top of page

海外事情 2022年  12月 19日号

「9. Blockskye, Arise, Dtravelの旅行ブロックチェーン」、「12. ブロックチェーン旅行流通TravelX」が、ブロックチェーンを使っている旅行会社を紹介している。先週号「10. 旅行業界のWeb3、Web3: 旅行の再考」で、Web3: Rethinking travelでもこのテクノロジーが旅行業界に大きな変革をもたらす可能性がると説いている。

 

いよいよ旅行業界でもブロックチェーンの応用がはじまり出している。

日経12月17日朝刊「デジタル証券、3メガや日本取引所が連合 新会社設立、基盤を共有 」は、『3メガバンクグループなどの大手金融機関と日本取引所グループ(JPX)、NTTデータが連携し、ブロックチェーン(分散型台帳)技術でデジタル化された有価証券の発行を進める。』と書いている。

 

予想しているよりも、早くWeb3やTravel3の時代がやって来そうだ。

メタバースのデジタルツインと組み合わせられて、NFTを使うアバターが動き回るバーチャルで、リテールの大革命が起こりそうだ。

 

日経12月15日朝刊は、「メタバースなど先端技術市場、30年に320兆円に」は、『電子情報技術産業協会(JEITA)は15日、仮想空間「メタバース」などの先端技術市場の2030年世界需要額が2兆3,525億ドル(約320兆円)に達する見込みだと発表した。7.797億ドルだった21年から約3倍となり、年平均の成長率は13.1%を見込む。』と書く。

(編集人)

目 次

1. 連載小説「XYX・コム」Uのマーケティング講座 その2(第24話)

2. トラベルマネジャー、オンライン予約ツールは持続性マスト

3. 米国、短期レンタル予約シェアで欧州抜いてトップ

4. 投資家慎重、2022年新興企業ご難                                     閲覧第1位

5. 米バケーションレンタル回復継続予測、AirDNA                   閲覧第5位

6. OTA,の決済最適化

7. ホテルとDMO、サステナ認識変化への対応

9. Blockskye, Arise, Dtravelの旅行ブロックチェーン               閲覧第4位

10. トリップ・コム、第3四半期継続増収

11. グーグルとウーバーの地上輸送への影響                            閲覧第3位

12. ブロックチェーン旅行流通TravelX

13. VIDEO: アマデウス、モビリティー ソリューション投資

14. ホッパー、Sコマース、サステナ、顧客中心 語る                 閲覧第2位

15. 12月12日の週の資金調達関連記事

1. 連載小説「XYX・コム」Uのマーケティング講座 その2(第24話)

Hは、KLMのAMSスキポール12:30発TYO9:45+1の成田空港行きの便に乗っていた。業界誌の取材チームの一行に加わって、ブッキング・コムのアムステルダム本社の視察に行って来たのだ。当初心配されていた、競争関係にあるXYZの社員の参加を、ブッキングは心良く受け入れてくれた。

 

ブッキングは、言わずと知れた世界最大のOTAである。なんとパンデミック渦中でも継続して利益を計上、2021年度決算では、総取扱高をパンデミック前(2019年度)のおよそ80%のレベルまで戻している。パンデミック前(2019年度)の総取扱高は、およそ1,000億ドル(10兆円以上)で、日本のJTBの年商のおよそ10倍の規模を誇る。

時価総額は752億ドル(約10兆円、12月16日時点)、ライバルのエクスペディアの138億ドルを6倍近くも上回る。

 

Hは、スキポールを離陸後すぐに、この出張の報告書を以下の通り短くまとめ、それにブッキングとエクスペディアの比較の二つの表と感想をつけて、本社のデータ担当のAにメールした。この資料を次回の三金会の出張報告資料として提出してもらうためだ。

 

  • 業績説明

2021年業績は表-1のとおりである。

テクノロジーと顧客サービスを強化している。

BKNGの強みは、世界最大の予約数とそれに伴う膨大なデータだ。膨大なデータを分析して、顧客に最適なパーソナルな旅行を提案するためには、高度なテクノロジーが不可欠となる。このためテック部門には、総従業員の約15%の精鋭が配置されている。

顧客サービス部門には多くのスタッフを配置、欧州5ヶ所、米国5ヶ所、日本を含むアジア7ヶ所の合計17ヶ所で、24/7の多言語顧客サービスを提供。

  • コネクテッドトリップ戦略

プロダクト・代替宿泊施設・タビナカ・テクノロジー・CSR(持続可能ツーリズム)の5つの部門責任者がそれぞれの取組を説明した。

ホテルから航空やタビナカの予約まで、エンドツーエンドのトラベルエクスペリエンスを全て繋げた旅行のパーソナルな提案をすることに努力していると説明した。

 

(表-1) ブッキングとエクスペディアの業績比較

 

 

 

 

 

 

 

 

(表-1)の注目すべきブッキングの特徴点

  • 早い業績回復

ペンタアップ(鬱積)需要のOTA依存。

  • 利益の継続計上

収入の大きな部分を占めるマーケティングコスト(上表の販促コスト)の削減(パンデミックによる大幅需要減少が発生したので、そもそもマーケティングコストは必要なくなる)と人件費の削減が貢献。

  • 秀でた経営戦略

(1) 直販:マーケティングコスト削減のためのSEOへの移行

(2) コネクテッドトリップによる、シームレスのエンドツーエンドの旅行サービス提供

 

(表-2)ポートフォリオ、戦略、宿泊軒数

 

  • 感想

世界最大OTAのブッキングの“凄さ”を改めて再認識させられた。

誰にも負けない2つの能力:顧客サービス+トラベルテックと、

誰にも負けない2つの強み:世界最大のユーザー数+膨大な顧客データ集積とその分析力・・・

なるほど“凄い”と十分頷ける。そしてBKNGは、サービスマーケティングの大原則である「良い顧客サービス(CS)は、従業員の高い就業満足度(ES)があって初めて達成できる」を実践して、従業員を大事にしているOTAだ。

 

2時間ぐらいかけて作った以上の資料をメールすると、すぐにAから返事が来た。

 

A: ご苦労様、今KLM成田行きの機中ですか?メール拝見しました。流石H さん、よくコンパクトにまとめられていますね。感心しました。

H: A君、日本は今、午後11時だよね。遅くまで仕事しているの?

A: ええまあ。今度のご出張はいかがでしたか?

H: 今回は、全てスマホにご厄介になった。飛行機とホテルはブッキングの手配だったけど、成田エクスプレスは“駅ねっと”、空港送迎は”ブラックレーン“、それに視察後の半日市内観光は”グーグルトラベル”、市内の移動はウーバーを使った。目的地のエクスペリエンス(体験)は、スマホが一つあれば完璧にアレンジできる。ブラックレーンは、黒塗りの運転手付きハイヤーで、運転手が空港の手荷物、カウンターまで出迎えてくれてチェックドバッゲジを持ってくれるし、ホテルのドアマンはすっ飛んで出てきて、車のドアを開けてくれて最敬礼してくれるし、素晴らしいサービスだった。ちょっと高いけど、それなりのクオリティを楽しめる。モバイルファーストでなくて、モバイルマストを実感した。アプリも決して疎かにできないね。

A: へー、ブラックレーンって知りませんでした。予約したのですね.

