海外事情 2022年  2月  14日号

今週号では、五つ目の航空会社Breeze Airwaysを米国で創立したDavid Neeleman(62)のインタビュー記事が閲覧第1位にランクインした。(「8. In The Big Chair、Breeze Airways David Neeleman」)

Breezeは、誰も飛んでいない米国の二次的都市間を結ぶ路線を中心に直航便を飛ばすニッチの航空会社だ。 使用機材はエンブラエルとエアバスの混成14機で、複数機種編成による2クラスや機内食サービスを提供する。 LCCとFSCを足して2で割ったハイブリッド型の航空会社だ(「8. In The Big Chair、Breeze Airways David Neeleman」)。(エアバスは5月にライン導入となる。)

五つの航空会社とは、Morris Air、WestJet、JetBlue、Azul Linhas Aereas(ブラジル)とBreezeである。 

 

Breezeには、何とコールセンターが存在しない。 代わりに、テキストとMessengerを使用して顧客に対応する。 Neelemanは、「航空会社(のコールセンター)に電話をかけ、15分以内に誰かが出てくれて、適切な時間内に問題を解決できたことがあるか? 3時間または4時間待つか、深夜に“礼儀正しいコールバック” が行われる可能性が高い。 Breezeでは、テキストとMessengerを使用してゲストに応答し、平均待ち時間と完全な問題解決に要する時間は平均15~20分である。 それを経験したら、(顧客は)二度と航空会社に電話することはない」と自信満々だ。 

 

もう一つの記事「12. 非接触トラベルテックの10トレンド」は、非接触チェックインなどのデジタルゲストのエクスペリエンスを提供していないホテル経営者は宿泊客を失望させるリスクを冒し、増収とコスト削減による運営効率のチャンスを逃していると言う。 デジタルに精通した宿泊客たちのニーズに応えることはもちろん、パンデミックが引き起こした人手不足への対応も可能にするトラベルテック導入に遅れてはいけないと旅行業界幹部に忠告する。

 

この2つの記事は、最近の自分の幾つかの経験を直ぐに思い出させてくれた。 

 

その1: アムステルダムに国際小包を送付するので、日本郵便とクロネコヤマトに電話したら、自動応答の音声が「混雑しているから後で掛け直せ」と言って、一方的に切られてしまった。 何度も、何度もかけ直しても拉致が開かない。 どちらであったか忘れたが、電話サービスは中止したと言っていた所もあった。 結局、日本郵便のサイトに入り、パソコンを使って会員登録して、郵送宛名ラベルと税関申請書に必要事項を英語で記入、それらをプリントアウトして、小包と共に郵便局の窓口に持って行った。全く不慣れなこともあってか、やり直しの連続で、これらの手続きに半日も要してしまった。 

郵便局の窓口では、係の人が書類の種類と枚数を手際よく確認するだけで、郵送手続きが極めてスムースにあっという間に終了した。 何か不備があるのではないかとビクビク怯えていた自分は、その速さに拍子抜けてしまったくらいだ。

 

後で考えて分かったことだが、何の事は無い、小包伝票などの書類は、機械が自動的にチェックし、間違っている場合はプリントができないようになっているのだ。 すなわち、窓口に提示された所定の書類は、プリントアウト出来たのだから間違っていない正しいものなのだ。 だから、窓口係りの人の再確認は書類の種類とその枚数だけで、後は不要となる仕組みが取られている。

 

その2:AmazonとZoomに対する苦情処理でチャットした。 Amazonは宅配の問題による購入取り消し、Zoomはサブスク会費の払い戻しを、それぞれチャットで依頼した。 結論から言おう。 この2つのチャット品質は申し分ない。

どちらも待たせず、こちらの要求を親切に良く聞いてくれて、即時にアクションを取ってくれた。 これなら全然問題ない。 電話応対よりも良いくらいだ。 Breeze同様、この二つの会社はコールセンターを持っていない。

 

その3: 10年以上前に購入したシャープの温風機の取説が、すでに保証期間が過ぎてしまったのかネットでは閲覧できなくなっていた。 電話が混み合って繋がらないので、チャットでそれを要求した。 これも待たずにあっと言う間に解決した。

 

その4:ユニクロで「極暖」を購入した。 チェックアウトは、レジは誰もいない無人キャッシャーでの “お会計” だった。 所定の場所に購入した商品を置くと、目の前の小さな画面が購入金額を瞬時に表示する。 クレカによる支払いを選んで、指示された場所にカード入れて、これもあっという間に終了となった。

 

このように、至る所でテクノロジーが利用されるようになった。 パンデミックが、その速度を速めていると言う。 しかし、忘れてはいけないのは、特にサービス業の場合は、何と言っても顧客のエンゲージメントを促進させる、心が通った暖かい人的サービスの力の存在だ。 

 

「テックの導入によりありふれたタスクを自動化して、それによって生じた余力を使用して、ゲストエクスペリエンスにより多くの価値を追加しなければならない」と「12」の記事は言う。

 

「8」の記事だって、Neelemanが「それでも、誰か(社員)が本当に親切であるときのその気持ちは非常に貴重だ。 問題が発生した場合、私たちはチームメンバーがゲストのために物事を正しく行うことができるように自由裁量権をわたしている。 そしてそれは、チームメンバーがこの人間関係の重要性を覚えていて、顧客をリピーターに変えてくれる」と付け加えている。

 

ここでのイクエーションは、目的(解)はあくまで人的サービス強化であって、そのイネーブラー(手段)がテックの導入ということになる。 目的と手段を混同したら、このイクエーションは解けなくなる。

目 次

1. (TJ) TripActions、ComTravo買収で欧州市場拡大

    (TJ) = トラベルジャーナル 3月14日号を参照ください。

 

2. 新興企業の舞台:Places Dot

3. セレブリティクルーズ、ホテルプログラム立上げ

4. HopperがSiteMinderと提携、ホテル在庫強化

5. DMO、自然災害への対応                                                    閲覧第3位

6. 新興企業Fetcherr、ATPCO運賃データ利用

7. ブッキング、ロシア競争法違反で罰金170万ドル

8. In The Big Chair、Breeze Airways David Neeleman            閲覧第1位

9. CIBT、デジタル査証Viselio買収

10. Lyft、初の通期調整EBITDA利益計上

11. トリバゴ、テック革新と製品拡大で成長目論む

12. 非接触トラベルテックの10トレンド                                    閲覧第2位

13. ラディソン、米国市場でZingleメッセジング採用

14. モビリティGoTo Global(イスラエル)上場

15. 短期レンタル最早代替でない、だがその成長は?

16. ウーバー、デリバリーの増益と成長

17. In The Big Chair:Fareportal CEO George Kunz-Cho        閲覧第4位

18. Hotelbeds、AmazonのClimate Pledge参加

19. 社説:バケーションレンタルは主流

20. Expedia Group、2021年決算、第4四半期最高益

21. ホテル人材不足解消に対するテックの応用                            閲覧第5位

22. 2月7日の週の資金調達記事

2. 新興企業の舞台:Places Dot

Places Dot(New York)は、コンテンツに関連するすべての問題(何を、どのように、なぜ、どこで)に対して、生成(コンテンツ)から正当化(洞察)、展開(プラットフォーム)まで巧妙に作成された回答を提供する。 2021年に設立されたこのスタートアップには、14人の従業員と、旅行、観光、マーケティングの経験を持つ創設チームがいる。 Places Doのソリューションは、AIで作成され、人間が厳選したものである。 AIと機械学習を中核として、独自の商用アプリケーションを備えたツールとノウハウを構築した

やること(things to do = TTD)の領域での発見プロセスは、ますます多くの物理チャネルとデジタルチャネルにわたって、無料と有料の両方のTTDの場合で、常に退屈で複雑すぎるプロセスであった。 特にデジタルの面では、すぐに簡素化されるとは思われない。 しかし、企業がコンテンツのニーズに対応するのを簡単にすることができる。 当社のソリューションにより、企業は、これらすべてのデジタルチャネルにわたって、はるかに高速で費用効果の高い方法で、存在感を示し、関連性があり、独自性を発揮できるようになった。 そしてこれは、顧客が実際に興味を持っているTTDを見つけることにつながる。

(2/7 https://www.phocuswire.com/startup-stage-places-dot?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

3. セレブリティクルーズ、ホテルプログラム立上げ

Celebrity Cruisesは、クルーズ前後の滞在の予約プロセスを合理化および強化する新しいホテルプログラムを開始した。 このプログラムでは、高級ホテルの厳選されたリストを特別料金で提供している。  Hotels by Celebrityは、ホテルのアメニティ、サービス、以前のゲストのレビューなど、予約したホテルの詳細を乗客と旅行アドバイザーに提供する。 Pricelineが提供するこのオンライン予約システムは、地元のアトラクションへの近さや旅行者の人数など、さまざまなニーズに合わせた宿泊施設を提供する。 利用可能なホテルには、セントレジスローマ、Wバルセロナ、マイアミのキンプトンエピックがある。  Celebrityはまた、フライトを提供している。 これは、Celebrityが最高の料金と24時間体制のサポートを提供したと言う航空プログラムである。

(2/7 https://www.phocuswire.com/celebrity-cruises-launches-hotel-program-powered-by-Priceline?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

4. HopperがSiteMinderと提携、ホテル在庫強化

HopperSiteMinderの間の新しいパートナーシップは、150か国にあるホテルディストリビューターの33,000以上のホテルが、Hopperのモバイルマーケットプレイスでそのプロパティを表示することを選択できることを意味する。

Hopperは2017年後半にアプリでホテルの提供を開始し、現在世界中で200万を超えるホテルを利用できる。 「このパートナーシップは、すべてのホテルがオンラインコマースの世界にアクセスできるようにすることと、テクノロジーを介した旅行の変革を実現するための2つのビジョンをまとめたものである」、「私たちの調査を通じて、今日の旅行者はかつてないほどテクノロジーに精通しており、より高い柔軟性が求められていることが分かっている。 Hopperの革新的なテクノロジーにより、今日のダイナミックな旅行者をホテルの玄関口に連れて行くことができることを嬉しく思う」と、SiteMinderのグローバルエコシステムのシニアディレクターであるJames Bishopは述べている。

Hopperは、ホテルの部屋を予約するタイミングと、低料金で予約するタイミングをユーザーにアドバイスできる。 市場のホテルは、フィンテック製品を使用して、たとえば旅行者に保証金を支払って宿泊料金を凍結する機能を提供することもできる。 SiteMinderによると、昨年秋に7,000人を超える旅行者を対象にした調査では、このような機能が今日の「ダイナミックな旅行者」と呼ばれるものから求められていることが分かった。 SiteMinderはまた、Hopperが若い旅行者にリーチする能力を挙げている。 アプリによると、7,000万人のユーザーの70%がZ世代とミレニアル世代であり、ホテルのメリットとしてTikTok、Snapchat、Instagramなどの新しいマーケティングチャネルを使用している。

