海外事情 2022年  2月  21日号

アラスカ航空がサブスクを導入した(「13. アラスカ航空、サブスク開始」)。 最近“サブスク”と言う言葉を、旅行業界紙でもよく見かける。

ウィキペディアによれば、「定額料金を支払い利用するコンテンツやサービスのことで、商品を「所有」ではなく、一定期間「利用」するビジネスモデル」と説明する。 例として雑誌の予約購読や定期購読や会費、PCやスマホの有料アプリ、WOWWOW、Amazonライム、Netflixなどの定額制オンディマンド動画配信サービスが存在する。

 

旅行業界でも、多分にAmazonプライムやNetflix人気にあやかった、サブスクが導入され始めている。 パンデミックによる需要の劇的な減少が影響した、需要喚起のマーケティング施策でもあるのだろうか。 日本でもANAが2020年1月に、JALが2021年7月からサブスクサービス(いずれも宿泊を含む実証実験)を開始している。

 

考えてみれば何てことはない、これは鉄道の回数券や定期券と同じ考え方のマーケティング手法じゃないか。 何も大騒ぎするほどの新しい発明でも何でもない。 しかし、航空では定期券や回数券は、一時導入されていたものの今では廃止されている。航空輸送も日常的なサービスとなっているのだから、鉄道輸送と同じように、サブスク導入に合わせて定期券や回数券の復活を考えたらどうだろか。

 

ところで、Tripadvisorが、昨年6月に導入したサブスクプログラムのPlusが所期の成果を達成していない。 この「13」の記事で、サブスクのテック企業Caravelo CEOが、Tripadvisor Plusは、サブスクではない。 何故ならばTripadvisorは仲介業者であって在庫を持っていないからだ。 Plusはロヤルティクラブに似通っていると言っているのが面白い。

 

Tripadvisorは、目的地エクスペリエンス販売のViatorや、レストラン予約サービスのTheForkを売却する計画だ。 昨年11月に退任を発表したCEOの後任が未だ決まっていない(「15. トリアド、Viator売却の動き」)。 TRIP株価も52週安値23.52ドルを若干上回る27.97ドル(2月18日)をつけている。 BKNGやEXPEと比較して動きが鈍い。 「18 社説:トリアド、熟慮必要、多くが制御困難」が、この会社の苦境を探る。

 

 

 

スクリーンショット 2022-02-22 8.52.18.png
スクリーンショット 2022-02-22 8.52.51.png
スクリーンショット 2022-02-22 8.52.03.png

目 次

1. (TJ) 新興企業の舞台:旅行時の乳幼児支援Lightly

2. (TJ) 人手不足ホテル、ロボット使用

3. (TJ) エアビー、2019年比25%増収

   (TJ) = トラベルジャーナル3月14日号を参照ください

4. ブッキング、顧客サービス外注、怒りに火を付ける

5. 短期レンタルのコンバージョンのトップドライバー

6. Cogo、eScoot買収

7. Q&A: Vtrips Sandra Brahn                              閲覧第2位

8. セーバー、回復遅いが収支改善

9. ノンレブの機械化が航空会社の収支改善貢献          閲覧第5位

10. ロンリープラネット、Elsewhere買収

11. ハーツ、電気自動レンタルUfodriveに投資

12. マリオット、直販シェア増加

13. アラスカ航空、サブスク開始                             閲覧第1位

14. GoZayaan、パキスタンFindMyAdventure買収

15. トリアド、Viator売却の動き                             閲覧第4位

16. The Big Dhair: Knowland Jeff Bzdawka           閲覧第3位

17. マルチ文化旅行者を惹きつける新会社                 閲覧第5位

18 社説:トリアド、熟慮必要、多くが制御困難

19. 2月14日の週の資金調達記事

4. ブッキング、顧客サービス外注、怒りに火を付ける

Booking.comは、何千ものカスタマーサービスのポストをサードパーティ企業にアウトソーシングするという決定を擁護した。 Booking Holdingsが所有するこのブランドは、英国とオランダのマンチェスターとアムステルダムのそれぞれの場所のスタッフを除いて、グローバルカスタマーサービスプロバイダーのMajorelを使用してコールセンターの運営を処理する。 Booking.comのこの発表は、週末のスーパーボウルTVで同社の数百万ドルの広告が表示されたと噂されている数日前に行われた。 同社によれば、Majorelを使用する決定は、「業界をリードするカスタマーサービスの専門知識を活用して、ビジネスの進化する需要に対応するために効率的にスケールアップできるようにする」ことである。 Majorelが事業を引き継いだ後、2,700人のポジションが最低6か月間保証される。 関係者は「Booking.comで提供する製品の多様性を拡大し続ける中で、専任の専門家のチームと協力することが、お客様とパートナーのニーズを確実に満たすための最良の方法であると信じている」と付け加えている。

コロナウイルスのパンデミックの影響として、Booking.comは2021年8月に社員の25%(約4,500人の従業員と推定)をレイオフした。 当時、親会社のBooking Holdings(Agoda, Priceline, Kayak, OpenTable, Momondo, その他の運営者)は、世界65か国で事業を展開し、グループ全体で約26,000人のスタッフを抱えていた。

(2/14 https://www.phocuswire.com/Booking-com-ignites-anger-customer-service-outsource-move?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

5. 短期レンタルのコンバージョンのトップドライバー

旅行者は通常、宿泊施設を選択する際に多くの選択肢があり、一般的な買い物客は予約を行う前に複数の宿泊施設のカテゴリを検討する。 Phocuswrightの最新の旅行調査レポートThrough the Roof:U.S。Short-Term Rentalsによると、通常の短期賃貸(STR)ユーザーでさえ、ホテルと一緒に賃貸オプションを比較して、ハイブリッドの考慮事項が設定されている可能性がある。

いくつかの要因は、他の要因よりも最終決定に影響を与える可能性が高く、買い物客を予約者に変える。 短期間のレンタル滞在を選択した旅行者にとって、場所はキングであり、レンタル旅行者の40%がその場所のためにSTRを予約した(下のグラフを参照)。

 

 

 

 

 

旅行者がレンタルを予約することを決定するとき、彼らはしばしば複数の物件の中から選択している。 プロパティを際立たせるものは何か?  STRの特徴は重要な要素であり、多くのSTRユーザーは、興味深い見た目を備えたプロパティを積極的に探している。 しかし、同じようなサイズ、快適さ、コストのプロパティを比較すると特典が違いを生む。 旅行者は、特定の機能が同様のプロパティに優位性を与えるという強いコンセンサスを表明していないが、高速Wi-Fi、優れたレビュー、美しい景色、敷地内駐車場、ホットタブ/プールなどのアメニティの要素が最も引用されている。 住宅所有者/ PMは、物件をより望ましいものにするために、複数の便利さ、アメニティ、バリュードライバーを提供することに焦点を当てる必要がある。 特定のプロパティへの典型的な訪問者のタイプとその好みを理解することにより、ホストは最も魅力的である可能性が高いアメニティを実装して強調することができる。 たとえば、旅行者が滞在期間に基づいて好む家の快適さのタイプ、宿泊施設で働く予定があるかどうかなどである。 目的の機能を提供および宣伝するホストは、買い物客をゲストに変える可能性が高くなる。

PhocuswrightのOpen Accessプログラム

Phocuswright Open Accessに登録して、このレポートとPhocuswrightリサーチライブラリ全体をダウンロードして欲しい。 このサブスクリプションでは、Phocuswrightのデータ視覚化ツールにアクセスすることもできる。 このツールを使用すると、世界の旅行市場を切り取って詳細を分析し、選択したデータをセグメント化できる。 宿泊施設のタイプに関係なく、便利な場所または魅力的な場所が最大の要因である。 STRを選択するその他の主な理由には、コストパフォーマンス、スペースの拡大、キッチン/ランドリーへのアクセス、家庭的な雰囲気などがある。

(2/14 https://www.phocuswire.com/Top-drivers-conversion-short-term-renters?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

phocuswright-research-chart-top-10-reasons-for-selecting-a-short-term-rental-for-most-rece

6. Cogo、eScoot買収

Cogoは、ライバルのモビリティアグリゲーターeScootを非公開の金額で買収した。 CogoとeScootは、ユーザーがヨーロッパ中の都市で電動スクーター、自転車、車、モペットを見つけて予約するのに役立つ。 デンマークを拠点とするCogoは、この買収により、ドイツ、フランス、英国などの主要市場での拡張計画が後押しされると述べている。 Cogoによると、共有モビリティ(shared mobility)市場は最近爆発的に拡大し、約350億ユーロの価値があり、2030年までに4,400億ユーロに達すると予想されている。 eScootの買収は、TierによるNextBikeとWindの買収、LimeによるJumpの買収など、市場における他の最近の買収に続くものである。 元Momondoの幹部によって設立され、2020年に立ち上げられたCogoは、過去1年間で月間40%の成長率を経験したと述べている。 同社は2022年に新しい都市に参入し、より多くのモビリティ事業者を呼び込む予定だ。 Cogoは2021年4月に100万ユーロの資金を調達した。

(2/14 https://www.phocuswire.com/Cogo-acquires-eScoot?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

7. Q&A: Vtrips Sandra Brahn

Vtripsは、バケーションレンタル管理会社の買収に2億5,000万ドル以上を投じることを含む成長戦略の一環として、CFOのPaul Smith-Marquezと最高成長責任者のSandra Brahnの2人の新しい役員を任命した。

バケーションレンタルビジネスを深く理解しているBrahnは、Vacasaで約6年間過ごした。 そこでは、企業開発のシニアディレクターとして、チームを率いて150を超えるポートフォリオの買収とパートナーシップを締結した。

以下では、BrahnがPhocusWireに、部門の構築、収益性の高い成長機会の特定と提供、複雑な取引の成立における彼女の経験が、フロリダを拠点とするVtripsを次の成長段階に導くのにどのように役立つかを説明する。 このインタビューは、わかりやすくするために少し編集されている。

Q: Vacasaで過ごした後、Vtripsにたどり着いた理由は何か?

