海外事情 2022年  4月  18日号

仏ホテルチェーンのAccorが、2019年初頭に開始したロイヤリティプログラム「Accor Live Limitless(ALL)」を強化し、会員がより目的地に密着した体験をできるようにしている。ALL会員にスポーツイベント、フードフェスティバル、コンサートなどの従来のチケット予約に加え、没入型展覧会、体験型演劇、キャンドルライトのクラシックコンサートなど、目的地に応じた体験の予約をALL会員に提供する新サービスだ。(「13. ホテルの新たなロイヤルティプログラム」) ホテルが、目的地旅行の全てを販売し始めている。

 

米国の航空旅客需要がパンデミック前のレベルに復帰しているようだ。

​(編集人)

スクリーンショット 2022-04-25 7.29.01.png

目 次

1. (TJ) AirAsiaとGoogle、スーパーアプリ開発で協力

    (TJ) = トラベルジャーナル 5月9日号参照

 

2. TravelXとAir Europe、NFT便開始

3. 旅行の気候変動対策の世界的コンセンサス可能か        閲覧第1位

4. 観光旅行会社、デジタルライバル上回る

5. 非接触と摩擦のない旅行の違い

6. セイバーの市場獲得のための自己破壊

7. オンライン活動、旅行需要復活示す

8. Vrbo、視認性拡大にVIDEO活用                              閲覧第4位

9. 分散型は禁句ではない

10. 旅行保険テック、どん底からの復帰の理由               閲覧第2位

11. 旅行者持続性関心上昇なるも情報不足                     閲覧第3位

12. 社説:気候変動警告に対する正しい方向

13. ホテルの新たなロイヤルティプログラム                  閲覧第5位

14. 4月11日の資金調達記事

2. TravelXとAir Europe、NFT便開始

ブロックチェーンベースの旅行流通スタートアップTravelXは、スペインの航空会社Air Europaと提携して、NFTicketsと呼ばれる世界初のNFTフライトチケットシリーズであると主張しているものをリリースしています。

NFTicketsを購入した所有者は、11月末にマイアミビーチへのAir Europaのフライトに加えて、12月にマイアミビーチで開催されるアートバーゼルに先立つ特典やイベントに特別にアクセスできます。

絶賛されたアーティストと提携した一連のNFTicketsは、オークションプラットフォームtravelxchange.comを介して14日ごとにリリースされ、4月11日のライブオークションで初めて利用可能になります。

TravelXによると、NFTicketsは従来のNFTとして機能します。取引されると、トランザクションはブロックチェーンに記録され、使用する準備ができたら、所有者はNFTを表示でき、一致するフライトチケットが発行されます。

「TravelXとAirEuropa NFTicketsは、バイヤーに旅行業界の歴史の一部を保持し、史上初のブロックチェーン支援フライトに参加する機会を提供します」と同社は声明で述べています。

「Algorandsのカーボンネガティブブロックチェーンに基づいた新しい種類のNFTを生み出すことは、非常にエキサイティングです。従来のNFTの最高のものをブレンドしますが、実際のアプリケーションとエクスペリエンスを追加します。これにより、旅行者がブロックチェーンウォレットから簡単に管理および交換できる、より優れたフライトチケットが提供され、新しい種類の収集可能なアート作品と組み合わされます。NFTicketsは、アート、旅行、テクノロジーの完璧な融合になると信じています」と、TravelXの共同創設者であるFacundo Diazは述べています。

AirEuropaのグローバルセールスディレクターであるBernardo Botellaは、

「私たちは、在庫管理と流通にブロックチェーンテクノロジーを採用した最初の航空会社であることを誇りに思っています。これが旅行全体をどこに連れて行くことができるか、そしてそれがどのように顧客体験を改善することができるかを見ることに興奮しています」と述べています。

NFTの航空券は、このテクノロジーを利用した旅行における他の取り組みに従います。1月、PhocusWireの2022年のHot 25 Startupsの1つであるTravalaは、NFTベースの旅行特典プログラムを開始しました。

その同じ月、シンガポールを拠点とするLynKeyは、リゾートやホテル向けのNFTベースのプラットフォームを発表し、 不動産開発のすべての側面(購入、リース、土地利用、関連する観光エンターテインメント)を国際的なブロックチェーンを活用したエコシステムにトークン化しました。

3月、Tiger BeingはアジアでプライベートトラベルクラブメンバーシップNFTを立ち上げました。

TravelXは先月、1,000万ドルのシード資金を調達しました。

(4/11 https://www.phocuswire.com/travelx-air-europa-launch-nft-flight-series?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

3. 旅行の気候変動対策の世界的コンセンサス可能か

空の旅と観光は、パンデミックの回復から世界的な紛争まで、大きな課題に直面していますが、はるかに大きなハードルは持続可能性です。

McKinseyの5,500人以上の航空旅行者の調査によると、乗客は環境と二酸化炭素排出量に重点を置いており、調査対象の13か国のうち11か国の回答者が排出量を最大の関心事として強調しています。これは、2019年のわずか4か国の回答者と比較されます。調査によると、回答者の半数以上が気候変動について「本当に心配」しており、航空はカーボンニュートラルになるべきだと感じています。

ただし、この調査結果は、取られた措置とはまったく対照的であり、旅行者は予約時に持続可能性よりも価格とつながりを優先しています。しかし、McKinseyの調査によると、世界中の旅行者のほぼ40%が、カーボンニュートラルな空の旅に少なくとも2%多く支払うことをいとわないということです。

さらに、二酸化炭素排出量を削減するために飛行機の数を減らす計画であると答えた旅行者の割合は、2019年の31%から2021年には36%に増加しました。

彼らはまた、彼らの政府が飛行からの排出を減らすために介入することを望んでいます。航空業界は、環境への影響と炭素削減への圧力に関しては、それ自体を簡単な目標と見なしていますが、変化の必要性を受け入れています。

世間の認識?  Public perception

Extensity Consultingのディレクターである航空コンサルタントのAndy Knillは、業界はただ腰を下ろして他の人が主導権を握るのを待つことはできないと言います。彼は、CAPAエアラインリーダーサミットで、航空は「主導権を握る」必要があると述べています。「航空が世界規模で問題のごく一部にすぎない場合でも、私たちは簡単な目標であり、他の人が批判する非常に目に見える目標であるため、私たち自身の行動とリーダーシップとプログラムを通じて、私たちが統一されており、私たちが達成しようとしていることを推進することができます」と言っています。他の人々は、一般の認識に関しては、航空はすでに戦に負けていると感じています。

CNNのアンカーであるRichard QuestもCAPAイベントのパネルに参加しており、「この認識は「将来的には非常に困難で危険になる可能性がある。現時点では、特に国レベル、地域レベル、国際レベルでこの問題を取り組む大規模で調整された多面的なアプローチはありませんでした」と述べています。

Questはまた、航空会社のCEOの大多数が政府に認識を変えるように挑戦する準備ができているかどうかについて懐疑的です。

そして、旅行からの炭素排出に関する世論に対応する必要があるのは、航空だけではありません。出張が脚光を浴びており、多くの大企業は、今後3年間で旅行による二酸化炭素排出量を大幅に削減する意向を公表しています。

オンライン旅行業界には、文字通り(マーケティング)資金を、グリーン証明書イニシアチブを超えて使用するという提案もあります。これまでのところ、McKinseyや他の最近の研究で強調されているように、消費者も財布を使って行動していません。しかし、McKinseyは、現在世界人口の最大のシェアを占めている若い世代からのプッシュが、旅行業界からのより具体的な行動を推進する可能性があると述べています。

