Clubの場合でも、所有者は「類人猿のswamp clubの会員」になります(あなたがこれを読んでいるとは信じられないのと同じように、私が書いているとは信じられない)。

より関連性の高いユースケースを見ると、メンバーシップがNFTとして購入される最初のメンバー限定のプライベートダイニングクラブができた。 Flyfish Clubのメンバーは、ニューヨーク市の象徴的な場所にある10,000平方フィート以上に及ぶプライベートダイニングルームに無制限にアクセスできる。

アクセスの面では、特にスポーツに関しては、NFTはチケットの世界を突破している。  ナショナルフットボールリーグ(NFL)は、Ticketmasterと提携して、選択したNFLゲームのチケットをNFTとして作成している。

チケットを購入したファンは、Ticketmaster NFTマーケットプレイスを通じて無料のNFTバージョンを受け取る。 このマーケットプレイスでは、リーグ内の32のクラブすべてに限定数の記念NFTも販売している。 全米バスケットボール協会(NBA)とそのチームも、NFTイニシアチブの展開を開始した。 ファンはNBAのSummer Leagueを記念するNFTを購入できるが、Dallas Mavericks やSacramento Kingsのチームは独自のイニシアチブを持っている。

メタバースに関して言えば、最も明白なユースケース領域の1つはゲームだ。 初期のより有名な例の1つは、2003年に発売されたSecond Lifeである。

Second Lifeは、人々が自分でアバターを作成し、オンライン仮想世界でSecond Lifeを利用できるようにするオンラインマルチメディアプラットフォームとして説明されている。 議論を今日人気のあるものに持ち込もう(Second Lifeはまだ約100万人のアクティブな月間ユーザーを誇っているが)、子供たちが遊んでいるものを見てみよう。 過去数年間で最もプレイされたゲームの1つは、3億5,000万人の登録ユーザーを持つFortniteである。 Fortniteを興味深いユースケースにしたのは、それが典型的なオンラインマルチプレイヤーゲームを超えて、ブランドエンゲージメントの機会がぎっしり詰まった真に没入型の体験になったということだ。 これには、Ariana Grande やTravis Scottの人気アーティストとのコンサートが含まれる。 そして、Fortniteだけではない。 オンラインゲームプラットフォームのRobloxは、仮想世界でLil Nas XとTwenty One Pilotsのコンサートを主催している。 封鎖と渡航禁止令を特徴とする世界の現状を考えると、メタバースは、私たちが互いに交流し、経験を共有するためのより魅力的なチャネルになりつつある。 例として、Kambrにいる私たち自身の労働力に目を向ける必要がある。 チームの構成が分散していることを考慮して、オフィスを仮想化し、独自のメタバースGatherを作成しました。 これは、「仮想インタラクションをより人間味のあるものにするために設計されたビデオチャットプラットフォーム」と呼ばれる。 私たちのバーチャルオフィスは、プライベートデスクと会議室、そして私たちが一緒に遊ぶための共同スペースとゲームで構成されている。 同僚は、参加リンクをクリックするだけでアバターを作成し、Kambrメタバースを自由に歩き回ることができる。 最高の機能の1つは、アバターがお互いに歩いているときにすぐにチャットを開始できることである。 これにより、ウォータークーラーの会話がデジタル時代にもたらされる。

そして最後に、航空業界内で起こっているユースケースさえ存在する。 Boeingは、150億ドルのデジタル刷新の一環として、メタバースに航空機を建設すると発表した。 OEMは、Microsoft Hololensヘッドセットを利用し、ロボット工学への依存度を高め、情報の単一の統合デジタルエコシステムを開発することを計画している。 これらは、すでに存在するか、概念化されているいくつかの異なるユースケースのほんの一部である。 可能性は本当に無限だ。

航空会社のロイヤルティプログラムの潜在的な使用例  Potential use cases for airline loyalty programs

次に、これらの概念を航空会社のロイヤルティプログラムに適用することの楽しい部分に移る。 トークンスペースですでに行われていることを考えると、最初の論理的なユースケースは、航空券にNFTを適用することである。

