top of page

海外事情 2022年  10月  17日号

先週号の編集人コメントで「OTAのT&A販売が増えている」と書いた。そのような記事が、今週号では4つもあった。

 

「5. ツアーとアトラクション、需要増への対応」では、訪問者(旅行者)の“コンフォートゾーン”に注目しろと言っている。満員や満席よりは、適度の空きがあった方が、長期的には増収に繋がると言っている。そしてコンフォートゾーンを作り出すためには、混雑程度の情報をオープンにし、ダイナミックな価格によってピークとバレーを調整しろと提案する。そしてオーバーツーリズムにも役立てろと言う。

 

LCCのビジネスモデルとは真逆の考えだ。結局は、ダイナミック運賃管理が必要だと言うことだろう。しかし、パンデミックの影響で、旅行者はよりコンフォタブルなコト消費をより強く求めるようになっている。

 

「1. (TJ) グーグル、ツアーとアトラクション支援ツール追加」は、

Googleは、アトラクション・現地ツアー・アクティビティなどをはじめとするエクスペリエンス(Things to Do)を予約できる新サービスを正式発表した。Google Mapsにアトラクションのチケット価格が表示されるようになり、さまざまなパートナー間で価格をすばやく比較できるようになる。同社は昨年、Searchでチケットの価格を表示し始めた。

 

Googleがワンストップのトラベルサービスの強化を続けている。

 

「18. T&Aのデジタル化」は、世界のTAAのオンライン販売比率が、2019年のわずか17%から2021年までに約30%に急増したと伝える。この世界市場は、2024年までに2,600億ドル(約36兆円)に達すると予測する。

 

目的地のエクスペリエンスが旅行の目的であり醍醐味であるので、これが巨大な市場となるのは当然だ。オンライン化率も急速に向上するだろう。そうなれば、ますますスムースなコネクテッドトリップが完成する。

 

今まで目的地のエクスペリエンスは、T&A(ツアー&アクティビティー)と理解していたが、この記事ではTAAと書く。ツアー&アトラクション&アクティビティーとなるそうだ。

 

「17. RVトラベル成長、後戻りしない」は、RV(キャンピングカー)所有者、レンターを、目的地のキャンプ地と繋いでいるオンラインのマーケットプレイスHarvest Hostsが、レンター会員をワイナリー、醸造所、農場、ゴルフ コース、博物館などのTAAのネットワークと結びつけていると伝える。

 

これもコネクテッドトリップの考えだ。パンデミックの影響で短期ホームレンタルとRVレンタルが大流行りで、もちろんその二つもコネクテッドされている。

(編集人)

目 次

1. (TJ) グーグル、ツアーとアトラクション支援ツール追加

2. (TJ) 2026年までにダイナミック運賃80%、ATPCO

3. (TJ) 10月10日の週の資金調達関連記事 法人旅行TripActions       閲覧第1位

  (TJ) = トラベルジャーナル 11月7日号を参照ください。

 

4. 連載小説「XYZ・コム」定例「三金会」会議 その2(第15回)

5.. ツアーとアトラクション、需要増への対応

6. フォーカスライト会議2022、トリアド新CEO

7. インドの旅行者、モバイル中心                                                閲覧第4位

8. ホスピタリティの2023究極予算ガイド

9 エアビー、アジアの巨大デジタルノマド市場に注目                      閲覧第3位

10. ホテルの評判改善テック                                                       閲覧第5位

11. Q&A:米運輸省航空運賃透明化ルール提案と旅行テック

12. アメリカン航空とBlack Enterprise、黒人大学19校でハッカソン

13. 標準化データ、航空業界サステナの鍵

14. 新興企業の舞台:旅行管理Voyagu

15. テクノロジー、旅行ブランドの期待に応えられる?                   閲覧第5位

16. インドZoomcar上場模索

17. RVトラベル成長、後戻りしない                                            閲覧第2位

18. T&Aのデジタル

19. 10月10日の資金調達関連記事

4. 連載小説「XYZ・コム」定例「三金会」会議 その2(第15回)

「さて、本日の議題に移ろうじゃないか。2週間前の緊急会議で宿題となった「タブやフィルタリングの追加」と「コンテンツの強化策」の二つのプロジェクトの検討結果を聞かせてくれるか。タブとフィルタリングの話がA君、コンテンツがG君の担当だったね」とY部長が切り出した。

 

Y部長は続けて、「タブやフィルタリングを追加すると言う話は、タビマエで旅行をしようと思っている潜在旅客の検索を容易にするためだったね。A君がメールしてくれた資料によると、タブを5つ追加したそうだね。最近エアビーがホームの検索のタブを大幅に増加した結果、増収することができたそうじゃないか。タブやフィルターの使い勝手であるUXの機能向上は大きな意味を持っている」と発言した。

 

「はい部長、5つ追加しました。全てパンデミックによって人気が急増した旅行を対象にしたタブです。短期マイクロツーリズム、28日以上の長期滞在、ワーケーション、キャンピング、ウエルネスの5つです。これで、今ある8つに加えて合計13のタブになります。そしてインベントリー担当のHさんと共同で、新設のタブとインベントリーを連動させる作業を開始しました。このリンクができたタブから順次公開させていくつもりです。

 

プロジェクトチームでは、タブにプルダウンメニューを加えてそれぞれのタブをさらに細分化することも考えてみましたが・・・作ったプルダウンを一体どう使ったら良いのか?とか、どのように細分化すれば良いのか? などの意見がまとまらず、イマイチ整理できませんでした。この件は、今後、新設したタブをインベントリーと実際にリンクさせていく作業の段階で再考しようと思っています。

 

タブの横にはフィルターがつけてありますね。行き先(国内:海外)、旅行形態(家族旅行:カップル:お一人様:グループ)、価格帯、旅行時期(月:季節:週末:いつでも)が選べるようになっている。当然のことながら、新設フィルターにも同じフィルターが適用されます。

 

タブとフィルターとそれから今後プルダウンメニューも付けるとすると・・・これらの3つのツールをどのように構造化したら良いのか? プルダウンを付けると検索をややこしく複雑にしてしまうので要らないという複数意見もあり・・・考えがまとまらなかったのです。だから、これは今後の継続検討課題としたのです。

 

それから、チームの間で興味深いディスカッションがあったのでご紹介しておきます。旅の販売をするXYZは、旅だけでなく物販もしたらどうかと言う提案がありました。例えば、新設するキャンピングのタブでプルダウンメニューを付けるとすると、そのメニューはどうなるのか? と言う議論の過程で出てきた話です。この場合のプルダウンは、グランピング;キャンピングカーレンタル:キャンプ場:キャンピングカーのキャンプ地輸送の4つに意見がほぼ集約されたのですが、それらにアウトドアグッズのタブを加えてグッズの販売を始めたらどうかと言うアイディが出てきたのです。何もXYZ自身が自ら販売するというのではなく、それを販売している専門店にリンクを張れば良いという話です。この物販の話は、他の全てのタブでも同じ可能性があります。リンク先からコミッションを稼ぐ増収策として、今後一考する価値があると思われます」とAが要領よく説明した。

 

「A君ありがとう、よく分かった。プルダウンを付けて却って検索をややこしくしては元も子もない。今後の検討課題とすること了解した。在庫としっかりリンクさせてできるだけ早く稼働さてください。

 

ところで、物販の話はすごく面白い。航空会社が、オフラインの店で旅行グッズの販売をしていることに似ている。訪日インバウンド旅行者が増えたことによって、越境電子取引(越境EC)も増加しているって言うじゃないか。日経新聞によると2年で8割も増加している。我々で、このアンシラリー販売のマーケットプレイスを立ち上げる・・・っていうことも考えられるね。

今後の新規事業開発に繋がるよう考えてみることとしよう。この話はウオッチリストに追加する。」

 

「部長、もう一つあります。物販の話に加えてメタバースの議論がありました。

部長がいつも口酸っぱく言っている通り、旅行って目に見えないコト消費ですよね。しかしVRやメタバースの登場で、それを見える化するってことがますますできるようになってきている。XYZでもこのVRやメタバースを導入して、例えば旅行のインスピレーションの段階で候補に上っている目的地を見せたり、ツアーの“お試し買い”をできたりするようにしたら・・・と言うアイディアも議論されました。」

 

「随分先に進んでいるね。実に頼もしい。

メタバースでオンライン旅行を販売するスタータップも出てきているそうだね。実際の旅行よりも安価で世界中を旅行できる時代がやってくるなんて話も業界誌に載っていた。歩行困難などの障害を持つ人にとっては朗報だ。

リアルの法人旅行つまり出張が、バーチャル会議のZoomやTeamsに乗っとられるという話もある。しかし、実際に目的地に行って、そこのローカルを五感で体験する、つまり右脳中心で体感するのが観光旅行の真髄だよね。左脳を中心に使う理論や理屈がモノを言うビジネス会議中心の法人旅行のバーチャル化とは大きく違うので、リアルの観光旅行が簡単にバーチャルに転換するとは考え難いと思うんだが・・・。

 

法人旅行だって、営業部門は対面販売がマスト必要だと言っているし、大幅減少するなどと・・・そんなに悲観的になる必要はないのかもしれない。第一、出張者って、「忙しい、忙しい」って愚痴っているけど、息抜きできると言うわけではなかろうが、結構、出張を楽しんでいるよね。それを取り上げてしまったら、仕事のやる気が失せてしまって生産性が低下するなんて話もある。事実、最近の法人旅行の戻りの勢いは極めて力強いものがあるしね。

 

宿泊施設は、真っ先にメタバースを利用し始めた。そして自社のホテルをそこに建てて客室の間取りなどホテルの施設の全貌を実際に見せている。A君が言うように見えない旅の販売には、その商品の内容を見えるようにするVRとかメタバースが必要になるということだね。

ところで、“旅のお試し買い”って何のこと?」

 

「部長、モノ消費では、洋服屋で試着ができますよね。また食料品屋では試食ができる店がある。デパ地下では、訪日外国人が試食コーナを連続して探し回って食費を倹約しているなんて話がある・・・冗談はさておき、商品によっては自己都合による購入後1週間程度内での返品が許されている。

しかしコト消費の旅行では、目に見えないので、購入前に、予約前にと言った良いのかもしれませんが・・・、触って動かして商品をチェックすることができない。パンフレットに書いてある内容を鵜呑みにするしか方法がない。

そして旅を始めてしまったらそれっきりで、旅行商品に重大な瑕疵があった場合の費用の一部弁済を除き、自己都合での返品、つまり旅行の場合は払い戻しとなりますが、ここでは一切できない。これって当たりまえの話ですよね。

どこよりも安い格安欧州ツアーを見つけて旅してみたら、泊まる宿は木賃宿、食事はマックやケンタキーなどのジャンクフードだったなんていう悲劇的な泣ける話もあるって聞いたことがあります。

