top of page

海外事情 2022年  6月  13日号

日本人海外旅行需要と訪日観光旅行市場の“戻りが遅い”ようだ。

 

政府は、6月から、日本人の海外旅行について「注意喚起:レベル1」に26カ国を、「不要不急の渡航中止:レベル2」に16カ国をそれぞれ追加した。このレベル1への緩和に対応して、旅行会社は早速パッケージツアーの販売をおよそ2年ぶりに再開した。

訪日外国人の入国者数の上限については、日本人の帰国者と合わせて、今までの1日あたり1万人から2万人に緩和し、「青色ゾーン」の国と地域の計98 カ国からの入国者の到着時PCR検査と待機3日間を撤廃した。そして6月10日から、感染リスクの少ない国と地域からの添乗員付きパッケージツアーの入国受け入れを再開した。

1日当たり2万人の上限では、本格的な訪日外国人需要の回復は全く期待できない。平時の1日当たり平均入国者数は14万人であり、2万人はたったのその15%程度にしかならない。旅行業界は、一層の規制緩和を要請しているが。政府の動きは鈍い。自民党は、7月の参議院選挙を一番に気にしているのだろうか・・・。

 

規制が緩和されても、旅行サプライヤーの供給能力、円安、世界マクロ経済の行方、グローバリゼーションの陰り、地域的戦争の勃発、バーチャル会議の法人旅行への影響、中国ゼロコロナ政策の継続、ゼノフォビアの台頭(特にアジア人に対する暴力)・・・などの需要回復に対するネガティブな要因が幾つも散見される。

 

需要回復が遅れ、そして政府の雇用調整助成金などの特例措置が9月で終われば、観光産業に携わる企業の倒産が増加するとの味方もある。特にリアルの旅行業者は、観光庁の「主要旅行業者の旅行取扱状況速報 2022年4月」によると、2019年4月と比較し取扱高がマイナス71%と未だに潰滅的な打撃(減収)を受け続けている。店舗を大幅に削減、紙のパンフレットによるパッケージツアーの販売をほとんど止めてしまった。そして旅行以外の“ソリューションビジネス”の拡大に積極的だ。

・・・となると、リアル旅行会社の取扱高は、ダイナミックパッケージへの移行もあろうが、今後の伸びは期待できないどころか減少するかもしれない。

・・・となるとOTAの市場シェアが拡大すると言うことになるのだろうか。

 

現時点で予想するに、つまるところ、日本人海外旅行と訪日外国人旅行のパンデミック前のレベル(日本人アウトバウンド2,000万人、外国人インバウンド3,100万人 = 1日当たり14万人)に復帰するのは、3年後の大阪万博が開催される2025年になるとの見方に収斂するようだ。

(編集人)

目 次

1.  (TJ) 旅行会社と消費者に対するサイバー攻撃

2.  (TJ) 需要回復、旅行広告主の支出増加                                       今週4位

    (TJ) = トラベルジャーナル 7月11日号 参照ください

 

3.    Phocuswright Europe 2022、持続可能性がスポットライト      今週2位

4. クッキー無し旅行の戦術的アプローチ

5. 新興企業の舞台:ウエルネストラベルBasubu

6. Hopper、サードパーティ予約に保険提供                                    今週1位

7. 出張規定、LGBTQ+出張者を失念

8. VIDEO: マルチモーダルの複雑さを克服                                       今週3位

9. 旅行産業、Web3でマーケティング可能性模索

10. ソンダー、成長抑制とレイオフ

11. 気候変動:決して自己満足せず楽観的になれ                              今週5位

12. 6月6日の週の資金調達記事

3.   Phocuswright Europe 2022、持続可能性がスポットライト

より持続可能な旅行業界への道のりには時間がかかり、目的地(そのようなものが存在する場合)では、道路のさらに多くの角や段差をナビゲートする必要がある。 しかし、勢いが正しい方向に進んでいることは間違いない。このトピックに関する業界で最も著名な招集機関であるTravalyst Coalitionが、「人と場所の両方を保護する方法で、すべての人が私たちの世界を探索するのを支援する。そして、これからの世代のために目的地と地域社会の前向きな未来を確保する」」と定義するものに近づいている。

実際、炭素排出量、再生可能エネルギー、過密状態、地域コミュニティの支援などのトピックに関連する旅行販売業者やプラットフォームによる取り組みは、ここ数年で加速している。

