海外事情 2022年  4月  11日号

Uberがいよいよスーパーアプリを開発する。先ず英国でこの夏から鉄道と長距離バスのチケットを予約できるようにする。この夏から、英国のUberユーザーは、アプリを介して都市間鉄道と長距離バスのチケットを予約できるようにする。そして今年の後半には航空とホテルを導入する。先月に立ち上げたUber Exploreを加えてエンドツーエンドの旅行の旅をキャプチャしていく。(「3 (TJ) ウーバーの完全スーパーアプリ」)

Uber CEO Dara Khosrowshahiは、元Expedia CEOなので、この記事が予想している通り、UberとExpediaの提携が実現するかもしれない。Uberの他にもCapital A(旧AirAsia Group)がスーパアプリを展開、既存旅行業界に対するプレッシャーが拡大してくのだろうか。Capital Aは空飛ぶタクシーへの参入を目指して、電動垂直離着陸機(eVTOL)「VX4」100機をリースする。引き渡しは2025年から始まる。

 

「7. 誰もがボット嫌いだが、旅行業界には必要」は、旅行業界なのか、航空業界なのか、ボットが必要なのは誰なのかが、はっきりしない。もし、それが航空業界(特に国内線)であるならば、直販が主流なのだからボットは必要ではないはずだ。

 

「6. ソーシャル・モバイル・キャッシュレス、Z世代の旅行と支払いトレンド」は、デジタルネイティブの10人中8人が1日に複数回アカウントにチェックインし、62%が銀行口座を持たず、新興市場でモバイルウォレットを使用する数が50%近く増えているそうだ。改めてデジタルネイティブの、デジタルの所以を再認識させられた。

(編集人)

目 次

1. (TJ) FCM、アジア旅行ビジネス増加

2. (TJ) OTAの現状                                                        閲覧第4位

3. (TJ) ウーバーの完全スーパーアプリ                              閲覧歳1位

  (TJ) = トラベルじゃ0なる 5月9日号参照

 

4. In The BIG CHAIR: Larry Cuculic, Best Western         閲覧第2位

5. BNPL、クレジットカード会社は無視できない機会

6. ソーシャル・モバイル・キャッシュレス、Z世代の旅行と支払いトレンド

7. 誰もがボット嫌いだが、旅行業界には必要                     閲覧第3位

8. 団体旅行需要増加、しかしパンデミックのトレンド残る

9. In The BIG CHAIR: Vivi Cahyadi Himmel, AltoVita       閲覧第5位

10. CitizenM、メタバース土地購入ホテル建設

11. 社説:ウーバーのスーパーアプリ、導入タイミングが良い

12. ホスピタリティの逸失収入ソリューション                     閲覧第5位

13. 4月4日の週の資金調達記事

4. In The BIG CHAIR: Larry Cuculic, Best Western

Larry Cuculicは、同社の上級副社長兼法務顧問を12年間務めた後、12月にBWH Hotel Groupの社長兼最高経営責任者に就任しました。

BWHホテルグループは、WorldHotels Collection、Best Western Hotels&Resorts、SureStay Hotel Groupの3つのホテル会社で構成されており、世界100を超える国と地域に18のブランドの4,700のホテルがあります。

Q: 今日のBWH Hotel Groupの事業は、パンデミック前の2020年初頭と比較してどうですか。そして、パンデミックは会社の運営方法に恒久的な変化をもたらしましたか?

ホスピタリティ業界は信じられないほどの挑戦に耐えてきました。私は、私たちの組織とホテル経営者がパンデミックにどのように対応したかを非常に誇りに思っています。当社の取締役会は、シニアエグゼクティブチームとともに、BWH Hotel Groupがホテル経営者の困難を乗り越え、当社の財政状態を保護できるように迅速に取り組みました。迅速で積極的な緊縮財政プログラムの結果として、私たちは幸運にも会社の歴史の中で最強の財政状態にあり、この強みを活用してホテル経営者への収益提供を増やします。業界が回復を続ける中、私はホテル経営者に優れた収益をもたらし、業界をリードするサポートを提供し、新しい開発の機会を活用し、ゲストに優れたケアを提供することを約束します。受賞歴のあるロイヤルティプログラムを引き続き強化し、ブランド収益の提供を増やし、ホテルに滞在するゲストの期待を上回り、北米および世界中の主要市場で開発努力を推進することにより、これらの目標を達成します。

Q: ホスピタリティ業界は、ホテルと短期賃貸物件の境界線が曖昧になり、より多くの人々がリモートで仕事をしたり、レジャーと出張を組み合わせたりできるようになるにつれて、パンデミックによって加速するにつれて変化しています。BWH Hotel Groupは、新しい消費者の需要に適応するために何をしていますか?

パンデミックはリモートワークに影響を与えましたが、ビジネスとレジャーの組み合わせは、業界でしばらく前から見られたものです。AidenやVībなどのブティックセグメントの一部のブランドは、オープンスペース、モダンなロビー、カクテルバーを提供しており、ゲストは、日中は仕事をし、夜は社交を楽しむことができます。さらに、世界中に約4,700のホテルがあり、多くのホテルはレジャーとビジネス旅行の融合に理想的な目的地にあり、多くのホテルはビジネスセンター、会議スペース、ビジネスニーズを満たす高度なテクノロジーを提供しています。私たちはゲストの進化するニーズを監視し続け、それらの期待に応え、それを超えるためにできる限りのことをし続けます。

Q: 過去2年間で、非接触型テクノロジー(セルフチェックイン、チャットボット、QRコードなど)の採用が加速しています。BWH Hotel Groupは、ホテル体験の自動化をどこまで進めますか?人が常に前に立つ必要があるのはどのような役割だと思いますか?

非接触型テクノロジーは、ゲストに具体的なメリットがある場合に採用されていますが、ゲストは依然として“つながる(connect)”友好的な顔と個人的な交流を望んでいると信じています。私たちはゲストが期待するテクノロジーのレベルを評価し続けますが、フロントデスクや朝食エリアなど、必要なときに私たちがそこにいることを常にゲストに知らせてもらいたいと思います。

Q: BWH Hotel Groupのブランドにとって“ブックダイレクト”はどれほど重要ですか?そして、その方法でより多くの予約を獲得するために何ができるでしょうか?

Best Western Hotels & ResortsおよびWorldHotelsで直接ご予約のお客様は、低料金保証の特典をご利用いただけ、Best Western RewardsおよびWorldHotels Rewardsのロイヤルティプログラムと特典をご利用いただけます。ロイヤルティメンバーは、パンデミックの中で当社の直接オンライン予約の約80%を占めており、ロイヤルティメンバーの価値を一貫して提供していることを確認する必要があります。より多くの直接予約を獲得できるように、コスト削減とロイヤルティプログラムのメリットを通じてゲストが享受できる価値を引き続き紹介します。最近、BWR Pay with Pointsプログラムを開始しました。このプログラムは、アカウントにポイントがいくつあるかに関係なく、大切なリワードメンバーが旅行にアクセスしやすくするものです。このプログラムを通じて、無料の部屋に十分なポイントがない消費者は、BWRポイントを使用して客室料金を割引することができます。BWRは、ポイントが期限切れにならない業界で唯一のロイヤルティプログラムであるため、Pay with Pointsは、業界をリードするロイヤルティプログラムに投資している多くの投資の1つにすぎません。

Q: ブックダイレクト触れましたが、OTAは流通エコシステムの必要な部分です。BWH Hotel Groupで、この関係が機能することを保証するための最良の方法のいくつかは何ですか?

もちろん、ゲストはbestwestern.comで直接予約することをお勧めします。このサイトでは、ゲストとBWRロイヤルティプログラムのメンバーに最低料金が提供され、低料金の保証を利用できます。一部のゲストはOTA Webサイトで価格を比較したい場合があることを認識しています。ただし、ゲストは、時間の経過とともに、個人的な経験を通じて、bestwestern.comで可能な限り低い料金が適用され、OTAを回避することで、ポイントが期限切れにならず、ポイントを使用できるBWRロイヤルティプログラムに参加できることを理解していただければ幸いです。無料の宿泊特典とBWR Pay with Pointsプログラムをご利用いただけます。

Q: 過去10年間で、航空会社は自社製品の“アンバンドリング(unbundling)”を加速させてきました。ホテルのこの戦略についてどのように考えていますか。たとえば、ハウスキーピング、プールの使用、アーリーチェックインなどのアラカルト価格設定です。

私たちの哲学は、私たちの料金は一般的にすべて包括的で透明でなければならないということです。ただし、アーリーチェックインやレイトチェックアウトなど、ゲストが一定の柔軟性を求めている場合があることを認識しています。これらのゲストオプトインプログラムは、ホテルがゲストのリクエストに応えながら追加の収益を生み出す機会です。

Q: リピートビジネスを推進するためのゲストエクスペリエンスの最も重要な要素は何ですか?BWH Hotel Groupがより多くのブランドロイヤルティを生み出す機会はどこにありますか?