H: 日本を出る前にね。それからグーグルトラベルで、半日市内観光のプランを作った。国立美術館のライクスミュージアム、運河クルーズなどを堪能した。国立美術館では、レンブラントの「夜景」が完全に修復されて、カットされてなくなっていた左の部分が再現されていた。

移動はウーバー、運転手がガイドになって色々説明してくれる。タバコ屋のおばちゃんまで英語を喋る国だからね。会話には困らない。成田に着いたらウーバーハイヤーのトヨタのアルファード車が迎えに来るはずだ。日本では白タク規制でウーバーのカーシェアが認められていない。なんとかこれを変えて欲しいね。

 

 

 

 

 

 

 

A:  Hさん、ところで出張報告の質問です。エクスペディアと比較されていますが・・・どうしてブッキングの方が、採算性がそんなに良いのですか?

株式市場の評価も段違いですね。

H: 鋭い質問だね。僕もよく分かっていない。ブッキングの粗利が優っている。

これが原因なのだろうが・・・、なぜ粗利が多いのか。多分ブッキングの直販が大きいからだろう。マーケティングコストが少なく済んでいる。グーグルなどのキーワードオークションやメタサーチの紹介料(リフェラルチャージ)が少ないからだろう。

A:  PERって株価収益率ですよね。株価を一株あたりの利益で割った数値ですよね。これは、ブッキングとエクスペディアの両社でほとんど変わらない。何故ですか? ここだけ奇妙に一致している。

H: 難しい質問ばっかりだね。これって、投資家がパンデミック後の旅行需要が大幅に増えると考えているのだろうね。投資家たちがOTAの業績が向上する、つまり株価が高くなるって踏んで将来を買っているという話。

日本では、PER 15あたりが平均値であると言われているが、30以上とは随分と高い。倍以上だね。日本と米国を直接比較するのは乱暴だけど、旅行はこれから上向くと言うのはコンセンサスだよね。

 

A: 表-1のエージェンシーとマーチャントも良く分かりません。

H: エージェンシーでは、宿泊料金の決済はチェックイン時点で、宿泊施設で直接行われる。OTAは決済には絡まない。顧客が滞在した後で、宿泊施設からOTAにコミッションが支払われる。

これに反してマーチャントは、顧客の予約時点で宿泊料金は顧客から直接OTAに支払われる。そして顧客の宿泊後にOTAから宿泊施設に支払われる。ここで、最も重要なポイントは、宿泊料金はホールセール料金だと言うことだ。OTAが宿泊施設とのネゴによって決められたホールセール料金で仕入れて、それにマークアップを載せてサイトで販売する。そして顧客がホテルに滞在した後に、OTAは、ホールセール料金を宿泊施設に支払うことになる。だからここではコミッションのやり取りは発生しない。マークアップ分がOTAの手取りとなるわけだ。

A: 複雑ですね。なんだかマークアップの方が儲かるような気がします。それにOTAのキャッシュフローにも貢献するじゃないですか。

H: キャッシュフローを理解するなんて、A君立派。顧客が予約時点でOTAに支払った代金は、その顧客が実際に滞在を終えるまでOTAの懐に止まっているからね。しかし、マーチャントの方がエージェンシーより儲かると言う話は、僕はよく理解できていない。若しそうだとすると、マーチャントがほとんど四分の三も占めているエクスペディアの採算性がもっと良くなるはずじゃないか。しかし、そうなっていない。多分マーチャントのホールセール料金の価格次第、つまりマークアップの多寡次第って、とこじゃないだろうか。

ブッキングは、グローバルのシェアが高い。つまりエージェンシーのビジネスモデルの商売が多い。そこではコミッション率も20%以上と高いのだろうか。

エクスペディアは、米国販売のシェアが高い。すなわちマーチャントのシェアが高い。

A: 表-2の「主な戦略」でブッキングのコネクテッドトリップは理解できたのですが、エクスペディアのOpen TechnologyとOne Keyロイヤルティとは、どんな戦略なのですか?

 

 

H: Open Technologyは、旅行を販売したい人たちのためのB2Bのマイクロサービス プラットフォームだ。マイクロサービスって、個別に開発された小さなサービスを組み合わせて、一つのサービスを提供するというものだ。

One Keyロイヤルティとは、顧客のニーズを満たすホテル経営者に報酬を付与するシステムって書いてあった。

 

 

A: なんとか分かりました。Hさん、三金会では、その辺りを口頭で良く説明してくださいね。それでは、東京で、お帰りをお待ちしています。

 

 

H: そうするよ、A君も早く寝たまえ。成田まで後8時間、眠り薬飲んで一眠りする。東京で・・・。

(続く)

2. トラベルマネジャー、オンライン予約ツールは持続性マスト

旅行管理者は、2023年に向けて直面している最大の課題は「持続可能な慣行に影響を与えること」であると報告している。Institute of Travel Managementが毎年行っているバイヤー メンバーのTrending Surveyによると、購入者の大半 (75%) は、オンライン予約ツール (OBT) の販売時点での炭素予算と炭素排出量を含める機能に不満を持っていると述べている。

ITMのCEOであるScott Daviesによると、サプライヤーの持続可能性対策を旅行プログラムに導入する方向に進んでいるが、これらのイニシアチブを組み込み、旅行者の行動に影響を与えるには、まだ多くの作業が必要だ。OBTは「進化し、旅行者や予約者が責任ある選択をするのを助ける重要な役割を果たす必要がある」と彼は付け加える。また、ITMの調査では、出張管理者はOBTの最適化を今後1年間の最優先事項として挙げている。「明らかに、オンライン予約のパフォーマンスはバイヤーにとって大きな問題である。昨年の優先順位リストの5位から2023年には1位に急増したからだ」とDaviesは言う。

調査回答者の44%が航空から鉄道への大幅な移行を予想しており、19%がホテルの代わりにサービスアパートメントの利用が増えると予想している。

ITM Trending Surveyは、100人の法人旅行バイヤー、マネージャー、および旅行責任者を対象に、11月に2週間にわたって実施された。ITMは、英国とアイルランドの専門機関である。International SOSは別の調査で、2023年にビジネス旅行者が直面する最大のリスクを強調している。Risk Outlook 2023レポートの主な調査結果は次のとおりである。

  • 企業は、「予測不可能な地政学的安全保障状況の継続的な影響」を通じて従業員を保護する必要がある

  • 組織は出張者のサポートを優先し、組織の86%は2023年に出張リスク管理予算を維持または増加する

  • 気候変動は、別のパンデミックなどの感染症の出現を加速させる可能性がある。

International SOSレポートは、108か国の1,218人の上級リスク専門家の調査に基づいている。

(12/12 https://www.phocuswire.com/traveler-managers-online-booking-tools-sustainability?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