昨年秋、Travalyst Coalitionの創設パートナーであるBooking.comは、指定された持続可能性のしきい値(thresholds)を満たしたプロパティに“Travel Sustainable”バッジを授与し、消費者がそれらのプロパティを簡単に見つけられるようにプラットフォームにフィルターを追加した。昨年9月に連合に加わったGoogleは、ホテルに同様のエコ認証バッジを追加し、Google Flightsの検索結果に炭酸ガス放出の推定値を表示する。また、Skyscannerとともに、すべてのTravalystメンバーが採用 する炭酸ガス放出フレームワークの作成を支援した。TUIグループとギリシャ政府とのパートナーシップなど、目的地からのニュースもある。1月に発表され、バンクーバー島の観光組織による目的地管理から社会的企業への移行。 投資の観点から、持続可能なソリューションに焦点を当てたモビリティ企業は、1月のボーイング社からのWisk Aeroの4億5,000万ドルの資金調達、3月のVolocopterの1億7,000万ドルのシリーズEとSkyportsの2,300万ドルの資金調達など、巨額の資本をもたらした。

また、マイクロモビリティ企業も投資を呼び込んでいる。たとえば、フランスの共有自転車プラットフォームFifteenが3月に4,000万ユーロを調達し、アムステルダムを拠点とするDottが2月にシリーズBに7,000万ドルを追加した。 では、持続可能な旅行および観光産業へのこの道に沿った次のマイルストーンは何か?環境とコミュニティにより良い影響を与えるものなのか?

6月27日から29日にアムステルダムで開催されるPhocuswright Europe 2022で、先導する人々の声を聞くことができる。センターステージに関するパネルディスカッションでは、TravalystのエグゼクティブディレクターであるSally Davey、Booking.comの持続可能性責任者Danielle D'Silva、Googleの旅行持続可能性責任者、グローバルパートナーシップ、Sebnem Erzanと、Byway Travelの創設者兼CEO Cat Jonesが、影響力のある変化の機会が見られる場所や、障害がまだ残っている場所など、どのように業界は進歩を続けることができるかを議論する。

今すぐイベントに登録するには、ここをクリックしてください

(6/6 https://www.phocuswire.com/phocuswright-europe-2022-sustainability-in-the-spotlight )

4.   クッキー無し旅行の戦術的アプローチ

クッキーのない世界がすぐそこにある。2023年までに、Google Chromeはサードパーティのクッキーをサポートしなくなり、ホテルのマーケターは準備する必要がある。 このシリーズのパート1とパート2では、クッキーの構造と、マーケターがデータの3つの柱を収集して、旅行者を効果的にターゲットにする方法について説明した。ハッシュメール、ファーストパーティクッキー、過去の予約データの3つである。しかし、戦術を身につける時が来た。この記事では、マーケターがそのデータを使用して、旅行者とのより良い関係を構築し、直接予約から収益源を獲得できるマルチチャネルキャンペーンを展開する方法について詳しく説明する。マーケターは、クッキーレスキャンペーンを作成するために矢筒にいくつかのツールと戦術を必要とする。リアルタイムおよび履歴データ、機械学習ツール、マルチチャネルマーケティング戦略が成功の秘訣であり、すべてが自社データにかかっている。

まず、自社データとホテルのマーケターがその情報を取得する方法を簡単に更新しょう。ハッシュ化された電子メールは、サイト間で追跡できる匿名化された電子メールアドレスIDである。ホテルのマーケターは、顧客に電子メールアドレスを提供するようにインセンティブを与え、それらをハッシュIDに変換し、それらのIDを使用してカスタマージャーニー全体で顧客に売り込むことができる。

ファーストパーティのクッキー IDは、言語の好みやアクティビティなど、ホテルのWebサイト上の旅行者に関する情報を収集する。これらのIDをマーケティングパートナーと共有して、オンサイトアクティビティをハッシュされた電子メールIDと照合することができます。過去の滞在や予約したアメニティなどの過去の予約データは、オンラインとオフラインの両方のアクティビティを組み合わせて、より完全な旅行者プロファイルを作成する。

ホテルのマーケターは、さまざまなチャネルでこれら3つのデータセットをアクティブ化して、適切な場所と時間に旅行者にリーチできる。これが、クッキーなしの直接予約をキャプチャするための戦術的なアプローチである。

ターゲティングの基礎を築く

Laying the targeting groundwork

マルチチャネルキャンペーンを成功させるための最初のステップは、適切なアドレス可能でコンテキストに応じたターゲティング戦術が実施されていることを確認することである。アドレス可能なターゲティングとは、ホテルのオーディエンスにいる人々をターゲティングすることである。彼らはまだ匿名ユーザーかもしれないが、マーケターは彼らについて何か知っている。たとえば、ホテルのマーケターは、スパでフェイシャルを予約したことがある旅行者をターゲットに変更できる。サードパーティのクッキーがなくなると、マーケターはアドレス可能なターゲティング戦術を変更する必要がある。そこで、ハッシュ化された電子メール、ファーストパーティのクッキー ID、および過去の予約データが重要になる。これらのデータの3つの柱は、クッキーがなくなった後もアドレス可能なターゲティングを継続できるようにするものである。