#avgeeksのお気に入りのアクティビティの1つは、すべてのフライトを記録することである。手動のスプレッドシートを使用し続けるものもあれば、My FlightLogなどのアプリを使用するものもある。 マイレージサービスのアカウントにログインしている間、またはマイレージサービスの番号を提供しているときにチケットを購入するたびに、このプロセス全体がシームレスに統合されたと想像してみて欲しい。 旅行が完了すると、アカウントにログインして、航空機情報、到着時刻と出発時刻、座席の割り当て、出発地と目的地など、旅行のすべての詳細を含むNFTを見つけることができる。 一方、処女飛行、引退する航空機、特別な目的地、特別運賃クラス、特別なテーマのフライトなど、特別なフライトに乗れる特別版のNFTを販売することもできる。 航空会社は、他のブランドと提携して、特別なNFTフライトチケットを購入することで、独占的なコンテンツ(デジタルと物理的の両方)のロックを解除することもできる。 Nikeが珍しいスニーカーを発表したり、Diorが限定版の香りを作ったり、チームやミュージシャンがイベントの目的地と限定チケットを組み合わせたりするかもしれない。 たくさんの機会がある! もちろん、これらすべての瞬間は、マイレージプログラム内のティアに向かってマイルを集める。 旅行者がブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナなどをヒットすると、独自のデジタルおよび物理的な特典のセットを使用して追加のNFTのロックを解除し、航空会社と一緒に飛行するインセンティブを追加できる。

メタバースをこれに組み合わせるときは、まったく新しい可能性の世界を実際に解き放つときだ。 たぶん、ある日、マイレージプログラム全体がメタバースに住んでいる。 少なくとも、空港ラウンジのまったく新しいデジタルレベルを作成できる。 私たちの多くにとって、マイレージサービスを利用することの最大のメリットの1つは、ラウンジへのアクセスを取得することである。 ラウンジへのアクセスが、排他的なデジタルワールドへのメンバーシップを取得することも意味し、飛行機に乗っていないときでもメリットを享受できるとしたらどうだろうか。 これは、航空会社がメタバースにデジタルラウンジを構築するときに現実になる(これらをMetaLoungesと呼ぼう)。 たとえば、旅行者は、ステータスに到達して維持するためにエアマイルを収集するだけでなく、デジタルラウンジに頻繁にログインして特定のタスクを実行することで、メタバースでXP(エクスペリエンス ポイント)を収集することもできる。 これにより、ロイヤルティプログラムにゲーミフィケーションのレイヤーが追加される。

これは、航空会社がマイレージプログラムに関連する環境問題を削減するのにも役立つ。 これで、フライヤーは、絶えず飛行機に飛び乗るのとはまったく別の方法でインセンティブを与えられるようになる。

では、次の質問は、なぜ誰かがMetaLoungeで時間を過ごしたいのかということだ。 無料の食事と無料のWi-Fiは対象外だ。 タスクは、独自のブランド拡張とエクスペリエンスを提供することである。 これは、Z世代がますます旅行市場を構成するようになるにつれて、より重要になるだろう。 多くの人にとってのマイレージサービスは、ポイントAからポイントBに移動するための代替可能な商品であり(そう、NFTの反対である)、つまり、これらの頻繁なフライトプログラムと価格以外では、ある航空会社を別の航空会社よりも選ぶインセンティブはあまりない。 大韓航空のマーケティングおよびIT担当エグゼクティブバイスプレジデントであるKenneth Changeは、IATA Digital Symposiumで「我々は、Z世代の旅客が急増していることを理解する必要がある。 [彼ら]の移動方法は異なる。 私たちが彼らに製品を提供しようとしているのなら、彼らは価格設定やタイムラインに基づいて[決定を下す]のではない。 彼らは経験に重点を置いている」と述べている。

