top of page

海外事情 2022年  10月  24日号

「6. 航空会社、匿名ユーザー理解必要」と「10. 航空業界、データでパーソナル化の方法重視」の二つの記事が、航空会社は顧客をもっと知ってパーソナルな旅の提案をしろと書いている。そして、そのために顧客データをMLやAIなどを使って分析する必要があると言っている。

これらの記事を読んで何だかおかしな気持ちにさせられた。

 

まずこれは、何も航空会社に限った話ではない。全ての商売のマーケティングの基礎の話である。次に、果たして航空会社にパーソナルな旅行の提案なんてする必要があるのだろうか?と言う素朴な疑問が湧き上がる。この後者の疑問について少し思うことを綴ってみた。

 

航空会社の場合は、ある地点からある地点の決められた航空路線の便(座席)を販売しているのであって、ハナから限定された一つのプロダクトを販売している。その上、リージョナル路線を除くと使用しているほとんどの航空機はボーイングとエアバスの機種に限られる。同一路線を飛んでいる航空会社は数社と少なく、サプライヤー間の熾烈な競走もあまり存在しない。そもそもチョイスが少ないコト消費の商品なのだ。その上、ほぼ全ての旅行者は、X日のY時発のZ行き便と、決め打ちで購入しにくる。

 

「チョイスの対象となるアンシラリー販売があるじゃないか」・・・と言われても、それはあった方が良いに決まっている付帯商品(超過手荷物、ラウンジ、幅広座席・・・云々)の話であって、そこでは、有るか無いか、それと高いか安いかの価格が問題となる。個人のニーズに基づいたパーソナリゼーションの提案なんてハナから必要ないのだ。航空会社が「世界のAmazonのようになりたい」と言うのは、土台チョイスがほとんどない商品を販売しているのだから、Amazonのようになる必要はない(なれない)のであって、少しおかしな話のように聞こえてしょうがない。

 

それとも、航空会社は、それこそパーソナルな提案が必要となる航空以外の旅行商品を、これから販売していこうとでも言うのだろうか?

 

誠に好都合なことに、旅の手配の実際のプロセスは、ほとんどが航空便の予約から始まる。だから航空会社の直販Webサイトの訪問者数が、他の誰よりも圧倒的に多くなる傾向がある。航空会社のサイトは、オーガニックなオンライン直販が多く、願ってもない販売有利性をハナから備えている。

これを使わない手はない。航空会社は、航空便の販売に加えて目的地のTAA(ツアー、アトラクション、アクティビティ)販売による事業の多角化をもっと推進してみたらどうだろうか。欧米のXX航空会社バケーションとか、日本のANAトラベラーズとかJALPAKの旅行事業をますます拡大して「旅の百貨店」を建てることを目指してみたらどうだろうか。

 

「旅行業法の壁がある」とか言って、このような考えを否定する人たちがいるかもしれない。そもそも「業法が存在するからできない」とか「やってはならない」と言う考えは全く間違っている。規制が革新的な事業を開発するための足枷であってはなら無い。旅行業法は、最近では2017年に改正されているとはいえ70年前の1952年に作られたレガシーな法律である。やれやれ、Web 3.0の時代がやってくると言うのに・・・。

日本の旅行業者が業法によって規制されているのに対し、日本市場で営業する外資の旅行会社がこの規制の対象外となっている、不公平な矛盾した状態が放置されている。タイパの時代に、書面の交付が必要だとか・・・この業法には随所に時代にそぐわないと箇所が存在すると言う批判がある。

(編集人)

目 次

1. (TJ) MMTとOYO、競争法違反で罰金

    (TJ) = トラベルジャーナル 11月21日号を参照ください。

 

2. 連載小説「XYZ・コム」定例「三金会」会議 (その3) (第16回)

3. フォーカスライト会議2022:レンタル業界の成長

4. WTTCとサステナの協会、環境問題で提携

5. エアビー、OMG!ファンド立上げ

6. 航空会社、匿名ユーザー理解必要                                 閲覧第5位

7. Travalyst、成長ロードマップ設定                                閲覧第5位

8. スカイスキャナー、空港旅行者漏れ対策

9. 旅行のクリプト(暗号)決済                                        閲覧第1位

10. 航空業界、データでパーソナル化の方法重視                 閲覧第3位

11. イノベーション加速、詐欺の懸念も増加

12. ブッキング、気候変動でChoooseと提携

13. 航空旅行体験のデジタル化                                         閲覧第2位

14. 目的地の旅行者のDEI体験支援                                    閲覧第4位

15. 10月17日の資金調達関連記事

2. 連載小説「XYZ・コム」定例「三金会」会議 その3(第16回)

「コンテンツの強化は、当社でパッケージ(PKG)ツアーを造成することによって達成します。この当社造成PKGは、旅行者自らがツアー組み立てるダイナミックPKGと、出発日と旅程が決められた従来型のPKGの2通りのツアーを作ります。商品名は「XYZダイナミック」と「XYZプレミアム」とします。

 

ダイナミックは、申すまでもなくDIY型パッケージツアーで、ツアーの出発日と旅行日数(泊数)を自由に選べるようになっています。当社が抱える豊富な在庫をダイナミカルに組み合わせて作るパッケージです。

そして我々のものは、他の旅行会社(TTA)が販売しているものとの大きな違いが3つあります。1つは、目的地のTAA(目的地ツアー、アトラクション、アクティビティ)の予約ができるようになっていることです。

2つ目は、テーマパークの特別ファストパスとか、美術館の早朝貸切りによって、XYZだからこそできるサービスを提供します。

3つ目は、旅行中にいつでも連絡が取れるコールセンターとコンセルジュサービスが付いていることです。これは、後で説明する従来型PKGにも適用します。

 

 

 

プロジェクトチームで、旅行の出発から帰宅までの、エンドツーエンドのコンシューマージャーニー全てのモーメントにおける旅行者のペインポイント(つまり痛点)を洗い出してみました。その結果、この24/7の顧客サービスを、我々が作るツアーの必須のサービスにしょうという結論に至りました。コールセンターは、旅行途次でトラブルに遭遇した顧客を支援する緊急サービスを提供します。コンセルジュは、目的地の観光案内を提供します。

 

次が、従来型のPKGです。これは、コンサート鑑賞とスポーツ観戦のツアーに限定します。聞きたいコンサートや見たいスポーツのイベントの開催日時が特定されているために、それに合わせて出発日がFIXされるツアーです。ファンやいわゆる「追っかけ」の人たちを対象としています。

 

イベントオーガナイザーに対しては、コンサートの人気歌手やバンドメンバー、スポーツイベントの場合は監督や人気選手との現地交流会を、我々と共同で開催することを持ちかけています。これが実現できれば、“XYZならではのツアー”が作れることになります。以上がプロジェクトチームの検討結果です」とGは説明した。

 

「短時間で、よくここまでまとめてくたね。ありがとう。

緊急連絡のためのコールセンターとコンセルジュサービスが、我々が作るPKGの大きな差別化の鍵となるようだね。航空会社の突然の運休や大幅遅延などに遭遇してストランドした旅行者にとっては、これは至って便利なサービスとなる。急に体調不良になった旅行者にもタイムリーに相談に乗ってあげられる。

それに加えて、ダイナミックではTTA販売が、プレミアムでは人気イベントのチケット提供が、我々が作るツアーの肝であり差別化要因になると言うことだね。よく分かった。

 

しかし、難しい問題もある。コールセンターとコンセルジュサービスのコストはどうなるのか? そしてTTAのインベントリーと人気イベントのチケットは確保できるのかという問題だ。特別ファストパスとか早朝貸切りなんて、どうやって実現するのか? それに、前にも言った通り、TTAのオンライン販売がものすごく遅れているというじゃないか。その辺りの検討はどうだったのかね?」部長がポイントを突いた質問をした。

 

「緊急電話サービスの方は保険会社と提携して、旅行保険の購入と抱き合わせで提供します。コンセルジュサービスでは、地元のDMCと提携します。基本的には無料サービスとしたいところですが、コストの多寡によってはNTTナビダイヤルにすることも検討せざるを得なくなる。これについては最終的なコストの見積もりが出た段階での別途検討です。有料にしてこのコストをツアー価格に上乗せしても、割高になりますが品質重視で行こうというのが、我々チームメンバー全員のコンセンサスでした。

 

ダイナミックのファストパスや早朝貸切り、それにTTAインベントリー確保は、インベントリー担当のHさんのところで、引き続き地道にコツコツ各地のアトラクションやサプライヤーと交渉して行くことしか方法がなさそうです。インベントリー確保については、すでに多くを集めることができています。テック部門の協力で、TAA用の廉価版IBEを開発してもらったのが、インベントリー確保に大きく貢献してくれています。嬉しいことに、このツール「簡単ネット」を採用するTAAのサプライヤーの数が急速に増えています。

 

プレミアムでは、確かに人気のあるコンサートやスポーツのチケットがなかなか手に入り難いという問題がありますが、我が社が過去にチケット販売した実績を持って、ツアー造成に必要なチケット枚数を確保できないかをイベントのオーガナイザーと現在交渉中です。これらのイベント参加者の多くはXYZで移動手段と宿泊を予約してくれているので、このデータから、どのイベントにどのくらいの参加需要が見込めるのか推定できます」

 

「なるほど、価格競争などに翻弄されずに、高品質のPKGを販売すると言うことか。至極正論だ。だけどプレミアムで、観劇やスポーツ観戦のツアーしかないというのは、商品の取り揃えで、何か寂しい感じが否めないね」

 

「そこです、まさに今部長がおしゃったことが、プロジェクトチームの中でも議論されました。

当社には、プロ級のスポーツマンや音楽家、美術家などの芸術家などの一芸に秀でた社員が多く居ます。この人たちに一役買ってもらい、彼らの自分の才能を生かしたパッケージを作ってもらえないかという話がありました。例えばスキーツアでは、国体のスラローム優勝経験のあるC君がモデルツアーを作ります。美術館巡りのカルチャーツアーには芸大絵画科を卒業したD君に担当してもらいます。社内に適当な人がいない場合は、今後、フォーカスグループなど社外から適当なオーガナイザーを探します。