3. 米国、短期レンタル予約シェアで欧州抜いてトップ

主にビーチや山の市場に牽引され、米国はCOVID-19の流行期間中に短期レンタル(STR)の予約総数で最大のシェアを獲得し、2022年には欧州を抜いて最大の地域シェアを獲得した。欧州のシェア低下は、経済や戦争への懸念、重要な市場での規制強化によって、さらに悪化することが予想される。その一例がパリで、2021年初頭、フランスと欧州の最高裁判所がともに、STRが住宅市場に与える悪影響を妨げることを目的とした規制を支持する判決を下した。この判決により、税務登録が義務付けられ、第一次住居の賃貸は年間最大120日に制限された。アジア太平洋地域は、厳しいパンデミック封鎖政策により、2021年のSTR予約のシェアがより急激に減少した。しかし、レンタル市場の回復と成熟に伴い、この地域は立ち直り、2026年までに2019年のシェアレベルを超えると予測される。世界のその他の地域は、すべての主要市場が強化されると予測されるため、シェアが低下する。2020年半ばから2022年半ばにかけて需要が爆発的に増加したため、多くのSTR市場が直面した最大の課題は供給不足であった。このような環境は、ADRを最高値に押し上げ、業界は新しい在庫をできるだけ早く追加することを余儀なくされた。今、不況が顕在化し、不確実性も戻ってきた。そして、前回の不況のように、人々は副収入源としてSTRに目を向け、さらに供給を増やしている。もし、需要が急激に減退すれば、供給過多となり、ADRが急落する可能性がある。逆に、需要が堅調に推移した場合、高いADRが続くと、多くの旅行者が市場から排除される可能性がある。特に、STR手数料の上昇によって宿泊費の総額がさらに高くなるためである。この可能性は、多くのホテルがより安定した品質とアメニティを売り物にして、力強い復活を遂げていることから、より一層関連性が高い。一部の報道機関では、このような動きがすでにレンタル希望者をホテルへと押し戻しつつあると報じている。

このような状況にもかかわらず、STR市場は今後数年間、パンデミックの勢いを維持すると予想される。旅行者の注目を集めるためにホテルとこれまで以上に直接的に競合し、旅行者の主力商品として成熟していくだろう。

エグゼクティブ・パネルでは、こうしたテーマのほか、STRのプロフェッショナル化、不況がSTRに与える潜在的影響についても議論された。11月に開催されたThe Phocuswright Conferenceのセッション「Growing Pains - the Maturing of Rentals」でも議論された。

VacasaのCFOであるJamie Cohen、Evolveの共同設立者兼CEOであるBrian Egan、HostfullyのCEO兼共同設立者である Margot Schmorakによるセッションの全文は以下をご覧ください。パネルディスカッションの司会は、PhocuswrightのシニアリサーチアナリストであるMadeline Listが担当した。

(12/12 https://www.phocuswire.com/us-overtakes-europe-rental-bookings )

4. 投資家慎重、2022年新興企業ご難

多くの旅行スタートアップにとって今年は厳しい年であり、ここ数年は潤沢だった資金調達が今では難しくなっている。特に初期段階のラウンドは、おそらくパンデミックに悩まされた投資家からのより保守的なアプローチの影響を受けて、市場適合性が証明されたスタートアップに目を向けたことが強調されている。Phocuswrightの年次State of Startupsレポートによると、2022年5月の時点で、旅行スタートアップへの投資は2021年に調達された資金総額の40%をわずかに上回っている。しかし、投資家は遅かれ早かれ回復すると予想していたにもかかわらず、今年後半に景気後退の脅威が迫り、投資コミュニティから警告が発せられたため、2021年の125億ドルの資金調達総額達成は可能性が低いように見えた。とはいえ、レンタル、モビリティ、支払いなど、旅行とその周辺の多くのセグメントは、引き続き投資家の関心を集めている。B2Cスタートアップとは対照的に、ほとんどがB2Bの世界 - 不動産管理または不動産投資 - にあったが、レンタルセグメントに入る注目すべきラウンドがいくつか存在した。2022年初頭、短期賃貸管理プラットフォームのEvolveは、物件を追加し、ゲスト エクスペリエンスをさらに発展させるために、1億ドルの資金調達を発表した。8月には、ライバルのプラットフォームであるGuestyが、1億7,000万ドルを調達して、他の業種への拡大と事業の拡大を発表した。2022年のその他の注目すべきラウンドには、会員制のアパート賃貸プラットフォームLandingの1億2,500万ドル、ホスピタリティ プラットフォームPlacemakr (以前のWhyHotel) の9,000万ドルが含まれる。

モバイル上方へ

Upwardly mobile

2021年はモビリティ セグメント、特にマイクロ モビリティが注目されたが、2022年にはスクーターとバイクへの投資が鈍化したようである。米国に本拠を置くBolt Mobilityなどのいくつかの新興企業の終焉、他の企業の大幅な従業員のレイオフ、およびセグメントが2つまたは3つの企業に統合されるという予測の話があった。モビリティ セグメントへの投資の大部分は自動運転に費やされ、Cruiseに13億5,000万ドル、Wayveに2億ドル、Ruqi Mobilityに1億5,300万ドル、Minieyeに1億2,000万ドルの多額の資金が投じられた。上記のような大規模なラウンドは、観光のユースケースが強調され始めているため、このセクターに対するより広い旅行業界の関心を集め始める可能性がある。マイクロモビリティ企業は、2022年の早い段階で投資を獲得し、Dottは7,000万ドルを集め、Beamは9,300万ドルを調達した。輸送部門では他にも興味深いラウンドがあり、レンタカーのオンデマンド プラットフォームであるKyteは2ラウンドで2億6,000万ドル、陸上輸送プラットフォームのBookawayは3,500万ドルで買収された。旅行業界におけるフィンテックの誇大宣伝や、旅行の支払いに関する発展は、新興企業や一部のより確立されたプレーヤーへの投資家の資金を引き付けている。

Connexpayは10月下旬に1億1,000万ドルを獲得し、世界的な拡大に資金を提供した。一方、決済スタートアップのMeshは6,000万ドルの投資を見た。

また、Appleが今すぐ購入して後で支払うサービスを開始したことの影響はまだ分からないが、旅行BNPLのスタートアップであるFlyNowPayLaterは、2022年の初めに7,500万ドルのデット ファイナンス パッケージを集めた。

法人旅行セグメントがパンデミック中にどれほど困難な時期を過ごし、完全に回復していないという事実を考えると、おそらく驚くべきことに、この分野のいくつかのスタートアップはまだ投資を引き付けることができた。

TripActionsの非公開のIPOの噂が広まっているが、この企業向け旅行プラットフォームは最近、10月のシリーズG への3億ドルと、先週のクレジット ファシリティへの4億ドルを含むさらなる投資を発表した。

また、TripActionsは、スペインに本拠を置くAtlanta Events & Corporate Travel Consultantsの4番目の買収を行った。