ホスピタリティ業界の中心はゲストの世話をし、期待される体験を過剰なほどに提供することであるため、ゲストの世話をする能力を実証できなければなりません。パンデミックの中で、ゲストは強化された衛生の洗浄基準を期待するようになり、私たちは業界で初めて強化された洗浄プロトコルを展開しました。旅行者はこれまで以上に清潔さを心配し続けていることを認識し、これらのより高いレベルの清掃基準と運用のベストプラクティスは、安全な滞在が保証されることを再び旅行に興味のあるゲストに安心を提供します。また、お客様をきめ細かく理解するために、ロイヤルティビジネスから学んだことを引き続き収集する必要があります。私たちは、彼らが私たちと一緒にいる動機を知る必要があります。そうすれば、私たちはロイヤルティプログラムとホテルの提供を提供し、進化させ続けることができます。

Q: BWH Hotel Groupのブランドにどのように新しい顧客を引き付けますか?

スケーラビリティが重要であり、BWH Hotel Groupは、エコノミーからラグジュアリーまで、あらゆるチェーンセグメントにホテルを提供しています。さらに、ロイヤルティプログラムを利用することで、世界中の約4,700のホテルでポイントを利用して旅行費用を節約することができます。また、ゲストがモバイルエクスペリエンスにますます依存していることも認識しており、その方向に多額の投資を行っています。私たちは、デジタルエクスペリエンスをよりユーザーフレンドリーにするために取り組んでおり、追加の支払い方法を受け入れる機能も開発しています。これには、ギフトカードをオンラインで利用できるようにすることで使いやすくすることや、新しいPay with Pointsプログラムを通じて、宿泊料金を下げる目的でゲストがBWRポイントを指定できるようになりました。また、ブランド認知の進化を継続し、多様なブランドポートフォリオに新しいゲストを引き付けるのに役立てています。見込み客に今日のBest Westernを紹介するために、ソーシャルメディアは引き続き私たちの最も重要なツールの1つです。これにより、主要な視聴者との特別なつながりを築き、忠実なゲストのコミュニティと交流することができます。包括的なソーシャルメディア戦略を通じて、BW Travel ZoneおよびYouTube、Facebook、Instagram、LinkedInなどのプラットフォームで18のブランドのそれぞれを強調しています。また、インフルエンサーのネットワークと連携して、Best Westernを新しいオーディエンスに紹介し、さまざまなプラットフォームでホテルにスポットライトを当てています。

Q: ホスピタリティ業界に影響を与える可能性がある限り、どのような新興技術に最も興奮していますか?

私たちはモバイル体験に多額の投資をしています。BWH Hotel Groupのホテルで、モバイルテクノロジーを使用して調査し、予約するゲストが増えていることを理解しています。私たちは、ゲストがホテルの部屋を簡単に見つけてシームレスに予約できる場所になりたいと思っています。ホテルの収益に関しては、ホテル経営者が料金と在庫を注意深く思慮深く管理する能力を認識し、活用できるようにする、新しく設計された収益管理プラットフォームの開発に興奮しています。

Q: そして、世界のどの地域で、会社の成長のための最良の機会を見ていますか?

私たちは、ブランド全体で毎日グローバルにホテルをオープンし続けています。在庫の大部分はミッドスケールのままですが、他のチェーンスケールのセグメント、特にブティックや長期滞在のセグメントに拡大する機会が増えています。私たちは、思慮深く測定された成長に焦点を当てたグローバルブランドです。BWH Hotel Groupは、ライフスタイルや長期滞在オプションなど、エコノミーからラグジュアリーまで、あらゆる市場セグメントで18の異なるブランドを提供しており、旅行者の需要に基づいて各ブランドを成長させ続けます。どこへ行っても、旅行のニーズに合ったBWHホテルグループのホテルを見つけることができます。

Q: 今後3年間の会社のやることリストの上位2つまたは3つの項目は何ですか?

75周年を迎えたばかりの私たちは、ゲストの期待に応え、それを超える進化を続けていきます。私たちは、ゲストジャーニーを強化するためのテクノロジーへの投資、ロイヤルティプログラムが業界をリードする報酬を提供すること、すべてのゲストに思いやりの精神を提供することなど、お客様にとって最も重要であることがわかっている分野と、そして私たちのブランドの中心であるサービスに引き続き注力します。

Q: あなたは米陸軍でキャリアを始めました。その経験から、ホスピタリティのキャリアで最も役立ったスキルは何ですか?

私は会社でのキャリアを始める前に20年間、陸軍に勤めました。私の兵役は私を今日の私に形作り、名誉、リーダーシップ、コミットメント、チームワークの価値を教えてくれました。軍隊での経験に感謝しています。これにより、プレッシャーの下で落ち着きを保ち、自分のアプローチに配慮することの価値を真に理解することができました。私が行うすべての決定、または組織として行うすべての決定は、人々とその生活に影響を与えることを認識しています。それがホスピタリティ業界の本質であり、私が最も情熱を注いでいるのは、人々の世話です。

Q: ホスピタリティに入る若者に何かアドバイスはありますか?

  • 誠実さ、名誉、そしてコミットメントを持って毎日一生懸命働くこと。

  • 毎日成長し、学ぶこと。

  • 最も重要なことは、自分に正直になり、人生の旅を楽しむことです。

(4/4 https://www.phocuswire.com/ceo-interview-larry-cuculic-bwh-hotel-group?oly_enc_id=7798E1381467C7B )

5. BNPL、クレジットカード会社は無視できない機会

最近ロイヤルティソリューション会社iSeatzからリリースされたState of Loyalty : 2022 Credit Card Rewards Reportは、今後数ヶ月でクレジットカード発行者を活気づける可能性のある傾向を特定します。リストされているもの(後払い(BNPL=buy-now-pay-later)プラン、デジタルウォレット、ポイントと暗号通貨の報酬で支払う)のうち、逆の“取り置き(layaway)”アプローチの一種であるBNPLは、クレジットカード発行者にとって次の大きなものになる可能性があります。BNPLは、消費者が製品またはサービスを受け取り、それを複数回に分けて支払うことを可能にする貸金プログラムです(通常、利息の代わりに小額の手数料が追加されます)。多くの消費者にとって、それは顧客が全額を支払うまで製品またはサービスの受け取りを延期する従来の取り置きアプローチよりも優れています。サードパーティのフィンテック企業がBNPL運動を主導しています。そして、PayPal Credit、Afterpay、Affirm、Klarna、Zip Pay、Quadpay、Uplift、Perpay、Sezzle、Zebit、Splititなどの企業が積極的に競争する混雑したスペースになりつつあります。フィンテック企業は小売業者と提携して、販売時点で参加小売業者のeコマースWebサイトを介してオンラインで、または場合によってはBNPL会社のアプリを介してオフラインで消費者にプランを提供します。このアプリは、顧客がデジタルウォレット(Apple Pay、Google Pay、Samsung Payなど)に追加できるデジタルカードを作成し、タップして支払うのに便利です。小売業者は1800年代半ばから支払いの延期を提案してきましたが、今日流行しているようなBNPL計画は、デパートが自社ブランドのクレジットカードを発行し始めた1980年代と90年代に開始された可能性があります。2012年頃、最初のフィンテックのスタートアップであるAffirmは、分割払いの最新版と命名されました。その後、Afterpay、Klarna、Sezzleが数年以内に続きました。

後払いのメリット

Benefits of buy-now-pay-later

BNPLはクレジットにアクセスするためのより速く、より透明で、便利な方法であるため、消費者はBNPLに群がります。これは、消費者が旅行などの高額商品の低価格を固定するのに役立ち、より柔軟な支出オプションに対する彼らの高まる欲求に対処します。さらに、消費者がリワードプログラムの一部であるクレジットカードを使用してBNPLを購入すると、毎月クレジットカードを返済する場合に無利子のままである支払いを延期することに加えて、マイル、ポイント、またはキャッシュバックを獲得できます。ほとんどのBNPL企業は、加盟店から融資手数料(2%から8%の範囲)を獲得しています。ただし、購入者のクレジットスコアやその他の要因によっては、大規模な購入(旅行を含む)で消費者に料金を請求する場合もあります。彼らはまた、通常、返済条件に従わない消費者に請求される収入と延滞料を稼ぎます。また、BNPLプログラムへの参加コストが高いにもかかわらず、BNPLの会社であるAfterpayが説明するように、販売者はBNPLのトレンドに賛同しています。これは、売上の増加を促進し、平均注文額を増やし、新しい顧客を引き付けるためです。

State of Loyaltyの調査では、そのデータの一部が裏付けられています。レポートによると、チェックアウト時のBNPLオプションにより、コンバージョン率が20~30%増加し、平均チケット販売が30%~50%増加します。