ツアーとアクティビティの洞察とイベント組織であるArivalの調査によると、ヨーロッパの旅行者の83%と米国の旅行者の78%が、社会的または環境に悪影響を与えると思われる活動を避けています。

BookingKitの仮想イベントで調査結果を共有するArivalの共同創設者兼CEOであるDouglas Quinbyは、感情を保持しているのは特にY世代とZ世代であると付け加えています。しかし同時に、彼は、誰もが気候危機に対処するのに役立たず、観光公害が業界の準備よりもはるかに早くやってくるだろうと予測しています。

McKinseyは、空の旅と観光が課題に取り組む可能性のあるいくつかの方法を提案しています。たとえば、航空会社は、持続可能性に関する“ビジネス戦略”とブランドの約束を構築することができます。市場は、先見の明のある航空会社が業界のよりクリーンな未来への道筋を描く準備ができています。

前向きの考え方 Forward thinking

カンタス航空のように、同社の“Green tier”を通じてロイヤリティを環境への配慮と結びつける興味深い取り組みを行う航空会社もありますが、McKinseyは、航空会社が競合他社に差をつけ、「ビジネスやレジャーの旅行者、新しい資本や人材、業界、政府、社会全般にわたる新しい同盟者の割合を増やすには、さらに踏み込む必要がある」と指摘しています。

McKinseyは、消費者が将来の持続可能性に喜んでお金を払うことを楽観視していますが、航空会社がさまざまなイニシアチブを通じて“グローバルな脱炭素チーム”の一員になることを奨励する必要性を強調しています。

気候危機の課題に取り組むグローバルチームというコンセプトは、しばしば異なる方向に引っ張られますが、新しいスキームを考案する代わりに、旅行者、消費者、政府が団結して取り組むことができるものです。

 (4/11 https://www.phocuswire.com/travel-industry-uniting-around-climate-action?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

4. 観光旅行会社、デジタルライバル上回る

パンデミック発生当初から、需要が半分となってしまったレジャー系旅行会社では、パンデミックはビジネスにとって破滅的であるが、旅行の規制が新たに複雑になるため、より多くのシェアを獲得できる可能性があると主張しました。現在、ARCによって編集されたデータは、このシナリオが現実のものになりつつあることを示唆しています。2月13日に終了した週から毎週、米国のレジャー旅行代理店によって記録された航空券取引は、2019年までの相対的な条件で見た場合、OTAの取引数を上回っています。クルーズラインは2019年の同じ週に比べてわずか7%少ないトランザクションを記録しましたが、OTAは18.1%少ないトランザクションを記録しました。旅行管理会社(TMC)が完了した航空券取引の数は、2019年と比較して33.2%減少しました。これは、両方の他のセクターに遅れをとっており、出張の回復ペースが遅いことを反映しています。OTAと比較した従来のレジャーエージェンシーの相対的な成功は新しい展開です。パンデミックの最初の23か月を通して、シェアを獲得したのはOTAでした。ARCのデータによると、レジャーショップは2019年4月上旬までの52週間よりも、4月3日までの1年間で33.7%少ない航空券取引を完了しましたが、OTAは20.4%少ない取引しか記録していません。しかし、レジャー系旅行会社は10月に着実にそのギャップを埋め始めた、とARCのデータサイエンスのマネージングディレクターであるChuck Thackstonは2月のOTAを飛び越える前に「旅行者は、2019年よりも少しだけ旅行代理店を探しています」とThackstonは言います。「制限と旅行を変更する潜在的な必要性のために、率直に言って、旅行代理店の需要が高まっています」と言っています。Thackstonはまた、最近の休暇旅行の需要の急増のために、一部の旅行買い物客は自分の選んだ目的地を予約していると言っています。その結果、彼らは代替案についての洞察を得るために旅行アドバイザーに目を向けています。エージェンシーもこの傾向に気づいています。ノースカロライナ州ローリーに本拠を置くTravel Experts、Travel Weeklyの2021パワーリストの30位では、テクノロジーと財務のマネージャーであるHeather McIntyreによると、2022年の第1四半期のARC売上高は2019年よりも10%高かった。「需要は毎週着実に増加しており、全体として、パンデミックによって生じたギャップは埋められています。しかし、私たちの法人旅行事業の最大のシェアを占める私たちのIC(独立契約者)を調査すると、それらはまだダウンしており、最近のチケットの急増はレジャークライアントからのものであることを示しています」とMcIntyreは言います。Travel Planners International(パワーリストの32位)の業界エンゲージメントおよびサポート担当バイスプレジデントのJenn Leeによると、この会社のGDS航空会社の売上高はでも増加しています。2019年、ホストエージェンシーは2,000万ドルの航空販売を行い、2022年にはすでにその数字を上回っています。これには、パッケージの一部など、GDSとは独立したトラベルプランナーのエージェントが販売した航空も含まれていません。

業界全体の朗報

ARCデータは、もう1つの注目すべき傾向を示しています。今回は、OTAとTMCを含む旅行代理店チャネル全体についてです。

パンデミックの最初の2年間、米国の旅行代理店による売上高のドル価値の回復のペースは、販売されたチケットの生の数の点で回復のペースに遅れをとっていました。しかし、4月3日の週に達する3週間のそれぞれについて、その状況は逆転しました。たとえば、4月3日に終了する週の間に、米国の旅行代理店が販売した航空券の価値は2019年の同じ週より15.3%減少したが、チケット取引の数は2019年に19.1%減少した。

これは、チケットの販売額が2019年4月初旬と比較して47.1%減少し、チケットのトランザクション数が34.8%減少した、52週間の平均とは大きく異なります。チケット価格の上昇は、ヨーロッパ旅行などの複雑な旅程の予約の増加と相まって、この逆転を説明している、とThackstonは言います。

*このストーリーはもともとTravel Weeklyに掲載されました。

(4/12 https://www.phocuswire.com/Leisure-retail-travel-agencies-outperforming-digital-counterparts?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

5. 非接触と摩擦のない旅行の違い

2021年のPhocuswright Conferenceのパネルでは、Self-Sovereign Identification (SSI)に関する興味深い議論が行われました。

SSIは、所有する単一の識別子を指します。この識別子には、ベンダーとやり取りするときにデジタルライフで使用できる情報のコレクションが含まれています。

PhocuswrightのSSIに関する最新の調査によると、タッチレスを超えてフリクション(摩擦のない)旅行に努めるという目標は、ベンダーごとに個別のプロファイルを必要とするのではなく、ベンダー間で普遍的に使用されることです。旅行業界にとって、SSIは、顧客情報の保存と使用の方法に劇的な変化をもたらします。旅行者は、デジタルウォレットに保存されている検証可能な資格情報を使用して、個人データを共有するタイミング、共有する部分、特定の個人データにアクセスできるベンダー/仲介業者、およびアクセスできる期間を制御できます。

SSIは、旅行者が維持するすべての特注のIDをさまざまな旅行業者や仲介業者に置き換える可能性があり、旅行者が個人情報の使用方法を制御できるようにします。このポータブルでデジタルな分散型IDは非常に安全であり、旅行プロセス全体で使用できるため、主要な摩擦領域を取り除くことができます。

次の図は、移動プロセスの7つのステップ、現在の摩擦点、および現在および新しいソリューションをまとめたものです。ほとんどのID情報は、相互に通信しない異種システムに格納されているため、各ステップでIDの検証が大きな摩擦点になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