一方、旅行の予約と管理のマイクロサービスを提供することを目的とした Travel-as-a-ServiceプラットフォームのSpotnanaは、シリーズBの資金調達で7,500万ドルを調達した。他の企業旅行スタートアップは、Itiliteに2,900万ドル、Hotailorsに2,300万ドルを含む小規模なラウンドを集めた。旅行の他のセグメントのスタートアップは資金調達に成功したが、多額の資金はほとんどなかった。注目すべきラウンドには、オンライン旅行会社Kiwiの1億ユーロと、スペインを拠点とするツアーおよびアクティビティ マーケットプレイスCivitatisのほぼ同額が含まれる。

2023年に向けて注目すべき分野の1つは、Joby Aviation (6,000万ドル) やLilium(1億1,900万ドル) などの電動垂直離着陸スタートアップへの関心と投資が増えることだ。

将来を見据えて

Looking agead

問題が多く複雑であるため、自動運転車は今後も多くの注目を集めるだろう。

インフレが上昇し、不況が続く中、さらなる合併と買収もありそうだ。代替宿泊施設のスタートアップであるBob Wは、複数の地域プレーヤーを買収して、ヨーロッパ全体での存在感を高め、不動産管理会社のAltidoがSherpaを買収した。8月に企業宿泊施設のプラットフォームであるHRSがPayPenseを買収したことで、決済会社も買収の対象となっている。

同月、SabreはConferma Payの買収を発表した。サステナビリティのスタートアップへのさらなる投資、特に相殺を超えたイニシアチブに注目して欲しい。

Swvl、Selina、Amex GBT、そして最近ではGetaroundなど、今年のIPOへの道のりは特別目的の買収会社である。株価をざっと見てみると、過去1年間にSPAC経由で上場したほとんどの企業がここ数週間で下落していることが分かる。カーシェアリング プラットフォームのGetaroundは、先週公開された後、株価が急落したことで、ここ数日特に波乱に富んだ動きを見せている。上記の投資動向の多くは、The Phocuswright Conferenceの期間中、PhocusWire StudioでUnlock Advisersのスタートアップ コンサルタントCara Whitehillとも議論された。彼女はまた、大企業がスタートアップとどのように関わることができるか、そして新規参入者が不況を乗り切る方法についても触れている。

PhocusWireシニア レポーターのLinda Foxとの完全なインタビューについては、以下を参照してください。

(12/12 https://www.phocuswire.com/travel-startup-funding-trends-2022?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

5. 米バケーションレンタル回復継続予測、AirDNA

AirDNAの新しいレポートによると、迫り来る不況にもかかわらず、旅行の追い風が来年の米国のバケーション レンタル業界の需要と供給を刺激すると予想される。ほとんどの予測は、2021年と2022年に短期レンタルが経験した「劇的な」回復には達していないが、多くの場合、2019年のレベルを上回っている。

AirDNAのUS 2023 Short-Term Rental Outlookは、「経済的な逆風にもかかわらず、旅行を優先する嗜好の変化と同様に、都市部での継続的な回復により、STRは2023年に強力な地位を築く」と述べている。

分析では、2022年の21.1%と2021年の20.5%の急増から、2023年に需要が5.5%しか増加しないと予測している。レポートは、需要の減速を「成熟した市場の回復」に帰している。

デンバーのSTR業界を追跡するベースのデータ会社AirDNAによると、2022年第4四半期と比較して、2023年のベースラインまたはダウンサイド シナリオの季節調整済み需要はわずかに減少すると予想されるが、ダウンサイド シナリオでも季節調整済み需要はパンデミック前のレベルをはるかに上回っている。

稼働率は、2022年の58.3%、2021年の60.3%から56.4%にわずかに低下し、「パンデミック前のレベルよりも依然として大幅に高い」と予想される。

「2023年の稼働率の低下は、現在稼働率が最も高い地域、特に沿岸や山岳リゾートで最も深刻に感じられると予想される」と報告書は指摘している。

2022年の25.3%の急上昇と比較して、「潜在的な利益の低下によるピンチが感じられるため」、リストされている夜(nights)はわずか9%しか増加しないと予想される。しかし、「経済の潮流が変わるのを待っている間に物件の価値を最大化するために、住宅所有者(特にセカンドハウスの所有者)は短期賃貸に頼るかもしれない」と研究は述べている。

 

 

 

 

 

経済的圧力とインフレにうんざりしている消費者により、2023年のADRはわずか1.7%しか上昇しない。AirDNAは、2022年の2.1%上昇と2021年の27.8%の急上昇から、RevPARが -1.6%に低下すると予想している。

レポートには「これは、稼働率がすでにピークから落ち始めているリゾート地や小都市で最も強く感じられるだろう。パンデミック前のパフォーマンスへの回復が遅れている他の都市の場所でも、RevPARのわずかな増加が見られる可能性がある」と記載されている。

 

 

 

 

 

AirDNAは10月に新しいCEOを迎え、最高執行責任者を務めていたDemi Horvatが昇進した。The Phocuswright Conferenceで、HorvatはPhocusWireのLinda Foxに、彼女の経歴、CEOとしての優先事項、会社が成長する機会をどこに見出しているかについて話した。以下の完全な議論をご覧ください。

(12/13 https://www.phocuswire.com/study-forecasts-str-growth-2023?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

スクリーンショット 2022-12-27 11.27.39.png

6. OTA,の決済最適化

世界中の旅行およびホスピタリティ業界がパンデミックの影響から回復するにつれて、オンライン旅行代理店 (OTA) は復活に重要な役割を果たしています。彼らの取り組みは、世界の旅行および観光業における何百万もの中小企業に直接利益をもたらしている。OTA の急速な台頭は、グローバルなデジタル トランスフォーメーションの時代の印象的な全体像を示している。

PATA (太平洋アジア旅行協会) のデータによると、わずかな期間で、OTAはホテル、パッケージ ツアー、航空会社、鉄道、クルーズで構成される世界全体の旅行スペースの約40%を獲得した。2021 年から 2027 年の予測期間中、OTA市場は2027年までに約1兆5,000億ドルの収益を生み出すと予想されている。OTAはわずかな利益率で運営されているため、事業を保護および拡大するために運用を最適化する必要がある。これらの結果を達成する1つの方法は、コストがかからず、顧客体験に影響を与える可能性が低い効率的な支払いシステムを使用することである。ここでは、支払いに関する5つの課題と、OTAがそれらを克服し、支払い処理をより効率的にするために実行できる手順を示す。

高額な国境を越えた支払い

Expensive cross-border payments

グローバリゼーションにより、あらゆる種類の企業が国境を越えてより頻繁に取引するようになった。OTAのサプライヤーと顧客は世界中に広がっているため、グローバルな取引のために信頼性が高く費用対効果の高い国境を越えた支払いが必要である。さらに、外国為替レートの変動、取引手数料、長い決済時間、常に存在する詐欺の脅威、地政学的な不確実性、規制要件など、その他のリスクとコストが伴う。その結果、リスクと詐欺の管理に加えて、OTAは幅広い支払いモードを提供し、複数の通貨を管理する必要がある。バーチャル カードや航空会社の決済プランは費用対効果の高いオプションであるが、プラスチック カードや銀行振込では取引手数料が高くなる。世界中でデジタル化が進むにつれて、国境を越えた支払いが改善されている。バーチャルカードとモバイル決済は、この成長を後押しする重要なトレンドだ。バーチャルカードは、低リスク、汎用性、およびAPIによる簡単な統合を約束する。実際、最近のJuniper Researchのデータによると、バーチャルカードは2026年に世界の取引額で6.8兆ドルに達することが明らかになった。この肯定的な予測は、このような革新的で費用対効果の高い支払いモードの採用に対するニーズが高まっていることを示している。