私はほぼ6年間Vacasaにいたが、COVIDによって、その頃に起こった不幸な出来事の完璧な嵐で合った。 [Vacasaの創設者兼CEO] Eric Breonが立ち去り、Matt Robertsに交代した。 その後、COVIDがヒットした。 すべてが起こった ドカンと。 残念ながら、私が6年間築いてきた部門は、一夜にして取り壊された。 その後、Wyndhamの統合期間(integration time)全体であったため、主に統合のために部門の隅々まで壊された。 私はしばらく滞在したが、それは別の会社、別の道を選択した。 そしてCOVIDで何が起こるかわからなかったが、私は業界が大好きだ、私は本当に好きだ。 私はどの業界にも情熱を注いでいるとは言えない。 [Vtripsの創設者兼CEOであるSteve Milo]に少し相談して、彼のことを知り、Vtripsのことを知り、チャンスが何であるかを確認した。 私たちは多くのことを話し合い、投資家であるHudson Hillに参加してもらうことで次のことが示された。 確かにこの市場にはまだ途方もない機会が存在する。

Vtripsに参加してチームを構築し、プロセスを構築し、私たちの前にあるこの機会を本当に追いかけることができるようになることは、私にとってエキサイティングである。 何年にもわたって収益性の高い会社であり、それは非常に興味深く、異なっているが、まだ初期段階ではないが、成長と拡大に伴って開発および構築する必要のあるものがまだたくさんあり、それは私にとってエキサイティングである。 ・・・会社には本当の転換点がある。 私たちはこれらすべてを一定量のプロセスと人員で行っているが、必要とするものに比べて非常に限られている。 パンデミックがこれまでにない方法でレンタルにスポットライトを当てたので、興味深い時期である。 絶対に。 これまでバケーションレンタルを借りたことがない人たちがやってきた。 今ではまったく新しいオーディエンス(需要)が存在する。 そして、ホテルではなく、バケーションレンタルに専念するようになった人もいる。 それは楽しい。 さまざまな理由から、ホテルよりもはるかに優れたモデルだと思う。 シェアリングエコノミーは素晴らしいことであり、それは私が全面的に成長することを望んでいる分野である。 家の所有者が年に数回来る間、家が未使用でそこに空き家になっているのは残念だ。

Q: Vtripsに入って、そこで働いてあなたを驚かせたことがあったか、そして最大の課題の1つは何だったか?

それらはおそらく同じものであるが、やるべきことはたくさんある。 課題は、私たちの優先事項と今年何を成し遂げることができるかを本当に理解することである。 一晩で人々を雇うことはできないし、一晩で人々を訓練することもできない。 驚いたのは、少なくとも過去2年間、これほど多くのことを行ってきた人々である。 彼らはたくさんのことを背負っている、そして私はとても感銘を受けた、彼らは素晴らしい人達だ。 私たちは、これらすべての人々に複数の帽子を被らせている(複数の業務をアサインしている)。 そのため、実際に役割を定義し、責任を定義できるように組織をシフトしようとしている。 最初は完璧ではないが、もう少し明確になって、5つの異なる帽子をかぶる必要がないようにしている。 だって、それってスケーラブルではないですよね?

さっき言ったように、その変曲点(inflection point)、それは一種の興味深いことであり、課題はそれをどのように通過するかである。 今年はその変化の中で最大のものになると思う。 年間を通じて行われるが、より明確な役割と、それらのスケーラブルなプロセスおよびスケーラブルなポジションに移行する必要がある。

Q: 2022年のVtripsの追加の優先事項について話してくれるか?

私たちはEBITDAとユニットベースを成長させている。 それは、利益を上げて成長する方法であり、その成長について賢く、またリソースに賢く、管理しやすいペースで成長することについて賢く、それでも巨大な成長を遂げている。 もう1つの焦点は、有機的であり、有機的に成長するための優れた強力な筋肉を構築することである。 戦略は、一種のハブアンドスポークを実行することであるため、主にドライブツーマーケットから始めて、1つの市場または市場エリアに優れた運用基盤を備えた真の基盤を構築する。 そしてそこから拡大を始め、私たちがどのように成長するかを戦略的に見ていく。 人口密集地はどこか? 人々はどこから運転して来るか? たくさんの家の掃除人や検査官、そしてそれらすべてを手に入れなければならないので、従業員の面で多くの課題が存在する。 現在、すべての業界で、同様の実際の従業員の課題がある。

スタッフを配置して成長をサポートできる適切な場所で成長していることを確認するのは、主に今年であり、その後、限られた新しい市場に拡大する。

今後の展望として、私たちはどのようにして新しい市場に参入するのだろうか。 それは、私たちが成長した地元のつながりから行っているのだろうか、それともポートフォリオの買収を通じて新しい市場のどこかに新しい旗を立てて、そのスペースを構築するのだろうか。

Q: 8月、Vtripsが買収に2億5,000万ドル以上を投資すると発表された。買収戦略について話してもらえるか? 何を探しているか?

いくつかの新しい市場であるが、ほとんどが無関係の市場であり、既存の市場からさらに離れている。 [新しい市場に参入することは決してない]とは言えないが、今年はコロラドに行くつもりはない。 それは別の市場である、それは冬の市場であり、それはかなり異なる。

ですから、どのように拡大するかどうかはわからない。 しかし、私たちはフロリダを取り巻く市場に拡大するだろう。 そこにユニットがないという点で、それらは新しいと見なされるかもしれない・・・それは簡単な拡張であり、それは主に買収によるものである。 とは言うものの、既存の事業に負担がかかるため、1時間以上離れた市場に1軒または2軒のユニットを持ち込むつもりはない。 そこにオフィスとホームベースを置くことができると言うのに十分なユニットの質量を取得する必要がある。 

Q: あなたが指摘できる今後の取引はあるか? 7月には一連の買収があった。

今後も取引がある。 現在、私たちは主に大規模な取引に焦点を当てているが、それは主にリソースのおかげである。 大規模な買収に必要なのは多くのリソースだが、小規模と大規模の間のリソースに関しては直線的ではない。 私たちにとって、よりよく運営されている会社を手に入れる方が良い。 私たちはブランドとローカルチーム、そして可能であれば会社の所有者[またはドライバー]でさえもそれらを維持することを非常に意識している。 ・・・住宅所有者の継続性を可能な限り維持したいと考えている。

それらのすべてがブランドに影響する。 私たちは、ほとんどの場合、大規模な買収で地元のブランドを維持している。 私たちはこれらすべてのサブブランドを持っている、そしてそれは私にとって個人的には新しいものである。 Vacasaではまったくそうでは無かった。

Q: レンタル部門の統合は今後も続くと思うか?

その通り。 統合(コンソリ)するプレイヤーはさらに数社いると思う。 AvantStayが登場し、買収を開始するなど、すでにこれらのいくつかを目にしている。 次に、関与するいくつかのプライベートエクイティ会社が存在する。 Vtripsが一方で、Vacasaがもう一方であり、少数のより大きなプレーヤーが存在するだろう。

緊張(a strain)があったと思う。 企業にとっては本当に良い結果が出ているが、小規模なママパパの店は、最初はCOVIDの間に非常に緊張していたので、おそらく今では疲れ果てていると思う。 また、現在市場には非常に多くの活動があり、企業は「うーん、大きなものの場合は収益が本当に上がっているので、売るのに良い時期かもしれない」と言っているからである。

Q: 買収を検討する際、テクノロジーはどのような役割を果たすか?