 

そこで、潜在旅行者が購入しようとしている旅行商品の一部を、予約する前にVRやメタバースでバーチャル体験してもらって、商品内容について確認してもらって、ご納得済みで買ってもらったらどんなに良いか・・・って話です。これを“お試し買い”って呼んでいるんです」

 

「なるほど、“お試し買い”とは考えたものだ。見えない旅を、旅行開始前に見える化するって・・・これって面白いかもしれない。それで、皆で議論した結論はどうなった?」

「それが・・・時間もなくて・・・メタバース自体の理解度も不十分でアイディア先行の状態で・・・別途検討となりました。」

 

「VR(仮想現実)のヘッドセットが未だ高価で普及していないという問題もあるけれども、安価なARやVR付きのスマート眼鏡でメタバースも体験できるようなことになるとしたら、現在のオンライン旅行販売手法は劇的に変わるね。ウエッブページをブラウンジグする今の販売方法がなくなるって言う話も、現実味を帯びてきて、あながち大袈裟な話ではなくなってくる。

さっきの物販の話だって、メタバースでバーチャルXYZ.コムの旅行会社を作って、その隣にグッズ販売をするトラベル百貨店を開店することだってできるかもしれない。

 

うちでもそろそろ検討を開始しなければならない問題だ。これもウオッチリスト追加といきたいとこだが、実際に開発検討する前に、ブロックチェーンがリードするWeb 3.0の話ももっと良く勉強して、皆でブレンストーミングをすることとしようじゃないか」と部長がこの問題を締め括った。

(続く)

5. ツアーとアトラクション、需要増への対応

忙しい夏のシーズンが終わった今、ツアーやアトラクションのオペレーターは、予約インフラストラクチャが国内市場と国際市場の両方からの訪問者の流入をどのように処理したかを考える良い機会である。人混み、スペースがない、長蛇の列、満員のアトラクションは、訪問者の全体的な体験を妨げる。博物館、公園、またはアトラクションは、収容人数の上限に達していなくても、ある時点で訪問者の“コンフォート ゾーン”から離れる。経験(experience)は、評価、推奨事項、再訪問の決定に重要な役割を果たすことが知られているため、これは重大な問題だ。

インフラストラクチャの過負荷による収益機会の損失

Lost revenue potential due to infrastructure overload

スタッフは絶え間なく忙しく、すべてのテーブルが占有されており、訪問者は列に並ぶのを待ちたがらない。特定のアトラクションが満員になると、すべてのゲストのニーズを満たすことができなくなるため、オペレーターは収益を失う。つまり、運用収益の上限がある(an operational revenue maximum)。既存のインフラストラクチャのよりリラックスした環境では、同じ訪問者が別の時間により多く消費する可能性が非常に高くなる。そのため、最初は供給業者にとって過剰な需要が望ましいように見えるかもしれないが、それは多くの場合、潜在的な収益の損失を意味する。この可能性を認識し、それを賢く管理するツアー、アクティビティ、アトラクションは、経済的にはるかに優れた地位を築くことができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクロレベルでも同じ状況が浮かび上がる。ピーク時の稼働率(occupancy rates)は、訪問者の体験に悪影響を及ぼし、マーチャンダイジングやケータリングの販売などで収益の可能性を失う。したがって、ここでの目標は、インセンティブを作成し、それに応じてそれらを伝達して、訪問者をコンフォート ゾーンに誘導するか、既存の条件 (人員、倉庫、販売時点管理、供給インフラ) の枠内で販売を最適に活用し、失われる可能性を最小限に抑えることだ。

曲線の平坦化: 高い需要を最大限に活用する方法

Flatten the curve: how to make the best use of high demand

オファーや目的地は、マクロレンズを通して見たときにオーバーツーリズムに苦しんでいるが、いくつかの例外を除いて、常に空き容量(capacity)のある期間または部分的なオファーが同時に存在する。したがって、オーバーツーリズムに対処するための重要な管理戦略は、需要の(永続的な)ピークをオフピーク期間または代替オファーに再分配することによってバランスを取ることでなければならない。これが、実際のユーザー数または購入したチケットの数を増やす唯一の方法である。上記のポイントを実装するには、何よりも2つのことが必要だ。意思決定の基礎となるチケット予約に関するリアルタイムの知識と、発見可能性から予約自体、チケットの引き換えまで、ユーザー エクスペリエンス全体を網羅するデジタル技術インフラストラクチャである。たとえば、最新の予約システムはまず、販売されたチケットの数や利用可能な座席数をより明確に表示する。理想的には、会社のウェブサイト、オンライン旅行代理店、Google Things to Do、再販業者のネットワークなど、すべての販売チャネルを含める。さらに、インテリジェントな予測ツールは、将来の使用率のピークをシミュレートするのに役立つ。これに加えて、顧客セグメンテーションへの洞察があり、これにより、利用を最適化するためのインセンティブを最初に開発することができる。

残りは、簡単に言えば、インセンティブとコミュニケーションによる視聴者の流れの管理である。第一に、これにはすべての販売チャネルで潜在的な顧客に空き容量を表示することが含まれる。これは、現在しっかりと統合されているほとんどの最新の予約システムの機能だ (さまざまなレベルの品質ではないが)。この追加された可視性により、訪問者のガイダンスが向上し、購入の決定が容易になる。もう1つの決定的な制御要素は、もちろん価格である。より正確には、価格カテゴリの積極的な最適化である。前と同じように、低価格はあまり人気のない時間帯を埋めるための大きなインセンティブだ。逆に、ピーク時の値上げは、訪問者数を大幅に減らすのに役立ち、収益を失うことなく、残りの訪問者にとってより快適な体験にすることができる。特にCOVIDの規制を受け、混雑していないアトラクションでのポジティブな体験に慣れてきた後も、多くの顧客はプライバシーや少人数のグループを重視し続けており、この独占権のために追加料金を支払うことを厭わない。ダイナミック料金設定は、ピーク時のゲストへの明確な指標であるが、オーバーツーリズムを防止するためのそのような対策について、明確かつ適切なコンテキストで説明することを勧める。したがって、オーバーツーリズム、価格調整、およびステアリング アプローチは、マーケティング コミュニケーションの一部として理解されるべきである。

テクノロジーはそこにある。考え方を変える必要がある

The technology is there; the mindset needs to change

訪問者管理ツールの使用はCOVIDによって必要になり、今では積極的な目的のために使用することができる。混雑やキャパシティの問題に対処するこの技術は利用可能であり、その価値が証明されており、すでに多くの場所で実装されている。現在欠けているのは、オペレーターの考え方の変化である。オペレーターは、これらの新しいツールを使用してオファーを最適化する必要がある。これは、まったく新しい、場合によっては直感に反する方法で行われることもある。

デジタル予約システムのおかげで、アトラクションや目的地の運営者は、さまざまなチケット カテゴリと動的な時間枠の価格設定を適切に組み合わせることができる。これは、OTA、再販業者ネットワーク、および検索エンジンへのデジタル インターフェイスの追加の助けを借りて、マクロ レベルの訪問者ルーティングの強固な基盤を築いた。

著者:Matthias Wirzは、BookingKitの最高成長責任者。

(10/10 https://www.phocuswire.com/how-tours-and-attractions-can-effectively-serve-high-demand?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

6. フォーカスライト会議2022、トリアド新CEO

TripadvisorのCEOであるMatt Goldbergは、7月に入社した後の初めてのインタビューで、11月に開催されるThe Phocuswright Conference 2022のセンター ステージに参加する。Tripadvisorの創設者であるSteve Kauferによって設立されたこの会社の基盤に基づいて、Goldbergは業界のこの巨人の1社の将来を決定するため、現在脚光を浴びている。昨年、同社はTripadvisor Plusメンバーシップ プログラムを刷新し、スピンオフIPOの可能性を含めたViatorとTheForkと共に攻勢を仕掛けることに関心を示した。Goldbergは、メディア、広告、合併および買収の経験をもたらす。7月に就任して以来、Tripadvisorは、このプラットフォーム上で企業の“アイデンティティ属性(identity attributes)”を表示できるようにし、旅行および非旅行ブランド向けの 新しいマーケティング サービスを開始した。Goldbergが8月の最初の収支報告で述べたように「今日私が加わったTripadvisorは、強力で安定した基盤と永続的な一連の資産、信頼できるブランド、世界中の大勢の視聴者、スケーラブルなコンテンツ モデル、豊富なデータ セット、そして将来にわたって私たちのサービスに専念する情熱的なチームを持っていることを幸運に思う。それは、物質的な消費よりも経験のカテゴリーに正に位置しており、今後も続くことが期待できる長期的な傾向である。私の使命は簡単に言えば、今後数十年にわたって旅行者、美食家、経験を求める人々(experience seekers)にサービスを提供できるように、会社を進化させ続けることだ」と語る。自称「世界最大の旅行案内プラットフォーム」の次は? 
The Phocuswright Conferenceに参加して調べてみてください。

(10/10 https://www.phocuswire.com/phocuswright-conference-2022-conversation-with-tripadvisor-new-ceo?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

7. インドの旅行者、モバイル中心

9月初旬、Phocuswrightは、詳細な市場規模と予測、流通動向、主要な旅行セグメントの分析、および主要な開発を含む、インドの旅行市場の包括的なビューを提供する、India Total Market Reportを発行した。以下では、PhocusWire が、旅行ブランドがインドで採用しているモバイル ファーストのアプローチについて詳しく説明している。

インドは世界最大のスマートフォン使用国の1つであり、モバイル プラットフォームを通じて購入する消費者の数は増え続けている。この傾向により、旅行ブランドはモバイルへの関心を高め、スマートフォン ユーザーのエクスペリエンスの向上により多くのリソースを投入するようになっている。

Phocuswrightの最近の分析“India Travel Market Report 2021-2025”によると、インドのモバイルの総予約は2021年に急速に回復し、パンデミック前のレベルを上回り、最速で回復するチャネルとして浮上した。モバイル予約は2025年までに170億ドルに達すると予測されており、オンライン予約全体の73%を占めている。レポートによると、この成長は、オンライン旅行代理店のパンデミック後の迅速な回復を後押しする。