「私たちの顧客は若く、アプリファーストでブランドにとらわれないが、彼らは明日の企業旅行者になり、ホテルパートナーに今すぐブランドロイヤルティを確立する絶好の機会を与える」、「アプリビジネスに加えて、ホッパークラウドパートナーシップからかなりの売上高が見られる。 これは、他の旅行ブランドがホッパーのフィンテックと旅行代理店のコンテンツをシームレスに統合して配信できるB2Bイニシアチブである。 これらのパートナーシップを通じて、Hopperはより裁量的な支出を伴う高齢の消費者などの新しい人口統計に到達している。 2022年まで国際化するにつれ、SiteMinderのようなグローバルリーダーとの提携は大きな資産である」とHopperのホテル供給責任者であるDavid Lewisは言う。 1月下旬ホッパーは、Hopper Homesの立ち上げで、そのアプリに新しい短期賃貸業界を追加した。

(2/7 https://www.phocuswire.com/hopper-ramps-up-hotel-inventory-via-siteminder-deal?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

5. DMO、自然災害への対応

それらを回避する方法はない。 私たちは否定することはできない。 気候変動とそれに伴う自然災害がここにあり、世界中の主要な目的地に影響を与えている。 もちろん、DMOは季節ごとに最高の特性を促進するために一年中働いているが、観光の “第5シーズン”は、地元の人々や訪問者の財産や命を失う可能性が非常に高い。 洪水、山火事、土砂崩れなどについて話している。

ほとんどの場合、これらの自然の混乱は軽視されており、通常、潜在的な脅威に関する安全情報の投稿を介してソーシャルメディアのマーケターによって対処されている。 しかし、なぜ“オフシーズン”のときに旅行および観光業界がこれらの問題に対処するのが遅いのか。 旅行者が旅行の影響についてより良心的になるにつれて、目的地も同じことをする必要がある。 “取り入れる(embrace)”は、私たちのお気に入りの休暇の目的地が経験している劇的な変化を表す正しい言葉ではないが、DMOは、天候の厳しい現実、または2020年代の場合、ピークの数ヶ月のパンデミックによる影響の厳しい現実を直視しなければならない。 消費者が安全性やソーシャルメディア上のお気に入りの目的地の喪失に対する自分の懸念に頻繁に取り組むことは周知の事実である。 戦略的なソーシャルメディアターゲティングとオーガニック投稿を前向きに考えて活用し、有益で教育的な方法でこれらの非常に現実的な問題を適切に認識する時が来た。

旅行を奨励し続けるが、そこには地域をサポートするための安全という包括的なテーマが存在する。 DMOや観光に依存する企業は、これらの影響を受ける地域で、強力で順応性のある休暇やビジネス会議の市場を紹介するために何ができるだろうか。

私たちは理解しており、これが、私たちがしていることである

We understand and here’s what we’re doing

目的地は、洪水、土砂崩れ、火災などの問題に対処するために活動している組織や地方自治体と直接提携し、これらの予防策がどのようなものか、それらが1年の特定の時期にどのように影響するか、訪問者と 地元の人々は、脆弱性の高い時期に何を期待することができるかなどの重要な予防的情報を提供する必要がある。 インフラストラクチャの更新、建設スケジュール、予想される道路の閉鎖は、訪問するのに最適な時間、おそらく混雑が少ない時間帯を予約することを目的とした、熱心な観光客のための学習機会に変えることができる。

ショーケースの改善

Showcase improvements

口コミやトレンディーなコンテンツではないかもしれないが、気候変動、自然災害、または伝統的に観光の抑止力と見なされてきたその他の項目に取り組むために行われた改善を強調することは、潜在的な訪問者にとって重要な情報になる。 さらに、技術的には観光客ではないが、それでも意識の向上と新しい機会への支出から貢献し利益を得ることができる地元の人々とのエンゲージメントを高めるのに役立つ可能性がある。 屋外の食事エリアは強化されているか?

新しい、より安全なトレイルが公園を通り抜けているか? 立体駐車場と橋は、より強い気象パターンに耐えるように改造されているか? 気候危機を真剣に受け止め、それを経験の一部にして欲しい。

“ストームチェイサー”(竜巻を追跡して観測・記録を行う専門家)

"Storm Chasers"

安全性は常に優先事項であるが、より極端な休暇の機会を探している人にとっては確かな市場がある。 ソーシャルメディア自体は、ハリケーンウォッチャー、嵐の祭り(storm festivals)、自然保護論者の旅行の人気を高めている。 新しい市場を受け入れる – これらの潜在的な訪問者は確かに自分自身を楽しませることができ、通常はオフシーズン、または時期尚早のイベントの影響を受けた季節に地元企業に待望の収益を提供することができる。

オーバーツーリズムと戦うのを手伝って欲しい

Help fight overtourism

これらの変化に対処することは、人気のある目的地の過剰観光との戦いにも役立つ可能性がある。 多くのDMOは、有名なアトラクションを宣伝し続けているため、散歩道の摩耗の増加、ゴミの山積み、または愛するランドマークの破壊に苦しんでいる。 訪問者を新しい、あまり人気のない(しかしまだエキサイティングな)エリアにさらに広げることで、1つのメインステージの地元のアトラクションに集中するのではなく、ソーシャルコンテンツを多様化すると同時に、地元の人や旅行者が楽しめるエキサイティングな新しいものを提供する。

取り除くべき重要な側面は、ソーシャルメディアを介した一年中のオープンな会話の必要性である。 包括的なコミュニティ管理戦略により、DMOは旅行者とコミュニケーションを取り、旅行の予約を検討する際に、迅速かつ効率的な方法で回答を探すことができる。 DMOは、さまざまな旅行体験の必然性を受け入れながら、自然災害を深刻に受け止めることができる。 もちろん、安全である限り、潜在的な問題の外で、より深く、より豊かな体験を作成して欲しい。

著者:Arianna Howeは、Sparkloft Mediaの副社長。

(2/7 https://www.phocuswire.com/Addressing-inevitability-annual-DMO-natural-disasters?oly_enc_id=7798E1381467C7B)

6. 新興企業Fetcherr、ATPCO運賃データ利用

航空会社、ホテル、レンタカー会社に需要と価格の洞察を提供するイスラエルの新興企業であるFetcherrは、ATPCOと提携して、現在および過去の運賃データをアルゴリズムに組み込んでいる。 2019年に設立されたFetcherrは、人工知能とディープラーニングテクノロジーを使用して、企業に価格設定とワークフローの最適化戦略を提供し、収益パフォーマンスを向上させている。 スタートアップは、最初の仕事は航空であると言うが、ホスピタリティ、レンタカー、貨物に拡大している。 Fetcherrは、ATPCOの運賃コンテンツデータベースをALPHAツールに組み込む。 このツールは、顧客の取引を最適化する価格を予測する。 Fetcherrは、「レガシー航空会社のインフラストラクチャを新しい小売クラウドベースの環境に移行する」ことを目指していると述べている。 

「DeepMindとTeslaがAIの見方を変えたのと同じように、強化学習の方法論(reinforcement learning methodologies)を使用して、従来のレガシーの障壁を克服している。 ATPCOは、この取り組みにおける業界最高のデータパートナーであり、航空業界をリアルタイムデータに接続している」とFetcherrのCEOであるRoy Cohenは述べている。

ATPCOは、400を超える航空会社のデータベースにある3億以上の運賃を通じて、世界のフライトショッピングを強化している。

(2/8 https://www.phocuswire.com/travel-pricing-startup-fetcherr-to-leverage-atpco-fare-data?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

7. ブッキング、ロシア競争法違反で罰金170万ドル

Booking.comは、ロシアの連邦独占禁止サービス(FAS)が発行した1,700万ドルの罰金を支払う予定であると述べている。 FASは当初、2019年12月にオンライン宿泊施設の巨人にレートパリティ条項を警告し、競争法に違反し、宿泊施設集約市場で“支配的な地位”を占めていたと述べていた。

ロシアの規制当局は、中小企業を代表する組織であるOPORA Russiaからの申し立てに対応し、Booking.comに状況を改善するための1カ月を与えた。

2回目の警告の後、FASは2020年8月に罰金を科し、Booking.comから上訴された。 モスクワの裁判所は、2021年11月にBooking Holdingsが運営する会社の控訴を棄却し、裁判所は最近この決定を支持した。 Booking.comは声明の中で、「罰金に関する決定に失望している」と述べている。 法的な次のステップを検討しながら、規定の時間内に罰金を支払う。

(2/8 https://www.phocuswire.com/booking-com-pay-17-million-fine-Russia?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

8. In The Big Chair、Breeze Airways David Neeleman

航空業界のベテランであるDavid Neelemanは、2021年5月にBreeze Airwaysを立ち上げ、Morris Air、WestJet、JetBlue、Azulと並ぶ5番目の商用航空会社のスタートアップになった。 ユタ州に本社を置くBreeze Airwaysは、以前は乗り継ぎ便でしかアクセスできなかった米国の都市間を直行便で運航する格安航空会社だ。 

Q: 昨日発表されたFrontier/Spiritの合併に対するあなたの反応はどうか? そして、これはBreezeの戦略にどのように影響するか?

それは私たちに影響を与えない。 Breezeは、他の航空会社がすでに行っている場所には飛ばない。 私たちのルートの95%にはノンストップの競争がない。

これからも、既存のサービスがなくても、都市の旅行者をつなげていく。

Q: あなたは昨年5月にBreeze Airwaysのフライトを開始した。 それ以来、最大の課題は何か? 逆に、前向きな意味で何か驚いたことはあるか?

もちろん、COVIDは最大の課題であった。 それは、採用、スケジューリング、需要、サプライチェーンなどに影響を与えることで、さらに100の課題を生み出すからだ。 なぜ私たちがパンデミックで航空会社を始めるのかについては多くの疑問があった。 もちろん、私たちの計画はCOVIDのずっと前に設定されていた。 それは確かに私たちを止めなかったが、それは私たちを少し遅くし、私たちの立ち上げを遅らせた。 今後も需要が急増する中、拡大を続ける絶好の機会である。 何が私を驚かせたのか?  たぶん、仮想の“ズーム”環境で素晴らしいチームと航空会社を構築できるということだ。

Q: サービスをいつどこに追加するかをどのように決定しているか?

その多くは地図上のダーツで行われているという一般的な仮定があると思う。しかし、私はあなたに保証する、そうではない。 文字通り何百もの都市ペアが常にランク付けされ、優先順位が付けられている。 ハブを介して接続するときに人々が飛んでいる場所を示す利用可能なデータがたくさんある。 それが私たちのオーディエンスである。 Breezeの使命は、二次的市場をノンストップのサービスと本当に低価格でつなぐことだ。 それが私たちのビジネスを構築する方法である。 今日の私たちのルートの95%以上には、ノンストップの競争がない。 このようにして、Breezeは約半分のコストで2倍の速さでそこに到達する。

Q: 航空会社のタグラインは“マジでいい(Seriously Nice)”だ。 カスタマーエクスペリエンスの観点から、それはあなたにとってどのような意味があるのか?

