海外事情 2022年  2月  7日号

米旅行業界紙には、エクスペリエンス という言葉がやたら多く目につく。

この和訳が結構難しい。 旅行では体験と訳すのが適当なのだろう。

「8. テック大時代、エクスペリエンス最優先マスト」(閲覧第1位)では、エクスペリエンスは旅行の中心的な部分であり、“旅行の最良の部分”であると言っている。 

 

旅行のエクスペリエンスは、体験型観光とも言われている。 従来型の有名観光地を巡る旅行(滞在型観光あるいは物見遊山型観光)ではなく、目的地で、そこのローカル文化や社会や自然を直接肌で感じた、旅行者個人が本当に体験したいパーソナルな嗜好に合った旅行ということになる。 だから旅の形式も団体旅行から個人旅行(パーソナルな旅行)に変化した。 最近の旅行者たちの中には、“旅行者ではない旅行者” となって、ローカルの人たちのようにそこに一時的に滞在したいと思っている人達がいる。

 

目的地におけるエクスペリエンスは、パーソナルな嗜好が同じではないように旅行者によって異なり、当然のことながら千差万別だ。 そこで、旅行の販売業者には、パーソナルな旅行を提案するために、Amazonのリコメンデーションエンジンのようなデータ駆動型テクノロジーによる旅行者嗜好分析が必要になってくる。 デジタルファースト戦略(トラベルテック前進戦略)が優先順位のトップになる所以である。 しかし、「14. 顧客中心視点のデジタル化最優先」が言っているように、そのベースにはカスタマーファーストの考えが必須となる。

 

旅行体験のコンテンツは多岐にわたるので、専門家によるアドバイスも必要になる。 DMOの強化や旅行販売業者のフロントラインスタッフの、アドバイス能力向上トレーニングも重要だ。 世界最大のリアル旅行会社TUIのCEOが、自社のスタッフに「君たちは、パッケージを販売しているのではなくて、顧客の生涯忘れる事ができないエクスペリエンスを売っているのだ」と言って、スタッフの能力向上に努力していた事が今でも鮮明に記憶に残っている。

(編集人)

目 次

1. (TJ) 後払いレンタカーCarla 

2. (TJ) COVID、男女賃金格差の解消阻止

  (TJ) = トラベルジャーナル 2月18日号を参照ください。

3. 新興企業の舞台:HostGPO

4. 需要の季節性の減少に対応する方法

5. Q&A: ホスピタリティ英Selina市場規模/SPAC/ノマド/成長    閲覧第2位

6. CWT、需要予測で新興企業Zytlynをテスト

7. ホテル、観光旅行者用にロイヤルティクラブ調整

8. テック大時代、エクスペリエンス最優先マスト                       閲覧第1位

9. 英Borrow A Boat、蘭Barqo買収

10. 欧州旅行者、2022年の旅行により多く出費

11. Mews、ホテルテック前進でCenium買収

12. 需要回復時のTikTok利用                                                  閲覧第3位

13. トリアド、黒人旅行協会と提携

14. 顧客中心視点のデジタル化最優先                                      閲覧第4位

15. 2022年の法人旅行者

16. 新興企業の舞台:Travogram

17. 社説:究極的に消費者に正しい事が最良戦略

18. Beyond Green: 旅行における総合持続可能性                      閲覧第5位

19. 1月31日の週の資金調達記事

3. 新興企業の舞台:HostGPO

2020年に設立されたHostGPOは、コミュニティのメンバーとなる短期賃貸ホストに家具、装飾品、その他の消耗品の割引を提供している。 2021年のVRMA / Phocuswright Battlegroundイベントで、HostGPOはイノベーターオブザイヤーのカテゴリーで1位になり、ピープルズチョイスアワードを受賞した。

HostGPOは、短期賃貸業界向けの最初の国際グループ購買組織(GPO)である。最高のベンダーからの家具や消耗品などの独占的な取引へのアクセスを提供することにより、メンバーが時間と資金を節約するのを助ける。 HostGPOは、グループの共同購入力を利用して、短期間のレンタルに理想的な製品を提供する厳選されたベンダーパートナーの厳選されたグループと、業界に保証された最良の取引を交渉した。 私たちのパートナーには、West Elm、Standard Textile、RugsUSA、Public Goodsなどのコミュニティのお気に入りが含まれる。 確かに“調達およびサプライチェーン管理ソリューション”であるが、何よりもまず、ホストがホストのために構築したコミュニティである。 何千ものホストの集合的な知識と購入の洞察を1つのソースにまとめて共有するように取り組んでいる。 その目標は、注文を合理化し、コストを削減し、より良い製品を提供することでゲストに5つ星の体験を提供できるようにすることで、メンバーのビジネスを改善することである。

HostGPOは、業界固有のグループ購買組織です。無料トライアル後、メンバーは年会費を支払い、引き続きHostGPOメンバーポータルにアクセスする。

このポータルは、短期賃貸ホスト向けの機密取引および独自の注文ソリューションへのアクセスを許可する。 ベンダーパートナーとの直接統合により、3つ以上のバケーションレンタルユニットを持っている人たちに、業界最高の料金と合理化された注文を提供することができる。(以下省略)

(1/31 https://www.phocuswire.com/startup-stage-hostgpo-creates-a-buying-community-for-rental-hosts?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

4. 需要の季節性の減少に対応する方法

旅行は常に季節産業であった。 完璧な夏休みを探している家族、新婚旅行に出かけるカップル、休暇中に愛する人を訪ねるすべての人口統計(all demographics)の旅行者など、これらのサイクルはマーケターが伝統的に計画してきたものでる。 2020年までは。

絶えず変化する渡航禁止令と混ざり合ったロックダウン(封鎖)は、渡航を完全に停止させ、その後の回復努力は、新しい変種によって妨げられてきた。

過去2年間は、予測可能な予約と予想されるメディア支出を覆した。 休暇旅行の予約は当初は増えていたが、旅行者が病気や新しい制限を心配しているため、オミクロンの亜種は回復の努力を妨げてきた。 現在、旅行マーケターは、通常の1月から3月の落ち込みに加えて、これらの懸念を乗り切る必要がある。

また、多くの人が予算の削減に取り組んでいる場合でも、戦略的投資を行うことによってそうしなければならない。 そして、それは旅行者の興味を捉え、一年中いつでも予約を促進するための“常時稼働(always on)”戦略を必要とする。 曖昧となって居る季節性を打ち負かすための常時オン戦略を可能にする3つの方法は次のとおりである。

支出を維持する  Sustain the spend

旅行マーケターは伝統的に“ピーク需要”の時にメディアを購入していた。 これは特定のビジネス目標やキャンペーンをサポートするために設計された週ごとの購入である。 これらのピーク需要の時は通常、最高の利回りが得られる機会がある場合、またはハイシーズン中に競合他社に勝ち取ろうとしている場合に、マーケターが金銭的投資を行う機会である。 マーケターが季節的なROIを利用できる場合、これらの投資ははるかに簡単になるが、閑散期の需要の季節にはどうだろうか。

現在、多くのマーケターは過去の予算のほんの一部で作業しており、それは閑散期の需要の季節にマーケティング費用を投資することをためらうだけである。ただし、マーケターはキャンペーンをオフにして、閑散期需要の期間に何も費やす余裕はない。 人々はまだ旅行中であるが、その数は少なくなっている。

これは、マーケターがより戦略的ではあるが、支出を維持しなければならないことを意味する。 マーケターは、パートナーを通じて収集または取得したファーストパーティとサードパーティのデータの組み合わせを使用して、単にピークと閑散期の間のメディアを購入するのではなく、支出について戦略的に取り組むことができる。 よりターゲットを絞ったキャンペーンを作成することで、購入への道に沿って旅行者の関心を捉え、マーケターが適切なタイミングで適切な投資を行うのに役立つ。

意図に焦点を当てる  Focus on intent

旅行者の意図を明らかにして理解することは、マーケターが旅行のニーズと理由を予測するための鍵である。 データは、マーケターが購入の全範囲を理解し、旅行者が今望んでいるものをターゲットとするより機敏なキャンペーンを作成するのに役立つ。 2020年の初めからウォンツとニーズは確かに変化しており、それらのニーズは進化し続けているため、マーケターは旅行者の旅行の理由を明らかにしながら、これらの変化を考慮に入れる必要がある。 たとえば、2月は、スキー旅行やバレンタインデーの短い休暇を過ごすのに最適な時期だ。 季節の休暇に加えて、マーケターは増加する出張需要を利用することができる。 2022年の最初の2週間で、Sojernの旅行データは、2021年1月のワクチン接種前の数23%と比較して、出張はパンデミック前のレベルの約68%であることを示している。 一部の旅行者は、自宅で仕事をすることを最大限に活用して、ビジネス旅行とレジャー旅行を組み合わせて、より多くの旅行をすることができる。 この傾向は、どの目的地でも信頼性の高い高速Wi-Fiを必要とする(そしてそれを宣伝する)だけでなく、ホテルは長期滞在の取引を提供することで利益を得る可能性がある。 予約の理由に関係なく、旅行者は、旅行制限が変更された場合の柔軟性、保証、および明確な払い戻しポリシーを望んでいる。

メッセージをテストする  Test the message

季節性に関係なく、テストは常にマーケティングキャンペーンの重要な部分である。 A / Bテストは、どの画像、コピー、召喚状、またはその他の広告要素が機能しているか、どの要素が機能していないかを特定する簡単な方法だ。

たとえば、最近のA / Bテストでは、ホテルの宿泊料金を含む広告では、含まない広告よりも12.5%多くのコンバージョンが見られたことが明らかになった。 予約ページに直接リンクした広告は、ホームページにリンクした広告よりも12.5%多くのコンバージョンを獲得した。 これらはほんの一例であるが、A / Bテストは、地域の違いや、旅行者を動機付けて予約に駆り立てるものを明らかにするための優れた方法である。 テストはまた、マーケターが効果のない広告に不必要なお金を費やすことを防ぐ。 パートナーソリューションを利用することは、マーケターが予算上のリスクなしに何が機能しているかをテストおよび確認するためのもう1つの優れた方法である。 昨年は多くの手数料モデルを変更し、マーケターはより柔軟なビジネスモデルの恩恵を受けている。