支払詐欺のリスク

Payment fraud risks

非効率的な支払いメカニズムは、詐欺に対して最も脆弱になる可能性がある。

不正行為は利益率を即座に損なうだけでなく、企業や個人の評判を低下させ、顧客を引き付けて維持する能力に影響を与える可能性がある。IBMによると、サイバー犯罪者が2番目に狙う業種は旅行と輸送である。Ryanairが2021年に強調したように、仲介者として、OTAは特にそのような犯罪の影響を受けやすく、その評判は最も簡単に傷つく。カードを実際に提示しない取引が増加する中、支払いを受け取ったりサプライヤーに支払ったりする際の不正行為は依然として主要な懸念事項である。したがって、安全なプラットフォームと一連の安全な支払いメカニズムを備えた支払いパートナーを選択することは、OTAにとってこれまで以上に重要になっている。バーチャルカードはこの点で OTAを保護できるが、デビット カードやクレジット カードは銀行振込や航空会社の決済プランよりもリスクが高くなる。

複雑な調整

Complicated reconciliation

国境を越えた支払いは複雑だ。チャージバックと取り消し、複数の支払い手段、および支払いプロバイダーと合わせて、トランザクションの処理にコストと時間がかかる。エラーが発生すると問題が悪化する可能性があり、特に管理が不十分で透明性が低い場合は、不正な取引を見逃す可能性がある。ただし、バーチャルカードは、手動プロセスと詐欺を排除することにより、この現在のシナリオを変革するのに役立ち、それによって調整をシームレスにする。

困難な紛争と払い戻しプロセス

Challenging dispute and reimbursement process

どのビジネスでも、支払いに関する紛争は珍しくない。そのため、競合するオンライン取引とその結果生じるチャージバックが蔓延している。航空会社の和解案に関しては、彼らの論争の是正(dispute redressal)と払い戻しのプロセスは、航空会社に有利に大きく傾いている。ただし、カード支払いでは、チャージバックが信頼性の高い紛争プロセスを提供し、バーチャルカードはより強力な詐欺防止という追加の利点を提供する。

流動性が低い

Low liquidity

すべてのビジネス、特に旅行セグメントのビジネスにとって、安定したキャッシュフローは不可欠である。わずかな利益率を考えると、苦戦するビジネスと繁栄するビジネスの違いは流動性によって決まる。パンデミックにより、プラスのキャッシュフローと現金準備の重要性がさらに強調された。口座に資金が保持される期間を延ばすために、OTAは活発な支払い戦略を持たなければならない。カードは、エージェントがカード会社の会費を決済するまで顧客の資金を保持できる期間が長くなるため、価値のある代替手段である。ここでは、バーチャルカードが流動性を維持するため、最も効果的です。代理店は、取引日をカスタマイズして、顧客による支払い時からサプライヤーまたはマーチャントに送金する必要がある期間まで、より長い期間、口座にお金が残るようにすることができる。これに関連して、クロスボーダーおよびマルチチャネルの支払いを提供するグローバル プラットフォームとして、TerraPayはあらゆるOTAの支払いの効率を高めることができる。決済手数料は削減されるが、OTAが運営されている場所であれば、決済の利便性、透明性、スピードが向上します。これは次の方法で行う。

  • 国際決済の外国為替および取引手数料の削減 

  • 現地での集金をスピードアップし、必要な通貨に変換し、リアルタイムで銀行振込を行い、世界中でリアルタイムの同日支払いを行う

  • ビジネスの成長に伴い、新しい地域での支払いニーズを管理することにより、グローバルな拡大を可能にする

著者:Koert Grasveldは、TerraPayの支払い担当副社長。

(12/12 https://www.phocuswire.com/optimizing-payments-online-travel-agents-boost-their-business?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

7. ホテルとDMO、サステナ認識変化への対応

今年、世界の旅行量が回復し始めたとき、旅行業界は一様に安堵のため息をついた。しかし、パンデミックの激変は、過去3年間の業界の重大な問題にスポットライトを当ててきた。この問題は、今後も蔓延し続けるだろう。

ホテルと目的地管理組織 (DMO) は、将来の計画を立てる際に、持続可能性などの分野におけるこれらの変化の影響について最新の状態に保つ必要がある。彼らは、消費者の需要が変化し、変化し続けている方法に関与する必要がある。

旅行業界は、持続可能性が消費者の意思決定においてこれまで以上に大きな役割を果たすことを認識している。MarketCastとAmadeusが実施したGlobal Travel Agent Report 2022は、この変化がすでに始まっていることを示唆している。このレポートは、GDSの使用状況と消費者の好みに関する60か国以上の1,000を超える旅行代理店の調査結果を照合したため、チャネル上のホテルやDMOによってより効果的にターゲットにされる可能性がある。

消費者の優先順位の変化

Shifting consumer priorities

Amadeusの調査によると、現在、環境の持続可能性は旅行者にとって2019年よりも優先度が高く、顧客は旅行会社の持続可能性の取り組みに関心がないと答えている旅行代理店はわずか7%にすぎない。さらに、Amadeusとワールドワイド ビジネス リサーチ (WBR)の調査、「2022年以降の持続可能な出張」では、調査対象の企業の66%が、今後12か月間で持続可能な出張が中程度の優先事項になると感じており、19%が、優先度が高口なると感じていることがわかった。これは、企業が環境への影響をますます意識するようになっている一般的な傾向と一致しており、持続可能な旅行がますます重要になるだろう。

持続可能性が注目を集めているにもかかわらず、今日の旅行者にとって、他の要因と比較して優先度は依然として低いことに多くの人が気付いている。

この調査では、価格、健康と安全、価値と清潔さがすべて環境よりも旅行者にとって重要であることがわかった。特に生活費が上昇するにつれて、価格は依然として第重要であるが、企業は3つの理由から持続可能性について積極的に取り組む必要がある。

  • 持続可能性が優先順位のリストの上位に上がるまで待つことは、手遅れになるまで待つことになる

  • 一部の消費者にとって、持続可能性はすでに旅行の選択において最も重要な要素である可能性がある

  • 一部の消費者は持続可能性のためにもっとお金を使うことを厭わず、競争の激しい業界ではわずかなマージンが大きな違いを生む可能性がある。

McKinseyのデータによると、乗客の46%が、カーボン ニュートラルなフライトに2%以上の追加料金を支払う意思があることがわかった。これは、消費者がより持続可能な旅行のために喜んで費やす金額である。