あなたが知っている通り、良くなることは難しいことではない。 ロケット科学ではない。 しかし、それがもたらす違いは何か。 新しい航空機、ファーストクラスの座席、機内エンターテインメントテクノロジーのフリートに投資するすべてのことを考えると、それでも、誰か(社員)が本当に親切であるときのその気持ちは非常に貴重だ。 問題が発生した場合、私たちはチームメンバーがゲストのために物事を正しく行うことができるように自由裁量権を渡している。 そしてそれは、チームメンバーがこの人間関係の重要性を覚えていて、顧客をリピーターに変えてくれる。

Q: また、インタビューで「Breezeは、たまたま飛行機を飛ばすテクノロジー企業だ」と言っていたが、現在のテクノロジーの使い方と今後の進化について教えて欲しい。

人と人とのつながりはとても重要だが、旅行の予約や変更をスムーズにし、ゲストが何を望んでいるかを予測するテクノロジーは、別の種類のつながりだが、同じように重要である。 たとえば、Breezeには無料のコールセンターが存在しない。 これは、一部の人にとっては難しい概念になる可能性がある。 しかし、過去数年間に航空会社に電話をかけ、15分以内に誰かが出て、適切な時間内に問題を解決できたことがあるか? 3時間または4時間待つか、深夜に「礼儀正しいコールバック」が行われる可能性が高くなる。 Breezeでは、テキストとメッセンジャーを使用してゲストに応答し、平均待ち時間と完全な問題解決は平均15~20分である。 それを経験したら、二度と航空会社に電話することはない。 これはほんの一例であるが、昨年から新たに開始し、会社全体で最新のテクノロジーをすべて使用して、ゲストがすべてをより速く簡単に行えるようにした。 そして、これからもっとたくさんのことをやる。

Q: 一部のキャリアは、最初は直販のみのポリシーを採用し、その後、ヨーロッパのRyanairやEasyJetのように、チャネルとしてGDSを含めるように切り替えている。 流通戦略をどのように決定したか? 

私たちはビジネスモデルとしてだけでなく、私たちのテクノロジーの多くに精通しており、GDSの世界がまだそのテクノロジーに適合していないため、直接的な取り組みを選択した。 GDSの世界は進化を続けているため、Breezeの状況は変わる可能性があるが、それに合わせてビジネスモデルを変更することは考えていない。

Q: そして、流通、特にNDCの将来についてどう思うか?

NDCの将来については、長い間話題になり、この点に到達するまでに時間がかかると思うので、今後も流通の考え方と一致するかどうかを監視していく。

Q: 航空輸送の業界ではまだ何を修正する必要があるか?

それは大きな質問だ。 業界に答えさせる。 私たちは、お客様の次のニーズを予測し、かなり複雑な時期に可能な限り最高の航空会社を構築することに焦点を当てている。

Q: 現在、Breezeの小売オプションには、シートと手荷物を購入するオプションが含まれている。アンシラリーを追加する予定はあるか?

絶対その通り。 大きな計画を立て始めたばかりだ。たくさんのニュースが出てくるだろう。

Q: Breezeには、BreezePointsと呼ばれる非常に簡単なロイヤルティプログラムがあり、運賃と付随的な購入の割合に基づいて旅行クレジットを付与する。 これらのクレジットは、フライトと付随的な購入で利用できる。 ポイントを獲得して償還するためのより多くのオプションを開くパートナーシップなどで、それを拡大する計画はあるか? それとも、ルート上でそれほど競争がないので、Breezeとの関連性は低くなるか?

もちろん、私たちは創立後わずか8か月である。 ロイヤルティプログラムの強化計画を共有する。 これにより、その革新性で人々を驚かせることができる。 しかし、それについてはまだ話すことができない。

Q: 2040年までにそこに到達することを約束したJetBlueを含め、いくつかの航空会社がカーボンニュートラルになるための取り組みを発表した。 航空会社は持続可能性に関して何ができると思うか。

COVIDのスタートアップとして、私たちはビジネスとして持続可能であるように計画する必要がある。 私たちはまだそこに居ないが、それは間違いなく主要な焦点である。

Q: Breezeはあなたの5番目の航空会社である ― あなたはあなたのキャリアで大きな成功を収めており、あなたは多くの人々が引退を検討している年齢だ。 革新を続ける動機は何か?

私はいつも、楽しみやエゴのために、または何かをするために航空会社を始めることはないと言ってきた。 常にそれは、私が必要を見つけた場合にのみである。 COVIDの前でさえ、二次的市場の旅行者は、特に直行便を失っていた。 パンデミックは問題を悪化させた。 Breezeが必要なので、それは本当にうまくいくだろう。 それが私のモチベーションである。 これは私の5回目のスタートアップだが、それらは確かにお互いのクッキーカッターのレプリカではない。 それぞれは、発売されたときの時代と必要性の産物である。 そして、それぞれが顧客中心の製品とサービスで前のものを更新する。 それはエキサイティングな部分である。

Q: リーダーとしてのあなたの最大の長所、そして最大の短所は何だと思うか?

私の最大の強みは、他の人には見られない機会を見つけ、それを最大限に活用するためのアイデアや戦略を考え出すことだと思う。 私の最大の弱点は? ええと、私は一種のADD(注意不足障害)なので、私の時間は細部にこだわるのに最適ではない。 私の他の大きな強みは、誰を雇うかを知っていることだと思う。 Breezeは業界で最高のチームを持っていると私は心から信じている。 そして、このベンチの強さが、今後何年にもわたって航空会社を成功させ続けるだろう。

Q: 旅行業界でのキャリア構築に関心のある若者にどのようなアドバイスがあるか?

一番のアドバイスは好きなことをすることだと思う。 そうすれば、それは仕事というよりは使命のように感じる。 旅行業界は、それは莫大な需要のある素晴ら仕事である。 あなたのAゲーム(ベストを尽くすこと)、直感、共感、革新を引き出してくれる。

(2/8 https://www.phocuswire.com/ceo-interview-breeze-airways-david-neeleman?oly_enc_id=7798E1381467C7B )

9. CIBT、デジタル査証Viselio買収

デジタルビザのスペシャリストであるViselioは、ビザと移民サービスのプロバイダーであるCIBTに非公開の金額で買収された。 スイスを拠点とするViselioは2017年に創立され、ソフトウェアを介して簡素化されたビザ申請プロセスを提供する。 声明によると、Phocuswright 2018サミットの参加者であるViselioは、CIBTがデータ、人工知能、自動化を使用して顧客体験を改善する戦略を加速するのを支援する。 同社のソフトウェアチームはCIBTに参加し、統合されたチームは旅行者のプロセスを改善するサービスの開発を続ける。 Viselioは、2020年2月に280万ユーロの資金調達を発表し、新しい市場への拡大を計画していると述べた。

Phocuswright 2018でのViselioのピッチと、PhocusWire Studioでのインタビューをご覧ください。

(2/9 https://www.phocuswire.com/Viselio-visa-specialist-acquired-by-CIBT?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

10. Lyft、初の通期調整EBITDA利益計上

Lyftは2021年に調整後EBITDAの最初の会計年度を達成し、2020会計年度の調整後EBITDA損失が7億5,520万ドルであったのに対し、調整後EBITDAは9,290万ドルであった。 2021会計年度の収益は32億ドルで、2020会計年度の24億ドルから36%増加した。 2020会計年度の18億ドルの純損失と比較して、純損失は10億ドルであった。

2021年の第4四半期の調整後EBITDAは7,470万ドルで、2020年第4四半期の調整後EBITDA損失1億5,000万ドルと比較して2億2,470万ドル増加した。 Lyftの共同創設者兼CEOであるLogan Greenによると、第4四半期の収益は前年比で70%増加し、「新しいCOVIDレコード」となり、2020年第4四半期の5億6,990万ドルから9億6,990万ドルになった。 この数字はまた、2021年第3四半期の売上高8億6,440万ドルを12%上回った。

2021年第4四半期の純損失は2億5,860万ドルであったが、2020年第4四半期の純損失は4億5,820万ドルであった。 2021年12月31日に終了する四半期のアクティブライダーは、2020年第4四半期の1,260万人から49.2%増加して1,870万人になった。 この数字は、2021年第3四半期に報告された1,890万人のアクティブなライダーを僅かに下回る。

Greenによると、アクティブなドライバーの総数は34%改善し、新しいドライバーのアクティベーションは前年比でほぼ50%増加した。 LyftのCFOであるElaine Paulは、アクティブなライダー1人あたりの収益は2021年第4四半期に史上最高に達し、2020年第4四半期から14%増加して51.79ドルになったと付け加えた。 第4四半期は堅調で、2021年には通年で36%の収益成長を達成した。 アクティブライダー1人あたりの収益、貢献利益、調整後EBITDAはすべて、市場でのサービスレベルの向上と乗車量の増加により、第4四半期に最高値に達した。 同社は、オミクロンからの短期的な逆風にもかかわらず、2022年通年については引き続き楽観的である。

(1/8 https://www.phocuswire.com/lyft-earnings-q4-2021?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

11. トリバゴ、テック革新と製品拡大で成長目論む

Trivagoは、ブランド認知度を高めるためのイノベーション、マーケティング、および製品とサービスの拡大が、将来の成長のための重要な手段であると述べている。 同社は、2021年12月31日に終了した年度の第4四半期および通年の業績を報告し、旅行需要は早くも2022年春に回復する可能性があり、「今後の変動の少ない回復」を期待していると述べている。 ドイツを拠点とするホテルメタサーチブランドの四半期の総売上高は、前年比176%増の8,900万ユーロであった。 純利益は前年同期の860万ユーロの損失と比較して1,500万ユーロ強であったが、調整後EBITDAは2020年第2四半期の340万ユーロの損失と比較して1960万ユーロであった。 各資格のある紹介(qualified referral)からの収入は84%増加して1.34ユーロになった。 通年の総売上高は前年比45%増の3億6,100万ユーロ、純利益は前年比2億4,500万ユーロの損失に対し、1,100万ユーロであった。 投資家との電話の中で、Trivagoは「追い風」をもたらす可能性のあるシティブレイク製品を通じて市場シェアを獲得することについて話した。 TrivagoのCEO Axel Heferは、PhocusWireと話し、多くの異なるオプションと多くの異なる価格の非常に幅広い提供がある場合、Trivagoの価値提案ははるかに大きいので、見通しは非常に可能性が高く、良いと語っている。

消費者とB2Bの開発  Consumer and B2B developments

市内旅行(city travel)は、同社が1年前にweekend.comを買収した後、B2Cの成長の可能性があると考えている分野の1つである。 B2B開発の観点から、Trivagoは価格設定インテリジェンスにチャンスを見出している。 Trivagoは回復の兆しを見せており、第4四半期に5,000万ユーロを投資し、そのうち4,200万ユーロが広告を出していたため、広告とマーケティングの支出を再び拡大している。 今後の広告およびマーケティング戦略について、Heferは「それがどれほど大きくなり、彼らが再び旅行するのにどれだけ早く快適になるかを予測することは非常に難しいので、去年の夏に私たちがしたこととそれほど変わらない。 私たちはあらゆるマーケティング活動を試し、反応が見られるように柔軟に対応する必要がある。 実際に通常の状態に戻るには数年かかる可能性がある。 通年のようにキャンペーンを事前予約することはない。 特にテレビでは、より柔軟に対応する必要がある。 オンラインマーケティングは、すでに非常に柔軟である」と述べている。 同社によれば、Expedia Groupのブランドが第4四半期のリフェラル収益の33%を占め、通年では26%を占めている。

