top of page

海外事情 2022年  12月 5日号

「6. 自律運転自動車、旅行が注意する12の理由」が、今後10年の間に、自動車産業は航空便の必要性をなくすことにもっと挑戦していくだろうと予想する。

また。自律運転自動車がホテルまで旅行者を運んでくれるので、ホテルの立地は現在ほど重要でなくなると予想する。ホテルは自律走行車を利用して、ブランド体験を街中に広げることができると言う。自律走行車が可能にする新しい体験(エクスペリエンス)は、今日の乗り合いツアーバスと同等か、それ以上の顧客体験を低価格で提供する。小売業者とオンライン旅行代理店は、どのようなビジネスモデルでこの無料体験を促進できるのだろうかと問う。観光業界をひっくり返す可能性が高いと言っている。

 

「12. 業界が再考すべき旅行者エクスペリエンス」が、今日、旅行者は、どこに行きたいかではなく、何をしたいかに基づいて旅行を決定している。以前は太陽、海、砂を求めていたが、今では「静けさ、精神性、持続可能性」を求めている。業界は顧客が異なることを理解する必要があるため、オファーも異なるものにする必要があると述べている。

 

こんな記事に接していると、いよいよトラベル3.0が始まりつつあるようだ。

トラベル1.0は、トーマスクックの設立(1841年)からOTAの登場(2000年ごろ)。それからメタサーチやエアービーが誕生(2008年)して、旅行のオンライン販売が世界で全ての旅行販売の50%を超えた現在までを2.0。そして、ブロックチェーンのテクノロジー、あるいは自律運転自動車の商業ベースの実用化するであろう今後10年を経た2030~35年ごろから、3.0に突入すると言うのだろうか?

(編集人)

目 次

1. 連載小説「XYZ・コム」七里ヶ浜(その3)(第22話)

2. カヤックのハフナー、新興企業やテックなどの良い面と悪い面 語る    閲覧第3位

3. VIDEO: ホスピタリティー成功の重要トレンド

4. 旅行と決済プロセス、ハイブリッド世界でオーバーホール必要

5. レビュー分析、ホテル宿泊客満足度低下を指摘

6. 自律運転自動車、旅行が注意する12の理由                                      閲覧第5位

7. 学生、ヒルトンとアドビの旅行予約再構築コンテスに挑戦

8. 国際旅行観光連盟、旅行産業の観光インパクト減少と指摘

9. エアビー、フレンドリーアパートメントでレンターをホストに

10. エクスペディアCEO語る                                                              閲覧第4位

11. DXを動かすバーチャルカードの4方法

12. 業界が再考すべき旅行者エクスペリエンス                                      閲覧第1位

13. スナップチャット、メタ、SNSの旅行利用語る                                閲覧第2位

14. 11月28日の週の資金調達記事

1. 連載小説「XYZ・コム」七里ヶ浜(その3)(第22話)

Hが最初に乗ったバイクは、650ccのカワサキダブワンだった。「W1」の機種名から「ダブワン」と呼ばれている、ライダーの間では頗る人気が高い名車だ。川崎重工の子会社であるカワサキモータースが製造販売しているWシリーズは、1966年の初代のW1から現在のW800まで、60年近くも製造発売が続いている。

このダブワンは、カラーは赤のW1F型1971年製だ。直列2気筒4ストローク空冷エンジンを据え、エンジンの始動はキックスターターによる。独特な形状のクランクケースを備え、マフラーは今では騒音と排ガス規制で許されない直管型で、音と振動がマニアには堪らない魅力を醸し出す。タイヤはスポークホイール、フロントホイールは19インチ、前輪後輪ともケーブル式ドラムブレーキとなっている。中古バイク市場のネットオークションでは150万円の値がつくアンティークバイクだ。この車は、友人であるN君の父の極東航空キャプテンが購入、それがN君に名義変更され、それからHが譲り受けたヒストリーを持つ。

 

 

 

 

 

 

このダブワンで、Hは色々な面白い経験をしている。

ある時、娘の1人を後ろに乗せて江ノ島までチョイ乗りしたことがある。バイクを停めて岸壁に登って海を眺めに行って、間も無くして帰ってきてみたら、若いライダーたちが、駐車場の地べたに車座に座り込んで、皆で我が愛車を眺めていた。衆人環視の中で、娘と2人で照れ臭そうにバイクに跨ると、車座の人たちは一斉に立ち上がって拍手した。それくらいインパクトが強いバイクなのだ。

 

またある時、江ノ島大橋のたもとで、警察官に止められた。

「どこに行くの?仕事の帰り?」と聞く。

「えっ・・・・、は、はいそうです」

その警官は、江ノ島の護岸工事現場で働いている労働者と勘違いしている。

「被っているメットは違反だよ。」

Hは、工事現場用のヘルメットを被っていた。

「ドカヘル(土方用のヘルメット)は駄目だよ。今度から気をつけて。」

と言っただけで、警官にありがちな態度を微塵に見せずに、何故か違反切符を切らなかった。

 

こんな経験もした。

茅ヶ崎から江ノ島にかけての1号線は、昔は片側1車線で大渋滞がひっきりなしだった。茅ヶ崎で車の渋滞を避けて道路脇を走り抜けていたら、突然、パンチパーマの若い兄さんに停められた。

「よう、江ノ島まで乗せて行ってよ」と言う。

「メット無しは違反です。乗せられない」

「分かってる、分かってるッて。責任は全部俺が持ってやッから。何しろ急いでいるンだ」と言ッて、強引に後ろの座席にサッと素早く飛び乗った。

仕方がないので、結局、江ノ島まで乗せてやることにした。

ところがこの兄さんはズブの素人で、バイクの後部座席の乗り方を全く心得ていなかった。バイクが動き出すと、振り落とされないようにするために、両手で持って痛くなるほどHのズボンのベルトを異常な強さで握りしめた。

幸にも、短い数キロの道中であったこともあってか、警官には出くわすことがなかった。後で考えてみれば、責任を取ると言われても出来ない相談だ。交通違反はドライバーにつくからだ。

 

Hは、夏の土日のどちらかは、天気が良ければ必ずと言って良いほど毎回、箱根の芦ノ湖までのツーリングを楽しんだ。

その頃の週末は、自分が住んでいる木造住宅の外壁交換で忙しく、貴重な時間をまったく無駄にできない。Hは日の出と同時にバイクを駆って家を出る。134号線で大磯、それから湘南バイパスを使って小田原を通過し、小田急電鉄の箱根湯本駅の駅前を通り過ぎて、国道1号線で芦ノ湖まで一気に駆け上がる。七里ヶ浜の自宅から、全長およそ60キロ、高低差874メートル(国道1号線、箱根町芦の湯付近の最高高度)のルートとなる

 

小田原から芦ノ湖へは、国道1号線、旧街道(県道732号線)、箱根新道(国道1号線バイパス線)、観光有料道路ターンパイクの4つのルートがある。Hは、主に国道1号線を使う。旧街道は、江戸時代後期(1802~1809)のベストセラー、十返舎一九の東海道中膝栗毛の弥次郎兵衛と喜多八がお伊勢参りで歩いた昔の東海道と、ところどころで並走する。九十九折りの180度近いヘアピンカーブが数カ所もあり、コーナリングのテクニックがある程度必要なバイクにとっては難路である。そのこともあってか、走り屋たちが深いバンク角で高速で走り抜けるライディングテクニックを競い合うメッカとなっていた。急カーブの脇々には、多数の若いライダーたちの集団がすずなりになって、まるでオートレースの観客みたいに、走り屋のスピードバンクの競演を見学していた。Hは偶々ここの連続する急なカーブをノロノロとおっかなびっくりで走ったことがあり、観客の顰蹙を厭というほど買って、えらく恥ずかしい思いをしたことを覚えている。それから間も無くして、危険極まりないこの競演ごっこは、550cc未満の中型二輪車の走行を規制することによって禁止されている。