たとえば、一部のパートナーは、データ駆動型テストを利用する有料の滞在プログラムを提供しているが、旅行者が滞在を完了した後にのみマーケターに請求する。 旅行市場は確かに不確実であるが、マーケターは常に戦略を推進し続ける必要がある。 マーケターは、賢明に支出し、旅行者の意図に焦点を合わせ、メッセージングをテストすることで、支出を最適化し、適切なタイミングで潜在的な旅行者にアピールし、現在および将来の予約を促進できる。

著者:Noreen Henryは、Sojernの最高収益責任者。

(1/31 https://www.phocuswire.com/how-always-on-strategies-enable-travel-marketers-to-beat-seasonality-blues?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

5. Q&A: ホスピタリティ英Selinaの市場規模/SPAC/ノマド/成長

ロンドンを拠点とするホスピタリティ企業のSelinaは、2021年後半に特別買収目的会社(SPAC)を介して公開する計画を発表した。 2015年に立ち上げられたSelinaは、宿泊施設とワークスペースをゲストに提供し、2億8,500万ドルの収益を見込んでおり、これを成長戦略とテクノロジーへの投資に充てる。

PhocusWireとの会話の中で、Selinaの共同創設者兼CEOのRafael Museriは、同社がデジタル遊牧民のオーディエンスをターゲットにしている理由、市場機会の規模、宿泊施設でのブランドの競争について話し合っている。

Q: デジタル遊牧民のトレンドが続くとどの程度確信しているか?

それはデータの問題だ。 過去10年から15年の間、コミュニティは成長しており、パンデミックにより、コミュニティはより早くキャッチアップするようになった。 パンデミックは、このライフスタイルを考慮しなかった多くの人々に新しい動きをもたらした。 それは何か新しいことを体験するための扉を開いた。

何百万人もの人々が一方の側でそれを経験したので、他方では、それをすることにオープンではなかった雇用主は、人々が世界中を旅行している間、リモートで働くことを可能にすることに今非常にオープンである。 規則や規制の観点からすれば、それは受け入れられなかったと思う。 そして今では、多くのトップグローバル企業に受け入れられている。 Zoomの株価が上昇するたびに、人々はますますさまざまな形式のコミュニケーションを使用していることを意味する。 これは、これらのサービスを使用する人がますます増えていることを示している。 つまり、リモートで作業している人が増えている。 Selinaの内部では、データを収集している。 データは、人数、滞在期間、コワーキングスペースの占有率である。

Q: あなたはそれがデータの問題であると言う、それであなたはこれがSelinaにとって表す機会の大きさについて何か言うことがあるか?

これまでは、市場の規模を理解するためにブランドの成長に重点を置いていた。 宿泊施設を見ると、総アドレス可能市場(TAM)は8,000億ドルだが、実際には、ミレニアル世代とZ世代がこのTAMの約43%を占めている。 しかし、ライフスタイルの世界(イベント、リトリートなど)を見ると、合計で2兆ドル近くのTAMになる。 これらの2世代は消費量の50%に近づいている。 そして、世界中のすべてのホスピタリティブランドを見て、これら2世代に対応するために実際に構築されているブランドはいくつあるかを自問してみて欲しい。 2%、3%、5%というのはごくわずかである。 あなたはそれが何であるかについて議論することができる、しかしそれは確かに存在する需要のレベルにさえ近くない。 したがって、需要と供給の間には明らかに大きなギャップがある。 Selinaが6つの異なる大陸と異なる国にあり、以前のホテルの2倍以上の収益に成功したという事実は、以前のコンセプトがそれらの世代のニーズと実際に一致していなかったことを意味する。 より関連性の高い概念を採用し、すぐに消費量が増えると、それは需要と供給の不一致の指標になる。

Q: 代替宿泊施設セグメントにはかなりの数の新規参入者が居る。 Selinaはどのようにして彼らに対抗しているか?

Selinaについて最も重要なことは、私たちが地元の人々のために存在しているということである。 私は海外旅行者のために存在しているのではない。 私はすでに海外旅行者、海外のリモートワーカーを知っており、デジタル遊牧民は地元の経験を探している。 地元のコンセプトを構築することで、経験の観点から地域コミュニティのニーズを解決し、2つのことを解決している。 1つは、非常に厳しい国際的で制限された環境で、トラフィックの大部分は国内で発生する。 それは、私たちに大きな利点を与える。

2つ目は、国内向けに設計された製品を構築することで、海外からの観光客が戻ってきたら、地元の体験を求めているため、最初に自分のスペースに来るようにすることである。 私にとって最初に来るのは地元の本物の体験を構築することであり、次に来るのは海外旅行者である。 私たちを差別化する2つ目の点は、仕事、滞在、遊びの完全なエコシステムである。 あなたは友達を作り、仕事をし、そして滞在するつもりだ。 それは社会的な経験になるだろう。 あなたはウェルネスを提供し、仕事をするのに良い場所を持ち、ハイエンドのスイートからファミリールームや寮まで、宿泊施設への完全な民主的なアプローチをとることになる。 私たちの場所の70%はオフグリッドの場所です — より遠く離れた、サーフビーチ、山、より自然のある場所である。 私たちはそれを発見しなかった。 それは常に存在していたが、COVIDは大都市の外の多くの人々を流通市場、より多くの自然、より多くの山、より多くのビーチに送り、リモートワークはその一部である。 これらの自然の場所でこのような大きなポートフォリオを用意することは、この危機において他のブランドよりも影響を受けにくいことを意味する。

Q: SPACの収益は2億8,500万ドルと見込まれており、これを国際的な成長と技術に投資する予定である。 それは世界の特定の地域か、あなたは何を探しているか?

新しいベッドでの成長ではない。 私たちが地理的に成長し、より多くのベッドを開くために必要な資本の大部分は、私たちが拡張に資金を提供するのを助ける地元の不動産パートナーから来ている。 私たちは、収益の成長とより効率的な能力、大規模な営業費用(OPEX)を削減する能力の成長、およびさまざまな分野でより優れた人材を調達する能力の成長について話している。

ビジネスを拡大する場合、グローバルなエクスペリエンスを提供するための内部プロセスであろうと、オンラインの予約アプリであろうと、今日の強力なテクノロジーなしでは、実際には何も拡大できない。 そして、それらをどのように伝えるか? OPEXの削減、収益の増加、エクスペリエンスの増加という3つのことを可能にするテクノロジーに多くの投資を行う。 次に、4つ目はグローバルプロセスと効率を改善することである。

Q: SPACを介して公開することの長所と短所は何か?

SPACの利点は、パートナーを選択できることだ。 それは素晴らしいことだ。 ヨーロッパ、ラテンアメリカ、イスラエルから来て、米国で成長し、強力な米国のパートナー(ウォール街と不動産環境の専門家)を持つことが、私たちの拡大の大きな部分を占めることを私たちは知っていた。 私たちはお互いを補完する。 私たちは非常に強力な体験文化をもたらしている。

不利な点は、過去1年半の間に何らかの理由でそれを批判し、それをちょっとした近道と見なし始めたことだと思う。 私は個人的に、社内で1年半の間、すべてのプロセス、優れた公開会社になるために必要なすべての改善に取り組んできたと信じている。 SPACでもIPOでも、準備はまったく同じプロセスだ。 時が教えてくれる。 結局のところ、あなたが良い会社であり良い製品を持っていて、SPACまたはIPOを経験したかどうかにかかわらず、あなたがあなたの予測を達成しようとしているなら、市場はそれを高く評価するだろう。 

Q: Selinaにとって、公開する別の方法はあったのか?

最初に公開会社になることを決定し、次に機会を検討した。 それからBOAから連絡があり、彼らは私たちのことを知っていたので、それは自然なことで、私たちは快適に感じた。 誰でもIPOを選択でき、過去2年間に他のSPACがSelinaにやって来たが、IPOが次のステップであることに100%満足するまで、私たちはそれをしなかった。 私たちが、IPOが正しいことであると判断した後に、すぐに彼らが私たちにやってきた、それは正しい化学と正しいアプローチであった。

Q: 公にされることは、あなたにどのような追加の圧力をかけるか?

私はそれが正確に何を意味するかについて毎日学んでいる。 これは私がCEOになる最初の公開会社であり、おそらく多くのCEOにとっても初めてのことである。 肯定的な圧力だと思う。 それは、声明を出す前に、より正確で10回考えるようにあなたを促す。 卓越した文化の構築と期待以上の結果を出すことを促す。

Q: 大きなOTAが代替の宿泊施設の膨大な在庫を持っていることを考えると、あなたのマーケティング戦略は何か?

全体として、大きなOTAへの依存度はますます低くなっている。 強力なブランドを持っている場合、最良の指標の1つは、OTAがビジネスに占める割合を測定することである。 私たちは若い会社であり、総収益に占めるOTAの割合は、市場に20年存在している会社よりも低くなっている。 私たちは、社内のアプリとコミュニティで直接的な方法論に取り組んでいる。 しかし、ホスピタリティブランドの始まりに重要な役割を果たす優れたOTAが世の中にあると私は信じている。

Q; それで、あなたがマーケティングに莫大な金額を投資するのを見ることはないのか?

多くのトラフィックを直接動かすために必要な数のツールを構築している。

すべてのホスピタリティブランドはより多くの直接予約を取得したいので、より多くの直接予約を取得することに投資する。 第二に、私たちはコンテンツとプログラミングに投資し、エクスペリエンスを促進するものに投資している。 結局のところ、OTAよりも強力なのは口コミだけだ。 これは世界で最も強力なツールだ。 あなたのブランドが良く、サービスが良く、人々が何を期待するかを知っていて、その言葉がそこにあるなら、あなたは勝つだろう。 未来は製品主導である。 マーケティング主導にすることはできない。

Q: 現在使用している他の流通チャネルは何か?

ウェブサイトとアプリは、ほとんどの国で最大のチャネルである。 より発展した国々は、ウェブサイトやアプリにますます傾いている。 私たちが新しい国に行くとき、それはより多くのOTA、B2Bチャネル、オフラインエージェント、直接的な大きな業界であるリトリート業界、そして私たちの内部コールセンターである。

Q: 在庫を取得するのはどうか。 現在、スタートアップや大規模なOTAから、可能な限り多くをつかむことについての話がある。 どうやってそれに乗り込むのか?

