top of page

海外事情 2022年  6月  20日号

大手旅行会社 (TTA) の決算が発表された。JTB, NTAの2社が最終損益で黒字計上に復帰した。KNT-CTホールディングスは、400億円の第三者割当増資により債務超過を解消した。海外旅行販売中心のHISは、それだけパンデミックによる大きな減収インパクトを受けて、2期連続で大幅欠損(2021年度は5千億円)を計上した。観光庁の「主要旅行業者の旅行取扱状況 4月速報」によれば、国内旅行の総取扱額は対 2019 年同月比 46.5%、外国人旅行9.6%、海外旅行7.1%と、取扱高総合計(約1,210億円)では28.9%と低迷が続き、パンデミックの影響が依然として色濃く残っている

 

最終利益を計上したJTBとNTAの2社であっても、揃って営業損失を継続させている。すなわち、大手TTA 4社の全社は、2021年度の決算を見る限り、依然としてパンデミックによる激甚な被害から立ち直っていない。大手TTAは、店舗や社員の大幅な削減に加え、自社ビルを売却(sell and lease)、積極的に「ソリューションビジネス」と呼ばれている非旅客事業収入の増収に励み、事業構造を変革すると言っている。

 

トラベルジャーナル4月25日号「旅行業の勢力図は変わるか」(橋本享一ブルーム・アンド・グロウ代表取締役)は、『店頭店舗での取扱がOTAや直販に取って替わられ・・・大手旅行社の販売力に翳りが見え始めた。・・・コロナ禍が大手旅行業社の大量送客モデルの“終わりの始まり”になりやしないだろうか』と書く。

 

(¥ 100 Million)   出典:各社 決算概要ないし決算短信

 

 

(NTAは1~12月決算、HISは11~10月決算)、2022Eは2022年度見通し

(編集人)

スクリーンショット 2022-06-26 9.35.36.png

目 次

1. (TJ) チョイスホテル、ラディソンGアメリカ買収

2. (TJ) 旅行エクスペリエンス、依然としてLGTB+に課題           閲覧第4位

      トラベルジャーナル 7月11日号参照ください。

 

3.サイロ崩壊と生産性向上、商業戦略遂行方法

4. MY METHOD:ビジットブラジル、米予約 $600万増加方法

5. ジェットブルー、旅行予約にPeekとVacasa追加

6. 旅行SPAC衰退                                                                閲覧第1位

7. より多くの旅行新興企業、NFTゲーム参加

8. エアビー、一人旅に新安全機能追加

9. Holisto、SPAC上場模索

10. セーバーのホスピタリティソリューション

11. SITA、垂直離着陸空港の位置情報テック                           閲覧第2位

12. VIDEO: デジタル・データ・流通、鉄道の成長を加速           閲覧第5位

13. 安全な旅行販売するための心理学の応用

14. WTTC、目的地ガイドライン作成

15. Mondee、SPAC、ギグエコノミー、Z世代について語る      閲覧第3位

16. 新興企業の舞台: 中小企業旅行管理会社テックTripStax

17. 旅行デジタル広告の進化

18. 6月13日の週の資金調達記事

3. サイロ崩壊と生産性向上、商業戦略遂行方法

パンデミックによってひっくり返されなかった生活やビジネスの領域を特定するように求められた場合、それはほぼ不可能な作業になる。特にホスピタリティセクターと収益管理は危機によって大きな打撃を受けた。今日でも、ますます多くの市場で需要が戻ってきているが課題は残っている。しかし、適切なツールと戦略が手元にあれば、それらを克服し、回復中およびそれ以降に新しい収益源を活用することができる。

まったく新しい競争環境に取り組む

Grappling with an all-new competitive landscape

COVID-19の出現とその後の封鎖により、過去のデータはある日から次の日まで比較的時代遅れになった。確立された需要と予約のパターンは使い物にならなくなり、競争環境は大きく変化した。一時解雇とダウンサイジングにより、無数の変更に対処するために残されたスタッフは減少した。しかし、需要が再び伸びても、厳しい状況が続いている。YES、市場が再開するにつれて需要の増加が見られるのは朗報だ。しかし、ホテル経営者の32.5%が彼らのプロパティは人員不足であると言っている。商業チームは以前よりもスリムで、彼らは、やるべきことを多く持っている。同時に、競争はかつてないほど激しくなっているため、商業部門は警戒を怠らず迅速に対応する必要がある。残念ながら、収益、販売、流通、マーケティングの各チームの間に現れたサイロ文化は、共通の目標を特定してそれに向けて取り組むことを困難にすることがよくある。

成功のための商業チームの準備

Setting commercial teams up for success

先に進んで繁栄したいホテル経営者にとって、サイロの考え方はもはや選択肢ではない。代わりに、知識豊富なホテル経営者は、効率性、合理化されたコミュニケーション、コラボレーション、およびライブの将来を見据えた市場および競合他社のデータにアクセスして共有する機能を必要としている。これは、競争の前に収益機会を発見して獲得するための鍵である。膨大な量の関連するリアルタイム情報を収集し、手動のデータ収集に費やす時間を削減できる技術ツールがすでに導入されている。これらは、価格設定と流通を最適化するために必要な洞察を提供する。ただし、決定を下す前に、膨大な量のデータをふるいにかけるにはまだ時間がかかる。また、サイロ精神に従事するチームはこの情報を共有しないことが多いため、さまざまな部門の意思決定が調整されず、全体的な効率にネガティブな影響を及ぼす。しかし今や、この課題を解決し、サイロを解消し、商業チームがより効率的に協力してビジネスの成果を最大化できるようにする簡単な方法がついに実現した。

ビジネスインテリジェンスを統合し、Overviewでサイロを破壊する

Consolidate business intelligence and break down silos with the Overview

Overviewを使用してビジネスインテリジェンスを統合し、サイロを分解するホテル経営者は、サイロ効果とそれが業績に与える悪影響を以前から認識してきた。変化への意欲にもかかわらず、統合されたテクノロジーの欠如は、商業チームがよりうまくコラボレーションすることを妨げる主な要因の1つであった。現在、OTA Insightの新しいOverviewの立ち上げは、すべての商業部門に関連する主要な指標の統合された概説(overview)を提供することにより、この課題を解決する。このすべての情報を1か所にまとめることで、内部コミュニケーションが大幅に改善され、より迅速でデータ主導の意思決定が可能になる。このOverviewを使用すると、ホテル経営者は、今日のペースの速い競争の激しい市場環境でビジネスに対応し、適応し、推進することができる。この単一のプラットフォームにより、初めて、すべての利害関係者がこのすべての情報にリアルタイムでアクセスできるようになった。これには、上級管理職、商業部門、運用部門、および地域のリーダーシップチームが含まれる。Overviewには、OTA Insightのビジネスツールとマーケットインテリジェンスツールの任意の組み合わせからのデータが表示され、不動産/市場のパフォーマンスとKPIの正確なライブスナップショットが提供される。加入者が使用しているツールに応じて、これには、チャネルごとの配信の健全性、価格競争力、イベントと休日、市場の需要(旅の計画時点ファンネル上位の検索データに基づく)、OTBデータと市場、ピックアップ、ADR、および収益が含まれる。これにより、市場、需要、ホテルの位置付けを数秒で深く理解できる。

よりスリムなコマーシャルチームで効率を向上させる

Increase efficiency with leaner commercial teams

Overviewでは、タブ間を前後にクリックしたり、データを手動でレポートに照合したりする必要がなくなる。代わりに、1つの中央ホームページですべてのKPIのインスタントスナップショットを受信できるようになった。これにより、収益、流通、市場パフォーマンスに関する重要な洞察をすばやく簡単に追跡できる。特に、よりスリムなチーム内で作業している場合は、データを手動で処理する時間を節約できるというメリットがある。まず、十分な情報に基づいた商業価格と収益の決定をこれまでになく迅速に行うことができる。アラートフィードを使用すると、最も重要な商業的変化と機会を一目で簡単に監視することで、生産性を高め、1日を常に把握できる。次に、より戦略的な計画と分析に時間を再投資し、新しい商業的アプローチとスタッフのトレーニングを開発できる。最後に、Overviewは、チーム、経営陣、または所有者との会議中に結果を簡潔な形式で提示する場合にも役立つ。繰り返しになるが、データはすでに明確で視覚的に魅力的な形式でレイアウトされているため、レポートの作成にかかる時間を節約できる。

商業部門間のコラボレーションを深める

Deepen collaboration across commercial departments

このOverviewを使用して、チーム全体で重要な洞察を共有することにより、内部コミュニケーションを合理化する。プラットフォームへのアクセスを許可するだけで、全員が全体的なパフォーマンスとKPIのスナップショットを表示できる。ビューは個別にカスタマイズできるため、各チームメンバーは自分の作業に最も関連性のあるデータを選択できる。これは、ある商業部門の決定が他の部門にどのように影響するかについての理解を深めるのに役立つ。その結果、プロモーション、ターゲットを絞ったキャンペーン、料金の変更などについて、より多くの情報に基づいた建設的な部門間ディスカッションが行われる。これにより、チームは共通の目標を効果的に設定して取り組み、その過程で進捗状況を測定できる。データはすぐに改善の余地があるかどうかを示し、コースをすばやく修正するのを簡単にする。 