 

国道1号線は、道路幅は広いといえども片側1車線でカーブも多く、ある程度、ライディングテクニックが必要となる。特に登坂の場合は、エンジンを適度に吹かしてコーナリングしなければならない。また下りは下りで、頻繁なブレーキングによる加熱を防ぐために、エンジンブレーキを何度もかける必要がある。

Hは、一度、ここを妻のC子とタンデム走行したことがある。リーンウィズ、つまりバイクとライダーが人馬一体となってバンクして(車を傾けて)コーナリングしなければならないのであるが・・・、慣れていないC子は怖がって、カーブが来るたびに、リーンウイズのドライバーのHとは逆方向へ体を起こしてしまい、難儀なツーリングを余儀なくされたことがある。以来、Hは山道でのタンデムは全く実施していない。C子は「もう懲り懲りよ!」と叫んで、バイクからは遠ざかっている。

 

閑話休題。芦ノ湖の湖畔から、箱根関所と箱根峠を経て、大観山展望台に寄り道する。早朝の人気もまばらな展望台で、芦ノ湖とそのバックに雄大にそびえる富士を眺めるためだ。団体旅行の観光客が、記念写真の撮影のために列を組んで並ぶ、階段式の鉄パイプで作られたベンチの最高段に逆向きに1人座って、世故の煩わしさから離れて、無心になってボーッと雄大なパノラマを展望する。

 

 

 

 

このあと、来た道と同じルートを辿って帰路につく。途中でお玉ヶ池か精進湖で一時駐車する。あたり一体はまだ少し薄暗く、朝もやが小さな池のような湖面をフワーッと厚く覆ってしまって水面を隠す。シーンと静まり返って音ひとつ聞こえない。なんとも幻想的だ。しばらく経つと、その朝もやも、時間と共にゆらゆらと次第にどこかへ消えていき、今度はそこを破って朝日が斜めに湖面を鋭く突き刺す。これこそ、ザ・アーリーバード・キャチズ・ザ・ウオームだ。この瞬間は、三文どころか、勘定などできないほどの得がある。

お玉ヶ池は、元禄15年(1702年)、関所破りで捕まり処刑された、奉公人お玉の首を洗った悲しい話が伝えられている。

 

湯本まで下って湘南バイパスに戻る頃には、陽も中くらいまでに登り、ひんやりしていた外気も生ぬるい風に変わる。七里ヶ浜から見るのとはえらく違い、石がゴロゴロ転がって、ちょっと荒々しい浜が続く相模湾が待ち構える。遥か沖には釣り船数叟が、三角帆を船尾に貼って同じ向きに並んで浮かんでいる。朝マズメを狙う太公望たちを載せているのだろう。海の色はプルシャンブルーが基本だが、その日その日の天候によって訪れる度に微妙に色調を変化させる。

小田原方面に向かって走る、反対車線のバイクライダーたちとすれ違う。きっと箱根に行くに違いない。

必ず、どちらかが先と言わず、片手をあげて軽く会釈し会って、挨拶を交わすのが慣わしだ。

バイパス終点の大磯の井上蒲鉾店で蒲鉾とさつま揚げを買う。ここのは、近所に住んでいた、日本の戦後を導いた名宰相 吉田茂の好物だったそうだ。吉田が住んでいた家は2009年に焼失、その6年後に再建されたが、まっさらな新築の家は、昔の風情をすっかりと言って良いほど失わせてしまって、何とも残念だ。

吉田は、ここから腕組みして太平洋を眺めて、国政を案じたといわれている。和服姿の銅像が、庭の隅に威厳を備えて悠然とし、右手にステッキ、左手の指に葉巻を挟んで、ひっそりと佇んでいる。

 

帰宅するのは朝8時過ぎ、往復120キロの走行距離となる。週末なので、まだ家族は寝ている。皆が寝ている間に箱根の絶景を堪能できるなんて・・・それも独り占めで・・・なんとも得した気分にさせてくれて、これ以上の贅沢な至福は経験できないホーリー・グレイルだ。

 

Hのバイク歴は、高校2年の17歳の時に、原付一種の免許とった時から始まった。兄がK大の学園祭一等賞で当てた富士重工(現在のスバル)製のスクーター「シルバーピジョン」に乗り始めた時である。乗るだけではつまらないので、バイクメンテナンスの本を数冊買って、ネジ1本に至るまで分解した。ヘッドランプ、タイヤ、エキゾーストパイプなどを外し、50cc単気筒のエンジンを分解、とにかくバラせる箇所は全てバラした。錆び付いてしまってびくともしないネジは、ショッキングドライバーを使って叩いて外した。分解時に誤って壊してしまった部品や、一度使ったら交換が必要となるガスケットやパッキンなどは、バイクのパーツ屋に足繁く通って純正部品を購入した。ピストンリングは、ピストン本体に傷を付けないように、細心の注意をして順番を間違えず嵌め込んだ。

パーツ屋のお兄さんは、未だ高校生だったHに懇切丁寧に、分解や組み立ての手順を色々教えてくれた。

やっとこさで組み立てたエンジンを再び始動させてみると、なんと最初のキック一発で動き出した。エキパイが装着されていない裸のエンジンだったので、それは大きな音を出した。隣家のおばさんが、慌てて窓を閉めて回った。飛んで出てきた母はびっくりして、見たこともないようなギョッとした顔をした。爆音にではなくて、エンジンが再び動いたことに仰天したようだった。壊すだけで、きっと動きっこないと思っていたのだろう。

 

Hは、18歳で普通免許を取得した。この頃は、普通免許の取得時に大型バイクにも乗ることができる、自動二輪の免許が自動的について来る。だからダブワンも直ぐ乗ることができた。

ダブワンは4~5年くらいは乗っただろうか。1984年ごろには手放して、ホンダCB1300に機種変更した。ビッグイズビューティフルの至極単純なアホな考えで、Hは、とにかく大型車に乗りたかったのだ。大型と言えば、イージーライダーのヒッピーたちが乗ったハーレーがある。しかし、これは米国製と言いても、その部品の多くは日本製じゃないか。悪い思い出もある。環八のハーレーの販売店に行って好みのバイクを物色していたら、店員のお兄さんに、ちょっと触っただけだったのに・・・、「触らないで下さい」と偉そうに叱られた。少し汚れた格好していたこともあり、「この客はとってもハレーを買える玉でない」と、そう、たかを括ったに決まっている。そこにいた、少し綺麗な身なりをしたお客のおじさんまでもが、そうに決まっていると相槌したような顔をして見せた。Hは、頭に来て、金輪際「買ってやるものか」と、捨て台詞した手前もう買えない。

 

CB1300では、北海道襟裳岬、九州五島列島など方々を、会社のバイククラブで遠征旅行した。バイクを苫小牧までフェリーに載せたり、九州旅行の場合は、極東航空国内線の貨物室に載せたりして運んだ。だが実はHは、金魚のうんこのようになって縦列走行するのはあまり好きでない。ウォーキートーキーの無線でツーリングの仲間同士が、走行中に喋り合うのも耳障りで嫌いだ。黙って景色を愛でながら、バイクの振動を体で感じ、単調なリズミカルなエンジン音を聞きつつ風を切って走る、それがバイクライディングの醍醐味だ。バイクは単独走行が良いと決まっている。