 

とはいえ、パッケージ造成経験のない人たちが、旅行者が欲しているパーソナルな旅のエクスペリエンスに合致した売れる商品を作れるのか?という疑問の声が圧倒的で、結局このアイディアは没となりました」

 

「なんだ、それではどうしょうもないね」とY部長が呆れ顔をして言った。

 

「待ってください。何もここで諦めたわけではありません。コールセンターに加えて新たなに旅の相談窓口を設けます。そこで一芸に秀でた社員たちに、その一芸に関連する目的地アクティビティーのツアー作りのアドバイザーになってもらうことにしました。このサービスのスタッフ、つまりアドバイザーは、専属ということではなくて現業をこなしながら従事してもらうということになるために、全てチャットベースで相談を受け付けて、72時間以内に回答を返すシステムを採用します。アドバイザーに指名された社員の時間的余裕をとるためです。

 

アドバイスしたツアーが最終的に実行された場合は、そのツアーの利益の一部をアドバイザーに還元するインセンティブ制度を儲けるつもりです。

また、将来、このアドバイスサービスが成功した場合は、ちゃんとした部門として独立させます。そして、ここでの社員たちのアドバイズによって作られたツアーを、プレミアムの追加商品として売りに出すつもりです。また、目的地におけるスポーツチームの試合相手選びや、特定の趣味の愛好家同士のマッチングや、法人のテクニカル・ビジットなどの手配サービスについても検討するつもりです。

 

この他にワーケーションのための、TAAの手配を必要としない、移動手段と民泊の手配だけの28泊以上の長期滞在ツアーも作ります。このツアーでは、当然のことながらテレワークの施設の完備が必須となります。エアビーでは、長期滞在が継続して増加し、全予約の20%以上にもなっているそうです」

 

「そうか。何から何までよく検討したね。君たちは、良くここまで考えたものだ。

ダイナミックとプレミアムの新商品を販売する。そこには24/7の常時接続顧客サービスを導入する。またプレミアムには、うちの社員がアドバイスする相談窓口も設置する。このほか、今流行りのワーケーションに対応した長期滞在ツアーも作る。また、この新規開発には、何から何まで自前で用意すると言うことではなくて、目的地のDMCや、サプライヤーや、はたまた保険会社などとの提携が重要になるということだね。つまりこれは、XYZエコシステム作りでもあるね。以上が結論だね。間違えないね。

 

よし、A君が説明した通りの、この線で具体的に開発体制に入ろう。開発期間は1ヶ月でいいね。1ヶ月後に広報発表する。それまでに全てが完成されなくとも良い。できたツアーやサービスから販売していこうじゃないか」と総括して、Y部長は会議を終わらせた。

 

彼は、会議終了後の昼食会には出席せず足早に本社を後にした。今日から幕張メッセで一般公開されているCEATEC 2022(シーテック 2022)(Combined Exhibition of Advanced Technologies)を見に行った。これは、パンデミックで開催中止を余儀なくされた後の3年ぶりのリアル開催となる。デジタルツインと呼ばれている、最新テクノロジーのメタバースを実際に擬似体験するのが目的だ。

(続く)

スクリーンショット 2022-11-01 18.53.04.png

3. フォーカスライト会議2022:レンタル業界の成長

投資家は、過去10年間で短期レンタル部門に約40億ドルを注ぎ込んできた。高級別荘や都会のアパートから、地元での短期滞在、仕事と旅行を組み合わせた数か月の旅行まで、宿泊を予約する旅行者と同じくらい多様なセグメントの急速な軌跡をたどってきた。しかし、データによると、消費者が滞在のためにレンタルを受け入れていることは明らかであるが、セクターはまだいくつかの成長する痛みに取り組んでいる。ホストまたはプロパティ マネージャーとゲストの間のコミュニケーションの断絶や、プロパティの説明と現実の不一致は、ゲスト エクスペリエンスを損なう可能性がある。そして現在、消費者がプライベートな空間を求めるようになり、このセクターのブームに拍車をかけた COVID-19がさらにリアビューに移行している現在、旅行者の満足度をどのように維持できるのだろうか? また、優れたゲスト エクスペリエンスを実現するためのテクノロジの役割は何か?

The Phocuswright Conference 2022では、業界関係者のパネルが短期賃貸部門の課題と機会について話し合う。Jamie Cohenは、12月に公開市場にデビューしたVacasaのCFOである。Brian Eganは、2月に1億ドルを調達したデンバーに本拠を置く不動産管理会社Evolveの共同設立者兼CEOである。また、Margot SchmorakはHostfullyの共同設立者兼CEOであり、5月に400万ドルを調達して、プロパティ マネージャーが流通とゲスト エクスペリエンスを最大化するのに役立つソフトウェア プラットフォームを成長させた。3人のパネリストが、PhocuswrightのアナリストであるMadeline Listとセンター ステージに関するディスカッションに参加する。

The Phocuswright 2022

EXECUTIVE PANEL: Growing Pains - The Maturing of Rentals 

詳細と登録については、ここをクリックしてください

(10/17 https://www.phocuswire.com/phocuswright-conference-2022-maturing-rentals-sector?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

4. WTTCとサステナの協会、環境問題で提携

World Travel & Tourism Council ( WTTC) とSustainable Hospitality Allianceは、ホスピタリティ業界が環境への影響を軽減するために力を合わせている。両者は、両組織がより緊密に連携することを約束する覚書 (MoU) に署名した。

両組織は、ホスピタリティ業界の持続可能な未来に関して団結し、持続可能性の革新に関する研究プロジェクトに協力することを約束している。

今年、WTTC は旅行業界に二酸化炭素削減目標をより野心的にするよう促した。この組織は、Accentureおよび国連環境計画と協力して実施したNet Zero Roadmapレポートで推奨事項を提示した。Booking. com と EY Parthenonはほぼ同時期に、2050年までにネットゼロを達成するには、宿泊施設部門が7,680億ユーロを投資する必要があると推定している。

(10/17 https://www.phocuswire.com/wttc-sustainable-hospitality-alliance-mou-cooperation?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

5. エアビー、OMG!ファンド立上げ

6月、Airbnbは「1,000万ドルのOMG!ファンド」と呼ぶ、100のユニークな物件のアイデアに資金を提供するサービスを開始した。その目的は、デザイナー、建築家、DIY愛好家がアイデアを実現し、その物件をAirbnbでホストする可能性を支援することである。Airbnbは、数万件の応募の中から、23カ国から100名の受賞者を選び、それぞれ10万ドルを与えて、彼らの作品を現実のものにすることにした。Airbnbによると、受賞したアイデアは「ユニークで刺激的なデザイン、持続可能な配慮、没入型のゲスト体験を提供する斬新な方法」で際立っており、受賞者は今後10カ月間にわたって、2023年夏までにゲストに提供できるようにスペースを設計、建設、装備することになるそうだ。

これらの物件は、Airbnbの「OMG!」カテゴリーは、5月にプラットフォーム全体のアップデートの一環として発表された。OMG! Fundの審査員には、デザインとスタイルのアイコンであるIris Apfel、建築専門家の高田晃一、AirbnbスーパーホストのKristie Wolfe、Airbnbエクスペリエンス担当副社長のBruce Vaughnらが名を連ねている。

応募作品は深海からSF小説まで幅広く、Airbnbによると受賞者の50%以上がすでにAirbnbのホストになっているそうである。一方、このホームシェア大手は、ホストの潜在的な騒音問題に対処するため、不動産テック企業のMinutとも提携している。同社によると、MinutはAirbnbと統合する唯一の騒音監視ソリューションだという。これまでは、2021年7月にAirbnbのパートナーであるMigoがNoiseAwareを独占的な騒音モニタリングサービスとして起用した。

Airbnbのメッセージングツールに統合されるMinutノイズセンサーでは、デバイスはデシベルが一定レベルを超えた場合にのみフラグを立て、音や会話を記録・送信しないため、ホストはゲストのプライバシーを保護しながら潜在的な問題を予防・対処することが可能である。ホストは、掲載ページでデバイスの存在を開示することが求められ、ベッドルームなどのスペースにデバイスを設置することは禁止されている。デバイスが騒音を検知した場合、ホストとゲストに警告するために、Airbnbのメッセージングツールを介してMinutから自動通知を送信することができる。

「Airbnbでは毎晩世界中で宿泊が行われており、その大半はホストの家や近隣に敬意を払い、地域コミュニティと観光の利益を共有している。今回のMinutとのコラボレーションは、Airbnbでの安全で責任ある旅行を奨励するという当社のコミットメントを継続し、不正なパーティーを阻止するホストコミュニティをさらに強化する」と、AirbnbのホスティングのグローバルヘッドであるCatherine Powellは述べている。Airbnbは、60以上の国と地域のホストに無料の騒音センサーと、Minutの騒音および占有監視サービスの3カ月間の無料サブスクリプションを提供している。このコラボレーションは、パーティ対策技術の導入やグローバルなパーティ禁止の成文化など、プラットフォームのパーティ対策姿勢を強化する一連の施策の中で最新のものである。

(10/17 https://www.phocuswire.com/airbnb-names-omg-fund-hosts-launches-noise-monitoring-technology?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

6. 航空会社、匿名ユーザー理解必要

あなたの知らないことが、あなたのビジネスに悪影響を与える可能性がある。私たちの経験では、航空会社のウェブサイトを訪れる人のうち、最大で3分の2が未知のユーザーだ。この数字は、クッキーが段階的に廃止され、オンラインでのプライバシーを重視する人が増えるにつれて増加すると思われる。多くの未知の訪問者が閲覧しているため、航空会社は匿名ユーザーを理解し、有意義なつながりを構築し、ビジネスを成長させる必要がある。匿名ユーザーのためのセールスファネルを開発し、個々の興味に応じたパーソナライズされた体験を提供することで、航空会社は未知のウィンドウショッパーをロイヤルカスタマーに変えることができる。これをリアルタイムかつ大規模に行うには、AIが動かすパーソナライゼーションの支援が必要だ。

