海外事情 2022年  3月  21日号

今週号の「12. ロイヤルティの争奪、旅行者の体験を再考する」は、航空会社がパーソナライズされた顧客中心の旅行体験を提供し続ける必要があると言っている。 これは、何も航空会社に限ったことではないが、あえてここでそう言っているのは、航空会社がずーっとそうなっていないからだろう。 この記事(顧客体験管理ツール米Quantum Metricの幹部の投稿記事)は、迅速な顧客の欲求不満解消が顧客維持の鍵となると指摘、その上で健康と安全に関する新しい世界的規制と、パーソナルな旅行体験の情報を提供する必要が、競争の激しいロイヤルな旅客獲得には必要であると説く。

 

誰もこの意見には反対しない、その通りだ。 果たして航空会社は、こんなことができるのだろうか?この記事がロイヤルな顧客を増やす方法の最初に上げている「便の大幅遅延や欠航時の航空会社の搭乗旅客への迅速な対応」すら、現状ではスムースに行われていない。 顧客の最大不満の一つが未だ解決されていないのだ。 IATAの新リテーリング戦略の柱であるNDCについても目に見える成果を上げているとは言えないと聞いている。

航空業界は、1949年に世界中の国家と地域の空港、管制機関および航空会社を結び、航空機の運航上必要不可欠なデータ通信技術を提供する会社SITAを立ち上げた。 1960年には、膨大な数に上る世界の航空便の予約をリアルタイムで瞬時に可能にするGDSを早くも開発した。 デジタルのテクノロジーの開発については誰にも負けなかった航空会社が、今ではレガシーのシステムの刷新に苦しんでいるのが現状だ。 そんな状況で、ビッグデータを駆使してパーソナルな旅行体験情報の提供などできるのだろうか。

目 次

1. (TJ) 女性とノンバイナリーのツーリズム幹部のアクセラレータ立ち上げ

2. (TJ) プライベート旅行クラブNFT Tiger、アジアで立ち上げ

3. (TJ) プライスライン、ロイヤルカリビアン用ホテル予約エンジン開発

  (TJ) = トラベルジャーナル4月11日号を参照ください

 

4. 宿泊施設業界の技術スキルギャップ

5. VIDEO: ホテルのデジタルタッチ、効率的将来約束     閲覧第3位

6. 旅行流通の次の最前線は宇宙?                               閲覧第2位

7. トラベルリレーションシップのパーソナル化

8. グーグル、新ホテルの旅行者リーチ支援ツール

9. 旅行新興企業がパンデミックで学んだ大志                閲覧第1位

10. ユーレイルのデジタルファースト リブランド           閲覧第4位

11. 社説:テックのインタフェイスはモジュラー化

12. ロイヤルティの争奪、旅行者の体験を再考する        閲覧第5位

13. 3月21日の週の資金調達記事

4. 宿泊施設業界の技術スキルギャップ

2020年初頭にCOVIDが発生して以来、ホテル経営者は、何年にもわたって足を引っ張ってきたプロジェクト、つまり非接触チェックインにリソースをシフトすることを余儀なくされてきた。これらの投資は、ゲストが自分のデバイスでの滞在をより細かく制御できるようにすることで、最終的にはゲストエクスペリエンスの向上につながる。現在、ホテル経営者は、可能な限り多くの運用タスクを自動化することにより、最新の課題である広範な労働力不足を解決するためのテクノロジーに再び目を向けている。テクノロジーはついに輝きを放つ。これまで以上に、ラインレベルの従業員は、ゲストと積極的に関わりながら、ゲストのニーズを予測するためのテクノロジーの使用を組み込む必要がある。そして、プロパティのデータ分析とアクションの方法を理解することは、収益管理、マーケティング、販売、顧客体験など、ますます多くの部門にとってますます重要なスキルである。ただし、宿泊施設は、業界の新しい異種テクノロジーの使用方法を理解している十分な労働者がいないという点で、テクノロジースキルのギャップに直面している。そのギャップは、“大いなる辞任(Great Resignation)”の間に才能が流出するときにますます拡大する。さらに、フィールドに入るホスピタリティワーカーは、通常、仕事をより良くするのに役立つ重要な技術ツールのトレーニングを受けていない。スタッフの離職率が高いことも問題を悪化させる。ホテルは、従業員のトレーニングに膨大な時間とリソースを費やすが、その従業員は短期間で離職してしまう。業界として、現在存在する技術スキルのギャップを解決するための取り組みも行わなければ、技術の採用を成功させることはできない。この号で検討する必要のある重要な領域は3つ存在する。トレーニングを改善するための技術スタックの合理化、使いやすさとユーザーエクスペリエンスの優先順位付け、次世代のホテル経営者のスキルアップの3つである。

トレーニングツールとプロセスを合理化する

Streamline training tools and processes

技術スキルのギャップの多くは、技術の積み重ねの副産物である。つまり、PMS、RMS、CRS、CRMなどが必要である。多数のインターフェースを学ぶ必要がある場合は、断片化された技術スタック内で複数のシステムを使用する方法を理解するために、ほとんどの時間を仕事に費やす。優れたソフトウェア設計者は、製品をどれだけ簡単に学習できるかを示す“学習可能性(learnability)”を目指しており、使用可能な製品設計を実現するための基準が高い設計者は、最高の牽引力を発揮する。少数のツールを必要なすべてのことを実行するツールに置き換えることができれば、テクノロジーに関する新入社員のトレーニングに費やす時間が短縮されることを意味する。すべてのシステムが単一のプラットフォーム上にある場合、ユーザーエクスペリエンスがより簡単になり、操作がより合理化される。

使いやすさとユーザーエクスペリエンスの優先順位

Prioritizing usability and user experience

FacebookからGmail、UberからAirbnbまで、今日最も人気のあるアプリやソフトウェアは、それらの使用方法についてほとんど指示を必要としない。最新のアプリケーションは、デジタルネイティブであるか古い世代であるかに関係なく、直感的で習得しやすいように設計されている。ただし、これはホスピタリティテクノロジーにはあまり当てはまらない。宿泊施設で使用されているレガシープラットフォームの多くは、ユーザーフレンドリーではなく、学習に長い時間がかかることが多く、不格好なまたは時代遅れのユーザーインターフェイスを備えている。ホスピタリティ業界は、テクノロジープロバイダーがユーザーエクスペリエンスの更新に遅れをとっている場合、テクノロジーの採用を加速することはできない。テクノロジーは、対話を合理化し、簡単に自動化できるタスクを処理して、人間を解放し、ゲストとのより価値のある個人的な対話を提供する必要がある。つまり、たとえばフロントデスクで使用する技術は、施設内の人間がゲストエクスペリエンスに集中できるように、ナビゲートしやすいものでなければならない。ゲストをチェックインするのに10ステップがかかる場合は、どの(ユーザーフレンドリーな)技術でそれを2つに減らすことができるかを検討して欲しい。