それでもって、Hの走行距離は、4万キロ地球一周以上となった。

(続く)

IMG_0430.jpeg

2. カヤックのハフナー、新興企業やテックなどの良い面と悪い面 語る

Kayakは、オンライン旅行ビジネスの中でも長い歴史を持つ企業の1社である。共同創業者のSteve Hafnerは、2004年の創業以来、2013年のBooking Holdingsによる買収を通じて会社を経営してきた。彼は、18年間の舵取りで、新興企業が行き来し、浮き沈みや経済の浮き沈みに資金を提供してきた。Phocuswright Conferenceのエグゼクティブ インタビュー: Disrupting Disruptionのペースの速いセッションで、Hafnerは、旅行や食事をより良くするという中心的な問題を解決する必要性が彼を引きつけていると説明している。彼はまた、投資コミュニティが何に投資すべきか、何に投資すべきでないかについての考えとともに、資金調達の傾向について議論し、投資を避けるべき分野として、明確に定義された事業計画のない「疑わしいスタートアップ」とブロックチェーンを強調している。ロイヤルティやKayakの初期の頃などの他のトピックの中で、Hafnerは、Life Houseとのパートナーシップを通じて、ホテル運営事業への同社の進出にも触れている。彼は、ホテル事業を「困難で、人が集中し、資本集約的」であると説明し、会社がより多くのブランドのKayakホテルを作る可能性は低いが、Life Houseの技術スタックと統合して、独立したホテルにとって魅力的なものを作りたいと考えていると付け加えた。

Phocuswrightリサーチの創設者でシニア アナリストのLorraine Sileoとの完全なインタビューをご覧ください。

(11/28 https://www.phocuswire.com/hafner-executive-interview-phocuswright-2022?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

3. VIDEO: ホスピタリティー成功の重要トレンド

世界がパンデミックから脱却する中、世界中のホテル経営者が直面しているいくつかの明確な問題がある。また、大規模なチェーン ホテルであろうと小規模な独立したホテルであろうと、ホスピタリティ マネージャーが取り組んでいる課題には共通点がある。その中には、スタッフを見つけて維持すること、ゲストからの新たな高まる期待に応えること、最高のテクノロジーを利用して素晴らしいゲストエクスペリエンスを促進し、最終的に収益を増やすことへの革新への欲求がある。PhocusWireの編集長であるMitra Sorrellsとのインタビューで、Amadeusのポートフォリオ管理およびホスピタリティの市場投入担当副社長であるMichael Yeomansが、あらゆるタイプのホテル経営者を長期的にサポートするために、同社がテクノロジーにどのように投資しているかを説明している。以下の完全な議論をご覧ください。

(11/19 https://www.phocuswire.com/key-trends-driving-success-in-hospitality-amadeus?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

4. 旅行と決済プロセス、ハイブリッド世界でオーバーホール必要

レポートのために調査された企業の出張および経費管理者によると、出張および経費管理 (T&E) のデジタル トランスフォーメーションを加速する必要がある。Forrester Consultingが実施したAmadeus Cytric Solutionsの調査では、今日のハイブリッド ワークフォース向けにプロセスを設計する必要があることをビジネス リーダーが受け入れていることが明らかになった。

Amadeus Cytric Solutionsのエグゼクティブ バイス プレジデントであるRudy Danielloは、変化へのプレッシャーはさまざまな方向から来ていると述べている。「従業員は、パンデミックの最中に仕事や私生活の多くの分野が急速にデジタル化されるのを目にしており、出張や経費がそれに続くことを期待している。紙の領収書、労働集約的な調整、非効率的な支払い方法などの従来の手順は、もはや目的に適っているとは見なされず、ますます置き換える必要がある」と彼は言う。

Danielloは、雇用主はデジタル ソリューションによって効率と生産性が向上することを認識していると付け加えている。調査回答者の80%が、他のプロセスと比較して出張および経費管理がよりデジタル化されていると述べており、回答者の67%がよりデジタル化されていると述べた2020年の同じ調査と比較して進歩が見られる。しかし、T&Eには、依然として手作業や断片化されたプロセスが蔓延していることや、コンプライアンスやセキュリティの問題など、多くの課題がある。回答者の3分の1以上 (34%) が、ビザや労働許可証などの旅行に関するコンプライアンスの管理を主な課題として強調し、31%がプライバシーとセキュリティの懸念を挙げた。30%が手作業によるプロセスが生産性を低下させていると感じている。調査では、T&A(T&E ?)システムを他のエンタープライズ システムと統合することが72%の優先事項であることが明らかになった。

ほとんどの回答者 (70%) は、エンドツーエンドのT&Eエクスペリエンスを改善し、旅行を計画する際のチームのコラボレーション方法も改善したいと考えている。このレポートは、T&Eソリューションが旅行ポリシーの遵守を促進し、報告に役立つとも述べている。また、ソリューションを実装しない場合の潜在的なリスクも強調しており、財務および出張管理の意思決定者の41%がすべての経費請求を監査していると述べている。

この調査では、特に出張費を自分のポケットから支払わなければならないことに関する従業員からの苦情に関連して、仮想決済とカードの使用の増加も取り上げられている。Danielloは、「法人旅行業界がT&Eの変化を受け入れないのは難しいだろう。従業員は、出張および経費システムのデジタル オーバーホールによってのみ利用できる、エンド ツー エンドのコラボレーション エクスペリエンスをますます求めている。それらを提供しない企業は苦しむだろう」と述べている。この調査は、大企業の出張および経費管理に携わる525人の意思決定者の調査に基づいており、9つの市場でダウンロードできる。

(11/29 https://www.phocuswire.com/amadeus-forrester-travel-expense-digital-transformation?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

5. レビュー分析、ホテル宿泊客満足度低下を指摘

Shiji Group傘下で宿泊体験プラットフォームを提供するReviewProが発表したグローバルレポートによると、今年第3四半期は、継続的な人手不足と宿泊料金の上昇が宿泊客の満足度に大きな打撃を与えたことが明らかになった。

これは、140以上のオンライン旅行代理店や45以上の言語の口コミサイトからのデータに基づくオンライン評判スコアで、レビュープロ独自のグローバルレビュー指数(GRI)が低下していることが反映されたものである。この報告書に含まれるホテルは、3つ星から5つ星まであり、5つの主要地域を代表している。対象地域は、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、北米、中東・アフリカ、中南米・カリブ海地域の5つの主要地域である。9月30日に終了した3カ月間の世界のGRIは84%で、パンデミック前の2019年第3四半期から1.9ポイント低下している。"Q3 2022 Global Hotel Review Benchmark - Spotlight on Sentiment Analysis "と題されたこのレポートによると、“注目すべきは、価値指数が2019年第3四半期から1.9ポイントと、最も急激な減少を経験した”ことである。

この価値指数の低下は、"多くのホテルが人手不足に苦しみ、縮小したサービスを提供した時期に、宿泊料金を増加させた産物と推定される"と言っている。

GRIはすべての星区分で低下し、3つ星ホテルは-2.5ポイントと最も低下し、5つ星ホテルは-1.5ポイントと最も小さくなった。4つ星ホテルのGRIは2.0ポイントの低下となった。