匿名ユーザーを理解することの重要性

The importance of understanding anonymous users

人々が自分の個人情報を囲い込むようになり、信頼し、つながりを感じるブランドとだけ個人情報を共有するようになると、電子商取引の統計には、匿名のウェブサイト利用者の数がますます多く反映されるようになる。航空会社にとってパラドックスとなるのは、データの管理を重視するユーザーの意思を尊重しつつ、彼らとの関係を構築する方法だ。多くのウェブサイトは、平均的なユーザー向けに最適化されており、表示されるコンテンツは、企業の既知のユーザーに対する幅広い「キャッチ・ゼム・オール(catch-them-all)」なアプローチを反映している。例えば、ある航空会社が、ヨーロッパで自社のウェブサイトを訪れるユーザーの多くが北米行きの航空券を探していることを知っていれば、関連する目的地を強調するようにホームページをカスタマイズする。

しかし、長期休暇を利用して南半球へ飛びたい人はどうすればいいのだろうか?あるいは、短距離のビジネスクラスでの旅行を考えている人はどうなるのだろうか?あるいは、手荷物許容量の追加など、特定の付帯サービスを購入の決め手にしている人もいるのではないだろうか?平均的なユーザーに向けてウェブサイトを最適化すると、異なる興味や意図を持つユーザーを疎外することになる。平均的なユーザーというのは存在しない。ウェブサイト訪問者を「平均的」な存在として扱うことで、企業は実際、最適とは言えないセールスファネルを作り、ユーザーに関連するコンテンツをさらに検索させるか、より可能性が高いことですが、見られていない、過小評価されていると感じてサイトを去ってしまうのである。このような状況を打開するために、一部のマーケティング担当者やEコマースチームは、地域、サイト訪問時間、検索した日付に基づいて人々を大まかに分類し、セグメントを作成する。そして、仮定とビジネスプロフェッショナルに基づいて、ルールを適用する。これでは効果がないのも無理はない。例えば、学校が休みの時期に航空券を探すとする。本当はビジネスクラスでブリュッセルに戻ってミーティングをしたいのに、家族旅行で検索している人たちと一緒になってしまうかもしれない。

セグメントは鈍器(blunt knife)である。人々は、セグメンテーションが可能にする以上に流動的で、箱にうまく収まることはほとんどない。そのため、1対1のパーソナライズされた介入が必要なのだ。そのためには、すべてのユーザーを個別に理解する必要がある。たとえ匿名のユーザーであってもだ。

匿名ユーザーを理解する方法

How to understand anonymous users

匿名のユーザーを追跡することは、ファーストパーティのクッキーであれば、クッキーを使用しても可能である。セッションごとに個別のユーザープロファイルを作成し、各訪問者のニーズと要望をよりよく理解することができる。しかし、真に個別化された体験、つまり市場シェアの拡大を可能にする体験のためには、ウェブサイトはAI(人工知能)の力を活用する必要がある。

Alは、リアルタイムでユーザーのプロファイリングを行い、瞬時に1:1のパーソナライズされた介入を可能にすることができる。Alを利用した最適化により、チケット販売、補助的なクロスセリング、ロイヤリティの確立を促進することができる。また、効果的な意思決定プラットフォームは、ユーザーに知的なインセンティブを与えることで、収益を増加させることができる。また、「見ている人」が「予約する人」になるために必要な、ちょっとした工夫やインセンティブを、テクノロジーによって識別することができる。一言で言えば、Al-drivenの個人利用プロファイリングは、航空会社にとって最適化の可能性の世界を開くものである。これは当然のことである。既存のトラフィックをより多くコンバージョンさせることが、ビジネスを成長させる最も効果的な方法なのだ。マーケティング費用を増やして、セールスファネルの最上流にいる人々を引き込もうとする必要はなく、むしろ、すでに自社のブランドや製品に興味を持っている人々を惹きつけることにエネルギーを集中させればよいのだ。彼らの興味を引き、直接コミュニケーションをとり、価値を感じてもらえるようなパーソナライズされた体験を提供することで、より高い確率でコンバージョンに至り、顧客基盤、収益、市場シェアを拡大するチャンスが高まる。

著者:Andy Owen Jonesは、BD4のCEO兼共同設立者。

 (10/17 https://www.phocuswire.com/airlines-anonymous-users?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

7. Travalyst、成長ロードマップ設定

Sally Daveyそれがでっち上げだと思った。2019年、Tripadvisorでサステナビリティ イニシアチブに取り組んでいるときに、ある人物からDuke of Sussexのオフィスにいるという電話を受けた。この電話は、「ケンジントン宮殿に来て、彼が考えている旅行イニシアチブについて彼に会わないか?」と言ったのだ。

疑いはあるものの、彼女は実際にその電話が合法であることを知った。また、Booking.com、Visa、Skyscanner、Ctripの代表者もPrince Harryと一緒にテーブルに着いた。その会議で、王子の旅行と持続可能性に関する知識と、プラットフォームや他のプラットフォーム全体で採用できる、明確で一貫性のある信頼できる持続可能性評価システムを作成したいという彼の願望に、彼女は「圧倒された」ことを思い出す。

出席者全員がそのような枠組みの必要性を認め、観光には善意のイニシアチブや善意の努力が欠けているわけではないが、「善」を定義する方法についてさえ共通の理解がないことを理解していた。観光の持続可能性を評価するために、何千もの異なるラベルやスキームが騒がれていたが、ほとんどの場合、オペレーターと旅行者の両方を混乱させるだけであった。王子は、グループが協力して大規模で信頼できるプログラムを作成できるかもしれないと感じたが、潜在的な課題についての懸念を共有した。まず第一に、これらの非常に競争の激しい消費者ブランドは実際に連携できるのだろうか? 口先だけではなく、結果を出せるか。そして、彼らが協力して、最終的に持続可能性に関する信頼できるデータを主流にもたらすことができるだろうか? 早いものでそれから3年。Daveyは現在、Travalystと呼ばれるこの取り組みの CEOである。他の2つのパートナー、GoogleとExpediaが元の5社に加わった。持続可能な慣行のリーダーとして認められている旅行会社であるIntrepid Travelの会長であるDarrell Wadeは、グループの会長を務めている。

フレームワークに到着

Arriving at a framework

そして、Prince Harryは相変わらず深く関わっている。「彼は問題を理解している。旅行の持続可能性に関連するテーマに関する彼の知識は非常に深い。彼は [非営利の] アフリカン パークスの会長であり、環境、社会、経済など、複数の持続可能性の問題にまたがっている。彼は、持続可能性に伴う複雑さを理解しており、幅広い問題があることとさまざまな要因によって影響を受ける問題のスペクトルを理解している」とDaveyは言う。Prince Harryは50人の研究者のグループを招集して、このトピックを詳しく調査し、彼らは「このサイズのファイル」を作成した - デイビーは両手を約 5 インチ離してそのレポートを持った - そして彼はそのすべてのページを読み、すべてのページにメモを書着込んだ。

Daveyは、3週間前に終了したこのパイロット プログラムは成功したと考えている。「私たちは、これらの人たちをテーブルの周りに集めて、一緒にうまくプレイさせることができること、そして効果的に実装できる意味のあるものを実際に構築できることを証明した。私たちはそれをフレームワークと呼んでいる ― 持続可能性を報告するための統一されたフレームワークである」と彼女は言った。フレームワークは2つの部分で構成されている。1つ目は、スコアを計算するためにプロパティについて収集する必要がある属性または主要なデータ ポイントのリストである。2つ目は、属性を評価する方法論である。

Davyは、「例えば、ホテルのエネルギーや水の使用量、従業員に対する方針、コミュニティへの貢献度などの情報を収集する。そして、この方法論を適用すると、ホテルの計算結果が出力される。航空業界では、特定のフライトの排出量計算をもとに、サステナビリティのスコアを出すこともできる。このプログラムはすでにExpediaとBooking.comで稼働しており、Travalystが考慮した属性はホテルのページに掲載されている。プラットフォームによっては、基本的に、このプロパティは適切な閾値を達成したため、トラベルサステナブルバッジを持っているというラベルが表示されるかもしれない。これは、他のすべてのパートナーのサイトでもまったく同じ枠組みである。そうすることで、消費者がどこを見たり予約したりしても、同じ情報を一貫して見ることができるようになる」と述べている。

次のステップ

Next steps

次の段階は、誰でも予約サイトにプラグインできるように、オープン ソースにすることだ。「航空分野では、すでに進行中である。Googleが航空フレームワークをホストしているため、誰でも完全に無料で入手してプラグインできるようになっている」と彼女は言うTravalystの最高マーケティング責任者であるTess Longfieldは、他のパートナーも近い将来、これらを自社のサイトに展開するために取り組んでいると述べている。Daveyは、GDS、大手旅行代理店、世界旅行ツーリズム評議会 (WTTC) などと話し合っており、来月ブリュッセルで開催されるグローバル ビジネス トラベル アソシエーションのヨーロッパ会議で、追加のパートナーについて発表する予定であると述べている。彼女は、小規模な旅行代理店から大規模な予約サイトまで、このフレームワークを組み込んだ企業を思い描いている。彼女は、最初の焦点は航空とホスピタリティーにあるが、目標はパートナーと評価の対象の両方としてツアーオペレーターを含む他の人を巻き込むことであると付け加える。「成長に向けて、非常に野心的でエキサイティングなロードマップが待っている」と言う。

