top of page

海外事情 2022年  6月  27日号

最近、日経新聞に一面全面の旅行広告が連続して掲載されている。25日(土曜日)朝刊では、8面にHISの海外旅行、ハワイを筆頭に、シンガポール、グアム、ニューヨーク、バンコックの5つのツアーが掲載されている。32面と33面は、阪急交通社トラピックス国内旅行の見開き二面全面広告だ。

そこには“ウエブ予約限定”で、3,000円~5,000円の割引クーポンが付く。そして全てのツアーの宣伝には、スマホ予約のためのQRコードが掲載されている。HISの海外旅行でも「詳しくはコチラ」の傍にQRが付けてある。このほか、KNT-CTホールディングスのクラブツーリズムは、ほぼ毎日、自分のスマホに「旅の友メールマガジン」を届ける。25日には1日2回も送って来た。12:52はクルーズの旅、16:14はご好評5,000円企画シャインマスカット狩りバス旅だ。これらの広告は圧倒的に国内旅行だ。パンデミック後の国内リベンジ・トラベルが始まっているのだろうか。県民割も観光需要底上げに貢献する。そして政府は、7月中にもこの県民割を、オールジャパンを対象とする制度に切り替える方針だ。

 

リアルの旅行会社(PhocuswrightではTTAと呼んでいる、Traditional Travel Agencyの頭字語だ)は、店舗のネットワークを縮小して紙のツアーパンフレットをほとんど廃止、パッケージの販売をいよいよ(・・・と言うか、正確には“やっと”)本格的にオンラインに切り替える。そうなれば、OTAとの競争が更に激しくなって来るだろう。オンラインとなれば、変動する在庫とその料金をリアルタイムに反映したダイナミック・パッケージ(DP)が主流となる。OTAは、今までの“エアー+ホテル”のDPに、レンタカーや目的地のアクティビティーをプラスした、旅のエンドツーエンドをカバーする“コネクテッド・トラベル”を開発している。色々な旅行素材をスムースに“コネクト”させるためには、トラベルテクノロジーが必要となる。

 

パンデミック後の旅行市場では、貴方だけのパーソナルなコネクテッド・トラベルを顧客に提案できる旅行の会社が勝者となるだろう。パーソナルな旅行を提案できるようにするには、顧客のプロフィールは勿論のこと、彼らのウイルとウオンツを把握することが重要になる。そのためには、ビッグデータを解析する、ここでも、テクノロジーが必要だ。となると、これからはテクノロジー導入優劣が、企業のゴーイングコンサーン(継続企業の前提)に大きく影響することになりそうだ。

(編集人)

目 次

1.    (TJ) アップルの後払い、旅行にとって意味すること            閲覧第1位

(TJ) = トラベルジャーナル 7月25日号を参照ください

 