次世代のホテル経営者を準備する

Prepare the next generation of hoteliers

労働力不足や予測不可能な需要など、宿泊業界が今日直面している問題は、世界が回復するにつれて続くだろう。その間、技術スキルのギャップは拡大するだけだ。教育はそのギャップを埋める機会を開く。業界として、私たちは業界の将来のリーダーに、成功するために必要な最新の技術スキルとイノベーションを提供することに焦点を当てる必要がある。これには、世界中のホスピタリティスクールと提携して、テクノロジーやカスタマイズされたカリキュラムに簡単にアクセスできるようにすることが含まれる。これにより、学生はさまざまなツールやプラットフォームの使用方法を実際に体験できるほか、ホスピタリティスクールに通うためのリソースや能力を持っていない可能性がある宿泊施設の従業員(あるいは宿泊施設へ就職を希望している人たち)向けのオンライントレーニングや認定資格を取得できる。

宿泊施設の将来のリーダーは、適切なツールと教育を受けて、業界全体を前進させる力を持っている。

著者:Sebastien Leitnerは、Cloudbedsの戦略的パートナーシップ担当副社長。

(3/14 https://www.phocuswire.com/How-solve-lodging-industry-tech-skills-gap?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

5. VIDEO: ホテルのデジタルタッチ、効率的将来約束

ホスピタリティ業界は大規模なスタッフ不足に直面しており、賃金の引き上げは短期的な解決策かもしれないが、それは持続可能ではない。ヘルプは自動化の形で手元にあるが、それはコストから考え方までの独自の一連の課題と、すべてがうまくいかない場合のブランドへの損害のリスクを提示する。一部の人々は、業界にはもはや選択肢がなく、プレッシャーを軽減し、手動プロセスの一部を取り除くためのテクノロジーに投資する以外に選択肢がないと信じている。

コンサルタント兼ホテルテクノロジーストラテジストのMax Starkovは、ゲストが人間味を求めていると言っても過言ではないと考えており、彼の見解を裏付けるために、ロータッチのバケーションレンタル業界を指している。

彼は、5年間先を見越して、ホスピタリティ業界はパンデミックの前に必要だった人の半分を必要としないだろうと信じている。

PhocusWire Pulse:A New Traveler Experienceの中で話すStarkovは、ギャップのいくつかを埋めているテクノロジーについて話す。彼はさらに、ホテルが今実装すべきいくつかのテクノロジーと、それがすべてのカテゴリーのホテルに適しているかどうかについて話す。Starkovはまた、ホテル経営者の考え方や、テクノロジーへの投資意欲があるかどうかについても触れている。

PhocusWireのLinda Foxとの完全なインタビューはhttps://www.youtube.com/watch?v=U4ILeXG3H-8&t=1sのとおり。

(3/14 https://www.phocuswire.com/Phocuswire-Pulse-automation-in-hotels?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

6. 旅行流通の次の最前線は宇宙?

3月30日は、Axiom Spaceからの最初のミッションの日付であり、SpaceX SpaceX Crew Dragon宇宙船に乗って4人の民間宇宙船を低軌道の国際宇宙ステーションに運ぶ。Ax-1の10日間のミッションに参加している4人の男性の1人は、カナダのビジネスマンで慈善家のMark Pathyで、他の3人と一緒にISSに乗って約8日間研究を行う。典型的な“旅行体験”とはほど遠いものの、ミッションに参加するためのPathyの道には、おなじみのスピンがある。彼は旅行代理店によってこの体験につながっていた。

販売スペース  Selling space

Roman Chiporukhaは、コンシェルジュサービスと、豪華な旅行アドバイザー、パーソナルアシスタントのサービスを組み合わせたライフスタイルの旅行会社であるRoman&Ericaの共同創設者兼CEOである。 Chiporukhaは、Axiom Spaceが2018年に彼に連絡を取り、富裕層のクライアントと協力して、次のミッションの最終シートの販売について支援を求めたと述べている。 2020年11月、Chiporukhaは、Axiom SpaceをPathyに紹介するのを手伝ったと言う。Pathyは、Ax-1宇宙飛行士になり、船上で研究を行うために5,500万ドルを支払った。その経験から、Chiporukhaは、宇宙旅行の急成長するニッチに焦点を当てるための専門の旅行コンサルタントを設立するというアイデアを思いついた。2021年1月、彼はSpace VIPを立ち上げた。これには、Axiom Spaceの将来のミッションや、Blue Origin、Virgin Galactic、World View and Space Perspective、PhocusWire Hot 25などの企業が計画している旅行など、世界中のさまざまな宇宙旅行体験がリストされている。

今のところ、Chiporukhaの役割は、興味のある旅行者へのアドバイザーとして、そして体験を提供する企業への導管としての役割である。予約はプロバイダーと直接行われ、Chiporukhaはオペレーターから“十分に補償された”としか説明されていない手数料を受け取る。彼は、これらの旅行の多くが飛行するにつれて ― Axiom SpaceからISSまで約250マイル行くのに5,500万ドルの経験であろうと、World View(50,000ドル)やSpace Perspective(125,000ドル)から宇宙に約20マイル行くより控えめな旅行であろう ― 彼は宇宙旅行を体験することへの関心が高まることを期待している。「私が始めたとき、それが面白いと思ったクライアントがいた。今、人々は『私はトレーニングを受ける必要がありますか?保険を購入できますか?』のような本当の質問をしている。それは、すでに本質的に冒険好きタイプの人にアピールすると思う。これらのクライアントは、ブータンに行き、ハイキングしたり、世界の上位7つのピークに移動したりするクライアントだ。宇宙は次のフロンティアである」彼は言う。

カリフォルニアのCoastline Travel Advisorsの顧問であるJay Johnsonも、宇宙旅行の将来について楽観的だ。Johnsonは、10年以上前に、Virgin Galacticの最初の“公認旅行代理店”になったときに関与した。