「これまで以上に多くのインド人が携帯電話を使用している。彼らは安価で信頼できるブロードバンド データに簡単にアクセスでき、デジタル トランザクションを行う傾向がある。これが、オフラインからオンライン主導の流通への移行を促進する要因」と、Phocuswright のアナリストであるDeepak JainとVirenda Jainは述べている。「さらに、この国の若い世代はオンライン販売チャネルを好むため、旅行予約の主流チャネルになっている」とアナリストは付け加える。Phocuswrightのレポートによると、スマートフォン メーカー間の激しい競争と技術革新により、スマートフォンの価格は低く抑えられ、使用が促進されている。また、複数の銀行口座をアプリに接続するユニファイド ペイメント インターフェース (UPI) は、「銀行サービスへのアクセスを民主化し」、「デジタル決済に革命をもたらした」とPhocuswrightは見ている。2021年4月から2022年3月までに、インドの消費者はUPIを通じて460億件以上の取引を行い、その取引総額は1兆ドルを超えた。モバイル デバイスでのOTA予約は2025年までに3倍になり、103億ドルに達し、すべてのOTA予約の80%近くを占めると予測されている。上昇傾向は、消費者の旅行計画と予約行動の決定的な変化を強調している。「これにより、インドのOTAエコシステムがモバイルのプレゼンスとサービスをさらに強化するために投資する絶好の機会が生まれる」と、Phocuswrightのレポートは述べている。モバイル プラットフォームからの航空会社のサプライヤー直接予約は、2025年までにオンラインの直接航空予約の 60%近くを占めるようになる。ホテル セグメントでは、オンラインのサプライヤー直接予約のモバイル シェアは、2025年までにわずか11%に達すると予想されます。

旅行者がいる場所で会う

Meet the travelers where they are

旅行マーケティング プラットフォームSojernの最高収益責任者であるNoreen Henryは、インドでのモバイル予約の増加が、インドからの新しい海外旅行の波に次の2つの理由で拍車をかけると述べています。第一に、スマートフォンの普及により、より多くの人々が望ましい旅行オファーにアクセスできるようになった。第二に、スマートフォンは共有デバイスではない傾向があるため、「ブランドは特定の個人向けにパーソナライズされた旅行のオファーで対応できる」とHenryは言う。競合他社に追いつくために、少なくとも「企業はモバイルWebサイトをユーザーの画面のサイズに合わせて調整し、ナビゲートして読みやすくする必要がある」とHenryは言う。彼女は、その好例としてモバイル向けに最適化されたウェブサイトを優先するGoogleを挙げている。Henryによると、モバイル アプリでは、旅行会社はプッシュ通知を利用して、顧客に次の旅行日を知らせたり、搭乗券やホテルの予約をモバイル ウォレットに追加したり、飛行機に搭乗するときに空港で通知したりすることができる。彼女は、「土壇場での旅行に関する質問にすばやく応答できる、アクセスしやすいチャット機能」を提供することを推奨している。旅行会社は、ソーシャル メディア アプリやニュース サイトなど、“タイムリーでパーソナライズされたメッセージ”で顧客をターゲットにする必要がある。

簡素化されたモバイル表示

Simplified mobile display

モバイルの成長に伴い、インドを拠点とするEaseMyTripの焦点とマーケティング予算はデスクトップからモバイルに移行したと、OTA の共同創設者である Prashant Pittiは述べている。モバイル予約の成長により、EaseMyTripは「より多くのユーザーが利用できるようになり、最も遠隔地に浸透する」ようになり、旅行者は「地元の旅行代理店への依存度が低下する」ようになる。

デジタル ファーストのアプローチは、EaseMyTripのようなブランドがテクノロジーに多額の投資を行い、よりパーソナライズされたターゲットを絞ったマーケティングを開発することを意味する。Pittiによると、最終的に製品を購入するかどうかはユーザー エクスペリエンスによって決まるため、ユーザー エクスペリエンスは重要である。スマートフォンでは、EaseMyTripは“ユーザーにとって役立つ”タブのみを表示する。これにより、“混乱を解消”し、予約プロセスを簡素化することができる、とPittiは言う。EaseMyTripは、モバイル広告の実行、SMS マーケティング、モバイル向けに最適化された電子メール マーケティング、モバイル ユーザー専用に最適化されたアプリ キャンペーンなど、プラットフォームごとに異なるマーケティング ツールを使用する。

「当社のすべてのキャンペーンとマーケティング活動はモバイル対応であるため、当社の顧客は優れたユーザー ジャーニーを体験できる」とPittiは言う。

同社は、モバイル固有のデータを分析して、顧客のペルソナと購入パターンを理解し、“同じモバイル ユーザーをリターゲティングする”など、モバイル固有の戦略を開発している。ただし、Pittiは「チケット予約の大部分は依然としてデスクトップで行われている。ほとんどのユーザーは、画面サイズが大きいため、デスクトップでコンテンツを利用することを好んでおり、今後もそうだろう。ほとんどのソフトウェアはデスクトップ向けにのみ最適化されているが、それは今後も続くだろう」と述べている。

ソーシャルメディアマーケティング

Social media marketing

インドを拠点とするOTA Yatraでは、トラフィックの83%以上がモバイルである。OTAの企業開発および投資家向け広報担当バイスプレジデントであるManish Hemrajaniによると、インドがインターネットの使用においてモバイル ファーストの国であることを考えると、それは驚くことではない。インドはデスクトップからモバイルへと“飛躍”したと彼は言う。「2009年にAndroidプラットフォームが登場/採用されて以来、特にインドでは、小さな画面/モバイル プラットフォームでのユーザー エクスペリエンスの最適化に重点が置かれてきた」と Hemrajaniは言う。Yatraは2017年にアプリ全体を一から再設計し、それ以来、プラットフォームを徐々に改善してきた。OTAのモバイル トラフィックは、検索エンジン経由ではなく、主にモバイル アプリ経由で発生する。

Hemrajaniによると、OTAはグリッド状の座席を販売しているため、航空券、バス、鉄道のチケットは比較的簡単に販売できる。一方、ホテルはあらゆる点でユニークだ。場所、レストランや娯楽施設への近さ、部屋のレイアウト、景色、広さ、顧客の評価などである。ここが、OTAや専用の旅行アプリが真価を発揮するところ。「OTAは現在、ホテルの部屋の3Dレイアウトを使用してUXをさらに強化することができる。また、場合によっては、予約を行う前に製品を仮想的に探索できるメタ プラットフォームが開発中である。OTAのUXの観点から、メタはますます重要な側面になっていると思う」とHemrajaniは言う。

Yatraは、マーケティングにモバイル ファーストのアプローチを採用している。同社の最大の目的は、ブランドの想起を強化して、より多くの顧客にアプリをインストールして旅行の予約に利用してもらうことである。「その目的に向けて、私たちのマーケティング活動は、InstagramやFacebookなどのソーシャル プラットフォームに重点を置いている。現在、Facebookには240万人のフォロワーがおり、Instagramプラットフォームには107,000人のフォロワーがいる」とHemrajaniは言う。

India Travel Market Report 2021-2025

このレポートは、詳細な市場規模と予測、分布傾向、主要な旅行セグメントの分析、主要な開発など、インドの旅行市場の包括的なビューを提供する。

(10/10 https://www.phocuswire.com/Travel-brands-mobile-experience-in-India?oly_enc_id=7798E1381467C7B )

8. ホスピタリティの2023究極予算ガイド

私は2022年が旅行業界の再生の年として記憶されることを願っている。春以降、レジャーの需要が世界的にパンデミック前のレベルを上回り、一部の市場では過去最高の予約率が報告されました。Amadeusのビジネスインテリジェンスデータによると、この傾向は夏の間も続き、ホテルの予約がすでに2019年の予約を上回っている第4四半期の好調な基盤を築いている 同様に、グループおよびビジネス旅行は増加傾向にあり、2022年上半期には昨年同時期に比べて3,500万泊のグループ ルームが予約され、2023年上半期にはすでに38百万泊のグループ ルームが予約されている。このような前向きな指標が2023年に向かっているが、最大のニーズに対応するためにテクノロジー予算をどのように割り当てる準備をしているか? あなたの物件、または目的地を他社に先駆けて維持するために、どの分野に注力すべきですか? 2023年の予算計画に関する5つの重要な考慮事項を次に示す。

データで導く

Lead with data

包括的なビジネス インテリジェンスデータは、ホスピタリティのあらゆる側面 (収益戦略からマーケティング、販売、運営に至るまで) にわたる戦略的意思決定に情報を提供するために不可欠である。市場で最も洗練されたソリューションは、過去と将来の両方のパフォーマンス指標と市場の洞察を提供し、航空交通データを提供して、お客様の施設や目的地を成功に導く。これをすべてのシステム (CRS、CRM など) で利用可能な他のデータと組み合わせて、ビジネスの真の全体像を把握する。ピーク時と必要時を特定できるため、自信を持って客室料金を調整したり、スタッフを雇ったり、プロモーションを開始して、より多くの予約を獲得したりできる。

(マーケティングの)枠にとらわれずに考える

Think outside the (marketing) box

現在、最も収益性の高い視聴者とどのようにつながっているか? ソーシャルメディアを通じてか?メールマーケティングか?オムニチャネルメディア戦略をまだ採用していない場合、競合他社の一歩先を行きたいなら、2023年が採用の年になるだろう。自由に使えるすべてのチャネル (ターゲット広告、メタサーチ、GDS、広告など) を採用して、真に幅広いネットをキャストし、旅行者や旅行代理店の前でブランドの認知度を高める。特に団体旅行や出張の再開に伴い、グローバル流通システム(GDS)の利用が増加している。新しいAmadeusの調査によると、旅行代理店の60%がGDSに1日に4回以上ログインしていると答えており、88%が、広告が購買行動に影響を与えていると述べている。結果が物語っている。Amadeusがサポートするメディア キャンペーンのおかげで、メキシコのホテル チェーンPosadasは、パンデミック以降、Web収益を364%増加させ、スペインの目的地マーケティング組織(DMO) Turismo de Tenerifeは、島への150,000件以上の予約を確保した。

eコマースのベスト プラクティスで直接予約を促進

Boost direct bookings with e-commerce best practices

ゲストが買い物を好む場所で予約を獲得するには、強力なディストリビューション ミックスが常に重要になるが、直接チャネルが最も収益性が高く、最も注力したい場所である可能性がある。しかし、予約フローが断片化された時代遅れのホテルWebサイトは、今日の消費者には受け入れられない。彼らは、カスタマイズやアップグレードのオプションを備えた、何を購入しているかを明確に確認できる超高速で最新のWebサイトを望んでいる。予約、ゲスト管理、およびWebソリューションをゲストにとって使いやすいエクスペリエンスに統合することで、オンライン プレゼンスを最大化する。eコマースのベスト プラクティスを念頭に置いて設計されたこのタイプのプラットフォームは、高度に構成可能な予約フローを提供し、パーソナライゼーションとより多くのホテルの収益機会を可能にする。予約エンジンとWebの組み合わせを使用しているホテル経営者はすでに価値を見出しており、ベータ テスト中に予約が最大25%増加したことが報告されている。オンライン プレゼンスを評価する方法がよくわからない場合は、eコマース ガイドをダウンロードして、改善点を特定して欲しい。