ここでMetaLoungeに戻る。 航空会社が始める最も簡単な方法は、無駄な労力を費やす前に、すでに行われていることに便乗することだ。 デジタル空間で構築することの利点の1つは、カスタマイズされたエクスペリエンスを形成することがはるかに簡単になることだ。 たとえば、顧客情報を収集してアクティブ化することにより、航空会社は特定のセグメントが何を享受するかをよりよく理解できる。 たとえば、ミレニアル世代はコンサート、映画のプレミア、ゲームなどの特別なエンターテインメントにアクセスするかもしれないが、ビジネス旅行者は同じマイレージサービスの他の著名な個人とMetaLoungeでネットワークを築く機会に飛びつく。 #Avgeeksは、MetaLounge内の独自のスペースに収集および保存したすべてのNFTをインタラクティブに披露することで、コミュニティに参加するまったく新しい方法を実現できる。 独自のディープリンクを生成して共有するだけで、他のユーザーを“トロフィーケース(trophy case)”に導くことができる。 これにより、新規ユーザー(マイレージサービスの頻度が低い)をMetaLoungeに公開し、興味をそそる参入障壁も低くなる。 上顧客には、消費者が慣れ親しんでいる典型的なフリーミアムモデル(freemium model )を使用して、友人や家族に流通して新しいユーザーを引き付けるための期間限定のゲストパスを与えることもできる。 さらに、紹介プログラムを実装して、メンバーに転向したユーザーを連れてくるたびに、ポイントを獲得することもできる。 一時的な体験をホストする機会もある。 例として、デジタルチケットを“予約”し、特定の時間に搭乗するためにMetaLoungeに入る、最初のXの頻繁な旅客は、VRフライトに参加して、独占的なブランドパートナーのNFTを獲得することができる。 これにより、本物の世界の商品のロックが解除される。 衣類や荷物から、家の装飾や家電製品まで、何でも構わない。

AirAsiaなどが構築しているものを見て、航空会社が新しいビジネスモデルを探しており、不安定な燃料価格や需要へのショックなどの外部の脅威に対して組織を強化するために収益源を多様化していることを確認する必要がある。 NFTSとメタバースは、まさにそれを行うための独自の方法を提供する。

フルサービスの同業他社の数十億のマイレージプログラムを所有していないが、歴史的にはより機敏で、新しいテクノロジーやトレンドを迅速に採用できる格安航空会社(LCC)にとって、この機会は特に豊富である。 将来的には、航空会社はあなたを目的地に連れて行くだけでなく、目的地になるだろう。

著者:Joseph Vito DeLucaは、 Kambrのマネージングディレクター 。

(1/19 https://www.phocuswire.com/what-nfts-and-the-metaverse-mean-for-airline-loyalty-programs)

12. 旅行者、2022年旅行支出拡大、ポイント使用

COVID-19のパンデミックが社会に何かを教えたとしたら、それは貴重な時間である。 過去2年間で、多くの人々が家族や友人から切り離されたり、計画された旅行やイベントを逃したりしている。 今、彼らは自分たちのコントロールを取り戻す準備ができている – そしてそうするためにお金を使う。 Wakefield Researchと共同で8か国の5,500人の成人を調査したExpedia Groupの2022 Travel Value Indexによると、回答者の半数以上(54%)が、パンデミック前よりも旅行に多くを費やす予定であると述べている。 米国では、消費者は次の旅行に平均2,353ドルを費やす予定であるが、カナダと英国の旅行者はそれぞれ2,020ドルと1,830ドルを費やす予定だ。 スペクトルの下限では、日本人旅行者は平均して次の旅行に130ドルを費やす予定である。 これはおそらく、この地域での厳しい旅行制限と地元旅行の好みによるものである。 旅行者もロイヤルティプログラムに頼ることに熱心であり、回答者の5人に2人(40%)が、2022年の旅行の少なくとも一部にロイヤルティポイントを使用する予定であると述べている。 古い世代と比較して、Z世代の旅行者は最も多くのロイヤルティポイントを備蓄しており(61%)、ミレニアル世代(55%)とX世代(33%)がそれに続く。