Johnsonは、Virgin Galacticからトレーニングを受けた後、ウェブサイトや情報イベントを主催することで、同社の宇宙旅行体験の販売を開始したと述べている。彼は8回の旅行を販売したと言うが、それらの旅行、およびそれらのクライアントは、パイロットの1人が死んだ2014年の墜落事故以来保留されている。

その挫折にもかかわらず、Johnsonは宇宙旅行についての問い合わせを引き続き受けていると述べ、スペースパースペクティブが提供する旅行を「積極的に販売」し、他のサプライヤーと話し合っていると述べている。

(3/15 https://www.phocuswire.com/space-the-next-frontier-for-travel-distribution?oly_enc_id=9229H9640090J9N)

7. トラベルリレーションシップのパーソナル化

現代のマーケティングはすべてデータに関するものである。マーケティングテクノロジーのおかげで、このデータを使用して、顧客との高度にパーソナライズされた会話を行うことができる。旅行のように、好みが実際に全てを支配する業界では、関連するオファーを顧客に確実に提供できるようにすることが、ブランドエンゲージメント、ロイヤルティ、および販売を促進するための鍵となる。それでも、多くの旅行会社にとって、顧客は依然としてほとんど匿名であり分かっていない。YES、ユーザーのオンラインアクティビティから特定の好みを識別できる。つまり、ユーザーがソーシャルメディアで何を消費するか、どのWebサイトにアクセスするか、どの記事を読むかは判別できる。しかし、顧客を真に知り、人間関係を築くには、彼らは意識的な参加者(conscious participants)である必要がある。ここで、特典やロイヤルティプログラムを提供する旅行会社には明確な利点がある。 Arriviaでは、私たちが管理するパートナープログラムのメンバーは、データを使用して全体的で的を絞ったエクスペリエンスを提供することを知っているため、喜んでデータを共有する。次のような質問をすることによって旅行のオファーをカスタマイズできる。 — あなたの予算はいくらですか?子どもはいますか?一年のどの時期に旅行したいですか? — 無関係なコンテンツで旅行のオファーを攻撃する代わりに、パンデミックの際に、従来のマスメッセージングアプローチからパーソナライズされたアプローチに移行することで、メンバーとより深く関わり、旅行の準備ができていることをよりよく理解できるようになった。パーソナライズは、メンバーベースの旅行プログラムが、電子メール、ダイレクトメール、テキストメッセージングなどのマーケティングコミュニケーションから動的なマーチャンダイジングまで、すべてのタッチポイントで採用できる戦術である。たとえば、メンバーがオールインクルーシブのリゾート滞在ではなく家族向けのクルーズを好むと表明した場合、予約プラットフォームにログオンしたときに、それらのタイプの旅行を強調表示できる。

データを通じて価値とロイヤルティを提供する

Delivering value and loyalty through data

顧客が旅行を予約する場所に関しては、旅行会社は、彼らにはロイヤルティがあまりないことを知っている。彼らはあるホテルブランドを別のホテルブランドよりも好むかもしれないが、オンライン旅行代理店を通じて予約するか、旅行会社に直接予約するかに関わらず、意思決定は通常価格に帰着する。

ここでは、会員ベースの旅行特典プログラムも有利である。定義されたメンバーシップ構造を持つグループとして(顧客は旅行のオファーや特典にアクセスするにはメンバーになる必要がある)、これらのプログラムは、パブリックプラットフォームでは利用できない独占的な価格設定と在庫について交渉できる。また、その在庫を使用して、マージンをより効果的に調整することもできる。

どのように?それはすべて、それらのパーソナライズされた会話をすることに帰着する。強力なロイヤルティプログラムを備えた航空会社を想像してみて欲しい。フルフィルメントパートナーを通じて、フライトと同時に1週間の滞在を予約したメンバーは、高級リゾートブランドから60%の割引を受けられる。

航空会社は、プロファイルがホテルブランドの価値提案と一致するメンバーにこのオファーを送信し、コンバージョンの可能性を高める。メンバーをオーディエンスにセグメント化することで、航空会社は取引に関するさまざまな説明を作成し、オーディエンスの特性に基づいてすべてのマーケティングコミュニケーションを自動化できる。例を次に示す。小さな子供連れの旅行者の場合、航空会社はホテルの家族向けのアメニティを強調する“家族”キャンペーンを作成し、子供の養育を終えた夫婦を“ウェルネス”オーディエンスに割り当てて、敷地内のスパに関する詳細を共有することができる。旅行のすべての部分で、ある旅行プラットフォームから別の旅行プラットフォームにジャンプする代わりに、メンバーは、信じられないほどの価値と利便性を手に入れているため、航空会社のプログラムに参加し続ける。一方、航空会社は、短期および長期にわたってメンバーの旅費の多くを獲得している。

(3/15 https://www.phocuswire.com/Personalizing-the-travel-relationship?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

8. グーグル、新ホテルの旅行者リーチ支援ツール

GoogleがGoogle.com/travelのホテル予約リンクの料金を廃止してから1年後、同社はそれらのリストの可視性を拡大し、ホテル経営者向けの追加ツールを立ち上げた。これで、無料のホテル予約リンクが検索結果ページとGoogleマップにも表示される。ブログ投稿で、旅行のGoogleエンジニアリングディレクターであるJulie Faragoは、このアップデートは「旅行パートナーがリーチを拡大し、消費者により包括的なオプションのセットを提供するのを支援すること」に関するものであると述べている。これらすべてのリンクについて、ユーザーがクリックして予約すると、ユーザーはパートナーのWebサイトに移動する。

Googleはまた、ホテルやオンライン旅行代理店が無料の予約リンクを通じて受け取っているトラフィックを理解できるように、新しいデータの視覚化を作成している。このレポートはクリック数に関するデータで開始されており、Googleは今後数週間でインプレッションと予約額に関するデータを追加すると述べている。Googleはまた、ホテル経営者が料金と空室状況を共有するためのプロセスを簡素化している。来月から、対象となるホテル(Googleでビジネスプロファイルが確認済みで、オンライン予約を受け入れることができ、統合パートナーを通じてGoogleがまだ料金を設定していないホテル)は、無料の予約リンクを有効にするために料金を手動で入力できるようになる。