競争の激しい市場での機会を明らかにする

Uncover opportunities in a fiercely competitive market

多くの市場で回復が本格化しているにもかかわらず、パンデミック前の水準よりも占有率が低いことがよくある。しかし、すべての物件がより早く回復するために可能な限り多くのビジネスを勝ち取りたいと考えているため、競争は通常よりも激しくなっている。その上、需要パターンはまだ2019年のレベルに戻っていない。この状況では、将来を見据えた洞察がなければ、事前に計画を立てて価格設定とプロモーション戦略を設定することは困難だ。理想的には、アベイラビリティとファンネルの上位の検索データを活用する。Overviewは、ホテルが競合他社や市場全体とどのように比較されるかを理解するために、必要な価格設定、可用性、および目標到達プロセスの上位の検索データの詳細なスナップショットを提供する。また、特定の領域を数秒でドリルダウンできるため、需要の最新の変化とそれらがもたらす新しい可能性を常に即座に見つけることができる。新たな機会を分析し、どのように対応するかを決定するときは、これらの洞察をあなたの進むべき道標にしょう。これにより、需要が変化するたびに料金をすばやく調整できる。また、ホテルのポジショニングを最適化し、遅い時間帯に自分の価格を上回らないようにする方が簡単だ。その結果、厳しい市場環境でも収益を増やす、より効果的で洗練された価格戦略を実装することになる。すべての主要な指標が1か所にまとめられているため、価格設定、マーケティング、配置、プロモーションを組み合わせた商業的な意思決定がこれまでになく簡単になった。

まとめ

Summary

小規模なチームがより少ない労力でより多くのことを行うことが求められている現在、効率を最大化し、コラボレーションを改善し、チームが可能な限り最良の決定を下せるようにするツールに信頼を置くことが重要である。時間を節約し、データをさらに活用したい場合は、Overviewを使用して、今が行動を起こすときだ。Overviewを使用すると、あなたとあなたのチームは、これまで以上に効果的に主要な商業的決定を簡単に計画、監視、実行できるようになる。

著者:Nadine Böttcherは、OTAInsightの製品イノベーションの責任者。

(6/13 https://www.phocuswire.com/execute-commercial-strategy-break-down-silos-increase-efficiency-with-ota-insight-overview?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

4. MY METHOD:ビジットブラジル、米予約 $600万増加方法

2019年、ブラジルは、ブラジルで2番目に主要な観光客市場である米国からの旅行者に対するビザの要件を正式に終了した。ブラジル国際観光振興庁であるEmbraturは、2023年までにブラジルの観光客数を2倍に増やしたいと考えており、この目標を達成する方法としてビザの必要条件の終了を考えた。

ただし、いくつかの障害が存在した。

  • COVID-19のパンデミックにより、過去2年間にブラジルへの外国人観光客の流入が停滞した。

  • ブラジルと同様のアトラクションを持つ観光地との直接の競争。

  • ブラジルで提供される他の観光名所に関するターゲットオーディエンスの知識の欠如。

ストラテジー

米国がブラジルへの旅行制限を緩和すると、Embraturは、ブラジルが非常に魅力的な目的地であることをアメリカ人に思い出させるキャンペーンを計画し始めた。

  • シンプルで簡単:ビザは必要ない。追加の健康保険に加入する必要ない。ワクチン接種の場合、検疫する必要ない。

  • 安全:ブラジルはCOVID-19に対する主要な衛生対策を採用した。それは観光客が責任ある施設を選ぶのを助けるために観光省から厳格なガイドラインと指標を作成した。

  • 多様性:旅行者が1つの場所でさまざまな体験を探索できるようにする目的地:自然、文化、美食、幸福、ビーチと太陽、冒険など。

  • 実用的で手頃な価格:広範な空中ネットワーク。多様なホテルチェーン。ターゲットオーディエンスにとって有利な為替レート。

キャンペーン

このキャンペーンには、テレビとインターネットの広告、オンラインバナー、タイムズスクエアの看板を含むデジタル屋外メディア、およびフライトの広告が含まれていた。合計で、17の屋外メディアスクリーンと36,000の航空機スクリーン、4つの異なるTVチャンネル、およびFacebook、TikTok、Instagramなどのソーシャルメディアチャンネルを含む10の異なるオンライン車両に広告が掲載された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果

テレビ広告は、1,673回の挿入と14,601,639回の影響を生み出した。これは、作品が一般に視聴された回数の推定値を示すために使用された測定値である。屋外メディアでは、100万回の挿入があり、3800万回以上の影響があった。

インターネット上のコンテンツは、Visit Brazil Webサイトに5,200万回以上のヒット、1,200万回のビデオ再生、12万7千回以上のクリックを記録した。

さらに重要なことに、このキャンペーンにより、米国からブラジルへの予約が570万ドル増加した。昨年11月から4月にかけて実施されたキャンペーンの結果でも、「Visit Brazil」の検索数は、昨年の同時期と比較して78%増加している。北米国民に国が訪問者に開放されていることを補強することを含め、キャンペーンのすべての主な目的を達成したと感じた。ブラジルに入国するためにビザを取得する必要はなくなった。さらに、広告作品は、フォス・ド・イグアスの滝や北東部のビーチなどの主要な観光地や、美食、文化、ブラジルの人々のおもてなしを宣伝した。Embraturはまた、健康安全プロトコルの採用や観光省が発行した「責任ある観光」シールの作成など、市民と訪問者をCovid-19から安全に保つために国内で取られた行動を資料で強化した。

著者:Silvio Nascimentoは、ブラジル国際観光振興庁であるEmbraturの社長。

(6/13 https://www.phocuswire.com/my-method-how-visit-brazil-increased-us-bookings-6m?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

brazil.PNG-3.webp
brazil 2.PNG-2.webp

5. ジェットブルー、旅行予約にPeekとVacasa追加

最初の発売から約15か月で、Paisly by JetBlueは、Peekからの新しいアクティビティの在庫や、Vacasaからのバケーションレンタルを含むアップデートを行なっている。このPaislyサイトでは、顧客のJetBlueのフライト情報を使用して、レンタカー、ホテル、バケーションレンタル、アクティビティの提案をカスタマイズで切る。これらは現在、ロンドンを除くJetBlueが提供するすべての市場で利用できる。同社は、「Paislyが所有するプラットフォームは、シンプルさと使いやすさを中核として構築され、すべてのパートナーとの直接的な統合と関係、カスタマーサービスの管理、デジタルエクスペリエンスの監視、高品質の在庫選択など、成長を続けている」と述べている。

サイトの更新には、パートナーのPeekを介したアクティビティや体験へのアクセスが含まれ、宿泊施設については、4,000を超えるホテルとバケーションレンタルの「独占取引」があると同社は述べている。レンタル在庫は、昨年購入したTurnKeyブランドを通じてVacasaから提供されている。Paislyでのすべての予約は、ユーザーに航空会社のTrueBlueリワードポイントを提供する。 

Paislyプラットフォームは、カスタマーサービスを24時間年中無休に拡張し、ユーザーのJetBlueフライトが変更またはキャンセルされた場合に、宿泊施設、レンタカー、またはアクティビティの予約を変更するための積極的なコミュニケーションを追加した。 

(6/13 https://www.phocuswire.com/jetblue-expands-activity-accommodation-offerings-for-customers?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

6. 旅行SPAC衰退

多数の旅行技術ブランドが特別目的買収会社を介して上場を求めた2021年のSPACの熱狂は、金利の上昇や厳しい規制などの要因により株価が下落し、投資家が後退するにつれて衰退し始めた。昨年4月、Goldman Sachsは、SPACが今後2年間で約1兆ドルの取引を占める可能性があり、約1,290億ドルのSPAC資本が目標を模索していると推定していると述べていた。

Bloombergは、2022年6月になって、投資銀行は、新しい規制当局の責任ガイドラインに従って公開されたほとんどのSPACとの連携を撤回していると報告している。旅行では、評価が急落し、コスト削減策が定着するにつれて、より注目を集めるSPACのいくつかが精査に直面している。

Gores Metropoulos IIとの企業結合によって作成されたSPACを介して1月に公開された短期宿泊施設プロバイダーのSonderは、先週、リストラの一環としてキャッシュフローを増やすために企業従業員の21%と最前線のスタッフの7%を解雇した。サンフランシスコを拠点とするこの会社の株式は、ピーク時から80%以上減少し、現在は1.71ドルになっているが、IPO時の19億ドルの評価額は3億7,200万ドルに減少している。一方、SPACを介して44億ドルの評価で公開されたVacasaは、現在約13億ドルと評価されているが、株式はデビュー以来65%以上下落しており、潜在的に荒波に直面していることを示している。コメントを求められたとき、このバケーションレンタル管理会社のCEOであるMatt Robertsは、同社が4四半期連続で財務ガイダンスを達成または上回り、2022年第1四半期の営業キャッシュフローが6200万ドルに達したことを指して、「業績サイクルの合間にVacasaの業績やガイダンスについてコメントすることはできないが、当社のビジネスモデルの強さに引き続き自信を持っている。4四半期連続で財務ガイダンスを上回り、2022年第1四半期の営業キャッシュフローは6,200万ドルになった」と述べている。