私たちが注目している重要な項目の1つは、テクノロジーの統合がどうなるかということである。 彼らが私たちと同じPMSにいる場合、それはそれをはるかに簡単にする。 繰り返しになるが、ブランドを維持しながら、それらをPMSに配置し、すべての会計および財務モデルと構造を調整したいので、その移行を行うために必要なリソースに戻る。 だから、それができるのが早ければ早いほど、それとの相乗効果も早く実現できる。 これは明確な特徴ではないが、タイミングにとって今のところ重要な特徴である。 構築中の統合チームがあり、さまざまなシステムから変換を実行する方法についてより多くのリソースと理解を得るにつれて、それらをもう少し流動的に実行する・・・しかし、常に危機に瀕している。 現在、私たちはテクノロジーの観点から少ないエネルギーをどこに持っていくかに間違いなく焦点を合わせているので、私たちのPMSにあるものが優先されるが、それだけではない。

Q: Vacasaからこの新しい役割にどのような学びを取り入れたか?

Vacasaでも、移行中の住宅所有者への影響を理解するのと同様に、現地スタッフを維持することが非常に重要であることを学んだ。 したがって、彼らが経験しなければならない変化の量を最小限に抑える方法を考え出すか、その変化のペースを調整する。 結局のところ、あなたは本当に住宅所有者との関係を購入しているので、それは非常に重要である。 それは有形資産である。 ほとんどの場合、私たちは株式の購入を行っておらず、会社自体も購入していない。

私たちはこれらの資産を購入しており、基本的な資産は関係であり、これはほとんどの企業とは非常に異なる種類の買収である。

その関係の強さを評価する方法を理解することは非常に重要であり、その関係に対する変化の影響を理解し、したがってそれらの影響を最小限に抑えることができる。

(2/14 https://www.phocuswire.com/vtrips-new-cgo-sandra-brahn-on-growth-acquisition-strategy?oly_enc_id=7798E1381467C7B)

8. セーバー、回復遅いが収支改善

Sabreは、旅行がコロナウイルスの影響からゆっくりと回復し続けているため、調整されたEBITDAがパンデミック前のレベルを超えるのは2025年までになると予想していると述べている。 2021年12月31日に終了する期間の第4四半期および通年の業績を発表し、同社は「力強い収益成長と財務実績の改善」を期待していると語った。 Sabreは、第4四半期の売上高が前年比60%増の5億100万ドルで、航空、ホテル、その他の旅行予約の増加に貢献していると報告した。 同社は、2020年第4四半期の2億2,000万ドルに対し、1億2,600万ドルの営業損失を計上した。 同社の調整後EBITDAは、2020年第4四半期の1億100万ドルの調整後EBITDA損失に対して、2,600万ドルの損失であった。 比較すると、2019年第4四半期の収益は9億4,100万ドルで、営業利益は5,800万ドルであった。

SabreのCEOであるSean Menkeは、「COVID-19のパンデミックがもたらした課題にもかかわらず、私たちのチームは戦略的イニシアチブに焦点を合わせ続け、お客様に優れたサポートを提供しながら、テクノロジーの変革を急速に進めた」次のように述べている。

Menkeは、業界が回復するにつれて同社は成長の機会に興奮していると述べ、「中期的には、テクノロジーの変革とクラウドの移行の実現により、大幅な節約が可能になり、収益の機会が拡大することが期待される」と付け加えている。

2021年の通年の収益は、2020年の13億ドルに対し、合計17億ドルであった。

営業損失は、2020年の9億8,800万ドルに対し、6億6,500万ドルに減少した。これは、退職費用の7,900万ドル、Farelogixの購入終了に伴う買収関連費用の2,000万ドルの削減などの要因によるものである。 通年の調整後EBITDAは、2020年の4億4,800万ドルの調整後EBITDA損失から2億6,100万ドルの損失となった。 比較として、2019年通年の営業利益は3億6,300万ドルであった。 Sabreによると、さまざまな事業部門を分類すると、流通収益は2020年に比べて55%増の9億100万ドルであった。

ITソリューションの収益は、2020年の5億9,500万ドルに対し、6億200万ドルであった。 一方、ホスピタリティソリューションの収益は2億300万ドルに増加し、2020年の1億7,500万ドルから16%増加した。

アナリストの電話で、Menkeは2022年をSabreのテクノロジー変革の中間点として説明している。 これは2020年2月に同社が発表した5つの投資分野の1つであり、その変革に約1億ドルが割り当てられている。 彼は、Sabreは、Googleを含むパートナーとともに、同社のテクノロジーと「効率的なコスト構造」で競合他社に先んじるとMenkeが信じる2024年末までに変革を完了する予定であると付け加えている。 Menkeによると、同社は「優れた投資収益率を実現する」と考えており、今後10年間で30~35%の収益が見込まれ、3億ドルの価値があるため、パンデミック中の投資を選択したとのことであった。

(2/15 https://www.phocuswire.com/Sabre-Q4-FY-2021-results?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

9. ノンレブの機械化が航空会社の収支改善貢献

現在の労働力不足は世界中のほぼすべての業界に挑戦しており、航空業界は特に大きな打撃を受けている。 米国の航空輸送の求人と労働者の不足の数は驚異的であり、それは消費者の経験に大きな影響を与えている。 乗客を支援および管理するためのますます困難になる環境の課題に加えて、最前線の要員を維持および奨励するという航空会社への圧力は非常に大きい。 そして、幸せでよく訓練された航空会社の職員と旅行者の満足との関係は否定できない。 あるレベルでは、パイロットと客室乗務員の両方が広範なトレーニングを必要とするため、新しい客室乗務員の採用には時間がかかる。 IT、マーケティング、カスタマーサービスエージェントなどの他の空いているポジションの採用は、同様の役割を採用している他の業界と直接競合する。 一般的に言って、航空会社の従業員の給与は追いついていない。 別のレベルでは、他の多くの業界と同様に、従業員は自分たちの生活と、現在の仕事が全体的な社会的豊かさと幸福とどのように一致しているかを再評価している。 私たちが確かに知っていることの1つは、無料または低コストで旅行できることは、航空会社の従業員が社員優待制度の有るキャリアを追求し、長期にわたって彼らと一緒にいることへの大きなインセンティブである。 

そもそも圧倒的な数の航空会社社員がそこで働いているのはそのためである。

航空会社はこれを「ノンレブ(non-rev)」旅行と呼んでいる。 従業員に低コストまたは無料の旅行のメリットを提供し、フライトの「空席」を埋めて、仕事の満足度を高める仕組みだ。 しかし、それはキャリア自体に収入を提供しない。

現在、世界中の航空会社に250万人以上が雇用されており、合わせて年間数百万のノンレブチケットを予約している。 これは大量のトラフィックであり、実行とサービスに数十万時間のスタッフが必要となる。

今月後半にリリースされる予定の1,500人近くの航空会社の従業員を対象とした調査では、航空会社の従業員の80%以上が、航空会社で働くことを決定する上で、社員優待のメリットが重要または非常に重要であると述べている。 それでも、航空会社の従業員のわずか22%が、同僚や友人に航空会社の社内旅行ソリューションを推奨しており、業界全体で劇的な改善の余地があることを示している。 航空会社が現在および新規の従業員を維持したい場合、提供されるフライト福利厚生プログラムは期待に一致する必要がある。

テクノロジーの制約  Technology constraints

毎年何百万人もの航空会社の従業員旅行者がノンレブ旅行に置く価値と、それをうまく提供する航空会社の能力との間には大きな隔たりがある。 多くの場合、航空会社の従業員は、ノンレブの旅行を予約するために、時代遅れで面倒なテクノロジーと不十分に設計されたWebサイトやアプリを使用することを余儀なくされている。 ノンレブ予約ツールの一般的な問題には、基本的な予約機能の自動化の欠如や、変更を加えたり払い戻しを要求したりするために電話をかける必要があることが含まれる。 多くの回答者は、自分でエラーを修正することはできず、修正を行うために長い「修正」の呼び出しに耐えなければならなかったと述べた。 ポジティブスペースシート、つまり従業員が実際に使用できるシートを効果的に割り当てるという複雑な技術的課題も存在する。 これは常に問題となるが、イノベーションとテクノロジーを通じてこの問題に対処できた会社はほとんどいない。 新しいテクノロジーは、従業員が、一般消費者が支払う価格と比較して割引価格でポジティブ座席を予約できるようにすることで問題に対処し、プロセスを困難にする複雑な価格設定の制約を解決する。 その他のイノベーションにより、従業員は最も空席のあるフライトを簡単に見つけることができる。 この機能により、従業員は複数の目的地や日付を検索する必要がなくなり、時間を節約し、全体的な旅行体験を向上させることができる。

これまでのところ、消費者の旅をとても簡単にする旅行の予約の進歩が、航空会社の従業員自身にほとんど利用可能にされていないことは、非常に皮肉なことである。 航空会社の従業員を含む消費者がAmazon、Netflix、Uberなどの容易な操作のプロバイダーを介した商品やサービスの提供を楽しんでいるとき、航空会社の従業員が1990年代のように旅行を予約するという現実は、時にはそれよりも効率がさらに低下することは単に受け入れられない。