アドレス可能な広告がダイヤルされると、マーケターはチャネル全体にコンテンツターゲットの取り組みを拡大して、潜在的な旅行者の共感を呼ぶ適切な広告を配信できる。 コンテンツターゲットは、ユーザーが表示しているページのカテゴリまたはキーワードを調べ、広告サーバーはサイトのコンテンツとの関連性が高い広告を配信する。たとえば、誰かがフィレンツェで観光のアイデアを探している場合、彼らはイタリアを訪問することに興味がある。その情報を使用して、マーケターはホテル滞在に関連する広告を配信して、検索に役立てることができる。

テクノロジー、パートナー、チャネルツールボックス

The technology, partner and channel toolbox

コンテキストプログラマティック広告、検索エンジンマーケティング(SEM)、コネクテッドTV(CTV)、ソーシャルメディア、メタサーチは、将来、旅行マーケターのクッキーなしの需要を促進する。

メタサーチは、自社データを収集して直接予約を促進するための最も効果的な方法の1つです。Trivago、Kayak、Skyscanner、Tripadvisor、Google Hotel Adsなどのメタ検索サイトは、複数の予約チャネルからの料金を統合する。旅行者は、1つのビューで希望の日付をリアルタイムでホテルの価格を検索できる。購入への道は、ホテルのWebサイトに直接アクセスできる。コンテキストプログラマティック広告は、宣伝されたメッセージを関連コンテンツに自動的に一致させるが、CTV広告は、ホテル経営者が大画面で非常にエンゲージメントの高い環境で潜在的な旅行者とつながることを可能にする。

さらに、Google FLOCなど、共通の関心に基づいたIDフリーのターゲティングをサポートする新しい機械学習ツールが現在テストされている。多くの場合、パートナーはこれらの新しいソリューションに早期にアクセスでき、これらのパートナーと協力することで、ホテルのマーケティング担当者は競争に勝ち抜くことができる。ホテルのマーケターがどちらのチャネルを選択しても、データはすべてのツールを支える。ホテル経営者は、適切な自社データを収集し、メタサーチや機械学習モデルなどの適切なツールや戦術と併用することで、チャネル間で旅行者のプロファイルをつなぎ合わせることができる。そこから、直接予約を後押しする、関連性のあるサードパーティのクッキーフリー広告を配信できる。

著者:Kurt Weinsheimerは、Sojernのチーフソリューションオフィサー。

(6/7 https://www.phocuswire.com/third-party-クッキーs-to-first-party-data?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

5.   新興企業の舞台:ウエルネストラベルBasubu

Basubuの創設者は、パンデミックの結果として、ヨガ、瞑想、絵画、料理、ハイキングなどのウェルネス体験を中心に構築された旅行の需要が高まっていることに気づいたと言う。 このサイトは2021年9月に立ち上げられ、北アメリカ、中央アメリカ、ヨーロッパ、アジア周辺の何百ものリトリートの情報と予約を提供している。私たちは、アクティビティ旅行を予約するための頼りになるブランドを構築している。ヨガとウェルネスは出発点にすぎない。私たちは人々が完璧なリトリート(retreat保養する場所)を見つけるのを助け、主催者が彼らのリトリートをより多くの聴衆に売り込むのを助ける。これはすべて、当社のWebサイトであるオンラインマーケットプレイスを通じて行われる。

Basubuの共同創設者は、パンデミックの結果としてウェルネス関連の休暇の需要に気づいた。このチームは、ウェブサイトの基本的なプロトタイプを使用してアイデアを徹底的にテストするために2か月を費やし、最初はわずか15回のリトリートから始めた。このアイデアをサポートするためにGoogle広告を掲載したことで、このウェブサイトはリトリートホストの予約で10,000ポンド以上を生み出した。これにより、このスペースには素晴らしい機会があったことが非常に明確になり、チームは長期的にアイデアにコミットすることを確信した。Basubuの最初の予約はわずか数日で発生し、£1,500の価値があった。この高額な購入は、将来の大きな可能性を示すBasubuの信頼のレベルがあったことを示した。ホストが私たちを通して予約を確保すると、私たちはコミッションを受け取る。したがって、私たちの利益は彼らの利益と一致している。

(6/7 https://www.phocuswire.com/startup-stage-basubu-marketplace-wellness-travel?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N  )