あなたは供給について話している — 私たちが何とか獲得しているよりも20倍多くの供給がある。 私たちは、Selinaに固有のこの供給を特定するのに役立つ独自の技術を持っている。 それには長い時間がかかり、信じられないほどのアルゴリズムを思いついた。 それを、世界中の十分に活用されていないホテルのディストレストアセットファインダー(不良資産発見)と呼んでいる。 私たちが成約する取引の80%は、市場を閉鎖し、エージェントは存在しない。 オンラインにはたくさんの情報があり、私たちはすべてのデータを収集して処理する。 私たちの収集したデータは、ある特定の町には200のホテルがあり、これらにはおそらくあなたと取引をすることを喜んでいるだろう、最も苦しんでいる20のホテルが存在していることをあなたに知らせる。

Q: あなたの最も近いライバルは誰か、Selinaは市場で誰に目を光らせているか?

国際的には、私たちがしていることを誰もしていない。 私は国際的なブランドを知らない。 私たちがライフスタイルで成長している方法を成長させており、体験型および遠隔のオフザグリッドの流通市場に大きな焦点を当てている。

絶好のロケーションも行っている。 私たちは大都市が大好きだが、それは15~20%を占めるため、エクスペリエンスと場所に重点を置いており、大きな競争は見られ ない。 私たちが行く全ての国、町、村の地元のコミュニティがレストラン、ホテル、クラブ、コーヒーショップ、コワーキングを開いている。 それが私たちの競争である。 それは、国際市場に完全に対応する素晴らしいコンセプトが町レベルで起こっている。

Q: そこにいるより大きなプレーヤーのどれが挑戦できると思うか?

大手[ホテル]ブランドは、自社のターゲット市場で素晴らしい仕事をしている。 現地での経験を積んだ現地のデスティネーションビルダーに転向するのは非常に難しいので、これからも非常にユニークな能力を持っている現状にとても満足している。 それらの多くにはスペースがあると思うが、Selinaの関連性は日々大きくなり、多くの伝統的なブランドの関連性は日々低下していると思う。 この巨大企業をシフトする彼らの能力は容易ではない。 柔軟なシステムと柔軟な文化は、ゼロから構築するものである。

私はすべてのローカルエクスペリエンスを構築する必要があるが、大手ブランドが年間150~200のホテルを開く場合、製品ブックがあり、製品を標準化しているため数百を開くことができる。 しかしそれは大きなローカルコンポーネントはない。 地域の体験、地域のコミュニティ、地域のプレイリスト、地域の文化、コンテンツをもたらすブランドを構築したい場合、実際にはそれらを1,000個作成することはできないため、成長のペースはエクスペリエンスを構築する能力に依存する。 

Q: それは、あなたは自分自身をAirbnbや大手ブランドの1つに挑戦しているとは思わないのか?

私たちは成長するにつれてますます大きな市場を手に入れるつもりであり、他のブランドは競争するためにもっと一生懸命努力しなければならないと思う。

世界の需要の43%を見て、5年後にはそれが50%になり、供給の90%近くがそれに対応しないと思うと、市場の可能性は非常に大きく、成長するスペースがあり、私たちは間違いなくこのスペースで最も先進的なブランドである。

(1/31 https://www.phocuswire.com/Selina-on-market-opportunity-digital-nomads-competition?oly_enc_id=9229H9640090J9N)

6. CWT、需要予測で新興企業Zytlynをテスト

旅行管理会社のCWTは、スイスを拠点とするスタートアップであるZytlynとの3か月間のパイロットを開始し、データと人工知能を使用して旅行ブランドの予測的洞察を作成する。 このプロジェクトでは、CWTの過去の予約データとZytlynの予測プラットフォームを組み合わせて、特定のルートとグローバルレベルの両方で需要を予測する。 CWTによると、このデータは、供給要件、容量計画、およびリソース管理に関するより賢明な意思決定に役立つとのことである。「COVIDなどの複雑で流動的なコンテキスト要因が作用している間、ほぼリアルタイムで旅行需要を正確に予測できるため、CWTは顧客のオファーをさらに直感的に理解でき、高度にカスタマイズされた製品、サービス、エクスペリエンスの組み合わせを保証する。 個々の旅行者の現在および近い将来のニーズに応える」と、データと分析のCWT CTOであるPatrice Simonは述べている。
9月、元CWTの社長兼CEOであり、現在はSabreの社長であるKurt EkertがZytlynの投資家兼取締役に就任した。 Zytlynは2021年6月に250万ドルのシードラウンドを調達し、Plug&Play Ventures、Century Oakなど、CertaresのマネージングディレクターであるElyes Mradや元Amadeusの社長であるJulia Sattelなどのエンジェル投資家が参加した。

(2/1 https://www.phocuswire.com/cwt-taps-startup-zytlyn-to-help-forecast-travel-demand?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

7. ホテル、観光旅行者用にロイヤルティクラブ調整

南北アメリカの宿泊施設と投資サミットでの議論から判断すると、2022年はホテルのロイヤルティプログラムが大幅に変更される年となり、新しいメンバーを参加させるための激しい競争が発生する。 PhocusWireの姉妹ブランドであるBurbaの年次会議でのセッションで、ロイヤルティプログラムは、ホテルのビジネスモデルにとってより重要になり、旅行者の嗜好が変化する時期に新しい顧客を獲得するのに役立つため、進化の成熟した領域として提起された。

ホテルブランドは、パンデミックの際にロイヤルティプログラムを拡大し、その多くは勢いを維持するために多額の投資を行っている。

ロイヤルティプログラムは、顧客が最初にポイントを獲得してからポイントを使用するときに直接予約を促進するのに役立つが、ホテル経営者にゲストとの直接的なコミュニケーションを提供し、ホテルのレストラン、バー、スパの使用を奨励し、付随的な収益を増やす。 ホテル会社は、ロイヤルティのあるメンバーを念頭に置いて、より多くの開発決定を下している。 この会議中に発行された2022年のアメリカホテルアンドロッジングアソシエーションの業界レポートによると、COVID-19がゲストミックスを刺激したため、ロイヤルティプログラムの刷新が必要となっている。 「大量の出張が減少すると、従来のロイヤルティプログラムはもはや意味をなさなくなる」、「最も効果的なロイヤルティプログラムは、時折のビジネス旅行者やレジャー旅行者のニーズにも合う、よりパーソナライズされた報酬を提供する」とレポートは述べている。 それらの変更のいくつかは、スパでポイントを使用する機能、または排他的なカクテルやその他のアルコールドリンクのクラスまたは料理イベントである可能性がある。 たとえば、リワードの刷新により、ゲームに参加しないゲストは、飲食、娯楽、旅行に利用できるクレジットを獲得できる。 Kalibri LabsのCEOであるCindy Estis Greenは、ロイヤルティプログラムは「アプリ内に多くの利便性が組み込まれているため、顧客の維持に劇的な効果をもたらすモバイルチェックインやキーレスをメンバーに提供する」と述べる。

プログラムをより粘着性のあるものにする

Making programs sticker

Marriott Internationalは、パンデミックの間、Starwoodとの合併時の合計メンバー数が7,000万人から今日の1億6,000万人に増え、Ritz-Carlton Yacht CollectionとMarriottの Homes and Villasなどのホテル以外の製品の最近の導入に焦点を当てBonvoyの強化に直接結びついている。

Wyndham Hotels and Resortsは、ポートフォリオを完成させるブランドや製品を追加することを視野に入れて、ロイヤルティプログラムの“粘着性”を改善するために同様のアプローチを取っているとCEO Geoff Ballottiは言う。 これが、Wyndhamが2021年にRegistry Collectionの高級ブランドとミッドスケールのオールインクルーシブブランドAlltra立ち上げの主な理由である。

Omni Hotels and Resorts, MGM, IHG Hotels and Resortsなどの他のホスピタリティブランドは、2022年にロイヤルティプログラムをリメイクしたことを発表している。 多くの場合、ポイントを獲得する方法や、さまざまな特典やインセンティブを提供している。

直接接続の構築 

Building direct connections

ロイヤルティプログラムは、直接予約と収益を促進するが、ホテルがゲストのためにより的を絞ったサービスを作成しようとするため、貴重な情報源も提供する。 インターネットCookieの使用を規制する新しい法律により、顧客のオンライン行動を追跡することがより困難になっているが、ロイヤルティプログラムは、ゲストの電子メール、ソーシャルメディアアカウント、およびその他の設定を直接収集することによって、そのギャップを埋める方法を提供する。

Best Western HotelsのCMO Dorothy Dowlingは、そのため、ほとんどのホテルブランドは顧客データプラットフォームに投資しているので、彼らはその下にロイヤルティを持ち、それらの直接的な関係を持ち、メディアチャネル全体でどのように機能するかを理解できる」次のように述べている。 

パンデミックの間、MarriottはUber Eatsや地元のレストランと提携してBonvoyの登録を促進した。

ホテル会社がロイヤルティサインアップを後押しするもう1つの理由は、OTAとの競争の認識だ。 Expedia Groupは、今春、ブランド全体でロイヤルティプログラムを開始すると発表した。 また、Booking Holdingsにはすでにプログラムが存在する。 「それはダイナミクスを変えるだろう。今年はロイヤルティが、私たち全員が焦点を当てている戦争のプラットフォームになる年になるだろう」とDowlingは言う。 彼女は「私は私たちが何をしようとしているのかを知っている、そして他のすべてのブランドはそうしている。  顧客がOTAを介して入ってきた場合、私たちはすぐに彼らを私たちのロイヤルティプログラムで征服し、彼らのホテルをチェックアウト後すぐに彼らに連絡して彼らの次の宿泊を勧誘する」と付け加える。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。

(2/1 https://www.phocuswire.com/Hoteliers-tweak-loyalty-programs-lure-leisure-travelers?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