消費者が2021年に言ったことと一致して、旅行者は、リーズナブルな価格で旅行を予約し、旅程を変更する能力が2022年に必須であると言う。 レポートによると、回答者の83%が、柔軟な運賃オプションが「異なる世界をもたらす」と述べ、85%が、オンラインでフライトを予約する際に割引料金が影響を与えると述べている。 旅行者はまた、より責任を持って意識的に旅行することを望んでおり、93%の人々が現在の観光労働者の不足のために旅行計画を適応させると述べ、98%がCOVID-19の地域社会への影響を考慮している。 旅行者のほぼ半数(43%)が、長蛇の列、労働者へのストレス、飛行機の乗り遅れを最小限に抑えるために、サービスと交通機関に余分な時間を追加すると答えている。  一方、半数以上(54%)は、旅行を持続可能なものにするためにより多くの料金を支払う用意があると述べており、49%は、観光公害の影響を減らすために混雑の少ない目的地を選択する。 需要の獲得 Expedia Groupは、旅行会社が​​キャンセルと変更のポリシーを明確に伝え、プランが変更された場合に旅行者が払い戻しまたはクレジットを確実に受け取れるようにすることを勧める。 このオンライン旅行の巨人はまた、旅行会社が​​、躊躇している消費者に旅行を再開するように促す以上のことをする、旅行者を引き付けるための新しいインセンティブを提供することを示唆している。 彼らはまた、大規模なロイヤルティポイントの差し迫った償還を考慮に入れ、業界の報酬プログラムで果たすことができる役割について考える必要がある。 この他に、Expedia Groupは旅行プロバイダーに、持続可能性への取り組みを強化し、環境に優しい旅行オプションについて消費者に追加料金を請求するようアドバイスしている。 「人々が目的志向の旅行を計画し、休暇時間をより重視し、ユニークな体験への投資を増やすことで、旅行はこれまでにない1年を経験しようとしている」、「それでも、旅行者はCOVID-19が続くにつれて、旅行の変更の可能性に備えて準備を進めており、手頃なさまざまなオプションを求めている。 安全と福祉(wellbeing)、革新的なソリューション、透明性の高いコミュニケーションを優先する旅行会社は、業界全体がサバイバルモードから加速する需要と成長に移行する際の明確なリーダーとなるだろう」 とExpedia for Businessの社長であるAriane Gorinは述べている。

(1/20 https://www.phocuswire.com/travelers-willing-to-pay-more-use-loyalty-points-for-trips-in-2022?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

13. 旅行業界に浸透している消費者トレンド

旅行の制限と完全な封鎖により、多くの消費者は過去2年間の優先順位を再考するようになった。 スポットライトは、環境への継続的な被害や、旅行予約におけるより柔軟な契約条件の必要性などのよりソフトな課題などの深刻な問題に置かれた。 Euromonitorは、2022年の世界の消費者動向トップ10レポートで、市場洞察企業が見ているさまざまな行動に応じて消費者のプロファイルを作成した。 すべての傾向が旅行に固有であるわけではないが、消費者の態度の変化は、業界に影響を与える可能性があり、すでに影響を及ぼしている。

当然のことながら、Climate Changersは、レポートで強調されている傾向の1つであり、2021年には消費者の3分の1以上(35%)が積極的に炭素排出量を削減したことを示している。 レポートによると、企業は“カーボンフットプリント認定”された製品とサービスを提供する必要がある。 旅行業界にとって、これは思ったほど簡単ではない。 さまざまな業種にわたる多数の認証スキームがさまざまなことを追跡しているからだ。 ここ数ヶ月、さまざまなレポートが、 持続可能な旅行の選択肢へのアクセスの欠如とコストに関する消費者の課題を浮き彫りにした。 旅行会社にとっては、緊急性やリソースの不足などの障壁が主な問題として指摘されている。

しかし、 Booking.comのレポートによると、消費者は旅行ブランドからのより持続可能なオプションを望んでおり、彼らは彼らにもっとお金を払っても構わないと思っていると主張している。 一方、過去1年間、デジタル遊牧民やどこからでも仕事ができる傾向についてはすでに多くの話題があり、EuromonitorのGreat Life Refreshへのスポットライトはそれをさらにサポートしている。