これらすべては非常に説得力があり、希望に満ちているように聞こえる。しかし、彼女は、ホテル、航空会社、さらには目的地が「COVID-safe」であることを証明することを目的として、パンデミック中に登場したさまざまなバッジや認証が弱体化させたと感じた何かについて懸念を表明した。「私が遭遇したプログラムのほとんどは、WTTCによって展開されたものでさえ、独立した監査ではなく自己報告に依存していた。Travalystはどのようにしてサステナビリティを確認しながら、グリーンウォッシングを防ぐことができるか? 同社は現在、プロパティの自己申告に依存している。しかし、私たちのパートナーは、テクノロジーの総合力を活用して、これらの問題に初めて大規模に取り組む比類のない機会を手にしている。私たちは、テクノロジーパートナーからのレビューなどから、大量の予約と節度を利用している。今後、これらのシステムを進化させ続けて、特定の持続可能な慣行の証明ポイントを簡単に含めることができるようにする予定である。たとえば、エネルギー法案などである。認証データを活用し、以前の方法で監査が必要であることが示された場合は監査を実施する可能性がある」とLongfieldは語る。

Daveyは「しかし、ある場所では重要で別の場所では意味のない無数の条件を技術ソリューションで正確に評価するにはどうすればよいだろうか?」と付け加える。Daveyは、これがまさにその方法論が行っていることだと言いう。そして

「サファリ ロッジやゲストハウスをWaldorfと比較することはできないため、地理的な違いだけでなく、宿泊施設のタイプに基づいたバリエーションも考慮に入れている。これは非常に重要なポイントであり、多くの人が見落としているポイントだ。持続可能性には多くの複雑性があり、最終的には、その複雑さはすべて舞台裏にあり、説明する必要がある」と言う。

持続可能性を評価するための統一されたビジョンを探すことは、かなり長い間至高の目標であった。2008年、国連財団の創設者であるTed Turnerは、持続可能な観光基準のためのグローバル パートナーシップを結成した。Travalystの用語は、14年前にすでに存在していた数百の競合する持続可能な認証プログラムによって作成された混乱と煩雑さを軽減するというパートナーシップの目標を反映している。Turnerは、旅行における持続可能性の「普遍的な」理解と適用を提供する「枠組み」を呼びかけた。Expedia、Hyatt、Choice Hotels、Sabre/Travelocity、ASTA、American Hotel & Lodging Associationなどの主要な旅行会社もこの運営委員会に参加した。基準は作成されたが、普遍的に適用されることはなかった。

振り返ってみると、皮肉なことに、包括的であろうとする意欲が、ガイドラインを作成するために2,500人の保護活動家、業界のリーダー、政府当局、国連機関から意見を求められ、文書が作成される前に80,000人に草案がコメントを求められた。この豊富なフィードバックにもかかわらず、結果として得られたレポートには、コンプライアンスを測定するためのベンチマークとデータに基づくガイドラインが欠けていた。そのため、Prince Hurryはこのプロジェクトをたった5社のパートナーから始め、この比較的小さなグループでも生産的に活動できるかどうかをテストするために、さらに拡大する前にパイロット版を作成したという知恵を働かせた。繰り返しになるが、私たちが見ているものが大きなものになるという希望がある。私の注意を引いた無数のプログラムの中で、これは私が最も注意深く見ているものである。

*この記事はトラベルウィークリーに掲載されたものである。

(10/17 https://www.phocuswire.com/Travalyst-framework-three-years-on?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

8. スカイスキャナー、空港旅行者漏れ対策

Skyscannerは、旅行者がある空港から別の空港への旅行を予約する理由を空港が理解できるようにするための新しいデータ ツールを作成した。Skyscanner によると、この「乗客の漏れ(passenger leakage)」データは、旅行者がフライトの空席状況とコストによってどのように影響を受けているか、競合する空港とどこでビジネスを失う可能性があるかを空港が理解するのに役立つことを目的としている。Catchment Analysisと呼ばれるこのソリューションは、SkyscannerのTravel Insight Visionビジネス インテリジェンス ツールの一部になった。この分析は、Skyscannerの月間9,000万人を超えるユーザーからの地理位置情報データに基づいており、旅行者が検索している主要なルート、出発地、目的地を空港が把握するのに役立つ。データは、曜日、国、地域、州、都市の集水域などの要因に基づいて分割される。「私たちの調査によると、旅行者の63%がフライトを予約する際に2つ以上の空港を検討している。また、世界中で航空が回復し続ける中、旅行者の注目を集め、財布のシェアを獲得するための空港間の競争は、これまでになく大きくなっている」と、Skyscannerのデータ パートナーシップ責任者であるMichael Dochertyは述べている。「当社の新しいCatchment Analysisソリューションは、実際のユーザーの需要に基づいて実用的なインテリジェンスを提供し、強力なビジネス ケースと戦略を作成して、競争に打ち勝ち、新しい路線を開拓し、マーケティング パフォーマンスを向上させる。Travel Insight Visionの特徴と機能を拡張し続け、世界の航空業界の最新トレンドを理解したいと考えているあらゆる組織にとって最適なソリューションとなる」と言う。シャルル ド ゴール空港、オルリー空港、ル ブルジェ空港を所有・運営する Groupe ADPの航空開発担当副部長、Bertrand Coquantは、レベル。これにより、新しい路線開設の機会について、航空会社に強力なビジネス ケースを提供することができる」と述べている。

(10/18 https://www.phocuswire.com/skyscanner-helps-airports-understand-passenger-leakage?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

9. 旅行のクリプト(暗号)決済

昨年は暗号通貨市場にとって記録的な年であり、2021年11月の短期間にその価値は3兆ドルを超えた。特にビットコインは、昨年2月に市場価値が1兆ドルに達し、注目を集めた。旅行で認められた支払い方法として普及するだろう。今日、市場がインフレと闘う中、ビットコインの価格は月曜日の時点で20,000ドルを下回っており、専門家は浮き沈みが続くと予想している。暗号通貨を受け入れる旅行業者は、ビットコインや他の暗号通貨の価格が上昇すると、ビジネスも同様に変動するという同様の変動を経験していると述べているが、それは珍しいことではないと、CheapAirのJeff Kleeは述べている。

2013年にビットコインの受け入れを開始したこのオンライン旅行代理店の共同創設者兼CEOは、「[暗号通貨で行われた売上は]歴史的にビットコインの価格に応じて増減する。たとえば、現在、確実に数ノッチ下がっているが、元に戻ると予想している。決して完璧な科学ではないが、仮想通貨の価格が10%上昇すると、当社の仮想通貨ビジネスは約5%上昇する。約半分になる傾向があり、その逆も同様です。[仮想通貨の価格]が 10%下がると、ビジネスは約5%下がる」と言う。

2014 年にビットコインを受け入れた最初の航空会社であると主張したラトビアの航空会社airBalticは、同様の傾向を指摘している。「現在、市場は調整段階にあり、それは最近の予約統計にも現れている。現在、暗号通貨を飛行機で移動するために使うよりも、暗号通貨を持ち続けることを好む人が増えている傾向が見られる」と、airBalticのWeb3プロジェクトリーダーArtūrs Garaisは言う。比較的、昨年の9月に、この航空会社は、2021年の第3四半期に、暗号通貨で支払われた予約の数は、2020年の同じ期間よりも44%増加したと報告した。「現在の市場状況では、(暗号)決済は現時点ではあまり普及していない。しかし、我々は以前にもこうしたサイクルに陥り、回復したことがある。現在は全体的な金融情勢により若干状況が異なるが、暗号通貨は通貨(currency)以上の存在であるため、長期的には回復と成長が見込めるはずだ」とGaraisは続ける。

デジタルジレンマ

Digital dilemma

市場のボラティリティはさておき、旅行での暗号通貨支払いの普及には他にも障壁がある。1つには、先進国では、「クレジットカード会社は資金調達と人々の支払い方法をかなり強力に支配している。あなたが消費者なら、ポイントがもらえるという事実が好きだ。電話して料金をキャンセルできるという事実も気に入っている。もちろん、消費者はクレジット カード サービスにお金を払っているが、そのためにいくら払っているかは誰も知らない。それがデジタル通貨の素晴らしいところである。多くのコストを削減する。しかし、人々はそのコストを支払っていることに気付いていないため、仮想通貨の価値を理解していない」とKleeは言う。

旅行業者にとって、顧客が暗号通貨で支払うことを可能にすることは、独自の一連の技術的課題を伴う。たとえば、多くのホテルは依然としてインターネット経由でのクレジット カード決済の受け入れに苦労していると、Shiji Groupのセキュリティおよび統合担当シニア ディレクターである James Montagueは述べている。「PayPal、AmazonPay、またはその他の代替支払い方法でさえ、ほとんどの人にとって負担である。ミニバーや損害賠償などのためにカードを保持するためにチェックインするときのデポジットプロセス全体も、現在暗号で行う方法がないため非常に困難だ。デポジットを支払うことになるが、その後払い戻しが行われるまでに、その暗号通過の価値は異なる可能性がある。これらすべての理由から、おそらく非常に少数のホテルを除いて、今後数年間でこれが大きな問題になるとは考えられていない。旅行プロバイダーは、支払いを処理するために、CoinbaseやBitPayなどの仲介プラットフォームも必要とする可能性がある。「[旅行プロバイダーは]現在受け入れていない、または運用していない他の非主要通貨を追加する可能性があるため、暗号を追加している・・・そしてほぼ確実に、彼らはその暗号通貨を誰もが知っていて愛する非デジタル通貨の「法定通貨」に変換している ― 通常の現実の世界、為替レートの変動リスクを回避するためだ。このような決済プラットフォームはすべて、サプライヤーに少額の手数料を課しており、もちろんそのための実装リソースが必要となる。また、国や地域によっては税金が発生するため、特別な会計処理が必要になる。基本的には、暗号通貨を受け入れると、ネット上でより良い結果が得られるかどうか、自問自答する必要がある。今はそうではないかもしれないが、そのうち変わるかもしれない。」と、旅行予約テクノロジー プロバイダーVibeの共同創設者兼CTOであるMatthew Chapmanは述べている。

ロイヤルティの活用

Leveraging loyalty

とはいえ、現在1兆ドル以上が仮想通貨に投資されているため、旅行業界はこの機会を逃してはいけないと、航空APIテクノロジープロバイダーKyteの創設者兼CEOであるAlice Ferrariは述べている。「仮想通貨は清算するのが非常に簡単な資産であるため、多くの投資家は仮想通貨資金を使って、休暇旅行のような高額で一回限りのアイテムを購入したいと考えている。だから、仮想通貨で直接支払うことを許可することで、購入の決定を容易にしてみないか?