クレジットカード発行者のための後払いの機会

The buy-now-pay-later opportunity for credit card issuers

BNPLの人気は雪だるま式になっています。アナリストは、このような短期のPOS(point-of-sale)資金調達が2024年までに181%増加すると予想しており、Accentureのデータを引用して、カンザスシティ連邦準備銀行は次のように述べています。 2018年以降年間300%を超え、2021年には4,500万人のアクティブユーザーに到達しています。Amex Trendexのデータによると、クレジットカード発行者にとって非常に人気のある顧客セグメントであるミレニアルは主にトレンドに遅れをとっています。54%が旅行のBNPL計画、62%はクレジットカードに付属する後払いのサービスに関心を持っています。BNPLへの関心は非常に高いため、クレジットカード発行者が、BNPLフィンテック企業が提供するプログラムを反映した(そして改善した)BNPLプランを提供することは自然な流れです。BNPLプログラムは依然としてローンであり、クレジットカード発行者はフィンテックよりも何年もの間ローンビジネスに携わってきました。

「2017年に、カード会員に大規模な購入に対してより柔軟な支払い方法を提供するために、Plan Itを開始しました。これは、カードで今すぐ購入し、後で支払う機能です。それ以来、その人気は高まり、私たちはそれをさらに使いやすくするためにツールを進化させてきました。たとえば、昨年、AmexTravel.comとdelta.comのチェックアウトオプションとしてPlan Itを追加しました。旅行などの大規模な購入に関しては、消費者は予約時に資金調達の決定を下そうとしています。チェックアウト時にPlan Itを使用することで、それが可能になります」と、American Expressのグローバル消費者融資および共同ブランドの責任者であるAnthony Cirriは述べています。 クレジットカード発行者は、BNPLをリワードプログラムに統合することで多くの利益を得ることができます。少なくとも1枚のポイント付きクレジットカードを持っている18歳から31歳の43%(旅行でクレジットカードの代わりにBNPLを選ぶ可能性が最も高い年齢層)をさらに取り込み、残りの57%をポイントプログラムに参加させることができる可能性があります。クレジットカード発行会社は、購入資金調達のフードチェーンにおいて、第三者であるBNPL会社に代わって、小売業者との手数料体系を再交渉することができます。クレジットカード発行会社は、即時決済のメリットと、BNPLプログラムによってもたらされる売上増、注文数の増加、新規顧客の獲得というメリットを加盟店に提供することができる。

競争の激化が続いている

The competitive heat is on

競争の激化は、クレジットカード発行者がBNPLに投資するための説得力のある議論になる可能性もあります。テクノロジー企業は、銀行(クレジットカードの主要な発行者)のより収益性の高い事業を侵害し始めています。

「シンプルさ、効率性、低コストのためにフィンテックを選択する顧客が増えるにつれ、多くのテクノロジー企業が銀行タイプのサービスを拡大して、支払い、貯蓄、投資を含めています」とRBC Capital Marketsは報告しています。リワードプログラムは、クレジットカード発行者がBNPL貸し手と差別化するための方法でした。ただし、ますます多くのBNPLフィンテックが報酬プログラムを追加しています。たとえば、BNPL会社のKlarnaは、2020年にVibeと呼ばれる報酬プログラムを開始しました。消費者がKlarnaを使用してオンライン購入の支払いを行うと、ポイントを獲得し、Klarnaパートナーからのギフトカードなどの特典と交換できます。知っていましたか?

デジタルウォレットは、クレジットカード発行者がモバイル決済のトレンドに参加するための経路です。ただし、Appleは、Apple Payデジタルウォレットユーザーが分割払いで購入することを可能にするプログラムに取り組んでいます。

新しいプログラムであるApple Pay Laterは、消費者の既存のクレジットライン(通常はクレジットカード)を使用して、分割払いの資金を調達する可能性があります。そうすることで、リボルビングローン(クレジットカード発行者が提供するタイプ)になる可能性のあるものをBNPLローンに効果的に変換します。

カード発行者がBNPLパイの一部を取得する方法

How issuers are getting a piece of the BNPL pie

市場シェアが脅かされる中、クレジットカード発行者はBNPL製品の開発に熱心に取り組んできました。American Express、Chase、およびCitibankは、カード所有者が大規模な購入を月額固定料金と無利子の支払いに分割できるBNPLプログラムを開始および拡張しました。他の大手銀行や決済ネットワークも、独自のBNPLプログラムを検討していると発表しています。クレジットカード発行者は、フィンテック企業が銀行に対して持っているように見える利点、つまり小売業者のeコマースサイトとの統合を克服することもできます。これにより、チェックアウト時にBNPLオプションが可能になります。

銀行はすでに同じ機能を提供する自社製のオプションを持っています。クレジットカード発行会社は、ロイヤリティ・テクノロジー・パートナーを活用し、発行会社の旅行予約プラットフォームのチェックアウト時にBNPL支払いオプションを提供することができます。

さらに、発行会社が加盟店であり金融機関でもある旅行プラットフォームでBNPLを提供することは、予約と予約金額の増加を意味し、取引の両側で発行会社に利益をもたらします。今のところ、アメリカン・エキスプレスは、AmexTravelの航空券とホテルのチェックアウト時に統合された「Pay It, Plan It」プログラムで、この分野をリードしています。旅行特典プログラムにおいて、BNPL取引とアカウント・サービスを自社で行うことは、発行者のブランドを守ることにもなる。BNPL企業は販売時点で最高のサービスを提供するが、フライトのキャンセルや遅延で追加料金が発生すると、興味を失ってしまう企業もある。クレジットカード発行会社は通常、クレジットカード・プログラムの会員候補に対して、より徹底した信用度のチェックを行うが、一種の仮会員と引き換えに(一部のBNPL会社が行っているように)ソフトチェックを検討する場合もある。消費者が短期ローンを完済して適切な行動を示せば、発行者は、発行者のポイントプログラムやその他の特典を利用できる、より伝統的なリボルビングラインを提供することができるだろう。

銀行には、同じ機能を提供する社内オプションがすでにあります。クレジットカード発行者は、ロイヤルティテクノロジーパートナーを活用して、発行者の旅行予約プラットフォームでのチェックアウト時にBNPL支払いオプションを提供できます。このプラットフォームでは、消費者がアクセスしやすく、参加率が高くなります。さらに、発行者がマーチャントと金融業者の両方である旅行プラットフォームを介してBNPLを提供することは、予約の増加と予約のバリュー。がトランザクションの両端で発行者に利益をもたらすことを意味します。

これまでのところ、American Expressは、AmexTravelのフライトとホテルのチェックアウト時に統合された“Pay It、Plan It”プログラムで、このパックをリードしています。旅行特典プログラムでBNPLトランザクションとアカウントサービスを社内で維持することも、発行者のブランドを保護します。

BNPLの会社は販売時点で最高の状態ですが、フライトがキャンセルされたり遅れたりすると追加料金が発生して興味を失う会社もあります。クレジットカード発行者は通常、潜在的なクレジットカードプログラムメンバーの信用度をより徹底的にチェックしますが、一種の暫定メンバーシップと引き換えにソフトチェックを検討する場合があります(一部のBNPL企業が行うように)。

消費者が短期ローンを返済することによって適切な行動を示したら、発行者は、発行者の報酬プログラムやその他の特典へのアクセスを伴う、より伝統的なリボールビング信用枠を提供することができます。

BNPLを歓迎する  Bringing BNPL into the fold

Buy-now-Pay-Later ファイナンスは、クレジットカード発行会社の得意とする決済手段である。クレジットカード発行会社の旅行予約プラットフォームを通じて、旅行特典プログラムにシームレスに導入することができ、旅行以外の支出カテゴリーにも応用できる可能性がある。 BNPLは、消費者の高い需要、爆発的な成長、即効性のある収益、低い導入コスト(クレジットカード発行会社がすでに管理インフラを備えている)など、急成長する新しいビジネスモデルの属性をすべて備えています。また、クレジットカード発行会社にとっても、無視できないトレンドのひとつとなりそうだ。(4/4 https://www.phocuswire.com/Buy-now-pay-later-opportunity-credit-card-issuers-travel?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

6. ソーシャル・モバイル・キャッシュレス、Z世代の旅行と支払いトレンド

ある調査によると、Z世代のコホートは、今年、他のどの世代よりも多くの旅行を計画しています。2022年のAvail State of Travelの調査によると、Z世代の旅行者の72%が、ミレニアル世代の70%とベビーブーム世代の61%と比較して、COVID以前の時代と比較して2022年に多かれ少なかれ同じ支出を計画していると述べています。2,000人のアメリカ人を対象にしたこの調査では、さまざまなコホートに大規模な旅行に投資する予定があるかどうかを尋ねました。Z世代の旅行者の71%が、ミレニアル世代の68%、X世代の60%、ベビーブーム世代の51%とともに、投資することに同意しました。さらに、1997年以降に生まれたZ世代の71%は、同数のミレニアル世代に匹敵するように、今年はさらに旅行する計画を立てています。

Z世代が旅行にどのように支払うかについての洞察を提供することは、支払いスペシャリストのThuneとは別の研究です。このレポートによると、Z世代はソーシャルメディアに目を向け、トランザクションにモバイルウォレットを使用しているとのことです。Thuneのレポートによると、“Zoomers”は現在25億人を占めており、2019年にはミレニアル世代を上回っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Z世代は他のどの世代よりもソーシャルメディアの影響を受けており、10人中8人が1日に複数回アカウントにチェックインしているとのことです。