この傾向は、より良い仕事と生活のバランスを達成し、メンタルヘルスを改善し、より持続可能に生きたいという多くの人々からの願望につながっている。

SelinaからAirbnbまでの新興企業やより確立されたブランドは、このデジタル遊牧民の旅行者グループをターゲットにしており、パンデミックの間、単一の旅行者からカップル、家族、グループに拡大した。 現在、多くの大企業が従業員にどこで働くかを選択できるようにしているため、この傾向は続く可能性がある。 レポートで強調されているさらなる傾向である社会化パラドックスは、人々が仮想と現実の相互作用のバランスをとる独自の快適さのレベルを見つけたときに、 企業が従業員と消費者に対して柔軟であり続けることを求めている。

一方では、消費者はオンラインエンゲージメントに慣れているが、多くの人は今後さらに社会的交流を切望している。  この傾向調査によると、2021年には、世界の消費者の76%が家を出るときに健康と安全の予防策を講じていた。

旅行業界は顧客が戻ってくる必要があるが、 さまざまな快適さと不安のレベルにも対応する必要がある。

メタバースに移動  Move to the metaverse

メタバースは、Euromonitorの2022年の消費者動向調査にも登場する。

同社は、メタバースムーブメントと、デジタルエコシステムが消費者のつながり方をどのように変えるかについて語っている。 Euromonitorによると、拡張現実および仮想現実のヘッドセットの世界的な売上は、2017年から2021年にかけて56%増加した。 ただし、マスマーケットに参入する傾向にあるため、テクノロジーはより利用しやすくなる必要がある。 Disney Enterprisesは最近、テーマパークの訪問者のためにより没入型のカスタマイズされた体験を作成する仮想世界シミュレーターの開発について特許を取得した。

このレポートで強調されている旅行に浸透しているさらなる傾向は次のとおりである。

Backup Planners: この傾向は、サプライチェーンの問題が不足を引き起こしたときに代替案を探している消費者に関連しているが、サブスクリプションの傾向をたどる旅行でも明らかである。 eDreamsやTripadviserなどのオンライン旅行ブランドやLufthansaなどの航空会社は、旅行者が年会費で会員向けの製品やサービスにアクセスできるようにしている。

Digital Seniors: パンデミックの間、古い世代はデジタルに精通するようになり、要件に合わせた仮想製品の必要性が高まっている。 旅行中の多くの人は、仮想ツアーやアクティビティが高齢の旅行者に出発前に何を期待するかについての安心感をどのように提供するかについてすでにフラグを立てている。 レポートによると、2021年には60歳以上の人の82%が携帯電話を持っていたが、30%は製品のサポートのための音声アシスタントに慣れており、20%強は対面式の会議をパーソナライズするための顔認識ソフトウェアに慣れている。

金融愛好家(Financial Aficionados): この傾向は、消費者が自分の財務をより適切に管理できるようにすることだが、フィンテック製品だけでなく、支払いオプションやメカニズムに関する期待も促進する。 後払いの傾向は旅行業界ですでに明らかであり、UpliftやFly Now Pay Laterなどの企業が注目を集めて投資額を増やしている。 一方、TripActionsやHopperなどの企業は、新しい製品やサービスを利用して旅行予約の摩擦を解消している。

(1/20 https://www.phocuswire.com/consumer-trends-2022?oly_enc_id=9229H9640090J9N)

14. 社説:メタバースとNFTは旅行業界のバズワードになるか

「デジタル空間で構築することの利点の1つは、カスタマイズされたエクスペリエンスを形成することがはるかに簡単になることである」、これは、

KambrのマネージングディレクターであるJoseph Vito DeLucaが今週、PhocusWireに関する記事で、メタバースとNFTが航空会社のロイヤルティにとって何を意味するかについて引用している。 YES、私たちは少し前にメタバースについて話したが、私たちが再びそうしているという事実は、アイデアがどれほど急速に普及しているのかを物語っている。 編集スタッフとして、私たちは旅行やテクノロジーのプロバイダーからたくさんのピッチを受け取るが、メタバースやNFTに言及するこの数週間の流入はやや驚くべきものであった。

Disneyのメタバーススペースへの参入や、 TravalaやLynKeyなどから新たに立ち上げられたNFTソリューションなど、旅行に関連するこれらの開発のいくつかについて書いた。 しかし、ほとんどの場合、旅行におけるテクノロジーの適用はせいぜい曖昧だ。 DeLucaが指摘しているように、真実はこれらの解決策はまだ始まったばかりであり、彼が言うように、将来は“そう明確ではない”。