今年第3四半期のGRIは、北米のホテルが最も低く(82.8%)、アジア太平洋地域のホテルが最も高い(86.4%)という結果になった。ReviewProは、2022年第3四半期に投稿されたレビューコメントにおける600万件以上の言及を分析した。これらの言及のうち、71.3%がポジティブ、28.7%がネガティブに分類された。部屋(-2.5ポイント)と清潔さ(-1.9ポイント)のカテゴリがGRIに与えるマイナスの影響は最も大きかった。経験(+1.0)およびスタッフ(+0.7)カテゴリは、GRIに最もポジティブな影響を与えた。2019年第3四半期から2022年第3四半期にかけて、Booking.comはレビューの世界市場シェアを13ポイント伸ばし、2022年第3四半期にはレビューの43.4%を生成した。Googleは、今年の第3四半期に29.4%のレビューを生成した。Booking.comとGoogleを合わせると、2022年第3四半期にレビュー量の72.8%を占めた。

世界的に見ると、Booking.comのSource Index(レビュースコア)は、今年第3四半期に81.4%であった。これは主要なレビューソースの中で最も低い指数であり、すべてのレビューソースを合わせたGRIよりも2.6ポイント低い値であった。Tripadvisorの指数も82.9%で、他の情報源と比較して低いものであった。

"パンデミックの発生以来、すべてのソースインデックスが減少を経験しているが、Booking.comの減少は3.5ポイントと著しく高かった" と報告されている。"OTAのレビューの市場シェアが43.4%であることを考えると、(Booking.comが)全体のレビュースコアを引き下げるので、これはホテルマンにとって懸念すべきことである"と言っている。

Ctrip、Trip.com、Hotels.comは最も高いソースインデックスを持っていたが、各ソースはレビューボリュームの約1%しか生成しなかったので、GRIへの影響は最小限であったと、この研究は発見している。

ReviewProとMyCheckのCOOであるNeil Jamesは、ホテル経営者に対し、ゲスト体験を向上させると同時に効率性を改善するために、次のようなステップを踏むようアドバイスしている。

「ゲストの旅のどの部分を迅速にデジタル化できるかを理解すること。これは、AIチャットボットソリューション、デジタルダイニングソリューション、オンラインチェックインソリューションの利用を意味するかもしれない。レビューや調査から得られるゲストデータを活用し、ゲストの体験を本当に理解する。宿泊客の期待は変化し、宿泊料金が高くなった今、旅行者の価値観も変化している。また、宿泊料金が高くなったことで、旅行者の価値観も変化している。このため、センチメントデータを調査し、旅行者のニーズを把握することが重要である。パーソナライズ。これは、ゲストの訪問理由と滞在中の予定を理解することを意味する。そして、どのように体験をパーソナライズするか、どのようにゲストを驚かせるか、どのようにゲストをロイヤルゲストやプロモーターにするかということである」と提案している。

(11/29 https://www.phocuswire.com/report-reveals-decline-in-hotel-guest-satisfaction?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

6. 自律運転自動車、旅行が注意する12の理由

私が最初に自律走行車が観光とホスピタリティに与える影響について書いたとき、この技術は将来の問題である書かれていた。その後、COVIDがヒットし、取締役会チームには他の混乱があったので、最近は旅行業界の論点にはなっていない。しかし、それ以来、この技術は現実のものとなっている。Waymo(Alphabet/Google)は現在、フェニックス、サンフランシスコ、ロサンゼルスの米国3都市でロボタクシーを運用・テストしており、フェニックスでは空港送迎のテストも行っている。Cruise(GM/ホンダ/マイクロソフト)は、年内に米国3都市(サンフランシスコ、フェニックス、オースティン)でロボタクシーを運用する予定である。Motional(現代)はUberと提携し、本日からラスベガスで利用可能になるなど着実に前進しており、AmazonのZooxは今後1、2年で一般向けのサービスを開始する予定である。グローバルでは、百度のApolloやIntelのMobileyeといった企業も大きく前進しており、米国のリーダーに先行しているかどうかはわからない。技術はここにあり、旅行業界やホスピタリティ業界として、我々は今、それをどうするか考えなければならないだけなのだ。

例えば、Teslaなどが提案する個人所有の自律走行車は、今後の方向性なのだろうか?それともトランジットを重視した自律走行シャトル?あるいは、既存の地上交通手段と競合するロボットタクシー?あるいは自律走行型キャンピングカー?あるいは、ホテル・ブランドの体験デリバリー・カー?そして、ビジネスモデルについてはどうだろうか?自動車業界では、この技術がもたらす脅威を理解しているが、旅行業界やホスピタリティ業界の多くにとっては、脅威ではなくチャンスなのである。もちろん、都市部の観光バス事業者などの一部のプレーヤーにとっては、この技術は明らかに存亡の危機となる。しかし、ほとんどの場合はそうではない。この現実は、セクター・スタートアップの創業者として下すべき判断に影響を与える。新しい技術が潜在的なパートナーにとって存続の危機である場合、お金を払って助けてくれる見込みのある顧客層がいるため、B2Bを行うことができる。消費者体験の機会である場合は、投資家の資金援助を受け、B2Cのルートに乗らなければならない。とりわけB2Cの旅行系スタートアップは墓場と化すので、今日の状況では、創業者として、B2Bの道を探せるなら、それを選ぶことになる。今こそ、この技術が航空会社や空港、ホテル、観光業者、小売業者にとってなぜ重要なのかを振り返る良い機会である。ここでは、これら上位4つの観光セクターにおける私のトップ3の課題を紹介する。

航空会社と空港

例えば、Ryanairが都市から50マイル離れた場所に着陸するという長年のジョークがなくなり、ホテルまでの最後の50マイルをeVTOLと自律走行車が処理すれば、それが許容範囲となる。空港送迎は途絶えるだろう。Waymoはすでにフェニックス空港で空港送迎のテストを行っている(ベータテストプログラムで一般公開されており、そのグループをTrusted Testersと呼んでいる)。空港は、旅行者が人間の運転手ではなく、ロボットタクシーを利用することに対応するために、ピックアップ/ドロップオフゾーンをどのように構築するかを検討する必要がある。例えば、ロボットタクシーはどこで待機するのだろうか?ロボットタクシーは人間のドライバーを持たないので、近くで待機する必要はないし、(基本的なセキュリティ以外の)特別な施設も必要ない。

例えば、フォルクスワーゲンのGen.Travelは、このような野心を持ったコンセプトカーとして設計されている。これはすぐに実現するものではないが、今後10年の間に、自動車産業は航空便の必要性をなくすことにもっと挑戦していくだろうと絶対に予想する。

ホテル

ロボットタクシーなどの自律走行車によるモビリティの向上により、ホテルのロケーションは現在ほど重要でなくなると予想される。現在、立地はホテルを選択する際に最も重要な(消費者の)要素の1つであるため、消費者が立地を重要視する度合いに変化があれば、広範囲に影響を及ぼす可能性がある。

ホテルは自律走行車を利用して、ブランド体験を街中に広げることができる。例えば、Accorはすでに様々なアイデアを検討している(コンセプトの段階)。

ピックアップ/セットダウン・エリアを増やす、ホテルのゲスト用駐車場を減らすなど、建築的な調整が必要かもしれない。

エクスペリエンス

自律走行車が可能にする新しい体験は、今日の乗り合いツアーバスと同等かそれ以上の顧客体験を低価格で提供する。これは、YouTubeとライブのシアターの比較だと考えて欲しい。しかし、YouTubeはオンデマンドで、(消費者が消費する時点で)無料で、(人々の情熱の周りに)ロングテールに行くことに重点を置いている。このような新しい体験を可能にするのは、今やAmazon(Zoox)とAlphabet/Google(Waymo)だ。これは、観光業界をひっくり返す可能性が高い。これらの大規模なデジタルプレーヤーは、消費者の発見段階の始まりに期待されるもので、自ら商品提供者として行動するのではなく、広告収入と引き換えに商品やサービスを紹介するのである。厄介なことになりそうだ。