「とはいえ、現時点では明らかに、これは非常に需要の高い支払い方法ではない。しかし、ステーブルコイン(ドルやユーロなどの現実世界の通貨に価値が固定されている仮想通貨)の人気が高まるにつれ、状況は変わる可能性がある。もしかしたら、今がトレンドを先取りする時なのだろうか?」

暗号通貨とその背後にあるブロックチェーン技術は、旅行ブランドが顧客ロイヤルティを刺激するのにも役立つ。AirBalticのGaraisは、ロイヤルティに関して、ブロックチェーンが提供する最大の利点は譲渡可能なトークンであると述べている。「現在のロイヤルティ システムでは、友人や家族、または流通市場の誰かに譲渡するオプションが提供されていないため、他の誰かに譲渡できるロイヤルティを作成することができる。理想的には、それを保持するすべての顧客に資産を作成する。NFTテクノロジーを使用してパーソナライズされたロイヤルティプログラムを作成するオプションもある・・・飛行中の窓側の席や無料の食事などの特典を提供する。もちろん、これは現在のシステムでも可能であるが、何時間もの手作業が必要になってしまう」とGaraisは言う。

Ferrariはまた、旅行体験におけるブロックチェーン技術の利点を支持している。「あなたの見解に関係なく、仮想通貨と旅行について考慮すべき重要な点がもう1つある。その背後にあるブロックチェーン技術は、まもなくあらゆる種類の旅行体験、特にロイヤリティやポイントプログラムが、おそらくユーザーには全く知らされていない、ブロックチェーンに基づくNFTになるにつれて、その動力源として使用されるようになるだろう。私たちはまだ始まったばかりだ。仮想通貨のおかげで、旅行では想像もつかないほど多くの大きなチャンスが間接的に生まれる可能性がある」と言う。

(10/18 https://www.phocuswire.com/temperature-check-on-crypto-payments-in-travel?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

10. 航空業界、データでパーソナル化の方法重視

消費者データ収集の未来は、「ハイパーパーソナライゼーション」または「匿名パーソナライゼーション」にあるのか? 企業が競合他社のデータを有利に活用するにはどうすればよいのか? これらは、ATPCOが最近開催したElevate 2022カンファレンスの基調パネル「機械学習とAI: 今後10年間のイノベーションが業界の収益にとって何を意味するか」で議論された重要な質問だ。

 

「ハイパー・パーソナライゼーション」とは、「顧客の行動データをリアルタイムで収集し、顧客の要望やニーズに応じて製品、サービス、顧客体験をカスタマイズする」という概念である。

https://martechlab.gaprise.jp/archives/syte/27727/

 

データ プライバシー法と消費者自身のプライバシーに関する懸念に直面している航空会社は、「匿名パーソナライゼーション」を採用するのが賢明だろうと、Sabre Labsのエグゼクティブ サイエンティスト兼リサーチ フェローである Richard Ratliffは述べている。Ratliffによると、このアプローチでは顧客を好みに応じて分類する。「匿名レベルで適切に動作し、データのプライバシーを尊重する、非常に洗練されたシステムを作成できると思う」と彼は言う。

PROSのチーフAIストラテジストであるMichael Wuは、消費者、特にミレニアル世代は、自分たちが受け取る価値がわかっていれば、データを提供することに何の問題もない」と言う。Wuによると、データが高度にパーソナライズされると、航空会社はカスタマイズされたオファーを作成できるようになる。そして「その価値提案を前もって確認することによって、これらの非常にパーソナライズされたオファーを実際に魅力的なものにする方法はあると思う」と言う。Wuは、企業にとってもハイパーパーソナライゼーションの方が簡単だと主張している。「テクノロジーの観点からは、はるかに簡単だ」と言う。

FLYR Labsの製品、収益管理の責任者であるSam Chamberlainは、航空会社から、顧客に関する詳細を望んでいないと聞いていると述べている。たとえば、匿名のパーソナライゼーションは、ショッピングやロイヤルティ ステータスに関する顧客データの収集を可能にする「航空会社にとって嬉しい媒体」であると彼は言う。

モデルの活用

Making use of models

パネリストによると、航空会社は業界全体で共通のデータセットを作成することからも恩恵を受けることができる。

パンデミックの間、PROSは数十の航空会社のデータを集めて共同モデルを構築した。航空会社がデータを提供し、PROSがモデルを介してデータを提供すると、航空会社または企業は生データではなく、出力にアクセスできるようになる。利益の量は異なるかもしれないが、すべての企業はデータを共有することで利益を得る立場にある。Wuによると、PROSでは予測精度が平均8.2%向上した。航空業界全体のデータを比較する場合、結果は「解釈可能で説明可能」である必要があるとRatliffは言う。そして「よく考えれば、航空会社にとっても顧客にとってもより良い状況にたどり着くことができると心から信じている。航空会社はさまざまなことを実験しており、それらが実際に機能しているかどうかを知ることは非常に重要だ。したがって、競合他社の洞察を得ることは・・・非常に重要になるだろう」と付け加える。彼は、モデルを自動的にテストして再調整できる便利なプラットフォームとして、GoogleのVertex AIを挙げている。結果が「ブラック ボックスではなくグラス ボックス」であることを確認することは研究者の責務であり、たとえば「価格設定を実際に考慮せずに収益管理に焦点を当てる」など、1つの側面を孤立して見ないようにすることが重要であり「モデルがより解釈可能であれば、ユーザーはさまざまなコンポーネントをすべて理解しやすくなり、それらをまとめてすべてが調和して機能していることを確認しやすくなる」とRatliffは言う。

Chamberlainは最近、航空祭に出席し、一人のプレゼンターが「十分なデータがあるのでもうデータを送って来ないで欲しい」と述べているのを聞いた。

彼は、「企業が取得したデータから有意義な洞察を抽出し、業界全体で合意し始める時が来た。重要な指標とは何か、そのデータの重要な集計とは何か? 共通の方法でデータをどのように使用するか? そして、多くの異なるデータソースを収集するだけでなく、多くの時間と労力を費やす必要があると思う。これで勝つ人は誰でも、それで成功する人は誰でも、全員が恩恵を受けるウィンウィンのビジネスモデルを本当に必要としていると思う。そして、それは本当の包括的な市場カバレッジを提供する必要がある。市場の90%以上に適用できる必要がある」とChamberlainは言う。データ サイエンス、人工知能、機械学習は、「私たちが行っているすべてのことの基盤を形成している。それが旅行業界、特に価格設定と収益管理の未来を推進するものであると心から信じているからだ」とChamberlainは言う。「航空会社が世界のAmazonのようになりたいと言うのは、ここ数年で少し決まり文句になっている・・・しかし、彼らはよりカスタマイズされた、より洗練されたマーチャンダイザーになろうとしている。そして、さまざまな業界でデータ サイエンスがどのように機能してきたかを見て、そこから学んだことを自分たちの業界に適用し始めることができると思う」と彼は言う。パネリストは、機械学習がアナリストに取って代わることはないと述べている。Amadeusのディレクター兼チーフサイエンティストであるThomas Fiigによると、分析モデルは全体像の90%を描き、機械学習は必要な調整を予測できる。

「モデル化が非常に難しいランダム性がいくつかあるが、それを行うマシンがある」とFiigは言う。

(10/19 https://www.phocuswire.com/future-of-data-collection-for-airline-industry?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