さらに、66%が、最初にオンラインで見つけた商品を購入したと答えています。

Thuneによると、このコホートは従来の金融商品にも拍車をかけ、62%が銀行口座を持たず、新興市場でモバイルウォレットを使用する数が50%近く増えています。調査によると、欧米市場のZoomersのほぼ25%は現金を使用していませんが、新興市場では依然として現金支払いが普及しています。

従来の金融商品から離れる傾向は、後払い(BNPL)などの新しい旅行支払い方法の出現でも明らかになっています。スタートアップのFly Now Pay Laterは、今年初めに7500万ドルの資金を調達しましたが、昨年末、決済スペシャリストのKlarnaがオンライン旅行プランナーのInspirockを買収し、旅行のためのBNPLオプションをさらに広げました。

Thune社のCEOであるPeter De Caluweは、「この世代は、『ダイヤルアップ』や『デスクトップ』が無意味な言葉であり、モバイルファーストを考えるだけでなく、アプリ、ソーシャルメディア、デジタルプラットフォーム、さらにはメタバースの中で生き、呼吸している世代です」と述べています。多くの企業、特に急成長に依存している企業の収益と戦略的計画は、この世代に依存しているのですから、私たちはこの世代を真剣に受け止め始めるべきでしょう。Thuneの調査は、13の先進国と新興国の16歳から24歳の6,500人へのインタビューを通じて実施されました。両調査で強調された傾向は、Z世代に関するPhocuswright社の最近の調査を反映しており、この世代はソーシャルメディアを旅行先や旅行中のアクティビティ調査に最も有用であると考えていることが明らかになっています。また、Z世代は、旅行に関する他の要素についてもソーシャルメディアを利用しており、ミレニアル世代を除く他のすべての世代を上回っています。

(4/5 https://www.phocuswire.com/Gen-Z-travel-and-payment-trends?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

Gen Z social media.png.jpeg

7. 誰もがボット嫌いだが、旅行業界には必要

航空業界は、暖かい季節が近づくにつれ、航空機の利用が増加するため、厳しい態勢をとっています。そして、パンデミックによる莫大な損失を補うために、1ペニーでも多くの収益を必要としています。この課題に取り組むため、航空会社が旅行情報の膨大なリアルタイムデータベースを合理化し、競争力のある価格を最適化するのに役立つデータスクレイピングボットは、俎上に上る可能性があります。航空会社の多くは、実際の航空券そのものから得られる利益が非常に少ないため、ボットは航空会社にかなりの損害を与えています。航空会社の収益のほとんどは、機内アップグレードや、レンタカーやホテルなど、航空会社のウェブサイトを通じて行われる関連予約のアフィリエイト報酬によるものです。

しかし、ボットを排除することの問題点は、予約プロセスを最適化することで、旅行者がより簡単に、より安く、自分に最も適した取引を見つけることができるようになり、実際に節約につながることです。

旅行ボット:一緒になることはできないが、それ無しでも生きられない

Travel bots: Can’t live with them, can’t live without them

ここ数年の激動にもかかわらず、旅行業界は依然として競争の激しいビジネス環境である。そして、他の多くの業界と同様に、この業界もデータを、売上、リーチ、価値(value)を促進する鍵を握る通貨の一種として捉えるようになりました。Expedia、Kayak、Skyscanner などのオンライン旅行代理店が、このことにいち早く気づき、今日の旅行業界をリードする存在となったことは、おそらくこの業界にとって不利なことだったでしょう。ほとんどの航空会社にとって、OTA航空便を流通・販売し、航空会社の低い搭乗率での損失を最小限に抑えています。そのために、OTAやアグリゲーターは、合意した条件のもと、航空会社からフライト情報のデータをかき集め、関連する手数料を受け取るのです。

データをかき集めるために、OTAは自動化されたスクリプトを使用して、航空会社または予約エンジンに、通常航空会社がオープンにしているアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を介してアクセスします。このようなスクリプトはボットと呼ばれ、一般的に航空会社のウェブサイトのトラフィックの90%以上を占めています。その結果、航空券は航空会社に直接予約されるのではなく、OTAで予約されることになります。航空会社は、OTAに提携料を支払うことで、微々たる利益をOTAとシェアすることになる。航空会社がOTAに支払うのは、航空会社自身のデータを使って旅行者を別の場所で予約させるためという、これはちょっと不合理な話である。 

OTAはチェックインまで航空会社とデータを共有する必要がないため、顧客のプロセスで何らかの変更が発生した場合、何等の対応も取らないで利益のシェアを要求できるが、一方、航空会社は通常、皮肉にも、顧客の苦難に対して最終的に責任を負わされる。ボットトラフィックの多さは、航空会社がウェブサイトとビジネスパフォーマンスを理解するために設計された重要なビジネス指標、例えば、予約あたりのフライトリクエスト回数として定義されるルック・トゥ・ブック・レシオを歪めてしまうのです。しかし、OTAと航空会社は今までに、もっと良い均衡を保ってきたのではないだろうか? そうではない。航空会社は、このオープンでスクレイプフレンドリーなアプローチによって、OTAと悪意のある攻撃者の両方から搾取されることになったのです。不正なスクレイピングやシートの回転(seat spinning)から、ロイヤリティプログラムの悪用、フライトシートの協調的な大量予約まで、総合すると、ボットは航空会社にとって大きな頭痛の種となっているのです。2017年、悪質なボットの割合が高かったのは、ギャンブル業界だけでした。しかも、それは不正行為との闘いに言及する前の話です。そこで問題となるのは、こうしたボットに対してどう対処するかということです。

従来のボット対策は害悪でしかない

Traditional bot mitigation does more harm than good

テクノロジーが徐々に追いつき、プラットフォームはますます強固なボット軽減アプローチを提供するようになりましたが、これは必ずしも全てがそうなったわけではありません。当初、CAPTCHAのようなセキュリティ検査は、人間とボットを分離する目的で実装されました。しかし、時が経つにつれ、これらの実装は、特にユーザーエクスペリエンスにおいて、間違いなく益となるよりも害となることが多くなってきました。辛抱強い顧客は、面倒なセキュリティ検査にイライラして購入を中断するようになり、CAPTCHAを突破したユーザーも、やはりボットであることがしばしば判明したのです。皮肉なことに、彼らは人間を凌駕するようにさえなったのです。

より良い均衡の必要性

The needs for a better equilibrium

ボットはセキュリティ管理上、地雷原を作ることになりますが、顧客に優しいプロセスを合理化する上で重要な役割を果たします。業界では、ボットを悪者扱いしていますが、それと同じくらい頼りにしています。人間が最も便利で摩擦のないサービスを受け、悪意のあるボットが徐々に淘汰されていく、より調和のとれた均衡が市場には必要なのです ― ただし、OTAビジネスを窒息させるほどではありません。そして、その兆しは明るいものです。今日のボット対策アプローチとテクノロジーは、異常な行動や疑わしい行動の検出を改善することで、悪質なボットを特定し始めているのです。有望な戦略は、ユーザーがウェブページとやりとりしている方法に着目し、疑わしいパターンを示すユーザーに対して追加のチェックアップチャレンジを送信することです。これは、人間とボットを見分ける良い方法であり、良いボットと悪いボットを見分けるための前提条件となります。また、ユーザーのデバイスへのフォーカスを強化することも有効です。テレメトリー(telemetry)分析により、実際のユーザーを模倣したボットエミュレーターをより簡単に特定できます。また、デバイスが“ジェイルブレイク(jailbroken)”されているかどうかなどの指標により、疑わしい活動や不正な活動を特定することができます。ユーザーのブラウザの特性(ヘッダーリクエスト、ブラウザ拡張機能、グラフィックライブラリの使用)を理解するのに役立つこの高精細デバイス指紋は、ボットオペレータやエミュレータが偽装するのがますます難しくなってきています。皮肉なことに、こうした最先端のボットにとって最も難しいことの1つは、実際の人間のユーザーのランダム性をエミュレートすることです。例えば、カーソルの動き。人間のパターンが完全な直線でないのに対し、ボットのパターンはすべて直線である。キー操作やマウス操作の解析は、この点で大きな進歩を遂げていますが、まだまだ道のりは長いと言えます。安全性と摩擦のバランスを取ることは、従来はギブアンドテイクのゲームでしたが、テクノロジーと検出の進歩を利用することで、プラットフォームは両者の長所を生かした道を歩み始めることができます。

航空業界はあまりにも長い間、お客さまを窮地に追いやってきましたから、これは最も歓迎すべき動きでしょう。この関係がより健全になれば、航空会社が“計算された不幸(calculated misery)”に乗じて、基本的な製品やサービスを低品質かつ不快なものにし、人々がそれを避けるためにより多くのお金を払うようにするような行為は、幸いにも減少し始めるでしょう。