最終更新により、ホテルはGoogleビジネスプロフィールの”Local Post”機能を使用して、COVIDポリシーの変更、ホテルの機能の説明、写真や動画など、ホテルに関する最新情報を共有できるようになる。同社によれば、「旅行パートナーが次の滞在先を探している人々とつながるための、新しく改善された方法に常に取り組んでいる」とのことである。

(3/15 https://www.phocuswire.com/google-adds-new-tools-to-help-hotels-reach-travelers?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

9. 旅行新興企業がパンデミックで学んだ大志

PhocusWireが2018年のバックエンドで、Startup StageでBookawayを特集したとき、ブランドは100万ドルを調達し、見出しが述べたように、私たちの計画は「発展途上国で陸上輸送をオンラインにする」ことであった。3年後、Bookawayが成長するにつれ、世界の地上輸送業界をデジタル化する機会の規模が分かった。私たちはパンデミックの際に、より多くの地域でより多くの企業を購入することを目的として現金を調達し、現在Bookaway Groupとして知られているものを作成した。このグループはすでに、東南アジアの主要な地上輸送オンライン旅行代理店である12Goと、クロアチアとバルカン半島でナンバーワンのブランドであるGetbybusを買収している。他の取引が締結されており、他のブランドとの交渉が進行中である。現状では、Bookaway Groupはすでに世界最大の陸上輸送アグリゲーターであり、100か国以上の旅行者がオンラインで予約できる6,000を超えるオペレーターの在庫がある。私たちの野心は、過去3年間に旅行業界や世界全体で起こったことによって抑制されていない。どちらかといえば、それは私たちをさらに大胆にするように促した。たとえば、サプライヤ向けのバス技術を成長の原動力として特定し、オンライン販売機能だけでなく、バ​​ス事業者にITシステムを提供する予定である。Bookaway Groupでは、地上輸送がまだデジタル化されていない最後の旅行分野の1つであることを認識している。今日、旅行小売業者は、世界中の旅行者にシームレスな検索、予約、支払いのエクスペリエンスを簡単に提供することはできない。地上輸送は1,500億ドルの市場であり、私たちはセクターの情報を1つずつ整理する使命を帯びている。スタートアップとして複数の事業を買収することは、過去9か月間かなりの苦労であった。これが私たちの経験から得たいくつかの学習である。

大きくなるか、家に帰るか

Go big or go home

私たちが1,000万ドルのシリーズAの調達を発表する前日、世界保健機関はCOVID-19を「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と説明した。 1ヶ月ほど後、COVID-19は正式にパンデミックに指定された。そのため、陸上輸送をオンラインにするという私たちの計画は、リスクの列に新たな巨大なエントリをもたらした。これは、国内および海外の旅行を停止し、閉じ込められた生活がどれだけ続くかわからない世界的大流行であった。当時、ワクチンはなく、何が起こるのか誰も実際には予想できなかった。しかし、世界の地上輸送業界にはオンラインになる必要があるという事実が残っていた。私たちはこの信念から決して揺らぐことはなかった。私たちが抱えていた唯一の懸念は、旅行がいつ大規模に戻るかに関するものであり、COVID-19が2024年まで私たちと一緒にいることを前提としたビジネスプランでこれに対処した(旅行はすでに強力に回復していると信じているが)。他の創設者と話をしたとき、当時は地域のリーダーは沢山いたがグローバルなプレーヤーはいないセクターをデジタル化するという私たちのビジョンを共有している志を同じくする人々や組織が他にもあることに気付いた。私たちのビジョンは投資家の共感を呼び、昨年夏のシリーズB、Bookaway Groupの設立、買収フェーズの開始につながった。

COVID-19が発生したとき、計画を縮小するのは簡単であったが、私たちの戦略は常にビジネスで最大の地上輸送アグリゲーターになることであった。6,000人のオペレーターでそれを達成した。現在の計画は、ブランドを買収し続け、さらに支配的になることである。パンデミック時の買収を通じてブランドのグループを構築した経験の一部を次に示す。

一緒に ― 成長がゲームの名前であるとき、それを遅くするために何もしないで欲しい

Come together – when growth is the name of the game, don’t do anything to slow it down

Bookaway Groupは、シリーズAとBを使用して成長に資金を提供し、市場シェアを獲得した最初のスタートアップであるとは言えないが、Zoomで複数の旅行ビジネスのM&Aを直接会わずに買収を実行した最初の企業である可能性がある。また、B2Cにアプローチするのと同じコミットメントで、B2Bの市場シェアに最初にアプローチする1つになるための枠組みになりたいと考えている。

さまざまな地域の企業を買収するということは、グループが現在、さまざまなプラットフォームでさまざまな技術スタックを使用してさまざまなブランドを運営していることを意味する。少なくとも今のところ、重複、断片化、コストがかかるにもかかわらず、私たちはこれを完全に問題にしていない。ブランドの統合(consolidation)は、成長段階では議題にならない。統合は、あなたが思っているよりもずっと複雑だ。それは完全に没入型になり、内部のヘッドスペースを支配し、即時かつ大幅な成長をもたらすことができるプロジェクトの邪魔になる。

そのため、特定のビジネスを成長させるものに応じて、各ブランドのサイトに取り組む。より良い予約フローと支払いゲートウェイが必要であるものがあったり、新しい市場でその存在感を構築するためにマーケティング予算を必要としているものがあったり、在庫、SEO、ソーシャルメディアなどを必要とするものがあったりしている。複雑な統合プログラムなしで各ブランドを個別に実行しているにもかかわらず、在庫ソースをまとめている。目的は、サプライヤーとディストリビューターが、最新のクラウドテクノロジーでホストされている、世界で最も包括的な陸上輸送用のリアルタイム在庫にアクセスできるようにする単一のAPIを提供することである。これは重要だ。なぜなら、地上輸送がドアツードアの体験を完了し、旅行エコシステムの非常に多くのOTAとプレーヤーが作成しようとしているからである。

人は人である ― 買収したビジネスを構築したチームを維持する

People are people – retain the teams who built the businesses you bought

才能のための戦争について聞いたことがあるか?在宅勤務を受け入れるということは、タイに拠点を置く開発者とコーダーがシリコンバレーに拠点を置く開発者と同じ料金で働き、料金を請求できることを意味する。これは、すべてのテクノロジー企業が将来を見据えたロードマップとコストを考慮する必要があることである。