11. イノベーション加速、詐欺の懸念も増加

人工知能 (AI) と機械学習 (ML) の革新的なブレークスルーは、まだ旅行業界を直接混乱させるものではないかもしれないが、これらは今後数年間でサービスの提供方法を劇的に変える可能性のある新しいテクノロジーの1つである。10月3日から5日の3日間のWiTシンガポール2022カンファレンスのイベントでは、消費者が旅行を計画するためのよりスマートな方法について議論され、デジタル領域における詐欺の懸念が高まっていることが指摘された。オンライン旅行代理店Wegoの最高経営責任者兼共同創設者であるRoss Veitchは、直線的な成長を見つけるのは簡単であるが、AIやMLなどの分野での指数関数的な成長を予測するのは難しいと述べている。彼は、コンピューテーショナル アートの急速な発展を指摘し、そこではAIの創造物が独創的なアイデアで人々を驚かせてきた。クラウド コンピューティング サービスによっても大きな変化がもたらされるだろう。クラウド コンピューティング サービスには現在AIなどのツールが付属しているため、小規模な企業は競争のためにイノベーション パイプライン全体を構築する必要はないとVeitchは言う。2030年までに、多くの製品が個々の消費者向けにパーソナライズされ、自動化された会話エージェントがAIを使用して音声を認識し、合成された人間の声で即座に応答するようになると彼は付け加える。大規模な開発チームが作成するのに数か月から数年もかかっていたITツールの「民主化」は、競争に慣れている旅行部門のイノベーションを加速させるだろう、と講演者たちは言う。これは、消費者が常に恐れてきた不要な摩擦のない新しい体験を求めているパンデミック後の世界では特に重要だ。Spotnanaの戦略およびパートナーシップ担当副社長であるJohnny Thorsenは、将来のデジタル システムの多くは、コーディングを容易にする既製のツールによってますます作成されるようになると述べている。今日、電子商取引サイトを世界中のさまざまな支払いシステムに接続するために必要なのは、「6行のコード」だけだ。同時に、ますますインテリジェントなシステムにより、計画から承認までの法人旅行の管理が合理化されるため、手作業による入力が少なくなる、とThorsenは言う。「誰かが手動で入力するたびに、エラーが発生する可能性があり、それは時間の無駄となる」と彼は言う。支払いは、急速に発展しているもう1つの分野であると彼は指摘する。たとえば、ブロックチェーン技術によって実現されたスマート コントラクトは、人々が事前に設定された価格で、何の介入もなしに自動的にチケットを購入して支払うことを可能にする可能性がある。フィンテックも決済の大きな原動力の1つであり、オンライン旅行代理店は、顧客がよりシームレスに支払いを行えるようにする新しい方法を模索している。たとえば、Travelokaでは、インドネシアではクレジット カードの普及率が低いため、インドネシアの顧客ベースの大部分は銀行振込で支払う。インドネシアに本拠を置く同社の最高執行責任者であるAlfan Hendroによると、現在、BNPL (buy-now-pay-later) オプションが顧客の方程式に入ってきており、これを使用して、より長い予約期間を視野に入れてチケットを早期にロックすることができる。「BNPLはインドネシアでクレジットカードを追い越すかもしれない」と彼は言う。支払いは、支払いを管理するために別の金融サービスを設定しているライバルのBooking.comの大きな議題でもある。Booking.coのTrips部門のシニア バイス プレジデント代理であるMatthias Schmidは、世界中の規制の枠組みがより厳しくなる中で、これは世界規模で安全かつ確実な方法で支払いを提供するのに役立っていると述べている。確かに、デジタル化のマイナス面の1つは、パッケージの一部としてもたらされる詐欺の亡霊である。パネリストたちは、旅行業界はますますリスクを管理するためのより良い方法を見つける必要があると述べている。T2Impactのプリンシパル、Timothy O'Neil-Dunneは、今後の1つの方法として、ソブリン デジタルIDの使用が考えられると述べている。そうすることで、消費者は、オンラインで取引を行う際に、自分が誰であるかをサービスプロバイダーにデジタルで証明できるようになる。たとえば、米国政府は、推定456億ドルの不正なCOVID-19失業保険請求に直面していると彼は指摘する。言い換えれば、詐欺との戦いは、デジタル化を通じてより便利で持続可能でやりがいのある旅行体験を作成しようとしている旅行会社にとって、常に懸念事項となるだろう。良いニュースは、国境が再び開かれた今、より多くの人々が旅行することが期待されており、彼らは新しい経験を求めているという。Expedia Groupのグローバル航空パートナーシップ担当バイスプレジデントであるJulie Kyseは、次のように述べている。「私たちはそれを見逃していた・・・旅行の本質である」Trip.comの国際線事業担当アソシエイト バイス プレジデントであるOoi Chee Teongは、いつの日か、これは単に国境を越える以上のことを意味する可能性があると述べている。彼は、人々が今日空を飛んでいるのと同じように、最終的には宇宙に旅行することを思い描いている。「将来、宇宙はもはや夢ではない」と言う。

(10/19 https://www.phocuswire.com/pace-of-innovation-pick-up-in-travel-fraud-worries-grow?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

12. ブッキング、気候変動でChoooseと提携

Booking.comは、旅行者の旅行選択による環境への影響に対する意識を高めるため、気候変動対策企業のChoooseと提携している。ノルウェーを拠点とする Choooseは、旅行予約サイトに統合可能なデジタルツールを構築し、航空券や宿泊施設、地上交通機関の二酸化炭素排出量を自動的に計算し、二酸化炭素の影響を最小限に抑えるための解決策を提案している。7月にAmadeus VenturesがChoooseに非公開の金額で投資している。Booking.comとの提携では、Choooseはオンライン旅行会社が同プラットフォームでの予約に関連する二酸化炭素排出量について、透明で信頼できる情報を提供する方法を決定するのを支援しする。次に、両社は予約フローにカーボンオフセットのオプションを追加するために協力する予定である。「旅行者の半数が、気候変動に関する最近のニュースに影響されて、より持続可能な旅行を選択するようになったと回答しており、旅行者が旅行の二酸化炭素排出量に関して、より多くの情報に基づいた決定を行えるようサポートすることは、当社にとって最優先事項だ」と Booking.comのサステナビリティ責任者Danielle D'Silvaは、「Choooseと協力することで、より透明性の高い情報を提供し、信頼できる気候変動プロジェクトを通じて、旅行者がより配慮された旅行決定を下すための別の方法を提供することができる」と彼は述べている。ChoooseのCEOであるAndreas Slettvollは言います。「Booking.comの最近の調査によると、世界の旅行者の5人に4人以上にとって持続可能な旅行が重要であり、50%が気候変動に関する最近のニュースの影響を受けて、より持続可能な旅行の決断をしたいと言っている。しかし、多くの人が、どこから、どのように始めたらよいのか、まだよく分かっていないのが現状だ。そのためBooking.comと提携することで、世界中の人々が二酸化炭素排出量に関する情報にアクセスしやすくなり、最終的に行動に移せるようになることを誇りに思っている。このパートナーシップにより、私たちは持続可能な意思をより具体的な持続可能な行動に移すことができる」と述べている。

Booking.comは2021年11月に「Travel Sustainable」プログラムを開始し、まずは指定のサステナビリティ基準を満たした施設にバッジを付与している。また、このOTAは2019年にDuke of Sussexが設立した旅行ブランドの非営利団体「Travalyst coalition」の一員でもある。4月に同連合は、旅行ブランドが一貫性があり消費者が理解しやすい方法でフライト排出量データを収集し表示する際の指針となるフレームワークを発表した。「Travalystの創立パートナーとして、私たちは、旅行者に炭素影響を含む一貫した標準化された情報を提供し、旅行者が情報に基づき、できればより配慮した旅行を決定できるようにするというビジョンを完全に共有している。Choooseと共同でフライトの排出量を表示する計画を進めるにあたり、Travalyst連合で開発・承認された同じ航空業界のフレームワークを絶対に使用する」とD'Silvaは述べている。

(10/20 https://www.phocuswire.com/booking-com-partners-chooose-boost-traveler-awareness-climate-impacts?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B# )

13. 航空旅行体験のデジタル化

パンデミックによってデジタル化が加速し、旅行会社に対する消費者の期待が高まる中、Lufthansa Groupは顧客体験に重点を置いた部門を設立するという夢を実現することを決定した。2022年の初めに数か月にわたる分析を行った後、Digital Hangerは夏に誕生し、現在は今後12か月で約300人の人材を募集することを目標としている。なぜ今なのか、何をするのかだけでなく、どのように機能し測定されるのか?このイニシアチブの開始により多くの疑問が生じている。Digital Hangarのマネージング ディレクターであるOliver Schmittにとって、顧客の期待の高まりと、2年以上にわたるパンデミックの後、同社が「技術モードに入る力を持っている」という感覚から、今が適切な時期であるという。「この危機の中で、デジタル製品に対する顧客の需要がどれだけ加速したかを目の当たりにした。私たちはデジタルでリードしていたと思うが、私たちでさえ時々遅すぎると感じた。現在、ドットコムでの予約はこれまで以上に多く、直接予約やオンライン予約が多くなっている。コールセンターよりもチャットボットでより多くのセルフサービス取引が行われた日さえあった」と彼は言う。そして、乗客のデジタル エクスペリエンスを改善して、結果を迅速に得ることが重要であると付け加える。デジタル流通の上級副社長でもあるSchmittは、さまざまな顧客のデジタルタッチポイントをカバーする「バリューストリーム」と呼ばれるものに取り組むために、会社の全ての部門の人々が割り当てられると述べている。彼はそれを「ほとんどムーブメント(almost a movement)」と表現し、時間をかけてカスタマージャーニーのより多くの領域を取り込んでいくとしている。これを行うための別のユニットを確立することは、従業員をプロセスの中心に置き、日常業務を中断することなく機敏に作業することを意味する。「デジタル全般を見ると、成功しているプレーヤーとそうでないプレーヤーが分かる。できることは2つある。それは、会社全体をアジャイルに移行することである。これは航空会社には当てはまらない。なぜなら、航空会社には反復的で運用が必要なプロセスがたくさんあるからだ。または、運用の一部をアジャイルに移行することもできるが、アジャイル化しないと他の組織と連動できなくなるので、ある程度の境界線を設ける必要がある。

フレームを指定する必要があるので、YES、[Digital Hanger] という会社があるが、すべての人がその会社で働くわけではない。それはエコシステムであり、グループの人々がそこで働き、システムの人々がそこで働く。最も重要なことは、それにフレーミング(framing)を与えることである。そうしなければ、それに使命や働き方を与えることはできず、人々の考えを変えることはできない。最終的には、それがデジタル変革の最も成功した部分である」とSchmittは言う。同社はまた、既存のLufthansa Innovation Hub (LIH) 内にこのユニットを建設しないことを決定した。Schmittによると、「実際には、それらは似ているというよりは異なっている」からである。彼は、LIHは飛行を超えたイノベーションに関するものであるのに対し、Digital Hangerはコア ビジネスに関するものであり、ウェブサイト、アプリ、コール センターなどをカバーしていると付け加えている。

現在、Digital Hangerには、顧客の予約やサービス、セルフサービス エクスペリエンスなど、さまざまな分野を検討しているチームがある。Schmittは、航空会社が受ける電話のほとんどは、デジタル セルフサービスを使用して回避できると述べている。「人々にセルフサービスを強制するという意味ではないが、コールセンター以外のオプションを提供する」と述べている。