8. テック大時代、エクスペリエンス最優先マスト

私は一般的に予測については強くない。 しかし、私たち経験産業にとってこのような重要な新年を迎えるにあたって、水晶玉のほこりを払い、新しいトレンドが近い将来を形作るのに役立つかについての私の考えを共有するように説得された。

次は…素晴らしい休暇  Next… the Great Vacation

よく知られているトピックの1つは、進行中のパンデミックに不満を抱いた従業員が“一斉に”自分たちの生活を再調整することを決定した大量退職である。

この大量退職現象は、ミレニアル世代からブーマー世代に影響を及ぼし、富の追求のダイナミクスを変えた。 米国では、バランスの取れたライフスタイルを求めて、2021年4月から9月にかけて2,400万人以上が仕事を辞めた。 燃え尽き症候群やストレスに対するより健康的な解毒剤の1つは、外に出て心と体に有益なことをすることである。 それを念頭に置いて、私たちは素晴らしい休暇を提案する。 この結果、アウトドアアドベンチャー、ウェルネス、マインドフルネスアクティビティ、家族での小グループでのエクスペリエンスに対する需要が高まる。それらは、私たちがすでに見ているすべての例である。

旅行者は過去2年間の失われた時間を埋め合わせたいと考えており、鬱積需要(pent-up demand)は特定の求められているエクスペリエンスで供給を上回る可能性がある。 人々が、目的地が提供しなければならないすべてのエクスペリエンスを利用するために目的地にいる間の時間の増加を含む、その当然の休憩を起こそうと努めるにつれて、通常の季節性の結果的な延長が見られる。

エクスペリエンス予約がデジタルパーティーに参加し始める…実際に  Experiences bookings will start to join the digital party… for real

接続された旅行(connected trip)と、旅行者が旅行の旅程を1か所で把握できることのメリットについては多くの話がある。 エクスペリエンスは旅行の中心的な部分であり、Arivalの友人が説明しているように“旅行の最良の部分”であるため、旅行者のエクスペリエンスにおけるその進歩の不可欠な部分である必要がある。

QRコードを使用することで、デジタル環境、特に目的地で予約できるエクスペリエンスが大幅に増えるだろう。 QRコードの採用は非常に困難であったが、旅行、メニューの表示、ワクチンの状態のデモンストレーションにQRコードを使用するように人々がCOVIDを通じて訓練されたため、ここ数年でその状況は好転した。 明日の旅行者は紙のバウチャーを望んでいないが、スマートフォンの“財布”に保存できるQRコードとeチケットを期待している。 これは航空会社の搭乗券と同じである。 使いやすさと衛生上の理由から、これはなくてはならないものであり便利なものではない。 テクノロジーは、発見からすべてのエクスペリエンスのエントリーまで、2022年の大部分を支える。

エクスペリエンスのためのチャンネル管理の時代に突入

We enter the age of channel management for experiences

流通がデジタル化されていないと、デジタル予約の取得に制限が生じるため、流通チャネル管理のサプライヤによる採用が増えるだろう。 これは、エクスペリエンス業界にとって変革的な変化となるだろう。 考えられる変化の現実は大規模である。 固定電話からスマートフォンまでを考えてみて欲しい。 デバイスの本来の機能である通話は、スマートフォンを使用する上位10位にランクインしなくなった。 ホテルで長い間使用されてきたチャネル管理は、オンライン旅行代理店、旅行代理店、ホテルパートナーなど、ビジネスのソースに至るまで、希望する流通チャネルに基づいて在庫と価格をより適切に管理する機能である。 これはもはやエクスペリエンス業界にとっては夢のようなものではなく(1世紀を通じてホテル業界では非常に貴重であった)、よりスマートなテクノロジーのおかげで現実になった。 チャネル管理により、サプライヤは、サプライヤのビジネス基準に基づいて、誰が在庫を取得するかだけでなく、いつ、どのような価格で在庫を取得できるかを制御できる。 最初のフェーズは、固定電話から携帯電話に似ているかもしれないが、非効率性を取り除き、再販業者が受け取ったコミッションに対して測定可能な投資収益率を確実に提供できるようにする。

エクスペリエンステクノロジーへの継続的な投資

Continued investment in experiences technology

テクノロジーはイネーブラーであり、決して眠ることはない。 予約の4分の3がまだオフラインであり、テクノロジーに関する限り、エクスペリエンス業界はまだ揺籃期にあり、投資家コミュニティから注目を集め、多額の資金を提供され続けている。 投資家コミュニティは、いくつかの理由で“旅行の最良の部分”に投資する機会を見ている。 中小規模の事業者が住む非常にオフラインの業界は、その資本から大きな収益を上げる準備ができている。 資産ではなくエクスペリエンスへの支出の傾向はよく理解されており、パンデミックの終焉によって後押しされており、現在の推定2,500億ドルからセクターの成長に追い風をもたらすと認識されている。 投資ファンドには比類のないレベルの資金があり、投資の強力な売り込みがたくさんあり、パンデミックの開始以来、5億ドル以上がエクスペリエンス業界に投資されている。

エクスペリエンス業界への新規参入

New entrants in the experiences industry

過去12か月間、私は文字通り世界中を旅し、旅をして再びエクスペリエンスを楽しみたいという彼らの容赦ない願望の人々から話を聞いた。 しかし、2022年について私が本当にワクワクするのは、新しいテクノロジー、斬新なアイデア、そして現状に挑戦する新しいプレーヤーだ。 エクスペリエンススペースにテクノロジーを提供することには非常に多くの複雑さが存在する。 これは、オペレーターと目的地内外のホテルやその他のビジネスとの関係が長年にわたって深く続いているエクスペリエンスエコシステムの複雑さに起因している。 それらの多くの異なるセグメントの“問題”に対処しようとすると、ユニコーンになる機会を嗅ぐスタートアップを奨励するだろう。 彼らがその機会をつかみ、革新的で採用しやすいテクノロジーを通じてその問題を取り除くと、業界の膨大な部分を非常に迅速に捉えることができる。 PCRテスト、マスク着用、入国制限の専門性を考慮せずに、次に旅行するときまでに、非常に異なる技術の展望を見るかもしれない。 パンデミックの最終段階が進行中であることを願って、未来はエクスペリエンスにとって明るい。

著者: Chris AtkinはRezdyのCEO。

(2/1 https://www.phocuswire.com/Experiences-primed-for-tech-led-big-time?oly_enc_id=7798E1381467C7B)

9. 英Borrow A Boat、蘭Barqo買収

ロンドンを拠点とするボートレンタルプラットフォームBorrow A Boatは、アムステルダムを拠点とするピアツーピアのボートマーケットプレイスであるBarqoを買収した。 買収の条件は明らかにされていない。 2017年に発売されたBorrow A Boatは、ピアツーピアのリストと従来の勅許会社からのボートレンタルの両方を提供している。 11月、同社は3回目のクラウドファンディングキャンペーンを完了し、 110万ポンドを調達し、これまでの総資金は480万ポンドを超えた。 昨年、Borrow A Boatは米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで営業開始され、専門のチャーターブローカーであるHelmを買収した。

Borrow A Boatによると、Barqoを追加すると、市場に5,000隻以上のボートが追加され、ヨットからカタマラン、リバーボート、スーパーヨットに至るまで、65か国で合計40,000隻以上になる。 「クラウドファンディングによる100万ポンド以上の投資の確保を含め、2021年の成功の後、ヨーロッパ市場へのこのような確固たる動きで今年をスタートできたことに興奮している」とBorrow ABoatの創設者兼CEOであるMatt Ovendenは述べている。 Borrow A Boatは、今年後半にIPOを検討している。

(2/2 https://www.phocuswire.com/britains-borrow-a-boat-acquires-dutch-competitor-barqo?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

10. 欧州旅行者、2022年の旅行により多く出費

英国、オランダ、ドイツ、ポーランド、ロシアを横断する旅行者は、2019年に支払った金額と比較して、2022年には旅行への支出を少なくとも39%増やすことを計画している。 ホスピタリティ会社の北ヨーロッパ旅行動向レポートによると、旅行者の30%が上半期の旅行を積極的に計画および予約し、50%が2022年下半期の旅行を計画および予約し、5人に1人(17%)が)はすでに2023年の旅行を予約している。 全体として、デルタおよびオミクロンのコロナウイルス変異体による脅威にもかかわらず、調査回答者の80%は、2022年に旅行を計画していると述べている。 旅行者は冒険に熱心だが、彼らの期待は変化しており、5人に1人がパンデミック後の旅行の優先順位は異なると述べている。

安全衛生と柔軟性が旅行者の優先事項の中で最も重要である。 レポートによると、旅行者の31%が清潔さとより明確な健康と安全基準を望んでおり、5人に1人(19%)がホテルの部屋にもっとお金を払っても構わないと言っている。 一方、旅行者の30%は、予約の変更にもっと柔軟性を求めていると答えている。 ヨーロッパの旅行者はまた、タッチレスソリューションを望んでおり、持続可能性に重点を置いていると述べている。 23%は非接触型決済オプションの増加を期待しており、17%はカスタマーサービスがWhatsAppなどのアプリを介して実施されることを望んでいる。 旅行者の87%は、持続可能性は、どこに行くか、どのようにそこに着くか、何をするかに関する決定に影響を与えていると述べている。 変化するトレンドについて、Accor Norther Europeの最高商務責任者であるKarelle Lamoucheは、「現在、オミクロン後、人々は次の3年間、すでに旅行を計画し予約している。 彼らは2022年に楽しみにして埋め合わせることがたくさんある」と述べている。

(2/2 https://www.phocuswire.com/European-travelers-plan-to-spend-significantly-more-in-2022?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N) 

11. Mews、ホテルテック前進でCenium買収

Mewsは、不動産管理システム(PMS)Ceniumの買収により、支出を継続している。 クラウド主導のセニウムはNordic Choice Hotelsが所有しており、声明によると、この購入により、Mews Hospitality Cloudが「現在、Nordic Hotelsポートフォリオ全体に展開されている」ため、北ヨーロッパ全体でMewsの成長が促進される。