これに対応するため、従業員の関与と維持を優先した。繰り返しになるが、これはスタートアップの世界では目新しいことではないが、ここでは、チャーン(churn)に関しても、パフォーマンスを上回っていると確信している。私たちが買収した企業は、270人分の給与に追加し、ほんの一握りしか離職していない。 私たちは、忠実なスタッフに彼らが現在働いている会社が彼らの会社であることを納得させることによってこれを達成した。私たちは彼らに私たちのビジョンを売り、彼らをより大きくグローバルな何かの一部になるように招待した。 私たちは、M&A戦略のこの側面が、その短期的および長期的な成功にとって重要であることを知っていた。 私たちは上級管理職と取締役会の経験を利用した。彼らの多くはキャリアの中で合併を経験しており、買収の最大の失敗点は、創業者や上司ではなく中間管理職ではなく、従業員の扱い方であることに疑いの余地はない。経験豊富な最前線のスタッフ。 Bookaway Groupのブランドには当てはまらないように、私たちは邪魔をしなかった。 たとえば、個人の成長と成長はスローガン以上のものであり、私たちが投資しているものです。 ブランドと事業部門間の知識移転を積極的に形式化し、グループ内のすべての欠員または新しい役割が社内で宣伝され、社内の候補者が優先されるようにする。M&Aで非常に重要な要素の1つは、コミュニケーションである。買収された会社と買収した会社の両方に関係するすべての人に明確に伝えることが重要である。通常、買収後、従業員は自然な疑問を抱いている。 コミュニケーションを取り、可能な限り将来について明確にし、非常に高いレベルの関与を維持することが非常に重要である。透明性を保たなければならない。すべてが明確でない場合は、あなたが向かっている方向を他の人に知らせて欲しい。 これまでのところかなりの困難の連続であったが、私たちは旅行したいという本質的な欲求に自信を持っている。今年の初めから予約が急速に加速しており、投資家から世界の地上輸送業界のデジタル化の主導的勢力となるための資金を集めることができるようになった。 著者:Noam Toisterは、Bookaway GroupのCEO。 

(3/16 https://www.phocuswire.com/What-travel-startup-learned-during-global-pandemic?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

10. ユーレイルのデジタルファースト リブランド

Eurailが1959年に登場して以来、旅行業界では多くの変化があった。そこにおけるテクノロジーの最前線ほど注目に値するものはない。EurailとInterrailパスの両方をサポートするオランダを拠点とする会社が2020年に従来の紙のパスと一緒にモバイルパスを提供し始めたとき、顧客によるその採用は迅速であった。現在、EurailおよびInterrailのWebサイトを介したパス販売の92%以上がモバイルパス用であり、Eurailはデジタルの未来をさらに調査している。

そのために、同社はEurailのレガシーに敬意を表して、鉄道旅行の次の段階を取り入れたブランド変更を発表した。Eurailのビジネスおよび成長開発マネージャーであるYi Dingは、PhocusWireと話して、好奇心、柔軟性、開放性の価値に基づく同社の新しいアイデンティティの背後にある考え方と、Eurailがデジタルで進化しようとしている他の方法について説明する。

Q: Eurailのブランド変更のきっかけは何か?

2020年に、Eurail Mobile Passを導入し、次に新しい流通プラットフォームを導入し、基本的に変革の最初のステップを完了した。テクノロジーの世界では、“溝を越える(crossing the chasm)”ということわざがある。通常、アーリーアダプターを過半数に変えるには、おそらく何年もかかるが、私たちにとって、92%以上の顧客が紙のパスではなくモバイルパスを購入して使用していることを確認するのに2年しかかからなかった。私たちにとって、これは過去数年間で成功したデジタル変革であることが証明されている。その後、特に今日の競争の激しい旅行市場では、顧客の間で常に頭を悩ませることが重要だと考えている。

そのため、このデジタルファースト時代の現在の製品ビジョンとマーケティングの現在の要件に実際に一致するように再設計を行うことにした。私たちの再設計には、新しいロゴ、新しい電子透かし、新しいカラーパレットを含む完全に新しいシステムが含まれている。私たちは、変化する顧客のニーズに進化し、継続的に適応するために必要なステップであると考えている。 製品としての知名度は高く、視覚的な認識にも努めている。そのため、新しいロゴは、地平線、ターミナル、トラック、および鉄道旅行の経験を表す動きを抽象的な表現にした。 新しいブランドは、柔軟性、開放性、好奇心の価値を強調しています。新しいデザインシステムを通じて、ロゴを楽しくし、旅行の楽しさを提供するよう努めている。

Q: Eurailの最後の主要なブランド変更はいつだったか?

最後のブランド変更は2014年、2015年でした。私が7、8年前に入社した年だ。当時、私たちはEurailとInterrailの2つのブランドを連携させ、同様のブランド資産とアイデンティティを与えることで、これら2つのブランドを連携させようとした。それが最初のステップである。その後、2022年に、より視覚的になり、このデジタルファースト時代にブランドを拡大するという新しいビジョンに沿ったモダンなブランドを提供することを目指して、ブランド変更を行った。

Q: マーケティングアプローチは他にどのように変化したか?

私たちはまだ危機に瀕しているため、特に戦争を経験しているヨーロッパでは、現在、特にヨーロッパで、このブランドの再設計を伝えるための積極的なメディアへの働きかけをすべて停止している。 しかし、海外市場では、この新しいブランドと新しいデザインが彼らの心をつかんでいると考えている。ソーシャルメディアでいいねやコメントが見られる。私たちは実際に、LinkedInなどのオーガニックメディアで新しいブランドとデザインシステムを推進している。また、ウェブサイトを完全にリニューアルした。まず、顧客に新鮮な外観を有機的に提供することを試みた。もちろん、市場がより安定したときの次のステップ、特に危機が終われば、お祝いの方法でより積極的に宣伝することができる。旅行業界では平和を推進し、人々が私たちの未来をより幸せで希望に満ちたものにするために貢献している。

Q: ブランド変更に伴い、新製品の機能を追加したか?

私たちのモバイルパスは、Eurail アプリに関しては追加のマーケティング機能を提供する。アプリのブランドを完全に変更し、再設計と並行して、座席予約の表示価格などの新機能をアプリに導入し、My Tripセクションで炭素排出量を表示した。私たちは、旅行者が自分の手で鉄道旅行を解き放つことができるように努めている。

Q: 2018年、EurailはGetYourGuideとのパートナーシップを発表した。他のパートナーシップの機会をどのように模索しているのか?