収益に影響を与える  Impacting the bottom line

ノンレブ旅行を予約するための現在の社内テクノロジーは、操作が面倒で、費用がかかり、非効率的である。 自動化の強化が旅行エコシステム全体の効率とコスト削減を実現するための鍵と見なされているときに、人間の介入に過度に依存している。 財務的に言えば、各ノンレブ予約の総コストは15ドルにもなる可能性がある。 これには、予約エージェントの時間、非効率的なテクノロジーを使用して予約を完了するために必要なスタッフの移動時間のコスト、およびテクノロジーを維持するために必要なITコストが含まれる。

コストと非効率性に、航空会社で毎年予約されている何百万ものノンレブ旅行を掛けると、無駄がどのように増えるかを簡単に確認できる。 プロセスを管理するための新しいテクノロジーが利用可能であり、世界中の航空会社によってますます実装されている。 これは、航空会社の従業員が無収入の旅行を検索、予約、追跡する方法を完全に再発明する可能性がある。 これには、航空会社の大幅なコスト削減と廃棄物の削減が含まれる。

満足している従業員、幸せな旅行者  Satisfied employees, happier travelers

航空業界では多くの点で困難な時期に直面している。 航空会社が現在直面している財政的圧力、流通の混乱、消費者の期待の変化により、ノンレブ旅行技術を「必要」ではなく「必須」に修正する可能性がある。

これは、従業員が消費者サービス提供のバックボーンであり、航空会社の消費者向けの最初の連絡先であり続けるという事実を無視している。 航空会社の従業員が満足していなければ、旅行者は満足できない。 旅行者が満足していないということは、収益と成長が少ないことを意味する。 今日の航空会社のノンレブ旅行システムは、従業員、そして最終的には旅行者の満足を妨げるものとして機能し続けるか、航空会社の従業員の採用と維持における重要なツールになる可能性がある。 選択は航空会社に属す。 ノンレブ旅行のプロセスを再発明する必要性は明らかであり、それは基盤となるテクノロジーから始まる。

著者:Mike Stacyは、ID90 TravelのCEO。

(2/15 https://www.phocuswire.com/tech-enabled-employee-travel-can-boost-airlines-bottom-lines?oly_enc_id=9229H9640090J9N)

10. ロンリープラネット、Elsewhere買収

Lonely Planetは、コロナウイルスのパンデミックの最初の年に立ち上げられた旅行計画のスタートアップ、Elsewhereを買収した。 買収条件は明らかにされていない。 2020年11月に米国で作成されたElsewhereでは、旅行前にオーダーメイドの体験を見つけるためのツールをユーザーに提供している。

このサービスには、ユーザーの旅程の作成を支援する「地元の目的地の旅行パートナーの高度に精査されたネットワーク」と書かれている。 この買収は、Lonely Planetのユーザーが目的地に関するより多くの情報を発見し、推奨事項を見つけるための手段として、ユーザー生成コンテンツ(UGC)からのさらなるシフトを示している。 Lonely Planetは昨年9月、伝説的なThorn Treeフォーラムを開催し、コミュニティを完全に閉鎖することは「難しい決断」であったが、「まったく新しいLonely Planet」が開発中であることを約束した。 BBC Worldwideは2013年にLonely PlanetをNC2に8,000万ポンドの損失で売却した。 Red Venturesは、2020年12月に非公開の料金でこのブランドを買収した。

(2/16 https://www.phocuswire.com/Lonely-Planet-acquires-trip-planner-Elsewhere?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

11. ハーツ、電気自動レンタルUfodriveに投資

レンタカー会社のHertzは、電気自動車のレンタルスタートアップであるUfodriveへの1,900万ドルの投資を共同で主導した。 シリーズAの投資も、Knighthead Capital Managementとのパートナーシップにより、Certaresが主導し、既存の投資家も関与した。 Certares OpportunitiesとKnightheadは、1年弱前に発表された42億ドルのHertzリストラの背後にあった。 声明によると、UfodriveへのHertzの投資は、「モビリティの未来をリードする」というコミットメントの一部である。 Ufodriveは、「アプリから制御される最初の全デジタル、全電気自動車のレンタルサービス」と説明されている。 声明によると、2分間の「到着とドライブ(チェックイン)」サービスも提供している。 スタートアップはその資金を製品開発とさらなる拡大に使うことを計画している。 Hertzはまた、昨年Teslasのフリートに投資し、ドライバーがTeslas車をレンタルできるようにするためにUberと提携している。 Hertzは、このスタートアップのデジタルレンタルおよびフリート管理テクノロジーを使用して、米国およびヨーロッパのパートナーとのグローバルEVフリート運用を強化し、最初にデジタルレンタル体験の恩恵を受けることを計画している。

(2/16 https://www.phocuswire.com/Hertz-invests-in-Ufodrive-19M-Series-A?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

12. マリオット、直販シェア増加

Marriott Internationalは、オンライン旅行代理店チャネルよりも「より有意義に」直接チャネルを成長させたと述べている。 2021年の第4四半期のアナリストの質問に答えて、最高財務責任者兼EVPの事業運営担当のLeeny Obergは、GDSの予約は、シェアの割合で2019年以来「最大の落ち込み」を示した。OTAはレジャー旅行が中心であり、2021年に増収を記録した。

つまり、[GDS]の割合を見ると、19年と比較して600ベーシスポイント下がっている。 現在、OTAはこのすべてのレジャービジネスで200ベーシスポイント上昇しており、2021年には14%になっている。 しかし同時に、総宿泊日数の直接シェアは最大76.3%であり、実際には340ベーシスポイント上昇している。 Obergは、直接シェアの伸びは、部分的には「音声からデジタルへの移行」、「私たちのBonvoyテクノロジーとアプリ、そしてダウンロード数を考えると、すべてが理にかなっていると思いう。 デジタルチャネルは、コストの観点から、そして顧客への価値の提供からも非常に効率的なチャネルである」による減少を含むと付け加えている。

Marriottは、2021年第4四半期に、全世界での宿泊の52%、米国とカナダでの宿泊の58%が、現在世界中で合計1億6,000万人の会員を持つBonvoyメンバーから来たと述べている。 同社はまた、2019年のレベルには及ばないものの、予約期間の延長についても触れた。 2021年第4四半期の予約期間は、2020年第2四半期の最低5日から約17日に増加した。 2019年第4四半期の純利益は前年比1億6,400万ドルの損失、2億7,900万ドルであったが、第4四半期の純利益は4億6,800万ドルであった。 当四半期の調整後EBITDAは7億4,100万ドルであったが、2020年第4四半期は3億1,700万ドル、2019年第4四半期は9億100万ドルであった。

(2/16 https://www.phocuswire.com/Marriott-direct-booking-share-versus-OTA?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

13. アラスカ航空、サブスク開始

Alaska航空は、米国を拠点とする主要な航空会社として初めて、フライトサブスクリプションプログラムを開始した。 本日より、消費者は月額49ドルからAlaska航空のFlight Passを購読できる。 加入者は、カリフォルニアの13の空港間、およびカリフォルニアからリノ、フェニックス、ラスベガスまで、年間最大24の往復フライトを利用できる。 このシステムは、メキシコを拠点とする超低コスト航空会社Volarisと南アフリカを拠点とする低コスト航空会社Flysafairのサブスクリプションプラットフォームを提供するテクノロジー企業であるCaraveloと提携して構築されている。

Flight Passは、加入者向けに2つのプランを提供している。 1つは、旅行の少なくとも14日前に月額49ドルから年間6往復の予約が必要なプランと、出発の2時間前までに月額199ドルから年間6往復の予約が必要なプランである。加入者は、各プラン内で年間12回または24回の往復フライトに追加料金を支払うこともできる。

Caraveloの共同創設者兼CEOのIñaki Uriz Millanは、サブスクリプションへの関心が高まる中、これが今年の複数のパートナー発表の最初のものであると述べている。 「最近の現状維持はかなり危険だと思う。 いつもやってきたことをして、将来は違って良くなることを期待することは希望的観測だ。 これは、ビジネスモデルを改善し、より予測可能で信頼性の高い収益を上げることである。 つまり、収益管理者がいくつかのことを別の方法で行い、他の業種の例に従うことを望んでいるという事実と、それを実現するテクノロジーを提供しているという事実は、市場に投入することを具体化している。 タイミングは正しく、技術は正しい」と彼は言う。

実証済みのメリット  Proven benefits

Millanは、パンデミックを通じたVolarisの経験は、サブスクリプションの価値を示していると言う。 この航空会社は2018年にV.Passプログラムを開始し、現在30,000人以上の加入者が居る。 Millanによると、それらの多くはパンデミックの前からこの航空会社と共にしており、飛行機に乗っていないときでも毎月支払いを続けている。 「Volarisは、彼らが信頼できると知っていたそれらの収入は命の恩人のようだったと言った」、「今、それらは再び成長し始めた。 ほぼ過去1年間、最大の収益レベルに達している。 [V.Pass]は危機に対してはるかに回復力がある。 それはより質の高い収益だ」と彼は言う。