人手不足が続く中、業務を自動化

Automate operations amid continued labor shortages

人手不足が続く中、旅行需要が高まる中、ホテル経営者は、運用上の問題(operational issues)に対する創造的な解決策を考え出すという課題に直面している。複数の施設でハウスキーピング リソースをプールする場合でも、セルフサービス キオスクを使用してゲストのチェックイン/チェックアウトを処理する場合でも、テクノロジーがパンデミックの影響を受けた課題の管理に役立つことは明らかである。運用上の課題が施設の大きな問題である場合は、スタッフが一生懸命働くのではなく、よりスマートに働くことができるようにする。サービスの最適化ソリューションは、メンテナンスとハウスキーピング活動を自動化しながら、スタッフのコミュニケーションを改善し、ゲストの要求をより迅速に解決できる貴重なツールになる可能性がある。これにより、コストのかかる遅延やチーム メンバー間の混乱をなくし、ゲストに集中して全体的なエクスペリエンスを提供する時間を取り戻すことができる。

次世代の会議やイベントに備える

Prepare for the next generation of meetings and events

人々が家を出て、再び直接会う準備ができていることは明らかである。結婚式、家族の再会、企業のチームビルディング、またはハイブリッド形式で開催される主要な会議のいずれであっても、現在何が集まりを促進しているのかを考えてみて欲しい。健康と安全は依然として大きな懸念事項であるが、2年間のパンデミックによるストレスを受けて、健康と持続可能性にも焦点が当てられている。
会議の参加者は、8時間分のプレゼンテーションをじっと見ていたいわけではない。彼らは、一日の活力を取り戻すためのアクティビティやヘルシーなスナックを求めている。また、社会的な距離を置くためのプロトコルや食品衛生に真剣に取り組むと同時に、他の人と直接交流できる空間と機会を求めている。2023年には、プランナーからのこのようなユニークな要望に備え、販売とケータリングのテクノロジーを使って、大切な日の予約、計画、視覚化を支援しょう。

2023年は、今年の旅行の回復に加え、ビジネスとともに拡張できるテクノロジーを採用し、現在と将来の成功につなげることが重要である。

もっと詳しく知る!

第4四半期のホスピタリティの傾向と市場の洞察、および計画の取り組みに役立つ無料の技術投資ハンドブックの詳細についてはAmadeusのウェブサイトをご覧ください。

(10/11 https://www.phocuswire.com/ultimate-2023-budget-guide-for-hospitality-amadeus?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

9. エアビー、アジアの巨大デジタルノマド市場に注目

旅行業界が欠員を埋めるのに苦労している中、ある有名企業は、年間90日間海外で働く機会を人々に提供することで、この傾向に逆らっている。これは、 Airbnbが長期滞在の労働者旅行者のために新たなニッチを切り開くために行った多くの計算された賭けの1つである。AirbnbのAPAC公共政策担当ディレクターであるSteven Liewは、現在デジタル ノマド ライフを楽しんでいる一方で、同社の新しいセグメントを切り開いている。

彼の以前の役職には、eBayでの8年間の勤務と、妻と共にCosmic Cafeという投資会社の設立が含まれている。WiTシンガポール2022のパネルの一部として登壇したLiewは「COVIDは人々に不思議なことをたくさんしたと思う。他のパネリストたちは、自己分析(soul searching)について話をした。シンガポールで足止めを食らった2年間は、私も相当な数の自己分析をした」と述べている。スタートアップ14社への投資を行ってきた彼は、投資ゲームは「楽しかった」と語っている。しかしCOVIDは、創業者や共同投資家とのたまり場に時間を費やした。やがて彼は、もっと刺激的なことを探し始めた。Airbnbのビジネスチャンスは魅力的に見えた。「この成長サイクルの中で、創業者トリオが経営し、価値観を大切にしている会社はほとんどない」と言う。Liewはシンガポールで講演しているけれども、最近日本に2ヶ月半滞在し、デジタルノマドの目的地としての日本の可能性を試していた。Airbnbは2022年半ばから、社員が世界のどこででも、そこで働く許可を得ていれば、年間90日まで働くことができると発表した。この機会に、その恩恵にあずかりつつ、「人はどこにでも住み、どこにでも働けるようになるべきだ」という考えを実証してみたのだ。

東京、大阪、京都、金沢、長野、福岡、平戸・長崎を調査した結果、日本は世界中のデジタルノマドを受け入れる準備ができているのだろうか?

これらの7都市で11件のAirbnb物件を調査した結果、住居が生活と仕事をサポートする能力について多くを学んだとLiewは言う。その結果、専用のワークスペース、信頼性の高いWi-Fi、そして手元で確認できるプラグ類などのニーズがあることが分かった。「デジタルノマド、リモートワーカー、起業家、ギグワーカーなど、長期滞在を希望する旅行者にとっては、確認する必要があることはほとんどない」とLiewは言う。

ヨーロッパとその先

Europe and beyond

重要なことに、これらの旅行者にはデジタル遊牧民ビザが必要である。ヨーロッパではマルタとエストニアがこれを行っており、アジア太平洋ではタイとマレーシアがそれを発表しており、オーストラリアはワーキングホリデービザを持っている。一方、日本やその他の北アジア市場ではまだ導入されていない。

Liewは、最近、インドネシアの観光大臣が、同国の観光ビザがあれば1回更新するだけで、2~3か月間バリ島で働くことができることを確認したと述べている。第二に、税法を簡素化・明確化する必要がある。たとえば、バリで9か月間過ごしたい場合、どのように対処するか? これらは、私たちが解明しようと多くの時間を費やしている問題である。最近、バリでの観光大臣の会合に数回出席したことで、彼はこの問題がより柔軟になると感じている。

「私の見解では、多くの政府が経済を立て直し、観光業を立て直し、彼らを助けることができる新しい解決策を探していると思う」と彼は言う。

回復は供給側で特に困難であった。Liewは「スタッフはなかなか戻ってこない。2年は長い。業界団体の代表者の1人は、世界中で10人に1人の仕事がまだ埋まっていないと話していた」と付け加える。

TakeMe CoのCEO兼創設者であるLu Dongが、WiTの「Changing Things Up, On The Ground」パネルで指摘したように、彼の目標の1つは「旅行者がどこにいても地元の人のように暮らすこと」である。しかし、実際のところ、目的地はこのデジタル ノマド マーケットを狙うためにインフラストラクチャと税制を刷新するべきなのだろうか? Liewは、多くの雇用主が従業員に戻ってくるよう説得しようとして困難に直面している時に、この種のポリシーは、実際には定着への真のインセンティブと見なすことができると指摘する。

「Airbnbが、どこからでも正社員として働くことができると発表したとき、私たちの採用情報ページは一晩で100万回閲覧された。だから需要はあると思う」とLiewは言う。彼は、2022年の第2四半期にAirbnbにとって長期滞在カテゴリーセグメントが最も急速に成長したカテゴリーであり、2019年のCOVID前の数字と比較して、前年比で25%成長したと付け加える。

「これは90%の成長である。これは、Airbnbにとって非常に急速に成長しているセグメントである。これは投資する価値のあるセグメントだと考えている。私たちはホストが宿泊施設に適切な種類のアメニティを用意できるよう支援している。また、目的地のマーケティング組織と協力して、これらのゲストを受け入れるための適切なインフラストラクチャを確保している」とLiewは言う。

さらに、日本、台湾、韓国では新型コロナウイルスの感染拡大後の営業再開が遅れているため、長期滞在の旅行者が少ないほど安全で持続可能と見なすこともできるため、長期滞在セグメントは再開のロードテストを行うのに適した市場になる可能性がある。Liewが説明するように、10万人が10日間過ごすよりも、100万人が目的地に1日滞在するだけで、より多くの健康と環境の問題を引き起こすからだ。「選択はあなた次第。オープンしたばかりの市場については、この特定のセグメントを管理された実験(controlled experiment)と見なして、入国する旅行者が地域コミュニティとどのように交流するかを確認することを勧める」と彼は言う。

*この記事のバージョンは、もともとWebinTravelで公開されたものである。

(10/11 https://www.phocuswire.com/digital-nomad-market-Asia?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

10. ホテルの評判改善テック

ホテル組織は、常にブランドに大きな投資をしてきた。そのため、ホテルグループも独立系ホテルも、ブランドのアイデンティティを非常に大切にしている。

Warren Buffetは、「評判を築くには20年かかるが、壊すには5分しかかからない」と言っている。ありがたいことに、過去数年間のホテル・旅行業界の混乱の後に、世界のトップホテルブランドの価値が再び上昇傾向にあることは明らかである。ブランド評価コンサルタント会社であるBrand Financeのレポートによると、Hiltonブランドの価値は120億ドルとされている。これは昨年に比べて58%増で、Hilton GroupがCOVIDの大流行から力強く回復したことを反映している。Hiltonのブランド価値は、現在、最も評価の高い2位と3位のホテルブランドをはるかにしのぐものである。これには、ブランド価値が26%上昇して59億ドルとなったHyattや、10%上昇して42億ドルとなったHoliday Innが含まれる。すべてのホテルグループやホテルが、Hiltonのようにブランド価値を高めるマーケティング予算を持っているわけではないが、どのホテルにもブランドを確立し、宿泊客の信頼を得る機会がある。そのためには、ホテルの経営者やマーケティング担当者は、まず、理想的なゲストが誰であるかを認識する必要がある。そして、そのゲストに響くメッセージを明確にする必要がある。そして最後に、これらのメッセージを、テクノロジーを使って広め、増幅させ、ゲストの旅のあらゆるステップで聞いてもらえるようにすることである。現在の規模や価値に関係なく、すべてのブランドは、成長する前に強い根を張る必要がある。

テクノロジーとゲスト

Technology and the guest

ホテルのマーケティングは、主にブランド認知度を高め、オンライントラフィックを促進し、直接予約と収益を増やすことを目的としている。しかし、ホテルのマーケティング担当者には、オンライン旅行会社との競争、ロイヤルなゲストの保持、強いブランド力を培い認知度を向上させる一貫したクロスチャネルのブランド・アイデンティティの維持、ゲストをより深く理解しパーソナライズを提供することなど、他の目的もある。ホテルにとっての課題は、これらの目標を達成し、投資対効果(ROI)を最大化するために、ゲストの旅全体でブランド価値を構築するのに役立つテクノロジー機能は何かということである。

ホテル業界のほとんどのことがそうであるように、すべてはゲストに帰結する。具体的には、宿泊客とホテル・ブランドとの関係だ。マーケティング費用は、個人レベルでブランドを構築することにますます注入すべきであり、それは、ゲストの旅の各ステップで適切なツールを展開するために、テクノロジーに費用を集中させることを意味する。検索から予約、到着前、チェックイン、滞在、チェックアウト、滞在後まで、ブランディングは明確で一貫性があり、統合されてシームレスで、パーソナルかつポジティブでなければならない。ゲストのために完全にカスタマイズされたデジタル体験を採用することは、貴社ブランドを輝かせる鍵となる。ソフトウェアは存在し、それに投資するホテルも増えている。