最近のリストラ

市況のためにリストラに直面しているSPACには、共有モビリティおよび大量輸送プロバイダーのSwvlとマイクロモビリティ会社のBirdが含まれる。

2021年11月にSPACを介して公開されたロサンゼルスを拠点とするBirdは、より広範なコスト削減戦略の一環として、今月、既存のチームメンバーの23%を解雇する。「マイクロ電気自動車輸送の必要性とアクセスはかつてないほど高まっているが、すべての人に影響を与えるマクロ経済の傾向は、収益性への道の加速をもたらした。しかし、この道のりには気候変動対策がこれまで以上に重要であるため、現在運営している400以上の都市を超えて、責任を持って持続可能な方法でサービスを拡大できるように、コスト構造を削減する必要があった。重要でないサードパーティの支出をすべて排除することに加えて、残念ながら、新しい産業の創出を熱心に支援し、より環境に優しい輸送への道を開いた多くのチームメンバーを解雇しなければならなくなった」と同社は声明で述べている。以前、COVID-19危機の初期に 従業員の約30%を解雇したBirdは、上場以来90%以上の株価下落を経験しており、現在0.55ドルで取引されている。

4月にSPACを介して公開されたばかりのSwvlの場合、ドバイを拠点とする会社は現在、従業員の32%を解雇することに直面している。最高財務責任者のYoussef Salemは、Swvlは、当初のde-SPAC事業計画による2024年と比較して、今後12か月間でキャッシュフローをプラスにすることを決定し、現在の困難な市場環境における将来の外部資金調達に依存せずに、自身による資金調達を確実にしていく。収益性の加速を達成するために、Swvlは収益性の高いB2BおよびSaaSビジネスを有機的かつ無機的に急速に成長させながら、B2Cビジネスを現在同社の最大のB2C収益貢献および収益性市場であるエジプトとパキスタンに集中させる。スタッフの削減は、主にB2Cルートネットワークと人員のこの最適化の結果である」とSalemは述べている。

ただし、Shotl、Zeelo、Door2Doorを含む最近の買収について、彼は「それらの買収は、当社の収益性の高いB2BおよびSaaSビジネスに実質的な規模と成長をもたらし、成長性、収益性、評価額のすべてにおいて事業に付加価値をもたらす」と述べている。実際、彼は現在の市場がより低い評価で追加の魅力的なM&Aの機会を提供すると信じている。

同社の評価額はIPO時の15億ドルから6億ドルに低下しているものの、マクロとインフレ環境全体は依然として不透明であるが、Swvlにとっては、より手頃な輸送ソリューションに対するライダーの需要が高まるために前向きである。

Selinaの挫折

一方、 2022年上半期にSPACを介して上場を計画していたロンドンを拠点とするホスピタリティ企業Selinaは、第1四半期の決算報告によると、このSPACを2022年第3四半期に延期する。Selinaは2021年12月、ニューヨークに本拠を置くBOA Acquisition Corp.との合併により、Selina Hospitalityとして取引されている同社の価値は約12億ドルになると見込まれていると語っていた。

Selinaは声明の中で、この種の取引には遅れは予想されていることであり、プロセスへの取り組みとこれを可能な限り迅速に終わらせることに何の変化もない」と述べている。

Selinaの共同創設者兼CEOのRafael Museriは、1月にPhocusWireと話し、宿泊施設とゲスト用のワークスペースを提供する同社は、成長戦略と技術投資に向けて2億8,500万ドルの資金調達を見込んでいると語った。Selinaによると、この数字は、PIPEの資金調達に加えて、償還なし(no-redemption)のシナリオに基づいているという。「SPAC市場の変化、一般的なマクロ経済状況、投資家のセンチメントにより、昨年以来、さまざまな取引で償還(redemptions)が大幅に増加している。これらの進展に照らして、当初の予想よりも高い償還が見込まれる。しかし、4月に発表されたように、元本1億4,750万ドルの転換社債を調達することに成功し、SPACの資金調達の問題に対処した。その取引はSPACと同時に終了し、転換社債からの資本は、成長、技術、製品投資計画を実行するために必要な資本を私たちに提供する」とSelinaは言う。

1月、Museriは、SPACの利点は、パートナーを選択できることであると述べた。「それは素晴らしいことだ。ヨーロッパ、ラテンアメリカ、イスラエルから来て米国で成長し、強力な米国のパートナー(ウォール街と不動産環境の専門家)を持つことが、私たちの拡大の大きな部分を占めることを私たちは知っていた。私たちはお互いを補完する。私たちは非常に強力な体験文化をもたらしている」と彼は言った。「不利な点は、過去1年半の間に何らかの理由でそれを批判し、それをちょっとした近道と見なし始めたことだと思う。私は個人的に、社内で1年半の間、すべてのプロセス、優れた公開会社になるために必要なすべての改善に取り組んできたと信じている。SPACでもIPOでも、準備はまったく同じプロセスだ。結局のところ時が教えてくれる。あなたが良い会社であり、良い製品を持っていて、SPACまたはIPOを経験したかどうかにかかわらず、あなたがあなたの予測を満たすつもりなら、市場はそれを高く評価するだろう、それで私は素晴らしい会社を作ることに焦点を合わせている」とMuseriは言った。Selinaによると、COVID-19はビジネスの調整に役立ち、無駄のない環境での運用経験を会社にもたらした。Selinaは現時点で事業を再構築する予定はないが、市場の状況に照らして常にその構造と業績を評価しており、状況が変化した場合に機敏に行動できると述べている。

(6/13 https://www.phocuswire.com/travel-spacs-are-facing-a-reckoning?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

7. より多くの旅行新興企業、NFTゲーム参加

2つの新しい新興企業がどちらも非代替トークン(NFT)を使用して旅行エコシステムのさまざまな側面に対応する自社製品を市場に投入している。 本日ローンチされたPicoNFTは、旅行およびホスピタリティ企業がNFTを作成、販売および宣伝して、ブランドコンテンツを共有し、ロイヤルティを高めることを可能にするプラットフォームだ。 ユタ州ソルトレイクシティを拠点とするPicoNFTは、ブランドがNFTアートワークやマルチメディアを作成して、目的地や体験を紹介できるようにするためのテンプレートを提供している。PicoNFTは、ロイヤルティプログラムと統合することもできるため、ブランドは、外部のサードパーティマーケットプレイスで取引することなく、商品やサービスと引き換えることができる特定のポイント値を持つNFTで顧客に報酬を与えることができる。 同社はまた、ブランドのリーチの拡大を促進するために、Instagramで共有機能を作成している。PicoNFTは現在、旅行およびホスピタリティの顧客向けに招待制のプレビューで利用できる。 

NFT旅行アプリ

Legendsは、ユーザーの写真やその他のデバイスデータをNFTに変換する新しいアプリである。そのNFTは、ユーザー独自の「旅行DNA」になり、旅行履歴を視覚化して、手動でメモを入力したり、訪れた場所を覚えたりすることなく、他の人におすすめや情報を提供するために使用できる。 NFTは、Legendsコミュニティへのユーザーの「メンバーシップ」としても機能し、パートナーからのデジタルおよび物理的なオファーへのアクセスを提供する。

「ソーシャルの未来はカテゴリーに焦点を合わせ、クリエーターを第一に考えている。従来の旅行プラットフォームはサイロ化されており、今日の旅行者ではなくプロバイダー向けに構築されている。私たちは、最高のテクノロジーとコミュニティを組み合わせて、旅行体験を具体的で共有可能で収益性の高い資産にすることで、今日の消費者の旅行を再定義している。今がその時だ」と、Legendsの共同創設者兼CEOであるStephanie Danielは述べる。

ユーザーは互いに情報を共有するため、推奨事項に基づいて行われた予約から金銭的な報酬を得ることができる。 ニューヨークを拠点とするLegendsは、Trip Venturesを含む複数の投資家から資金提供を受けていると述べているが、その金額は明らかにしていない。「Stephanieと Shaina (Shiwarski の共同創設者)は、ソーシャルプラストラベルのリーディングカンパニーになる可能性のある会社を設立したと信じている」と、Trip VenturesのCEOであるCarlos Garciaは述べている。このアプリは現在、招待制であり、iOSで利用できる。

(6/14 https://www.phocuswire.com/more-travel-startups-get-in-nft-game?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

8. エアビー、一人旅に新安全機能追加

Airbnbは、より多くの人々がどこからでも住み、働くことを選択するので、一人旅を安全に保つのに役立つように設計された新製品をローンチする。

Airbnbによると、2021年にプラットフォームで予約されたすべての宿泊の26%は一人旅であり、2022年の第1四半期に長期滞在のために予約された宿泊の50%以上は一人旅であった。

新しい一人旅の機能により、Airbnbは、一人旅が個室または共有ルームの予約をしたときに、特別なアプリ内エクスペリエンスを自動的にアクティブにする。

一人旅の安全の秘訣を紹介するだけでなく、緊急時に安心して信頼できる人とワンクリックで予約の旅程を簡単に共有できる機能だ。共有される旅程には、リストの住所、予約コード、チェックインとチェックアウトの日付が含まれる。

予約が確認されると、Airbnbは自動プロンプトをホストとのメッセージスレッドに送信し、リスティングと周辺地域についての質問を提案する。Airbnbによると、この質問は、経験豊富な一人旅の旅行者が旅の途中で安全に感じるのに役立つ詳細を提供した調査から生じているとのことである。