航空業界にとって、ビジネスを混乱させるのが大好きな悪意のあるボットからウェブサイト、モバイルアプリ、APIを保護することの重要性を忘れてはならないでしょう。さらに重要なのは、悪質かどうかにかかわらず、ボットが航空会社と顧客の両方に損害を与えるほどエコシステムを腐敗させないということを忘れないようにしましょう。適切なイノベーションがあれば、旅行とボットは平和的に共存できるのです。

著者:Eduardo Rocha博士は、GlobalDotsのシニア・セールス・エンジニア兼セキュリティ・アナリスト。

(4/5 https://www.phocuswire.com/everyone-hates-bots-but-the-travel-industry-needs-them?oly_enc_id=7798E1381467C7B )

8. 団体旅行需要増加、しかしパンデミックのトレンド残る

報告書によると、米国ではグループ旅行が増加しており、“予約済み(on-the-book)”のグループアドバンスOCCはすでに2021年と2020年のパフォーマンスを上回っています。Amadeusは、同社のDemand360テクノロジーのデータを調べて、増加率を明らかにし、2022年の米国のグループビジネスの傾向を明らかにしました。ビジネスが改善している間、グループ旅行の申請は、2019年の58%から2022年には63%に上昇する50人のグループのイベントRFPによって変化しました。さらに、平均リードタイムは2019年の223日から昨年は193日に減少しました。このレポートはまた、チームがより少ない労力でより多くのことをしなければならないことを明らかにしており、営業および運用チームは、従業員を減らしてより小さなプロジェクトを処理する必要があります。

ホテルと企業間の提携など、ビジネスへのさまざまなアプローチも、予約を確保し、リーチを拡大する方法と見なされています。

ただし、ホテルはゲストプロファイルの洞察を使用して新しい収益源を開拓し、ポートフォリオ内のプロパティ間で潜在的な予約を共有できるため、データは重要です。このレポートは、地元の企業や在宅勤務者がホテルの施設を利用できるようにするためにAccorによって導入されたような概念についても示しています。Amadeusのホスピタリティ向けホテルプロパティソリューションのシニアバイスプレジデントであるDaniel O’Keefeは、2021年の第4四半期のグループ旅行の周り。

「2022 年の展望はまだ進展中ですが、米国では現実的に楽観視できる要因があり、2021 年の第 4 四半期にグループ旅行で築いた勢いが継続する兆しがあります。このレポートから得られる重要なポイントの1つは、パンデミック時に会議・イベント担当役員が直面する多くの課題を克服するための前提条件として、過去と将来の両方のデータが重要であることです。営業チームやオペレーションチームが減少している状況では、正確なデータと情報が重要であり、チームはそれに基づいて効率的に行動するための専門知識を必要としています。"

Salesforceと共同でまとめられた本レポートは、https://www.amadeus-hospitality.com/resources/five-trends-that-will-define-group-travel-in-2022/からダウンロードできます。

(4/6 https://www.phocuswire.com/group-travel-on-the-rise-in-US?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

9. In The BIG CHAIR: Vivi Cahyadi Himmel, AltoVita

Vivi Cahyadi Himmelは、人間中心のアプローチで階層化されたエンタープライズソフトウェアで企業の宿泊施設セクターを強化するプラットフォームであるAltoVitaを共同設立しました。Cahyadi Himmelは、金融および投資銀行でのキャリアを経て、2018年にAltoVitaを立ち上げました。このプラットフォームには、現在、世界の1,200都市に100万を超える物件があります。

Q: どうやってAltoVitaを設立したのですか?市場にはどのようなギャップがありましたか

私の共同創設者[Karolina Saviova]と私は2018年1月にプラットフォームを立ち上げました。当時、私たちは非常にシンプルな使命を持っていました。それは、Airbnbやサービス付きアパートなどの代替宿泊施設を標準化して品質保証を提供することでした。しかし、多くの異なるチャネルをテストした後、私たちは、品質管理プロトコルに真に共鳴したのは企業のクライアント、リロケーションのクライアントであることがわかりました。私たちの製品市場は、私たちがレガシーの企業宿泊施設市場と呼んでいるものに適合していることがわかりました。その後、パンデミックの間、私たちはまだ製品市場の適合に未熟でした。いくつかのアーリーアダプター、引っ越し会社がありました。

出張が閉鎖されていることは理解していましたが、Global 2000企業の従業員がまだ世界中に転居しているのを目にしました・・・そこで、過去2年間、この市場参入に焦点を合わせました。私のキャリアの最初の5年間は、金融と投資銀行業務でした。私は実際、以前の雇用主のために、幸いにも、ニューヨークから香港へ、香港からロンドンへと数回移動しました。この旅の途中でとても価値があると感じましたが、調べてみるとシステムが壊れていることがわかりました。バックエンドは実際には存在しませんでした。PDF、電子メール、スプレッドシートは依然として普及していました。そこで、多くのPMSやチャネルマネージャーとの迅速な統合を可能にするスケーラブルなAPIファーストのインフラストラクチャを構築し、チームの接続に非常に豊富でスケーラブルなコンテンツをもたらしました。

私たちはRentals United、Guestyなどと協力して、企業の宿泊施設を蓄積してきました。また、オペレーターがホスピタリティサービスを提供し、適切な管理プロトコルを使用できるようにすることを含む、いわゆる4層品質管理と組み合わせます。また、クライアント向けのインターフェースにオンラインで掲載される前に、すべてのプロパティを調査します。また、独自の事前検査も行っているため、チェックインのたびに、アパートの外観に関する地盤工学(geotech)レポートが提供されます。すべてのホスピタリティオペレーターが回答しなければならない質問の非常に網羅的なリストがあります。これにより、問題が発生した場合に、より積極的に対応できるようになります。最後に、四半期ごとのパフォーマンス測定を行い、すべてのホスピタリティオペレーターとレビューします。その組み合わせは成功の秘訣です。

私たちの見解では、AltoVitaの位置は非常に明確です。地元の人のように暮らしたいのなら、リスクを冒してください。おそらくVrboかAirbnbが正しい選択かもしれません。・・・長期滞在、品質保証、安全コンプライアンス、注意義務のために、それはAltoVitaであり、これが私たちのブランドが表すものです。企業の宿泊施設、そして世界中の従業員のためのプラットフォームです。

Q: パンデミックは、企業住宅(corporate housing)における技術に焦点を当てたソリューションの必要性をどのように明らかにしましたか?技術第一の企業として、AltoVitaはこの分野でどのように資本を活用する立場にありましたか?

私たちは、製品市場に適合してから3~4年です。もちろん、毎日、毎秒、毎時、市場のポジショニングは微調整され続けています。しかし、企業住宅における技術ソリューションの必要性は長い間延期されてきました。明らかにパンデミックの前でさえ、宿泊施設の予約と確保のためだけでなく、予約の旅だけでなく、旅行バイヤー、旅行マネージャー、モビリティマネージャー、移転マネージャーによる舞台裏でのすべての作業、そしてそれは予算編成、コスト予測とポリシー作成に関係します。パンデミックはそれをさらに押し進めました。2年前に起こったとき、コストの抑制、透明性、説明責任、データ主導の注意義務をどのように実証するかなどの言葉を聞きました。ヒューマンエラーを排除できるインフラストラクチャをどのように活用しますか?ですから、人間が人間のことをできるようにするのです。次に、従業員の選択です。従来、企業の宿泊施設の選択肢は、実際には3つか4つの選択肢に制限されており、40時間、48時間の手動介入などがあります。私は素晴らしい経験をしましたが、予約ごとに、新しい仕事に最大2日かかることを知りませんでした。

それを合理化する必要があり、数分以内にそれを実現することができます。さらに、わたくしたちのコア/フレックス製品(core/flex product)では、従業員の選択を可能にすると同時に、従業員のレベル、家族、場所に注意するポリシー作成が組み込まれています。あなたが出張のために人々を送るとき、それはただその一人の個人であるため、家族の大きさはとても重要です。しかし、あなたが転勤のために従業員を派遣している場合、それはあなたの家族、彼らのペット、そして他のすべてに影響を与えることがよくあります。私たちは、従業員が従業員の自律性と柔軟性を持つことを可能にするこのロジックを構築しましたが、同時に、特に家族の規模に関しては、これを考慮に入れています。

最後に、コンテンツの豊富さについてです。企業の宿泊施設の安全性は非常に重要です。次に持続可能性の価値は、GDSよりも重要です。最終的に、AltoVitaはGDSの未来です。私たちは、そのブルースクリーンから、多くの異なるシステムと通信できる非常に直感的でリッチなコンテンツプラットフォームテクノロジーに移行していると思います。これにより、サプライチェーンからのコンテンツを非常に高速かつ効率的に集約し、安全性、アクセシビリティ、ペットにやさしい、家族にやさしい、持続可能性など、コンテンツのさまざまな側面のデモンストレーションを充実させることができます。

Q: AltoVitaは過去1年間でどのように成長しましたか?また、将来の成長にどのように目を向けていますか?資金調達をお探しですか?