6.   Hopper、サードパーティ予約に保険提供

世界で最も忙しい空港の多くは、パンデミックの前から数十万人の旅行者が最初の旅行に向けて準備をしているときに、フライトのキャンセルや欠航で混乱している。先週だけでも、オランダの航空会社KLMは、ヨーロッパからアムステルダムスキポール空港へのフライトを1日一時停止した。一方、ロンドンのヒースロー空港は、翌月の特定の時間に乗客数を3分の1に減らすように航空会社に指示した。ほとんどの乗客は、目的地に比較的ストレスなく行きたいと思っているが、これは現在では珍しいようである。少なくとも、すべてがうまくいかなかった場合にお金を取り戻すことができることを知っている。

旅行会社の多くは、旅行業界の回復への道はスムースに行かない

ことを知っている。

痛みのポイントを軽減する

Alleviating pain points

Hopper の“Standalone Trip Protection”のフィンテック製品を購入すると、旅行者はHopper以外で行われた予約にフライトの中断やキャンセルの保護を追加できる。旅行者が航空会社または他のオンライン旅行代理店を介してフライトを予約すると、保険はHopperアプリを介して購入できる。その後、問題が発生した場合、旅行者はこのアプリに戻ってHopperの“Carrot Cash”クレジットの形で払い戻しを受けるか、別のフライトを予約することができる。これは、旅行が不確実なときに安心感を与える製品やサービスを通じて顧客を獲得し、ブランド認知度を高め、収益を増やすことが賢明な方法であると考えられている。Hopperはまた、アプリで予約したフライト、ホテル、レンタカー向けに提供するフィンテック製品を拡大している。同社は、チェックイン時までのホテルの予約に、さらには返金不可の料金でも、すでにフライトで利用可能な“理由を問わずキャンセル(Cancel for Any Reason)”を追加した。また、Leave for Any Reasonも発表した。これは、ゲストがチェックイン時または滞在中いつでもホテルを離れて、同じカテゴリの別のホテルを予約し、ホッパーが再予約費用を負担できるようにする製品である。また、レンタカー予約の価格変動から旅行者を保護するために、HopperはPrize Freeze製品を拡張して、顧客が最大21日間価格を凍結できるようにする。価格が上昇した場合、Hopperは最大100ドルの差額を支払うが、コストが下がった場合、顧客はより低い価格を支払うことができる。HopperのボスであるFred Lalondeは、「Hopperは、保険会社ではなく旅行会社であり続け、最新の製品は北米で最初の旅行スーパーアプリになるための私たちの旅において重要な役割を果たしている」と付け加えている。

ライバルサークル

Rivals circle

フィンテック製品の魅力はHopperに限ったことではない。企業は新しい収益源と顧客体験を改善する方法を模索している。Amadeusによる最近の調査によると、ほとんどの旅行会社はフィンテックを最優先事項と見なしており、フィンテックと支払いの分野により多くの投資を計画している。たとえば、Airbnbは最近、AirCoverプログラムを拡張して、ゲストとホストをカバーし、Hopperの“Leave for Any Reason”と同様のカバレッジを追加した。

一方、American Express Travelは独自の“何らかの理由でキャンセル”製品を導入したが、Hopperは、モバイルファーストのアプローチや“すべての顧客の問題点に対処するフィンテック製品の完全なスイート”など、さまざまな理由で引き続き際立っている。

「Hopperのユニークな利点の1つは、大量の価格設定と需要を収集したことである。これにより、すべてのフィンテック製品の価格を動的に設定できる。これは、これらすべての製品を消費者に手頃な価格で提供できることを意味する。

さらに、私たちの包括的なマーケットプレイスは私たちのロイヤルティプログラムとペアになっており、ユーザーはさまざまな旅行分野に適用できるすべての予約でキャロットキャッシュを取得できる」とLalondeは言う。ある種の正常性が旅行に戻った場合、これらの種類の製品がどれほど持続可能であるかについては、さらに疑問がある。Lalondeは、混沌とした時期にフィンテック製品の愛着率が高くなることを認めているが、価格の変動や天候、その他の混乱により、旅行関連のストレスが常に発生するため、これらのタイプの製品の必要性は常にある。今後も、顧客が不安を感じると強調している分野に応じて、同社は旅行のさらなる要素にフィンテック製品を拡大していくと語る。「旅行計画プロセスのどの部分で顧客が不安になったのかを顧客に直接尋ねた後、Leave for any Reasonを作成した。お客様の多くは、予約したホテルが期待に応えられないのではないかと不安を感じることが多いとのことだった。今後もお客様からの後退を図り、旅行者が今日の旅行環境で実際に扱っているものを構築していく」とLalondeは言う。