この機能は当初、英語を話すゲスト向けに展開されており、来年には追加の国と言語をサポートする予定である。また、最終的にはホームのリスト全体を含むように拡張される。「私たちの希望は、この新製品がAirbnbの一人旅の旅行者に、旅行前の質問に答えてもらい、周囲の状況をよりよく理解し、人生の重要な人々にどこにどのくらいの期間いるのかを知らせることで、より多くの情報を得ることができるようになることである」とAirbnbは言う。

Airbnbは、一人旅のニーズを考慮した最初の会社ではない。2020年に立ち上げられたテキサスを拠点とするスタートアップGolightlyは、バケーションレンタルを一覧表示して予約するためのより安全なスペースを提供するように設計された女性向けのプライベート旅行クラブである。同様に、トロントを拠点とするFemmebnb  –  2022年のPhocusWireのHot25 Startupsの1つ – は、最大限の安全性を念頭に置いて構築された女性向けの代替宿泊施設プラットフォームだ。Femmebnbは、AIを利用したデジタルセーフスペースであるHerCommunityも運営しており、女性のホストと旅行者がつながり、友達を見つけ、インタラクティブな旅行ゲームに参加し、リアルタイムでよりスマートに旅行できるようにしている。

一方、旅行のスタートアップGAFFL(Get a Friend for Lifeの略)は、同様旅程の一人旅の旅行者たちを結び付けて、費用と経験を彼らの間で共有させる。

(6/13 https://www.phocuswire.com/airbnb-adds-new-safety-product-for-solo-travelers?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

9. Holisto、SPAC上場模索

オンライン旅行予約プラットフォームHolistoは、特別目的買収会社Moringa Acquisition Corpとの組み合わせによる公開上場を計画している。声明によると、企業結合はホリストを4億500万ドルと評価しており、この取引は2022年の第4四半期に完了する予定である。Holistoは、人工知能を使用して、より手頃な価格でパーソナライズされた旅行を消費者に提供すると述べている。

同社は、GoSplittyやTraveluroなどのさまざまなブランドで運営されている。

Holistoの共同創業者兼CEOであるEran Shustは、「当初から、複数のソースからの提供物を組み合わせる能力によって、増分的なコスト削減とシンプルさを可能にする高度なビッグデータとAI技術を使用して、大規模で断片化した複雑な旅行予約市場を破壊する機会に刺激を受けていた。Moringaとの組み合わせと公開市場へのアクセスにより、Holistoはプラットフォームとインフラを拡張することで技術を積極的に活用し続け、顧客獲得とブランド認知を拡大することができる」と述べている。Moringaの会長兼CEOであるIlan Levinは、次のように付け加えます。「Holistoは、消費者である旅行者の利益のために変革の機が熟している大規模な世界市場において、先進的なテクノロジーソリューションで革新的な取り組みを行っている。Holistoが急速に事業を拡大する中で、私たちの専門知識を活用する機会とパートナーシップを楽しみにしている。

HolistoとMoringa両社の取締役会は、本取引を承認している。

2022年第1四半期に720万ドルの売上高を計上したHolistoは、SPAC経由で上場する旅行会社のリストに加わることになる。

Sonder、Grab、Vacasa、Swvlなど多くの企業がすでに取引されており、American Express Global Business Travel、Selina、OYOなど他の企業はまだ浮遊している。しかし、現在の市場の変動と規制環境の変化は、多くの旅行会社がレイオフを発表し、投資家が撤退することで、SPACブームを鈍化させている。

(6/14 https://www.phocuswire.com/Holisto-plans-ipo-via-spac?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

10. セーバーのホスピタリティソリューション

近年、Sabreの注目はエアーに向けられてきたが、今ではホスピタリティが注目されるようだ。 最近のブリーフィングで、同社の新任社長であるKurt Ekertは、ホスピタリティがもたらす機会と、特に企業旅行においてSabreがそれをどのように活用したいかについて話した。Sabre HospitalityソリューションのシニアバイスプレジデントであるFrank Trampertによると、SabreとGoogleのパートナーシップは、そのホスピタリティテクノロジーの発展に大きな役割を果たす。PhocusWireとの話し合いの中で、Trampertは、現在のホスピタリティテクノロジーの展望、増収ストリームの必要性、およびSabreの市場開発について話し合っている。会話は簡潔にするために編集されている。

Q: Sabreは、2019年にホスピタリティのために属性を販売する(attribute selling)インテリジェントな小売プラットフォームについて話したが、それはどこまで開発されているか? 

Sabre spoke about an intelligent retailing platform with attribute selling for hospitality in 2019, where are you with that? 

私たちが着手したテクノロジーの変革は、小売業界によってもたらされている、パーソナライズされたオファーの提供を要求するという顧客ニーズによって推進されている。Netflix、Amazon、Starbucksのサービスは、現在、ホスピタリティ業界で消費者が期待しているものである。彼らは、同様の体験を期待している ― レセプションで認識され、自分の部屋で好きな飲み物を飲む ― この業界では、分散して断片化され、アプリケーションが単一のプラットフォームではなく独立して構築されており、より深い統合が必要なため、それは実行が困難である。私たちは、そのレベルのパーソナライズを可能にするためにプラットフォームの構築に落ち着いた。これはSalesforceのように考えることができる。これにより、無限の機能を構成でき、カスタマイズを可能にするオープンAPIが得られる。顧客向けにカスタマイズするのではなく、優れた機能を備えたプラットフォームを構築した [そして] 顧客はそのプラットフォームを使用できる。中央予約システム(CRS)では、他の何かを予約する前に、常に部屋を予約する必要がある。インテリジェントな小売りは、最初に部屋を予約するという依存関係を取り除く。技術的には何でも予約できるため、ソフトウェアを在庫プラットフォームに再構築した。これは、小売スペースのSKU(stock keeping unit 在庫管理単位)のように考えて欲しい。その文脈では、ホテル経営者は、物をどのように束ねたいかという想像力によってのみ制限され、販売前、到着前、滞在中、または滞在後でも、すべての時点で利用可能になる。 

属性は非常に長い間存在していたが、私たちが行っている属性ベースの有効化には追加の次元がある。たとえば、1時間か2時間、何かを予約するのは本当に難しいが、もう少しお金を払って、プールのカバナ(テントの小屋)など、午後2時から4時の間に何かを予約できたらば良いのではないだろうか。今日ではそれはすべて困難であるが、それをバンドルできるプラットフォームを備えた小売環境では、ホテル経営者はこれらの増分収益源を得ることができる。 

これは、この大きな期待を持った顧客によって推進されている。ホテルはイノベーションに関しては遅れをとっており、パンデミックはそのイノベーションを加速させるのに役立った。彼らはスタッフが少なく、より多くの収益を上げるためにより多くの自動化とより高いレベルのイノベーションを必要とし、それが私たちの出番となる。

Q: 属性販売では、業界として私たちはどこに居るか?

Where are we as an industry with attribute selling?

この製品はライブであり、クライアントでテストされている。Langhamはまだその一部であり、販売する補助的な製品がたくさんあるワイキキのOutriggerもテストベッドである。これらのクライアントを使用してユースケースを証明し、機能が意図したとおりに機能していることを証明している。6月には、Retail Studioとインテリジェント小売プログラムへの最初の初期投資として23の機能を展開する。10月に最初のパイロット顧客が参加し、来年の初めに一般リリースされる。Retail Studioは、完全にクラウドに組み込まれた独自の差別化された製品であり、ホテル経営者がオンプレミスやその他の販売したいサービスを実際に収益化できるようにする。私たちは3つで考えるのが好きなので、この環境は小売り、流通、および履行を通じて可能になる。Sabreは接続性と流通の達人であり、ホテル経営者が在庫を流通させるためにチャネルを接続する。方程式の流通側になると、サードパーティに接続し、チャネル接続性(channel connectivity)またはGDS、あるいは直接的な観点から、他の手段を介して統合する。それは私たちが可能にしている種類の環境である。

マーケットプレイスのアイデア、Sabre戦略、マーケットプレイス2025は、他の人が接続できるようにこの環境を作成することを目的としている。プラットフォームは、これらのオープンAPIを通じて、他の当事者がインフラストラクチャを活用して流通できるようにし、ホテル経営者はそれを利用できる。

これは、Appleが標準と仕様を定義し、サードパーティのコードをそれらの仕様に合わせて定義し、誰もがアクセスできるようにするAppleストアのようなものである。最初のアイデアは、ホテルの部屋を予約する必要性を切り離して、他のすべてを予約できるように再設計し、それをこのマーケットプレイスプラットフォームに組み込むことを可能にすることである。特色と機能(feature and functionalities)は、スペース、会議室、スパ、デイルームを販売する空港ホテルなどを含むように継続的に進化する。

Q: このようなものに投資したいというホテル業界の意欲についてどう思うか?

What’s your sense of the appetite of hotel industry to invest in something like this?