GetYourGuideを使用すると、彼らは私たちの費用便益(cost-benefit)パートナーになる。基本的に、パス所有者はGetYourGuideでツアーやアクティビティを購入するときに特定の割引を楽しむことができる。

私たちは、特にこの危機の間、顧客のニーズを満たすためにパートナーシップを継続的に拡大している。新しい流通プラットフォームの新機能により、米国の旅行者にモバイルパスを提供できる新しい流通パートナーを実際に探している。 2020年と2021年に、ローカルパートナーとの統合を完了した…API統合を完了して、モバイルパスを流通できるようにした。また、Klookとのパートナーシップ契約を締結し、顧客にコミッション可能なユーレイルパスを販売できるようにした。

私たちは継続的にパートナーシップを拡大し、さまざまな方法で顧客にサービスを提供しようとしている。

Q: COVIDは、持続可能な移動手段としての鉄道の見方をどのように変えたか?

COVIDは、持続可能性、特に環境の持続可能性に関して、変化の側面を実際に加速させた。私たちが目にしたのは、顧客、特に海外旅行者が二酸化炭素排出量を相殺しようとしていることである。飛行機を使って長距離を移動する必要があることは避けられない。たとえば、米国からヨーロッパへの移動だが、電車を使用して二酸化炭素排出量を相殺することはできる。これが、私たちが目指す方向だ。電車での旅行で実際にどれだけの炭素排出量を節約したかを旅行者に示すために、アプリに新機能を導入した。それが、私たちが実際に旅行者を教育しようとする方法である。鉄道旅行は、パンデミック全体で信頼できる輸送手段であることが証明されており、環境だけでなく、社会の持続可能性、都市、コミュニティについても持続可能性を示す側面でもある。鉄道セグメントは、この意味でスマートコミュニティにサービスを提供している。これは、社会の持続可能性に関するものである。

(3/17 https://www.phocuswire.com/eurail-on-its-digital-first-rebrand?oly_enc_id=9229H9640090J9N)

11 社説:テックのインタフェイスはモジュラー化

「多数のインターフェースを学ぶ必要がある場合は、断片化された技術スタック内で複数のシステムを使用する方法を理解するために、ほとんどの時間を仕事に費やしてしまう」、これは Cloudbedsの戦略的パートナーシップ担当バイスプレジデントであるSebastien Leitnerからの引用で、今週のPhocusWireの旅行業界における技術スキルとインターフェースについての話である。

複数のプラットフォームにまたがる技術やアクセスを統一することは、簡単なことではない。この業界は、サプライヤーやソフトウェアベンダーが特定のタスクを実行するための最新の方法を取り入れることで、何十年にもわたり、最近までこの方法で発展してきた。ホテルや航空会社は、少なくとも顧客にとっては極めて単純な作業に見えるものを操作するスタックに、さらにシステムやインターフェースを追加することで、間違いなく最も断片化された状態になっている。

グローバルな流通接続、予約システム、顧客関係管理ツール - それぞれに独自の要件とルールがあり、その運用方法も異なるため、結果も異なってくる。旅行業界の技術的な裏付けは、簡単に解けるものではない。特に、システム全体の中でしばしば小さな問題を解決する複数のベンダーが存在する場合は、なおさらだ。現在、多くのベンダーが異種のツールを単一のプラットフォームにまとめようと試みているが、その結果、金銭的にもリソースの配置の面でも、コストがかかっている。

業界は、少なくとも、プロバイダーが必要とするすべてのタスクを実行できない場合、簡単に統合できるようなモジュール方式でシステムが構築されていることを望み続けることができる(どう考えても、いつもそうだったわけではない)。このことは、多くのプロセスを自動化するデジタル化の加速に着手している現在においても、なお、(ほとんどの場合、文字通り)これから何が起こるかわからないというのが実情である。

 (3/18 https://www.phocuswire.com/Sounding-Off-153-tech-skills?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B)

12. ロイヤルティの争奪、旅行者の体験を再考する

オミクロンが衰退するにつれて、空の旅の未来は 上向いている。航空業界は、ロイヤリストの心と財布を取り戻すための競争力をデジタル化することを目指しているが、より少ないコストでより多くのことを行う必要性にも駆り立てられている。労働力不足、インフレ、健康規制(health regulation)の3つの苦痛により、旅行全体で非接触型自動化の必要性が生まれた。一方、航空会社は、パーソナライズされた顧客中心の旅行体験を提供し続ける必要がある。

カスタマーエクスペリエンス(CX)を向上させるための投資はこれまでになく高くなっている。かつてロイヤルだった航空会社の乗客の忠誠心(allegiance)は、2年間の慎重な孤立の後、そして新しいスタートアップ航空会社が市場に参入するにつれて、誰もが勝利に手が届き得るところにある。人々は家族に会うためにお金を費やしたり、数年ぶりの大きな休暇を楽しんだりするため、レジャー旅行はビジネス旅行よりも早くリバウンドしている。旅行者の体験を最適化することは、旅行者を必要な場所に連れて行くだけでなく、彼らの独特の状況に共感し、旅行に伴うストレスや欲求不満を和らげることである。航空会社と旅行業界全体が、彼らの立場で乗客に接することが重要だ。

損害管理:混乱の中で、航空会社は顧客のロヤルティを再構築する機会がある

Damage control: Amid disruptions, airlines have an opportunity to re-build customer loyalty

COVID後のトラフィックが急増するにつれ、航空会社には顧客を取り戻すための大きなチャンスと課題がある。航空会社が将来の支持者を育成する方法は次のとおりである。

(1). 透明性と柔軟性で欲求不満をより早く解決する

     Resolve frustration faster with transparency and flexibility

フライトのキャンセル、遅延、スケジュール変更など、問題が発生した場合、乗客は迅速で正直な回答を求める。彼らは、航空会社が顧客に検索を要求することなく、状況と次のステップの背景を積極的に提供することを望んでいる。