Fintech製品は、同社が構築している直接販売のためとサードパーティのためのバケーションレンタル在庫 Hopper Homesのために向けて準備が進んでいる。

(/6/7 https://www.phocuswire.com/Hopper-fintech-extended-to-more-travel-painpoints?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

7. 出張規定、LGBTQ+出張者を失念

調査によると、出張プログラムの大部分はLGBTQ+の旅行者を考慮に入れていない。Business Travel Show Europeの調査によると、旅行プログラムの66%は、このセグメントを特に考慮しておらず、26%が検討中で、残りの8%は今年にそれを計画している。229人のヨーロッパの旅行マネージャーを対象にしたこの調査では、LGBTQ +コミュニティは、女性一人旅、社会から取り残されたコミュニティ、アクセシビリティの問題を抱える人々と比較して、サービスの提供が最も少ないことが明らかになっている。

BTS Europeは、2022年にLGBTQ+の旅行者にとって最高と最悪の国を評価するTravel Safety Indexを最近作成した、Asher & Lyric Fergussonの調査を指摘している。アフリカ、中東、カリブ海の目的地は最悪であったが、おそらく驚くべきことに、米国はインデックスで24位にすぎなかった。

さらなる調査によると、これらのビジネス旅行者の95%は、安全を守るために旅行中に性的指向を隠しています。BTN GroupのグループエグゼクティブバイスプレジデントであるLouis Magliaroは、「このため、LGBTQ+コミュニティの中に旅行者を抱える企業は、彼らの保護と、彼らの監視下で旅行している毎秒の注意義務の確保に積極的に取り組むことが非常に重要である」と述べている。6月29日から30日までロンドンのExCeLで開催されるBTS Europeは、ショー中に「ビジネス旅行で多様性、公平性、包括性を実現する」というタイトルのマスタークラスを開催している。

このセッションは、Fidelity Internationalのグローバル旅行、イベント、陸上輸送のディレクターであるCarol Fergusと、BCD Travelのアカウント管理および運用担当ゼネラルマネージャー兼バイスプレジデントであるSteve Geneuxがホストしている。今年初めにベルリンで開催されたグローバルビジネストラベルアソシエーションの会議で、Fergusは旅行マネージャーとバイヤーに、データによるギャップがあることを証明するのを待つのではなく、ダイバーシティとインクルージョンのポリシーに取り組み始めるよう促した。

(6/8  https://www.phocuswire.com/business-travel-program-LGBTQplus?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

8. VIDEO: マルチモーダルの複雑さを克服

COVID-19のパンデミックは、人々がモバイルデバイスをどのように操作するかなど、さまざまな方法で消費者の行動を変えた。マルチモーダル輸送プラットフォームOmioの場合、共同創設者のNaren Shaamは、危機によってモバイルへの大幅な移行が見られ、予約の80%以上がチャネルを経由していると述べている。消費者の好みが変わったにもかかわらず、陸上輸送市場のほとんどはまだオフラインであると彼は言う。データは標準化されておらず、バスや電車などの交通手段を接続するバックエンドシステムも無い。それに加えて、一部の事業者は十分に進んでいないか、デジタル化の取り組みを望まない、とShaamは言う。PhocusWire Pulse:陸上輸送のグリーンライトの中で話すShaamは、多くのオペレーターが過去に立ち往生している理由と、規制当局、つまりヨーロッパでデジタルトランスフォーメーションを困難にしている理由を説明する。彼はまた、Omioがヨーロッパで持続可能な旅行を推進しなければならない機会と、業界が持続可能性の取り組みにおいて競争力のある方法ではなく製品中心の方法で団結する必要がある理由についても説明する。

以下のPhocusWireのJill Menzeとの完全なインタビューをご覧ください。

(6/27 https://www.phocuswire.com/overcoming-the-complexities-of-multimodal-travel?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

9. 旅行産業、Web3でマーケティング可能性模索

TravelTech Show (TTS)の調査によると、旅行業界の専門家はマーケティングツールとしてweb3への投資を計画しており、74%がマーケティングキャンペーンでweb3の可能性を認識しており、残りは未定である。

74%をさらに細かく分類すると、36%が人工知能とそれを旅行の販売にどのように使用できるかに特に関心があり、14%が同じ理由でメタバースに関心があり、2%がNFTに関心があることがわかる。回答者はまた、魔法の杖が与えられ、時間とリソースが利用可能である場合にどのテクノロジーに投資するかを尋ねられた。AIが最上位になり、アプリケーションの予約と自動化が続く。