私たちは機能を有効にしているので、彼らは何も投資する必要はない、そして彼らは月額の取引手数料または部屋ごとの料金を支払うことになる。この業界では収益モデルが十分に確立されているため、投資自体は本質的に存在しない。

これが、プラットフォームへの投資が非常に重要である理由である。Googleは、スケーラブルで運用するための安全な場所を作成するために、クラウドの変革に特に重点を置いている。当初、私たちはすべてのクラウドプロバイダーにとらわれないようにするつもりであったが、旅行に非常に関与しているため、Googleを使用することを考えた。また、データプラクティスを改善するためにGoogleを使い出した。それは、パフォーマンスレポートとパフォーマンスインサイトに関するものである。アイデアは、そのレポートに関連するインテリジェントデータを改善して、レポートを確認したときに実用的なものになるようにすることである。Googleの人工知能と機械学習は、その点で業界をリードしており、私たちはLucaプラットフォームを使用してそれを実現している。

Q: 私たちは5年以上パーソナライズについて話してきた。真のパーソナライズはどこまで進んでいるか?旅行が十分に頻繁ではなく、そこにたどり着くことは決してないということを受け入れるか?

We have been talking about personalization for five years or more. How far are we along in true personalization? Do we just accept that travel is not frequent enough and we'll never get there?

獲得可能市場(total addressable market)の合計は、2022年の未開拓のeコマースの可能性で5兆ドルであり、これはShopifyのデータである。ホテル経営者がこれを聞いたとき、彼らは非常にナーバスになるが非常に興味を持っている。世界の観光業を見ると、今年は8.6兆ドルの価値があると予測されており、2019年の水準を6%下回っている。チャンスは絶大だが、ホテル経営者はそれを利用することができなかった。したがって、参入障壁はない。彼らは皆、いつ利用可能になるかを私たちに尋ねてくる。

Q: 考え方を変える必要があるか?

Is a mindset change required?

私はそれが考え方の問題ではないと思う、考え方はすでにそこにある。ホテル経営者は、パンデミックによって課せられた必然性と状況から他の収入源を探しているが、パンデミックは、彼らは自分たちのことを別の方法で考えるべきであることを加速している。伝統的に、彼らは宿泊施設のプロバイダーであったが、今では彼らのビジネスを拡大する機会があり、それが別の方法の側面である。 あなたが私に尋ねれば、彼らは準備ができている。彼らがする必要があるのは、パッケージ化の方法、マーケティングの方法、バンドルの方法に関するeコマーススキルを習得することである。

Q: パンデミック後のテクノロジープロバイダーにホテル経営者は何を求めているか?

What are hoteliers asking of their technology providers post pandemic?

彼らがより多くのお金を稼ぎ、より多くの収入源を生み出すのを助けるため。より少ないスタッフで業務を改善し、簡単に行えるように支援する。このテクノロジーランドスケープでは、複雑さはバックエンドにして、単純化には直感性が伴うため、ユーザーインターフェイスをより直感的にするために多くの時間を費やしている。ホテル経営者は、以前ほど多くのスタッフがいなくて、顧客と一緒に時間を過ごしたいと思っているので、在庫の流通を改善するように私たちに求めている。

Q: 彼らが彼らの技術を見るとき、あなたは彼らの現在の最大の挑戦は何だと思うか?

What would you say are their greatest challenges now when they look at their technology?

彼らの最大の課題は、行動と投資を始めることだ。4月には我々のトランザクションビジネスに大きな変化が見られた。最大のことは、ホテル経営者が、市場が回復し、再投資する時期であると確信していることである。私たちは、彼らがその自信を取り戻し、収益を増やすことができるように支援するという非常に優れた立場にあると感じている。

Q: Sabreは、プロパティマネジメントシステム(PMS)とCRSを組み合わせて実行する予定であったが、その戦略に戻ることはあるか?

Sabre was going to do a combined Property Management System (PMS) and CRS, will you ever go back to that strategy?

幸いなことに、私たちの技術は絶えず進化しており、過去2年半の間に、特にホテル経営者が他の第三者アプリケーションを介して消費者に到達するオンプレミスのフルフィルメントにおいて、私がKodakと呼ぶ瞬間があった。

これらはすべてPMS環境の外で行われるため、状況は変化している。私たちは米国向けに設計されたPMSを持っているが、私たちが物事をより良く、より速くする機会があるいくつかの興味深い開発があると私は信じている。

Q: Sabreの社長であるKurt Ekertは最近、ホスピタリティがもたらす機会について話し、過去にはエアー(航空)が中心的な焦点であったことを話した。しかし、彼は今が、特に企業の世界で、ホスピタリティの機会を検討する時であると言う ― しかし、出張は回復するだろうか?

Kurt Ekert, president of Sabre, talked recently about the opportunity hospitality presents and that, in the past, air has been the core focus. But he says now is the time to look at the hospitality opportunity, particularly in the corporate world - but will business travel rebound?

あるキャンプはリバウンドしないと言い、他のキャンプはリバウンドすると言う。私自身の経験では、私は常にビジネスとレジャーを組み合わせている。

人々は孤立して生まれたわけではなく、交流したいし、個人的な交流があるとビジネスが起こるので、リバウンドすることを期待している。パーソナライズに関して企業の旅行者により良いサービスを提供することでそれを加速できるかどうかがチャンスであり、私たちが構築しているテクノロジーはそれを可能にする。

Q: 今日のロイヤルティと到来する世代の断絶が見られるか?

Do you see a disconnect in loyalty today and the generations coming through?

昔は、行動やパターンを理解する能力はPMSデータをマイニングすることによって推進されていたが、将来的には、さまざまな信号を利用しているため、状況は変化している。データは一元的に取得されており、機械学習を通じてデータセットを改良し、CRM環境でサービスを提供する機会が増加している。以前はこれらの機能がなかった。オンプレミスでの検索や消費の間の接続ポイントを手動で見つけることができなかった。MLとAIを使用して、これらのパターンを見つける機能を高速化し、他の次元の全体を開くことができた。

Q: 業界のプレーヤー間のコラボレーションがこれまで以上に大きくなったことを感じるか?

Do you sense greater collaboration between industry players than there has been in the past?

私はある程度 競争が好きだ。なぜなら、それはあなたを用品させ、さまざまな市場で物事がどのように進化するかを理解するのに役立つからだ。あなたはより速く学び、より速く採用することができる。マーケットプレイスを開発するには、統合する必要があり、相互接続性を構築する必要があると思う。私たちはそれらを持っているが、もっと必要だ。ロジスティクスなど、アクセスできない市場では、より多くの相互接続性が必要である。昨年、パートナーシップの責任者を採用した。リソースに投資して、これらの関係を構築するために何が必要かを理解し、市場をこれらの他のセグメントに拡大できるようにしている。 問題は、人々が本当にホテルのウェブサイトにアクセスしてチケットを購入するのかということである。まあ、できることならそうするだろう。市場機会は100%本物であるが、それが最も難しい部分でもあるため、私たちはこれらの統合を構築している。

Q: 数年先を見通して、私がホテルを予約している消費者の場合、私は何ができるようになるか。

Project forward a few years, if I’m a consumer booking a hotel, what will I be able to do?

製品を予約して見つける能力がより簡単になり、プロセスがスムースになる。私たちはコネクテッドトラベルについて多くのことを話す、そしてあなたはあなたが欲しいものを見つけるために大幅に改善された能力で大幅に改善された予約体験を見るだろう。今日、あなたがしたい家族の休暇に行くのは本当に難しい。それは簡単になると思う。私たちは市場の中核にある。航空会社、代理店、ホスピタリティサイド、鉄道、車がある。全てをカバーしたマーケットプレイスはより多くの予約を作り出す。

Q: 現在のデジタル化のペースは続いているか?

Does the current pace of digitization continue?

パンデミックはホテルが積極的であることを考えるのを助けた。彼らは、より機敏で、スタッフの増強をより迅速に行い、機会をより迅速に提供し、オペレーションを改善する必要があることを認識し始めている。彼らはオペレーション上の困難に悩まされているため、情報をより早く入手することで部屋をより早くクリーンアップするための解決策を必死に探している。彼らは、情報をより迅速に入手した場合に顧客体験をどのように改善できるか、そして達成の機会はどうなるかを尋ねている。そのようなことは大きな違いを生むだろう。

(6/14 https://www.phocuswire.com/Sabre-hospitality-marketplace-approach?oly_enc_id=7798E1381467C7B

11. SITA、垂直離着陸空港の位置情報テック

SITAは、Vertiportインフラストラクチャの所有者および運営者であるSkyportsと提携して、SkyportsのVertiportロケーションにデジタルソリューションを提供している。このパートナーシップは、乗客が到着から電気垂直離着陸(eVTOL)出発まで、高度なエアモビリティエコシステムをいかに簡単にナビゲートできるかを示すことを目的としている。そのために、SITAは生体認証および垂直技術技術を開発し、そのスマートパスソリューションをSkyportsのビジョンに沿って統合して、シームレスで技術主導の乗客体験を実現する。

旅行者は、SITAの生体認証機能を搭載したモバイルアプリを介して、eVTOL航空機のフライトを予約および予約できる。Skyports vertiportに到着すると、SITAフェイスポッドが乗客を識別する。

「高度なエアモビリティ(AAM)は、私たちが使用する車両や依存するエネルギー源から、乗客が予約してフライトにチェックインする方法に至るまで、旅行体験全体を再考する機会を提供した」とSkyportsのCEOのDuncan Walkerは述べている。SITAの技術は、2022年に完成する予定のパリのSkyports Cergy-Pontoise vertiportテストベッドで最初に実装される。