Booking Holdingsのブランドの場合、リフェラルのシェアは四半期で49%、年間で55%であった。

Heferは、「同社はミックスを多様化したいと考えているが、それはそれほど単純ではない。 完璧な世界では、すべて同じサイズの何千もの顧客が存在する。 宿泊施設メタの問題は、OTA市場がかなりコンソリされているため、私たちが市場で見つけているものだけを扱い、さまざまなプレーヤーの力から回避するためにできることはたくさんある。 ヨーロッパと北米のExpediaでは予約が非常に強力だ。 それがファクトだ、否定することはできない。 より多様な顧客構成に到達する方法は、代替製品を使用することである」と言う。

株主への手紙の中で、同社は出来高払いのコストモデル(cost-per-acquisition model)のパートナーを3倍にし、サービスとしてのメタ(meta-as-a-service )製品の最初のパートナーを立ち上げた。 我々の企業間(B2B)オファリングを拡大するためのエキサイティングな機会を提供すると述べている。

この手紙はまた、旅行需要は春に戻ってくると予想されているが、都市旅行や出張などのセグメントがまだ遅れているため、2019年のレベルにはならないだろうと述べている。 Trivagoはまた、2021年の第4四半期にドイツ政府が提供したCOVID-19補助金プログラムから1,200万ユーロを受け取った。

(11/9 https://www.phocuswire.com/Trivago-Q4-2021-earnings?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

12. 非接触トラベルテックの10トレンド

2020年、COVID-19のパンデミックの緊急性により、ホテル経営者はスタッフとゲストを安全に保つ手段として非接触型ソリューションを採用することを余儀なくされた。 2021年には、ゲストの採用とゲスト満足度スコアの向上により、ゲストとのコミュニケーション、対話、およびエンゲージメントの必要性が、独自の条件とデバイスで固定された。  ホテルの場合、非接触型ゲストエクスペリエンスは、競争力を維持するために、便利なものから今や不可欠なものに移行した。 非接触チェックインなどのデジタルゲストエクスペリエンスを提供していないホテル経営者は、ロイヤルティが最優先されるときにゲストを失望させるリスクを冒している。 その間、彼らは収益を増やす機会とコストを削減する運用効率を逃している。  2022年に向けて、ホテル経営者が非接触型ゲストエクスペリエンスの実装を検討する際に考慮すべき10の重点分野を特定した。 

 

(1). オムニチャネルのチェックイン エクスペリエンス 

チェックインの旅のすべてのタッチポイントが人に依存する必要はない。

パンデミック後の時代には、多くの消費者はテクノロジーを使って自分たちの仕事を支援することに慣れている。 スマートホテル経営者は、ゲストのニーズを自分の条件で満たす真のオムニチャネルエクスペリエンスを提供するために、いくつかのチェックインオプションを提供する。 ホテルはテクノロジーを基盤として、デジタルルームキーを備えたアプリを介してエンドツーエンドのモバイルチェックインエクスペリエンスを提供できる。 ホテルはチェックインキオスクを提供することもでき、真の非接触体験を提供する。 ホテルチームのメンバーは、ゲストエクスペリエンスに価値を提供するためのアンバサダーとして準備を整えることができる。 重要なのは、ゲストが自分の条件でチェックイン体験にアプローチするための複数のチャネルを提供することである。

(2). ゲストエクスペリエンスを増幅する自動化 

特に業界が記録的な労働力不足に直面している場合、優れたゲストエクスペリエンスを維持するには自動化が不可欠である。 この時点で、新しいハードウェアとソフトウェアへの投資は重要だ。 ホテル経営者がビジネスを将来にわたって存続させたいのであれば、効率を高めるツールを採用する必要がある。

重要なステップの1つは、ホテルとの最初のコンタクトの場所で、ロビーに入るとすぐにセルフサービスツールを採用することである。 空港のセキュリティを通過してホットマスクで飛行機に長時間乗った1日を過ごした後、ホテルに足を踏み入れ、部屋の鍵を受け取るためだけにホテルで再び列に並ぶ必要があるのは、ホテル経営者が作成しようと努力すべき第一印象ではない。 デジタルチェックインは、迅速、簡単、簡単であり、また、どのデバイスを選択しても、ゲストの100%を機能させる必要がある。 

(3). 伝統的なホテルのロビーの死?

これはすべて疑問を投げかける:私たちが知っているホテルのロビーは過去のものか? Yes and no。 私たちは常にロビーを必要とする ― 結局のところ、ホテルが最初の(物理的な)印象を与える場所である ― しかし、それは進化の機が熟している。 私たちが変化しているのは、従来の大規模なフロントデスクの役割である。 モバイルキーと最新バージョンのチェックインキオスクを使用したスマートフォンベースのチェックインは、異なるアプローチにつながる。

上記のように、セルフサービスの文化は今日も健在である。 ゲストは、部屋の鍵を待つ間、列に並んでコンピューターでフロントデスクのエージェントタイプを見たくない。 彼らはシームレスな体験を切望している ― そしてデジタルツールはまさにそれを提供する。

(4). モバイルウォレットは非接触チェックインを合理化

ウォレットアプリケーションにホテルの鍵の保管を実装するというAppleの発表、およびその後のHyattの採用は、ゲストのモバイルチェックインプロセスを簡素化するための重要なステップである。 これは、これまで多くのゲストが自分の電話をデジタルルームキーとして使用できなかったプロセスを合理化するためのステップである。 しかし、それはデジタル体験の一部しか解決しない。 

より大きな問題は、ゲストIDの確認である。 つまり、ホテル経営者が真に非接触のチェックインエクスペリエンスを提供したい場合は、ゲストが本人確認のためにフロントデスクに来る必要がないように、他のデジタルツールが必要になる。 一部のモバイルアプリとロビー内のキオスクは、プロセスのすべての部分を処理できる。 

(5). ロビー内のキオスクの復活 

COVID以前は、ロビー内チェックインキオスクの採用は低かった。 しかし現在、過去10年間でセルフサービスの人気が高まっているため、多くのホテル会社がキオスクを試してみた。 空港でのチェックインから食料品店でのチェックアウトまで、消費者はセルフサービスのキオスクに慣れ親しんでいるため、ホテル業界での採用が再び注目を集めている。 キオスクは、パンデミックを超えてもロビーで重要な役割を果たし続ける可能性がある。  

(6). フロントデスクエージェントの役割が進化

モバイルチェックインソリューションは、フロントデスクのスタッフに完全に取って代わるものではない。 しかし、ありふれたタスクの自動化により、そのチームは仕事をより良く行い、ゲストエクスペリエンスにより多くの価値を追加することができる。 ホテルは、チェックインプロセスを通じてゲストを支援したり、宿泊施設、設備、または地元のアトラクションについての追加の質問に答えたりするためのライブ受付係など、ハイタッチの支援を引き続き提供できる。 また、フロントデスクの従業員が部屋のアップグレードや飲食物の注文オプションなどのアップセルの機会を取り入れるためのスペースと時間を開く。 

(7). 非接触型決済を利用して収益機会を増やす

非接触型のデジタルゲストエクスペリエンスは、アップセルして付随的な支出を増やすための新しい機会を開く。 そして、機会がゲストの指先にあるので、それはより速い勝利につながる可能性がある。 たとえば、ゲストがレイトチェックアウトを希望する場合、電話に出てフロントデスクに電話する必要がなくなる。 彼らはアプリに行き、チェックアウト時間を選び、支払う金額を正確に知ることができる。 これは、スタッフが現在は簡単に自動化できるタスクを完了することに専念していないオペレーターに利益をもたらすだけでなく、よりシームレスなゲストエクスペリエンスも提供する。 

(8). 技術を活用して労働問題を管理する 

この点は繰り返しになる。 American Hotel&Lodging Associationによると、ホテルは2021年に50万人少ない雇用で終わると予測されていた。 また、人件費がこれまでになく高くなり、所有者や管理会社のリソースに負担がかかっている。 そのため、技術ソリューションによる自動化が重要である。 適切な種類の技術者は、以前はスタッフが実行していた操作を処理できるため、従業員はより価値の高い機能を実行できるようになる。 結局のところ、テクノロジーが関与していると、システムの回復力が高まる。

(9). 競争上の差別化要因としてのパーソナライズ 

誰がホテルの部屋を予約しているのか、ホテルにチェックインしているのかを深く知ることは、ホテル経営者にとって常に重要である。 しかし、進行中のパンデミックを乗り越えて、まったく新しい旅行者のグループが出現しているのを見ると、ゲストとビジネスのセグメンテーションがこれまで以上に重要になっている。 つまり、ホテル経営者は、すべてのデジタルタッチポイントからプロパティ内のタッチポイントにまたがるシームレスなオムニチャネルゲストエクスペリエンスを提供するために、ゲストの360度のビューを必要とする。

これにより、ロイヤルティが構築される。 デジタルコミュニケーションツールを使用して、ゲストからより多くのデータを収集し、それらの「すごい(wow)」瞬間をより適切に提供する方法を学ぶことができる。 

(10). 需要はデジタル

不確実性が最前線にある2022年に向かうにつれ、革新的な企業と予算重視の企業との間の格差がさらに拡大していることが分かる。 この格差は、どの企業がリーダーとして回復に浮上し、どの企業が引き続き苦戦しているのかを判断する上で重大な影響を与えると考えている。 真の回復が進むにつれ、デジタル採用に積極的なアプローチをとった人々は、勝つための明確な立場にたどり着くだろう。  あなたの顧客はすでに新しい世界に適応している。 彼らはあなたが革新を続け、彼らの経験をより良くすることを望んでいる。 ホテルには、スタッフがより効率的に作業できるようにしながら、より良いゲストエクスペリエンスを提供し、収益を促進する非接触型のデジタルゲストエクスペリエンスを展開するためのツール、インセンティブ、および緊急の必要性がある。

著者: Nadav Cornbergは、Virdeeの共同創設者。

(2/9 https://www.phocuswire.com/State-contactless-travel-industry?oly_enc_id=9229H9640090J9N)

13. ラディソン、米国市場でZingleメッセジング採用

米国、カナダ、ラテンアメリカ、カリブ海の同社のプロパティを代表するRadisson Hotel Group Americas(RHGA)は、ブランドポートフォリオの618のホテルすべてにMedallia Zingleのゲストメッセージを 展開している。 南北アメリカのポートフォリオには、 Radisson Collection, Radisson Blu, Radisson RED, Radisson Individuals, Radisson, Park Plaza, Park Inn by Radisson and Country Inn & Suites by Radissonが含まれる。 Zingleメッセージングプラットフォームは、すべてのホテルのプロパティ管理システムと統合され、ゲストデータの自動転送を可能にし、ゲスト分析の単一のソースを提供する。  ホテルは、Zingleプラットフォームを使用して、滞在前、滞在中、滞在後にゲストとコミュニケーションをとることができる。 RHGAは、ホテルの初期導入料を支払い、月額のZingleサブスクリプション料金も助成していると述べている。

RHGAの暫定最高経営責任者であるTom Buoyは 、「フランチャイズおよびマネージドホテルで6か月以上のパイロットを実施し、500近くのフランチャイズオーナー、ゼネラルマネージャー、およびそのチームから圧倒的な支持を受けた後、ZingleはすべてのRHGAホテルの競争力を高めるもう1つの機会になると確信している。 この独自のソフトウェアにより、ホテルチームはゲストのニーズに迅速かつ便利に対応でき、永続的な影響を与えることが保証されている」と述べている。 同社は、2022年第1四半期の終わりまでにZingleテクノロジーをシステム全体に実装するよう取り組んでいる。 

(2/10 https://www.phocuswire.com/radisson-deploys-zingle-messaging-across-americas-portfolio?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

14. モビリティGoTo Global(イスラエル)上場

イスラエル、ドイツ、スペイン、マルタで事業を展開するモビリティ企業であるGoTo Globalは、シェル企業であるNera Tech Mediaとの合併により、テルアビブ証券取引所で上場する。 新しく設立された会社はGoToと呼ばれ、時価総額は1億6,300万ドルになる。 GoToは、アプリで車、自転車、電動スクーター、モペットを予約する機能をサブスクライバーに提供し、現在、45万人以上の加入者と5,800台の車両がある。 同社によれば、2022年末までに3,500万ドルの収益が見込まれており、2021年と比較して58%増加している。

2008年に設立されたGoToの以前の投資家には、DBSI Group、Nazare Capital Management(WeWorkの創設者であるAdam Neumannのファミリーオフィス、DQuadrat Equity Partner、IBB Ventures)が含まれる。 同社は、新しい都市への拡大、B2B活動の拡大、製品やサービスの追加を計画していると述べている。

(2/9 https://www.phocuswire.com/israeli-shared-mobility-company-goto-global-to-go-public?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

15. 短期レンタル最早代替でない、だがその成長は?