Millanは、航空会社にとって多くの追加のメリットを挙げている。 サブスクリプションは、顧客が解除するまで続くコミットメントを作成するため、その顧客は他をショッピングしたり、他のキャリアからのオファーに魅了されたりする可能性が低く、航空会社はトランザクションごとにその顧客を再取得するために金をかける必要はない。 「さらに重要なことに、私たちは増分収益を生み出す」「サブスクリプションプログラムの目標は、収益管理と同じ目標であり、収益を最大化する。 [しかし]アプローチは少し異なる。 収益管理では、すべてのトランザクションを最大化するように努め、そうする場合は合計を最大化すると述べている。 サブスクリプションは、すべてのトランザクションにこだわるのではなく、生涯価値にこだわっている。 同じ目標を達成するための2つの異なるアプローチである。 サブスクリプションを使用すると、より良い結果が得られる」と彼は言う。 Caraveloによると、提携航空会社の収益は約1~2%増加し、加入者はより頻繁に旅行し、アンシラリーを購入する可能性が高くなる。 これは、フライトの予約時に料金を支払っていないためだ。

「しかし、私にとって最も興味深い[利点]は、航空会社が最終的に顧客基盤を獲得するという事実である。 私はロイヤルティプログラムを意味しない。 それは、クレジットカードがトークン化された[消費者]を受け取り、毎月支払いを行う。 ・・・最後に収益化できる顧客ベースである」とMillanは言う。

デザインの詳細  Design details

Caraveloは、統合(integration)を管理するか、APIを介して接続する航空会社によるテクノロジープラットフォームと、航空会社の目標に基づいた設計支援の両方を提供する。 「市場に参入したいのか、市場シェアを増やしたいのか、低コストの競争に反対したいのか、何をしたいのか? 私たちが行う主なことは、航空会社があまりにも多くの規則や制限を使用することを控えることである。 収益管理の帽子をかぶった状態で、成功するサブスクリプションモデルにアプローチして定義することはできない。 一方では、あなたは本当に取引(transaction)について考えており、もう一方では、あなたは本当に関係(relationship)について考えている」彼は言う。 Millanは、VolarisとFlysafairの両方のサブスクリプションの成功(約3か月で1年間のサブスクリプション目標を達成した)は、「市場の準備ができている」ことを示していると述べている。 TripadvisorのPlusプログラムについて尋ねられたとき、同社はメトリクスをリリースしていないが、発売からわずか3か月後に9月に再設計されたが、Millanは、それはまったく異なるビジネスモデルだと言う。 「私はそれをサブスクリプションとは呼ばない。 私たちはそれをクラブまたはメンバーシップと呼ぶ傾向がある」「これらのプログラムが達成しようとしていることは、ロイヤルティプログラムが達成しようとしていることと似ている。 つまり、旅行が必要な場合は、あなたが私に来る可能性を高める。 彼らがするのはそれだけである。 [Tripadvisor]は在庫を所有していない。 あなたは仲介者にサブスクしている。 それははるかに困難である。 あなたが航空会社である場合、あなたはあなたが指揮を執っているオファー、価格設定を管理している。 あなたがOTA、メタである場合・・・あなたは割引、すなわちあなたがコントロールできないものに特別な条件を与えている。 したがって、提供できるバリュープロポジションは魅力的ではなく、コントロールできず、リスクが高くなる」と彼は言う。

Tripadvisorに似た割引クラブを持つ別の会社はeDreams Odigeoだ。 2021年11月の最新の収益レポートで、同社はPrimeプログラムに200万人のメンバーがおり、フライト予約の39%がPrimeメンバーからのものであると述べている。

将来の成長  Future growth

Millanは、より多くの航空会社がサブスクリプションプログラムを採用するにつれて、Caraveloはこのプログラムの成長の準備ができていると言う。 昨年秋、British Airwaysの元CEOであるAlex Cruzが投資家兼取締役に就任した。 Millanによると、同社は来年中に資金調達ラウンドを実施する可能性が高いとのことである。 彼は、サブスクリプションを「旅行業界で最大のトピックの1つ」と呼び、出張のサブスクリプションには「大きなチャンス」があり、顧客が同様のルートを飛行する複数の航空会社にサブスクライブする可能性は低いため、「先発者の利点」があると述べています。

「航空会社が結果を待って見ることができる他のプロジェクトとは異なり、それについて考えてみて欲しい。 おそらく2~3年後には、『わかりました、私はただフォローします』と言いだろう。 ただしフォロワーになるためのコストはここで高くなる」と言う。

(2/16 https://www.phocuswire.com/alaska-airlines-launches-flight-subscription-program?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

14. GoZayaan、パキスタンFindMyAdventure買収

オンライン旅行代理店のGoZayaanは、パキスタンを拠点とするFindMyAdventureを非公開の金額で買収した。 この動きにより、バングラデシュを拠点とするGoZayaanは、FindMyAdventureのホテル、バケーションレンタル、体験のプラットフォームを通じて、パキスタンでの存在感を高めている。 GoZayaanは2017年に設立され、バングラデシュで最初のオンライン旅行アグリゲーターである。 同社は、東南アジアの初期投資家であるWavemaker Partnersが主導するラウンドで、昨年9月に260万ドルのシード資金を調達した。 元AirbnbとPricelineの幹部もこのラウンドに参加した。

Nordstar PartnersとDST Globalが関与し、既存の投資家も参加して、さらに非公開のラウンドが最近完了した。

(2/17 https://www.phocuswire.com/GoZayaan-acquires-FindMyAdventure?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

15. トリアド、Viator売却の動き

Tripadvisorは、Viatorの新規株式公開の可能性に関連して、米国証券取引委員会に機密S-1を提出した。 同社は提出日を明らかにしなかったが、第4四半期および2021年通年の決算に関する株主への書簡の中で、「この資産に見られる価値、これには、業界の参加者との機会の評価だけでなく、Viatorビジネスの少数株式を公開市場に売却することの潜在的なサブIPOを含む独立した機会の評価が含まれる」と述べている。

TripadvisorのCEOであるSteve Kauferは、後継者が指名されたときに今年退職する。 CFOのErnst Teunissenは、昨年11月の第3四半期の決算発表で、ViatorとTheForkの両方を分離するオプションを模索していると当初表明した。

さて、書簡の中で、同社は「これらの事業が規模の大きいカテゴリーリーダーになる機会に対する確信をこれ以上強くすることはできなかった」と述べている。 2021年の間に、TripadvisorのExperiencesおよびDiningセグメントは、社内で最も力強い回復を遂げ、第4四半期の収益は2019年のレベルのほぼ90%に達した。 通年では、ツアー、アトラクション、アクティビティの予約によって生み出された収益を含むExperiencesは、2019年の2億8,800万ドルに対し、1億8,300万ドルをもたらした。 また、Diningは、オンライン予約システムとサブスクリプションベースのマーケティング、および、分析ツールとスポンサー広告からの料金を含んで、2019年の1億6,800万ドルに対し、1億2,400万ドルをもたらした。

「パンデミックのこの段階では、今がViatorとTheForkで攻撃を行う時期だと思う。 そのため、2022年には、製品、供給、および技術機能への長期投資を通じて、2019年以降にE&D内で行われた固定費の節約の大部分をセグメントに再投資する予定である。 私たちは、地理的な範囲を拡大し、製品の提供を改善および拡大し、これらの投資によって顧客ベースのロヤルティを高めることを目指している」と書簡は述べています。 TheForkに関しては、計画はまだ「評価中」であるが、第1四半期末の決算報告方法を「ViatorとTheForkをポートフォリオ内の独立した事業としてより明確に分類する」ように変更する可能性があると同社は述べている。

ViatorとTheForkを除けば、同社は、2021年7月に開始され2021年9月に再設計されたサブスクリプションプログラムであるTripadvisor Plusが期待どおりに成長していないことを認めているが、それでも製品に取り組んでいると述べている。 「年末になっても、コンバージョンは完全な展開を目標としたレベルではなかった。 2022年の計画では、適切な製品と市場に適合するように適切にスケーリングされたレベルで、Plusへの継続的な投資を想定している。 この製品の魅力と、将来的に価値を高める可能性を強く信じているが、成長はより緩やかになる可能性があることを認識している」と言っている。

財務詳細  Financial details

Tripadvisorの2021年の総収益は9億200万ドルで、2019年と比較して42%減少したが、2020年と比較すると49%増加した。 調整後EBITDAは2019年の4億3,800万ドルに対し、1億ドルであったが、2020年の5,100万ドルの損失からの顕著な改善を達成した。 2021年の第4四半期の収益は2億4,100万ドルで、2019年と比較して28%減少し、調整後EBITDAは2.900万ドルで、2019年第4四半期の9,200万ドルから68%減少した。