Web3とSSIの進歩、さらに重要なことに、それがセグメントとビジネスにどのように影響するかを理解するのに役立つ情報と洞察がありますか?明らかに、SSIの業界全体での採用の基盤は整っていますが、展開には何年もかかります。

旅行エコシステムのすべての利害関係者は、最終的に旅行プロセスから摩擦を取り除くために、SSIをよりよく理解する必要があります。

https://www.youtube.com/watch?v=UnQcNWrOx-E&t=9sは、2021年にSSIで開催されたThe Phocuswright Conferenceのクリップです。

(4/12 https://www.phocuswire.com/Dfference-between-touchless-frictionless-travel?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

friction-process-travel.jpg

6. セイバーの市場獲得のための自己破壊

パンデミックの最中に自分自身に難しい質問をしたほとんどすべての人のように、Kurt EkertもCWTでCEOの役割を辞めた後、時間を取った。「ボードワークを少しやっていたので、バッテリーを充電する必要がありました。30年間仕事をした後、一歩下がって人生を一時停止するのは良かったです」と語る。

その一時停止は、昨年末、パンデミックによって加速されたSabreの劇的な変革についてと、業界における変化と革新を動かすまたとない瞬間であるとEkertに語ったSabre Corporation社長兼最高経営責任者であるSean Menkeに会ったときに中断されました。

抵抗することができないほど良い機会でした。結局のところ、今年1月にSabre社長として加わったEkertは、彼のキャリアのほとんどを旅行の流通とテクノロジーの変化を推進することに費やしてきました。CWTの前は、Travelportに所属していました。それ以前は、Cendant、GTA、Orbitzなど、何らかの形で大きな変化を遂げたすべての企業です。

Ekertはこれが示しているのは、変化のペースが非常に強く、これはパンデミックによってのみ加速されているということです。勝者と敗者を区別するのは、勝者はレガシーの栄光に頼らず、利害関係者のために自らを混乱させることをいとわないということです。そしてそれが、Sabreがこれまでで最も劇的なデジタルトランスフォーメーションを経て、パンデミック前に始まったプロセスである、メインフレームからGoogle Cloudへの移行を進んで行っていることです。私たちはその旅の途中であり、その技術変革は私たちに効率性の利点をもたらし、イノベーションを推進し、市場競争に勝るペースで開発するでしょう」と述べています。

Google提携における企業旅行の関心

現在GDS環境で興味深いのは、テクノロジーの巨人と提携しているのはSabreだけではないということです。TravelportはAmazon Web Servicesと提携して、トラベルスタートアップアクセラレーターを立ち上げました。AmadeusはMicrosoftを選択し、今週、Cytricの予約および費用プラットフォームをMicrosoft 365ツールスイートに組み込み、ユーザーがMicrosoft Teams内の旅行を検索および予約し、同僚がTeamsで同じ旅程を予約できるオプションを提供するなど、旅行情報を共有できるようにすることを発表しました。

Sabreがテクノロジーの巨人との提携を急ぐ理由を尋ねられたEkertは、「テクノロジーパートナーとしてGoogleを選択すると、効率とコスト面でのメリットが得られます。それは私たちに将来のために革新するための革新的なプラットフォームを提供します。これは単なるクラウド関係ではありません。お客様に適した方法で、製品ラインでAIとMLの機能をどのように使用できるかを検討します」と述べています。

AmadeusがMicrosoft Teamsで行ったように、予約でGoogleと連携するかどうかについては、現在話すことができる具体的な計画はありませんでしたが、「Googleにはいくつかの革新があります。法人旅行は関心のある分野です。Googleが得意とするのは、アルゴリズムを実行するデータです。他のTMCとの関係により、企業の旅行に独自の価値要素をもたらすことができると確信しています」と言う。もちろん、企業旅行はEkertがよく知っている分野であり、CWTのCEOとして5年間を過ごしてきました。パンデミックの開始時に「その終焉は大げさに誇張された」と述べ、「業界はレジャー旅行と同様の企業旅行の回復曲線を見ると確信しています。これは業界にとって2年間の混乱した出来事でしたが、嵐をうまく乗り越えてきました。現在、本格的な回復を楽しんでいます。それはレジャーと国内で始まり、その後短距離から長距離のトラフィックが戻ってきました。企業もリバウンドしました。アジアの一部では回復が最も遅いですが、インドとオーストラリアでは需要曲線が上昇し始めています。私たちは、やる気のある労働力と、回復にうまく乗るための簡潔な戦略を備えています」と語る。

Ekertは、「これは過去6か月で変更されました。それが長期的にどのように着陸するかは不明であり、長期的には混乱の影響がありますが、競合他社がクライアントに会いに行くと、別の競合他社がそうします。どこからでも仕事をしているため、従業員は同じ場所にいません。そのため、組織内の文化を形成するには、社内出張がこれまで以上に重要になります。私は、企業の旅行が以前のレベルに戻ることをかなり強気に思っています。おそらく、米国、英国、オーストラリアなどのアングロ市場では力強さに欠け、発展途上国からのパイのシェアが比較的大きくなる可能性があります。パンデミック前の中国は、米国よりも大きな企業旅行市場でした。アングロの世界の外での成長は加速するでしょう」と述べています。

技術者をめぐる競争 ― 「これを機能させる方法を学ぶ必要がある」

Ekertは、世界中のどこからでもテクノロジーの才能者を雇用するために、次のように述べています。「それは新しい挑戦に役立ちます。人々を引き込むためにワークスペースをより魅力的にする必要があります。特定の機能では、どこからでも作業できることが標準であり、一部の機能はハイブリッドになります。私たちはウェルネスプログラムを検討し、実施しました。才能(talent)をめぐる競争について考えると、報酬は重要であり、職場環境も重要ですが、人々はインパクトのある楽しいことをしたいと思っています。私たちは技術変革に徹底的に焦点を当てており、大きな賭けに投資しています。それは、違いを生み出したい人々を引き付けるでしょう」と語る。

別の方法で行っているもう1つのことは、個人の業績評価をチームの業績評価に置き換えることです。「チームが重要です」とEkertは言います。

接続がはるかにオープンになり、「ゲートキーパー」を迂回するスタートアップが存在する市場で、GDSがどのように関連性を維持し続けるかを尋ねられたEkertは、ケーブルテレビ業界に例え、「ストリーミングと、コンテンツを配信および消費するための別の方法があります。新しい流通モデルには商業的、戦術的な需要があり、サプライヤーはB2Cと同様にB2Bでもダイナミックに販売することを望んでいま。コンテンツを提供し、正常化するのは私たち次第です。12~18 カ月後には、私たちは間違いなく世界の NDC 仲介業者のリーダー になっているでしょう。私たち自身を改革し、破壊し、意味のあるところではより伝統的な モデルを使い、必要なところでは異なる商業モデルを使うことができるかどうかは、私たち次第なのです」と言う。

彼は、航空会社とホテルの両方にとって、技術革新に刺激的な機会があると考えています。「ホスピタリティ業界では、10年から15年の間に、大規模なホテルチェーンによる収益の伸びのほとんどは、追加のプロパティを追加することによるものであり、料金やADRによるものではありません。開発が鈍化している今、プロパティあたりの利益を増やす必要があります ― 補助的な収入、ローカルツアー、観光 ― 小売およびマーチャンダイジングツールはホテルに利益をもたらします。航空会社では、時間の経過とともに、格安航空会社とネットワークキャリアの間の境界線が曖昧になり、流通と収益管理の間の従来の格差は狭くなるでしょう」と言う。