Facebookの所有者であるMetaは、6月29日と30日のTTSでのセッション中に、ソーシャルメディアアプリケーションと旅行のコンテキストでのバーチャルリアリティについて話し合う。Northstar Travel GroupのイベントマネージャーであるRyan Taylorは、「特に、AIや機械学習によって超個別化されたコンテンツが提供され、メタバースによってデジタルに精通した若い視聴者にリーチできる可能性があるため、Web3について、そしてブランドが消費者にアプローチする方法をいかに変えるかについて多くの議論がなされている」と述べている。一方、TTSは、最大200万ポンドの資金を集めた4年以内の企業を表彰するTrailblazersスタートアップコンペティションのファイナリスト5名も発表した。

最初の審査プロセスでは、16人の応募者が以下の5社に減少した。

Cruisewatch -ドイツのハノーバー出身のスタートアップで、AIを使用して旅行代理店の販売プロセスを一新したいと考えている。そのデータ駆動型テクノロジーは、コンサルティングプロセスを簡素化し、インテリジェントなソリューションを見つけ、販売プロセスをデジタル化する。

Cluecation - セルフガイド旅行のゲーミフィケーションを専門とする英国を拠点とする会社。このスタートアップは、旅行者が没入型の方法で目的地を探索するのに役立つ体験を作成し、旅行者を彼らが訪れる文化、人々、場所と結び付ける。

Octopus Travel Matrix - ツアーオペレーターが人員、諸経費、ストレスを増やすことなく成長するのに役立つ。同社の自動化ツールは、オペレーターが効率を高めるのに役立つだけでなく、顧客にサービスをアップセルするのにも役立つ。

Travel Ledger - 旅行のバイヤーとサプライヤーの間で簡単かつ安全な支払いを可能にする電子請求書および送金システムである。同社は、現在の請求、調整、決済のプロセスを置き換えて、航空以外の旅行サービスの取引を迅速かつ安価に行えるようにしたいと考えている。

TripMatrix - 旅行商品やサービスを販売および管理するためのクラウドベースのオールインワン旅行代理店ソフトウェア。旅行代理店、ツアーオペレーター、目的地管理会社は、TripMatrixを使用して日常業務を管理している。

TTSは、6月29日から30日までExCeLロンドンでビジネストラベルショーヨーロッパと一緒に開催される。

(6/9 https://www.phocuswire.com/traveltech-show-web3-investment?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 10. ソンダー、成長抑制とレイオフ

短期宿泊施設プロバイダーのSonder Holdingsは今週、キャッシュフローを増やすためのリストラの一環として、企業従業員の21%と最前線のスタッフの7%を解雇したと同社は木曜日に発表した。Sonderの今後の成長は、主に、すでに契約を結んでいるユニットを、すでに運営している国で開設することによって推進されると幹部は語った。木曜日の電話会議で会社の幹部は、出張を含む旅行の傾向について楽観的で自信を持っており、夏以降の需要の大幅な伸びを予想していると述べた。「本日発表することは、今後数四半期に入る旅行市場への熱意とは何の関係はない」と、Sondar社長兼CFOのSanjay Bankerは述べている。Sonderの共同創設者兼CEOであるFrancis Davidsonは、リストラの決定を金融市場への反応として位置づけた。「市場のダイナミクスは、成長志向の市場からキャッシュフローの積極性を優先する市場へと明らかにシフトした」と彼は述べた。

影響を受けた従業員は今週、一時解雇の通知を受け、同社は「退職した従業員が新しい役割に移行するのを支援するために、退職、給付の継続、その他のサポートを提供する」と述べた。Davidsonによると、“主に”解雇された最前線のスタッフには、ソンダーのコンタクトセンターで働き、ユニットの開設に関連する役割を担っている人員が含まれていた。「私たちにとって、非常に高いサービス水準を提供できることが重要である」と彼は言った。米国証券取引委員会に提出したSonderによると、同社の最高技術責任者であるSatyen Pandyaは6月8日に辞任した。Sonderは、3月末に7,700のライブユニットを予約可能にし、さらに11,600のライブユニットをオープンする契約を結んでいると語った。同社は、これを行うために多額の投資を必要としない分野でのみさらに拡大することを示しており、そのため、現在事業を行っていない国への参入を計画していない。DavidsonとBankerは、同社のビジネスと旅行の需要は引き続き強いと述べた。Sonderは、利用可能な部屋あたりの第2四半期の収益を約160ドルと予測している。これは、第1四半期の117ドルから、2021年の第2四半期の100ドルから増加する。また、第2四半期の収益は前年比で約140%増加すると予測している。通年の収益は2021年から約100%から110%増加する。Sonderは2023年にプラスのキャッシュフローを達成することを期待しているが、それ以上の詳細は言及していない。今年初めのソンダーは、特別目的買収会社との合併により公開された。*この記事はもともとBusinessTravelNewsに掲載された。