ホテル、メディア、プラットフォームセグメントの収益は、2021年に前年比52%増の5億4,900万ドルで、2019年の水準の58%に相当する。 回復は第4四半期に横ばいになるまで安定していたが、これはオミクロンの亜種の出現によるものだと同社は考えている。 「2021年の回復経路が競争力の変化を反映しているとは思わない。 たとえば、ホテルオークションのCPCの価格レベルは引き続き高い(2021年の時点で米国の2019年よりもさらに高い)ことに注意して欲しい。 市場が回復し続けるにつれて、私たちは海外旅行とアッパーファンネルマーケティングへの復帰から利益を得ると期待している。 これは私たちのビジネスの2つの歴史的な強み」と書簡は述べている。

Tripadvisorブランドのウェブサイトの月間平均ユニークユーザー数は、消費者の旅行需要の主要な指標であると同社は述べているが、2021年第4四半期の2019年レベルの約73%で、第3四半期の76%からわずかに減少した。

販売およびマーケティングのコストは、通期4億6,900万ドルで、前年同期比で48%増加し、第4四半期では1億2,600万ドルで、2020年第4四半期と比較して91%増加した。

 (2/17 https://www.phocuswire.com/tripadvisor-makes-moves-to-spin-off-Viator?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

16. Q&A: Knowland Jeff Bzdawka

Jeff Bzdawkaは、Hyattで20年間勤務した後、2021年6月にホテルおよび会議のマーケットインテリジェンスデータプラットフォームであるKnowlandにCEOとして加わった。 TravelClickとPegasusにも勤務しており、最近ではホテルチェーンのグローバルホテルテクノロジー担当上級副社長を務めていた。

Q: あなたは2021年6月にHyattからKnowlandに入社した。 この仕事で最も驚いたことは何か? 最も挑戦的なことは何か?

この質問から抜け出す簡単な方法は、本当に驚きはなかったと言うことです。 Knowlandでの役割は私にとって新しいものであったが、私のプロとしてのキャリア全体は、ホテル側とホスピタリティテクノロジープロバイダー側の両方にいる機会があった。 これにより、私は目を大きく開いたような役割を担うことができた。 業界を知り、パンデミックによって引き起こされたむち打ち症を経験し、最近顧客側にいることに加えて、私は業界の運営環境、特にお客様、そして私がオンボードしたときにKnowlandチームが直面した課題を熟知している。 私たちの業界はその回復力を証明し続けており、今も例外ではない。 希望の緑の芽がある。 彼らは緑の雑草ではない。

私はHyattの驚異的なチームに別れを告げた。 Knowlandチームに参加する機会を得られて本当に幸運だと思う。 おそらく驚きは、ホスピタリティ業界にいて、ホテルや会議、イベントに対応し、支援する分野にいるという、過去2年間の彼らの見通しがどれほど前向きで楽観的であるかということである。 それはおそらく不釣り合いな打撃を受けた分野であり、チームワークの一般的な感覚とビジネスへの情熱だけが本当に私を興奮させた。

Knowlandに参加したときに私が懸念していたのは、データセットの関連性であった。 私たちのユニークな点の1つは、2,000万を超える実際の会議やイベントに関する情報を持っていることである。 このデータを使用して、お客様に実用的な洞察を作成し、お客様の販売方法を変える。 COVIDの初期の頃、業界での多くの議論は、特に収益管理の場合の履歴データの関連性についてであり、履歴データはもはや何の意味もなくなったと言っていた。 私の見解、そして業界の見解は、そこから変化し、進化していると言っていて本当にうれしい。 率直に言って、初期の業界はおそらく間違っていた。 私たちがビジネスの眠りから抜け出すにつれて、履歴データは新しいオペレーティングモデルを作成する上で不可欠であると言うことが明らかになりつつある。 そのため、モデルは変更され、モデルは進化と変化を続けるが、業界がこれまで以上に再構築されるにつれて、データの関連性はおそらくさらに重要になる。

Q: Hyattからどのような学びをCEOとしての役割にもたらしたか?

私は主にHyattのおかげです。 高校3年生のHyattで働き始めた。 私はHyattで2つの非常に素晴らしい走りをした。 20年以上のサービスで、プロパティレベルとチェーンレベルの両方で働く機会があった。 そのため、私は自分自身を何よりもオペレーターであると考えている。 あるいは、お客様のレンズを通して見ることができることも多いと思う。最終的に私たちがやろうとしているのは、不動産での体験を生き生きとさせることだからです。 あなたは本当に外からの眺めを持っている必要がある、それは私がHyattから学んだことであり、Knowlandでの私の役割にもたらしたいと思う。 私の形成期において、Hyattは人の世話をすることの重要性を学ぶ会社として私を本当に助けてくれた。

私たちのビジネスであるホスピタリティは、すべて人に関するものである。

チームのメンバーであれ、顧客であれ、ゲストであれ、ホスピタリティの純粋な本質は、人々が最高になることができるように人々を気遣うことである。

Q: ホテルの復旧を支援する上でのデータの役割についてさらに説明してくれるか?

実際、データはリカバリにとって重要である。 しかし、私はそれがデータ自体よりもデータから生成できる実用的な洞察(insights)と情報に関するものであることを示唆するところまで掘り下げる。 間違いなく利用できるデータが多すぎて、簡単にデータや指標に行き詰まる。 それは本当に、そのデータはあなたに何を教えているか? ホテルの運営者として、彼らは一連のレポートや複数のダッシュボードを通過する時間がない。 彼らは実用的な洞察を必要としている。 彼らは重要なことへの洞察を必要としている。 営業チームが戻ってくると、構造も異なり、仕事をするために異なるデータが必要になり、機会を特定できる必要がある。 彼らはデータに対して行動を起こすことができる必要がある。

[人工知能と機械学習の進歩により]、データからより実用的な洞察への転換が見られる。 Knowlandなどの企業は、データセットの上に頭と心を実際に提供するサービスとしてデータを提供している。 なぜそれが重要なのか?

目標を探しに行かせないで、それを表面化させて欲しい。 私たちの役割は、データ自体の価値を解き放つことである。

Q: 今のような会議やイベントの状況はどうか?

毎日良くなっている。 私たちは2022年を業界にとっての架け橋の年と見なしている。 多くの市場は、明らかな理由で他の市場よりも力強く戻ってきている。パンデミック前のように見える程度に企業が戻ってきているのを目にしている。 私はパンデミックを参照し続けるのが嫌いだ。 私は最終的にこれを私たちの後ろに置きたい。 良いニュースは、季節性曲線がグループやイベントで戻り始めていることである。 会議やイベントは2019年のように戻ってきており、同じ種類の会議やイベントが戻ってきている。 大規模な顧客の一部と話をすると、今年の終わりまでの需要は、2018年と2019年に戻ったときとまったく同じように表示されると言っている。 ただし、大規模な会議の一部は小規模になっている。 これは、複数の会議に分散されていることを意味する。 人々がその個人的なつながりに戻りたいと思うにつれて、実際には小規模な会議が少し多くなっている。

Knowlandでは、昨年、会議の回復予測を発表した。 それは、今年の終わりまでに、米国全体で、会議とイベントの数に関しては60%近く回復すると予測している。 来年末までに合計で90%近くになると予想しているが、来年の8月と9月の時間枠では、2019年に発生した実際のグループやイベントを超えるだろう。 会議とイベントは戻ってきた。

Q: 会議の回復予測に加えて、ホテルがパンデミックから回復するのを支援するために、Knowlandが導入した他のツールは何か?

テクノロジープロバイダーとして、私たちはコミュニティ、つまり顧客が私たちのツールを使用して最終結果を得ることができるようにするために、はるかに優れた仕事をする必要がある。 Knowlandでは、Meetings Recovery ForecastやEstimated Revenue Calculatorなどの新しいツールを導入するだけでなく、業界がどのように再構築されているかも調べている。 業界は新しい人々を呼び込んでいる。 つまり、ツールだけでなく、トレーニングでもある。 リツールの一部は、お客様がさまざまな販売方法を学ぶ際にお客様をサポートするために、お客様を支援し、提携することであると考えている。 場合によっては、おもてなしで売る方法を学ぶだけである。

Hyattにいるときはよく冗談を言っていたが、その背後には、新しいテクノロジーの導入をやめ、十分に活用されていなかった古いテクノロジーを再導入する時間をとるべきだという真実がある。 新しいツールについて考えるとき、それは単にツールを紹介して次の顧客に販売することだけではない。 ツール自体から得ることができる価値が非常に多いため、顧客がそれを理解し、使用する方法を理解できるように、それは顧客にとどまる。 ベンダーコミュニティとして、私たちは顧客を1回限りの販売と見なすのではなく、顧客を支援するというより良い仕事をする必要がある。 お客様が成功しない限り、私たちは成功しない。

Q: COVIDはホテルセクターにどのような長期的な影響を及ぼし、グループビジネスをどのように行うのか?