ロボットタクシーのスケールアップ段階を経て、個人所有の自律走行車が購入できるようになると(早ければ2027年以降に登場すると想定)、この分野の混乱はさらに加速される。個人所有の車両がより容易に入手できるようになると、地域の企業もより容易に所有できるようになる。その段階では、観光客は地元のレンタカー会社(またはホテル)から自律走行車を4時間借りることができるようになる。ロボタクシーも、ツアーバスもない。観光業界は、テスラが「完全自動運転」の使命を完全に果たしていないことに安堵すべきだ。テスラや個人所有の自律走行車の競合他社が実現すれば、デジタルツアー運営への移行が加速されるからだ。幸いなことに、私たちは数年間、robotaxisを使ってその必然的な瞬間に備えることができる。

小売業者とオンライン旅行代理店

これらの体験の大半は無料である(車両を雇う費用を除いて)。小売業者はどのようなビジネスモデルでこの無料体験を促進できるのだろうか?Google Things to Doは、これをうまく扱っているが、大手オンライン旅行代理店を含む観光小売業者は、これを扱っていない。

このような乗り物を使って、ブランド化された体験を提供するチャンスはあるし、実際、それが唯一のスケーラブルな方法かもしれない。重要なのは、ブランドを大きなブランド(例:マンチェスター・ユナイテッドなど)として考えるのではなく、そのブランドは、その会場へのチケットを組み込んだ体験を運営する地元のアトラクションかもしれないのだ。あるいは、アウトバウンドの旅行会社(例えばイギリスの旅行会社)が、この旅行会社ブランドで運営するサンフランシスコでの体験を組み込んだものでもよい。これは、ブランドを瞬時に変更できるデジタルツアーオペレーションによって可能になる。オンライン旅行代理店ではなく、デジタル体験プラットフォームになるためには、大きな技術転換が必要である。技術的な負担が大きいため、一部の既存プレーヤーしか参入できないだろう。

まとめ

要約すると、この技術はすでに存在し、拡大しつつあるということだ。より広い業界への私の一つの呼びかけは、このフィールドに入ることである。観光産業は、自動車産業を見ていても何も学べないし、Alphabet, Amazon, Baidu、そしてすぐにAppleなどの大手デジタルプレーヤーが、この分野で主導権を握ることになる。私のスタートアップ事業は、今日、アメリカの3~4都市で、ロボタクシーを使った初期の試行的なおもてなし体験を運営している。これは簡単なことではないが、限られたリソースでも可能であることを示している。少なくとも、誰もがこの技術を真剣に受け止め、もはや未来時制で語る必要はない。この技術は、多くの企業にとって中長期的(場所によっては短期的)な戦略的ビジョンに組み込まれる必要がある。

自動車業界とデジタル広告プラットフォーム業界は、この技術を根本的に機能させるために1,000億ドルの大仕事をし、投資してきた。あとは、旅行業界とホスピタリティ業界が、消費者向け体験レイヤーを拡張して商業化するのみである。やるべきことは山ほどある。

著者: Alex Bainbridgeは、AutouraのCEO。

(11/29 https://www.phocuswire.com/12-reasons-travel-suppliers-resellers-should-care-autonomous-vehicles?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

7. 学生、ヒルトンとアドビの旅行予約再構築コンテスに挑戦

メリーランド大学の学生3名からなるチームが、Hiltonとのパートナーシップで開催された「2022 Adobe Analytics Challenge」で優勝した。このコンペティションでは、世界中の7,000以上の施設から収集したHiltonの匿名化された顧客データからの洞察を用いて、デジタル旅行体験を再構築するという課題が出された。最終選考に残った6チームは、Adobe Customer Journey Analyticsを使用して、特定の旅行者層の顧客を取り込むための戦略を作成した。

受賞したメリーランド大学のチームは、Hiltonで予約した人のカスタマージャーニーを調査し、消費者がデバイスを越えてどのようにデジタルで意思決定しているかを理解し、オンライン予約と顧客ロイヤルティを高める方法を提案した。チームは、"消費者の期待や予約パターンが急速に変化する中で、企業が成功するためには、強固なデジタルプレゼンスが重要である"ことを発見した。

Hiltonの幹部や業界リーダーを含む5人の審査員によって選ばれた優勝チームには、35,000ドルの賞金が贈られた。

(11/29 https://www.phocuswire.com/hilton-adobe-challenge-students-to-reimagine-travel-booking?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

8. 国際旅行観光連盟、旅行産業の観光インパクト減少と指摘

新しい調査によると、2019年、旅行・観光セクターは世界の温室効果ガス排出量の8.1%を占めていた。World Travel & Tourism Councilによると、このセクターが排出量の最大11%に寄与しているとした以前の推定値から減少している。

WTTCの社長兼CEOであるJulia Simpsonは、「1ドルあたりの発生温室効果ガス排出量は減少している」としながらも、業界は依然として「積極的な脱炭素化」を必要としていると付け加えている。Simpsonは、サウジアラビアのリヤドで開催されたWTTCの第22回グローバルサミットの火曜日のオープニングスピーチで、このように発言した。また、WTTCとサウジアラビアに拠点を置くSustainable Global Tourism Centerによる環境・社会調査の開始も発表された。この調査は185カ国を対象に、汚染物質、エネルギー源、水の使用、さらに年齢、賃金、性別などの社会的データを評価するものである。

「これまで、私たちが気候に与えている実際の影響を定量化することは不可能でした」とSimpsonは言い、この分野には「データがなかった」だけだと付け加えた。Simpsonは、この環境・社会調査を「我々の部門のフットプリントを測定・追跡することができる画期的な研究と呼び、10年前と現在を比較することができるのだ」と語っている。2010年から2019年の間に、このセクターの国内総生産は毎年平均4.3%成長している一方で、気候フットプリントはわずか2.4%しか増加していないとのことである。この環境・社会調査は、産業界に「枠組みを設定」しなければならない政府に目標を提供すると、Simpsonは言う。調査結果によると、業界の優先事項のトップ3は、電力から自然エネルギーへの切り替え、持続可能な航空燃料の増産、そして勇気を持つことである。

旅行会社は環境危機の最前線にいるとSimpsonは言い、自然をテーマにした観光が6,000億ドル以上を生み出し、多くの未開発国に還元されていることを指摘した。WTTCは、2023年を通して新しいデータを発表し続けるとしている。

サウジアラビアのAhmed Al-Khateeb観光相は、「我々は、将来への影響を監視するこの重要な調査において、WTTCのパートナーであることを誇りに思う。サウジアラビアは、旅行者と投資家が観光産業における持続可能性を促進する政策を望んでいることを認識しており、サウジアラビアを持続可能な観光のパイオニアとするための旅に乗り出した。サウジアラビア・グリーン・イニシアチブのもと、私たちは昨年、60以上の取り組みを開始した。このイニシアティブの第一波は、グリーン経済への1,860億ドル以上の投資を意味する」と付け加える。WTTCのメンバーには、旅行・観光会社のCEO、会長、社長など200人が含まれている。WTTCとSustainable Hospitality Allianceは10月に覚書に調印し、ホスピタリティ産業が環境への影響を軽減できるように力を合わせることを約束した。

WTTCは6月に報告書を発表し、レジリエンスと長期的な持続可能性の両方を構築するために、目的地が努力を傾けるべき5つのカテゴリー(環境、インフラ、エネルギー、経済、社会)を特定した。