「OTAで起こったことは今やTMCで起こっています」

旅行代理店はパンデミックによって最も大きな打撃を受けたと彼は述べています。「成功した人たちは顧客に忠誠を尽くし、信頼できるアドバイザーになりました。これはオフラインで発生しますが、適切なツールを使用してオンラインでも発生します。過去20年間にOTAで起こったことは、現在TMCで起こっています。このセクターでは技術軍拡競争が発生し、製品とイノベーションを大規模にするには、規模が必要になるため、規模が大きい場合は構造上の利点があります。投資する能力を持っている人は、パックから離れます。」

彼は、パンデミックがSabreに焦点を合わせて強くしたと言います。「それにより、私たちは再び焦点を合わせることができ、業界をリードするプラットフォームプレーヤーになりたいと思っています。私たちは技術変革の旅のピークの年にあり、航空会社やホテルの小売マーチャンダイジングなどを革新し、より良くするためのはるかに効率的な技術スタックを提供します。私たちはIATA One Orderの世界を解決しており、小売およびマーチャンダイジングのソリューションは古い構造よりもはるかに動的になります」と言う。

彼は、さまざまな企業での過去30年間の経験が、「文化が戦略に勝り、それが実行を推進するものであることを証明した。文化を明確に表現し、実行することが重要です。私は、エンパワーメントとイノベーションを推進する強力な文化に参加しています」と述べています

Ekertは自分自身を驚異的な読者と呼んでいます。彼は過去2年間で合計200冊の本を読みました。「私はビジネスの物語が好きです。私はNetflix、ボーイング、WeWork、日産についての本を読みました ― 企業が成功した場所と、彼らが直面した場所を見るエキサイティングな興味深い話。それは常に組織のリーダーシップと文化に帰着しました」と言う。

Sabreに関する本がいつ出版されるかを尋ねられた彼は、「私たちはまだ本を書く準備ができていません。ただ市場で勝ちたいと思っています」と述べています。*この記事はもともとWiTに掲載されました。

(4/12 https://www.phocuswire.com/kurt-ekert-on-how-sabre-will-disrupt-itself-to-win-the-market?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

7. オンライン活動、旅行需要復活示す

COVIDの亜種、ウクライナ戦争、燃料価格の高騰による継続的な逆風にもかかわらず、旅行サイトへのトラフィックは依然として上昇傾向にあり、今後数カ月の間に複数のセクターで強力なビジネスが展開されることを示唆しています。

SimilarWebの2022年旅行業界インサイトレポートによると、1月以降、レンタカー、ホテル、バケーションレンタル部門のトップドメインへのトラフィックは、2019年のこれらの月に見られたレベルかそれ以上になっています。3月時点では、クルーズのトップドメインも2019年の水準と同等、航空会社のサイトもほぼ同等ですが、オンライン旅行会社やメタサーチのサイトへのトラフィックはまだ減少しているとのことです。「2022年の夏も多くの成長が見られ、楽観視されています。過去2年の夏よりも格段に忙しくなる・・・2019年の予約やトラフィックを超えないまでも、少なくともそれに匹敵するレベル」と、SimilarWebの旅行・Eコマース担当シニアマネージャーのAlisha Kapurは言います。そして、「2022年の残り期間とそれ以降を見ると、旅行のポジティブな勢いは加速度的に続くはず・・・」と、レポートには書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

航空券は一般的にかなり前から予約されるため、SimilarWebは航空会社のウェブサイトのトラフィックをその分野の「先行需要変動をよく表すデータ(good proxy for demand)」として挙げています。パンデミック初期の2020年4月から2022年2月まで、モバイルとデスクトップにおける航空会社のウェブサイトへのトラフィックは181%増加し、ライアンエアー、イージージェット、サウスウエストなどの格安航空会社が最も多くの訪問者を獲得しています。

 

 

 

 

 

 

 

「イージージェットでは、ここ1ヶ月ほどのパンデミック期間中、最も高いコンバージョン率を記録しています」とKapur。

「このことが意味するのは、格安航空券を求める旅行者が本当に増えてきていて、パンデミック中もずっとそうだったということです・・・そして、もう少し手頃なオプションを提供するプロバイダーは、その回復を見ています。米国を拠点とする航空会社では、アメリカン航空、アラスカ、サウスウエスト、ユナイテッドはいずれも2019年4月と比較して2022年3月のコンバージョンが平均18%高く、業界に対する強い再信頼を示唆しています」とKapurは述べています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿泊施設については、SimilarWebのデータによると、2020年4月から2022年2月にかけて、AirbnbとVrboの月間トラフィックがそれぞれ200%、330%増加しており、レポートでは、"この傾向と別荘レンタルへの現実のシフトは2022年以降も続くと予想される "と述べています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kapurは、Airbnbが依然としてリードしているものの、Vrboは市場シェアを拡大し、2021年を通じてトラフィックの前年比プラス成長を維持し、親会社のExpedia Groupから来るマーケティング支出によって引き続き後押しされていると指摘します。SimilarWebによると、VrboのPPC支出は2月に300万ドルに跳ね上がり、2021年12月の支出額の2倍以上になっています。

「Expedia Groupは、Booking Holdingsよりもはるかに多く、より多くのPPC支出を米国で最も費やしています・・・だから私はExpedia GroupがVrboを押し、Vrboを成長させるために大きな焦点を当てて注力し、パンデミックの状況はそれが非常に可能であるようにしたのだと思います。今後、Vrboはこれまでよりもはるかに競争の激しい分野になっていくと思います。AirbnbとVrboだけでなく、一般的に(短期賃貸)スペースはこれまでよりもずっと競争が激しくなっています」と彼女は言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、Airbnbは、ほとんどの市場で消費者にブランドが強く認知され浸透していることにより、3月のトラフィックの88%以上と、大半を直接またはオーガニックに受け取っており、そのマーケティングの効率性は特筆に価すると言えます。また、SimilarWebによると、Airbnbはコンバージョンされた訪問数でリードしており、2月にはVrboの35万5千に対し150万に達し、ホテル競合のMarriott.com(130万)およびHilton.com(100万)より多くなっています。

SimilarWebは、直接測定、その貢献ネットワーク、パートナーシップ、および公的ソースを通じて抽出されたデータを分析するデジタルインテリジェンスプラットフォームです。

(4/12 https://www.phocuswire.com/online-activity-points-to-accelerated-recovery-for-travel-this-summer?oly_enc_id=7798E1381467C7B )

SW sectors.png
SW air website traffic.png
SW airline conversions.png
SW ppc spend.png.jpeg
SW airbnb and vrbo unique visitors.PNG

8. Vrbo、視認性拡大にVIDEO活用

「検索」は単なるGoogle検索バーではありません。検索バーを備えたプラットフォームには、ターゲットオーディエンスにリーチする機会があります。このニーズに応えるために、Pacificは“Content Play”を作成しました。これは、書かれたコンテンツをビデオコンテンツに変換し、制作時間の短縮、コストの削減、プロフェッショナルな外観でブランドのソーシャルプレゼンスを拡大する簡単な方法です。旅行業界では、まだ開発余地が残された機会があります。ホテルからアクティビティ、フライトやパッケージに至るまで、Google自体を超えた検索需要に事欠くことはありません。さらに、すべてのインターネットトラフィックの82%がビデオコンテンツから来ており、ユーザーの64%がビデオを見た後に購入する可能性が高くなっています。トラフィックをより直接的なエリアに多様化し、より多くの予約を促進する機会があります。