わずか2年前、短期賃貸が「代替」宿泊オプションと広く見なされていたとは信じがたい。 おそらく、より本格的な旅行体験を探している冒険好きな旅行者にとっては少し違うのだろうか。 パンデミックが発生し、この認識を根本的に変えた。 それは私たちの旅行の仕方を変え、宿泊施設のニーズと期待を再形成した。  2020年には、パンデミックの懸念と旅行制限により、従来の毎年恒例の海外夏休みが国内休暇に取って代わられたため、短期賃貸業界は前例のない人気ブームを経験した。 家族は彼らのドライブで短期賃貸に目を向けた ― 不確実性と不安の時に安全な避難所を提供する彼らの能力に感謝する。 

その後、2021年に、柔軟な生活と仕事の傾向が定着した。 何らかの形や形で、リモートワークが定着していることは明らかだ。 そして、これは旅行への願望とより遊牧的な生活と仕事のライフスタイルの採用をもたらした。 短期賃貸予約プラットフォームであるLeavetownによる調査では、回答者の驚異的な90%が、仕事と休暇を組み合わせて今後12か月間旅行する予定であった。 また、回答者の半数以上(51%)が、リモートで作業できるため、今後12か月間でより多くのタイムトラベルを楽しむことができると予想していると述べている。

そのため、旅行者は「家(home)から離れた家」を必要としていた。 短期賃貸の需要はさらに高まった。 業界は、新しいゲストのニーズと期待によりよく応えるための技術革新で迅速に対応した。 これは、短期間の賃貸を最大の宿泊施設オプションとして確固たるものにした。  しかし、2022年以降に成長する短期賃貸市場の次は何か。 ブームは続くのか? ここでは、セクターの継続的な成長を推進する要因を検討し、変化するゲストの期待と、業界が彼らのニーズにより良く応えるためにどのように対応できるかを探る。

短期賃貸業界の継続的な成長を推進しているのは何か?  

(1). 大騒ぎも摩擦もない  No fuss, no friction

世界の旅行シーンでは安全性への懸念が依然として非常に重要であり、今日のゲストは接触のない、摩擦のない滞在を期待している。 ここでテクノロジーが登場する。 日常生活と同じように、ゲストは現在、「基本的な」ニーズを満たすために高度なテクノロジーの自動化を期待している。 これと、不動産管理における技術革新によってもたらされる運用効率を認識し、短期賃貸業界は、アクセス制御(smart locks)から接続されたサーモスタットなど、さらに多くの機能にスマートホームオートメーションを採用する方法をリードし続けている。

そして、その結果、彼らは望ましい摩擦のない滞在を提供することができる。

そして、これは急速に基本的な期待になりつつある。 2022年は、アメニティの洞察(デジタルガイドブックやレストランの推奨事項を考えて欲しい)で滞在を強化することに重点を置き、不動産管理者がゲストにより良いサービスを提供できるように技術が不動産運営にシームレスに統合されるようにすることで、この分野にさらなる革新をもたらす。  

(2). 長期滞在と「ブレィジャー旅行」  Longer stay and “bleisure travel”
長期滞在(28日以上の旅行と定義)は滞在するように設定されている。

在宅勤務とその結果としての柔軟な生活の傾向に後押しされて、人々はビジネスとレジャーの両方を組み合わせて、より長い期間旅行する機会を利用している(ますます「ブレィジャー旅行」と呼ばれる)。 AirDNAデータ2021年には長期滞在で16%の上昇が見られ、長期滞在の傾向が続くことを示唆している。 そのような旅行はより良い設備と資源を必要とし、旅行者は彼らの「家から離れた家」のニーズに応えるためにホテルではなく短期賃貸に目を向け続けるだろう。 しかし、これらのニーズは正確には何か? 以下がmust-haveについての私の見解だ:

  • 技術的な接続性: 高速インターネットは、仕事とレジャーを組み合わせたすべての長期旅行者にとって必須である。 不動産管理者は、賃貸物件が適切に接続され、Wi-Fiにアクセスできることを確認する必要がある。

  • 適切な作業ゾーン: 適切な充電ポイントと適切な照明を備えた人間工学に基づいた職場を設定する。 大画面を提供することは、追加のタッチになる。 また、重要なことに、作業ゾーンは、作業関連のZoom通話にプライバシーを提供する必要がある。

  • 屋外スペースへのアクセス: 仕事をしていないときは、ゲストはすぐに休暇を楽しむことができる。 最も人気のある短期賃貸物件は、ビーチであろうと手入れの行き届いたガーデンエリアであろうと、すぐそばに素晴らしいアウトドアがある。

  • 家の快適さとアメニティ: 長期滞在の場合、快適さが鍵となる。  ゲストは、自宅と同じ水準の設備を期待できる。 キッチンはこれを念頭に置いて設置する必要がある。 ランドリー設備も検討して欲しい。 良質の家具、マットレス、枕、リネン、タオルを追加する。 品質と快適さが鍵となる。 主にネットの写真掲載のための家具は、長期のゲストにとって十分ではない。 

(3). それはすべてエクスペリエンス

休暇の宿泊施設はもはや単にあなたの寝に行く場所ではない。 それは旅行体験の不可欠な部分である。 近年の短期賃貸の魅力の大部分は、それが異なる町、都市、国の異なる生活様式に与えるユニークなアクセスである。 しかし、業界が成熟し、ゲストの期待も高まるにつれ、全体的に高い運用基準を備えたスペースの専門化が見られた。 これらはすべて、完璧なゲストエクスペリエンスを作成することを目的としている。 快適性の重視から装飾、さらにはブランディングまで、短期賃貸市場はゲストにファーストクラスの体験を提供することに焦点を当てている。  意外な出来事の中で、ホテルがキッチンやその他の家庭用アメニティを部屋に統合することで短期賃貸モデルに従うことを目指しているように、短期賃貸は一貫性のブランディングとプロのタッチの観点から、ホテルのような体験の一部を反映しようとしている。 2022年には、両方の市場が最適な宿泊体験を提供するよう努めているため、短期賃貸とホテルのスペースがさらに収束する可能性がある。 

(4). 直接予約の傾向 
旅行業界にとっては、ここ数年激動の傾向にある。 旅行制限に関する不確実性と、旅行のキャンセルや払い戻しのサガの数え切れないほどのケースがある。

直接予約(直販)サイトは、市場の不確実性に対応する方法の輝かしい模範として浮上している。 直接予約サイトを設置している短期賃貸物件管理者は、市場の変化に対応し、予約をキャンセルするのではなくスケジュールを変更することで、収益を維持し、ゲストとの良好な関係を維持することができた。 現在、直接予約スペースでかなりの成長が見られている。 直接予約Webサイトを介した予約は、2019年から2020年の間に2倍になり、2021年にはさらに3%増加した。  不動産管理者がOTAによる手数料なしでより高い利益率の可能性を認識しているため、2022年には短期賃貸スペースでの直接予約の傾向がさらに高まると予想される。 精通した旅行者は、直接予約することで大幅な節約を享受できることを認識して、OTAから離れて移動している。  

進化する短期賃貸市場

短期賃貸住宅の需要は、過去2年間で想像を絶するほど急増している。 そして、2022年以降に目を向けると、減速の兆候は見られていない。 しかし、市場が成熟しゲストの期待が高まるにつれ、業界は過去数年にわたって効果的に適応し、革新を続けてきたことが重要だ。

著者: Vince BreslinはUplistingの創設者。

(2/9 https://www.phocuswire.com/Short-term-rentals-no-longer-alternative?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

16. ウーバー、デリバリーの増益と成長

Uberは、収益が83%急増しパンデミックから抜け出し続けている。 出前ユニットは、2021年の第4四半期に調整されたEBITDA収益性に到達した。

2021年12月31日に終了する四半期のUberの収益は、前年比83%増の58億ドルであった。 2021年第4四半期の調整後EBITDAは8,600万ドルで、前年比5億4,000万ドル増加したが、純利益は8億9,200万ドルであった。

2021年第4四半期の総販売額(Uberの主力ライドヘイリング製品)は、パンデミック前のレベルである113億ドルに近づき、前年比67%増加した。

全体として、総予約数は前年比51%増の259億ドルであった。 第4四半期の旅行は、前年比23%増の17.7億ドル、出前総予約数は前年比34%増の134億ドルであった。

UberのCEOであるDara Khosrowshahiは、同社の出前事業が2021年末までに調整後EBITDAの収益性に達するという約束を果した。 四半期の出前事業の調整後EBITDAは、前年比1億7,000万ドル増の2,500万ドルであった。

当四半期のモビリティ調整EBITDAは5億7.500万ドルで、前年比2億8,200万ドル増加した。 2021年通年で、Uberは純損失を2020年の68億から2021年の4億9.600万に93%大幅に縮小した。 年間の収益は、2020年の111億ドルから175億ドルに57%増加した。 2021年12月31日に終了する年度の調整後EBITDAは774百万ドルの損失であり、2020年の25億ドルの損失から69%の変化であった。 2021年通年の総予約額は904億ドルで、前年比27%増加したが、旅行は50億から64億に27%増加した。 「私たちの結果は、パンデミックが始まってからどれだけ遠くまで来たかを示している」、「第4四半期には、これまで以上に多くの消費者が当社のプラットフォームでアクティブになり、出前サービスは調整されたEBITDA収益性に達し、モビリティの総予約はパンデミック前のレベルに近づいた。 オミクロンの亜種は12月下旬に当社のビジネスに影響を与え始めたが、モビリティはすでに回復し始めており、直近の週の総予約数は前月比で25%増加している」 とKhosrowshahiは述べている。

(2/9 https://www.phocuswire.com/uber-earnings-q4-2021?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

17. In The Big Chair:Fareportal CEO George Kunz-Cho

Kunz-Choは、航空業界(スイス、ルフトハンザ、CityBird)やその他の旅行仲介業者でのキャリアを持ち、2012年からFareportalに所属し、2017年から最高執行責任者兼共同CEOを務めている。 ニューヨークに本社を置くFareportalは、ポートフォリオに7つの旅行会社を持ち、英国、メキシコ、カナダ、インドを含む多くの場所で2,500人以上を雇用している。 

Q: 旅行業界の回復を促進するのに役立つテクノロジーとその理由は何か?