(11/30 https://www.phocuswire.com/wttc-track-travel-and-tourism-environmental-impact?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

9. エアビー、フレンドリーアパートメントでレンターをホストに

Airbnbは、賃貸人が住む場所を見つけるだけでなく、パートタイムで、プラットフォーム上でホストすることを支援する取り組みを開始した。Airbnbは現在、アパート全体または空き部屋をAirbnbに掲載できるアパートを紹介するサイトを提供している。Airbnb-friendly apartmentsは現在、全米25都市以上の175のアパートメントビルをリストアップしている。Airbnbによると、この取り組みはホストの経済的利益をより多くの人に届けるための戦略の一環だという。

同社によると、今年7月から9月にかけて、現在掲載されているAirbnb対応のアパートの借り手は、月平均9泊をホストし、月平均900ドルを稼いだという。

Airbnbの共同創業者で最高戦略責任者のNathan Blecharzyckは、「Airbnbは、大不況の中、BrianとJoeが家賃を支払うための支援を必要としていたときに設立されたが、今回のAirbnb対応アパートメントは、その創業時のストーリーに基づき、人々がホストによる経済利益を簡単に得られるようにするもの」と述べている。生活費が上昇し続ける中、賃借人はAirbnbでのパートタイムホスティングで得た副収入を家賃の足しにしたり、住宅購入のための貯蓄やその他の生活費に充てたりすることができる。同社はまた、潜在的な賃借人がどれくらいの収入を得られるか試算できる収益計算機や、アパートの候補地について建物管理者と連絡を取れる機能を提供している。一般に、賃貸マンションはテナントが短期滞在用プラットフォームに出品することを許可していない。Airbnbによると、このプログラムに参加しているコミュニティはそれぞれホスティングに関する独自のルールを設けており、例えば、賃借人が年間にホスティングできる泊数を制限しているとのことだ。

(11/30 https://www.phocuswire.com/airbnb-friendly-apartments?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

10. エクスペディアCEO語る

Expedia Group はここ数か月、テクノロジー、ロイヤルティ プログラム、スタートアップ、持続可能性に関連する一連の発表と立ち上げを行ってきた。

おそらく最も重要なのは、同社のOpen Worldテクノロジー プラットフォームと、旅行を販売したい人のためのマイクロサービスを可能にすること、顧客のニーズを満たすホテル経営者に報酬を与えるシステム、One Keyロイヤルティ スキームである。Expedia Executive Interview: A Giant Refresh at The Phocuswright Conferenceで、グループ副会長兼CEOのPeter Kernは、戦略についてもう少し詳しく説明する機会を得た。Kernによると、グループのB2B側は「優れた成長軌道」にあり、B2C側でも引き続き多くの成長が見られる。特に、差別化を生み出し、価値を高めると彼が言う最新のイニシアチブはすべてそうである。

Kernはまた、ゲストを独自のロイヤルティ プログラムに誘導している大規模なホテル チェーンからのOne Keyへの反発の可能性についてもコメントしており、旅行者の80%以上が十分な旅行をしていないために特典を受けていないことを明らかにしている。

このセッションでは、パンデミック後の巨大なダイレクト マーケティング投資への回帰とGoogleへの依存について、直接予約、ロイヤルティ、モバイル アプリへのExpediaの投資がその依存を抑えるのに役立つかどうかについて議論されている。最後に、Kernは持続可能性に関するグループの最近の発表、Expediaの役割、さらに多くのことをするよう圧力があるかどうかについて触れる。

PhocusWireシニア レポーターのLinda Foxとの完全なセッションをご覧ください。

(11/30 https://www.phocuswire.com/kern-executive-interview-phocuswright-conference-2022?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

11. DXを動かすバーチャルカードの4方法

バーチャル・カードは、ここ数年、旅行業界において、その利便性を認識する利用者が増加し、注目されている。迅速な作成、使用額の管理、照合の容易さ、不正行為の可能性の低減などの利点により、この技術は多くの人にとって魅力的な提案となっている。現在、バーチャル・カードは、旅行者の体験を向上させるための革新的なソリューションを業界が見出すにつれ、さまざまな新しい方法で利用され始めている。以下では、バーチャル・カードが旅行者の体験を向上させるためにどのように活用されているかを検証しながら、急速に普及しつつある利用事例をいくつかご紹介する。

航空会社の混乱 - 新たな可能性

バーチャル・カードは通常、企業間(B2B)の決済に使用されるが、現在では消費者もこの急速に発展するテクノロジーのメリットを理解し始めている。

航空会社がパンデミックによる混乱時に払い戻しを行う際に直面する問題は、よく知られている。航空会社はお金を受け取ることには慣れているが、それを乗客に送り返すこと、特に大規模な送り返しには慣れていない。バーチャル・カードはその助けとなる。航空会社は、会計処理が難しいバウチャーを大量に発行したり、手動送金のために乗客の銀行情報を入手したりするのに苦労するよりも、代わりに適切な金額のバーチャルカードを旅行者に配布することを選択することができる。このプロセスは即座に実行され、従来のソリューションよりもはるかに少ないリソースで済む。しかし、想定されるリアルタイムの混乱は、バーチャルペイメントが真価を発揮する場面である。今日、その日の最終便がキャンセルされ、乗客が海外の空港で足止めを食らうかもしれない。航空会社には、乗客が旅行できるかどうか、ホテルに宿泊できるかどうかを確認する注意義務がある。乗客にとって、これはストレスのたまる経験であり、混乱をうまく管理する航空会社は、差別化とロイヤリティを築くチャンスがある。航空会社がキャンセルを知らせるメッセージとともに、バーチャルカードが携帯電話に送られ、自分の都合に合わせてホテルを選べるようになったとしたらどうだろう。バウチャーをもらうために列に並ばなければならないことを知らされるより、ずっといいのではないだろうか。この一見シンプルな変更により、乗客は、特定のホテルに向かう何百人もの乗客のために紙のバウチャーを整理するのに苦労している空港の少ない航空会社スタッフを探す必要がなくなる。また、乗客が独自にフライトを予約し直すこともできるため、コールセンターやグランドハンドリング・チームの負担をさらに軽減することができる。

同様に、旅行保険会社は、緊急事態が発生した場合、治療費、新たな旅行オプション、旅行中の物品交換などの資金調達を求められることがよくある。このような場合、保険会社は、顧客が自己負担した金額を返金するのではなく、事前に合意した緊急事態の解決に必要な費用をカバーするためのバーチャルカードを配布することができる。この「キャッシュ・トゥ・コンシューマー」モデルは、今後数年間、バーチャル・カードの普及を促進するだろう。お金を迅速に、かつ管理された方法で人々に分配する必要がある場合、バーチャル決済によって改善される可能性がある。

ビジネス・トラベル - 管理された支出 

バーチャル・カードは、企業の出張プログラムにおける社外での支出についても、十分に活用されていない、あるいは目的に合わないプラスチック・カードに代わるデジタル・ソリューションとして、ますます価値を高めている。バーチャルカードは、出張旅費の精算が多い部署に最適で、バーチャルペイメント技術を活用すれば、出張旅費のデジタル化と合理化が可能である。また、従業員が経費を自己負担する負担を軽減することができる。また、バーチャルカードは、ビジネスシーンで消費者向けのサービスを提供できるようになり、利用者の信用リスクを軽減するとともに、ビジネスの可視性を高め、不正行為の可能性を低減することができる。利用者に発行される資金を完全にコントロールすることができる。プラスチックカードの場合、限度額は何千ポンドにもなり、現金は何にでも使うことができる。バーチャル・カードでは、それぞれの旅行に対して正確な金額を発行し、いつ、どこで、何に使うかを制限することができる。また、不必要なカードを管理する必要もない。現在、企業内のすべての人が、必要であるかどうかにかかわらず、カードを発行することができ、無駄や信用リスクにつながる。