チャレンジ

Vrboは、Google以外のプラットフォームでのブランドの検索の可視性を高め、有用で信頼性の高いリストコンテンツでソーシャルプレゼンスを拡大したいと考えていました。

戦略

訪問者1人あたりのYouTubeの1日あたりのページビューは980万に近く、トラフィック全体のほぼ14%が検索から発生しているため、プラットフォームに関係なく、書かれたコンテンツを、結果を得るアセットに変えてみませんか?さらに、それをビデオ資産に変えてみませんか?Pacificは、自給自足の独自のプロセスとアセットライブラリを使用して、SEOに適したスクリプトとストーリーボードをすばやく作成し、Vrboの家族向けの目的地ガイドを5つの視覚的に魅力的でプロフェッショナルな動画に変換し、それぞれが子供向けのアクティビティを備えた米国の家族向けの目的地ガイドのランディングページにリンクしています。 YouTubeやその他のソーシャルチャネルの準備ができています。各動画は、各章のSEO最適化された説明、タグ、要素とともにVrboのYouTubeに直接アップロードされました。

結果

動画は2021年7月下旬にオンラインになり、6か月後、すべての動画が「おすすめの動画」の下にランク付けされ、次の動画の次のランキングを所有していることがわかりました。

ユーチューブで:

  • サンディエゴ

    • サンディエゴの子供向けアクティビティ(#7)

    • サンディエゴの子供たちとの関係(#8)

    • サンディエゴの子供たちとの最高のこと(#7)

    • サンディエゴの子供たち(#7)

    • サンディエゴでの家族向けのアクティビティ(#5)

  • オーランド

        オーランドの子供たちとの関係(#4)

        オーランドでの子供向けのアクティビティ(#12)

  • マートルビーチ

        ⚪︎ マートルビーチの子供たちとの関係(#1)

        ⚪︎ マートルビーチキッズアクティビティ(#4)

  • デスティン

       ⚪︎ デスティンの子供たちとの関係(#2)

       ⚪︎ デスティンキッズアクティビティ(#6)

       ⚪︎ デスティン子供向け(#5)

  • ガトリンバーグ

      ⚪︎ ガトリンバーグの子供向け(#9)

      ⚪︎ 子供とガトリンバーグ(#6)

      ⚪︎ 家族向けのガトリンバーグ(#9)

そしてGoogleで:

  • Gatlinburg ― 検索エンジンの検索結果ページ(SERP)で、通常のYouTubeの結果として、「Gatlinburgの子供たちとの関係」でランク付けされています。
  • Destin ― "things to do with kids in Destin" および "kids things to do in Destin" でSERPのビデオセクションにランクイン。"family-friendly things to do in Destin" で通常のYouTube検索結果にランクイン。

結論として、トランスクリプト、タイトル、説明など、関連性のある適切なSEO要素をすべて備えたプロフェッショナルで簡潔で面白い動画を提供することで、VrboはYouTubeとGoogleでのランキングと認知度が急速に向上しました。また、このソリューションは、ビデオのコンテンツとして既存の家族向けの目的地ガイドを使用していたため、比較的簡単で効率的でした。

著者: Shawn Massieは、Pacificの成長担当副社長です。

(4/13 https://www.phocuswire.com/my-method-how-vrbo-used-videos-to-increase-its-search-visibility?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

9. 分散型は禁句ではない

旅行代理店やオンライン旅行会社として、分散型ホスピタリティ市場の基礎を評価するとき、ほとんどの人は、「そんな言葉を使っちゃダメだ」と言っても許されるのではないでしょうか。サプライチェーンから切り離される可能性のあるものは、絶対に成功の見込みがないものであり、即座に踏みつぶすべきでしょう。一方、ホテル経営者や宿泊客にとって、これは非常に理にかなっている。しかし、現実はそれほど白黒はっきりしていない。

ブロックチェーン技術は、消費者とホテルを多額の手数料を必要とせずに結びつける分散型プラットフォームの基盤を形成しています。ブロックチェーンソリューションを提供するテック企業は、従来の予約手数料を50%も削減することができ、消費者を救うことができます。これはつまらないものではなく、ホテルは世界規模でブロックチェーンプラットフォームのメリットを実感しています。TUIは、自社施設全体のベッドをスワップするためにこのシステムを利用し、1億泊のベッドをプライベートブロックチェーンに移動して、需要が高い場所に移動させています。予約システム、支払い処理、顧客との直接取引のためのデータ共有で、我々のシステムを利用するホテルが増えています。 このソフトウェアでは、中間マージンなしでリアルタイムの取引が可能です。

ブロックチェーン技術は、ここ数年、着実に進歩しています。ホテルは、客室のリスティングを公開・変更したり、将来の紛争や返金のためにデポジットをロックしたり、直接支払いを受けたりすることができます。顧客は部屋を探して予約することができ、何らかの紛争が発生した場合は、独立した仲裁人が問題を解決するために介入することができます。しかし、これは、OTAが分散型市場での役割を見つけるのに苦労したり、利幅が小さくなり予約が減少して圧迫されたりすることを意味しません。そうではありません。

ブロックチェーンの誇大広告を越えて旅行技術に長く携わってきた者として、私はOTAの将来についての誇大広告や多くのパネルディスカッションを見てきました。技術革新の移り変わりや、旅行エコシステムの重要な部分の終焉を示すとされる新たな技術革新も見てきました。しかし、OTAはまだ存在しています。ブロックチェーン技術によって、買い手は信頼できる銀行やクレジットカード、決済機関を介さずに取引を行うことができるようになりましたが、買い手をOTAに引きつけるのは、必ずしも信頼だけではありません。彼らがOTAを選ぶのは、選択肢を提供してくれるからです。OTAは、コンテンツと関連する検索結果を、明確なメッセージとともに効率的かつ優れたユーザー体験として提供します。OTAはマーケティングと広告費で何十億ドルもかけて顧客を獲得し、テクノロジーと使いやすいウェブサイト、オプションや価格設定に投資することでコンバージョンを最大化します。現在の中央集権的なシステムも、同様にブロックチェーン技術の適応に取り組んでいます。集中型予約プラットフォームの世界におけるビッグ4は、金融資源、洗練されたIT構造、グローバルな商業ネットワーク、広大な国際的顧客コミュニティなど、即時かつ収益性の高い実装に必要なすべての要素を持っています。OTAは、資本、ポートフォリオ、および技術的なコンセプトを切り替えるための確立されたインフラを持っているので、ブロックチェーンベースのコンセプトの開発において、意欲的な独立した新興企業を凌ぐことができるかもしれません。現在の中央集権的なシステムは、新たな競争上の脅威を排除するための調整としてブロックチェーン技術を使用しています。世界の4大旅行予約プラットフォームは、即時かつ収益性の高い実装に必要なすべての要素を持っています。彼らの競争優位性は、あらゆるレベルでこの業界に新規参入する機関を凌駕するだろう。まだ先は長いですが、ブロックチェーンはOTAを一掃するものではありません。それは人々に選択肢を与え、競争を促し、それは決して禁句、使ってはいけない言葉ではないのです。著者:Vinod KelwaniはTechnoheavenのCEO。

(4/13 https://www.phocuswire.com/Decentralization-not-dirty-word-in-hospitality?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