航空会社が効果的かつ迅速に対応しない場合、顧客の不満を引き起こすリスクがあり、乗客は再予約を再検討する可能性がある。逆に、航空会社が問題を効率的に解決するためのプロセスを実施している場合、航空会社は生涯にわたってロイヤルな顧客を生み出す。航空会社は、顧客が混乱を乗り越えるのを可能な限り簡単にする必要がある。パンデミックは航空会社に、透明性と柔軟性が旅行の将来にとって重要であることを教えた。これらの企業は、デジタルエクスペリエンスを機敏に設計し、混沌とした状況を通じて顧客をサポートする方法を再考する必要がある。透明性を高めるために、航空会社は、乗客が飛行機の出発地を追跡して潜在的な遅延を予測できるインタラクティブなツールを起動できる。柔軟性を高めるために、航空会社は、フライトクレジットへのアクセスとフライトの再スケジュールのプロセスを容易にする直感的なプラットフォームを展開できる。フレキシビリティの概念をさらに進めて、多くの航空会社は、乗客がいつ飛行機に乗るか、あるいは乗らないかを決める権限を増やしている。また、予期せぬ天候やその他の問題が発生した場合、乗客に当日まで予約を変更する機会を提供している航空会社もある。

(2). 経験をデジタル化して、将来の混乱に立ち向かう

    Digitize the experience to get in front of future disruptions

航空会社は、サービスの中断に備えることに加えて、健康と安全に関する新しい世界的な規制に合わせてポリシーを迅速に調整できるようにするためのプロトコルを導入する必要がある。多くの人が、アプリやテキストメッセージを介したリアルタイムアラートなどのテクノロジーを採用して、地元の地域や今後の目的地の変更について乗客に通知している。航空会社は、これらすべての重要な情報をホストし、乗客が予防接種カードや最近のCOVID-19テストなどの重要なドキュメントをアップロードできるようにする本格的なオンラインハブを作成している。このすべての情報にオンラインでアクセスできるようにすることで、航空会社は、途中でどんな出来事に対しても、すべての旅行者にシームレスな体験を提供できる。

それに加えて:新しいツールは、航空会社が旅行体験の未来への新しい道を切り開くのに役立つ

Above and beyond: New tools help airlines charter a new path for the future of travel experiences

航空会社が混乱を管理するのに役立つ新しいツールは、通常の日常の状況でクラス最高のエクスペリエンスを提供するのにも役立つ。顧客サポートチャネルとリソースを強化して顧客の質問に対応することで、航空会社はフラストレーションを軽減し、より幸せでロイヤルな乗客を生み出すことができる。これを行う方法はいくつかある。

(1). パーソナライズされたアラートと通知を作成する

    Develop personalized alerts and notifications

航空会社が健康と安全のプロトコルの変更を伝達するのに役立つ同じSMS通知またはプッシュアラートを使用して、航空会社が提供している新しいプロモーションまたは拡張ルートの更新を共有できる。また、パーソナライズされたオファーのタッチポイントとしても機能し、目的地の近くで旅行を完了するための体験を乗客に警告する。

(2). デジタルエクスペリエンスをリアルタイムで設計および反復する

    Design and iterate digital experiences in real-time

もう1つの例は、航空会社のWebサイトまたはアプリの再設計である。重要なアラートをホストするための専用ページを立ち上げることは重要だが、それは1回限りのイニシアチブではない。航空会社は、顧客のフィードバックと摩擦に基づいて、Webサイトを繰り返し、リアルタイムでコピーする必要がある。航空会社は、発生した顧客の問題点を見つけて分析することで、問題がビジネスに与える影響を理解し、ギャップを即座に埋めるための措置を講じることができる。

(3).ロイヤルティプログラムを刷新する

    Revamp loyalty programs

優れた乗客体験を生み出すためにさらに上を行くことで、航空会社は新しいロイヤルティプログラムのメンバーを獲得する機会もある。簡単に言えば、良い経験は、ロイヤルティの報いを受けたい帰国客につながる。航空会社は、卓越したユーザーエクスペリエンスを活用して、顧客がクレジットカードにサインアップするように促してより多くの利益を得たり、クレジットカードを使わずに、ロイヤルティプログラムに参加したりできる。これらのプログラムは、特別オファーやお得な情報で乗客に利益をもたらすだけでなく、より多くの旅行を奨励し、したがって、航空会社とそのパートナーにとってより多くの収入をもたらす。

空の旅の未来は、特にレジャー旅行にとって、これまで以上に明るく見えたことはない。レジャー旅行は、今年のパンデミック前のピークの99%に達すると予想されている。航空会社がリバウンドし、業界の純損失が昨年の518億ドルから今年は120億ドル弱に減少すると予想されるため、デジタルツールへの投資は、傑出した、共感的な消費者旅行体験を提供するのに役立つ。

著者:Tom Arundelは、Quantum Metricのグローバルリサーチおよびインサイトのディレクター。

(3/18 https://www.phocuswire.com/Rethinking-customer-experience-traveler-loyalty-land-grab?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

13. 3月21日の週の資金調達記事

  • 旅行ストリーアプリ HearHere

旅行ストーリーテリングアプリHearHereは、拡張とコンテンツ開発のために320万ドルのシード資金を調達した。 Camping Worldがこのアプリを主導し、AAAから戦略的投資を受け、Pasadena Angels、Seraph Groupなどからも参加した。 俳優のKevin Costnerによって共同設立されたHearHereは、旅行者の地理的な場所と興味に基づいてストーリーを提供するGPS搭載アプリ。 現在、Costner, John Lithgow, Phil Jacksonなどの有名人がナレーションを付けた、米国大陸全体で8,880を超えるストーリーを提供している。 「ロードトリップをしていると、標識や道路の停留所で得られるよりも、自分の周囲についてもっと知りたいと思っていた」、「この資金調達ラウンドはプラットフォームにとって重要であり、私たちは全国的にリーチを拡大し、より多くの人々にアクセス可能でユーザーフレンドリーな方法で米国の豊かな未知の歴史へのアクセスを提供できることをとても嬉しく思う」と、HearHereの共同創設者兼CEOであるWoody Searsは述べている。2020年にリリースされたHearHereは、AIと地理的追跡を使用してオーディオを自動的に再生するこの種のアプリとしては初めてだと主張している。 

(3.14 https://www.phocuswire.com/kevin-costner-travel-storytelling-app-HearHere-raises-3-2-million?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

  • ホスピタリティプラットフォーム  WhyHotel

ホスピタリティプラットフォームWhyHotelは、プロパティの買収と運営会社に向けて9,000万ドルの投資を行った。ポップアップホテルのコンセプトとしてスタートした同社は、ホテルや多目的マンションの事業部門をより適切に反映するために、Placemakrにブランド名を変更した。投資は、Davidson Kempner Capital Management、Gaw Capital、Suffolk Technologies、Geolo Capital、JBG Smithなどの金融会社や不動産事業からのものである。