2.    AMEX GBTとShellのブロックチェーンSAFプログラム

3.    暗号通貨プラットフォームBinance

4.    Big Chair: Marcus Rader, Hostway                               閲覧第2位

5.    Kok Sheng Sun of WebBeds

6.    エアビーのユニークプロパティー

7.    デジタル決済、旅行市場回復に貢献                                 閲覧第4位

8.    新興企業の舞台: Stay Open、空きビルをポッドホテル

9.    ブッキングのモバイルappと消費者トレンド                      閲覧第3位

10. ダイレクトへの復帰                                                       閲覧第5位

11. 6月20日の週の資金調達記事

2.   AMEX GBTとShellのブロックチェーンSAFプログラム

American Express Global Business Travelは、エネルギー大手のShellおよび専門サービス会社のAccentureと協力して、持続可能な航空燃料(SAF)を購入するための新しいプラットフォームを作成している。3社は、SAFを調達するための「book-and-claim」プラットフォームであるAveliaを立ち上げた。これは、従来のケロシンジェット燃料と比較して、フライトからの炭素排出量を削減する。 予約と請求により、旅行者はSAFの料金を支払い、出発空港でSAFが利用できない場合でも、その代わりに、SAFが利用できる空港の別の航空機に燃料が供給される特典を請求できる。Aveliaは、SAFの購入コストが現在通常のジェット燃料の4~5倍高いことを喜んで共有する法人顧客の「購入能力」に航空会社がアクセスできるようにすることで、SAFのコストとメリットを法人旅行部門全体で共有することを目指している。ブロックチェーンベースのテクノロジーを使用するこのプラットフォームは、Energy Web Foundationの支援を受けて、ShellとAccentureによって開発された。

Amex GBTと連携することで、AveliaはSAFに対する世界的なビジネス需要を集約し、燃料の供給と使用を増やすことができる。

「空の旅を脱炭素化するための真に実行可能なルートが現在営業中である。すべての企業に参加してもらい、旅行および航空セクター全体でSAFのコストとメリットを共有するよう呼びかけている。航空会社は、世界中のAmex GBTの19,000人の顧客から、法人の購入能力にアクセスできるようになる」とAmex GBTのCEOであるPaul Abbottは声明で述べている。

プログラムのパイロットフェーズは、ブロックチェーンテクノロジーを使用して、法人顧客と航空会社の両方にSAFを使用することによる環境上の利点を説明および追跡することにより、book-and-claimモデルの「信頼性」を実証することを目的としている。 Shell Aviation社長Jan Toschkaは「SAFは航空業界における脱炭素化の重要なイネーブラーであり、今日利用可能だ。しかし、現在は不足しており、従来のジェット燃料よりもコストがかかる。Aveliaは、SAFの大規模な需要を誘発するのに役立ち、生産への投資をさらに増やすために私たちのようなサプライヤーに自信を与え、ひいてはこれらの燃料の価格を下げるのに役立つ」と声明で述べる。Accenture のヨーロッパ戦略リーダーRachel Bartonは「アベリアプラットフォームに対する私たちのビジョンは、航空会社、企業、貨物プレーヤー、SAFサプライヤーを、個々の企業が独自に構築したりアクセスしたりすることのできない信頼できるエコシステムにまとめることである。ブロックチェーンテクノロジーは、データの整合性を介して信頼を確保し、所有権の証明を検証し、顧客にとってのSAFの環境上の利点を透過的に追跡できるようにするために試験的に導入される」と付け加える。*この記事はもともとBTNに掲載された

 (6/20 https://www.phocuswire.com/amex-gbt-shell-launch-blockchain-based-saf-program )

3.   暗号通貨プラットフォームBinance

暗号通貨両替の Binanceは、 Splytとの新しいパートナーシップを通じて、アプリ内で乗り物や体験を予約する機能を顧客に提供する。Binanceによると、150か国以上に9千万人のユーザーがいる。 パートナーシップを通じて、顧客はBinance Marketplaceで乗り物や体験を予約し、好みの暗号通貨で支払うことができるようになる。 「Binance Payは、ユーザーベースにサービスを拡大する際に、Splytとグローバルに提携できることを誇りに思っている。Binance Appを離れることなく、PayのユーザーはSplytサービスの全機能を利用できるため、どこにいても新しい場所や体験を探索できる」と、Binance Payの事業開発の地域責任者であるPakning Lukは述べる。Splytはオンデマンドサービスネットワークであり、パートナーは150か国以上のモビリティをカバーし、世界中で300,000以上の旅行、チケット、アクティビティを提供している。Binanceは、Splytと統合するAlipay、Grab、Booking.comなどに加わり、顧客に提供できるサービスを拡大する。 「ライドヘイリングの統合を開拓し、真のスーパーアプリに進化する、世界をリードする暗号通貨取引所であるBinanceと提携することに興奮している。さらに、Binanceの9千万人のユーザーは、ライドヘイリングおよびエクスペリエンスプロバイダーのネットワークにとって非常に強力な需要パートナーになる」と、Splytの共同創設者兼CEOであるPhilipp Mintchinは述べている。