10. 旅行保険テック、どん底から復帰の理由

4月12日の日付は、旅行保険会社Squaremouthにとって永遠に重要です。

2020年のその日、コロナウイルスの大流行により世界中の旅行が停止したため、旅行保険の比較会社は2003年の設立以来、史上最低を記録し、1日でわずか12件の売上を記録しました。

Squaremouthがパンデミック前の平均であった1日あたり500に対して、12の売り上げはわずかでしたが、その日会社を営業し続け、そのような不確実な時期にSquaremouthの士気を高く保つのに役立ったのは12人の購入者でした。

2022年4月12日を皮切りに、旅行が危機から回復するにつれて、Squaremouthは1日あたり推定1,200の売り上げを見ています。感謝の気持ちとして、Squaremouthは昨日、2020年からちょうど2年後、会社の浮揚を支援した12人の旅行者のそれぞれに1,200ドルを贈ったと発表しました。もちろん、2年間のパンデミックを乗り切るには、12人の顧客を受け入れるよりもはるかに多くの時間がかかります。Squaremouthは、新しい顧客を見つけ、新製品を作成することで、すべてのスタッフに給与の全額を支払うことで、ビジネスの90%の減少から、パンデミック前の数を200%以上上回ると予測される売上に戻ることができました。

従業員優先  Employee-first

女性主導の会社の最高マーケティング責任者であるMegan Moncriefは、パンデミックが発生したときのSquaremouthの最優先事項は、従業員とその生計であったと述べています。Moncriefによると、売上は減少しているものの、当時37人だったスタッフの給与を削減する代わりに、将来の本社の資産を売却するなど、可能な限り多くのコストを削減したという。

「私たちは、フルスタッフがいなければ、顧客をサポートしたり、パンデミック後の世界で成功したりすることは決してできないことを知っていました」とMoncriefは言います。「給与や売上高を含む財務の透明性を維持することは、Squaremouthの事業にとって不可欠でした。私たちの会社の誰もが私たちの売り上げを調べることができます。私たちは状況が悲惨であることを知っていましたが、内部のパニックを望んでいませんでした。私たちは毎週の会社の会議で財務について話し合い、すべての従業員が私たちの立場と資金を確保するために何をしているのかを確実に理解できるように努めました」と彼女は言います。「最終的に、私たちのどん底でのこの透明性は、会社の存続という1つの目標を達成するために、私たち全員が一緒にもっと一生懸命働くように動機づけました。その結果、私たちは今日、より緊密で成功したグループになりました」と彼女は続けます。

Tech-forward

パンデミックに耐えるためのもう1つの鍵は、新しい収益源を見つけるためにSquaremouthの技術的能力に大きく依存することでした。Moncriefは、Squaremouthは常に保険会社ではなくソフトウェア会社のように運営されており、「最終的にはパンデミック全体で生き残ることができた」と述べています。

「Squaremouthはイノベーションの上に構築されています。当社の売上の97%は、顧客とのやり取りなしに、当社のWebサイトからのものです。このため、私たちのデジタルエクスペリエンスは、ライセンスを受けたエージェントの1人と話すときに顧客が電話で受け取るものと一致することが重要です。私たちは製品の開発に関して同じ考え方を使用しています。私たちはデータと専門知識を使用して、旅行者の現在および将来のニーズに応える製品を作成します」と彼女は言います。実際、COVID-19により、旅行者のニーズと構成は変化しました。Squaremouthの顧客の平均年齢は、パンデミック前の時期と比較して10歳減少しました。つまり、より良い準備をしたい、または目的地で保険に加入する必要があるため、まったく新しい人口統計が旅行保険を購入しています。

「お客様の人口統計と旅行者の懸念が変化するにつれて、私たちは引受会社と協力して、国境の閉鎖と目的地の要件によってもたらされるお客様の新しく進化したニーズを満たす新製品を市場に投入しました。たとえば、国内旅行向けの製品、パンデミックのメリット、海外での計画外の検疫などのイベントの対象範囲の拡大などです」とMoncriefは言います。「これらは、2020年以前は最重要事項ではありませんでしたが、現在は今日の旅行保険の消費者の背後にある原動力となっています」と彼女は続け、マーケティングチームの戦略もパートナーシップに移行し、Squaremouthが旅行保険の複雑さを説明するためにブランドと協力できるようになりました。

これらの努力の結果、Squaremouthは2021年夏までにパンデミック前の販売レベルを上回り、2019年に49%、2020年と比較して200%以上の年を終えました。2021年には、同社の歴史の中で最もプレミアムな販売も行いました。

今年、Squaremouthの売上高は3倍以上になり、2021年の同時期から272%増加しました。CEOのJessica Burnsは、会社を最悪の状態で抱えていた12人の顧客を超えて、Squaremouthは、「新しくて非常に現実的な懸念」があるため、見知らぬ顧客が旅行保険に加入するのを見ていると言います。「以前は、人々は「what-if」シナリオのために旅行保険を購入していました。今、彼らはすでに影響を受けており、再発した場合に保護されることを望んでいるため、それを購入しています」と言う。

(4/13 https://www.phocuswire.com/how-one-travel-insurtech-company-recovered-from-an-all-time-low?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

11. 旅行者持続性関心上昇なるも情報不足

昨年、より持続可能な旅行に関心を示している消費者の数は10%増加していますが、多くの人は、持続可能な宿泊施設を見つける方法がわからない、または情報に簡単にアクセスできる場合にのみ物件の持続可能性への取り組みを確認すると述べています。このデータは、Booking.comが2月に委託した調査によるもので、過去12か月間に少なくとも1回旅行したことがあり、2022年に旅行を計画している32の国と地域からの30,000人以上が対象です。詳細はこのブランドのSustainable Travel Report 2022に掲載されています。世界の回答者の71%が、 2021年4月にBooking.comが実施した同様の調査の61%から、来年はより持続可能な旅行を望んでいると答えています。さらに多く(81%)が持続可能な旅行が彼らにとって重要であると述べており、半数が気候変動に関する最近のニュースが彼らにもっと持続可能な旅行の選択をするよう促していると述べています。しかし、一部の旅行者にとっての1つの障害は、持続可能性を優先している物件や目的地に関する情報を簡単に見つけることができないことです。回答者の半数以上(54%)が、過去1年間に持続可能な宿泊施設に滞在したことがないと回答し、そのうちの約3分の1(31%)が、こうしたタイプの物件が存在することを知らなかったと回答しました。持続可能な不動産を見つける方法がわからないのです。29%が滞在したと回答しています。

調査結果はまた、持続可能性情報を目立たせて簡単に理解できるようにするためのホテルや代替宿泊施設の必要性を強調しています。回答者の半数以上(56%)は、予約する前に物件の持続可能性情報を積極的に検索していないことを認めていますが、簡単にアクセスでき、レビューします。11月、Booking.comは、Travalyst CoalitionおよびGlobal Sustainable Tourism Councilと共同で開発された特定の持続可能性のしきい値を満たした物件、およびGreen Tourism, EU Ecolabel, Green Seal, Fair Trade Tourism, LEEDなどの他の組織からすでに認証を受けている物件に、「Travel Sustainable」バッジの授与を開始しました。このラベルは、プロパティページと検索結果ページのリストに表示されます。「Travel Sustainable properties」フィルターもサイトにあり、ユーザーがこれらのプロパティを簡単に見つけられるようにしています。これらのプロパティは現在、世界中で100,000を超えています。