私の見解では、それはチャットボットテクノロジー、音声認識、音声からテキストへの変換である。 また、テクノロジーはセルフサービストランザクションをサポートしている。 さまざまなトランザクションにこれらのような自動化されたサービスを利用することを好む顧客セグメントが増えている。 ミレニアル世代は年をとっているが、行動を変えていない。 彼らはオンラインで物事をやりたいと思っており、非接触型のやり取りをしている。 ホテルはこれがとても得意である。 人間と直接対話することなく、チェックインとチェックアウトを行うことができる。 例としては、チェックイン、機内での食事、その他のリクエストがある。 予約から旅程の変更、搭乗券、そして旅全体に至るまでがセルフになりつつある。 たとえば、一部の主要な航空会社は現在、アプリを介した支払いのみを受け付けている。 同様に、機内エンターテインメントは、多くの場合、航空会社の機内Wi-Fiを介してのみ利用できる。 現在、一部のレンタカー会社でさえ、タッチレスチェックインとチェックアウトがある。

私たちはさまざまな機能のために多くのプラットフォームを構築しており、これにより、はるかに迅速に拡張し、製品と機能の拡張をより簡単かつ迅速に市場に投入できるようになる。 私たちが機敏になることを可能にする機能強化は、今日、これまで以上に重要になっている。 また、製品ポートフォリオをより効率的に拡大するのにも役立つ。 今日の消費者は、オプションと柔軟性を求めている。 パンデミックにより、消費者は当初制限されていた製品にアクセスできるようになり、現在は利用可能になっている。 サプライヤーは、以前は制限されていた製品へのアクセスを拡大した。

Q: 業界がより良く回復するにつれて、テクノロジーはどのように効率を高めるのに役立つか?

顧客サービスの分野では、顧客がエージェントに話しかけることなく変更を加えることができるセルフサービスツールの範囲を拡大した。 また、チャットボットテクノロジーを大幅に拡張した。 その技術は、同時に多数の顧客にサービスを提供し、保持時間の延長などによる顧客の不満を回避するのに役立つ。

パンデミックは、顧客のニーズを満足させることの重要性を強調した。

それに加えて、これらの新しいテクノロジーは、特にミレニアル世代とZ世代の市場からの消費者の需要に沿ったものである。 私たちは、消費者向けに柔軟性の高いコンポーネントを備えた製品に取り組んでいる。 特定の機能では、境界線が消える。 レンタカーのチェックインについて考えてみて欲しい。 多くの企業での経験は完全に非接触型である。 これらのテクノロジーがすべて整っていると、当然のことながら効率が向上する。

人為的エラーを減らすことができるが、コンピューターによるアクションを無効にできない状況に陥る可能性もある。 最終的な分析では、非接触型と人間の相互作用のバランスを見つけることになる。 顧客は、例外的な状況で人に対処する必要があり、それを望んでいる。 ただし、理想的には、これらの状況の数は大幅に減少する。

Q: 来年のFareportalの最大のチャンスはどこにあると思うか? 

レジャー旅行市場における製品の拡大。 旅行の計画から旅行後まで、消費者との会話を長くすることが重要である。 私たちは、モバイルプラットフォームを通じて有意義な方法で顧客と対話することができる。 Fareportalは、単なる予約パートナー以上のものを目指している。 私たちのビジョンは、消費者のための仮想旅行コンシェルジュになることである。 私たちは、旅行者のすべてのニーズをサポートするために、関連する製品とサービスを提供する。 また、パンデミックの発生以来発生した新しい消費者の欲求のいくつかを語る製品を開発している。 旅行の予約から出発までの時間である予約期間が大幅に短縮された。

顧客が1週間未満から1年までの幅広いタイムラインで旅行オプションを簡単に表示できるようにする、Explore Dealsと呼ばれる機能を開始した。 これにより、旅行者は手頃な価格で自発的な旅行の決定を行うことができる。

Q: 今後6か月間のFareportalの優先事項は何か? 

上記のすべて。 私たちは、今日の市況を反映した製品とサービスの強化に真剣に取り組んでいる。

Q: 2022年に旅行業界で重要な合併および買収活動/合併が見られるか?

さらなるコンソリがある。 未来を予想する(あてる)水晶玉を持っている人は誰もいないが、パンデミックにより数人の犠牲者が出た。 2021年にいくつかのコンソリが行われ、来年を経て、旅行業界のプレーヤーの間で新たな連携が見られると思う。

Q: パンデミックでは消費者の行動が変化したが、Fareportalはそれらの変化にどのように適応しているか? 

最も劇的な変化は、予約ウィンドウの顕著な短縮である。 消費者は、実際の旅行日にはるかに近くで旅行予約を決定する。 そのため、上記で説明した「Explore Deals」などの旅行の「インスピレーション」ツールは、一連の製品やサービスへの追加として意味がある。 消費者は、柔軟性が追加された旅行オプションを探している。

Q: それらの行動パターンは今や生活の一部か? 

YES、そうだと思う。 経験を求めて成長し続ける市場セグメントでは、これらのタイプの消費者行動はとどまる可能性がある。

Q: オンライン旅行のどのような弱点がパンデミックにさらされているか? 

オンライン旅行スペースは恩恵を受けたと思う。 地元の顧客に依存していた伝統的な旅行代理店は大きな苦しみを味わった。 オンライン旅行代理店の予約シェアは、旅行代理店全体と比較すると大幅に増加している。 2020年に私たちが経験したロックダウンと大規模なキャンセルは、フライトのキャンセルの前例のない急増とそれに伴う現在の顧客サービスのニーズに業界全体が直面した。業界全体が圧倒された。 ですから、明らかになった最大の弱点は容量(capacity)であった。 幸いなことに、この状況は、消費者にとって非常に有益なこの分野での多くの進歩を引き起こした。

Q: 過去2年間の信頼できるデータが少なく、顧客獲得に投資する必要があるため、Fareportalはどのマーケティングチャネル/手法に頼る予定か? 

Fareportalにとって、それは顧客の成長と顧客維持マーケティングの継続的かつ増大する重要性である。

Q: 旅行は以前の状態に戻ることはあるか? 

そうは思わない。 状況が進化し続けるにつれて、私たち全員が理解したいと思っているニューノーマルがある。 まだ伝えるのは時期尚早だが、私たちは皆、さらなる変化が来ることに同意する。

Q: 暗号通貨、スーパーアプリ、その他の新興技術、および旅行業界におけるそれらの重要性について、あなたはどのように考えているか?

暗号通貨に関しては、これは過去10年間「試行錯誤」モードであった。

現在まで、統計的に有意で、定期的に使用される消費者の支払い方法としての地位を確立していない。 この時点で、現金はまだ王様だ! スーパーアプリはますます重要になる。 それらは顧客の利便性を高め、したがって今後も出現し、一般の人々に広く採用されるだろう。

Q: パンデミックからのあなたの最大の個人的な学習は何か? 

より少ないコストでより多くのことを行う。 パンデミックは、他の方法では行わなかったかもしれない変更を加えることを私たちに教えてくれた。 私は本質的に楽観的な人間であり、旅行業界は非常に前向きに進化し続けていると思う。

(2/10 https://www.phocuswire.com/In-The-Big-Chair-Werner-Georg-Kunz-Cho-Fareportal?oly_enc_id=9229H9640090J9N)

18. Hotelbeds、AmazonのClimate Pledge参加

Hotelbedsは、毎年恒例の環境・社会・ガバナンスのレポートをリリースし、過去12か月間の進捗状況とイニシアチブを強調している。

スペインに本拠を置くベッドバンクは、独立した組織であるCabon Footprintを通じて排出量を削減し、排出量を相殺することで、4年連続でカーボンニュートラルのステータスを達成したと主張している。 Hotelbedsは、パリ協定の2050年目標に先立ち、世界の産業が2040年までに二酸化炭素排出量をゼロに削減することを奨励するために取り組んでいるAmazonのClimate Pledgeにも参加している。 同社はまた、「人権の保護、多様性と包摂の促進、責任あるパートナーおよび雇用者であることの重要性を強く念頭に置いている。 さらに、私たちが目にする労働者の搾取との闘い、および児童の性的搾取の防止 ― これらはすべて、グローバルなフットプリントで事業を行う企業にとって非常に重要だと思う」と述べている。 Hotelbedsは、すべてのレベルで女性の代表が強く、女性が執行委員会の50%、世界の労働力の57%を占めていると述べている。

(2/11 https://www.phocuswire.com/Hotelbeds-ESG-report-2021?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

19. 社説:バケーションレンタルは主流

「休暇の宿泊施設は、もはや単に寝に行く場所ではない。 それは旅行体験の不可欠な部分ですある」、Uplistingの創設者であるVince Breslinからのこの引用は、短期賃貸の将来に関する今週のPhocusWireに関する記事である。

その支持者のほとんどが言ったように、そして伝統的なホスピタリティの他の多くの人々が認めたように、強力な短期賃貸セクターは、2020年に傑出した年を迎えた。 理由は誰もが知っている。 封鎖制限が厳しくなる中、旅行が立ち直ろうとしたため、多くの旅行者はホテルから離れ、待望の滞在のために個人の住居を確保することを選択した。 見知らぬ人がたくさんいる地域や、ホテルの他のすべての運営面で、彼らが望む衛生要件に完全に適合していない地域に集まることに人々がまだ当然のことながら神経質になっていることを考えると、これは非常に理にかなっている。

多くのホテルが再び完全に再開し、(少なくとも今年の後半)市場がある程度2019年型のパターンに戻り始めたため、昨年は正常な状態に戻り始めた。

このようにして、短期賃貸は「エクスペリエンスがすべて」であり、「市場はゲストにファーストクラスの体験を提供することに重点を置いている」ことを保証するために基準が変更されるというレトリックが得られる。

マーケターのペンの一振りで、短期賃貸物件はホテルと一致するようになった。 ホテルは、誰もが忘れることができない、物件に滞在する「エクスペリエンス」について語っている。 確かに、素晴らしい場所に自分自身が持つすべてのプロパティに最新設備とプライバシーを備えてユニークで特別な何かがあると主張する考えを支持する人もいるかもしれない。

しかし、宿泊施設のスペクトルのすべての要素が、旅行者が明らかに切望する「エクスペリエンス」の最高の提供者であることを示唆している場合、異なる宿泊施設のタイプを互いに区別する別の側面が必然的に必要になることも考慮する価値がある。 そして、これには製品の避けられないコストが関係するところである ― それはプロパティAまたはBの間の非常に具体的な差別化要因であるため、多くの形態の宿泊施設のプロバイダーが避けがちな厄介な要素である。