(6/20 https://www.phocuswire.com/binance-cryptocurrency-platform-enables-rides-experiences-through-splyt )

4.   Big Chair: Marcus Rader, Hostway

Marcus Raderは、2016年以来、バケーションレンタル物件とチャネル管理のスペシャリストであるHostawayを運営している。同社はパンデミックの最中にピボットし、過去1年間で力強い成長を遂げた。Raderはスタートアップにとって見知らぬ人ではない。Hostawayの前は、ボートのピアツーピアマーケットプレイスを開発していた。

Q: 過去に多くのスタートアップと関わってきたが、それらからどのような経験をHostawayにもたらしたか?

Hostawayを始める前に、私は10年間のVC支援の技術スタートアップの経験があった。私は創業者主導のキャッシュフローに積極的な企業や、実際の製品や収益がなくても巨額の資金を調達した企業で働いてきた。私はニッチ市場だと思っていたもの、つまりオンラインマーケティングを専門としていた。世界最大のテクノロジー企業がまったく同じ分野に存在し、AlphabetとMetaがこの市場を先導していることに気付いたのは後になってからであった。

私はあるスタートアップで技術に強い共同創設者に会い、そのスタートアップを、何をすべきか、何をすべきでないかについてのベースラインとして使用した。上手くいかないときにスタッフを興奮させてやる気を起こさせる必要がある場合もあれば、物事がうまくいくときに落ち着いておく必要がある場合もある。それは厳しいバランスである。

Q:Hostawayはパンデミックの際に戦略の変更を行ったが、その決断に至った要因は何だったのか?

私たちはいくつかの非常に重要な決断を下し、それを顧客とスタッフの両方に売り込むことができた。今にして思えば、業界の多くのパートナー、競合他社、企業が逆の決断をし、挫折したり失敗したりした。外から見ると、運が良かったように見えるかもしれないし、実際に運が良かったかもしれない。しかし、キャンセルが入り始め、足を掬われたとき、私はタスクフォースを設置して、私との電話で経済的な心配をしているすべての顧客を迎えた。私の人生で最も憂鬱な3か月の間、私は一日中失敗した起業家と電話をしていた。パターンが現れ始めたのは150回目の電話の頃であった。多くの人が必死だったが、トンネルの終わりで光を見た人もいた。そして、最も希望を持っていたのは、米国の休暇先、特にフロリダ、テキサス、アリゾナ、カロライナの大きな物件を管理することであった。それが、私たちが行った場所である。私たちはビジネスのほぼすべての側面に多くの変更を加える必要があったが、それは報われた。Rickyが言うように、ある人のゴミは別の人のゴミではない。私たちはその機会を見て、それを取った。

Q: 代替宿泊施設やバケーションレンタルに圧力をかけている規制上の課題は何か?

現在、業界はこれについて多くのことを話し合われている。私は何年もの間、規制の強化を推進してきた。規制の欠如により、一般市民や意思決定者が短期賃貸業界に対して否定的な見方をしている場合、決定は急いで行われる可能性がある。今、新しいのは、在宅勤務のために、人々は都市から伝統的なバケーションレンタル市場に移動しているということである。彼らがビッグアップル(N Y C)からビーチに移動すると、彼らは観光客と一緒に住んでいることに気付くかもしれない。これは、以前は観光客が主導していた小さな町の多くが追加の制限を検討している理由の1つである。残念ながら、バケーションレンタル市場を規制することは、主な問題であるGeoarbitrageにあまり役立たないと思う。

(Geoarbitrage = 都市部の顧客を相手に高単価収益を得て、郊外/田舎に住みコストを下げ、利益を最大化する行動.)