ちょうど2年前、基本的に私たちは皆混乱していました。私の共同創設者と私は、座って、可能な限りコストを最小限に抑えました。・・・それで、パンデミックの前はヨーロッパに限定されていたので、AltoVitaをグローバル化しようと言いました。とにかく多くの不動産業者が予約を失い、彼らには時間がありました。私たちはさまざまなニッチな顧客を呼び込んでいたので、それは成功しました。第二に、技術を活性化することでした。私たちはMVPを持っており、パンデミックを利用してエンジニアリングリソースの人員配置を継続しました。他の多くのシステムとの迅速な統合を可能にする第2世代のプラットフォームを構築しました。

では、どのように成長したのでしょうか。9人の従業員から45人になり、AltoVitaを400か所から1,238か所にグローバル化しました。私たちは2020年に牽引力を3倍にし、昨年は多くの旅行会社が​​冬眠または労働力の縮小を余儀なくされたときに4倍になりました。また、顧客ベースも前年比525%増加しました。

資金調達、はい、私たちはエンジェル投資家の非常に協力的なネットワークを持っています。最近、ファミリーオフィスが私たちのキャップテーブル(cap table)に加わりました。私たちには、パンデミックの間ずっと私たちを支援し、支援してくれた投資家がいます。うまくいけば、今年はより大きな資金調達に向けて準備を進めています。パンデミックの際に私たちが行ったすべての努力は、牽引力の水門を開くと思います。今年だけで、前月比で20%の成長が見られたからです。同じトラクションを続ければ、2026年までに美しく抜け出せると思います。

Q: 成長の終わりに、あなたは最近、クライアントパートナーシップの責任者としてJessica Landを任命し、Tara Scrivenerグローバルアカウントマネージャーに任命しました。これらの採用は、ダイバーシティとインクルージョンに対するAltoVitaの取り組みをどのように反映していますか?

ダイバーシティとインクルージョンは、成長しながら、それが何であるかをある程度理解しました。おそらく過去3~4年まで、それが何を意味するのかを本当に理解することはできませんでした。私は幸運にも平等な家族ができ、私を信じてくれる人々がいて、私を優れたものにするためのリソースとスキルと教育を持っているという素晴らしい機会がたくさんありました。しかし、キャリアに時間を費やすにつれて、成功した女性はまだ例外であり、成熟するにつれてますます多くの女性が苦労していることがわかります。私たちは、他の女性に力を与えることができる女性に力を与えることを約束したいと思います。ロシアのウクライナでは、女性がキャリアに集中するのではなく、国境を越えて駅で出産しなければならなかった状況を見ると、さらにそうです。

私たちは、賃金格差、多様性、包括性について話し合うことができる非常に恵まれた立場にあると思います。ですから、私たちにできることはごくわずかですが、女性に力を与え、内面から昇進し、適切なメンターシップと機会へのアクセスを提供し続けたいと考えています。さらに重要なことは、私たちは男性と女性の両方が平等に補償され、私たちの多様性について報告できることを誇りに思うことができるようにしたいのです。

Q: 女性を指導的地位に昇格させる上でどのような障害が残っていますか?また、業界はどのように女性を乗り越えることができますか?

それはすべて、それを言うだけでなく、実際にあなたの決定を実証する責任があるという意識的な決定から始まります。この場合の私たちにとっては、従業員の昇進に関して計算されたリスクを取り、それから彼らがキャリアを加速し、内側から見るのを助けることができることであると思います。そしてそれを業界に共有することさえできます。

一日の終わりに、私たちは女性リーダーに力を与え、彼らの経験を活用し、彼らの創造性と想像力を利用し、彼らの役割と責任を受け入れることができるように彼らの声を見つけるための安全な環境を作ることができます。

先ほどのメンターシップについてお話しましたが、家族の養育費の範囲でさえ、まだ答えがありませんが、これからも調査と調査を続けていきたいと思います。養育費に関しては、男性としての賃金水準。特に独身女性の場合、育児は非常に高額であるため、多くの場合、給与と同じくらい高額です。それが、女性が後退する根本的な理由です。

これは私が深く情熱を注いでいることであり、私はそれに多くの研究をもたらしています。そして、答えが出たら、これは、女性の育児を具体的に支援できるように、いつか、できれば今年も公表したい方針です。

Q: 旅行やテクノロジーでのキャリアを考えている女性にどのようなアドバイスをしますか?

メンターシップとリバースメンターシッププログラムは素晴らしいと思います。私は逆メンターシップと言いますが、それはどういう意味ですか?私にとって、私は20年間キャリアを積んでいますが、大学を卒業したばかりの人や、おそらく5年から10年の経験を持つ人もたくさんいます。私は若い同僚から常に多くのことを学んでいることに気づきました。彼らは私が持っていない精神的能力と精神的資源を持っています。そして、彼らは非常に新鮮な視点から生まれ、私が持っていない適切なテクノロジーを使用するのに機知に富むことができます。個人的には、これが何よりも私にとってのメンターシップだと感じています。

ここでのポイントは、若い女性に学習と自己教育を続けるようにアドバイスすることです。それは、あなたがゲームの先を行くことを確実にする1つの方法だからです。最後に、AltoVitaの成長にとって強力であると思うのは、ファン、早期導入者(early adopters)、あなたのビジョンを信じる投資家のエコシステムを構築することですが、同時に説明責任を示すことができなければなりません。

Q: AltoVitaの持続可能性への取り組みについて詳しく説明できますか?

昨年、オープンイノベーションサミットの一環として、モジュラーフィルターテクノロジーと呼ばれるものを開発しました。アメニティやさまざまなセクションを非常に簡単に追加または削除できるため、モジュール式です。私たちはペットフィルターでそれをしました。これはパンデミックの最中だった。ペットの移転は50%増加し、ほとんどすべてのリクエストはペットに関連していました。

二つ目は、安全と安心です。このセクションを追加しました。これは、たとえば煙探知器を非常に簡単にフィルタリングできます。また、スケーラブルなインフラストラクチャにより、数回クリックするだけでフィルタリングできます。もちろん、製品開発にはそれよりも時間がかかりますが、基本的には安全、セキュリティ専用のセクションがあります。また、昨年末、持続可能性がより重視されたため、サステナビリティセクションにモジュラーフィルターテクノロジーを追加しました。ここでも、グリーンエネルギーでこれらのプロパティを非常に迅速に並べ替えることができます。今年は、安全性と持続可能性をまったく新しいレベルに引き上げたいと考えています。安全面では、Breezewayと提携しています。彼らは運用管理を専門としており、安全性を別のレベルに引き上げました。最終的に私たちが行うことは、Breezewayと統合し、2つのシステムが通信できるようにすることです。これにより、安全セクションだけでなく、質問、写真、関連セクションのジオテック画像を含む安全証明書または安全レビュー済みの証拠もあります。つまり、煙探知器です。

持続可能性の面では、安全性と同じように、フィルターすることができます。プロパティカードでは、どのプロパティに安全性の証拠があり、持続可能な慣行があるかを確認できるはずです。理想的な世界では、1泊あたりの炭素排出量も表示したいのですが、これはデータの制限とサプライチェーン内の認識不足によるものだと思います。これをフェーズ2、フェーズ3と見なします。しかし、夢はこれをプロパティカードに記載し、データを並べ替える方法として炭素排出量を設定することです。私たちが計画しているのは、基本的に持続可能性の実践セクションを導入することです。ここでも、ジオテックの画像とビデオに裏打ちされた、この特定の不動産のすべての持続可能な実践を見ることができます。

Q: AltoVitaの次は何ですか?

私たちは、世界最大の企業向け宿泊施設の在庫を構築するという使命を負っています。私たちの公式は、4層の品質管理と、人間のタッチと組み合わせたAPIファーストのテクノロジーであることが証明されています。Hewlett Packard Enterpriseや米国政府など、AltoVitaの多くの幸せな早期導入者がいます。

私たちは何かに先のことに取り組んでいると思います。私の投資銀行業務の経歴を考えると、AltoVitaの出口戦略については非常に明確です。私たちは魅力的なM&Aのオファーに対してオープンマインドを保ちます。レガシー宿泊施設と移転パートナーからすでにいくつかを受け取っています。私たちが正しく仕事をしていれば、IPOによって最高の評価を得ることができるはずです。

(4/6 https://www.phocuswire.com/ceo-interview-vivi-cahyadi-himmel-altovita?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

10. CitizenM、メタバース土地購入ホテル建設

CitizenMは、ホテルグループとして初めてメタバースでのホテル建設を開始し、分散型ゲーム仮想世界Sandboxの土地を購入する予定であると主張しています。

このホテルブランドは、不動産を表す“LAND”と呼ばれる非代替トークン(NFT)を介して、ユーザーが独自の世界や体験を作ることができるSandboxメタバースにホテルを建設する計画だという。長期的には、NFTの売却益を使って、トークン保有者が場所を決める現実の不動産に資金を提供したいとしている。

アムステルダムに拠点を置くCitizenMは、2020年に法人向けサブスクリプションサービスを開始し、オンライン世界でのロイヤルティ構築に重点を置いているという。同社は、アートベースのNFTコレクションを独占販売し、割引や無料ドリンクなどの現実の報酬を仮想ホテルの建設に充てる計画だ。