その目的は、ブランディングがゲストの旅をサポートし、それが実用的なデータを提供し、それがブランドを高め、さらにそれがゲストの旅をサポートする、という好循環、つまり共生関係を築くことにある。

ビジュアルカスタマイゼーション

Visual customization

一貫したビジュアルブランディングは、安心感、信頼感、ロイヤルティを生み出す。ウェブサイトでの閲覧や予約から、宿泊前のEメール、オンラインチェックインとチェックアウト、宿泊後のEメール、ロイヤルティプログラムまで、ゲストの旅のすべての要素は、見た目と雰囲気が一貫している必要がある。

ロゴ、色、フォント、ウェブページのヘッダーとフッターなどの重要なブランド識別子の使用を通じてメインウェブサイトとの視覚的な関係を維持し、彼らはまだ同じ場所にいることをゲストに示している。これによって、予約エンジンやその他のデジタル体験に信頼性が生まれます。顧客がクレジットカードを取り出すよう求められているのであれば、信頼は非常に重要である。予約エンジンのブランディングが弱い、または存在しない場合、その信頼性と信用は損なわれる。画像のパーソナライゼーションによって、ゲストはホテルでの自分の姿を本当に見ることができる。ゲストが自分の子供と一緒に家族旅行を予約している場合、例えば、彼らが見たい画像は、プールで遊んでいる子供たち、朝食を食べる家族、などとなる。ブリーフケースを持った会社員の画像では、その環境にいる自分を想像することができないので共感してもらえない。

ゲストの言葉を話す

Seeking your guest’s language

言葉のトーンは、お客様のブランドに対する印象や、他の人に勧めようとする意欲に大きな影響を与える。すべての人に当てはまるものはない。あなたのコンテンツに最適なトーンは、あなたの顧客、メッセージ、ブランドによって異なるため、あなたのコピーが伝えたいメッセージを確実に伝えるようにしよう。

オンラインチェックインでは、「こんにちは、Stephenさん、あなたは行列に並ぶのが嫌いでしょう。だから、オンライン・チェックインを利用して、素早く手続きを済ませ、到着後の行列をスキップしてください!」。あるいは、フォーマルな表現も可能である。「拝啓、Smith様。ご到着前にオンラインチェックインをお済ませになり、お客様のご希望をお聞かせいただき、フロントでのお待たせを回避していただければと思います」といったフォーマルな表現も可能。

お客様がカード情報を入力しなければならない場所など、ゲストの旅の随所に安心させるような、例えば「ご安心ください、カードはお部屋を確保するためのもので、請求されることはありません」のコピーを入れよう。ビジュアルとともに、声のトーンや言葉遣いは、ブランドの誠実さと透明性を表し、エンドユーザーの信頼を得ることができる。

ゲストの期待に応える機能性

Functionality to meet guest expectations

予約エンジンに搭載する機能、あるいは搭載しない機能も、あなたのブランドを反映するものでなければならない。もし、あなたのブランド・アイデンティティが安くて明るいもので、ゲストがお値打ち感を感じているのであれば、価格を大きく打ち出し、「残り1室」のような緊急メッセージを表示するのがよいかもしれない。高級ブランドであれば、価格よりも商品力が重視されるだろう。そのため、価格表示は控えめにし、部屋の写真を大きくして、より魅力的な説明をすることもできる。予約の段階でコネクティングルームのオプションやレジャー施設の画像を提供することは、ホテルが家族向けであることを示し、それに応じてブランドを強化する良い方法だろう。同様に、オンラインチェックアウトの段階で分割請求が可能なホテルは、グループ予約の利用者から支持されるブランドと見なされるだろう。適切な機能を採用することは、ゲストを尊重し、誠実さと透明性がブランドを支えていることを示すことになる。

学びを取り入れる

Embrace learnings

ゲストのためのデジタル・ジャーニーをカスタマイズするための出発点は、人々がなぜあなたのホテルを選ぶのかを理解することである。価格、立地、サービス、利便性、ロイヤリティ、あるいはまったく別の理由なのだろうか?もしわからないのであれば、ここで説明するいくつかの方法を用いて調べる必要がある。

情報を集めれば集めるほど、ゲストとブランドに対する理解が深まる。そのような学習を受け入れ、ホテルのデジタルと物理的な側面の両方に展開して欲しい。ウェブサイトや予約エンジンで、人々があなたのホテルに滞在する理由を前面に押し出し、ゲスト体験とブランディングの成功の間の共生関係に歯車が回り続けるようにするのである。

著者:Róisín O'Keeffeは、P3のUX/UIデザインリード。

(10/11 https://www.phocuswire.com/how-hotels-can-use-tech-to-turbocharge-their-reputation?oly_enc_id=7798E1381467C7B )

11. Q&A:米運輸省航空運賃透明化ルール提案と旅行テック

9月下旬、DOTは、航空会社とすべての空の旅の販売者に、基本チケットの価格を明らかにすると同時に、手荷物料金、変更およびキャンセル料、および家族の座席料金を明らかにするよう要求することを提案した。Travel Weeklyは、OTA、メタ検索サイト、GDSを代表するTravel Technology Associationの会長であるStewart Alvarezに、この提案について話を聞いた。

Q: Travel Technology Associationは、付帯料金の開示要件をサポートしているか?

Travel Techとそのメンバーが常に支持してきた主なことは、消費者に対する透明性である。部門と行政が対処しようとしているものの核心は、消費者が旅行に関連するすべての情報にアクセスできるようにすることだと思う。

Q: 彼らが提案したことの中で、あなたに関係する要素はるか?

規制当局が特定の問題に対処しようとしているこのような大まかなルールがある場合は常に、ベスト プラクティスと業界標準を使用して、業界にとって最も効果的かつ効率的な方法で問題が解決されるようにしたいと考えている。それから逸脱すると、実装側で課題が生じる可能性がある。そのため、業界にとって最も効果的な方法で物事が行われるようにするために、規則のすべての側面と部門が提案していることを積極的に見直している。

Q: この提案の潜在的に複雑な部分の1つは、13歳以下の人と旅行する家族が一緒に座るのにかかる費用を開示する必要があることだ。潜在的な価格は1つだけではない。たとえば、特定のフライトの任意の時点での料金は、買い物客がどの列の座席を選択するかによって異なる。それは、OTA、メタ、GDSにとっての課題か?

これは、DOTが理にかなった方法で規則を構成するのに役立つコメントを我々が提供する場所だと思う。最初の検索を行う場合は、単一の航空会社の表示である航空会社のWebサイトと、複数の航空会社の表示であるOTAを区別する必要もある。複数の航空会社の表示では、手荷物料金や座席料金がない航空会社が非常によく存在する。機内持ち込み手荷物、1つ目の手荷物、2つ目の手荷物だけでなく、飛行機のどの座席を占有するかも分からない。それを判断するには、フライトを選択する必要がある。画面上に6つの異なるフライトがある場合、それはできない。Travel Techのメンバーは、常に消費者に焦点を当て、利用可能なすべてのオプションを確実に提示したいと考えている。ここでは、透明性を高めるというDOTの目標により、メンバーが情報を入手できる限り、それが提示される。そして、私たちはマルチキャリアディスプレイを提示することに慣れている。したがって、6つの航空会社があり、それぞれが異なる種類の座席ポリシーを持っている場合、既存の業界標準とベスト プラクティスを使用すると仮定すると、消費者のために複雑さを取り除くことができると思う。

Q: 航空会社が何を提唱しなければならないかが規則に正確に記載されているため、メンバーが表示を標準化するのは実際には簡単か?

それほどきれいかどうかは分からないが、航空会社がすべてを提供しなければならなかったほどきれいだった場合はそうである。座席に関する規則を見ると、それは特定の年齢層のみを対象としている。これは13歳未満の子供を連れて旅行する家族向けである。これは本当に疑問を投げかける。旅行しているそれ以外の人はどうか? 彼らは一緒に座りたいと思わないか?15歳または17歳の子供と一緒に旅行する場合、彼らもあなたの隣に座りたいと思うだろう。
※この記事はTravel Weeklyに初掲載された。

(10/12 https://www.phocuswire.com/q-and-a-on-dot-ancillary-charges-transparency?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

12. アメリカン航空とBlack Enterprise、黒人大学19校でハッカソン

American航空とデジタル メディア ブランドのBlack Enterpriseは、Black Enterpriseの第7回年次BE Smart Hackathonのために、19の歴史的に黒人の大学 (HBCU) から100人以上の学生を集めた。10月6日から9日まで開催され、「Homecoming 2022: All Code, No Switch!」をテーマにしたハッカソンに参加した学生は、インターンシップやフルタイムの仕事を含むキャリアの機会と、American航空と他の技術パートナーたちからの賞品を競い合った。Black Enterpriseによると、このハッカソンはHBCUの学生にネットワークを構築し、関係を構築し、メンターシップを獲得し、キャリアの準備に取り組み、この有意義な経験を履歴書に追加して、テクノロジー業界での雇用を追求する機会を提供する。このイベントには、Microsoft、IBM、HPなどによる人工知能、データ分析、自然言語処理などのテクノロジに関する仮想ワークショップも含まれていた。Black Enterprise社の社長兼CEOであるEarl "Butch" Graves Jrは「何十年もの間、テクノロジー企業は、アフリカ系アメリカ人の才能を見つけて採用することにおいて、彼らの非効率性を嘆いてきた。HBCUは、実質的にすべての業界で一流の人材の供給源となっている。毎年開催されるBE Smart Hackathonは、American航空と提携して、有望な黒人の才能を特定して紹介するだけでなく、それらの企業がインターンシップや仕事のために彼らを採用するためのプラットフォームを提供する」と述べている。

コンテストに加えて、American航空とBlack Enterpriseは、HBCUがどのように企業パートナーシップを構築し、障壁を克服し、技術、航空、輸送、ホスピタリティ、金融の分野で学生を育成し前進させる新しい機会を特定するかについてのタウンホール セッションを主催した。

(10/12 https://www.phocuswire.com/american-airlines-and-black-enterprise-hold-hackathon-for-students-of-hbcus?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

13. 標準化データ、航空業界サステナの鍵

ATPCOの上級ストラテジストであるSophie Carkeekによると、商用航空は世界の温室効果ガス排出量の2.5%を占めており、この数値は「大きな介入がなければ2050年までに20%まで増加する可能性がある」とのことである。彼女は、この状況には「切迫感」が必要だと言う。「気候変動の脅威が高まる中、旅行業界には解決策よりも多くの課題がある」とCarkeekは付け加える。