Mewsの創設者であるRichard Valtrは、「 Ceniumはスカンジナビアとバルト海地域全体に設立されており、彼らの専門知識と製品をMewsポートフォリオに取り入れることに興奮している。 この買収により、世界をリードするプロパティマネジメントシステムになるという私たちの野心はさらに強化された。 Nordic Choice Hotels内で提携する機会は見逃せない」と述べている。

これは、Mewsが昨年英国を拠点とするホテルパーフェクト、Base7Booking、Planet Winnerに続いて、過去2年間に取得した4番目のPMSである。

ノルウェーを拠点とするCeniumのチームがMewsに加わり、ホスピタリティの専門知識と北欧市場に関する知識をもたらす。 Ceniumの機能は、Mewsのテクノロジーの機能と組み合わされる。

* 2021年6月に録音されたHow I Got Hereポッドキャスト、エピソード67-MewsのRichard Valtrのインタビューを確認してください。

(2/2 https://www.phocuswire.com/Mews-acquires-Cenium-property-management-system?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

12. 需要回復時のTikTok利用

TikTokはZ世代のビデオプラットフォームとして無視されることがよくあるが、旅行ブランドはリーチを拡大するためにアプリにますます注目している。

毎月10億人のアクティブユーザーがいるこのプラットフォームがなぜそれほど人気があるのかは不思議ではない。 多くの旅行会社は、従来のマーケティング手法よりも費用対効果の高い方法で、ブランド認知度を高め、トランザクションを促進するのに役立つ可能性に目覚めているのだ。

TikTokや、より広くソーシャルチャネルが、ブランドのエンゲージメントを促進することで旅行業界の回復に役立つのではないかと考える人もいる。 Z世代とミレニアル世代が旅行調査用のソーシャルメディアプラットフォームの大規模なユーザーであることは広く知られている。 Phocuswrightの最近の調査によると、米国のZ世代の消費者の39%が、ソーシャルメディアを目的地の選択に非常に影響力があると考えており、28%がプラットフォームを使用して目的地での活動を調査している。

大手ブランドが注目している。Booking HoldingsのCEO、Glenn Fogelは、2021年11月、このオンライン旅行代理店はソーシャルメディアチャネルの可能性にますます自信を持っており、ソーシャルメディアチャネルへの投資を増やす予定であると述べた。 Hopperにとって、ソーシャルメディアは、価格予測アプリが危機を乗り切るのに役立った。 パンデミックの中で収益の増加とユーザーベースの成長が見られ、ソーシャルの力が実証された。

旅行におけるソーシャルメディアの成功

Social media success in travel

Hopperの広告は、ほぼ独占的に有料ソーシャルに基づいていると、ユーザー獲得の責任者であるRheault-Kihara Makotoは述べている。 「特に旅行が消費者にとって最優先事項ではないかもしれない時代において、それは私たちにとって非常に成功している。 ソーシャルは発見に最適だが、検索広告は意図的で積極的に検索する人々に依存している」と彼は説明する。 彼は、特にTikTokが、旅行ブランドが有機的に成長するための大きな機会を表し続けていると感じており、「有機的なリーチを持つ唯一のソーシャルプラットフォーム」であると付け加えている。 TikTokのブランドパートナーシップリーダーであるHannah Bennettは、このプラットフォームには巨大なコミュニティがあるだけでなく、その視聴者は旅行を最も関心のある分野の1つと見なしていると述べている。 ハッシュタグ#TikTokTravelについて、彼女はビデオビューが270億回あったと言う。 他の旅行ブランドも注目している。 Marriottは最近、「TikTokやその他の選択したプラットフォームで遭遇する光景、音、場所、人々」を記録させるために、Marriott  Bonvoy TikTok特派員になる3人の旅行者を選んでいる。 TikTokの追加の利点は、オーガニックコンテンツの量である。 12月中旬、米国のユーザーが休暇の必要性とボストンのアパートを英国のどこかと交換(swap)しようとしていることについて投稿したとき、#houseswapは大きな注目を集めた。 これは、シンプルで旅行に関連するものがどのように爆発するかを示している。 この動画は290万回再生され、多くのホームスワップオファーをもたらした。 しかし旅行業界は、まだそのような傾向をうまく利用できていない。 Rheault-Kiharaは、「Hopperは旅行ブランドからの採用(adoption)が増えているが、それはまだ初期の段階である。 ほとんどの旅行ブランドは、TikTokでユーザーと大規模にうまく連携する方法をまだ理解していない。 そのため、Hopperのようなブランドが目立ち、このプラットフォームに影響を与える余地がある」と語る。 TikTokでの存在感を確立するのは難しいことではないが、一部のビッグネームを含め、フォロワーが少なく、コンテンツがほとんどまたはまったくない旅行ブランドがある。

魅力的なコンテンツ

Engaging content

旅行ブランドは、このプラットフォームのユーザーにアプローチする方法だけでなく、ユーザーが誰であり、何を探しているのかを理解するのにも苦労している可能性がある。 月間10億人のアクティブユーザーがすべてZ世代になることはできない。 Euromonitorの最近の消費者動向レポートによると、孫によって古い世代がプラットフォームに導入されていた。

HopperのRheault-Kiharaは、「それがZ世代専用のアプリであるという考えは真実ではない。 まだそのアイデアを保持しているブランドは、このプラットフォーム上の完全なオーディエンスとの関わりを逃している」と、年齢層が拡大していることに同意する。

TikTokはまた、そのコミュニティの年齢プロファイルは多様化していると述べている。 Bennettは「最近のKantarの調査によると、TikTokの全世界の視聴者の67%が25歳を超えている」と述べている。 始めるのに慎重な旅行ブランドへの彼女のアドバイスは、アプリをスクロールしてFor You Feedのビデオを見るのに時間を費やすことだ。 「これにより、何が効果的で、どのコンテンツがあなたにアピールし、どのトレンドやテーマがあなたのブランドに特に関連するのかについて、より良いアイデアが得られる。 次に、クリエイティブコンテンツをテストして学習することが重要だ。 すべてがバイラルになるわけではないが、それに固執すれば、すぐに視聴者の共感を呼ぶことができる」と言う。

Bennettは、ブランドはオーガニックコンテンツと有料コンテンツの両方の観点から“適合(fitting in)”について考える必要があると付け加えている。

彼女はまた、TikTokは、ブランドの開始を支援するために最近リリースされたTikTokクリエイティブセンターを含む、広告ソリューションを介して支援を提供していると述べている。

コンテンツのコンバージョン

Content conversion

視聴者の年齢とアクティブユーザーの数に加えて、旅行ブランドはコンテンツが購入を促進する方法にも注意を払う必要がある。 Euromonitorの調査によると、2021年にTikTokでインフルエンサーの投稿や会社の広告を見た後、消費者の30%以上が商品やサービスを購入した。 現在、プラットフォームで旅行の購入はできないが、HopperのRheault-Kiharaは、ユーザーは確かに魅力的なコンテンツに関心を示しコンバージョンに至っていると述べているが、「それには、そのクリエイティブが実際に購入を促進するために正しくなければならない。 これが、最もインパクトのある広告を取得するためにクリエイティブな反復が必要になることがよくある理由である。 米国のオーディエンスがTikTokで成長するにつれて、パフォーマンスはどんどん良くなっている。 TikTokは広告プラットフォームとしても成熟しているため、適切なユーザーを見つける機能が強化されていることに気づいた」と言う。

旅行ブランドは、オーガニックコンテンツと有料コンテンツの両方を通じてTikTokでの存在感をどのように確立しているかにも注意する必要がある。

eMarketerに関する最近の記事では、ユーザーエクスペリエンスとプラットフォーム上の広告の増加とのバランスを取るというTikTokの課題に焦点を当てている。 Bennettは、ブランド体験が優先事項であり、TikTokはブランドパートナーに「プラットフォームにネイティブであり、従来の広告ではなくTikToksによく似た広告を作成する」ことを奨励していると述べている。

Rheault-Kiharaの見解は、オーガニックコンテンツと有料コンテンツのバランスをとることはトレードオフであってはならないというものだ。 彼は、「コンテンツを商業的な観点からうまく機能させたい場合は、ソーシャルでプラットフォームにネイティブであるように見える必要がある。 商業的に最高のパフォーマンスを発揮するコンテンツは、プラットフォームにとって最も自然に感じられるコンテンツである」と言う。 そして彼は、企業はコンテンツがブランドのユニークな製品と一致していることを確認する必要があると付け加えている。

「下流でコンバージョンがうまく機能しない広告は、魅力的であっても、Hopperのユニークな価値提案に引けを取らないない広告である」と言う。 (2/2 https://www.phocuswire.com/TikTok-travel-recovery-tookbox?oly_enc_id=7798E1381467C7B)

13. トリアド、黒人旅行協会と提携

オンライン旅行の巨人Tripadvisorは、2月の米国黒人歴史月間の新キャンペーンでBlack Travel AllianceおよびTourism Resetと提携している。

2020年に設立された非営利のBlack Travel Allianceは、教育、メディア、企業の立場で黒人旅行の専門家を教育し、昇進させることを目的としている。

2021年7月、旅行、ホスピタリティ、文化観光における人種差別防止を提唱するために2010年に設立されたTourism Resetは、African Diasporaが旅行業界にどのような影響を与えたかを強調するHistory of Black Travel Webサイトを立ち上げた。 Tripadvisorとのスポンサーシップを通じて、ソーシャルメディアでPhilwaukeeとして知られるブラックコンテンツクリエーターのPhillip Calvertは、History of Black Travelで取り上げられたストーリーを宣伝するために10本の60秒のビデオを制作する。 このビデオでは、航空、北極と南極の探検、黒人のレジャー旅行の発展における黒人の先駆者を紹介する。

さらに、何十年にもわたる黒人旅行の多様性を描いた30以上のソーシャルメディアグラフィックが共有される。 MMGYによると、アフリカ系アメリカ人は2019年に推定1,094億ドルをレジャー旅行に費やした。 これは、米国のレジャー旅行市場の約13.1%に相当する。 それでも、多くの旅行ブランドはこの市場を無視しており、多くの場合、黒人歴史月間にのみ的を絞った努力をしている。 黒人旅行者を一年中認めることで、旅行ブランドは消費者の信頼を獲得し、明確な競争上の優位性を持っていると、Tourism Diversity MattersのエグゼクティブディレクターであるGreg DeShieldsは述べている。