CititzenM の最高マーケティング責任者 Robin Chadha は、「常に境界線を押し広げ、従来のモデルに挑戦してきたブランドとして、このSandboxでの新しい事業は、当社のブランド戦略だけでなく、クリエイティブなコミュニティやオンラインと現実世界の両方のお客様に対する当社のコミットメントに合致するものです。私たちは、今後数年間、メタバースにおける機会をさらに探求することに興奮しています」と述べています。また、このホテルがアバターの仕事場や宿泊施設として利用されることも想定しており、バーチャル施設の完成後は、デジタルアートに基づくNFTを追加で提供する予定です。

現実のホテルと並行して、CitizenMは分散型の自治組織を立ち上げる予定です。

NFTと分散型コミュニティの可能性を探る旅行会社は、CitizenMが初めてではありません。Civitatis都市発見アプリのQuestoは最近、メタバースであるQuestoWorldの立ち上げを発表し、10万件の“Realm”NFTが存在し、それぞれが現実世界で行われるロールプレイゲームを表しています。ルフトハンザ・イノベーション・ハブの最近のレポートでは、トラベルにおけるNFTとブロックチェーンの現在のユースケースとして、ロイヤルティやパスポートなど3つを取り上げ、travalaやAir Balticなどの企業がプロジェクトを進めていることが紹介されています。

また、今後メタバースを通じて旅行全体が組織化される可能性があり、この技術はシェアリングエコノミーを促進するためにも利用される可能性があると言っています。また、Disneyは、テーマパークでバーチャルの概念をどのように取り入れるかを検討していると言われています。

(4/6 https://www.phocuswire.com/CitizenM-plans-metaverse-purchase?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

11. 社説:ウーバーのスーパーアプリ、導入タイミングが良い

「誰もがシンプルで便利な方法で旅行の手配をする自由を大切にしています。そのため、私たちはすべての旅行ニーズに対応するワンストップショップになることに興奮しています」、これは今週のUberのフライトとホテルのアプリ追加に関する記事で、英国、北ヨーロッパ、東ヨーロッパ、Uberの地域総支配人であるJamie Heywoodからの引用である。

Uberが先月Uber Explore製品を発売したとき、ライドヘイリングアプリがドアツードア体験のキャプチャに近づいていることを明確に示していました。

今週発表された英国でのパイロットプログラムの一環としてのフライト、電車、ホテル、レンタカーの追加は、“スーパーアプリ”の方法がUberの方向性であり、Uberが適切なタイミングでそこに到達していることを確認しています。

スーパーアプリに関する話題は主にアジア太平洋地域の市場から来ていますが、実際、AirAsiaは旅行用スーパーアプリの分野のリーダーですが、この概念はより広く検討され始めています。たとえば、インドには、アパレルから航空券まですべてを提供するeコマーススーパーアプリであるTataがあります。一方、配車サービス、マイクロモビリティ、配送会社のBoltは、ヨーロッパ初のスーパーアプリを自称しています。そしてもちろん、常に潜んでいるのはGoogleという名前の大きな会社が、おそらくそのスーパーアプリの野心を実現するのに最適な立場にあります。これらのスーパーアプリの開発は、特に若者の間での消費者行動の変化と一致しています

ThuneのCEOであるPeter De Caluweは、Z世代を最もよく言い表しています。「この世代は、"ダイヤルアップ "や "デスクトップ "という言葉が無意味で、モバイルファーストを考えるだけでなく、アプリやソーシャルメディア、デジタルプラットフォーム、さらにはメタバースの中で生きているのです」と言う。

多くの企業、特に急成長に依存している企業の収益と戦略的計画は、この世代に依存しているのですから、私たちはこの世代を真剣に受け止め始めるべきです。言い換えれば、アプリの機能を構築することは非常に理にかなっています。なぜなら、それは消費者がとにかく時間を費やし、支払いと好みを維持している場所だからです。

Uberはこれを認識するのが賢明ですが、その成功は主にUberが提供するものにかかっています。英国パイロットのパートナーはまだ発表されていません(ただし、Dara Khosrowshahiの関係を考えると、Expediaは理にかなっています)。パイロットを拡大する場合は、地域的な要因も考慮する必要があります。

とにかく、消費者がオールインワンソリューションを探し求め、パンデミックがデジタル化を推進し続けている今、行動を起こすことは賢明な賭けです。

(4/8 https://www.phocuswire.com/sounding-off-156-uber-super-app?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

12. ホスピタリティの逸失収入ソリューション

「今日の理想的な商業リーダーは誰ですか。そして、意欲的なリーダーがそこにたどり着くために取ることができる最も望ましいキャリアパスは何ですか?」HospitalityNet World Panelシリーズの一部としてLes Roches Global Hospitalityのプログラムディレクター、ホスピタリティ戦略とデジタルトランスフォーメーションの修士号を取得したScott Dahlに質問しました。

私の見解では-どちらでもない!説明させてください。多くの場合、企業レベルと不動産レベルの両方で、販売、マーケティング、および収益管理(RM)のスペシャリストとチームは、緊密な調整なしに、互いに分離して運営されています。多くの場合、彼らは同じ部屋を売るために互いに競争しています。言い換えれば、左手(1つのチーム)は右手(残りのチーム)が何をしているのかを知らず、流通チャネル、マーケティング効率、価格の完全性、そして最終的には全体的な収益、利益、所有者のROIの不均衡をもたらしています。

従来、販売、マーケティング、RMは、独自の目標、テクノロジーツール、データベース、ベンダーなどを備えた別々のチームとして運営されていました。しかし、最も重要なことは、どちらも直接予約を増やしたり、リピートビジネスの割合を増やしたりするように動機付けられていないことです。

これは、OTAへの依存、ロイヤルティメンバーの疎外、パンデミック前の時代から始まった収益性の悪化など、収益機会を逃すという厄介な傾向の主な理由の1つです。

それで、解決策は何ですか?

私の見解では、唯一の解決策は、統合された収益創出の商業チームを作ることです。このひたむきなチームは、企業レベルと不動産レベルの両方に存在する必要があり、販売、マーケティング、RM、およびCRMスペシャリストと技術者で構成される必要があります。このチームは、ゲストを獲得し、関与させ、維持するために協力するという任務を負わなければなりません。収益性とパフォーマンスを最適化します。プロパティのチャネル戦略のバランスを取り、収益、特に直接予約を増やします。この新しい統合収益創出チームを率いるのは誰ですか?不動産またはホテルの管理会社には、販売、マーケティング、RM、CRM、テクノロジーの5つの分野すべてに精通した、部門の枠を超えたリーダーである収益創出マネージャーまたは役員という新しい役割が必要です。CRMとテクノロジーが統合された収益創出チームの不可欠な部分である必要がある理由は次のとおりです。

CRM

現在の非常に細分化されたアプローチの明白な例の1つは、過去のゲストエンゲージメントの取り組み(CRM)を、新規顧客の獲得やマーケティングの取り組みから切り離しておくことです。たとえば、独立したホテルを見ると、特定の夜のホテルの宿泊客の10%から15%未満がリピーターであり、85%から90%が初めての宿泊客です。過去のゲストの獲得は、新しいゲストの獲得よりも10~15倍安くなります。

CRMテクノロジーとプログラムが整っていなければ、意味のあるリピートビジネスを行うことはできません。ホテルの技術スタックの一部としての意味のあるCRM技術アプリケーションのみが、過去および将来のゲストとの深い関わりを確実にすることができます。CRM techは、滞在前、滞在中、滞在後の自動化されたコミュニケーション、ゲスト満足度調査、ゲスト維持マーケティングの自動化、ドリップマーケティングキャンペーンを提供するだけでなく、ゲスト認識プログラム管理とロイヤルティマーケティングを通じてさらに一歩前進します。これらの完全に自動化されたCRMイニシアチブはすべて、今後および過去のゲストとの「会話」を維持し、ゲストの関心を維持し、正しい方向に導きます。つまり、目的地に再び訪れる時間になったときにホテルを予約します。

さらに、最高のゲストに関するCRMファーストパーティデータを使用して、Google、Facebook、Instagramなどで同様のオーディエンスマーケティングを開始し、最高のゲストと同様の特性を持つ潜在的な顧客をターゲットにすることができます。

テクノロジー

パンデミックによりデジタルトランスフォーメーションが10年加速し(McKinsey&Company)、今日の旅行消費者はこれまで以上にデジタル化と技術に精通しています。今日の旅行者のサービスに対する期待の多くは、セルフサービス、DIY、オンラインの計画や予約から、非接触チェックイン、モバイルキー、音声アシスタント、メッセージを介したホテルスタッフとのコミュニケーションの好みにあります。これらの非常に技術に精通したゲストと彼らの非常に高い技術への期待を「和らげる」には、真剣な技術の実装が必要です。