多くの仲介業者が宿泊施設のタイプを並べて配置する場合、これはさらに深刻である。 したがって、必然的に進行しているそれぞれのセクター間の対決に入るときに、レンタルとホテルの両方に、製品の「価値」(価格と知覚される体験の質のレベルの組み合わせ)をどのように割り当てるかを2022年に考えるように圧力がかかる。

(2/11 https://www.phocuswire.com/sounding-off-148?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

20. Expedia Group、2021年決算、第4四半期最高益

Expedia Groupは、2021年の最終四半期に4億7,900万ドルの調整後EBITDAを計上した。 これは、第4四半期の調整後EBITDAとしては、会社史上最高であり、3四半期連続で正の調整後EBITDA計上となる。 2021年通年の調整後EBITDAは15億ドルであった。 四半期調整後のEBITDAは、パンデミックの影響を受けていない直近の期間である2019年の同じ四半期と比較して100万ドル増加したが、2021年第4四半期の収益は23億ドルで、2019年第4四半期よりも17%減少した。 結果について話し合うためのアナリストとの電話で、Expedia GroupのCFOであるEric Hartは、「第4四半期の業績は、パンデミック前と比較して、はるかに効率的なビジネスを運営していることをさらに示している」と述べている。 その効率性の1つのマーカー ― 現在、同社の従業員数は2019年末よりも約10,000人少なくなっている。 2021年通年の収益は86億ドルであっが、2019年通年の収益は121億ドルとなった。

2021年の第4四半期の総予約総額は175億ドルで、12月のオミクロンバリアントの影響にもかかわらず、年間で最低の四半期減少であったが、2019年の同時期と比較して25%減少した。

Hartによると、予約の傾向は1月まで改善されており、直近の数週間は2019年と比較して上昇している。 これは主に、米国での予約に続いてEMEAが原因です。 また、CEOのPeter Kernは、海外旅行と大都市への旅行の両方がまだ遅れているという事実は、実際には会社にとって良い兆候であると述べている。

「歴史的に大都市と国際的なものは私たちにとって強みのある分野であった・・・だから私たちはパックが行くところにいくつかの良い滑走路を持っていると思う、そしてそれについて私たちは気分が良い」とカーンは言う。

顧客獲得   Customer Acquisition

第4四半期の販売およびマーケティング費用は約8億7,500万ドルで、2019年第4四半期から12%減少したが、2020年第4四半期の2倍以上になった。

マーケティング計画の重要な部分は、クリエイティブメッセージングと、ブランドおよびパフォーマンスマーケティングの両方を組み合わせた統一戦略を使用して、旅行者をExpediaのブランドポートフォリオに引き込むことである。

「私たちは消費者との直接的な関係を改善する機会がたくさんある。 私たちは歴史的にGoogleやMetaなどの大きな池から釣りをしてきたが、顧客を呼び込み、一般的にそれらの顧客を維持し、粘着性を持たせ、エクスペリエンスが良好であることを確認するのに十分な仕事をしていなかった」、「私たちは今、旅行者を呼び込むことに熱心に取り組んでおり、メンバーの価格設定やロイヤルティなど、私たちが提供するもののすべてのメリットを享受し、より良いアプリ体験をより良いCRMで得られるようにしている。 これは、私たちが他のすべてと同じように再構築している所だ。 私たちは本当に顧客を維持し、できるだけ頻繁にExpediaに直接戻って来てくれることに焦点を当てている」とKernは言う。

また、GoogleをExpedia Groupのリスクと見なすかどうかを尋ねられたとき、Kernは「私は、いつもGoogleはサメだと言っている、そしてサメがサメであることを期待するべきである。 私たちは彼らの市場で事業を行っており、彼らの市場を最適化するという私たちの役割を果たさなければならない。 私たちにはもっとうまくやる余地がたくさんあり、それが、私たちが焦点を当てていることである」と述べている。

ロイヤルティの再設計   Redesigning loyalty

Expedia Groupの顧客維持戦略の一つの重要なコンポーネントは、昨年秋に発表されたロイヤルティプログラムの再設計である。 「ロイヤルティプログラムは、すべてのブランド、すべての製品を対象とし、すべてのブランドでポイントを獲得して償還することができるようになる。 これは素晴らしいイノベーションである。 すべての調査は、顧客にとって最も重要なことは製品の幅を広げることであると示している」、「今年の大部分は、私たちが望む製品を実際に手に入れ、すべての人をそれにロイヤルにし始めるのに費やすだろう」とKernは言う。

Kernはまた、ロイヤルティプログラムが実施され、個々のブランドがより緊密になるにつれて、コンソリが必要かどうかを会社が判断するのに役立つと述べている。 「必要なものは少なくなる、または確かに少なくなると結論付けるかもしれない。 それが理にかなっている場合は、そうするだろう」と彼は言う。

今後、Kernは、Expedia Groupの革新と「提供」の時期として2022年について楽観的だと述べている。 「最終的に私たちは旅行の再燃を信じており、その中で中心的な役割を果たすと考えている。 私たちはただ座ってそれに乗るだけでは満足していない。 私たちは、業界の未来を推進する上で重要になりたいと考えている。 そして、私たちは旅行者だけでなく、私たち自身のビジネスだけでなく、旅行エコシステム全体にも利益をもたらすことができると信じている。 それが今年私たちが焦点を当てるものである」と彼は言う。

(2/11 https://www.phocuswire.com/expedia-group-closes-2021-with-record-q4-adjusted-ebitda?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

21. ホテル人材不足解消に対するテックの応用

旅行に対する需要の高まりが現実化し始めると、業界にとっての大きな課題が明らかになりすぎている。 それは重大な労働力不足である。 才能を求める戦争は多くの産業で激しさを増しているが、旅行業界にとっては、労働者が最前線から逃げ出し、より安定した産業を求めているため、特に深刻である。

特効薬はないが、人材不足の課題を解決するためにテクノロジーが果たすことができる役割を検討するなど、組織が実行する必要のある重要なアクションがいくつか存在する。 プロセスとシステムをより効率的にし、労働力の変化を予測するのを支援することにより、成長を維持しながら労働力を再考する方法についての質問に関しては、人工知能と自動化が重要である。

世界経済フォーラムは、新しい本「The Automation Advantage」が指摘しているように、現在の役割を維持しようとしている労働者の場合、コアスキルの40%が2025年までに変化し、全従業員の約半分が再スキルを必要とすると推定している。 AIやその他の自動化テクノロジーは、組織が既存の従業員が実行する作業を強化し、より価値の高い役割を引き受けることができるように労働者を再スキル化し、新しい、切望されている人材のソースを採用、保持、開発するのに役立つ重要な役割を果たす。 パンデミックが発生する前は、旅行業界は女性、特にさまざまな民族的および文化的背景を持つ女性を採用するリーダーであった。 2020年に何百万人もの人々が旅行業界を去り、その不釣り合いな数の人々が女性であった。 企業がそれらを置き換える方法に取り組むにつれて、単に再雇用するのではなく、そこには、より包括的で多様で公平な未来のために再建する機会が訪れる。

Accentureの調査によると、旅行のリーダーは、日常の仕事の経験をより適切に管理することで、最大5倍のスタッフの可能性を引き出すことができる。 これらの変化は、ジェンダーの多様性に特に影響を及ぼす。 毎日の経験がより適切に管理されれば、女性は潜在能力の4倍を解き放つ。 労働力の中に女性を関与させることは、最終的にはより広い旅行業界全体の生産性を向上させることができる。 さらに、従業員を失うコストは数万ドルに相当する可能性があるため、雇用主はスタッフを維持することで恩恵を受けるだろう。 女性労働力の可能性を活用することは、新しいテクノロジーが真の影響を与えることができる場所だ。 おそらく最も明白なことであるが、テクノロジーによって何百万人もの労働者が自宅で仕事をし、高い生産性を維持できるようになり、親は育児の手配を上級職と両立させ、女性が再就職する際の障壁を取り除くことができる。

ホテルの最前線の労働者の場合、予測労働力スケジューリングを処理する新しいAIテクノロジーは、予想される需要と労働者の希望する(パートタイム)スケジュールを考慮して、適切な一致を見つけることができる。

技術に目を向ける   Turn to tech

一部の旅行リーダーは、特にトレーニングを通じて、女性が労働力に溶け込むのを支援するテクノロジーを使用する新しいスキームをすでに開拓している。

たとえば、Hilton Hotelsは、育児休暇から戻った親ができるだけ早く習得できるようにするための仮想トレーニングプログラムを提供している。 ホテル経営者はまた、ギルドエデュケーションと提携して、従業員に新しい教育資格を提供し、キャリアアップを促進している。

他の場所では、FutureofU: Skills. Jobs. Growthは、デジタル、クラウド、データサイエンスの役割などの主要な技術分野で将来に備えたトレーニングを提供することにより、女性が子供を産んだ後の職場復帰を支援するために協力している企業グループである。 より広義には、デジタルトレーニングプログラムは、独自にアクセス可能なクロストレーニングを提供し、新しい女性の参加者に、その役割を超えて拡大するための関連スキルを提供する。 Accentureはこれを行うためにバーチャルリアリティ(VR)を採用し、没入型学習やオンボーディングなどのために60,000台のVRヘッドセットを導入している。 Accentureは、「The Nth Floor」と呼ばれるVR環境を作成した。 これにより、世界中の従業員がチームとして出会い、学び、交流できるようになる。

旅行業界にもインスピレーションがあり、多くの雇用主はテクノロジーを使用して女性の職場復帰を促している。 たとえば、Targetは、2025年までに100%のサプライヤーがジェンダー平等を推進するための方針とプログラムを持つことを約束した。 これを実現するために、雇用のためのより公平なデジタルシステム、インシデント報告のための効果的な匿名チャネル、および性別に応じた健康情報へのアクセスを展開している。

旅行労働力に再就職する女性をサポートするツールはこれまで以上に利用可能であり、ビジネスケースは明確である。 旅行の意思決定の80%は女性が占めるため、旅行会社内で意思決定の立場にある女性を増やすことで、顧客とのより緊密な関係を築くことができる。 これは、旅行会社が​​ロイヤルティを向上させ、旅行者にサービスの利用を奨励する方法を模索しているときに特に痛烈である。

旅行のリーダーは、進行中のCOVIDの不確実性の中でのビジネスの再出現と、適切なコストで顧客に最高の体験を提供することに正しく焦点を合わせている。

彼らが再建するとき、賢明な旅行リーダーは彼らの会社の成功がその人々に依存することを理解するだろう。 そのすべての人々とテクノロジーを採用する人々は、将来の才能を引き付け、より興味深い役割を提供し、ひいてはより多様で包括的な労働力を構築することができ、最終的にはサクセスストーリーとして浮上する。

著者: Emily WeissはAccentureのグローバル旅行業界のシニアマネージングディレクター兼ヘッド、 Dyllis HesseはAccentureのシニアマネージングディレクター 。

(2/11 https://www.phocuswire.com/how-technology-can-solve-talent-scarcity-in-travel?oly_enc_id=9229H9640090J9N)