(2/3 https://www.phocuswire.com/tripadvisor-partners-with-black-travel-alliance-tourism-reset-on-new-campaign?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

14. 顧客中心視点のデジタル化最優先

旅行者の要望とニーズに焦点を当て、便利なデジタルファースト戦略に基づくソリューションでそれを行うことは、世界がパンデミックの制約から抜け出すにつれて、旅行会社の幹部にとってやるべきことのリストの一番上にある。

これは、CarTrawlerの水曜日のタイトルBeyond Recovery:The Transformation of Travelが2022年に主催したオンラインディスカッションのテーマの1つであった。 このイベントは、11月下旬から12月上旬に実施された米国と英国の2,000人の旅行者の調査に基づく、レポート「The Evolution of Travel:CarTrawler's Consumer Trends for 2022」のリリースと同時に行われた。 レポートの調査結果の1つは、回答者がより柔軟性を求めていることである。 73%がパンデミック前よりも多くのフライト保険に費やすことをいとわず、36%がフライトや予約のキャンセルのリスクが旅行における最大の懸念事項であることを示している。 パネルの一部として、Hopperの共同創設者兼CEOのFred Lalondeは、旅行ブランドはこれを、消費者のストレスを軽減する金融補助製品を提供することにより、新しい収益を促進する機会と見なすべきだと述べている。 「製品が良ければ、顧客はもっとお金を払っても構わないと思っているという一貫したテーマがある。 ・・・彼らは確実性、保護、予測可能性を得るためにさらに40ドルを費やすことをいとわない。 これは、パンデミックが私たちに教えてくれた最も重要なことの1つだと思う」と彼は言う。

EasyJetの最高商務責任者であるSophie Dekkersは、この航空会社は、フライトの変更にかかる料金を廃止したにもかかわらず、アンシラリーな収益の増加を見たと述べている。 「割り当てられた座席のようなもの — 人々は今その確実性を望んでいる。 そのため、アンシラリー収益は2019年よりも大幅に増加している」と彼女は言う。 「それがどれだけ永続的な行動になるかを見るのは興味深いが、しかし確かに現時点では、それが継続するように見える」

United AirlinesのCEO、Scott Kirbyは、アンシラリー戦略は、顧客のニーズを理解し、それに応えるというより広い目標の一部である必要があると述べている。 「私たちは、お客様が本当に望んでいることに焦点を当てるために変更を加えようとした。 私の見解では、米国または世界中の航空会社は顧客重視が十分ではなかった。 (私たちは)懲罰的な方法ではなく、顧客が望んでいるものの目を通してアンシラリーをさらに見るようにした。 過去には、顧客にもっと良いものを提供するのではなく、彼らが通常受け取っているよりも航空には懲罰的なアンシラリーが多すぎたと思う」とKirbyは言う。

直接流通とロイヤルティは依然最優先

Direct distribution and loyalty still top of mind

Kirbyはさらに、その顧客中心の考え方が、航空会社に直接予約する方が、サードパーティを通じて予約するよりも旅行者のニーズに役立つと信じている理由を説明した。 Unitedで予約した場合・・・情報、特にフライトの遅延がある場合に利用できるデータは、はるかに優れている。 私たちと直接予約する人は、すべての連絡先情報を持っており、[変更]したい人には他の一連のオプションを提供する。 直接予約しない顧客にとって、それはひどいことになる — 私たちは彼らに触れて何が起こっているのかを彼らに伝える能力がない。  Expediaにメールを送信することはできるが、Expediaはそれに対して何もしない。 私たちは旅行からできる限りのストレスを取り除こうとしている。 そしてそれの多くはコミュニケーションである・・・だからそれは流通戦略についてではない。 それは、顧客にとって正しいことを行うという戦略に関するものである。 つまり、顧客は直接来ることで最終的にはより良いサービスを受けることができる」と彼は言う。  CarTrawlerのレポートによると、調査回答者はロイヤルティプログラムを高く評価しており、86%が少なくとも1つのプログラムに登録しており、約20%が、旅行を計画する際の最優先事項としてロイヤルティ報酬の獲得または使用をランク付けしている。 British Airways CEO、Sean Doyleは、将来、ロイヤルティが彼の航空会社にとって「ますます重要になる」と見ていると述べている。 Doyleは、「ロイヤルティを通貨として使用する」航空会社が提供する製品の数を増やし、航空会社のホリデーパッケージビジネスとそのロイヤルティプログラムを組み合わせた製品を作成する機会があると述べている。 「私たちはプラットフォームに多くの投資をし、より多くの製品を棚に置いてきた。 ロイヤルティは人間関係の観点からは素晴らしい手段だと思うが、デジタルエクスペリエンスのあらゆる段階でロイヤルティを使用することで、リピートビジネスの戦いや利便性の戦いに勝つことができると思う。 ロイヤルティ通貨は、現金取引と同じくらい有用であり、人々が消費する方法に関して同じ有用性を持っているという点に向かっていると思う」と Lalondeは言う。 航空会社はロイヤルティプログラムの構築に非常に効果的であった。

実際、非常に効果的であるため、「UnitedまたはBAにロイヤルな顧客がいる場合、Hopperに移動することはない。 それは決して起こらないだろう」と言う。 しかし彼は、Hopperやその他のサードパーティの旅行販売者が、ユーザーがロイヤルティ報酬をシームレスに獲得、燃焼、交換できるデジタルウォレットに基づく効果的なロイヤルティプログラムを作成する機会があると考えている。 「人々がポケットに入れたスーパーコンピューターに、予測、通知、アプリに現金を用意するというアイデアを移動する準備が整うと、そこで購入したものに応じてボーナスを獲得できるメカニズムを持つことは、私の意見では、まったく未踏の空白である。 旅行などでそれを行う優れた欧米のアプリはないと思う。 それは最大のチャンスの1つだと思う。 私たちがこれに入るとき、私たちは支払いに注目し、私たちは取引の両側にいることに目を向け、私たちは利息を支払うことに目を向ける。 たとえば、顧客の70%はデビットカードで支払いを行っており、実際には別の銀行口座を持っており、そこで貯金を行っている。 そのエクスペリエンスを合体させてやりとりを始めることができれば、サプライヤと協力して何ができるだろうか?」と彼は言う。
調査結果では、ユーザーフレンドリーでモバイルファーストのソリューションの価値が繰り返されている。 レポートは「消費者は、旅行体験の管理に役立つシームレスなモバイルのインフラストラクチャを望んでいる。 旅行をより簡単でやりがいのあるものにすることができるブランドは、何年にもわたってロイヤルな顧客のメリットを享受する」と結論する。
調査で旅行者の優先事項であることが分かった持続可能性を超えて、今後3~5年間の旅行業界の最大の課題を予測するよう求められた時、数人のパネリストがモバイルへの投資に同意した。 デジタルソリューションがリストの一番上にある。 IATA のWillie Walsh事務総長は、「人々はデジタル体験をよりよく理解し評価している。 彼らは旅行中に、ほとんどの人が何年も忘れていた書類を提示する必要がある時期を経験した。 顧客のデジタル体験を改善することは、すべての航空会社、そして実際にすべての企業が焦点を当てる重要な分野の1つだと思う。 私たちは直接会ってフェイスツーフェイスでビジネスを行いたいと思っているが、促進しデジタルを通じて可能にしたいと思っている」と述べている。

(2/3 https://www.phocuswire.com/customer-centricity-digitization-priorities-travel-executives?oly_enc_id=9229H9640090J9N)

15. 2022年の法人旅行者

2021年の終わりに、私はほぼ2年ぶりの出張に乗り出した。 スーツケースを頻繁に梱包することから始めた後、航空会社のポイントカードを再び取り出した。 旅行は何の中断も無かった。 ほとんど。 帰りの飛行機の前に心配そうにPCR検査を受けた。 ありがたいことにネガティブ。 その後、ドキュメントをアップロードしたときに、感染テストが拒否された。 証明書を読み直した。 生年月日:結構です。 名前:Paula Barron。 Paula?! 良くない。 幸い、空港に到着する前に旅行アプリが注意してくれたおかげで、すべてを整理する時間ができた。 少しストレスがたまる・・・

この話は、一部の人にとっては異質に聞こえるかも知れないが、他の人にとっては、より身近なものである。 旅行管理会社の75%が、今年の出張量はかなり多くなると予想しているため、今後数か月のうちに初めて出張を味わう人が増える可能性がある。 しかし、私たちの心の問題は、それがどのように戻るのかということである。 余暇の需要が2020年から2021年にかけて戻ってきたとき、Amadeusはいくつかの重要な行動の変化を特定した。 たとえば、予約のリードタイムが短縮され、2020年にパンデミックの最盛期に到着してから1週間以内に予約の60%以上が行われた。 今日、この数は減少しているものの、ビジネスインテリジェンスデータは。世界中の多くの市場で、間際予約を引き続き優先している。 現在、出張が戻ってきた時、Amadeusは業界調査と市場洞察を組み合わせて、このセグメントですでに出現しているトレンドと、これがホスピタリティ業界に与える影響を以下の通り理解した。

(1). 神経質にもかかわらず、旅行したいという欲求が高まっている

     Despite nerves, there is a growing desire to travel

パンデミックの周りには多くの不確実性が残っているが、確かなことが1つある。 私たちは皆、そこに戻りたいと思っている。 実際、旅行者の75%以上が、2022年に旅行に行くことを望んでいる。 ビジネス旅行者に関しては、いくつかの調査レポートにより、従業員は依然として対面のやり取りを重視していることが確認されている。 IHG Hotels & Resortsの南北アメリカのCEOであるElie Maaloufは、「Zoomで仕事をできない人が居る」と述べている。

AmadeusのAgency360の予約データはこのテーマを反映しており、ヘルスケア、専門サービス、航空宇宙および防衛セクターの出張者が、現在も旅行販売業者のトップブッカーとしてランク付けされている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この積極性にもかかわらず、レジャーとビジネスの両方の旅行者はまだ神経質になっている。 私たちの調査によると、TMCの92%は、出張前の健康と安全に関する明確な情報をビジネス旅行者の最優先事項と見なしている。 幸いなことに、ここではテクノロジーが貴重な役割を果たすことができる。