この新しいテクノロジーに精通した顧客に加えて、深刻な労働力不足と達成不可能な人件費が、ホテルの運営、ゲストサービスとコミュニケーション、収益管理、流通、CRM、マーケティングなど、テクノロジーが業界のあらゆる側面に浸透している理由です。これには、テクノロジーのビジネスアプリケーション、最新のテクノロジーイノベーション、ホスピタリティテクノロジーのトレンドとベストプラクティス、理解、評価、選択、実装、およびおもてなしでテクノロジーアプリケーションが必要です。

今日の複雑な旅行カスタマージャーニーには、複数のデジタルタッチポイントおよびすべてのデジタルチャネルとデバイスにわたって旅行消費者を引き付け、獲得し、サービスを提供し、維持するための統合戦略が必要であることは間違いありません。

宿泊施設のひたむきなチーム(販売、マーケティング、RM、CRM、テクノロジーのスペシャリストで構成される収益創出チーム)だけが、ゲストエンゲージメント、獲得、維持、満足度を最適化し、収益と収益性を高めることができます。

著者:Max Starkovは、ホスピタリティおよびオンライン旅行技術コンサルタントおよびストラテジストです。

(4/8 https://www.phocuswire.com/the-solution-to-missed-revenue-opportunities-in-hospitality?utm_source=e NL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

13. 4月4日の週の資金調達記事

  • HotelOnline、韓国Yanolja Cloudに投資

HotelOnlineは、韓国の旅行技術プラットフォームYanolja Cloudから非公開の投資を受けています。2014年に立ち上げられたHotelOnlineは、アフリカと中東の不動産がオンラインで取引するのを支援し、流通およびデジタルマーケティングサービスを提供しています。

同社の共同創設者兼CEOであるEndre Opdalは、この投資を「ゲームを変える瞬間」と表現しています。HotelOnlineは、そのテクノロジーを通じて、アフリカの27か国で5000を超えるホテルを支援してきたと述べています。

YanoljaCloudのCEOであるJongyoon Kimは、「スペースのソリューションを提供するAIベースのSaaS(サービスとしてのスペース)企業として、マーケティングをリードするAIとクラウドテクノロジーを通じて、ホスピタリティを含むアフリカのスペース(空間)ビジネスのデジタルトランスフォーメーションに協力することをやめない」と述べています。

Yanolja Cloudは、2021年7月にSoftBankから17億ドルの投資を受けた旅行プラットフォームYanoljaの一部です。

(4/4 https://www.phocuswire.com/Yanolja-invests-in-Africa-based-HotelOnline-2146166780?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 

  • 賃貸テクノロジー マツリテクノロジー

レンタル技術のスペシャリストであるMatsuri Technologiesは、シリーズCの資金で約1,600万ドルを調達しました。日本を拠点とする同社は、ゲストが滞在を予約したり、モバイルアプリを介してチェックインおよびチェックアウトしたりできるStayXプラットフォームを全国に拡大したいと述べています。

StayXはまた、不動産の所有者と管理者に、1泊から数年または多目的での宿泊施設の賃貸方法に柔軟性を提供します。投資は、JIC Venture Growth Investments、RFI Advisor、三菱UFJ Capitalからのものです。

同社は2016年以来約2,800万ドルを調達しています。

Matsuriによると、日本の地方でspvillasなどの新規事業を立ち上げることで、過去2年間で売上高を3倍に伸ばしたという。また、東京滞在のためのstaymeというアパートブランドも提供しています。

(4/4 https://www.phocuswire.com/Matsuri-Technologies-16M-investment-rentals?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • ホスピタリティテックAmenitiz

バルセロナを拠点とするホスピタリティテクノロジーの新興企業であるAmenitizは、ヨーロッパの独立系ホテル経営者向けにオペレーティングシステムを拡張するために3,000万ドルを調達しました。

Eight Roads、Wallapop、Red Points、Chalfen VenturesがシリーズAラウンドを主導しました。これは、Amenitizによると、SaaS企業としてはスペインで史上最大のシリーズAです。2021年11月にこのスタートアップの650万ユーロのシードラウンドを主導したPoint-Nine、Backed、Otiumも参加しました。

2018年に立ち上げられたAmenitizは、独立したホテル経営者やB&Bに完全なオペレーティングシステムを提供し、直接予約を増やし、オンライン旅行代理店への依存を減らします。ウェブサイトとチャネルマネージャーに加えて、Amenitizはホテル経営者に請求やコミュニケーションなどのタスクを自動化するためのプロパティマネジメントシステムを提供します。また、昨年発売されたAmenitizPayと呼ばれる支払いモジュールや、サードパーティベンダーの追加ツールを備えたマーケットプレイスも提供しています。

この資金で、Amenitizは新しいヨーロッパ市場に拡大し、2022年に200人の新しい従業員を採用し、収益管理システムなどの追加製品を発売する予定です。

Amenitizは、37か国で4,000を超える物件をサポートしています。

(4/5 https://www.phocuswire.com/spain-based-pms-amenitiz-nabs-30-million-for-expansion?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 

  • 電子ガイドブックTouch Stay

デジタルガイドブックのスペシャリストであるTouch Stayは、約500,000ポンドのシード資金を調達しました。英国を拠点とするこの企業によると、資金はSiteMinderの創設者であるMike Fordや既存の投資家を含む多くの投資家からのものでした。このラウンドでは、2019年に発表された最初の非公開投資の後、Touch Stayの評価額は400万ポンドになります。

Touch Stayは現在、宿泊施設プロバイダーと目的地管理会社の顧客基盤を拡大し、製品開発と採用に投資することを目指しています。また、ゲストメッセージング機能を開始する準備ができています。

Touch Stayの共同創設者兼CEOであるAndy McNultyは、「私たちはすでに何百万人ものゲストの手に渡っています。この資金提供により、製品、テクノロジー、チームを拡大できるようになることを楽しみにしています」と述べています。同社によれば、ゲストに地域情報を提供し、印刷された情報の必要性をなくす、18,500のアクティブなTouch Stayデジタルガイドブックがあります。

(4/6 https://www.phocuswire.com/Touch-Stay-500000-seed-funding?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 

  • 団体予約 Group360

グループ旅行予約プラットフォームGroups360は、3,500万ドルの新たな資金を調達しました。投資はZigg Capitalが主導し、Blackstone Innovations InvestmentsとFir Tree Partnersが含まれていました。

2014年に立ち上げられた米国を拠点とするGroup360は、2019年にAccor、Hilton、IHG、Marriott Internationalから5,000万ドルの投資を受けました。

同社は、GroupSynchプラットフォームを介して、ホテルの部屋と会議スペースの空室状況と即時予約を提供しています。また、自社ブランドの予約エンジンを介してホテルに同じ機能を提供します。Groups360によると、最新の投資はEMEAおよびAPAC地域全体でのさらなる拡大に向けられます。最近、Omni Hotels & Resorts, TFE Hotels and Premier Inn.と契約を結びました。

Groups360のCEOであるKemp Gallineauは、次のように述べています。

今週初めに発表されたAmadeusのレポートによると、グループ旅行は増加しており、2021年と2020年にはすでに“オンザブック”の事前OCC率がパフォーマンスを上回っています。

(4/7 https://www.phocuswire.com/Groups360-group-travel-35M-funding?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 

  • T&AマーケットプレイスCivitatis

ツアーやアクティビティのマーケットプレイスであるCivitatisは、プライベートエクイティ企業Vitruvian Partnersとの合意により、約1億ユーロの投資を受けることになった。スペインに本拠を置く同社は、"成長パートナーシップ "を通じて、ヨーロッパの他の地域やラテンアメリカでの拡大を加速させたいとしている。Vitruvianは、これまで全株式を保有していたCivitatis社の創業者兼CEOのAlberto Gutierrez Pascualとともに、同社に投資している。

Gutierrezは、「もし投資家を迎えるなら、Civitatisを次のレベルに引き上げる手助けをしてくれる最高の投資家でなければならないでしょう。Vitruvian Partnersは、高成長企業に特化した国際的なプライベートエクイティファンドの代表格で、世界をリードするテクノロジープラットフォームと提携した優れた実績を有しています」と語る。

Vitruvian Partners のパートナーである Sophie Bower-Straziota は、さらに付け加えます。「Civitatisは、約15年にわたる深い専門知識に基づいて、それぞれの目的地に最適なガイドをキュレーションし、高品質でアクセスしやすく、信頼できる観光ガイドツアーのプラットフォームを提供しています。我々は、消費者向けインターネットや旅行業界における創業者主導の企業との豊富な経験から、シビタティスが国際的な成長をさらに加速させ、世界有数の観光体験プラットフォームとしての地位を強化する素晴らしい機会を得たと確信しています」と述べています。Vitruvianは、過去にTravel CounsellorsやSkyscannerを支援したほか、2019年にはSykes Holiday Cottagesの株式の過半数を取得するなど、旅行会社に対する投資実績があります。

(4/7 https://www.phocuswire.com/Civitatis-Vitruvian-Partners-investment?oly_enc_id=7798E1381467C7B  )

印刷用ファイル