時代の変化にデータで対応

Responding to changing times with data

ホテル経営者やDMOはこれまで以上に情報を入手する必要があり、そのための最善の方法はデータを活用することである。サステナビリティに対する消費者の好みは、目的地、旅行者のタイプ、またはサステナビリティの特定の側面によって異なる。これらの好みの重要性を真に理解する唯一の方法は、データにアクセスすることだ。これにより、旅行プロバイダーは消費者の旅行への期待と行動の傾向を確認できるため、それに応じて対応し、マーケティング キャンペーンを調整してこれらの変化を正確に反映させることができる。消費者グループが異なれば、サステナビリティへの要求も異なる。IHGの調査によると、若い旅行者は、年配の消費者よりも旅行体験においてより環境に配慮したいと考えている。さらに、Expediaの最近の調査によると、アジアの旅行者はヨーロッパやアメリカの旅行者よりも持続可能な旅行を好むことがわかった。これらのライフスタイル、人口統計、地理的な違いは、DMOや旅行業者にとって重要な情報だ。消費者が関心を持っていることを強調するターゲットを絞ったメッセージは、旅行者の注意を引くための最善の方法である。受け身ではなく積極的に

旅行者に予約前にサステナビリティへの取り組みを認識してもらうことで、需要を解き放つことができる。代理店のレポートは、旅行代理店がGDSシステムのホテルの説明 (hotel description, HOD) の詳細に圧倒的に依存していることを強調している。したがって、最新のサステナビリティ情報を追加することは、これらの消費者とつながるために不可欠だ。GDSで広告を掲載するDMOは、世界クラスの観光スポットやアクティビティについて旅行代理店やホテル経営者を教育するだけでなく、より持続可能な休暇を目的地で過ごす方法を旅行者に知らせる必要がある。持続可能性は、旅行者にとってますます重要になる要素である。今こそ、DMOとホテル経営者がこの需要を捉え、戦略を調整して、持続可能な旅行に関するこれらの変化する認識に対応するときだ。

著者:Scott Falconerは、Amadeusのホスピタリティ向けメディア ソリューション担当エグゼクティブ バイス プレジデント。

(12/14 https://www.phocuswire.com/hotels-dmos-perceptions-on-sustainability?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&ool_enc_id=7798E1381467C7B )

8. Journeraの新マーケティング ソリューション

リアルタイムのデータ交換を提供して旅行者にシームレスな体験を提供し、旅行会社に収益機会を提供するJourneraは、目的地のマーケティング組織と観光局向けの新しいソリューションを開始する。Journera Audiencesは、ファーストパーティの航空会社とホテルのデータを使用するため、目的地のマーケティング担当者は、過去および将来の予約に基づいて戦略を立てることができる。JourneraのCEOであるJeffrey Katzは、「私たちのメッセージは、あらゆるタイプの旅行ブランドと目的地にとってシンプルである。独自のデータは、旅行エコシステム全体からのファーストパーティ データと組み合わせると、はるかに価値がある」と述べている。Journeraによると、同社のシステムは、ユナイテッド航空、アメリカン航空、ヒルトン、インターコンチネンタル ホテルズ グループ、マリオット インターナショナル、ハイアット ホテルズ コーポレーションなどを含む商用パートナーのすべての予約を収集する。3億2,500万人以上の顧客と7億6,000万件の予約を占めている。Journera Audiencesを使用する目的地は、データを絞り込むことができる。たとえば、「目的地または競合する目的地へのアクティブな航空会社およびホテルの予約」や「過去の旅行で消費して再び旅行する傾向が高い顧客」をフィルタリングできる。Journeraによると、Audiencesを使用しているクライアント (Travel Texas、Visit Tampa Bay、Visit Savannah、フロリダ キーズおよびキー ウェストなど) は、ソリューションを使用してROIを高め、目的地への訪問と収益を促進している。「私たちのアプローチは、ターゲットオーディエンスが地域や目的地を訪れる可能性のある人々で構成されている場合に、目的地が直面する非効率的な課題を解決する。Journera Audiencesを使用すると、ボットではなく、既知の旅行者、閲覧者ではなく予約者にリーチできる」と、Journeraのセールス、ツーリズム担当ディレクターであるMaria Sheetzは述べている。
2020年のPhocusWire Hot 25スタートアップ企業であるJourneraは、6月にシリーズB-1資金調達で1,000万ドル最後の投資を受け取った。

(12/14 https://www.phocuswire.com/journera-new-destination-marketing-solution?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

9. Blockskye, Arise, Dtravelの旅行ブロックチェーン

旅行業界のさまざまなプレーヤーが、ブロックチェーン ベースのソリューションを検討し議論してきた。数年前、PhocusWire がこのトピックの掘り下げを開始したとき、意見はほとんど二極化した。ある人はそれを作成中の革命として宣伝し、他の人は一時的な流行として書き留めた。2022年になると、旅行における予約、支払い、決済、身元確認など、あらゆる種類のトランザクションに対して、ブロックチェーンがよりスマートで高速かつ安全なメカニズムを提供できるというコンセンサスが得られる。
Blockskye、Arise、Dtravelは、現在ブロックチェーン ベースの旅行システムを運営している3社である。The Phocuswright ConferenceのセッションでBlocksksyeの共同設立者兼共同CEOのBrook Armstrongによると、会社は出張に特化しており、現在、1日あたり100万ドルから200万ドルの取引を約2,200件処理している。Blockskyeのパートナーには、KayakとUnited Airlinesが含まれており、大規模な企業クライアントの直接予約を可能にしている。Ariseの共同設立者兼CEであるNadim el Manawyによると、Ariseは、ホテルと、オンライン旅行代理店や旅行管理会社などの旅行業者との間の取引用に、同様の分散台帳ベースのネットワークを運用している。Cynthia Huangは、ブロックチェーンを使用して直接予約 Web サイトとバケーション レンタルの直接予約エンジンを強化するDtravelの需要拡大の責任者である。Phocuswrightのシニア テクノロジーおよび企業市場アナリストであるNorm Roseとのディスカッションで、パネリストは、データの所有権と管理を個々のユーザーに移行し、取引当事者間に透過的でスケーラブルな真実のソースを作成し、効率と収益を増加させる新しいモデルをブロックチェーンがどのように可能にするかを説明する。

以下のパネルディスカッション全文をご覧ください。

(12/14 https://www.phocuswire.com/blockskye-arise-dtravel-blockchain-in-action-for-travel?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

10. トリップ・コム、第3四半期継続増収

Trip.com Groupは、9月30日に終了した四半期の国内ホテルと航空券の予約売上が伸び、回復を続けている。グループの純売上は、中国国内市場の回復を受け、前年同期比29%増、2022年第2四半期比72%増の9億6900万ドルだった。

宿泊収入は前年同期比32%増の4億800万ドル、交通機関のチケット収入は前年同期比44%増の3億6900万ドルであった。第3四半期の当期純利益は、前年同期の125百万米ドルの純損失から34百万米ドルに増加した。調整後EBITDAは1億9800万ドルで、前年同期比164%増となった。