私の最初の旅行を通して、私はこれまで以上にアシスタントとの定期的な連絡を維持して、どの感染テストを行うか、またはフォームを完了するかを確認していた。 旅行者は、レジャーとビジネスの両方で、これらの目的のために正確に作成された新しいテクノロジーを自由に利用できる。 たとえば、Amadeus Traveler IDのようなアプリがなければ、テスト証明書にエラーがあり、搭乗が拒否されるリスクがあることを知らなかった。 この経験は私を生涯の顧客にした! 同様に、旅行保険のようなサービスは、これらの新しい懸念を緩和するのを助けるためにパンデミックの間に進化した。 Amadeusを含む企業は、予期しない変更が発生した場合に備えて、より柔軟なタイプの保護を提供するようになった。 ホテル経営者にとって、これらの追加のアドオンは、ゲストの満足度を高めるのに大いに役立つと同時に、収益を生み出す新しい機会を提供する。

(2). 頻度が少なく、滞在期間が長い

    Less frequent, longer stays

パンデミックが発生する前は、「ブレィジャー(bleisure)」旅行とは、通常、出張旅行を1日か2日延長することを意味し、家族や友人が最後の部分に参加する可能性があった。 今日、それはさらに何かに進化し、多くの人が「workcation」という用語を使用している。 これは、会議やイベントまたはリモートワークと数日間のレジャー旅行を組み合わせたより長い旅行を指す。 世界的に、ビジネス旅行者の3人に1人は、2022年に少なくとも1回の旅行にレジャー要素を追加することを望んでいる。 また、BCD Travelの調査によると、85%の労働者が将来的に遠隔地とオフィスの両方の仕事を探している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amadeus Demand360のデータを使用して2022年から2020年までの滞在期間を比較すると、世界で7日以上の滞在で滞在期間が長くなり、61~90日の旅行で最大の変化が見られる。 パンデミック以来、出張をしている同僚と何度か会話をした。 多くの人にとって、感染テストとフォームの追加の努力は、旅行を延長するのに十分な励ましである。 そして、旅行を延長しなかった人々にとって、戻った時の彼らの一番のフィードバックは、彼らが望んでいたということである。 パンデミックの初期には、AccorやMarriottなどの主要なホテルチェーンから提供されているいくつかの仕事関連のパッケージの導入をすでに見た。 今日でも、これはホテル経営者がターゲットとする魅力的な新しいオーディエンスである。 成功するホテルは、リモートでの作業を容易にする設備(無料のWi-Fi、ワークステーション)と、旅行者が代替宿泊施設を予約するようにさせてしまう可能性のある自宅の快適さのバランスをとる必要がある。

(3). コスト意識が環境意識になる

     Cost-conscious becomes eco-conscious

旅行の需要が高まっているにもかかわらず、出張やイベントに関しては、多くの企業が依然として予算の削減に直面しているのが現実だ。 Amadeusの調査によると、TMCの半数以上が、支出管理を旅行クライアントにとって進化するニーズまたは期待であると考えている。 ただし、パンデミックの性質が急速に変化していることを考えると、CFOの75%は、今年の予算と予測に関して、より柔軟であることに重点を置いている。 その上、誰もが認識しているが、話したくない重要な問題のことも忘れられない。 最近のAmadeusの調査によると、旅行者の3分の2が持続可能な旅行を優先事項と見なしており、旅行中に持続可能なサービスを要求する企業がますます増えている。 これは、企業が金銭的価値だけでなく、環境への影響にも基づいて旅行を評価している可能性があると思う。

(4). 定期的なコミュニケーションが引き続き重要 

     Regular communication remains key

パンデミックが発生して以来、企業からの連絡が増えていることに気づいた。私たちは、サポート、柔軟性、安全性、興奮などのメッセージに動いた。

今日では、すべてのタッチポイントまたはインタラクションの後にメッセージが不要になる可能性があるが、重要なコミュニケーションの形式がいくつかある。 ビジネス旅行者の場合、TMCの65%は、旅行中の定期的なコミュニケーションが優先事項であると考えている。 ホテル経営者は、注意して欲しい。

一般的な出張のアジェンダでは柔軟性があまり高くないため、予期しない驚きを避け、旅行者が到着時に何を予測できるか、サービスが減少されているのか、朝食を予約する必要があるかを簡単に知ることができるようにする。

旅行者があなたの財産やブランドと対話する可能性のあるすべてのタッチポイントをカバーするために、さまざまなチャネル:GDS、あなたのウェブサイト、電子メールによるソーシャルメディアの事前滞在(pre-stay)、ホテルスタッフ、フォローアップ電子メールまたはメッセージサービスを介してこれを行う。 これは、ホテルが旅行者の全体的な体験に影響を与える可能性のあるスタッフ不足の影響を受け続ける場合に特に重要である。

(5). 以前よりは小さいものの、イベントが戻ってきている

     Events are coming back, though smaller than before

私は、出張がどのように行われているのかについてたくさん話した。 しかし、これらの旅行中に何が起こっているのだろうか? Amadeus Meeting Brokerのデータは、パンデミックの結果として、平均してグループ予約のサイズが減少したことを確認している。 たとえば、2021年のイベントの51%は50人未満のグループ向けであった。 2019年では50人未満の構成比はわずか17%であった。 これは、2022年に成長が見込まれる上位3種類のイベントが次のとおりであるという予測を裏付けている。 社内会議やトレーニング、小規模の会議、およびクライアントまたは顧客の諮問委員会。 ホテル経営者にとって、これは今年いくつかの興味深い機会を提供する。 あなたの物件が現在より大きな会議スペースを提供している場合は、これをより小さなスペースに分割して、一度に複数のグループに提供できるかどうかを検討して欲しい。 また、イベントスペースのないプロパティの場合、イベントスペースを作成できるかどうかを確認する時間はまだある。 たとえば、共有エリア、屋外の中庭、または大きなスイートは、COVID-19に準拠した設定で、小さなチームをサポートするのに最適なスペースである。 By Paul Barron - Amadeus Hospitality

(2/4 https://www.phocuswire.com/2022-business-traveler?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

PhocusWire_Recovery_Charts_TravelSeller-bySector.jpg
PhocusWire_Recovery_Charts_Length of Stay.jpg

16. 新興企業の舞台:Travogram

Travogramは、Booking.com、Viator、Mondeeなどのパートナーからの予約オプションにリンクされている旅行者からの旅程とヒントを提供する。 2020年に設立されたTravogramは、Amadeus Launchpad 2021-2022のグループの一部である。 Travogramは、旅行者が実際の旅行者が共有する何千もの感動的な旅程やヒントを見つけることができるソーシャルプラットフォームであり、誰でも簡単に旅行の計画や予約に使用できる。 このアプリの独自のアルゴリズムにより、旅程の共有が超高速になり、その見返りとして、旅行のライターは彼らの旅行記の旅行予約に対して支払いを受け取る。

ビジネス面では、Travogramは旅行ソーシャルネットワークおよび予約プラットフォームであ理、誰もが旅行を計画し、予約するのを助けるために、実際の旅行者から得られた本物の旅行の旅程と経験をもたらす。  Travogramは、宿泊、フライト、交通機関、アクティビティで業界をリードするプレーヤーと提携し、競争力のある価格で予約を簡素化する。 B2Cだけでなく、旅行会社やソーシャルプラットフォームと提携するB2Bの機会もターゲットにしている。 Travogramは、予約トランザクションとB2Bパートナーシップから収益を上げる。 テクノロジーの面では、Travogramアプリとウェブサイトは最先端の旅行テクノロジーと予約パートナーと統合して、シンプルさと使いやすさを推進している。 テクノロジーにより、旅行を数秒で共有し、日帰りプラン、写真/ビデオ、レビュー、地図、予約オプションでコンテンツを充実させることができる。 Travogramプラットフォームは、スケーラブルなクラウドインフラストラクチャ上に構築されており、採用(adoption)指標を綿密に監視するための詳細な分析機能を備えている。(以下省略)

(2/4 https://www.phocuswire.com/startup-stage-travogram-travel-social-network-and-booking-platform?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

17. 社説:究極的に消費者に正しい事が最良戦略

「それは流通戦略ではなく、顧客にとって正しいことを行う戦略に関するものである。 つまり、顧客は直接来ることで最終的にはより良いサービスを受けることができる」、United AirlinesのCEO Scott Kirbyからの引用。

これは、今週のPhocusWireに関する記事で、彼は、今年の旅行会社の幹部の最優先事項について説明している。 すべての航空会社のCEOとその流通チームは、より多くの乗客が航空会社に直接予約することを望んでいる。 これは、航空会社が何十年にもわたって切望してきた戦略である。 この欲求は、1990年代後半からデジタルサービス(つまりWeb)が予約ツールで主流になるにつれて増加した。 ただし、多くの消費者は、少なくとも初期の航空会社のWebサイトが、少なくともOTAと比較してどれほど貧弱であったかを覚えている。 OTAのDNAにはインターネットがあった。 もちろん、Scott Kirbyは、予約、サービス、情報を得るために航空会社に直接来ることが、誰にとっても最善であると言っているはずである。 しかし、現実は決して単純ではない。

それを好むかどうかにかかわらず、航空会社は彼らの飛行機を埋めるのを助けるために彼らの仲介パートナーを必要とする。 これは、彼らが切望している顧客との1対1の関係を失うこととのトレードオフである。

そして、忘れないように、アンシラリー製品をアップセルする能力は、OTAや他の機関がチェックインと発券に関する情報の基本を管理している間、航空会社が本当に焦点を合わせたいものであると主張する人もいるかもしれない。  2010年代初頭のIATAのNDC基準の導入は、仲介業者が通常航空会社のウェブサイトで行われるアンシラリーな活動の多くを実行できるように設計されたことを思い出すので、これは議論がやや奇妙になるところである。