ただし、そこにはアイデアの核心があり、彼は航空会社のロイヤルティの潜在的なユースケースの健全な事例を示している。 NFTを航空券の発券に適用し、航空会社のラウンジをメタバーススペースに変換する。

とはいえ、旅行がデジタルトランスフォーメーションのどこにあるか(またはそうでないか)、そして依然として収益に影響を与えているウイルスを考慮に入れると、多くの旅行プロバイダーがこれらの分野に投資する場所や理由を理解するのは困難である。 さらに難しいのは、メタバースまたはNFTソリューションを大規模に構築する方法を確認することである。 確かに、そのアイデアについて考えるのは楽しいが、おそらく必然的かもしれないが、今までのある程度広く採用されているのを見ると、メタバース自体に存在しているとは思えない。

Mark Zuckerbergにどう思うか聞いてみるべきかもしれない。

(1/21 https://www.phocuswire.com/sounding-off-145-metaverse-nfts-buzzwords?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

15. エアビー、宿泊客保険追加

Airbnbは、オミクロンバリアントによって引き起こされた問題のために、ゲスト向けに製品とポリシーを更新している。 Airbnbは直ちに発効し、国境閉鎖や強制的な延長検疫要件などの政府の義務により予約をキャンセルしなければならなかったゲストに、将来の滞在のためのクーポンを提供するために2,000万ドルを費やしている。ホストのキャンセルポリシーで全額返金されない場合、Airbnbはゲストに予約の返金されていない部分の50%に相当する旅行クーポンを提供する。 Airbnbによると、アクティブなリストの3分の2近くが、チェックインの5日前(「中程度」のポリシー)またはチェックインの24時間前(「柔軟な」ポリシー)までキャンセルされた予約に対して全額返金される。 新しいクーポンプログラムは、チェックイン日が2021年12月1日以降の予約にさかのぼって適用され、すべての資金が割り当てられたとき、または4月30日のいずれか早い方で終了する。 クーポンの受取人は、2023年12月30日以前に到着した滞在の場合、クレジットを使用する必要がある。 プログラムから除外されるのは、Airbnb Luxe、Airbnb for Work、Experiencesの予約、および居住国が中国本土であるゲストによる予約である。 Airbnbによると、これら4つのカテゴリは異なる利用規約の対象であり、予約を確認する前にゲストに明確にされる。 予約の直前にCOVIDの検査で陽性となったゲストは、コロナウイルスに関連するAirbnbのExtenuating Circumstancesポリシーの 対象となるため、この新しいプログラムの対象にはならない。 同社は2020年3月にパンデミックに対処するためのポリシーを最初に更新し、一部のホストを混乱させ、COVID関連のキャンセルの費用をカバーするのを助けるため、Airbnbはホストに対して2億5,000万ドルを支払った。 Airbnbは、将来の滞在のための部分的なクレジットのこの新しい提供に加えて、この春に発売されるゲスト旅行保険商品を開発していると言う。 Airbnbによると、この製品は“評判の良い保険会社と提携して”開発されているという。 11月、AirbnbはAirCoverを開始した。 これは、以前の保険製品とペットによる損傷やディープクリーニングなどの追加補償を組み合わせたホスト向けの保険プログラムである。

(1/20 https://www.phocuswire.com/airbnb-adds-guest-insurance-partial-credit-for-some-covid-related-cancellations?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

16. VIDEO: 複雑な航空流通の世界を暴く

航空業界はNDCの採用に遅れをとっているが、いくつかの改善があった。

「誰もがNDCを綴り、言うことができるようになった」とSabreのマーケットプレイスセグメントのシニアバイスプレジデントであるTraci Mercerは述べている。 彼は、2021年のPhocuswright ConferenceのPhocusWire Studioで、業界は目覚ましい進歩を遂げていないものの、約10年前にNDCが導入されてから約10%前進したと述べている。 COVID-19パンデミックがターニングポイントとなった。 Mercerは、「危機によって利害関係者が一堂に会し、私たちは地獄を通り抜け、変化しなければならず、それは…私たちが未来についてどう考えるかにも当てはまるかもしれないと気づいた。 しかし、態度は一致しているかもしれないが、「商業的に推進されていることと、技術的には今日可能で実行できることとの間にはかなり大きな格差が残っている。 そして、それは私たちがもっと集中する必要があるところである」と言う。 Mercerは、データ収集に関するプライバシーと合法性にもっと注意を払う必要があると付け加える。