目的地  Destinations

調査データはまた、目的地が持続可能性情報を積極的かつ容易に表示する機会を明らかにします。回答者の40%は、混雑を避けるために「ピークシーズン以外に排他的に旅行する」ことをいとわず、3分の2(64%)は、訪問の影響と利点をより均等に分散させるために人気のある目的地やアトラクションを避けると答えています。しかし、ここでも、情報が不足していると、旅行者がそれらの欲求に基づいて行動する能力が妨げられている可能性があります。回答者の42%は、混雑していない魅力的な目的地を見つけるのに苦労していると答え、34%は、都市やその他の人気のある観光地で持続可能な旅行の選択肢を見つけることは「不可能」だと感じています。そして、過半数(66%)が「地域文化を代表する」体験をしたいという願望を表明し、25%が地域社会に還元する活動にもっとお金を払うことをいとわないにもかかわらず、3分の1以上(34%)がこれらの種類のアクティビティやツアーをどこでどのように見つけるかわからないと言っています。

交通機関  Transportation

旅行の交通手段の予約に関しては、回答者の40%が、持続可能性に関する情報を積極的に探していると答えています。ほぼ4分の1(23%)は、二酸化炭素排出量を削減するために自宅に近い目的地に旅行することを選択し、20%は、車ではなく電車で長距離を旅行することを選択しました。回答者の22%が、目的地で自転車を借りるための公共交通機関やオプションを調査したと答えています。一方、Booking.com自体は、2021年の運用ではカーボンニュートラルを維持し、年末にかけて100%再生可能エネルギーに移行したと述べています。

3月に発表された同社の気候行動計画は、2030年末までにスコープ1と2の排出量を95%削減し、2030年までにスコープ3の排出量を50%削減し、2040年までに正味ゼロの排出量を削減するなどの目標を掲げています。「私たちの生き方は環境にあります。私たちは、旅行の未来のために、より注意深く責任あるコースを計画することで業界をリードすることに100%取り組んでいます」とBooking.comのCEOであるGlenn Fogelは「私たちは達成したいことについて野心的な目標を持っていますが、業界全体のパートナーと革新的な従業員の情熱とともに、誰もがより注意深く責任ある方法で世界を体験しやすくすることができます。旅行は、文化的理解を深め、無数のコミュニティに社会経済的機会をもたらし、地球を長期的に活性化させ保護するのに役立つ可能性をもたらす、善のための強力な力であり続けるべきであると信じています」と述べています。

(4/14 https://www.phocuswire.com/consumer-interest-in-sustainable-travel-up-but-information-still-lacking?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

12. 社説:気候変動警告に対する正しい方向

「消費者がより良い選択をする上での障壁の1つは、可視性の欠如と過度に複雑な情報であり、混乱を招きます。航空会社のデータを収集および報告するための明確で一貫性のあるツールを提供することにより、旅行者と業界がより多くの情報に基づいて、より少ない排出量で空の旅を選択できるように支援しています。」これはTravalystのCEOであるSally Daveyが今週、PhocusWireに関する記事で、飛行排出量データを収集して表示するための連合の新しい航空持続可能性フレームワークを発表したことの引用です。Earth Day(地球環境について考える日として提案された記念日。毎年4月22日のEarth Dayが広く知られているほか、それ以外の日のアースデイも存在する)が1週間で開催される中、持続可能性のトピックが脚光を浴びています。そして、このニュースは進歩の兆しを示しています。McKinseyとBooking.comによる最近の消費者調査によると、消費者は旅行が環境に与える影響についてより認識し、懸念を抱いています。しかし、特に旅行関連の気候影響情報を明確で意味のある方法で編集して提示することに関しては、やるべきこともたくさんあります。たとえば、Booking.comの調査によると、回答者の56%が、予約する前に物件の持続可能性情報を積極的に検索していないと答えていますが、簡単にアクセスできる場合はそれを検討します。この種の感情は、6つのブランドの連立が空の旅からの炭素排出量を推定するための一連の共通の原則と好ましい方法論を作成したというTravalystからの今週の発表を称賛する価値がある理由です。SkyscannerとGoogleは、プラットフォーム全体にフレームワークを実装する最初の連合パートナーとなり、追加の旅行流通パートナーであるBooking.com、Trip.com Group、Tripadvisorが今後数か月以内にフレームワークを実装することを計画しています。

旅行ブランドは、標準化された一貫した方法で環境影響データを提供することにより、消費者が自分たちの価値観に沿った購入決定を容易に行えるようにします。9月にTravalystに参加したときのGoogleの声明によると、航空会社とホテルの両方の基準の開発に貢献するというGoogleの声明に基づくと、他の旅行セクター向けの同様のフレームワークのニュースを楽しみにするのは間違いありません。しかしもちろん、フレームワークは、より気候に優しく、持続可能な旅行産業を構築するための道に沿った一歩に過ぎません。また、Travalystや他の多くのブランドと提携しているブランドからも行動を起こし、ショッピングや予約のフローでこの種の環境影響データを目立つように透過的に表示します。そして、最大の未回答の、または現時点では回答できない質問があります。さまざまな旅行オプションの環境への影響に関する情報が提示された場合、そのデータは、価格や利便性などの要因と比較して、旅行者の予約決定にどの程度影響しますか。 ?乞うご期待。

(4/15 https://www.phocuswire.com/sounding-off-157-travalyst-emissions-framework?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

13. ホテルの新たなロイヤルティプログラム

旅行業界では、顧客ロイヤリティを確立するための制度が数え切れないほど存在します。結局のところ、少なくともInterContinental Hotels Groupの場合。「ロイヤルティ会員は、より多く滞在し、より多く消費する。ロイヤルティ会員は、ホテルオーナーにとって最も収益性の高いチャネルである直接予約をする可能性が9倍も高いのです」と、2月に同社のCEOであるKeith Barrは述べている。

Barrによると、この大流行の中、ロイヤルティ会員が最も回復力があることも証明された。IHG Hotels & Resortsは、ロイヤルな顧客を維持し、再び旅に出ようとする顧客を引きつけるために、「当社史上最大のロイヤルティ改革」を実施したのである。IHG One Rewardsと名付けられたこの新しいロイヤリティプログラムは、お客様を中心に考え、より充実した特典とより多くの獲得方法を備えており、すべて新しいモバイルアプリで提供されるとIHGは述べています。

今後数週間のうちに展開される予定の新しいモバイルアプリは、IHG One Rewardsの重要な要素であり、将来の成長のための基盤となるものだと同社は述べています。このアプリは、よりパーソナライズされたサービスを提供するだけでなく、会員がより早くチェックインし、ホテルとより密接な関係を保つことができるようになります。

パーソナライゼーションの面では、IHGはMilestone Rewardsも導入しており、これは会員が望むリワードを選択できるようにする新しいテクノロジー対応のプラットフォームです。20泊の宿泊から始まり、100泊まで10泊ごとにポイント、飲食クレジット、スイートルームアップグレードなどの特典から選択することができます。「これは、IHG Hotels & Resortsが近年行った最大かつ最も包括的な投資の一つです。また、業界初のロイヤリティ・プログラムを導入して以来、ロイヤリティ分野で行った最大の開発でもあります。IHG Hotels & Resortsのグローバル最高顧客責任者であるClaire Bennettは、「私たちは、新しいモバイルアプリという新しい技術を通じて、ロイヤルティ会員の皆様が求めるもの、より価値のあるもの、そして刺激的な特典を個別に提供し、お客様の体験を大きく変えています。お客様、ホテルチーム、オーナー様からのフィードバックをもとに作られたIHG One Rewardsは、見た目も使い勝手も新しく、お客様自身が旅をコントロールできるようになりました。IHG One Rewards は、お客様からのご意見をもとに、新しいデザインとなり、お客様に旅を楽しんでいただけるようになりました」と述べています。