(6/10 https://www.phocuswire.com/sonder-restructuring-includes-layoffs-growth-limits?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

11. 気候変動:決して自己満足せず楽観的になれ

毎年6月は世界環境の日の月だ。個々の行動はとても重要である(植樹、公園の掃除、地元産品の購入、そしてあなたの価値観と一致する投票に感謝する)。しかし、私たちはさらに進んで、根本的で体系的な変化を共同で提唱する必要がある。そして、旅行業界は重要な役割を果たしている。

温室効果ガス(GHG)排出量の削減には、化石燃料の大幅な削減、低排出エネルギー源の導入、代替エネルギーキャリアへの切り替え、エネルギー効率と節約などの大きな移行が必要だ。私たちはこれを行うことができる - これは空想科学小説ではない - これらの技術は今日存在している。

正味ゼロのCO2排出量を達成することは困難だが可能である。過去10年間のGHG排出量は過去10年間よりも多かったが、2009年から2019年までの成長率は2000年から2009年までの成長率よりも低かった。それが希望の兆しである。私たちは進歩しているが、もっと速く行く必要がある。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、世界が地球温暖化を1.5℃に制限する軌道に乗っていないことを警告しているが、2025年までにピーク排出量、2030年までに半排出量、2050年までに純ゼロという目標を達成するために必要なツールがある。希望があり、このグラフはその理由を示している。再生可能エネルギーの単価は下がり、その使用量は増え続けている。電気自動車のバッテリー、太陽光、風力の価格が下がるにつれて、それらの使用量は増え続けている。これは、低炭素技術が化石燃料とコスト競争力があることを証明している。

議論をやめ、投資を始めよう。社会のすべての人に公平な結果をもたらすことができる低炭素経済に移行する時が来た。経済成長の活性化、不平等の削減、食料安全保障の向上、エネルギーコストの制限、6,500万人の低炭素雇用の創出、70万人の大気汚染による死亡の防止など、経済の発展には多くのメリットがある。炭素価格、政策インセンティブ、市場ベースのメカニズム、排出権取引スキーム、高整合性カーボンオフセット、自然ベースおよび技術ベースのカーボンクレジット、研究開発、能力開発、セクター固有のプログラムなど、すべてを並行して追跡する。私たちは旅行のために何をするか?すべてのセクターは、独自の脱炭素経路をたどる。私たちのセクターを根本的に進化させるために、IPCCは運輸セクターの排出量について次のことを推奨している。

·         エネルギー効率の高い輸送モードに移行する需要重視の介入

·         低排出電力を動力源とする電気自動車

·         持続可能なバイオ燃料と合成燃料は、航空と輸送を脱炭素化することができる。世界中の政府が持続可能な航空燃料(SAF)を推進している。英国では、これには政策介入と技術資金が含まれるが、米国では、これは税制上の優遇措置とエグゼクティブSAFグランドチャレンジを意味する

·         共同のメリットには、“大気質の改善、健康上のメリット、輸送サービスへの公平なアクセス、混雑の緩和、資材需要の削減」が含まれる。

利点は、すべての住民にとってより健康的でクリーンな惑星である。放置は壊滅的だ。専制政権ではなく、多様な供給源から得られる低コストのエネルギーで根本的に変革された未来をまとめて選ぼう。

著者:Nora Lovell Marchantは、 Amex GBT持続可能性担当副社長。

(6/10 https://www.phocuswire.com/be-optimistic-but-never-complacent-about-climate-change?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

スクリーンショット 2022-06-11 8.17.27.png

12. 6月6日の週の資金調達記事

  • 宿泊客エクスペリエンス Duve

ホテルやバケーションレンタルにゲストエクスペリエンステクノロジーを提供するテルアビブを拠点とする企業であるDuveは、シリーズAの資金で1,000万ドルを調達した。投資はXT Hi-Techが主導し、Duveの既存の投資家が参加している。2016年にWishboxという名前で設立された同社は、総額1,400万ドルを調達した。Duveは、ホテル経営者や不動産管理者が自動化されたカスタマイズされたゲストエクスペリエンスを作成するために使用するホワイトラベルのプラットフォームを提供する。これには、WhatsApp、電子メールなどを介してパーソナライズされたオンラインチェックインフロー、ゲストの母国語の関連コンテンツに合わせて調整されたアプリ、パーソナライズされたアップセルオファー、メッセージングが含まれる。同社によれば、現在64か国以上で1,000以上の物件にサービスを提供しており、その資金を使って成長を促進する予定である。 Duveのプラットフォームは、資産管理システム、チャネルマネージャー、デジタルキープロバイダーなどの120を超えるパートナーと統合されている。