一方、eVTOLのスタートアップであるOverairは、Hanwha SystemsとHanwha Aerospaceから1億4,500万ドルの資金を調達した。この資金で、カリフォルニアを拠点とするOverairは、2023年の後半に飛行するために、Butterflyと呼ばれる全電気実験用プロトタイプの開発を続けている。

「私たちはまさに私たちが望んでいることを実現している。来年、専用のプロトタイプの初飛行に急速に近づきながら、比類のない航空機の周りにクラスをリードするモビリティ技術を備えた優れた航空機会社を構築する」と共同創設者であり、 Overairの共同創立者兼CEOのBen Tignerは、「私たちはButterflyの推進システムを証明したので、実際の気象条件で安全に動作し、かなりのペイロードを運び、信じられないほど静かに飛ぶButterflyの能力の検証を開始する」と語る。

(6/15 https://www.phocuswire.com/sita-brings-its-technology-to-vertiport-locations?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

12. VIDEO: デジタル・データ・流通、鉄道の成長を加速

世界がパンデミックから脱却するにつれ、Phocuswrightは、今後数年間で総旅行予約が増加し続け、2024年には1.5兆ドルに近づくと予測している。これは、2019年のレベルとほぼ同じである。 陸上輸送のカテゴリーでは、鉄道は着実な成長が見込まれるセクターであり、Phocuswrightは、予約が今年の1,310億ドルから、2023年には1,510億ドル、2024年には1,610億ドルになると予測している。もちろん、この成長は一部消費者によるものだ。気候変動に対する意識の高まりと、環境への影響が可能な限り少ない交通手段を選択したいという要望の高まりが現れている。PhocuswrightのレポートSustainability in European Travel 2021によると、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国の旅行者の3人に2人以上が、二酸化炭素排出量を削減するために飛行量を減らす可能性が高いと述べている。特に鉄道の場合、スペイン、イタリア、フランスでは3人に1人以上、英国とドイツでは10人に3人以上が、将来の旅行でより頻繁に鉄道を利用する予定である。その意図は18歳から34歳の若い旅行者の間で最も顕著であり、平均して約44%が来年に鉄道で旅行することを計画していると述べている。 鉄道が旅行者に考慮されるようになると、業界は、従来、列車の旅行の計画と予約に関係していた複雑さを単純化するために取り組んでいる。Trainlineは、エクスペリエンスのデジタル化と統合に取り組んでいる企業の1つ。したがって、消費者が旅行の意思決定を行うとき、列車での旅行は簡単で明白なオプションとなる。 10月、TrainlineはGoogle Mapsとの統合を発表した。ユーザーが地図からクリックして、Trainline経由で列車のチケットを購入できるようにする。 これは、Trainlineが最高技術責任者のMilena Nikolicを迎えてからわずか数か月後に接続が確立された。Milena Nikolicは、彼女がエンジニアリングディレクターを務めていたGoogleから参加した。 最新のPhocusWire Pulse:Green Light for Ground Transportationオンラインイベントで、Nikolicは、Trainlineの優先事項、「現時点での個人向け」のパーソナライズとエクスペリエンスの最適化の重要性、および鉄道セクターが、旅行者が自分でそれを見つけるのを待つのではなく、「旅行意思決定がなされるどこの場所」にも存在することに焦点を当てる必要がある理由について説明した。

(6/15 https://www.phocuswire.com/digital-date-distribution-driving-growth-rail-trainline?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

13.安全な旅行販売するための心理学の応用

自分自身とコミュニティにとって最善のことをするように人々を鼓舞することは決して容易ではない。そうだったらいいのに。しかし、人間は厄介で複雑な生物だ。私たちの生活に浸透しているコンピューター生成アルゴリズムとは異なり、私たちはプログラム可能なちょっとの情報量ではできていない。

だからこそ、人々がうまく行動することを奨励するために、非常に多くの試み、そして多くの失敗があった。最近の予防接種とマスキングの取り組みを見て欲しい。いくつかの試みは、行動を刺激するために恐怖を使用するが、このアプローチの有効性はせいぜい疑わしい。一方、肯定的なメッセージは、特定の活動を避けるように人々を説得することが示されている。

GeoSureは、不安や危険よりも積極性、安全性、自信を選択する。これは、GeoSureの当初から私たちが思い描いていたものである。人工知能と機械学習を使用するデータ駆動型のスタートアップとして、GeoSureは世界中の65,000を超える地域のリアルタイムの安全データを生成する。女性、LGBTQ +、夜間の動きの測定を含む8つのカテゴリをカバーする安全スコアは、恐怖の観点から簡単に販売できる。しかし、最初から、モデルを上下逆にしたかった。

私たちはパニックではなく、希望を選んでいる。私たちは、人々とより大きなコミュニティがより賢明な意思決定を行えるようにする正確なデータを人々に与えることを選択している。私たちは、データが提供するエンパワーメント、自信、感情的および肉体的な幸福に基づいて、大企業、および観光局を含む連邦、州、地方の機関に売り込む。このエクスペリエンスは、エンドユーザー向けに意図的に設計されている。それも違います。

私たちのアプローチの背後には強力な進化科学(evolutionary science)がある。結局のところ、私たちが善意を持っているが科学的にオフベースである場合、私たちは私たちの使命を成功させることはできない。

GeoSureは、人間が情報処理を行う生物であることを理解している。人間は、マンモスの音であろうと致死性のキノコの匂いであろうと、生き残るか死ぬかを決定する情報をすばやく識別して評価する能力を持って進化した。私たちはもはや繁栄したり死んだりする環境に住んでいないが、私たちの生物学的遺産は、あたかも私たちがそうであるかのように反応する。これらの固定された理由のために、GeoSureを私たちの恐怖の本能に深くアピールするように配置しないことは直感に反するように思えるかもしれない。結局のところ、ローカルニュースのマントラが長い間「流血はニュースを呼ぶ」という理由がある。危険が注目を集めるのだ。

しかし、さらに一歩進んでみよう。危険な状況では、私たちの身近な環境での脅威がパチスロ(pachyderm)であるか、デジタルプラットフォームからのデータであるかにかかわらず、戦う、逃げる、凍結するという3つの方法のいずれかで反応するようにプログラムされている。しかし、奇妙な街の午後9時に地元のレストランに旅行しても安全かどうかを知りたい場合は、3つの「F」は役に立たない。役立つのは、GeoSureが提供する、安心で信頼できる、信頼を築く体験である。この感情的な文脈は、恐怖の旗を振るのと同じように、私たちの進化した脳と一致している。

実際、私たちは危険を回避し、機会を探すようにプログラムされており、どちらもGeoSureによって可能になる。機会は、脳内の喜びと報酬の中心に関連しています。GeoSureは、この旅に出る動機となった冒険についてのメッセージでそれらに到達することができる。危険を最小限に抑えるために旅行に出かけたか?または、力を与えられ、安全であると感じながら、前向きな体験を最大化するために?GeoSureはそれが後者であると信じている。

さらに、GeoSureは人々がコミュニティの安全に貢献することを奨励している。人々が公益に売り込むことによって喜びを引き出すことを示す多くの研究がある。要するに、私たちは恐怖の短期的なマーケティングを幸福の長期的な約束に置き換える。恐怖は有毒であり、それが引き起こす不安は、炎症を引き起こすコルチゾールの放出を含む、感情的および生理学的損傷をもたらす。対照的に、GeoSureに関連する陽性は、「慢性陽性」と呼ばれるものを生成する。

従業員と顧客は、心が乱れて不安なときよりも、自信があるときのほうが、落ち着いて建設的で、優れた意思決定ができるのではないだろうか?

積極性の弧は、GeoSureからネットワーク内のすべての人、つまりパートナー都市の従業員や顧客、地元の観光局、そしてもちろんエンドユーザーに私たちのプラットフォームを提供する企業にまで及ぶ。

ある意味で、これは「利用可能性ヒューリスティック(availability heuristic)」として知られる認知バイアスに帰着する。なじみのあるものや簡単に思い浮かぶものはすべて、一般的または典型的であると見なされる。だから、何かについてネガティブな情報に襲われたとき、私たちはその何かをネガティブだと考える。代わりに前向きな情報が提示されれば、それを前向きに考えるだろう。どちらを体験するか?それはとてもシンプルで深遠なことなのだ。

著者:MichaelBeckerはGeoSureのCEO 。

(6/14 https://www.phocuswire.com/using-psychology-over-fear-to-market-safe-travel?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