Carkeekと他の業界の専門家は、火曜日に開催されたATPCO Elevate 2022イベントの「データセットの標準化から顧客とのコミュニケーションまで、環境に配慮したフライト ショッピングを活性化する」というセッションで、航空業界に共通のグローバル測定を中心に統一するよう求めた。パネリストは、持続可能な航空イニシアチブは、透明性と業界標準化によってのみ機能すると述べている。

SAP Concurで出張のテクニカル プロダクト マネジメント担当シニア ディレクターを務めるMichael Vitaloは、4,000人の出張者を対象とした調査を引用し、94%は、飛行機の代わりに電車を利用したり、車の代わりに公共交通機関を利用したりして、2つの旅行を1つにまとめることで、「より持続可能な旅行をしたいと考えている」と述べた。業界はその欲求を「活用」し、「これらのプログラムやイニシアチブについて人々に教える」必要があるとVitaloは言う。

上級管理職は、持続可能な旅行を優先する企業文化を発展させることで、トップから変化を推進できると彼は付け加える。

エール フランス-KLMで北米のサステナビリティ責任者を務めるMarion Chivot-Legrisは、「パンデミックにより、私たちの業界に大きな注目が集まっている。人々はより積極的に質問をするようになった。彼らは、解決策は何か?あなたのセクターのイノベーションは何か?に興味を有している」と述べている。

それでも、消費者が行動を起こし、持続可能な旅行にもっとお金を払うということになると躊躇すると、Chivot-Legrisは言う。彼女は、ヨーロッパは持続可能な空の旅のリーダーであり、規制環境が世界的な移行を形成するのに役立っていると付け加えている。

「ここ北米では、強制的な規制の制約を待つのではなく、自分たちで基準を設定する絶好の機会がある」とChivot-Legrisは言う。

企業は、データの収集、進捗状況の追跡、および一般への説明に「長期的な投資」を行う必要がある。「データはあるが、一貫性と可視性を確保するにはどうすればよいか? 航空会社ごとに非常に多くの異なる計算機があるため、消費者が比較することは困難である。

2050年までに航空会社の乗客数が100億人に達すると予測される中、業界は確かな対策を必要としており、「その対策を伝える必要がある。持続可能な航空燃料(SAF)は、この旅の重要な一部なのである」と、IATAの環境・持続可能性担当アシスタントディレクターのMichael Schneider言う。

Schneiderによると、航空会社は最新の航空機に数十億ドルを投資しており、それぞれの航空機の燃料効率は15~20%向上しているが、CO2の透明性は依然として不足している。「乗客がCO2排出量を調べると、おそらく10種類の計算機、さまざまな方法論が見つかるだろう。10の異なる結果が得られる。これは乗客の混乱と不信につながる」と彼は言う。Schneiderは、万能のソリューションを見つけるのは容易ではないことを認めている。しかし、それが達成できれば、規模を拡大するための優れた基盤が得られるだろう

Carkeekによると、今年の初めに、53の空港が航空会社にSAFへのアクセスを許可していた。これは2020年の3倍である。しかし、ほとんどの航空会社の乗客はSAFを認識していないと彼女は付け加える。乗客は「世界で最高の意図を持っているかもしれないが、オフセットを見つけるのが非常に難しい場合がある。場合によっては別のサイトに移動する必要があり、フライトの詳細を入力する必要がある。必ずしも簡単ではない」とCarkeekは言う。最近のAmadeusのイベントでは、エア・カナダを含む多くの航空会社が、主要な課題として炭素排出に関する基準がないことを強調した。今年初め、IATAと旅行管理会社CWTはそれぞれ独自のCO2排出計算機を開発した。8月、GoogleはCO2推定値から飛行機雲を削除したことで批判を受けた。

(10/12 https://www.phocuswire.com/airline-industry-standardize-emissions-data?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

14. 新興企業の舞台:旅行管理 Voyagu

Voyaguは、旅行中にサービスを提供するアドバイザーと旅行者をつなぐ旅行管理プラットフォームおよび市場。2020年に設立された同社は、空の旅、ホテル、地上交通機関、旅行保険、レストランの予約、体験の選択と予約に関するガイダンスを提供している。Voyaguは、Uberに似た旅行管理プラットフォームであり、クライアントと旅行アドバイザーやサプライヤーを結び付けて、支払いを抑え、より組織化された旅行を手に入れ、人間のサポートにすばやくアクセスできるようにする市場である。当社の機械学習ベースの検索エンジンは、オンライン価格よりも35%安くパーソナライズされた商品をクライアントに提供する。このプラットフォームは、予約後の自動化とワークフローの有効性もサポートし、旅行アドバイザーがより良い顧客サポートと共感的な問題解決を提供するための時間を解放する。

Voyaguは、旅行者、旅行アドバイザー、旅行業者のためのマーケットプレイスです。旅行者は、節約、より簡単な旅行管理、および顧客サポートを受け取り、旅行アドバイザーと旅行業者は、より多くの収益とコミッションを得ることができる。

ML(machine learning)ベースの検索エンジンを使用して旅行管理プラットフォームを構築し、最高のお得な情報を見つけてクライアントの費用を節約する。検索テクノロジーと自動化された旅行管理は、プラットフォーム開発の主要な焦点である。これにより、エージェントはより多くのクライアントと協力してより高い収益を得ることができ、旅行サプライヤーは空室の旅行在庫を販売し、旅行の需要と供給を再分配できる。目標は、年間最低2回の予約で500,000人を超えるクライアントを持つこと。この目標を5年以内に達成できると確信する。私たちはブートストラップ会社(ゼロから起業した会社)であるため、旅行業者から手数料を得ることですでに利益を上げている。収益の成長は、テクノロジーの継続的な開発に再投資される。将来的には、より多くの資金を集めることが、私たちの成功を加速させる。

(10/13 https://www.phocuswire.com/startup-stage-voyagu-online-travel-agency-dedicated-advisors?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

15. テクノロジー、旅行ブランドの期待に応えられる?

世界が再び旅行に開放され、アジアがリバウンドする中、旅行およびホスピタリティ業界は、使いやすさ、利便性、パーソナライズされた体験を提供することを約束する新しいテクノロジーに急速に取り組んでいる。車のレンタルを容易にするデジタルIDから、海外での商品の支払いを安くするフィンテックのイノベーションまで、消費者は2020年にパンデミックが発生する前よりも次の旅行をより良くするソリューションを望んでいると、今年のWiTシンガポール2022会議で業界のリーダーたちは述べている。集まった幹部によると、この新しい世界では、旅行およびホスピタリティ組織は、善意を生み出し、消費者が旅行に戻るときに期待する新しい体験を提供するために、さらに懸命に取り組む必要がある。Agodaの最高経営責任者であるOmri Morgenshternは、会議中のパネル ディスカッションで、「永続的な旅行」は、消費者が今後数年間で期待できることの1つだと述べている。「これは本質的に、それをサポートするUXの1つのプラットフォームを介してすべての旅行コンポーネントを予約するという概念である。予約すればするほど安くなる。私たちが永続性を強調する理由は、人々が旅行のさまざまな要素をさまざまな時期に予約し、すべてを同時に知ることは期待できないことに注意することが重要だからである。これにはまったく新しいUXが必要であり、クラックされることはなかった。私たちはこの問題をすべて解決している。消費者向けフィンテックは、Agodaが取り組んでいるもう1つの分野である。顧客はますます柔軟性を求めている。価格の凍結、何らかの理由でのキャンセル – つまり、OTAがリスクを負って保険料が返金されなくてもキャンセルできるようにすること、チェックイン前に安いオプションが存在する場合の自動アップグレードなど、すべてが必須になるサービスである」と語る。10年後には、Agodaが完全な旅行プラットフォームになることを思い描いており、「お客様が旅行するとき、私たちはお客様にサービスを提供したいと考えており、より多くの要素を予約すればするほど、料金が安くなるようにする。航空券、宿泊施設、アトラクションを私たちから入手した場合、率直に言って、私たちが提供する料金に匹敵する人は誰もいない。バンドリングの部分は現在進行中であるが、現実の世界では10年後には、物理と仮想の境界線が非常に曖昧になると思う (そしてそう期待している)。私は、メタバース対リアルの話をしているわけではない。たとえば、ホテルの部屋に足を踏み入れると、壁の装飾が事実上パーソナライズされていると想像してみて欲しい。窓の外の景色…など、すべて現実になると信じている」と付け加える。

もう1つの興味深い開発は、エンドユーザーが生成するデジタル データの所有権、制御、および移植性を高めることを約束するWeb3およびブロックチェーン テクノロジからもたらされる。

ポータブルデータ

Portable data

理論的には、ユーザーは旅行や食事の履歴を利用して、より良い旅行の計画を立てることができる。さらに言えば、国境を越える際に、そのデータを使って個人を特定し、旅程をパーソナライズすることも可能だ。Klook社の共同創業者で最高執行責任者のEric Gnock Fahは、このようなデータ所有にはまだ時間がかかるという。しかし、将来的に普及すれば、企業はユーザーをターゲットにする新しい方法を見つけなければならなくなるため、破壊的な効果をもたらす可能性があり「ブランドには、トップ・オブ・マインド・リコールが必要なのだ」と彼は述べている。

彼が改善されると見ている分野の1つは、人工知能である。例えば、今日のチャットボットは「見せかけのFAQ」であることが多く、ユーザーに旅行の問題に対する真の解決策を提供できていないとGnock Faは指摘する。将来的には、AIによって、現在小売と卸売の間で透明性のないものもある最安値を、より深く掘り下げて見つけることができるようになると同氏は付け加える。これに関連して、ユーザーがお得なサービスを何度も探さなくても、AIを使って自動的にエクスペリエンスを向上させることができる。例えば、顧客は、より良いオファーが出てきたときに、自動的により良いフライトやホテルの部屋にアップグレードされる可能性があるとMorgenshternは言う。同時に、AIは、高額な手数料を強要する代わりに、予約の払い戻しを可能にするのに役立つと、今日のデジタルサービスに柔軟性を求める消費者の期待に言及した上で付け加えた。

急速なデジタル化が進む中、旅行会社はその場でイノベーションを起こすための新しい方法を見つけなければなりません。WiTのこのパネリストは、「一人ですべてを行わないことだ」と言う。

Viatorの創設者であり、Rome2rioの元CEOであり、Veltra GroupとJayrideの取締役でもあるRod Cuthbertは、「孤立したアプローチは通常うまくいかない。もし、チームが自分たちの外に目を向けず、他の人たちがどのように問題を解決しているかを尋ねないなら、明日の課題に対する答えを見つけるのは難しいだろう」と言う。さらに、Cuthbert「この業界は、パンデミックをうまく乗り切ってきた。その理由の一つは、業界の他の人たちと連絡を取り合い、"あなたはどの程度悪いのか"を共有することができるからだ」と加えた。