2番目のチームは、空港でのエクスペリエンスと、混乱時でも空港をよりシームレスにする方法を検討している。「これは来年の夏に向けて非常に重要である。これは、フライトが中断された場合にホテルのバウチャーを提供したり、フライトまでに必要な時間を教えてくれたり、セキュリティ レーンでの待ち時間を知らせたりして、旅行体験に革命をもたらすアプリに関するものである」と言う。

顧客を知る

Knowing your customers

Lufthansa Groupは、顧客体験と収益を改善するための重要なプロジェクトを実施している唯一の企業ではない。最近のAmadeus Altitude 22航空会社エグゼクティブ イベントで、FinnairとAmerican Airlinesを含む航空会社は、デジタル ソリューションへの投資の重要性と、オファーと注文の管理による最新の小売環境へのより広範な移行について話し合った。運賃申請やPNRなどの現在のプロセスからオファーやオーダーへの移行に関するセッションで、Finnairのカスタマー エンゲージメント担当シニア バイス プレジデントであるRogier Van Enkは、アプリへの投資について触れている。「私たちは多額の投資を行っており、今後も投資を加速していく。私たちは、アプリを旅行のコンパニオンからセルフサービスおよびロイヤルティ プラットフォームに変換したいと考えている。ステータスがあり、セルフサービスを強化したいと考えている。また、継続的な顧客エンゲージメントと定着率の向上にも注力したいと考えている」と彼は言う。

American航空のマネージング ディレクター、レベニュー マネジメントのMarcial Lappは、航空会社が直面している最大の課題の1つは、顧客について十分に理解していないことだと述べている。「私たちはオファーを市場、在庫、価格設定にプッシュし、誰かに代わってそれを組み立ててもらう。つまり、他のデジタルプラットフォームほど顧客とやり取りすることができないので、問題はそれをどのように変えるかだ」と言う。彼は、顧客はほとんどのデジタル プラットフォームにサインインする必要があるが、航空会社のプラットフォームにはサインインしないと付け加えている。「他のアプリでは、アカウントを作らず、ログインもせず、多くの情報を共有するようなことがある。なぜ、私たちのビジネスは違うのか?そうであってはならない。過去に私たちは、顧客喪失のリスクを懸念し、それに触れたくない、リスクが高すぎると考えていた。つまり、私が考える方法は、それはオファーやオーダー管理だけではないということだ。私たちがやろうとしていることは、より顧客中心であることである。それは、私たちが常に真実だと信じてきたことについて、私たち自身の信念に挑戦することから始まる」とLappは言う。イベントに集まった航空会社は、直面している課題を重要度順にランク付けするよう求められた。上位2つは顧客中心主義とシームレスなサービスであった。Lappは、顧客がオンラインでチェックインできず、その理由についての情報が提供されていないなどの単純なことを挙げて、調査結果に驚いていないと述べている。「サービスになんらかの混乱が生じた場合、多くの顧客はアプリを持っているかもしれないし、持っていないかもしれないし、連絡先の詳細を教えてくれたかもしれないし、教えてくれないかもしれない ― デジタル タッチポイントを持っていないのだ」と彼は言う。

「私たちが必要とするのは、ハブの1つを通過する嵐のためのシステムだけだ。大規模なスケジュールの混乱が発生し、先に進んで乗客を再収容し、次のフライトに乗せるツールを持っていなければどうなるのだろうか ― 100人のサービス ライン立っている顧客は、新しいフライトで再調整され、このようなテックを持っていなかったために再予約されたフライトに乗り遅れる事になる。だから、私が提唱しているのは、顧客の教育も含むデジタル タッチ ポイントである」

*レポーターのAltitude22への出席は、Amadeusの支援によるものである。

(10/20 https://www.phocuswire.com/lufthansa-digital-hangar-airline-customer-experience?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

14. 目的地のDEI旅行者の体験支援

2 年余りの間、閉鎖と制限により、地球上の大多数の人々が旅行にアクセスできなくなった。制限はほとんど過去のものとなり、旅行者は世界中を自由に移動できるようになった今、人々はインスピレーション、リラクゼーション、そして何か新しいことを体験する機会を求めて、再び旅行に目を向けている。

言うまでもなく、こうした機会は、人種、性自認、性的指向に関係なく、すべての人に提供されるべきである。私は旅行業界に15年以上携わっている。この分野の専門家であると言う人もいる。シスジェンダーの異性愛者の白人男性として、私は特定の目的地に旅行するときに他の人が持つハードルや偏見を経験したことがないことを痛感している。しかし、私は旅行が人々を結びつけ、隔たりを橋渡しする方法を直接見てきた。他の人にも同じ経験をしてもらいたい。旅行業界のリーダーとして、すべての旅行者が快適に過ごせるようにすることが私の義務であると感じている。目的地のマーケティング組織と協力して、目的地が多様な旅行者にとって安全で居心地の良い包括的な空間をどのように作成できるかを学んだ。旅行マーケターがそのビジョンをサポートできる方法をいくつか紹介する。

旅行者は自分の価値を購入する

Travelers will shop values

他の商品と同様に、旅行者は「自分の価値を購入」している。彼らは、安全で歓迎されていると感じられる、包括的でアクセスしやすい目的地を望んでいる。Accentureの最近の調査によると、旅行者の約5人に3人が、旅行会社に同様のダイバーシティとインクルージョンの価値観を共有してもらいたいと考えている。LGBTQ+や少数民族が対応したところ、その数は旅行者の4人に3人近くまで増加した。今日の市場では、旅行者はもはや自分の信念に妥協することを望んでいない。つまり、目的地は、適切な評判を築き、旅行の予約を獲得するために、多様性と包括性を優先する必要がある。

目的地を包括的にするものは何か?

What makes destination inclusive?

多様性と包括性は、マーケティングをはるかに超えている。それは生き方であり、目的地のマーケティング担当者が発信しているメッセージと、どのような目的地になりたいかについて考える必要がある信念体系である。目的地と引き付けたい旅行者の両方の支持者になる必要がある。支持者は人種や性別だけではない。

また、車椅子で移動できる場所や自閉症の人がアクセスできる場所や安全な場所を作り、すべての旅行者の多様なニーズに対応する能力も含まれる。何よりも、本物であることが重要だ。このレベルの気概、汗、情熱は、空虚なキャッチフレーズをはるかに超えている。旅行者は、実体のない口説き文句を見抜くだろう。

本物であるための最善の方法の1つは、オープンマインドな会話をして、包括的な目的地を探している旅行者から学ぶことである。思い込みをしたり、旅行者を限定したりするのではなく、黒人、ラテン系、アジア人、LBGTQ+の旅行者と直接話し、彼らが本当に求めているものを見つけ出し、彼らが誰であるかを受け入れて欲しい。どこにいても旅行者は同じことを望んでいる。仲間に囲まれ、安全で、偏見なく自由に探検できると感じたいのだ。

どの目的地が成功しているか?

Which destinations are succeeding?

多くの目的地は、あらゆるバックグランドを持つ旅行者が安全で受け入れられていると感じられるように熱心に取り組んでいる。ニューヨーク市のWebサイトには、The Black Experienceからハラール対応のオプションやAAPIリーダーまで、すべての旅行者向けのオプションが豊富に用意されている。

ボストンは最近、オールインクルーシブキャンペーンを開始し、ボストンの文化的多様性についての洞察を提供し、旅行者が街中のアクセシビリティの選択肢を理解できるように支援している。今年、クリーブランドはジューンティーンスを記念してフリーダム フェストを祝ったが、ボルチモアはその多様な人たちを祝い続けている。目的地に関係なく、さまざまな背景を持つ旅行者を歓迎しながら、多様な人々や伝統を紹介する素晴らしい方法がたくさんある。

あなたの旅を始めよう

Get started your journey

最善を尽くし、最も包括的な足を踏み入れるための最善の方法は何か?

まず、目的地にどの旅行者が来るかを調べる。さまざまな旅行者が目的地を訪れる可能性が高いため、彼らが誰で、何を望んでいるのかを調べ、対応し、刺激を与える方法を見つけて欲しい。たとえば、LGBTQ+の旅行者を引き付けている場合は、LGBTQ+に優しいイベントを開催することができる。これにより、旅行者が自然に戻ってきて、新しい旅行者を引き付けることができる。これを行う最善の方法は、団結することだ。多様性を受け入れることは集合的な取り組みであるため、目的地のホテル、レストラン、アトラクションと協力して、旅行者がどこに行っても同じ包括的な体験ができるようにする。旅行者を知り、協力することに加えて、適切なツールキットを用意することが重要である。たとえば、Destinations Internationalは目的地向けのダイバーシティとインクルージョンのツールキットを作成している。このWebサイトは目的地の顔であり、ツールキットの大部分を占めるため、定期的にコンテンツを確認して欲しい。包括的言語を使用しているか? 旅行者は訪問時に安全で快適に感じるだろうか?私は、人々を結びつけ、私たちが皆同じであることを認識できるようにする業界の一員であることを誇りに思っている。旅行は、無知と判断の壁を打破するための最良の武器である。ダイバーシティとインクルージョンを促進し、すべての人々が旅行にアクセスできるようにするために、目的地のマーケティング担当者が率先して取り組んでいるのを目の当たりにすることは、私たちにインスピレーションを与える。包括的で安全な環境を作り出すことで、DMOは旅行者が私たちの住んでいる世界を探索できるようにするための主導権を握っている。

著者:Richard BlackはSojernの目的地担当副社長。

(10/21 https://www.phocuswire.com/how-destinations-can-help-travelers-live-their-value?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

15. 10月17日の資金調達関連記事

  • eVTOL韓国 Plana

韓国のPlana社は、ハイブリッド電気垂直離着陸機(eVTOL)の開発のため、830万ドルを調達した。Planaの最高製品責任者であるJinmo Leeによると、今回のプレシリーズA資金は、Schmidt、DSC Investment、Shinhan Asset Management、FuturePlay、Dt&Investment、韓国産業銀行、Kibo Technology Fund、Xenoholdings Asiaから調達されたとのことである。