一部のOTAは現在、航空会社との独自のNDC統合によって、またはグローバルな流通システム実行サービスを使用して、まさにこれを行っている。

「このパイプ」は、仲介業者がチケットや関連するアンシラリーを販売する方法で航空会社のようになる能力を与えるために作成された。 何年にもわたるそのすべての進歩(ある種の)と手作業は、航空会社の流通分野におけるいくつかの真の進歩に道を譲った。 したがって、消費者に直接予約してもらいたいというレトリックは、これまでのテクノロジーの進化には役に立たないと主張する人もいるかもしれない。 現代の航空会社の流通は、その性質上、協調的であり、最終的には、食物連鎖のすべての関係者が平等に顧客にサービスを提供できるようにする必要がある。

(2/4 https://www.phocuswire.com/sounding-off-147?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

18. Beyond Green: 旅行における総合持続可能性

blacklane-sustainability-1-2.jpg

旅行よりも環境破壊で失うものが多い産業はほとんどない。 ありがたいことに、過去2年間の明るい兆しは、サプライヤの持続可能性の改善の台頭である。

Blacklaneが10年の歴史の中でカーボンニュートラルに取り組んだように、旅行会社は製品とサービスをグリーン化し続けている。 彼らはまた、顧客を教育し、目的地への長期的な取り組みを行っている。 しかし、それだけでは十分ではない。 グリーンイニシアチブは、根本的な状態を癒すことができないバンドエイドある。 症状は気候変動である。 しかし、病気は個人的な苦痛だ。 あなた自身の人生に未来がある時、人は地球の運命を最も気にする。 その立場にある私たちの人々は、不確実で暗い未来の視点を理解する必要がある。

したがって、私たちは、持続可能性への全体的なアプローチで何十億もの人々が直面している経済的および社会的問題に取り組む必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅行会社には、環境、社会、経済という持続可能性の3つの側面に取り組む独自の役割がある。 旅行は定義上、人々を結びつけ、私たちを新しい場所に連れて行き、他の人の現実に私たちをさらす。 私たちは新しい土地を探索し、新しい文化に取り組む。 旅行者は、その場所の過去を体験し、その未来を想像する。

さらに、我々の事業は、我々が事業を行う地域社会に直接影響を及ぼす。

私たちは地元の労働者を必要とし、地元のインフラに依存し、地元の天然資源を使用している。 私たちには、人々や場所を大切にする義務があり、私たちの存在で彼らを豊かにする機会が存在する。 しかし、世界中で働き、遅れをとっている人が多すぎる。 彼らはセーフティネット、労働保護、成長の機会を欠いている。 他の多くの人が働きたいが、より多くの訓練が必要だ。 私たちの社会がこれらの問題を解決できない場合、私たちの環境の失敗は残存する。

それは、経済的繁栄が環境保護に先行するからである。 裕福な経済には、汚染と戦い、脱炭素化する特権がある。 逆に、苦戦している経済は、日々の生存に焦点を合わせなければならない。 彼らの市民は、彼らの日常の決定において気候変動を説明する可能性は低くなる。 国家レベルでは、Environmental Performance Indexは、生物多様性、大気質、廃水処理など、いくつかの要因にわたる政策を定量化する。 一人当たりの国内総生産とより健康的な環境との相関関係は明白なものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裕福な国々は、将来性があることを知っているため、持続可能性により多くの投資を行っている。 彼らの人々は、世代を超えて長く幸せな生活を送るための繁栄と健康を持っている。 彼らは、気候科学と気候変動によってもたらされるリスクを理解するための教育を受けている。 彼らは、グリーンテクノロジーを開発および実装するためのリソースとインフラストラクチャを持っている。 従って、最小のコミュニティから最大の国まで、富を築き、より多くの教育に資金を提供するための新しい機会が必要だ。 私たちは、教育が一人当たりのGDPと家計の富を促進することを知っている。 人口を教育すればするほど、国は豊かになる。 そしてその富によって、社会はより多くの環境保護に投資する余裕がある。 長期的な変化は、持続可能性の3つの柱を同時に前進させることによってのみもたらされる。

経済:企業は従業員とパートナーに公平かつ時間通りに支払う必要がある。

彼らは地元のレストランや活動を宣伝することができる。 地元の建設業者、芸術家、起業家が地元の経済を繁栄させるために支援する必要がある。 旅行およびホスピタリティセクターは、世界で最も遠隔地にあり、恵まれないコミュニティのいくつかに投資と注目をもたらす。 これにより、私たちのビジネスを相互に成長させ、生活水準を向上させるための非常に大きな能力が得られる。 たとえば、ウォーキングツアーでは、家族経営のカフェや地元のアーティストのギャラリーを紹介できる。

遠征(Expeditions )やクルーズでは、地元の食材を調達し、地域の農場から商品を販売することができる。 雇用主側では、旅行のスタートアップはすべての従業員に株式を提供することができる。 パートナーとして、大企業は起業家を支援し、独自の運転手ビジネスやツアーやアクティビティの会社を始めるためのトレーニングを行うことができる。

  •  社会:旅行会社は、スタッフと地域コミュニティを強化するためのトレーニングを提供できる。 彼らはまた、世界中の疎外された不利な立場にあるグループを支援することができる。 例としては、歴史的に男性が支配していた役割の女性に新しい機会を与えることが含まれる。 運転手付きハイヤーとクルーズ船の役員はそのような職業の2つである。 ケータリング会社やイベントマネージャーは、困っている地元の人々に食べ残しを寄付することができる。 企業は、慈善団体に奉仕するための休暇を従業員に与えることで、従業員に配慮することができる。 雇用主は、ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンのトレーニングにも投資できる。

  •   環境:顧客は、新しい目的地の素晴らしさと美しさを楽しむために正しく旅行する。 私たちは、地球を守り保護するために、長期的な視野を持って警戒を怠らない必要がある。 旅行会社は、空中、地上、海上での業務の脱炭素化を実施している。 私たちは、オーバーツーリズムの影響を減らすために目的地と協力している。 カーボンオフセット、廃棄物の削減、よりクリーンな車両の導入を行っている。 短期的には排出量を相殺する必要があるが、長期的には排出量を削減する必要がある。

持続可能性の原因は、私たちの業界で最高のものを引き出すはずである。

人と地球を守るために競争する時、誰もが勝つ。 私たちが従業員とパートナーの運命を改善する時、私たちは彼らの地域をより良く維持するであろう財政的に安全なコミュニティを作る。 私たちが熱心な学習者と知識を共有する時、私たちは彼らの専門知識と情熱を解き放つ。

私が最初に言ったように、私たちは環境破壊からの最大の敗者の一人になる可能性がある。 とは言うものの、その反対に、私たちは全体的な持続可能性から最も多くを得ることができる。 私たち全員は、個人および組織として、3つの要素すべてに挑戦する必要がある。 それらをまとめることは、長期的な変化をもたらすための最善のチャンスである。

著者:Jens Wohltorfは、グローバルな運転手サービスBlacklaneのCEO兼共同創設者。

(2/4 https://www.phocuswire.com/Holistic-sustainability-travel-industry?oly_enc_id=9229H9640090J9N)

blacklane-sustainability-2.jpg

19. 1月31日の週の資金調達記事

  • マイクロモビリティ  Dott

マイクロモビリティ企業のDottは、シリーズBの資金調達ラウンドに7,000万ドルを追加した。 投資はAberdeen Standard Investmentと既存の投資家Sofinaが主導し、EQT VenturesとProsus Venturesも関与した。 オランダを拠点とするDottのシリーズBの合計は、2021年4月に発表された最初の8,500万ドルに続き、現在1億5,000万ドルを超えている。 Dottによると、この投資により、電動自転車の展開が加速し、製品開発に投資し、現在運営している36都市を超えて拡大する予定である。 2018年に設立された同社は、2021年に40,000台以上の電動スクーターの既存のフリートに10,000台の電動自転車を追加したと述べている。 スペースのライバルもここ数ヶ月で多額の資金を獲得しており、Tierは10月にシリーズDで2億ドルを発表し、Limeは11月に5億2,300万ドルを発表した。

(2/1 https://www.phocuswire.com/Dott-adds-70M-to-series-b?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

 

  • T&Aプラットフォーム  Headout

Headout は、既存の投資家を利用して、2021年9月に最初に確保したシリーズBの投資ラウンドにさらに3,000万ドルを追加した。 追加の資金は、Glade Brook Capitalが主導し、既存の支援者であるNexus Venture Partners、FJ Labs、500Startupsなどが参加した。 ツアーおよびアクティビティプラットフォームの最初のシリーズB投資は、1,200万ドルに達した。 2014年に設立された会社が調達した総額は6,000万ドルである。

当時、Headoutは、現在の30か所から300の新しい都市に拡大したいと述べていた。 現在、今後2年間で500の都市に拡大し、年間売上高は10億ドルになる予定である。 昨年の初めから800%を背景に、EBITDAを(2021年7月以降)計上した最初の「エクスペリエンスエコシステムにおける高成長スタートアップ」であると主張している。 同社は「旅行、エンターテインメント、ARの買収を積極的に進めて、未来をより早く構築している」と語った。 

* 2020年9月のHowI GotHereポッドキャストで録音されたKhonaとのこのインタビューを確認してください。

(2/2 https://www.phocuswire.com/Headout-Series-B-another-30M-drive-expansion-program?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

 

  • 自動運転専門家  Cruise

自動運転のスペシャリストであるCruiseは、SoftBank Vision Fundから13億5,000万ドルの追加資本を確保した。 SoftBankは当初、2018年にGeneral Motorsが所有するこの自動運転車部門に9億ドルを投資し、Cruiseが“完全無人運転車”の運用を開始した後、さらに投資することに合意した。

Cruiseは、サンフランシスコで自動運転車を一般に公開している。 2021年4月、Cruiseは1月に発表された以前のMicrosoft主導の20億ドルのラウンドに加えて、7億5,000万ドルの投資を受けた。 2013年に設立されたCruiseは、2016年にGMに買収され、SoftBankとGMから33.5億ドル、2018年にホンダから7億5,000万ドルの投資を受けた。 これらのラウンドに続いて、2019年にT. Rowe Priceが主導する11.5億ドルの投資が行われた。

(2/3 https://www.phocuswire.com/Cruise-attracts-SoftBank-funding-1-35B?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

印刷用ファイル