どちらかといえば、パンデミックにより、ホスピタリティ業界はテクノロジー自体の活性化の受け入れを加速させたと思う。 非接触型の旅のような単純なものを見ると、ホスピタリティを軽視するため、一般的に「非接触型の旅」というフレーズは好きではない。 一人で旅行するときは、フロントを避けて部屋に直行しても大丈夫かもしれない。 家族と一緒に旅行するときは、夕食の場所についてアドバイスが必要な場合がある。 繰り返しになるが、それは選択の可能性である。 パンデミックの初期の頃、非接触型決済は業界が話していたすべてであった。 パンデミックのかなり前に、より多くの可能性の選択肢として非接触について話していたはずであったが、パンデミックはその焦点を加速させた。

Q: 2022年のKnowlandの最優先事項は何か?

実はとても簡単だ。 それらは簡単ではないが、単純であり、それはすべて業界の再建を支援することを中心に構築されている。 私はこの業界に本当に情熱を注いでいる。 私は業界に関心があり、会議やイベントが重要な方法で戻ってくるまで、業界は本当に回復しない。 Knowlandでは、これは業界の再建を本当に支援する私たちの機会である。 それは、お客様が眠りから目覚めたときに再びオンボードし、再びトレーニングを行い、お客様が目標と目的を最大限に活用できるようにすることである。

Q: リーダーとしての最大の長所と短所は何だと思うか?

私の最大の強みは、業界を理解していること。 おもてなしは私が誰であるかである。 私がHyattのホテルテクノロジーのグローバル責任者だったとき、本質的に、私には1人の非常に大きな顧客がいた。 つまり、1,100人の異なる顧客と見なすことができる。 ですから、私がもたらす経験は、共感する能力である。 私は使用人と状況に応じたリーダーシップの両方を非常に強く信じている。

私の仕事は、人々が繁栄できる環境と文化の創造を支援することである。

素晴らしいことをするための適切な立場にある素晴らしい個人がいない限り、私たちは本当に素晴らしい会社ではない。

Q: ホスピタリティ業界でのキャリアに興味のある人にどのようなアドバイスをするか?

ホスピタリティ業界に参入することを恐れないで欲しい。 おもてなしのキャリアを取ることを恐れないで欲しい。 業界が再建するにつれ、途方もない成長の機会があり、時には恐ろしいこともあるが、業界自体がその回復力を何度も証明してきた通り、参加するのは素晴らしい業界だ。

また、受動的な参加者にならないで欲しい。 あなたの考えとあなたの考えを持ってきて、古い考え方に挑戦して欲しい。 私は過去に自分のチームに話したが、それが繰り返しの間違いであるか、単に不注意である場合を除いて、間違いを犯したり失敗したりする人に腹を立てることは決してない。 私たちが懸命に努力し、新しいことを試み、テストし、失敗しなければ、私たちは株主と顧客のためにできることをしていないことになる。 おもてなしを受け入れ、個人の成長、個人の豊かさのための素晴らしい機会がある。

(2/17 https://www.phocuswire.com/ceo-interview-knowland-jeff-bzdawka?oly_enc_id=9229H9640090J9N)

17. マルチ文化旅行者を惹きつける新会社

旅行業界が多様性と包摂の取り組みに苦労してきた歴史があることは周知の事実である。 過去2年間で、このトピックはおそらくこれまでで最も目立つようになった。 多くの旅行リーダー、従業員、消費者が、より多様で包括的で代表的な業界への要望を表明し、時には要求されたからだ。 これに応えて、一部の旅行ブランドは、採用慣行をより多様化する方法を検討したり、組織内で女性リーダーを促進するために取り組んだりするなどのイニシアチブを取った。

そして、これらの努力は会話と行動を前進させるのに役立っているが、表現に関しては、旅行エコシステム全体にまだギャップが存在する。 最も注目すべきは、Culturist Groupのプリンシパル兼創設者であるDanny Guerreroによると、マーケティングには改善の余地がある。

「私は何年にもわたって旅行イベントに参加してきたが、同じアイデアがステージ上で見られ、業界は多様性、公平性、包括性に苦しんでいる」、「絶対に重要であるが、私たちが行っていた議論は組織レベルで行われたが、[それらのDEIの議論]は必ずしもマーケティングへの答えではなかった」とGuerreroは言う。

過小評価された旅行者のニーズを提唱し、それに対処するために、Guerreroは先月、旅行、観光、ホスピタリティ業界向けのマイノリティ所有の多文化ブランドマーケティングコミュニケーションプラクティスであるCulturist Groupを立ち上げた。 同社は、旅行のブランドと目的地が多様性、公平性、包括性の必須事項を測定可能な多文化マーケティングコミュニケーション戦略に変換し、新しい多文化オーディエンスとのつながりを深め、成長させるのを支援することを目指している。 「過小評価されている旅行者が実際の市場セグメントとして取り上げられなかった、または認められなかった理由について、質問をし、解決策を提供したいという個人的な欲求を感じた」とGuerreroは言う。

MMGY Globalでの以前の役職で、Guerreroは、黒人、ラテン系アメリカ人、およびその他の過小評価されている旅行者に関する調査研究を主導した。 2019年には、過小評価された旅行者が全旅行支出の45%を占め、米国の国内旅行支出は1,094億ドル、ヒスパニックの国内旅行支出は1,139億ドルであった。

これらの消費者にとって、包括的および多文化マーケティングのための全国広告主協会による2019年の調査によると、文化的に関連性のあるマーケティングは、ブランドの親和性と意図の重要な推進力である。 調査によると、文化的に関連性の高い広告により、ブランドの伸びが50%増加し、購入意向が267%増加した。 Culturist Groupの場合:「旅行のブランドや目的地が、これが圧倒的である必要はなく、不可能である必要もないことを理解するのを本当に助けたかった。 企業文化ではなく、国の文化、国の構造という意味で文化を見ると、実際には消費者とグループの間に多くの類似点が見られる」と言う。

Guerreroは、旅行のブランドや目的地をより包括的にすることを望んでいると述べている。 「なぜなら、意図に基づいた単なる動機付けではなく、この新しい方法で考えることに調整できるようになればなるほど、私たちは実際に、すべての人を代表し、すべての人にリーチし、旅行体験にすべての人を含めることについて、より良くなることができる」と語る。

多文化戦略  Multicultural strategy

Guerreroによると、Culturist Groupは多文化旅行マーケティングコンサルタントであり、ダイバーシティおよびインクルージョンコンサルタントとは異なり、実用的なマーケティングを通じて所属およびインクルージョンに関するダイバーシティおよびインクルージョンの基本に基づいている。

彼は、業界に万能のアプローチはなく、旅行者の態度は変化していると信じている。 たとえば、白人のミレニアル世代とZ世代の消費者は、有色人種と同じ動機付けの視点をますます支持している。 これは黒と茶色だけではない。 アジアとLGBTQがこれを必要としている。 新興の旅行者は、旅行のブランドや目的地がどのように歓迎され、代表されているかに気づき始める。 それが、私たちの業界内で時間の経過とともにシフトが発生する必要がある場所である。 Guerreroによると、旅行ブランドは、黒人歴史月間に関連するキャンペーンを開始するなど、多文化マーケティングを1回限りのものと見なさないようにする必要がある。 これは、一時的な解決策にすぎないためである。

「私が提案したいのは、これを統合する方法に対して、単なる別のスポットキャンペーンではなく、より持続可能で永続的なアプローチです」、「時間とリソースがかかる。 優先順位が必要だ。 しかし、それを単なるバンドエイドではなく持続可能なアプローチと見なすことが、進化を起こす必要がある場所である」とGuerreroは言う。

(2/18 https://www.phocuswire.com/new-marketing-firm-helps-travel-brands-attract-multicultural-consumers?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

18 社説:トリアド、熟慮必要、多くが制御困難

「パンデミックのこの段階では、今がViatorとTheForkで攻撃を行う時期だと思う」、これは今週のPhocusWireの記事で、Tripadvisor の2021年第4四半期の収益に関する記事から引用したものである。

Tripadvisorは、その歴史の中で強く心を捉える瞬間にある。 オンライン旅行のユーザー生成コンテンツのパイオニアであるTripadvisorの今週の四半期決算は、2021年の総収益は9億200万ドルで、2019年と比較して42%減少したが、2020年と比較して49%増加した。 これらは必然的に、2021年通年の結果が出るにつれて、多くの旅行ブランドの財務トレンド ― 2020年よりも上昇、2019年よりは下降する ― である。 そこの収益について過度に懸念することは何もない。 すべての企業は、2022年の間、回復の小さな波に乗り、より良いもののために自分たちを位置づけようとしている。 しかし、特に2022年がこの会社にとって重要な年になる理由はかなり明確になりつつある。