そうしないと、真のパーソナライズのアイデアは非常に困難になる。 航空会社は、売りたいものについてのサイロな見方から離れて、旅行者が何を必要とし、何を望んでいるのかを実際に検討する必要がある。Mercerは、PhocusWire編集長Kevin Mayとの会話の中で、航空会社の標準の状態、「軽量で薄い(light and thin)」UI / UXの必要性、そしてなぜ人間が将来のアドオンになるのかについても話し合う。

(1/21 https://www.phocuswire.com/unraveling-the-complex-world-of-airline-distribution?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

17. 1月17日の週の資金調達記事

  • 自動運転テック新興会社Wayve

自律型モビリティ技術のスタートアップWayveは、シリーズBラウンドで2億ドルを調達した。 ロンドンを拠点とする企業への投資はEclipse Venturesが主導し、多くの新しいグローバル金融投資家も関与した。 現在2億5,800万ドルを調達しているWayveは、この調達は「次世代技術をグローバルに展開するだけでなく、事業規模の拡大するのにも役立つ」と述べている。 Wayveの共同創設者兼CEOであるAlex Kendallは、「今日、私たちは、私たちが開拓したものを取り入れ、AV2.0を前進させるためのすべての要素を整えている。 輸送、食料品の配達、コンピューティングの世界クラスの戦略的パートナーと、コア自律プラットフォームを拡張するための最高の資本リソース、商用フリートパートナーとの製品の試用、AV2.0をグローバルに拡張するためのインフラストラクチャを構築した」と述べている。 多くの自動運転スペシャリストは、過去1年間に多額の資金を集めてきました。ごく最近、Vayは9,500万ドルの投資を発表し、42dotはシリーズAラウンドで8,850万ドルを発表した。

(1/19 https://www.phocuswire.com/Wayve-200M-Series-B?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

  • ブラジルのレンタル新興会社Tabas

9月に1億8000万ドルのシリーズCを調達したばかりのニューヨークを拠点とするアパート賃貸プラットフォームBluegroundは、ブラジルのスタートアップTabasの1,400万ドルのシリーズAラウンドをリードしている。 このラウンドは、Bluegroundが主導し、Echo Capitalと個人投資家のGuilherme WeegeとNelson Queiroz Tanureからの660万ドルの株式と、非公開投資家からの730万ドルの負債で構成されている。  2020年に設立されたTabasは、サンパウロとリオデジャネイロに360の家具付きのハイテク対応アパートメントを所有しており、少なくとも1か月の滞在が可能である。 同社は、2022年末までにブラジルで1,200のアパートに拡張するために資金を使用すると述べている。 また、家主向けの金融商品や企業旅行向けのB2Bソリューションなどの新しい業種も検討している。 タバスの創設者兼最高経営責任者であるLeonardo Morgattoは、「この新しい資本と、この分野でのBluegroundの8年間の経験を活用する機会により、私たちは成長と新しい市場の立ち上げをサポートするだけでなく、テクノロジーと才能にさらに投資して、来年の主要なマイルストーンを達成することができる」と述べている。 2013年に設立されたBluegroundは、Tabasと同様のモデルを使用しているが、より大規模で、北米とヨーロッパ、中東、アフリカの18の市場に5,500以上のアパートメントがある。同社の2021年9月のシリーズCは、総資金が2億5,700万ドルを超え、2025年までに50の都市と30,000のアパートに拡大する計画であると同社は述べている。 Bluegroundは、金融投資に加えて、その知識と技術をTabasと共有し、Bluegroundの共同創設者兼CEOであるAlex ChatzieleftheriouがTabasの取締役会に加わる。

(1/20 https://www.phocuswire.com/brazilian-rental-startup-tabas-raises-14m-led-by-blueground?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

印刷用ファイル