専門家は、入国条件が異なる国に入国する際に旅行者が今日直面している混乱を指摘し、今後数年間の課題の1つは摩擦を減らすことであると述べている。

さらに、パンデミック後の需要に対応するための人材不足が、この問題をより深刻にしているという。

T2ImpactのプリンシパルであるTimothy O’Neil-Dunneは「これは水力学(hydraulics problem)の問題だ。特に空港では、あまりにも多くの人が、あまりにも多くのことをやりたがっている」と言う。しかし、彼は、このセクターが将来的にこのようなプロセスを円滑にするためにデジタルスマートを導入することを期待している。旅行が復活しつつある今、最高のものはまだ来ていない「特に空港では、あまりにも多くの人があまりにも多くのことをしたいと思っている」と、彼は言う。しかし、彼は将来、このようなプロセスを円滑にするためにデジタル スマートを導入するセクターを見ている。旅行が戻ってきた今、最高のものはまだ来ていないと彼は言う。

シームレスな体験

Seamless experience

空港、ホテル、レンタカー会社を結び付けて、それぞれに旅行の変更を通知できる「魔法のインターフェース」があれば、事態はずっとシームレスになるだろうと、独立系ホスピタリティ コンサルタントのChristine Tanは言う。新しい体験を約束する技術の進歩にもかかわらず、最終的に顧客を獲得するのはやはり顧客サービスだと彼女は指摘する。「顧客サービスがなければ、良い製品でも十分ではない」と彼女は強調する。確かに、旅行は究極的には経験に関するものであり、パンデミックの制限により人々は2年以上奪われてきたと聴衆は思い出した。良いニュースは、旅行者が行きたがっているということ。たとえば、物理的に山の頂上にいて素晴らしい景色を楽しむことに代わるデジタルの方法がないからだ。KlookのGnock Fahは「人々は旅行を通じてその経験を実現してきた」と述べている。

*この記事はもともと WebInTravel に掲載されたものである。

(10/13 https://www-phocuswire-com.translate.goog/travel-tech-expectations-gap?_x_tr_sl=en&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=sc )

16. T&Aのデジタル化

大きな混乱がなければ、ツアー、アクティビティ、アトラクション (TAA) 部門は2024年までにパンデミック前のレベルを上回り、世界の収益は2,600億ドルに達するだろう。しかし、回復は一様ではなく、特定の地域、チャネル、およびセグメントが他の地域よりも速く回復する。オンライン旅行代理店は引き続きデジタルへの移行を加速させる。また、ニッチなOTAがツアーやアクティビティの市場に参入しているため、統合が間近に迫っている可能性がある。

これらの予測は、PhocuswrightとArivalによる共同研究プロジェクトの一部であるThe Outlook for Travel Experiences 2019-2025から得られたものである。Arivalは、「目的地内産業」にイベント、研究、およびコミュニティを提供する会社だ。この調査結果は、机上調査、オンライン データ キャプチャ、多数の幹部インタビュー、Arivalの業界調査に基づいている。最新の調査は2022年9月に実施された。PhocuswrightとArivalによると、TAAセクターは2019年の世界の収益で2,530億ドルを占め、輸送と宿泊施設に次いで3番目に大きな観光セクターとなっている。TAAはおそらく、世界の観光産業の中で最も多様で細分化されたセクターであり、最も研究されていないセクターでもあると、レポートは指摘している。TAAビジネスの大部分は、年間総売上高が 250,000ドル未満の中小企業である。2020年のTAAの収入は、航空旅客収入の69%、ホテル収入の46%と比較して 78%減少した。北アメリカとヨーロッパでの政府の支援により、パンデミック中の大規模な閉鎖は回避されたように見えるが、生き残った企業の数は不明。しかし、業界の復活への道のりは険しい道のりが進行中であることが調査で明らかになった。アクティビティは2023年に2019年の収益を上回り、ツアーとアトラクションはそれぞれ2024年と2025年までに完全に回復すると予測されている。

 

 

 

 

 

 

北米とヨーロッパは、2022年までに世界のTAA需要の80%近くを占めると予想されているが、その後、来年のアジアの復活によって市場のバランスが再調整される。しかし、PhocuswrightとArivalは、高インフレとヨーロッパで進行中の紛争が、2023年に入っても、特にヨーロッパで、世界経済の成長の足を引っ張る可能性が高いと警告する。パンデミックが始まって以来、ツアーやアクティビティに携わるテクノロジーやオンライン マーケットプレイスの新興企業は、9億ドルを調達した。トップの資金調達活動をしているのは、OTAのKlook、GetYourGuide、KKday、地域のイベントや活動のマーケットプレイスFeverおよび予約テクノロジー プロバイダーのPeekである。ArivalとPhocuswrightは、業界の回復に伴い、加速しないとしても、同様のレベルの投資が続くと予想する。

オンライン予約の急増

Online booking surge

TAAでのオンライン予約は、人々がチケット売り場まで歩いて行かなければならないので、旅行や観光の他の分野に遅れをとっていた。しかし、オンライン予約は、2019年の世界のTAA予約のわずか17%から2021年までに約30%に急増したことが、PhocuswrightとArivalのレポートで明らかになった。

多くのソフトウェアの新興企業がこの分野に参入し、オンライン予約、発券、販売を手頃な価格で中小企業が利用できるようにした。Googleは2021年にツアーとアトラクションのイニシアチブ - Things to Do - を開始し、それ以来これを拡大してきた。これにより、オンラインでの発見(discovery)と予約が促進される可能性がある。事業者の10人中7人以上が、パンデミックによるダウンタイムを利用して、ウェブサイト、デジタル マーケティング、およびソフトウェアに多額の投資を行っていると報告している。このレポートによると、オペレーターのウェブサイト、特にアトラクションは、パンデミックに関連した旅行者の行動の変化の恩恵を受けており、2025年まで成長し続けるだろう。

しかし、ツアーやアトラクションの運営者は、オンライン市場シェアで、2019年の80億ドル未満から2025年までに200億ドル近くに増加すると予測されているOTAに奪われる可能性がある。PhocuswrightとArivalは、デジタル チャネル、特にモバイルへの移行に対応できるブランドは、この急速に変化する市場で勝利を収めるのに最適な位置にいると述べている。

 

 

 

 

 

 

OTAの増大する影響

OTAs’ growing impact

OTAは世界のTAA市場の5%未満を占めているが、旅行者が体験を見つけて予約する方法、および一般的なマーケティングと流通の傾向に大きな影響を与え続けている。OTAは、オンラインおよびモバイル予約への急速な移行を利用するのに特に有利な立場にあることが調査で示されている。OTAの急速な成長により、オペレーターはテクノロジーとデジタル マーケティングを改善するようになった。多くのオペレーターは、OTAによる潜在的なデジタル脅威を認識しており、自社のダイレクト マーケティング機能への投資を増やしていると、PhocuswrightとArivalは結論付けている。

2000年代半ばのホテル業界と同様に、オペレーターたちは、OTAがサプライヤーとの関係を管理していることにますます懸念を抱いている。手数料の上昇、手数料の追加、条件の変更により、OTAと一部のオペレーターとの関係が緊張していることが、PhocuswrightとArivalによって判明している。新興企業は、グローバル ブランドが十分にサービスを提供していない主要な市場セグメントまたは地域での流通のギャップを埋めるために介入している、とレポートは明らかにしている。PhocuswrightとArivalは、旅行業界の回復に伴い、今後数年間でOTAの統合が行われる可能性が高いと予測している。

今月初め、Booking Holdingsが所有するOTA Pricelineは、Priceline Experiences の立ち上げにより、ツアーおよびアクティビティ市場に拡大した。

今年の初め、レゴランド テーマ パーク、シー ライフ水族館、その他のアトラクションの運営会社であるMerlin Entertainmentsは、Oracleと提携して、25か国にあるマーリンの130のアトラクション全体でのゲスト エクスペリエンスを向上させるために、POSおよびホスピタリティ テクノロジーを導入した。

(10/14 https://www.phocuswire.com/move-to-digital-tours-and-activities-sector?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

17. インドZoomcar上場模索

レンタカー プラットフォームのZoomcarは、特別目的の買収会社である Innovative International Acquisition Corp.との合併による株式公開を求めている。この取引により、Zoomcar Holdingsと改名される統合会社の価値は4億5,600万ドルになる。声明の中で、2014年に設立されたインドに本拠を置くZoomcarは、300万人以上のアクティブ ユーザーと25,000台の車両がカーシェアリング マーケットプレイスに登録されていると述べている。

同社の共同創業者兼CEOであるGreg Moranは、「Zoomcarは、拡張性の高いマーケットプレイスにフォーカスしたカーシェアリング・プラットフォームの導入を通じて、新興市場全体の都市モビリティの状況を根本的に変革することを目指し、さらに、東南アジア、ラテンアメリカ、中東・北アフリカ、サハラ以南のアフリカを今後の拡大のターゲットにしている。現在の自家用車の平均所有率が全国で10%未満であることと、主要市場で約2億台という十分に活用されていない車両ベースが組み合わさって、2025年までに年間合計約900億ドルという膨大な対処可能市場が存在すると考えている」と述べている。

 同社は現在、4か国の50都市に拠点を置いている。ZoomcarとInnovative の両取締役は、2023年前半に完了する予定の企業結合にゴーサインを出した。Zoomcarは2018年初頭に4,000万ドル、1年前に9,200万ドルを調達した。

(10/14 https://www.phocuswire.com/zoomcar-innovative-international-acquisition-spac-ipo?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

18. RVトラベル成長、後戻りしない

バケーション レンタルと同様に、旅行者が安全な移動手段を求める中、パンデミックの中でRV車の宿泊施設への関心が急上昇した。投資家の関心が高まり、多くのRVレンタルプラットフォームとピアツーピア マーケットプレイスが資金を集め、進化する消費者の期待に応えるためにサービスを専門化する努力を続けている。パンデミックからほぼ3年が経過した現在、RV旅行は減速の兆しをほとんど見せていない。たとえば、RVレンタル マーケットプレイスであるOutdoorsyは、2021年の記録的な年に続いて、総取引額が20億ドルというマイルストーンに達した。他のプラットフォームも持続的な成長を見せている。RVメンバーシップ プラットフォームのHarvest Hostsによると、メンバーシップのサインアップとRVingへの関心は依然として過去最高であり、ピアツーピア マーケットプレイスのRVshareによると、予約はパンデミック前のレベルよりも指数関数的に高くなっている。Outdoorsyの共同設立者兼CEOであるJeff Cavinsは「一度、消費者がもっと手に入れられると知ったら、もう元には戻れない」と述べている。