昨年11月から時計が刻々と過ぎているものの、同社は、後継者について今週アナリストからの質問を比較的簡単に打ち消したが、退任するSteve Kauferの代わりを任命する必要がある。

今のところもっと心配なのは、おそらく、Tripadvisor Plusプログラムの運命だろう。 これは、2021年初頭にかなりのファンファーレで開始されたが、昨年9月に刷新されたメンバーサービスである。 同社は、サービスが期待どおりに成長しておらず、コンバージョンが完全な展開に期待したレベルに到達していないことを認めている。 Tripadvisorは、Plusプログラムにそれほど注意を払わないことを決定し、正式には投資を継続する予定だが、2022年の間に静かに姿を消す可能性がある。 今週、SECへの私的提出で確認された、目的地活動ブランドのViatorとレストラン予約サービスをスピンオフするという決定は、意見が分かれていたもう1つの動きである。 公式の方針は、「地理的な範囲を拡大し、製品の提供を改善および拡大し、これらの投資によって顧客ベースのロイヤルティを高める」時期であるということである。 しかし、懐疑論者(LinkedInが通用するものであれば、活動プロバイダーはかなり専門家のようだ)は、代わりに、会社が機能するものと機能しないものに倍賭けして、経験とレストランを優先順位の少し下に置いていることを示唆している。

すべての課題(もちろん機会も)は、市場が再び回復する速さや、旅行者が旅行を検索、予約、体験する方法について、まだかなりの不確実性の中で発生している。 新しいCEOは、最終的に誰であろうと、大きな仕事を手にすることになる。 彼らは、現在の戦略が継続するものであるかどうか、または多くの人が予測しているより広い急激な変化(たとえば、Web 3)がパイプを下って来るのに正面から向き合う価値があるかどうかを検討する必要がある。

(2/18 https://www.phocuswire.com/sounding-off-149?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

19. 2月14日の週の資金調達記事

  •     ライブストリーミング Heygo

旅行用のライブストリーミングプラットフォームであるHeygoは、シリーズAラウンドで2,000万ドルを調達した。

投資はNorthzoneが主導し、Lightspeed Venture Partners, Point 9 Capital, TQ Ventures, Ascension, the Fundとエンジェル投資家も参加している。

Heygoを使用すると、ユーザーは、物理的、経済的、および環境上の課題に関係なく、自宅から旅行することができる。

同社は、90か国以上で都市、アトラクション、その他のアクティビティや体験のバーチャルツアーを提供している。 ツアーを作成するプラットフォームのガイドは、独自のライブチャネルでツアーを共有し、ユーザーからヒントを得ることができる。 Heygoによると、1月の予約数は昨年の同じ月に比べて300%増加し、最近では200万件に達した。

CEO兼共同創設者のJohn Tertanは、「何千人もの人々がHeygoを日常生活の一部にし、ツアーガイド、料理人、パフォーマー、歴史家、庭師、ハイカー、その他のクリエイターがまったく新しい観客で賑わうのを見るのは素晴らしい」と述べている。 新しいストリーミングアプリを立ち上げようとしている同社は、プラットフォームにさらに投資し、共有と接続を容易にする機能を提供することも計画している。

NorthzoneのパートナーでありNorthzoneのMichiel Kottingは、「彼らのインタラクティブなガイド付きストリームは、非常に人気のある旅行ショーやドキュメンタリーのジャンルに相当するTwitchであり、自宅からの没入型の世界旅行の新しいカテゴリを作成する」と述べている。

Amazonが2020年にランドマークを訪問するなどの仮想ツアーAmazon Exploreを開始したことで、Heygoだけがこのカテゴリに含まれているわけではない。 Amazonは後に、小グループでの体験を含むように提供を拡大した。 Airbnbはまた、パンデミックの制限に縛られながら世界と関わりたいという消費者の欲求を利用して仮想体験を立ち上げている。

(2/15 https://www.phocuswire.com/Heygo-20-million-funding?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

  •     バケーションレンタル 管理 Evolve

デンバーを拠点とするバケーションレンタル管理会社のEvolveは、新しい投資家であるDurable Capital Partnersが主導して1億ドルを調達した。

この投資により、Evolveの総資金は2011年の発売以来2億3,500万ドルになる。 Evolveは北米全体で19,000を超える住宅を管理しており、この資金を使用して物件を追加し、「バケーションレンタル体験の再考を継続する」と述べている。
「Evolveは、ゲストとオーナーがより良いバケーションレンタル体験に値するという考えに基づいて構築されました」とEvolveの共同創設者兼CEOであるBrian Eganは「2021年の新しいEvolve所有者の70%が初めての賃借人で合った。 同様に、私たちのホスピタリティは、5つ星のうち平均4.7のレビュースコアで同業他社を上回っているため、このカテゴリに不慣れなゲストを安心させるのに役立った」と述べている。 11月、Evolveは「リスクフリー保証」プログラムを開始した。 このプログラムでは、ホストが6か月後にEvolveでの資産のパフォーマンスに満足できない場合、すべての管理手数料を返金する。 そして7月には、社会的責任プログラム「ホスピタリティの構築」を発表した。 このプログラムでは、Evolveは、住宅の修理とコミュニティの改善に重点を置くパートナー組織に、すべての滞在の1泊あたりの料金の1%を寄付する。 

2018年、EvolveはT. Rowe Price Associatesが主導するシリーズDラウンドで8,000万ドルを調達した。 同年、短期賃貸業界向けのダイナミックプライシングプラットフォームであるEverbookedの技術資産と知的財産資産を取得した。 Evolveによると、現在約800人の従業員がいる。

(2/14 https://www.phocuswire.com/evolve-vacation-rental-management-raises-100m?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

  •     宿泊プラとフォーム AvantStay

宿泊施設プラットフォームAvantStayは、5億ドルの投資ラウンドを使用して、不動産と資産の所有権を処理するPropCoを設立する。

移転の支援は、ラウンドを主導し、不動産資産管理会社のスペシャリストであるSaluda Gradeを介して行われる。 AvantStayは、Saluda Gradeの参加を得て、わずか2か月前にTarsadia Investmentsと3L CapitalからシリーズBラウンドの1億6,000万ドルを調達した。 AvantStayの総資金は、PropCoと並んで、現在約1億8,500万ドル(2018年に別の500万ドル相当シードラウンドが行われている)になった。

同社によれば、米国とメキシコの100を超える都市に1,000を超える物件があり、2021年の資金調達ラウンドを使用してビジネスを新しい市場に拡大するという野心がある。

(2/17 https://www.phocuswire.com/AvantStay-500-million-create-property-company-subsidiary?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

  •     英プロパティテック Lavanda

英国に本拠を置くプロップテック企業のLavandaは、住宅用アパートの占有率と収益を最適化する柔軟な賃貸プラットフォームをさらに開発するために、725万ドルを調達した。 ヨーロッパのプロップテックとフィンテックのベンチャーキャピタル会社であるFinch Capitalがラウンドを主導し、ヨーロッパのベンチャーパートナーであるConcrete VCを介して米国を拠点とするStarwood Capitalが参加した。 2015年に設立されたLavandaのプロパティマネジメントソフトウェアを使用すると、住宅用アパートの所有者と運営者は、従来の長期賃貸物件に加えて、短期および中期の賃貸物件を利用できる。

Lavandaは、そのテクノロジーとデータを通じて、建物の構成、収益管理、宿泊施設の在庫の配布とマーケティング、賃貸人の誘致と維持、ホスピタリティ体験の設計を最適化および自動化する。 「賃貸需要は根本的な変化を見てきた。 人々がAirbnbを通じて家を予約することの容易さと経験にますます慣れてくるにつれて、彼らは彼らの主な住居を借りるときに同じことを期待するようになる。 これまでのところ、古風な賃貸構造と実現技術の欠如のために、それは不可能であった」とFinch CapitalのパートナーであるAman Gheyは

「Lavandaチームはこのギャップを巧みに特定し、組織の家主がビジネス戦略に沿って日、週、月、または年ごとに在庫を借りることで利回りを上げるのを容易にする新しいソフトウェアレイヤーを開発した。 その結果、従来の住宅事業者は、新興市場のトレンドをより有効に活用できる持続可能な次世代のホスピタリティブランドを設計および構築できるようになり、不動産ファンドとポートフォリオに莫大な付加価値を生み出している」と言う。

2021年9月、ラベンダーは不動産サービスプロバイダーのJLLと提携し、英国で短期賃貸プラットフォームを立ち上げた。 5か月後、UAEの不動産開発者兼マネージャーであるAldarと共同で中東に参入した。 Lavandaは2019年に以前の500万ドルのラウンドを調達している。

(2/17 https://www.phocuswire.com/lavanda-secures-7-25-to-grow-flexible-rental-platform?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

印刷用ファイル