Trip.com Groupによると、グローバルプラットフォームにおける航空券予約全体が前年同期比で100%以上増加し、国際事業が急速に回復を続けているとのことである。同グループのエグゼクティブ・チェアマンであるJames Liangは、「2022年第3四半期、世界市場は正常化に向けて継続的に前進した。EMEAとアメリカ地域は、夏の旅行ニーズに牽引され、力強い成長の勢いを維持した。また、アジア太平洋地域でも、国境が再開され検疫措置が解除される市場が増え、旅行活動が急速に回復している。私たちは、世界の旅行業界の長期的な見通しと、その先にあるチャンスに期待している」と述べている。

Trip.com Groupの最高経営責任者であるJane Sunは決算説明会で、最近開始したプロジェクトAに触れ、パンデミック時のビジネスを後押しするために2020年に開始したプロジェクトBのアップグレードと表現した。

"B"は自動化を意味し、"A"は新たなピークに到達することを意味する。プロジェクトAは、商品とサービスの改善によってブランドイメージを再構築し、消費者の信頼を回復すること、知識の共有と産業インキュベーションセンターの建設によって業界を再結束すること、そして持続可能な旅行を推進する最後のプロジェクトを推進することによって業界の社会と環境への責任を再確立するという戦略でスタートする」と述べている。

プロジェクトAは、"グローバル観光データ・リソース共有プラットフォーム "の構築など、4つの柱で構成されている。

Trip.comグループのエグゼクティブ・バイスプレジデント兼チーフ・マーケティング・オフィサーであるBo Sunは、「私たちは、航空券やホテルのリソースを世界中の旅行会社に開放している。短期的には、旅行サービスプロバイダーが商品をパッケージ化してオンラインで販売することを容易にし、旅行先が中国人アウトバウンドツーリストの最初の集団にアクセスするのを助けるだろう。また、長期的には、このプラットフォームは、世界の旅行者の動向や商品の供給状況に応じて、サプライチェーンをリアルタイムに更新することが可能になる。技術主導の大手旅行サービスプロバイダーとして、このような開発とリソースの共有を通じて業界の進歩を促進する責任があると信じている」と語る。

また、同社は最近、環境、社会、ガバナンスの目標に連動した15億ドルのサステナビリティ連動融資制度を複数の金融機関と発表している。

(12/15 https://www.phocuswire.com/trip-com-group-q3-2022-financials?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

11. グーグルとウーバーの地上輸送への影響

陸上輸送セグメントは細分化され続けており、進歩はあるものの、旅行者にとってシームレスな体験は依然としてとらえどころのないものである。1年前には、輸送会社、特に消費者の世界のスクーターや自転車会社に利用できる莫大な資本があったが、現在では資金を調達するのが難しくなっている。B2Bの世界では状況が少し異なり、一部のスタートアップは6月に3,000万ユーロのディストリビューションを含む重要なラウンドを引き付けた。陸上輸送プラットフォームのOmioも同じ月に8,000万ドルを集め、同社は投資の一環としてパートナーシップを拡大する計画を立てていると述べた。

SilverRail Technologiesの共同創設者兼CEOであるAaron GowellとDistribusionの共同創設者兼最高事業責任者Johannes Thunertが、Phocuswright ConferenceのPhocusWire Studioに参加し、資金調達とセグメントの機会について話し合った。

ディスカッションでは、持続可能性の目標を掲げたGoogleやスーパーアプリ戦略を掲げたUberなどの企業の開発が、業界全体でより広範な進歩をどのように促進するかについて触れている。政府が短距離飛行を抑制しようとしているため、地上輸送がどのように議論の最前線にあるか、持続可能性も脚光を浴びている。最後に、「Travelers. Titans. Trailblazers」を会議のテーマとして、GowellとThunertは、確立された企業およびエコシステム内の新興企業として、お互いから何を学ぶことができるかについても話し合う。

PhocusWireのシニア レポーター、Linda Foxとの完全なインタビューについては、以下を参照してください。

(12/15 https://www.phocuswire.com/ground-transportation-trends-silverrail-distribusion?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

12. ブロックチェーン旅行流通TravelX

PhocusWireのHot 25 Travel Startups for 2023の1つであるTravelXは、セキュリティ、透明性、効率性を高めるために、旅行業界向けのブロックチェーン ベースの流通および小売インフラを構築している。同社は2021年に設立され、CEOのJuan Pablo Lafosseが率いている。Juan Pablo Lafosseは、アルゼンチンを拠点とするオンライン旅行会社Almundo (2020年に売却) の創設者兼CEOであり、それ以前は、Aerolíneas Argentinasの最高商務責任者であった。TravelXの技術により、航空会社は在庫をより効率的に管理し、それを代替不可能なトークン (NFT) にトークン化して、旅行者により多くの柔軟性を提供し、サプライヤーにより多くの収益をもたらす機会を生み出すことができる。The Phocuswright Conferenceで、TravelXのトラベル サプライ部門の最高責任者であるErika Mooreが、同社の価値提案と、ソリューションの基盤としてブロックチェーンを使用している理由について説明する。Mooreはまた、あらゆるタイプの航空会社がTravelXのテクノロジーをどのように利用できるか、また関心が急速に高まると予想する理由についても説明している。以下の完全な議論をご覧ください。

(12/16 https://www.phocuswire.com/travelx-empowering-airlines-travelers-through-more-control?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B

13. VIDEO: アマデウス、モビリティー ソリューション投資

Amadeusは、モビリティ テクノロジー企業のEccocarに非公開の金額を投資した。スペインを拠点とするこのスタートアップへの投資は、カーシェアリングとマイクロモビリティ向けのデジタル ソリューションを提供する。Ninepointfiveを含む他の多くの投資家も非公開のラウンドに参加した。

Eccocarの共同創設者兼CEOであるIván Luarca Gayoは、「私たちは共同で革新的なソリューションを顧客に提供し、Amadeusのサポートにより、特にレンタカー部門での国際的な拡大を加速することができます。この投資により、Amadeusはレンタカーや事前に手配された送迎を超えて、グローバルプラットフォーム全体で追加のモビリティコンテンツを提供できるようになる」と述べている。Amadeus Venturesの責任者であるSuzanna Chiuは「これらの変化に対応するために、コラボレーションは、当社のソリューションが旅行者の高まる期待に確実に対応するための優れた方法である。両組織間の相乗効果を活用することで、Amadeusは、シームレスなエンドツーエンドのレンタカーと旅行者向けのアーバン モビリティ エクスペリエンスを構築する」と述べている。

今年Amadeus Venturesが行ったその他の投資には、資金調達時にBetterezと合併したBusbudが含まれる。Betterezは過去にAmadeusから出資を受けている。同社はまた、7月にPhocusWire Hot 25 Travel Startupである気候技術スペシャリストChoooseへの投資を発表した。

(12/16 https://www.phocuswire.com/amadeus-invests-in-mobility-tech-eccocar?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