14. WTTC、目的地ガイドライン作成

世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)は、「目的地の回復力(destination resilience)」を、「将来、より適切に準備され、より堅牢なエコシステムをもたらす方法で、外部の衝撃や危機に適応する能力」と説明している。もちろん、COVID-19は世界中の目的地に壊滅的な衝撃を与えたが、異常気象から水や電気などの資源の不足に至るまで、今日の目的地が直面している他の課題や、将来発生する可能性のある予期しない課題がある。パンデミックの経験は、あらゆる種類の挑戦に対してよりよく準備する必要があるという認識を高めた。目的地の計画を支援することを目的としたこのレポート、「目的地の持続可能性を生み出すためのレジリエンスの強化(Enhancing Resilience to Create Sustainability in Destinations)」でWTTCは、将来の危機に対処する方法に関するガイドラインとケーススタディを提供し、レジリエンスは「持続可能性よりも短期的な概念であるが・・・2つは本質的に関連している」と述べている。アドバイザリー会社ICFと共同で作成されたこのレポートは、環境、インフラ、エネルギー、経済、社会という、回復力と長期的な持続可能性の両方を構築するために目的地が注力すべき5つのカテゴリーを特定している。レポートは、レジリエンスを開発することができた宛先によって共有される4つの共通の特徴を見つける。それらは成功したガバナンスモデルを持っている。彼らは所有権、正当性、透明性を優先する。彼らは「共有価値のプロジェクト」のための官民連携を構築する。そして、彼らは次のショックに備えるために継続的な改善の文化を持っている。レポートの1つのケーススタディは、一連の環境危機と経済的課題に対処してきたプエルトリコに焦点を当てている。火曜日、プエルトリコはWTTCの持続可能性と投資フォーラムを主催し、そこで、このレポートが最初に共有された。WTTCの社長兼CEOである Julia Simpsonは、パンデミックは、あなたが十分に準備することは決してできないことを私たちに教えてくれた。目的地は、自分たちの経験からだけでなく、他の国の経験からも学んだ。プエルトリコは、COVIDと自然災害を通じて、本質的に回復力を高めることを学んだ目的地の一例である」と、述べている。

(6/16 https://www.phocuswire.com/wttc-offers-destinations-guidelines-for-resilience-against-future-shocks?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

15. Mondee、SPAC、ギグエコノミー、Z世代について語る

旅行市場およびテクノロジープラットフォームであるMondeeは、2021年後半に特別目的会社を介して公開する計画を発表した。同社は、クルーズとツアーのセグメントをデジタル化し、「旅行業界全体を変革する」という野心的な計画を立てている。Mondeeは、企業およびレジャーセクター、メンバーシップグループ、旅行代理店に旅行およびテクノロジーサービスを提供している。

そのより広いビジョンは、「ソーシャルメディア世代」にパーソナライズされたサービスを提供するパートタイムの在宅エージェントの成長するギグエコノミーであると信じているもののための旅行プラットフォームとしての地位を確立することである。

PhocusWireは、そのビジョン、旅行SPAC、およびサブスクリプションについて、MondeeのCEOであるPrasad GundumogulaおよびCOOのJim Dullumと話し合う。会話は簡潔にするために編集されている。

Q: なぜSPACを株式公開への正しいルートと見なしているのか?

PG: Mondeeには2つの成長パスがある。1つはオーガニック(organic)で、過去5年間でオーガニックに成長した。50%は無機的(inorganic)な買収だ。これまでに14回の買収を行い、3〜4倍のリターンを得ている。 

プラットフォームとシステムを統合し、実際のマージンを確保した。その道を歩み続けて、私たちは現在COVID-19からの脱却を進めており、私たちの将来のビジョンに適合し、適切な価格で非常に優れた企業が存在することがわかる。

私たちの事業の一部としてそれらを持ち、私たちの無機的な計画を継続する良い機会である。そのための1つの方法は、公開会社としてである。そうすれば、SPACを通じて市場に出すまでの時間が短縮される。その上、私たちは多くのSPACと話をしたが、この特定のSPACでは、スポンサーは旅行とホスピタリティのバックグラウンドを持っており、相性は非常に優れており、すべての計画に付加価値を与えている。それのビジネス面とパートナーシップの観点から、私たちは大きな道のりを見ることができる。

Q: 過去6か月間に、多くの旅行会社が SPACルートを介してすでに公開されており、これまでのところ成果は芳しくない。何があなたの成功をより成功させると思うのか?

PG:ここでの違いは、私たちは歴史的に成長と価値のある会社であるということだ。私たちはマーケットプレイスであり、2019年に30億ドルの資金を獲得し、1億7,700万ドルの収益、4、600万ドルのEBITDAを計上した。今、今年はプラスのEBITDAに戻り、大幅に成長している。そのため、他社と比較して、強固な基盤の上に事業を構築しており、成長面と価値がある。これは収益性の高いビジネスであるが、すべての旅行SPACに当てはまるわけではない。 第二の側面は、他の誰もいないギグ経済に焦点を当てているという意味で、私たちは未来のビジネスであるということである。業界は転換点にあり、ギグエコノミー旅行のためのプラットフォームが必要だと思う。私たちはそれに焦点を合わせており、将来的には素晴らしい機会が見込まれる。このような市場向けに構築された強固な基盤と技術プラットフォームを備えた既存の企業と、ギグ経済で得られる追い風を利用することで、私たちにとって巨大な市場が開かれると考えている。

 JD: 私たちがPIPEへの投資家を発表し、その方法で7,000万ドルを調達したとき、彼らは重要な投資家であり、Financial TimesはそれをSPAC市場の明るい火付け役として報告した。それを見て、Prasadが言ったことを理解すると、私たちは有機的成長に資金を提供するための投資さえ探していない。戦略の無機的な部分、つまり成長の2番目のエンジンのためにそれを探している。私たちは利益を上げ、成長し、そしてパンデミックに陥っていた。パンデミックから抜け出し、収益が2021年第1四半期の3倍になると発表したばかりで、すでにその成長軌道に戻っている。私たちは、引き続きアウトパフォームすることにより、SPAC市場でその輝かしい火花であり続けることを望んでいる。だから、それが確かに厳しいSPAC時代に違いをもたらすことを願っている。

Q: Sequoiaや他の人たちが出てきて、スタートアップに殻を打ち破ってコストを節約するように言っているので、本当に大変ではないか?

JD:同意する。いいことは、今朝Sequoiaのレポートを見ていた。これはスタートアップではない。これは実際のビジネスであり、実際の回復で実際の結果が得られる。Sequoiaのレポートにあるものは、私たちの強みである成長の速度と収益性を発揮していると私たちは考えている。これらのことが今日の私たちのポジショニングに影響を与えていると思う。

Q: TripPro、TripPlanet、Rocketripなどのさまざまなブランドがある。会社の究極のビジョンは何か?

PG:私たちはクローズドユーザーグループセグメントで活動している。私たちは一般向けのウェブサイトセグメントには属していない。支援および提携旅行である1兆ドル以上の市場規模があり、レジャーセクターの市場のクローズドユーザーセットアップ側に焦点を当てており、市場は変化していると見ている。 そこにはマクロトレンドがある。旅行のペースを設定している旅行者、意思決定者はZ世代であり、ミレニアル世代でもある。彼らはニーズに対応するために別のテクノロジープラットフォームを必要としており、それは、今日では他の誰も提供していない。そして、それを提供するチャネルの次のトレンドをとると、旅行代理店はギグエコノミー、パートタイムおよび在宅エージェントに移行しており、それは拡大しているセクターであり、明らかに顧客とのやり取りを行うためのプラットフォームが必要である。TripProは、このギグエコノミー旅行セグメントのプラットフォームであり、大きな価値がある。TripPlanetは中小企業向けであり、Rocketripは企業向けである。これは、法人旅行だけでなく、レジャー旅行にも当てはまる。これは、もう1つのトレンドであり、人々は出張で2日間の休暇を取り、個人的な時間を過ごしている。私たちがフォローしているトレンドには多くの変化があり、単一のテクノロジーデッキからこれらのプラットフォームを作成し、顧客のさまざまなペルソナに焦点を当てている。

 

 

 

 

 

JD:私たちのビジョンの一部は、私たちがソーシャルメディア世代の旅行体験エンジンであるということである。最先端のテクノロジープラットフォームで30億ドルの市場を支えている。パンデミックの際には、そのテクノロジープラットフォームを倍増して再投資し、旅行体験を求めている新世代の購入者向けのすべてのツールを作成した。完全にモバイル対応の真のコラボレーションおよび会話型コマースだ。私たちは、自分たちをそのソーシャルメディア世代の基盤となるエンジンと見なしている。それが旅行者の行く先のビジョンであり、Mondeeの構築方法では、B2BかB2Cかに関係なく、不透明なクローズドユーザーグループチャネルである任意のチャネルを通じて旅行者をサポートできる。

Q: 私たち全員がギグ旅行代理店になりたい、またはZ世代が旅行代理店の使用に戻りたいと思っている理由は何か? 

PG: Z世代が旅行代理店の利用を開始するとは言っていないが、彼らには必要なときに適切な人とつながるためのプラットフォームが必要である。 たとえば、ハワイに旅行したい場合、今日、コンテンツのキュレーションは旅行者によって行われている ― 航空のためのOTA、レビューのためのTripadvisor、ホテルのためのホテルサイト ― そして彼らは彼らが目的地に到着したときに何をすべきかを探す。現在、Z世代とこれらすべての新しい顧客セグメントでは、必要なときに旅行体験、パーソナライズされた体験を得るのに役立つ必要がある。彼らは地元の専門家を必要としているので、私たちは旅行者と専門家をつなぎ、旅行体験と個別のサービスを提供するためのプラットフォームを作成した。 

コールセンターからの提供は行っていない。それは、地元の専門知識を提供するクラウドソーシングのギグエコノミーである。Uberプラットフォームのようなもので、そこにはドライバーと旅行者向けアプリがある。我々には、旅行者向けアプリと、アフィリエイトまたは地元のエキスパートアプリがある。

Q: Prasad、あなたのバックグラウンドは何か?