9,000万ドルのエクイティ投資に加えて、Placemakrは、多目的ユニットに変えるために7億5,000万ドルの資産を取得するためのプログラマティックエクイティを確保した。Placemakrの共同創設者兼CEOであるJason Fudinは、同社が「Placemakrブランドの永続的に柔軟な不動産(プロパティ)」としてプラットフォームに追加するために、昨年2億5,000万ドルの不動産を取得した。今後18~24か月でさらに7億5,000万ドルの不動産を取得する予定であり、7億5,000万ドルの不動産を購入するために、合弁事業の事前交渉条件を意味するプログラマティックエクイティがある」と述べている。Fudinは「WhyHotelポップアップコンセプトは現在、Placemakrとのビジネスの約20%を占めており、その柔軟な多目的ビルのコンセプトが今後の成長の焦点となっている。現在Placemakrのブランドを設定している2つ目のビジネスラインでは、300ユニットの建物を永久に利用し、家具付きまたは家具なしの短期および長期滞在として運営している。それは6か月、6週間、または1泊の場合がある。今日、私たちの在庫の80%以上は、永続的に柔軟な資産のセットである」と語る。

彼は、会社が在庫の約半分を所有しており、残りの半分は所有者に代わって運営されていると付け加える。Fudinはまた、「パンデミックにより不動産の考え方が変わり、不動産会社は多目的ユニットに対してよりオープンになっている。不動産はかなり古風なビジネスだ。誰もがいつものようにやっている。ホテルやアパートの建物をリミックスして、より収益性が高く、下振れを防ぎ、より柔軟な資産にするというアイデアは、人々が取り組むのが困難であった。コビッドはそれをすべて変えた。同社は、不動産開発業者が今後、このより柔軟なアパートスタイルの在庫に移行することを期待している。「つまり、これは米国で最大かつ最も急速に成長している資産クラスの1つであり、私たちはそれを実現するプラットフォームとしての地位を確立している」と述べている。

PhocusWire Hot 25 Startups 2020の企業であるWhyHotelは、2018年12月にシリーズAの資金で1,000万ドルを確保し、1年後にはさらに1,000万ドルを確保した。

(3/15 https://www.phocuswire.com/WhyHotel-rebrands-to-Placemakr-lands-90M-investment?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

  • モビリティサービス  GoTo Group

GoTo Groupは、インドネシア証券取引所を介した公開市場でのデビューを通じて10億ドルを調達する予定である。昨年GojekとTokopediaが合併して設立された同社は、オンデマンドのモビリティとeコマースサービスを提供している。このグループはまた、Abu Dhabi Investments, Google, Temasek, Tencentなどの投資家グループからのIPO前の資金調達で13億ドルを発表した。

この投資は、支払いと金融サービスの拡大を含むGoToのエコシステムの開発に向けられる。GoToは、2021年9月30日に終了した12か月間の総売上高が10億ドル、総取引額が290億ドルであると報告した。同社によれば、オンデマンドサービスの販売可能な市場の合計は、2020年の45億ドルから2025年には1,380億ドルに成長すると予想されている。同社は今月末に行われる予定のIPOの収益を成長戦略に役立てる計画だ。

(3/16 https://www.phocuswire.com/GoTo-looks-to-raise-1B-through-IPO?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

  • ブロックチェーン旅行流通新興企業 TravelX

ブロックチェーンベースの旅行流通スタートアップTravelXは、1,000万ドルのシード資金を調達した。ラウンドはBorderless Capitalが主導し、Algorand, Draper Cygnus, Myelin Capital, Monday Capitalも参加した。

TravelXは、ブロックチェーンテクノロジーを使用して在庫をトークン化し、新しい配布方法を開発することで、より摩擦の少ない業界を構築することを目指している。TravelXの背後にある旅行とブロックチェーンのスペシャリストのチームには、Almundoの創設者であるJuan Pablo Lafosse、元Hopperの幹部であるRoula Zaaour、Avantripの創設者であるFrancisco Vigoが含まれる。

2021年に設立された同社は、今年後半に最初のサービスを発表する予定。

(3/16 https://www.phocuswire.com/TravelX-10M-seed-funding?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

  • ホテルソフトウエア  P3

ホテルのソフトウェアスペシャリストであるP3は、750,000ユーロの資金を調達した後、従業員を2倍にすると述べている。 ダブリンに本拠を置くこの会社への投資は、Business Venture Partnersからのものであり、昨年Enterprise Irelandから受け取った会社の資金調達に35万ユーロに追加する。 カスタム予約エンジンやオンラインチェックインおよびチェックアウトテクノロジーなどのホテル製品を提供するP3は、現在、ドイツと米国に拡大する予定。 声明によると、資金はドイツ、米国、ダブリン全体で15の新しい雇用を創出するために使われる。P3は、オンラインチェックインテクノロジーを開発するために2019年に10万ユーロの資金を受け取った。

(3/17 https://www.phocuswire.com/P3-unlocks-750000-investment-for-hotel-technology?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

 

  • 短期レンタルプラットフォーム  Futurestay

バケーションレンタルテクノロジーのスタートアップであり、2020年のPhocusWire Hot25スタートアップであるFuturestayは、シリーズAの資金で1,100万ドルを調達した。このラウンドは、New York AngelsとHarvard Business School Alumni Angelsの参加を得て、BNM Capital Managementが主導した。

2015年に設立されたFuturestayは、独立不動産管理者がビジネスを成長させるのに役立つテクノロジーと戦略を提供している。このプラットフォームは、Airbnb、Booking.com、Vrbo、Google Vacation Rentalsによる動的な価格設定、流通、賃貸保険、パーティー防止、コミュニティ擁護のためのツールを提供する。

Futurestayはこれまでに1,550万ドルを調達し、その最終ラウンドは2020年5月に予定されている。

 

11月、PhocusWire編集長のKevin Mayが、イベントPhocusWire Pulse:Startups In The SpotlightでKennardにインタビューした。

PhocusWire Pulse:スポットライトのスタートアップ ― 学んだ教訓とコースの継続 https://www.youtube.com/watch?v=U3GqQ-IrSQY&t=2sの完全な議論を見てください。

(3/17 https://www.phocuswire.com/short-term-rental-tech-platform-futurestay-raises-11m?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N)

印刷用ファイル