サステナビリティに貢献するバーチャルカード 

バーチャル・カードは、持続可能な旅行のための重要なツールになりつつある。コンプライアンス基準の厳格化に伴い、この情報はユーザーにとってますます貴重なものとなるだろう。バーチャルカードが収集するデータは、支払いに関する情報を最も包括的に把握できるため、旅行による二酸化炭素排出量を正確に評価するのに最適な方法である。この情報はやがて、企業や旅行者が排出量を削減するための意思決定を行う際に役立つ。バーチャル・カードは、業界で認知されたデータ・ソースを利用して、特定のフライトやホテルの予約に伴う二酸化炭素排出量の影響を評価することができる。また、旅行者はConferma Payアプリで旅行の影響を確認することができ、行動の変化を促すことができる。短期的には、アプリを利用する旅行者にカーボンインパクトのグラフィックが提供され、旅行によるCO2排出量を理解することができる。長期的には、旅行者と企業は、Uberの利用やブランドコーヒーの注文など、旅行中の購入がもたらすCo2排出量を、支払いを完了する前に理解することができるようになる。

デジタル時代の企業出張 

上記のような新たなトレンドは、より確立された利用方法に加えられたものである。出張者にとっては、バーチャル・カードの利用は、フライトやホテルで自分のお金を使う必要がないことを意味し、これは重要なセールスポイントとなる。また、紙の領収書を集め、面倒な経費請求をする必要もない。バーチャル・カードは、すべての作業を行うことができる。出張前にバーチャルカードに資金を割り当て、モバイルアプリにダウンロードし、通常通り使用することで、ユーザーは会社の資金を使って買い物をすることができる。

特定の状況下では、バーチャル・カードはユーザーの収益源になることもある。近年、このような戦略を採用する大量生産・低利益の産業は数多くあり、特にオンライン旅行代理店(OTA)の分野ではその傾向が顕著である。多くのOTAは、旅行者をサプライヤーに紹介して支払いを完了させるという受動的な方法ではなく、「マーチャントモデル」の採用を決定している。これは、OTAが旅行者から支払いを受ける前に、関係する各サプライヤーに企業間決済を行うものである。OTAは銀行パートナーを通じて多額の資金を調達しているため、通常1~3%の範囲内で多額のリベートを得ることができる。

今後の展望 

上記の例は、バーチャル・カードが旅行の世界にどのような影響を与えるかを概観したに過ぎない。この技術が成熟するにつれて、今後数年間でさらに多くの革新的なアプリケーションが展開されることが予想される。期待してください。

著者:David WoodはConferma Payのチーフプロダクトオフィサー。

(12/1 https://www.phocuswire.com/virtual-cards-in-travel-digital-transformation?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

12. 業界が再考すべき旅行者エクスペリエンス

ここ数年、商品の購入から本物の地元の体験への投資への移行が勢いを増しており、これは旅行業界に重要な意味を持っている。MarriottのCEOであるAnthony Capuanoは、2022年にリヤド、サウジアラビアで開催されたWTTCのグローバル サミット2022でのパネル ディスカッションで、「この勢いは今後も加速し、旅行・観光が世界経済に与える影響はより大きなものになるだろう」と述べている。プライベートエクイティ会社Certaresの創設者兼シニアマネージングディレクターであるパネリストのGreg O'Haraによると、消費者はこれまで以上に自由裁量収入の多くを活動や経験に費やしている。どこに10億ドルを投資するのかと尋ねられたとき、O’Haraは健康と冒険(wellness and adventure)についてと答えた。歴史的に、人々はギリシャ、サウジアラビア、イタリアに行くことを決めてから、何をするかを決めていた。今日、「人々はどこに行きたいかではなく、何をしたいかに基づいて旅行を決定している」とO’Haraは言う。たとえば、カイトサーフィンに行きたい人は、トップのカイトサーフィンの目的地から選ぶだろうと彼は付け加えた。
別のWTTCパネルで、インドネシアの観光・創造経済大臣であるSandiaga Unoは、観光の新しいトレンドは、よりパーソナライズされ、ローカライズされ、カスタマイズされ、サイズが小さくなっていると述べている。品質と持続可能性への考え方を変える必要がある。以前は太陽、海、砂を求めていた旅行者は、今では「静けさ、精神性、持続可能性」を求めている。彼らは、二酸化炭素排出量を相殺するためにマングローブを植えたいと考えている。彼らは村を訪れたいと思っている」とUnoは言う。

Accorの会長兼CEOである Sébastien Bazinは、業界は顧客が異なることを理解する必要があるため、オファーも異なるものにする必要があると述べている。

「新しい世界に向けて、過去50年間ビジネスを行ってきた方法を再検討する必要がある。それはより良い世界だと思う」と彼は言う。ホテルは、娯楽、音楽、ワークスペースを通じて、旅行者ではなく地元住民に対応する必要がある。

「これは大きな変化だ。ホテルが朝7時から夜11時まで混雑していることを確認して欲しい」とBazinは言う。Bazinによると、海外出張者の25%が「永遠にいなくなった」一方で、国内出張は回復している。「4時間未満のフライトまたは4時間の電車で行く出張は、2019年と同じくらい強力である」と彼は言う。多くの旅行者は、ビジネス旅行とレジャー旅行を組み合わせている。ビジネス旅行とレジャー旅行を融合させた人々のおかげで、日曜日の夜にホテルが空いていることはなくなったとBazinは指摘する。

Hertz CorporationのCEOであるStephen Scherrは、電気自動車の充電ネットワークを含む業界が必要とする堅牢なインフラストラクチャには、官民の協力が必要になると述べている。迫り来る不況が旅行業界にパンデミックほど大きな打撃を与えることはあり得ないとScherrは言う。リソースをどのように整理し、どのような動きをするかを理解しているため、業界は現在、危機に対する備えが整っている。サウジアラビア観光省のチーフ・スペシャル・アドバイザーであるGloria Guevaraは、各国は回復を最大化するためのビジョン、リーダーシップ、およびリソースを必要としていると述べている。「メキシコでそれができてとても幸運だった。私たちは全国的な合意を結んでおり、危機から回復し、新しい記録を破るという同じ計画に基づいて、全員が同じ目標に向けて取り組んでいた」とGuevaraは言う。

(12/1 https://www.phocuswire.com/demand-for-experiences-requires-industry-rethink?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

13. スナップチャット、メタ、SNSの旅行利用語る

旅行の専門家は、ブランドは拡張現実の魅力的な使い方を見つけ、インフルエンサーの膨大な数のフォロワーを活用することで、リーチを拡大できると述べている。Meta社の旅行部門ディレクターであるSanjay Bhatiaは、インフルエンサーと協力してブランドの認知度を高め、コンバージョンや予約を増やすことに価値があると考えている。彼は、「一緒に仕事をしたいクリエイターを5~10人見つけ、ビジネス目標を説明し、彼らに仕事を任せる」ことから始めることを企業に勧めている。マクロインフルエンサーは数百万人のフォロワーを持つ有名人、マイクロインフルエンサーは10万人のフォロワーを持つ地元の旅行インフルエンサーであると、Bhatiaは11月にフェニックスで行われたThe Phocuswright Conferenceでのソーシャルメディアエンゲージメントに関するパネルディスカッションで観客に語った。