2021年に設立されたこのスタートアップは、この資金を使って「2023年までにハーフスケールの技術実証機を開発し」、2024年初頭に初飛行を開始する予定だとLeeは言う。このハーフスケールモデルは、2023年に韓国の国土交通省が主催する「韓国グランドチャレンジ実証プロジェクト」にも展開される予定です」と、Leeは付け加えている。同社は、最大350マイルの距離を安全かつ安価に移動できる自律型航空機を作ることが目標だとしている。また、Planaは米国に事務所を開設する予定。自律走行型エアタクシーの構築には、「数々の試行錯誤を乗り越える勇気と、社内外の激しい競争に耐える意志が必要」とPlanaは言う。電気飛行機メーカーのJoby AviationとSkyports Infrastructureは、「Living Lab」と呼ばれる可動式の旅客ターミナルを開発中で、そこで顧客が垂直飛行を体験する方法を形作るための技術や手順をテストする予定。ユナイテッド航空は、Eve Air Mobilityに1500万ドルを投資し、同社のeVTOL航空機を最大400機購入する契約を結んでいる。

(10/17 https://www.phocuswire.com/plana-lands-funding-for-autonomous-electric-air-taxis?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • 公共交通 CitySwift

公共交通機関向けのデータと人工知能のスペシャリストであるCitySwiftは、500 万ユーロの資金を調達した。シリーズAへの投資により、アイルランドを拠点とするCitySwiftの総資金は850万ユーロになる。

このラウンドはAct Venture Capitalが主導し、元CarTrawler CEOのMike McGeartyやEnterprise Irelandなどの既存の投資家も参加した。

声明によると、この調達資金は公共交通機関が燃料の値上げ、運転手不足、資金調達の不確実性といった課題に対処するのを支援するために使われる予定である。CitySwift はまた、バスの時刻表を作成し、需要と頻度を一致させるのに役立つEvolveや、運送会社全体の問題点を強調するのに役立つダッシュボードを提供する Discover など、多くの新製品を発表した。2016年に設立された同社は、この製品は輸送による世界的な排出量を削減し、公共交通機関ネットワークをサポートして、自家用車の使用よりも公共交通機関を選択する人々をより多く引き付けるという同社のビジョンを実現するのに役立つと述べている。同社は現在、ヨーロッパ、米国、中東を含む多くの地域に拡大している。

(10/18 https://www.phocuswire.com/cityswift-raises-5m-for-public-transport-data-ai?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • 香港レンタカープラット QEEQ

香港を拠点とし、200か国以上で予約を提供するレンタカー プラットフォームであるQEEQは、Alibaba Groupのオンライン旅行プラットフォームであるFliggyから投資を受けた。QEEQは、この投資を「数千万米ドル」と説明しているが、金額は特定していない。QEEQによると、今回の資金調達は、「国際的なレンタカー会社のデジタル化を促進し、『レンタカー プラス』モデルの開発を検討する」ための2つの企業間のパートナーシップの一環であるとのことである。航空券、ホテル、ビザサービス、目的地での体験を提供するフルサービスプラットフォームであるFliggyも、旅行業界のプレーヤーがデジタル化を改善するのを支援すると同時に、Fliggyの顧客により良い体験を提供するのを支援する戦略の一環として投資を行ったと言う。2021年、QEEQはメンバーシップ プログラムを開始し、現在250万人以上のメンバーがいる。「今回の資金調達ラウンドは、QEEQがそのグローバル ビジネスを深めるのに役立つ。旅行をより簡単にするというブランドの使命を守ることにより、QEEQは独自のサービスとイノベーションで世界中のユーザーにリーチし、パートナーと共に世界の旅行業界のエコロジカル チェーンを強化し、ユーザーに新しい旅行体験を提供し続け、なるよう努めている。世界クラスの旅行プラットフォームである」とQEEQのCEO Ben LEE言いう。

(10/18 https://www.phocuswire.com/qeeq-car-rental-gets-investment-from-alibaba-owned-fliggy?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • バーケーションレンタル Holidu

ドイツに拠点を置くバケーションレンタル検索エンジンのHoliduが、1億ユーロの資金調達ラウンドを終了した。このシリーズE投資は83Northが主導し、Northzone、HV Capital、Vintage Investment Partners、Commonfund Capitalおよび既存の投資家も参加している。このラウンドには、Claret CapitalとSilicon Valley Bankからの2,500万ユーロのベンチャー債権が含まれている。2014年に設立されたHoliduは、バケーションレンタルの予約プラットフォームだけでなく、Bookiplyソリューションを通じてホスト向けの技術も提供している。同社によると、同社の予約プラットフォームには過去12カ月で1億1000万人以上の訪問者があり、Bookiplyが管理する家の数は5000軒から約2万軒に増加し、Bookiplyの収益は13倍になったとのことである。Holiduは、今回の投資により、現地オフィスの開設、既存市場での事業拡大、プラットフォームへの投資が可能になると述べている。Holiduは、2019年にシリーズCラウンドで4000万ユーロ、2021年にシリーズDファイナンスでさらに4500万ユーロを調達しています。同社は現在、ドイツ、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、ギリシャにオフィスを構えている。

(10/19 https://www.phocuswire.com/holidu-series-e-100m?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • 短期レンタルソリューション Safely

アトランタに拠点を置くSafelyは、短期賃貸住宅向けの保険とゲスト審査ソリューションの成長を加速させるため、ベンチャー投資と債権で1200万ドルを調達した。このラウンドはLAGO Innovation Fundが主導し、Highgate Technology Ventures、Greenlight Re Innovations、その他の既存投資家が参加した。2013年に設立されたSafelyは、個人の住宅所有者やプロの不動産管理者向けに保険を提供しています。Safelyは複数の不動産管理システムと統合しており、物件や賠償責任の補償が予約に組み込まれるようになっている。また、宿泊者の名前、生年月日、住所から身元調査を行い、「リスクスコア」を割り出すことで、住宅所有者や不動産管理者がどの予約を確認すべきかを判断できるようにしている。同社によると、200万泊以上のデータを蓄積し、短期賃貸市場や幅広いシェアリングエコノミーにおけるリスク要因を幅広く把握することができたと言う。AirbnbやVrboなどのプラットフォームはホスト向けの保険を提供しているが、Safelyのウェブサイトによると、彼らが提供する補償はSafelyのもののような包括的なものではない。

10/19 https://www.phocuswire.com/safely-raises-12-million-to-expand-short-term-rental-insurance-solutions?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • ブロックチェーンホテル販売 Pinktata

ブロックチェーン ベースのホテル マーケットプレイスであるPinktadaは、拡大を促進するために975,000ドルの投資ラウンドを完了した。Selenean Capitalと“一連の富裕層の投資家”がこのラウンドに参加し、これまでにPinktadaに200万ドルを投資したTrue Global Ventures 4 PlusとNew York Angels投資グループのメンバー数名が参加したとこのスタートアップは述べている。2020年に設立されたヒューストンを拠点とするPinktadaは、トークン化に基づいて設計された、ホテルの部屋のメンバーシップ ベースのプライマリおよびセカンダリ マーケットだ。そのオンライン市場では、旅行者は特定の部屋を予約し、計画が変更された場合に予約を交換または販売できる。Pinktadaでは、旅行者が予約前に3Dで部屋や設備を探索することもできる。プロパティの属性を紹介する機能に加えて、ホテルは前払いを受け取り、アップグレードおよびアップセル機能から追加の収益を得ることができる。

Pinktadaのチーフ ホスピタリティ オフィサーであるMark Gordonは「Pinktadaは5月にハワイとドミニカ共和国に物件を開設し、その後メキシコ、ニューヨーク、マイアミ、サンフランシスコに洗練されたホテルを追加し、さらに18のホテルをオンボーディング中である。しかし、より重要なのは、ホテル業界をリードするパートナーの能力である」と言う。Pinktadaによると、マーケットプレイスでのホテル供給の増加により、今年の8月には20%、9月には40%の会員数の増加が見られた。この資金により、Pinktadaはマーケティング活動を促進し、技術に投資する予定である。

(10/20 https://www.phocuswire.com/pinktada-lands-975-k-for-blockchain-based-hotel-marketplace?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 

  • ホスピタリティテック Breezeway

ボストンを拠点とするホスピタリティ テクノロジー企業のBreezewayは、運用管理ツールとゲスト エクスペリエンス プラットフォームをさらに開発するために、1,500万ドルの資金を確保した。Catalyst Investorsがこのラウンドをリードし、2020年8月にBreezewayの800万ドルのシリーズAラウンドをリードした既存の投資家であるSchooner Capitalが参加した。

2017年に設立されたBreezewayは、バケーション レンタルのホストやホスピタリティ マネージャーが、清掃や準備などのタスクを自動化することで、施設全体の品質、安全性、清潔さを維持できるよう支援している。同社によると、Breezewayのソフトウェアとモバイル アプリは、1,800万件以上のプロパティ サービス タスクを促進し、オペレーターが基準に合わせて準備された家で予約された 5,500万泊以上を提供するのに役立った。

Breezewayの資金調達は、ホスピタリティ テクノロジー分野での最近の活動が相次ぐ中で行われた。ちょうど今週、バルセロナを拠点とするAmenitizがeラーニング プロバイダーのOdodoを買収し、GuestlineがNewbridge Softwareを買収し、ドイツを拠点とするHoliduが1億ユーロの資金調達ラウンドを完了した。先月、Guestyはスペインに本拠を置くバケーション レンタル ソフトウェア会社Kigoとオーストラリアの不動産管理ソフトウェア会社HiRUM Software Solutionsを買収し、8月にはヨーロッパのトラベル テック スタートアップShackleが550万ドルのシード資金調達を発表した。

(10/21 https://www.phocuswire.com/breezeway-raises-15-million-for-property-care-and-guest-platform?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

印刷用ファイル

bottom of page