同社によると、Milestone Rewardsの開始を含むすべての会員特典は、6月上旬に利用可能になるとのことです。

Accorの体験  Experiencing Accor

フランスのホスピタリティ企業であるAccorも、2019年初頭に開始したロイヤリティプログラム「Accor Live Limitless(ALL)」を強化し、会員がより目的地に密着した体験をできるようにしています。Accorは、エンターテインメント発見プラットフォーム「Fever」との提携により、自宅近くのアクティビティや旅行中のアクティビティを問わず、ALL会員に提供するデジタルサービスの幅を広げます。スポーツイベント、フードフェスティバル、コンサートなどの従来のチケット予約に加え、没入型展覧会、体験型演劇、キャンドルライトのクラシックコンサートなど、目的地に応じた体験の予約をALL会員に提供する新サービスです。「日常生活でも旅行でも、いつでも簡単に街の中心で体験を予約できる機会を、ロイヤルティ会員の皆様に提供したいと思います」、とAccorのチーフ・ロイヤリティー&パートナーシップ・オフィサーであるMehdi Hemiciは述べています。「Feverの専門知識により、ALL ― Accor Live Limitless は会員に最高の体験を提供することができるようになります。ニューヨーク、パリ、シンガポール、ロンドンなどの代表的な都市は、すでにライブ配信が開始されています。また、この新サービスは、新しい会員の方々にも魅力的なプログラムであると感じていただけると思います。これは、当グループの事業がホテルの壁を越えて広がっていることのさらなる証明であり、当社の拡張型ホスピタリティ戦略を再び明確に示すものです。

Accorの最高デジタル責任者であるMaud Baillyは以前、拡張ホスピタリティ戦略を「自宅でも、世界のどこでも、毎日のライフスタイルの仲間」と表現し、会員の生活を特別な体験で向上させるとしています。このサービスは現在、50のゲートウェイ都市で利用可能で、間もなく世界100都市に拡大する予定です。1月に評価額10億ドルで2億2,700万ドルの資金調達を行ったFeverでは、ALL会員が1,500のアクティビティにアクセスできるようになる予定です。

CitizenMの保証  CitizenM’s guarantee

ロイヤリティの分野を "破壊 "しようとしているホテルブランドの1つが、アムステルダムに拠点を置くCitizenMで、"究極のホテルメンバーシップ"と表現されるmycitizenM+を導入しています。

"集めるべきポイントはない。集めるべきポイントはなく、達成すべき奇妙なレベルもない。mycitizenM+はシンプルなメンバーシップで、一度サインアップするだけで割引や特典を受けることができます」と同社は述べている。

mycitizenM+では、会員は10%オフの保証、レイトチェックアウトの無料、チャットサービス付きの先着スポット、48時間以上前に予約すれば部屋の確保などの特典を受けることができる。このサービスは月額料金制で、1年間有効です。

CitizenMによると、テスト、市場調査、検証を経て、頻繁に旅行する人にとって、価格や部屋の空き状況などの「安心感」が最も高い条件であることがわかったという。

「ロイヤリティ・プログラムやポイント探しは過去のものだ」と同社はLinkedInに投稿している。その中身は、"ビジネストラベラー、フリーランサー、デジタルノマド、クリエイティブコンサルタント、そして世界のすべてのモバイル市民を念頭に置いて開発されたメンバーシップ "である。2020年、シチズンエムは、働く場所や滞在先を探している企業や従業員のロイヤリティを獲得するために、法人向けサブスクリプションサービスを開始しました。

しかし、そのロイヤリティの野望は、個人の体験やグループの隠れ家をはるかに超えています。具体的には、CitizenMはオンライン世界でのロイヤリティを育成したいと考えており、先週、メタバースにホテルを建設すると発表した。

(4/15 https://www.phocuswire.com/tech-is-powering-the-new-look-of-hotel-loyalty-programs?oly_enc_id=7798E1381467C7B )

14. 4月11日の資金調達記事

  • ナンキン虫退治テック Valpas

フィンランドを拠点とするナンキンムシのスマートテクノロジープロバイダーであるValpasは、宿泊施設を害虫から守るために160万ユーロのシード資金を調達しました。ActivumSG Ventures、TESI、Realty Corporationがラウンドを主導し、既存の投資家であるMaki.vc、Icebreaker.vc、Reaktorが参加しました。Valpasを使用すると、ホテルは既存のベッドレッグ(脚)をValpasのIoT対応レッグと交換できます。Valpasは、エリアに到着してから数時間以内にナンキンムシを収集する特許取得済みの設計になっています。

トコジラミが検出された場合、脚はスマートフォンを介してホテルのスタッフに通知し、スタッフを部屋に送ってデバイスを空にすることができます。

ホテルが経済的損失を回避し、ゲストの満足度を高めるのに役立つだけでなく、このテクノロジーは化石燃料で作られた農薬の必要性を排除します。つまり、プロパティは気候危機の解決策の一部となり、ゲストはナンキンムシを家に持ち帰ることを阻止できます。また使用されます。「旅行後にナンキンムシを家に持ち帰り、それを消毒するために数千ユーロを費やしたいと思う人は誰もいません」と、Valpasの共同創設者兼CEOであるMartim Goisは述べています。

製品の初期バージョンを発売して以来、Valpasは、パリ、アムステルダム、コペンハーゲン、マドリードを含む20以上の都市で、ペスターナホテルズアンドリゾーツ、ARPハンセンホテルグループ、オートグラフコレクション、デザインホテルなどのブランドから150以上のホテルに署名しています。

同社によれば、100万回以上の旅行と10億ドル以上の収益を保護してきました。

新しい資金提供により、Valpasはトコジラミの安全基準をより多くのホテルや旅行代理店に拡大し、地理的なフットプリントを極東と米国に拡大します。

(4/14 https://www.phocuswire.com/valpas-scurries-off-with-2-million-for-bed-bug-tech-solution?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • 法人旅行自動化 Itilite

Itiliteは、出張と経費のプロセスを自動化し、コストを削減するソリューションを提供する新興企業であり、シリーズCの資金で2900万ドルを調達しました。投資はTiger Globalと既存の投資家であるDharana Capitalが主導し、Matrix Partners and Tenacity Venturesが参加しました。Itiliteによると、2020年のシリーズBラウンドで1,300万ドルを投じて以来、ビジネスは500%成長し、現在では世界中の300社を超える企業と提携しています。2017年に設立されたItiliteのソリューションには、「マスターマインド」と呼ばれる人工知能を活用した仮想旅行および経費コンサルタントが含まれ、ユーザーが予約フローにいるときに支出を最適化する方法に関する推奨事項を提供します。「人々はオフィスに戻り、出張が会話に戻ってきました。出張の予約が急増しており、プラットフォームで何千もの旅行が行われているのを目の当たりにしています。これは新しい始まりに過ぎません。このラウンドは、私たちがお客様にもたらす影響を再確認するものです。タイガーグローバルが私たちの側にいることに興奮しており、米国市場での勢いを積極的に倍増させます」と、Itiliteの創設者兼CEOであるMayank Kukrejaは述べています。同社はこの資金を「製品の革新、ブランド構築、市場投入チームの拡大」に使用します。

(4/15 https://www.phocuswire.com/business-travel-and-expense-startup-itilite-raises-29m-series-c?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 

印刷用ファイル