22. 2月7日の週の資金調達記事

  • マイクロモビリティ新興企業 Swing、日本市場参入

マイクロモビリティのスタートアップSwingは、シリーズBの資金で2,400万ドルを調達した。 White Star Capitalが、この投資を主導し、既存の投資家であるHashedもこのラウンドに参加した。 現在合計で約3,300万ドルを調達している韓国を拠点とするSwingは、eスクーター、eバイク、eモペットの艦隊を増やし、日本に拡大するために資金を投入する予定である。

同社は、2022年の東京での立ち上げを目指して、昨年日本に子会社を立ち上げた。 Swingは、フランチャイズモデルを運営しており、フランチャイズ加盟店にブランドのフリートとソフトウェアを提供している。 Swingは、パンデミックを乗り越え、より持続可能なオプションを探している消費者にアピールする、数多くのマイクロモビリティスタートアップの1つである。

White Star Capitalも支援するTierは、2021年10月に2億ドルの資金提供を発表した。 最近では、VoiがシリーズDの資金で1億1,500万ドルを追加し、Boltが最新のラウンドで 6億2,800万ユーロを発表し、DottがシリーズCにさらに7,000万ドルを発表した。

 (2/7 https://www.phocuswire.com/Swing-micromobility-24M?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 

  • キャンピングの Acamp

キャンププラットフォームAcampは、250万ユーロの新規資金を調達した。

新規投資家のSpintop VenturesとLRF Venturesは、既存の投資家であるCentripetal Capitalとともに、スウェーデンを拠点とするこの企業のラウンドに貢献した。 2020年に立ち上げられたAcampは、キャンピングカーを民間の土地所有者や土地を借りたい企業に接続する。 このプラットフォームにより、ホストはサイトの「アドオン」ボタンを介してキャンピングカーに体験を提供することもできる。 Acampはこの資金を使って成長を加速し、ノルウェーへの事業を拡大する。 LRFは農林業への投資に重点を置いているため、LRFの経験がAcampの成長を後押しするのに役立つことを願っている。

同社は、北ヨーロッパのNo. 1のキャンプ場マーケットプレイスになる目的を有している。 Acampは、ヨーロッパのキャンプサイトスペースで、 オランダを拠点とするJetCamp、英国を拠点とするHoliday Fox、アイルランドを拠点とするCampsitedと競争しており、これらの競争相手は、すべて過去1年間に資金を調達に成功している。

(2/8 https://www.phocuswire.com/Acamp-2-5M-funding-camping?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

 

  • 旅行管理会社  Locomote 

Locomoteは、GDSの子会社としての短い期間を終了し、新たに300万ドルの投資ラウンドで資金調達している。 この旅行管理会社は、Escala Partnersが主導する取引で資本を確保した。 投資額は約2 ,100万ポンドであると、オーストラリアを拠点とする家族経営の企業が主張している。 「私たちをUber Of Travelのように考えて欲しい。 私たちは、単一の統合された旅行管理プラットフォームで、顧客を世界中のサプライヤーやエージェントに接続する」と同社は声明で述べている。 Travelportは当初2014年8月に事業の49%の株式を購入し、2015年12月にこれを過半数の所有権(55%)に変更した。 その後、オーストラリアの起業家Philip Weinman(創立者Ross Fastucaから一時的に引き継いだ)からTravelportのベテランSandra McLeodへのCEOの交代を含む、一連の経営陣の改造が行われた。 Travelportが公開市場から撤退してプライベートエクイティの所有権に戻ってから2年後、Locomoteは2020年に非公開の価格で創設者に売り戻され、2021年7月に完結した。 最高マーケティング責任者のDavid Fastucaは、「旅行者は空に戻る。私たちは新しい出張時代の必然的な復活に備えている」と述べている。

(2/8 https://www.phocuswire.com/Locomote-raises-3-million-investment-round?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

 

  • NUMA Group

リブランド(名前の変更を含む)から6か月後、NUMA Groupは4,500万ドルの投資ラウンドを成功させた。 ドイツを拠点とする企業のベンチャーラウンドは、DN CapitalとHeadlineが主導し、Soravia、Cherry Ventures、Scope Hanson、Kreos Capitalが参加している。 同社は、以前はCosiとして知られており、これまで2ラウンドで約3,500万ドルの資金を確保していた。 NUMA(消費者向けの主力NumaStays Webサイト)は、投資家、不動産所有者、開発者、運営者と提携して、「旅行者向けの破壊的なデザイン(disruptive design hotels)ホテル」を作っている。 ビジネスの中核となる要素は、テクノロジーを使用してオペレーションを自動化することであり、ホテルの所有者にとってコスト効率と最大40%の利益の向上であると主張している。 技術フランチャイズサービスであるNUMA Goは、既存の物件に実装するOYOのようなサービスとして位置付けられている。 同社は、2021年にヨーロッパ周辺の2,500戸で85%の稼働率を達成すると同時に、スペイン、イタリア、オーストリア、チェコ共和国のプロパティに拡大したと主張している。また、昨年6月にスペインのブランドFriendly Rentalsを購入した。 同様のモデルを運営しているブランドには、2021年にその物件の1つをKayakにリブランドし、他の物件の技術サービスを開発する契約を締結したlife Houseが含まれる。

(2/8 https://www.phocuswire.com/NUMA-secures-45-million-expand-tech-led-hotel-brand?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

 

  • 暗号ベース旅行報酬 FlyCoin

暗号通貨ベースの旅行報酬テクノロジー企業であるFlyCoinは、オーバーサブスクライブされたシードラウンドで3,300万ドル以上を調達した。 資金提供は、2012年にBitcoin Builderを設立し、現在はFlyCoinの取締役会の議長を務め、同社の技術開発を監督しているJosh Jonesが主導した。 シードラウンドには、TenOneTen Ventures、8VC、Liquid 2、Gaingels、個人投資家のMichael BlendとBill Foleyも参加した。 FlyCoinは、旅行やホスピタリティの企業だけでなく、保険や金融サービスなどの他の消費者向けセクターにも、ブロックチェーンベースのロイヤルティソリューションを提供する。 ユーザーは、FlyCoinのFLYトークン(イーサリアムブロックチェーンで作成)を獲得できる。 これには、有効期限、譲渡可能性の欠如、制限された償還オプションなど、従来のロイヤルティ報酬に関連する制限はない。

「旅行および報酬業界は、2023年までに1.4兆ドルを超えるだろう。 このような数字で、業界を成功させる人々、つまり旅行者に、よりスマートな報酬をもたらす時が来た。 FlyCoinは次世代のデジタル報酬であり、デジタルトランスフォーメーションの期限が過ぎている数十年前の業界の進化である」とJonesは言う。 2021年10月に設立されたFlyCoinのパートナーには、 Northern Pacific Airways と Ravn Alaskaが含まれる。 これらのパートナーは、すでにすべての有料フライトでFLYトークンを獲得できるようにしている。  今年の第3四半期に、FlyCoinは、パートナーシップ統合のための消費者向けアプリとAPIをリリースすると発表している。 FLYトークンは、今年後半にさまざまな暗号通貨取引所で取引可能になる。

Fidaは、旅行ブランドが使用するために開発中のもう1つのブロックチェーンベースのロイヤルティトークンである。 創設者のMark McLaughlinは、12月のPhocusWire Pulseで、ロヤルティのための分散型トークンの利点について話した。  別のタイプのブロックチェーンベースのソリューションであるNFTも、旅行の報酬で注目を集めている。 1月初旬、PhocusWireの2022年のHot 25 Startupsの1つである Travalaは、NFTベースの旅行特典プログラムを開始した。 また1月、シンガポールを拠点とする企業であるLynKeyは、リゾートやホテル向けのNFTベースのプラットフォームを発表し、不動産開発のあらゆる側面(購入、リース、土地利用、関連する観光エンターテインメント)を国際的なブロックチェーンを活用したエコシステムにトークン化した。 

(2/9 https://www.phocuswire.com/crypto-based-travel-rewards-company-flycoin-raises-33m?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

  • Wander

テキサス州オースティンを拠点とするWanderは、設立から9か月で、QED Investorsが主導するシリーズAラウンドで2,000万ドルを調達し、総資金は2,700万ドルになった。 追加の投資家には、Redpoint Ventures、Authentic Ventures、Fifthwall、Susa Ventures、Kevin Durant、Rich Kleiman's 35 Ventures、Packy McCormick、Sahil Bloom、Todd and Rahul's Angel Fund、Alumni Ventures、Vibe Capital、a16zなどがある。 同社は、現在カリフォルニアとオレゴンの5つの物件を含むポートフォリオに追加するために、資本を使ってさらに多くの住宅を購入すると述べている。 Wanderは、Wi-Fiネットワーク機器、屋内および屋外のワークステーション、大画面モニター、スタンディングデスク、プロ仕様のマイクなどを提供し、レモートで仕事をするデジタルノマドのニーズへ対応する。 各Wanderホームには「最先端の自動化テクノロジー」も搭載されているため、ゲストはWanderアプリを使用してドアのロックを解除したり、照明を制御したり、各Wanderホームに付属のテスラにアクセスしたりすることもできる。 現在プラットフォーム上にある家には、Pelotonバイク、Hydrowローイングマシン、トレッドミルなどのウェルネス設備もあり、ほとんどの家に温水浴槽とサウナがある。 Wanderによると、1泊の料金に隠れた料金や税金が含まれていない「完全な価格の透明性」も提供される。  Wanderは、まもなくWander For Teamsを立ち上げ、企業が特典パッケージの一部としてWanderクレジットを提供できるようになると述べている。

(2/10 https://www.phocuswire.com/wander-raises-20m-to-grow-its-luxury-rental-inventory?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

  • 垂直離着陸機 Odys Aviation

カリフォルニアを拠点とするOdys Aviationは、ハイブリッド電気垂直離着陸(VTOL)航空機を開発するために、1,240万ドルのシード資金調達ラウンドを調達した。 資金は、Giant Ventures、Soma Capital、11.2 Capital、Countdown Capital、Nikhil Goel、Kyle Vogtから提供されている。 2019年にCraft Aerospaceとして設立されたOdys Aviationは、9人の乗客を乗せ、航続距離1,000マイル、速度345mphのVTOL航空機を開発している。 同社によれば、この設計とヘリポート、市営空港、および将来の「バーティポート(vertiports)」の使用により、ドアツードアの地域旅行がより簡単に、より速く、より安く、より環境に優しいものになるとのことである。 Odys Aviationの共同創設者兼CEOであるJames Dorrisは、「Odys Aviationは、旅行の苦痛を排除しながらCO2を最大80%削減する航空機を製造している。 エアタクシーを超えて、私たちの航続距離は国内線の65%をカバーしており、開始後すぐに航空会社で非常に多くの牽引力を得ていることを誇りに思っている」と述べている。 同社はこの資金を使って新しい生産施設を開発し、リーダーシップとエンジニアリングチームを成長させる。 今年後半には、1人乗りのプロトタイプ航空機のデモを行う予定。 

(2/11 https://www.phocuswire.com/vtol-aircraft-startup-odys-aviation-raises-12-4m?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

 

+++++

印刷用ファイル