14. ホッパー、ソーシャルコマース、サステナ、顧客中心 語る

Hopperは、もともと格安航空券を追跡・予約するためのアプリとして開発されたが、今ではフィンテックや "ソーシャルコマース" といった言葉の代名詞にもなっている。Fred LalondeとJoost Ouwerkerkは2007年に会社を設立し、2015年にアプリを立ち上げた。その間の時間を利用して、フライト料金の膨大なデータセットを開発した。しかし、パンデミックが始まって以来、Hopperの軌道は加速し、新しい方向にスピンアウトした。2021年3月、同社はHopper Cloudを発表した。これは、インフラストラクチャ、エージェンシー コンテンツ、フィンテック製品、データ サイエンス機能を他の企業に販売するB2Bセグメントである。この立ち上げは、Capital Oneが最初の顧客として調印したことと、金融会社がシリーズ F 資金調達で1億7,000万ドルを投資したことと一致していた。11月には、さらに9,600万ドルが追加された。新規顧客には、今週初めに発表されたBooking Holdingsのオンライン旅行代理店ブランドのAgodaと、11月に発表されたコロンビアに拠点を置くデジタル バンキング プラットフォームのNequiが含まれる。Hopperによると、Hopper Cloudは現在、ビジネス全体の40%以上を占めている。一方、昨年、Hopperはアプリで深いゲーミフィケーション体験を構築し、マーケティング支出をFacebookやTikTokなどのソーシャル メディア チャネルから、報酬やインセンティブの形で直接消費者に移行した。The Phocuswright Conferenceのセンター ステージでの会話、ラロンドは、このタイプの「ソーシャルコマース」がHopperを助けるものであると信じている理由を説明する。Hopperは今年、旅行および旅行フィンテックで45億ドルを販売する予定である。ExpediaやBooking.comなどの企業よりもさらに大きく成長する。Lalondeは、Hopperの収益性の欠如を最大の弱点と呼んでいるが、現在の優先事項には、ホテルへの直接供給、賃貸住宅の在庫、国際的な拡大への投資が含まれている理由を説明している。Lalondeは持続可能性についても触れており、他の旅行会社への行動を呼びかけており、Hopperが「顧客志向の会社になるのに時間がかかりすぎた」ことを遺憾に思っている。「あなたも投資家も会社も関係ない。顧客がそれを知っているかどうかにかかわらず、何を必要としているか、何を望んでいるかは、重要な唯一の真実である」と彼は言う。
以下の完全な議論をご覧ください。

(12/16 https://www.phocuswire.com/hopper-lalonde-social-commerce-sustainability-customer-obsession?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

15. 12月12日の週の資金調達関連記事

  • 地上輸送の Welcome Pickups

地上交通機関会社Welcome Pickupsは、最新の資金調達ラウンドで530万ユーロを調達した。既存の投資家であるMarket One Capital、Flashpoint、Venture Friendsも、ギリシャに拠点を置くこのスタートアップへの投資に参加した。

この資金調達は、Welcome Pickupsの目的地ネットワークを倍増させ、北米と南米で新しい目的地を立ち上げるための拡大資金に充てられる予定。

CEOのAlex Trimisは、今回の資金調達の一部は、顧客体験の向上と新製品の開発にも充てられると述べている。

同社は、送迎、観光用の乗り物、SIMカードやアトラクションのスキップチケットなどの付加的な旅行サービスを提供している。2015年に設立されたWelcome Pickupsは、パンデミックにもかかわらず、過去18カ月間、黒字を維持しているという。また、2022年には50%の成長を遂げ、30の新しい目的地を立ち上げたとしている。同社は2019年に330万ユーロを調達し、パートナーを追加し、コアチームをさらに構築し、アプリを開発する予定だと述べている。

(12/12 https://www.phocuswire.com/welcome-pickups-5-3-m-funding?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

  • Hotel Manager

ホテル テクノロジーのスタートアップであるHotel Managerは、シード資金で100万ポンドを調達した。Fuel Venturesが英国を拠点とするこの会社への投資を主導し、Pitchdrive VC、CORE angels Lisbon、Boost Fund、Startupist Venturesも参加した。

Hotel Managerは2020年に設立され、ホテルがニーズに応じて組み合わせることができる一連のモジュラー ソリューションを提供している。ゲスト向けアプリケーションやホテル オペレーション ソリューションなどのサービスは、Hotel Managerのノーコード プラットフォームからアクセスできる。

(ノーコード(NoCode)とは、一定のサービス開発を「プログラミングを一切行わずに制作」すること)

リリースによると、Hotel Managerはこの資金を使用して、ユーザーベースをさらに増やし、主要なチームメンバーを雇用し、より多くの市場に拡大する予定である。CEOのAjwad Hashimは「既存の技術は高価すぎ、断片化されすぎており、現代の世界には向いていない。ホテルのソフトウェアを一から作り直し、オンデマンド世代向けに構築した」と述べている。Hotel Managerを設立する前は、HashimはBarclaysで戦略、イノベーション、新興技術部門を率いていた。共同創業者のGokulan Kannanは、バークレイズのアナリストであった。

(12/14 https://www.phocuswire.com/hotel-manager-1-million-seed-funding?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

  • ホテルテックの Mews

ホテル技術プラットフォームMewsは、1億8,500万ドルのシリーズC資金調達を完了した。この投資はKinnevikとGoldman Sachs Asset Managementのグロースエクイティビジネスが主導している。Revaia、Derive Ventures、Orbit CapitalもBattery Ventures、Notion Capital、Salesforce Ventures、Thayer Venturs、henQなどの既存投資家と共にこのラウンドに参加した。今回の資金調達は、製品イノベーションのスピードアップ、事業拡大、M&Aなどに充てられる予定。

Mewsは今年初め、不動産管理システムのセニアムとPOSソフトのビゾンを買収した。7月には、さらなるM&Aを加速させるために投資部門であるMews Venturesを立ち上げた。

Mewsは声明の中で、2022年に収益と総支払額が大きく伸びたと述べている。

MewsのCEOであるMatthijs Welleは、「我々のミッションは、ホスピタリティを誰にとってもよりやりがいのあるものにするクラウドソリューションで、ホスピタリティ業界を変革することである。今回の資金調達により、Mewsチームは製品とエンジニアリングにおける非常に野心的な計画を加速させ、国際的な拡大を続け、世界で最も先進的なホテルのオーナーとオペレーターに確実にサービスを提供できるようになる」と言う。

また、Kinnevik社の投資ディレクターであるAkhil Chainwalaは、「Richard、Matthijs、そしてMewsの幅広いチームは、ホテル経営者のニーズを深く理解し、製品優先のアプローチで、破壊の機が熟したセクターで最新のソリューションを開発してきた。より複雑なゲストのニーズとコストの上昇によってホスピタリティ業界でのクラウドの導入が加速する中、Mews はこの業界のデジタル配管を再構築する上で最適な立場にある。私たちは、4番目の投資先として旅行会社を迎えることができ、ミューズが次のステージに進むのをサポートできることを楽しみにしている」と言う。

2012年に設立された同社は、2019年に3,300万ドルのシリーズB資金を含め、これまでに2億2,500万ドルを調達している。

(12/15 https://www.phocuswire.com/mews-series-c-185-m?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

 

+++++

印刷用ファイル

bottom of page