このセッションは、「エグゼクティブパネル」。ソーシャル・エンゲージメントには、Snapchatの米国における旅行・自動車・エネルギー担当のKelly Covato、マーケティングエージェンシーのSparkloft MediaのCEOであるMartin Stollも参加した。Stollは、TikTok、Twitch、Discordなどの新しいプラットフォームでコンテンツクリエイターやインフルエンサーと協力することは、オーディエンスや彼らが "たむろしている" 場所を理解している限り、効果的であると述べている。「プラットフォームの急増は、課題であると同時にチャンスでもある。プラットフォームは、ある機能が定着すれば、すぐに追随しようとするが、現在では、プラットフォーム間に非常に明確な違いがある」と語っている。

3人のパネリスト全員が、拡張現実の強い未来が見えると言う。Snapchatでは、「ヘッドセットやメガネをかけるように要求していない。スマホを通じて行われる」とCovatoは言う。「私たちにとってARは、そのために作るものではない。ここにあるのだ。私たちのユーザーの70%以上が、毎日ARを使用している。これは2億5,000万人に相当する。これは、Twitterの全世界のデイリーアクティブユーザーよりも多い。Snapchatは、気候変動の影響とサステナビリティの重要性に対する認識を高めるためにARを使用している。このプラットフォームはドイツで#PlasticGateを立ち上げ、「実際にプラスチックに囲まれたAR体験の中に人々を入れ、それがどんな感じなのかを理解してもらうようにした」とCovatoは言う。

Bhatiaによると、Meta社のプラットフォームでは、月に7億人が拡張現実(AR)を利用しているとのことである。旅行におけるARの「実用性とユースケースの開発にはまだ課題がある」とし、人々がこの技術を使ってグランドキャニオンなどの観光地を探索する可能性に言及した。

Metaは、ARを「長期的な我々の大きな賭けであるVRメタバースへの道」と考えている、と彼は付け加えている。パネルに続くPhocusWire Studioでのインタビューで、Bhatiaは、Facebook、Instagram、その他のブランドに対する顧客の期待の変化、ロイヤルティにチャンスがある理由、アプリ広告とパートナーシップが効果的な戦略である理由について述べている。

両インタビューは以下からご覧いただけます。

(12/2 https://www.phocuswire.com/snapchat-meta-use-social-media-engage-travelers?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

12. 11月21日の週の資金調達関連記事

  • eVTOLの独Lilium

ドイツに本拠を置く電動垂直離着陸ジェットの開発者であるLiliumは、1億1,900万ドルの資金調達を完了した。資本は、既存の株主だけでなく、Honeywell、Aciturri、LGT、Tencent、B.Riley Securitiesなどの新しい投資家からももたらされる。新CEOのKlaus Roeweを含む多くのLilium役員も参加した。

Roeweは「これらの収益は、当社のバランスシートを強化し、デリバリー前の支払いに関する顧客契約の署名、コンプライアンス手段に関するEASAとの合意、最終的な有人飛行試験のための型式適合航空機の組み立ての開始など、当社の商業化の取り組みを前進させることが期待されている」と述べている。
Honeywell Aerospaceのアーバン エア モビリティ担当バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャーであるStéphane Fymatは「当社は、Liliumの革新的な電気ジェットの誘導と駆動に使用されるアビオニクス システム、フライト コントロール、および電気モーターのプロバイダーとして、Liliumと提携できることを誇りに思う」と述べている。声明によると、Liliumはこの資金を運用、Lilium Jetの開発、および一般的な企業目的に使用する予定である。この資金調達は、Qell Acquisition Corpとの合併により、Liliumが2021年9月にNasdaqに上場したIPO後のラウンドである。

(11/28 https://www.phocuswire.com/lilium-119m-funding?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • オンライン予約ResortPass

世界中の高級ホテルやリゾートのデイユースを提供するオンライン予約プラットフォームResortPassは、2023年に会社を拡大し、より多くの世界の目的地に進出するために、シリーズB資金として2,600万ドルを調達した。

このラウンドは、Declaration Partnersと14Wが共同で主導し、既存のリード投資家であるCRVと、著名人のGwyneth PaltrowとJessica Alba、William Morris Endeavor、The Points Guyとしても知られるBrian Kellyなどの新しい投資家が参加した。

ResortPassは、過去1年間でユーザー数が2倍以上に増えたという。

14WのパートナーRyan Ackellは、ResortPassは「1兆5,000億ドルの世界的な宿泊産業のまったく新しいセグメントを開拓している。ホテルとゲストのためにこの機会を作ることで、ResortPassは、人々が自宅近くでより短く、より頻繁な体験で休みを取ることを選択している方法に業界を合わせている」と語る。2016年に開始されたResortPassは、ユーザーが宿泊を予約しなくても、プール、スパ、フィットネスセンターなどの施設のアメニティを利用できるようにする。

同社は、Ritz Carlton, Four Seasons, W Hotels, Hyatt Hotels, Fairmont and Westinなど、世界900以上のホテルやリゾートと提携しており、ユーザーが地元で贅沢な体験を楽しめるようにする。ResortPassは、ホテル向けのデイ・アクセス管理ソフトも提供している。

同社は最近、Michael WolfをCEOに任命した。Wolfはこれまで、ClassPass、Supernatural、Lululemon、Seated、FreshDirectで経営陣や顧問を務めてきた。

「Roisortpassは、私が20年以上にわたって革新的な企業とコラボレーションしてきた中で、製品と市場の適合性が最も高い」とWolfは述べている。

2020年、RisortPassは、すべてのセクターで最も急成長しているマーケットプレイスのスタートアップの第10位に選ばれた。

(11/30 https://www.phocuswire.com/resortpass-lands-26m-expand-globally?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • 法人宿泊施設AltoVita

PhocusWireの2023年のHot 25 Travel Startupsの1つである法人宿泊プラットフォームAltoVitaが、シリーズA資金として950万ドルを調達した。

Novum Capital PartnersとFifth Wallが主導するこのラウンドは、2023年末までに250万件の物件を提供することを目標に、さらなる拡張に充てられる予定である。ロンドンに拠点を置くAltoVitaは、2018年に設立され、その技術を通じて法人旅行コミュニティに安全なだけでなくスマートな宿泊施設を提供することを目指している。このプラットフォームは、法人向けのマーケットインテリジェンスデータを提供するほか、ポリシービルダーやハウジング管理も行っている。

(12/2 https://www.phocuswire.com/altovita-9-5m-funding?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

  •  

  • 豪華旅行会社Le Colletionist

高級旅行会社Le Collectionistは、6,000万ユーロの資金を調達した。Highland Europeは、フランスのパリに本拠を置くビジネスへの投資を主導し、多くのビジネス エンジェルや個人投資家も関与した。2014 年に設立されたLe Collectionistは、高級なバケーション レンタル ヴィラとシャレーを提供し、追加のサービスと体験で滞在をパーソナライズする。

そのプラットフォームには、フレンチ リビエラ、バレアレス諸島、トスカーナを含む 30 の目的地にわたる1,800の施設が含まれる。昨年、同社はスキー シャレーのレンタル事業であるBramble Skiを買収した。Le Collectionistは、イビサ島の不動産管理会社であるVallat Groupの賃貸事業と、ギリシャの不動産賃貸事業The Greek Villasの買収を通じても成長を遂げた。最新の資金調達により、同社は地元の賃貸物件の専門家をさらに買収することができる。

(12/2 https://www.phocuswire.com/le-collectionist-60M-luxury-rentals?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

​+++++

印刷用ファイル

bottom of page