屋外エコシステム

Outdoor ecosystem

RVのレンタルは、Craigslist(クラシファイドコミュニティサイト)に違法なリストが掲載されていた時代から、長い道のりを歩んできた。当時は、運転記録の確認や保険適用などの予防策がなかったのだ。「この旅行は、双方にとって無謀であった。これは重大問題であり、解決策がどうしても必要だと考えた」と彼は言う。2014年に設立され、テキサス州オースティンに本拠を置くOutdoorsyは、「ゲストが休暇を満喫できるように、RVレンタル体験に一定レベルの信頼、安全性、専門性を追加した」とCavinsは言う。それ以来、Outdoorsyとそのホストとのパートナーシップにより、米国とカナダの4,800都市で利用できるRVレンタルを通じて、500万日以上の旅行が予約された。2021年6月には1億2,000万ドルを調達し、レンタル マーケットプレイスの資金調達総額は2億2,700万ドルになった。1年間のインフレと燃料費の上昇にもかかわらず、Outdoorsyの勢いは依然として強いままだ。「パンデミックにより、宿泊施設の選択肢としてのRVレンタルに対する旅行者の意識が高まった」とCavinsは言う。

Cavinsは、Outdoorsyのリピート予約率が2022年に史上最高であり、前年比 26%増、2019年比231%増であると続けている。手頃な価格であるため、旅行者は引き続きRV旅行に目を向けていると彼は言う。Outdoorsy RV旅行の平均費用は1泊299ドルで、昨年と比べてわずか5ドルの上昇である。RVを使用すると、旅行者はどこに行くかを決めることができ、キャンプ場に車を届けることもできるため、車を運転する必要がなくなる。

Outdoorsyのインシュアテック部門であるRoamlyも、同社の成長に貢献している。今年の3月に、アウトドアジーがRV専用に設計された唯一のデジタル保険プラットフォームであると主張するRoamlyは、予約保険料が4,000万ドルに達し、Cavinsは2023年3月までに倍増すると予想する。「現在、RoamlyはOutdoorsyの収益構成の約10%を占めているが、4~5年後にはRoamlyとOutdoorsyが互角になると予想している。「Roamlyは、RVをレンタルして合法的にお金を稼ぐことを可能にするポリシーを持つ唯一のインシュアテックであるだけでなく、RVをレンタルすればするほど、ポリシーの段階的な割引で保険契約者に報酬を与える」と彼は言う。Outdoorsyは今後12か月間を見据えているため、「一貫性が鍵となる」とCavinsは続ける。そして、「私たちの長期的な戦略は、単なるレンタル ビジネスではなく、完全なアウトドア トラベル エコシステムを構築することである。エコシステムとは、車両へのアクセスから保険、組み込みの信頼と安全、カスタマー ジャーニーを実現する方法の確立と改善まで、すべてを指す。ブランドとカテゴリーの認知度が高まるにつれて、人々はレンタル体験に一貫性と利便性を期待し始めるだろう。なぜなら、RVレンタルは現在、クルーズ、ホテル、空の旅と同じステージにあり、同じ顧客を求めて競争しているためである」と言う。

“ニアケーション”

“Near-cations”

RVメンバーシップ プログラムであるHarvest Hostsは、パンデミックの数か月前から大きな成長を遂げており、CEOのJoel Hollandは、サインアップとRVingへの関心は史上最高のままであると述べている。コロラド州ベイルに本拠を置くHarvest Hostsは、2021年3月に3,700万ドルを調達し、メンバーをワイナリー、醸造所、農場、ゴルフ コース、博物館などのアトラクションのネットワークと結びつけている。2020年から2021年にかけて、Harvest Hostsのメンバーシップ ベースは57%増加し、2018年5月に最初の創設者からプラットフォームを購入したときにプラットフォームの一部であった6,000人から、現在240,000人の有料メンバーを数えている。中小企業が訪問者を自社の施設に引き付けて収益を上げるための新しい方法を探していたため、パンデミックの中で新しいホストのサインアップも爆発的に増加した。Harvest Hostsのプラットフォームには、現在4,400を超えるホストがあり、パンデミックが始まったときの約1,000から増加しており、Hollandは、メンバーが2022年に訪問するホストに4,000万ドル以上を費やすと予想していると述べている。Hollandによると、今年の夏にガソリン価格がピークに達したため、Harvest Hostsは人々の旅行方法に変化が見られたと述べている。「旅行に対する全体的な欲求は依然としてあったが、旅行者は遠くに行くよりも、自宅に近い短い休暇を選ぶようになった。“ニアケーション”のトレンドは混沌とした夏の旅行シーズンの最中に起こり、航空券やホテルのコストが上昇して大規模な“リベンジ旅行”計画が覆された」とHollandは言う。「従来の旅行が制限されていたとき、多くのアメリカ人が自分の裏庭に隠された宝石を発見した。現在、多くのコスト意識の高い旅行者がインフレの影響を検討しているため、銀行を壊すことなく休暇を最大限に活用しようとする旅行者にとって、“ニアケーション”の傾向は当面続くと予想している」と彼は続ける。

Hollandは、家族やペットを連れた旅行者にとって、RV旅行は魅力的な選択肢であると付け加えている。なぜなら、RVは柔軟性があり、毛むくじゃらの友人(ペット)を制限する航空会社の代わりになるからである。さらに、旅行者のお金を節約できる: RVIAの調査によると、RVで4人家族と一緒に旅行する費用は、飛行機とホテルを必要とする同等の旅行よりも50%安くなる可能性がある。

昨年、Hollandによると、Harvest Hostsは世界最大のプライベートRVキャンプ オプションのプロバイダーとなり、その数は7,000か所に達し、連邦および州の公共のRVキャンプ場の数を上回っている。今後12か月で、さらに2,000ホストをネットワークに追加することが目標である。

専門化への道

Road to professionalization

ピアツーピア マーケットプレイスRVshareのCEOであるJon Grayは、RVレンタルは専門化への道のりを長い道のりを歩んできたが、依然として明確な機会がまだ存在すると述べている。2020年10月に1億ドルを調達したオハイオに拠点を置くこのプラットフォームは、10万台以上のRVを提供しており、米国中の何千もの目的地でオンラインで予約でき、その予約には24時間年中無休のカスタマー サポート、24時間年中無休のカスタマー サポートと製品保護が付属している。「今後も、RVレンタル業界のプロフェッショナリズムを推進し、主流の旅行カテゴリとしての地位を維持する力であり続けることを願っている。ホテルを予約するのと同じくらい簡単にRVをオンラインで予約できるようにしたいと考えている。高品質のRVの膨大なセレクション、グループや家族に最適なRVを選ぶために必要なすべての情報、および簡単な予約プロセスを備えている」とGrayは言う。Grayによると、RVshareはパンデミックの発生以来、高い関心と需要が見られ続けており、予約はパンデミック前のレベルよりも指数関数的に高くなり、2022年には40%近く増加している。ショルダーシーズンの予約は、ピークシーズンの予約よりも急速に伸びている、とGrayは続ける。RVshareの洞察によると、パンデミックが始まって以来、ショルダーシーズンの成長はピークシーズンの成長を35%上回っている。「今日、世界にはこれまで以上に多くのRV所有者がおり、アウトドア旅行の継続的な傾向と相まって関心レベルが高まっている。需要は増加するだけであり、所有者とレンターにとってRVshareは両方を接続して利益を得る素晴らしいプラットフォームになると確信している」と彼は言う。Grayは、継続的な拡大を視野に入れているため、RVshareはRV旅行に行きたいすべての人がRVingにアクセスできるようにすることに重点を置いていると述べている。「この戦略の最初の要素は、RVのレンタルをより簡単にすることである。オンラインで入手できる情報を改善して、レンタルする人が完璧なRVを見つけられるようにし、予約プロセスをより簡単にすることで、これを実現する。第2の要素として、RV旅行に行きたいがRVを運転したくない人々に市場を開放し続ける。これは、RVをキャンプ場に直接配送することで実現する。RVが配達されれば、キャンプ場に到着した瞬間から休暇が始まる」と彼は言う。

(10/14 https://www.phocuswire.com/rv-travel-stays-the-course?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

19. 10月10日の週の資金調達関連記事

  • 宿泊施設eコマース RootRez

宿泊施設の e コマース ソリューション プロバイダーであるRootRezは、拡張のためのシード資金として180万ドルを調達した。

GW CapitalとPeak Capital Partnersは、ユタ州ソルトレイクシティに本拠を置くこの会社への資金調達を主導した。この会社は、目的地の観光組織に完全にカスタマイズ可能なホワイトラベルの予約エンジンを提供し、地元の経済的需要を促進するのに役立つ。 

サンダンス映画祭の予約エンジンおよび宿泊サービス プロバイダーとして 2015年に設立されたRootRezは、北米の50以上の都市にサービスを提供するまでに成長した。その技術は、DMO、バンクーバー市やアルタ スキー リゾートなどのイベントやリゾートを含むクライアントが収益を生み出し、ホテル パートナーに手数料無料の予約を促進するのに役立つ。

「COVID-19は、私たちにとって検証期間であった。旅行業界に参入するのは間違いなく困難な時期であったが、この期間中にSaaSの収益を300%以上伸ばし、すべてのクライアントを維持し、数千万ドルの手数料無料の予約を都市のパートナーに送り、彼らの熱意にあふれた。RootRezの創設者であり、社長兼CEOのJason Linderは「旅行者向けのローカライズされたプロモーションとパッケージをホテル経営者との連携と組み合わせることで、ローカル レベルで宿泊施設の電子商取引の状況を変えている。クライアントは目的地の需要を喚起し、旅行者により効果的にサービスを提供し、結果を測定するための属性データを取得できるようになった。パートナーにとってのソリューションになることはやりがいがある」と述べている。

RootRezの中央予約システムにより、クライアントは、グローバルな流通システムとチャネル マネージャーを通じて、ホテル、不動産管理、および短期レンタル ユニットのライブ料金と空室状況にアクセスできる。テクノロジー統合パートナーには、Sabre、TravelClick、SiteMinder、Booking.com、Vrbo、Expediaなどが含まれる。

この資金により、RootRezは新しい市場に拡大し、17人のスタッフに加えて、エンジニアリング、セールス、およびクライアント サポート チームを雇用する。「私たちは、多くのテクノロジー企業よりも保守的な資金調達アプローチを取っている。大規模な資本調達とあらゆる犠牲を払って成長する代わりに、収益性と技術効率に重点を置いた強力な基盤を体系的に構築している。私たちの自力でのアプローチは、粘り強くあることを教えてくれた。そして今、私たちが前進するにつれて利益を上げている」とLinderは言う。

(10/13 https://www.phocuswire.com/rootrez-raises-two-million-to-launch-lodging-ecommerce-software-in-new-markets?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

 

+++++

印刷用ファイル

bottom of page