PG:私は色々な経験を積んでいるアントレプレナーである。私はテクノロジーから来て、コンピューターサイエンスの修士号を取得し、ロジスティックおよび小売業界でいくつかの会社を立ち上げた。テクノロジー会社ではそれらを成功裏に販売し、2011年にMondeeを始めた。

Q: あなたの成長分野は何か、買収にはどのようなギャップがあるか、何を構築しようとしているか?

PG:私たちはユーザーのためにこのスーパーアプリ環境を作成している。

当社の買収戦略目標は、常に製品とコンテンツの拡大、地理的拡大、または技術の拡大であった。製品とコンテンツについては、クルーズとツアーの製品とダイナミックパッケージングを開始する。これらの追加製品を作成することで、顧客にとって非常に簡単なインターフェースで大きな違いが生まれると考えている。そのため、これは買収を検討している分野の1つである。

ビジネスのもう1つの課題は、変革の担い手になることである。これは簡単なことではない。課題は、最新のイノベーションをすべて備えた、堅固で機能するテクノロジープラットフォームを用意することである。テクノロジープラットフォームに2億ドル以上を投資しており、これらのビジネスをプラットフォームに組み込んでさまざまな流通チャネルにコンテンツを提供することは、拡大するための良い方法である。

Q: 混乱を招き、テクノロジースタックに投資しなければならないという課題について語っているが、他にどのような課題があるか?

PG:明らかにCOVID-19だ。市場はまだそれから抜け出ていない。非常によく回復しており、米国の国内市場では最大90%の回復が見られるが、国際的には40%から50%に過ぎない。 

2023年には2019年のレベルまで開かれると予想している。ここでの朗報は、COVID-19で行った計画と実行である。私たちはビジネスに新しい収益源を追加したので、回復中のトランザクションが少なくても、実際にはより多くのお金を稼ぐことができる。フィンテックストリーム、サブスクリプションストリーム、およびアンシラリーベースの収益ストリームを追加したため、この回復シナリオでは、より効率的なビジネスを実現し、より良いビジネスを市場に投入することができる。2023年には、2019年の水準に戻ることに賭けている。収益率を高め、これらの新しい収益源を活用することで、2019年の水準に戻らなくても、数字を上げることができると確信している。

Q: サブスクリプションは旅行の前進の道だと思うか?あなたが数年先を計画している場合、私たちは皆、サブスクリプションを介して旅行のいくつかの要素を購入すると思うか?

PG:チャンスは十分にあるが、サブスクリプションだけに依存したり、計画したりしたくはない。これらは、あらゆるビジネスがこの困難な市場で成功するための方法の1つである必要がある。フィンテックなど、多くの新しい収益源が存在する。たとえば、私たちにとって、顧客、金融機関、そして私たちに付加価値をもたらす。だから、私に言わせれば、サブスクリプションはそれ自身が貢献することになろうが、私の見解では、今後数年間で複数の収入源に依存しなければならない。

Q: プロジェクトを進め、リベンジ旅行が戻ってくる、Mondee上場企業になる、それは2〜3年後にどのように見えるか?

PG:私たちは、有機的および無機的な成長の戦略により、このギグエコノミー旅行のセットアップである新世代の旅行で著名で重要なプレーヤーになることを楽しみにしている。そのテクノロジーと市場が進化するにつれて、私たちはそのテクノロジーの旅の側面を超えて、市場とさまざまな顧客のペルソナに重要なサービスを提供するスーパーアプリに進化する。

(6/16 https://www.phocuswire.com/Mondee-on-travel-spacs-gig-economy?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

mondee investor deck.png.webp

16. 新興企業の舞台: 中小企業旅行管理会社テックTripStax

TripStaxは、予約、旅行者プロファイル、バックオフィスサービスを提供するテクノロジープラットフォームを使用して、中小規模の旅行管理会社を対象としている。昨年立ち上げられたこのスタートアップは、TripStaxテクノロジーを引き続き使用している旅行管理会社ATPIからのスピンアウトである。

TripStaxの目的は、中小企業規模の旅行管理会社がプレミアムで実績のある手頃な価格のテクノロジーソリューションにアクセスできるようにすることで、テクノロジーの展望と経済性を再定義することである。旅行の管理方法を再発明することは考えていないが、旅行を支えるエコシステムをどのように再考できるかを考えている。

TripStaxは、TripStaxエコシステム全体ですべてのビジネス旅行者の予約、プロファイル、および請求書データを消費、強化、管理する中央データのパワーハウスであるCoreによって駆動される、業界をリードする独自のビジネス旅行アプリケーションの完全に接続されたモジュラースタックである。 

Coreは主要な市場差別化要因である。TMCの企業クライアントデータの唯一のソースとして、Coreは、スタック内の各モジュールでこのデータがどのように使用されるかを駆動および決定する「神経システム」です。CoreはTripStaxモジュール(承認、プロファイル、追跡、分析、コンテンツ、ドキュメント、モバイル)とシームレスに相互作用するだけでなく、TMCによって使用される多数のサードパーティテクノロジーと相互作用する。TripStaxは、TMCのお客様向けに、画期的でコストを削減する商用モデルに基づいて構築されている。従来の旅行テクノロジープロバイダーの大多数は、データの消費と保存に基づいてTMCに取引手数料を請求する。TMCは、各ベンダーがデータを保存および転置するたびに料金を支払う必要がある。TripStaxを使用するTMCは、予約、プロファイル、または財務データの取り込みに対して1回だけ課金されるだけだ。

TripStaxは、ATPIを主力顧客として含む、すでに参加しているさまざまなTMCクライアントから年間300万件以上の予約を消費するライブ技術製品であるため、すでに収益を上げている。北米の主要TMCと契約を締結したばかりで、スペインとドイツでの展開を最終決定しつつある。今年3月に正式に立ち上げて以来、パイプラインはオーバードライブに陥っている。私たちは、需要を満たすためと、経営陣と技術チームを拡大するために、私たちが稼いでいる多くのお金を投資している。

(6/17 https://www.phocuswire.com/startup-stage-tripstax?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

17. 旅行デジタル広告の進化

2020年と2021年に旅行会社によるマーケティング支出が劇的に減少した後、資金は再び流れている。最大のグローバルブランドの2つは、その点を示している。Booking HoldingsとExpedia Groupは、今年の第1四半期の財務報告で、マーケティングにそれぞれ11億5,000万ドルと13億4.000万ドルを費やしたと報告した。これに対し、2021年第1四半期の支出はそれぞれ4億6.100万ドルと4億8,700万ドルであった。

しかし、今年の第1四半期の数字は、旅行広告が2019年のレベルに近づくペースにある可能性があることを示しているが、デジタル広告の状況は、マーケターが顧客を理解して到達するために新しい戦略を採用する必要がある大きな変化の真只中にある。Phocuswrightの最新のレポート「旅行におけるデジタル広告の現状:再考の時(The State of Digital Advertising in Travel: Time for a Rethink)」によると、変化の最大の推進力の2つは、消費者のプライバシーを保護するための法的措置とサードパーティのCookieの排除だ。同時に、個人データの新しいモデルが注目を集めている。それは、消費者が個人情報や好みをいつどのように共有するかを完全に制御できるセルフソブリンアイデンティティです。 旅行マーケターにとっての課題は、この新しい状況を理解し、プライバシーとパーソナライズのバランスをとることである。 完全な このレポート は、デジタル広告に影響を与える当面、短期、および中期の要因、それらが表す問題、およびこれらの課題に対処するために検討する戦略に対処する。

(6/17 https://www.phocuswire.com/evolution-digital-advertising-travel?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

18. 6月13日の週の資金調達記事

  • 地上輸送スペシャリスト Distribution

陸上輸送技術のスペシャリストであるDistribusionは、シリーズBの資金で3,000万ユーロを調達した。投資はLightrockが主導し、既存の投資家であるCreandumとNorthzoneも関与した。ベルリンを拠点とするDistribusionは、ヨーロッパとラテンアメリカでの現在のプレゼンスを超えた拡大のために資金を使用すると述べている。Distribusionは、B2Bマーケットプレイスと標準化テクノロジーを通じて、陸上輸送業界の自動化を支援している。そのシステムは、世界中の何百ものバス、鉄道、公共交通機関のプロバイダーを、オンライン旅行代理店、モビリティプラットフォーム、メタサーチプラットフォーム、グローバル配信システムなどを含む旅行小売業者のグローバルネットワークに接続する。DistribusionのCEOであるThomas Doeringは「市場規模が航空旅客輸送よりも大きいにもかかわらず、陸上輸送はほとんど注目されないことがよくある。これは、世界人口の3分の2が利用できる唯一の長距離輸送オプションだ。それでも、検索から購入、発券までのアクセスは、ほとんどの場合面倒でオフラインであることがよくある」と、述べている。Distribusionは、2016年にシリーズAの資金調達で600万ユーロを調達した。

(6/15 https://www.phocuswire.com/Distribusion-30M-Series-B?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

+++++

印刷用ファイル

bottom of page