(6/6 https://www.phocuswire.com/guest-experience-platform-duve-raises-10-million?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 

  • グローバル鉄道流通 Save A Train

イスラエルを拠点とする鉄道流通会社であるSave A Trainは、世界的な自動車サプライヤーであるGotec Groupからの投資を確保した。Save A Trainは投資額を開示していないが、2016年の設立以来750万ドルを調達したと述べている。同社はB2Bパートナーに鉄道コンテンツを提供しており、現在、世界の旅行会社上位10社のうち7社と契約を結んでいる。Kayakは、CEO のUdi Sharirが指名する唯一の会社である。このシステムに統合されている鉄道事業者には、Eurostar, Trenitalia, SNCF, Thalysなどがある。

Save A Trainは、そのシステムが「グローバルな列車発券のバックボーンとして機能し、この複雑で見過ごされているモビリティ分野の多くの問題を解決する」と述べている。Save A Trainは、この投資を、人員を増やし、鉄道流通におけるプレゼンスを拡大するために使用すると述べている。先月、Tripstack共同創設者John BoguslawskiがSave A Trainの取締役会に就任した。 Tripstackは、Save A Trainのクライアントの1社である。

(6/8 https://www.phocuswire.com/global-rail-distributor-save-a-train-gains-strategic-investment?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • 自律運転テック Minieye

自動運転技術のスペシャリストであるMinieyeは、シリーズDの資金調達ラウンドを補充し、合計で1億2,000万ドルを超えた。中国を拠点とする企業への投資はCathay Capitalが主導し、Jinning FundとShenwan Hongyuanも参加した。この発表は、同社が2月にシリーズD2ラウンドを発表した後に行われ、このファンドは「インテリジェントドライビングの国内大量生産」における地位を高め、テクノロジースタックをさらに発展させると述べている。

Minieyeの創設者兼CEOであるLiu Guoqingは、「自律走行産業は、政策や市場などの総合的な要因によって継続的に発展している。今回のDラウンドファイナンスの完了は、業界の将来性に対する投資家の楽観的な見方を反映しているだけでなく、Minieyeの最先端技術、コアチーム、開発戦略、成長性などの総合力が高く評価された結果であると言える」と述べている。

Minieyeは、 May Mobility、 Momenta、Wayve、42dotなどの多くの自動運転技術企業に加わり、これらの企業は拡大と拡大を目指して、ここ数か月で多額の投資を集めている。旅行業界も、観光業における自動運転車の可能性を模索し始めています。最近のPhocusWirePulse:Green Light for Ground Transportationイベントで、AutouraのCEOであるAlex Bainbridgeは、自動運転車の展開がツアーとアクティビティセグメントの次のフロンティアになる方法について話した。

(6/9 https://www.phocuswire.com/Minieye-autonomous-driving-tech-funding?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 

  • 旅行新興企業 SkySquad

旅行のスタートアップSkySquadは、空港支援プラットフォームのために100万ドルのシード資金を調達した。Elevate Capitalがラウンドを主導し、TEDCO、Citrine Angels、1219 Capital、その他のエンジェル投資家が参加した。

バージニア州に本社を置くSkySquadは、家族、高齢者、英語を話さない人、または空港内を移動する際に助けを求めている人を支援する。

このサービスを利用すると、旅行者はアシスタントを予約して荷物を運び、車のドアから飛行機のドアに入るまで、またはその逆に空港内を案内することができる。すべてのSkySquadアシスタントは、TSAによって身元調査を受けており、セキュリティを通じて旅行者に同行することができる。2019年に設立された同社は、子供たちと国を越えて旅行するのに苦労した後、2012年にNanny in the Cloudsと呼ばれたアイデアの創設者兼CEOのJulie Melnickから生まれた。「旅行業界ではSkySquadの旅行アシスタントが非常に必要であり、顧客からの強い需要がある。2019年12月以来、16,000を超える顧客に旅行支援を提供してきた。そして、過去12か月の間に、70倍の非常に急速な成長を経験した」とMelnickは言う。この資金で、スタートアップはマーケティングと運用の取り組みを拡大し、2023年までに7つの空港から全米で合計10の空港に拡大することを計画している。

SkySquadは現在、ボルチモア/ワシントン国際空港、シンシナティ/ノーザンケンタッキー空港、フォートローダーデール-ハリウッド国際空港、フィラデルフィア国際空港、ロナルドレーガンワシントンナショナル空港、ソルトレイクシティ国際空港、ワシントンダレス国際空港で利用可能。

(6/10 https://www.phocuswire.com/skysquad-secures-1M-to-help-travelers-navigate-the-airport?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

 

+++++

印刷用ファイル

bottom of page