 

人々は大都市の給料を小さなコミュニティに持ち込んでおり、不動産の限られた供給に関しては、地元の人々は彼らと競争することはできない。大規模な商業用不動産投資家が加えると、このシステムは大嵐(perfect storm)の様相を示している。ニュージーランド、オーストラリア、カナダなどの場所で外国人の購入者を制限することが役に立たなかったのと同じように、短期賃貸を制限することはあまり役に立たない。1つだけでなく、あらゆる角度から問題に取り組む必要がある。ここ数週間、Waze、OYO、 Vtripsからの発表により、市場は大幅に統合されている。複数のプレイヤーが同じインベントリを囲い込んでいくのだろうか?現在の主な問題は供給である。誰でも素晴らしい物件を宣伝し、訪問者や興味を引くWebサイトを立ち上げることができるが、製品の提供はより困難だ。パートナーのAirbnb、Vrbo、Booking.comでさえ、より多くの供給が必要であると公に述べている。これが続けば、収益や訪問者ではなく、プラットフォームにどれだけのユニークな在庫があるかが問題となる。

Q: 新しい技術主導の代替宿泊施設プロバイダー間の統合を予測しているか?

素晴らしい質問だ! 2週間前は別の答えを出していただろうが、テック企業の評価が公開市場で急落している今、私たちは今後6~12か月で冬眠状態に入る可能性がある。これは、Hostawayなどの大企業がこの分野の企業を買収する絶好のチャンスであるが、今年初めに見た価格ではない。

Q: 不動産管理者と所有者が現在彼らの技術で犯している最大の間違いは何か?

これは、不動産管理者だけでなく、一般的なビジネスにも当てはまる。プロセスやスタッフに関連する問題がある場合、その問題を解決するために利用できるテクノロジーは滅多にない。たとえば、利用可能なクリーナーを見つけるのに苦労している場合、それを支援するスケジューリングツールはない。さらに興味深いのは、不動産管理者が必要なテクノロジーに気付かずにアクセスできることがよくあることだ。そして、彼らはすでに気づかずにそのソリューションにお金を払っている間に、新しいソリューションを探している。

Q: 長期滞在やビジネスとレジャーの融合などのトレンドがテクノロジーに現れているか?

Airbnbの急成長しているカテゴリーが28日以上の滞在であることに対して、私たちは驚かなかった。これはまさに私たち自身の顧客から見ているものち同じだからだ。プレCOVID以来、このタイプの予約は私たちのプラットフォームで106%増加した。法人旅行は同じではないが、会社のリトリートは現在需要が急増している。エキゾチックでアクセスしやすい場所にある大きな物件は、今後何年にもわたって高い需要がある。

Q: 他にどのようなマクロトレンドが賃貸スペースに影響を与えているか?

最近、バケーションレンタルのマクロトレンドに関する独自のデータの一部を公開した。主な調査結果の1つは、高級賃貸セグメントの強さであった。

「復讐旅行(revenge travel」のトレンドは、ロックダウン中に現金を節約できた消費者が、Homes & Villas by Marriottのようなニッチで豪華なOTAの成功に後押しされ、商品ではなく体験に拍車をかけていることを示している。

バケーションレンタルで議論されている最も差し迫ったトピックの1つとして、持続可能性がCOVIDから引き継がれている。環境にやさしい旅行に対する消費者の需要が高まるにつれ、これは事業者にとってより優先事項になるが、同様に、業界としてこれに取り組むための青写真をまとめて見つける必要がある。バケーションレンタルでの滞在は、使い捨てのプラスチックが少なく、輸送手段の消費量が少ないため、ホテルでの滞在よりも炭素の生成が少ないという利点がある。これをセールスポイントとして利用する必要がある。

Q: Hostawayは、他のプレーヤーからどのように際立っていると思うか?

チームとして、私たちのバックグラウンドは、バケーションレンタルや不動産セクターで以前のキャリアを持っていたこの分野の他の企業とは完全に異なる。私たちは技術系の新興企業から来たので、技術とUXが一流の製品を作ることが重要であった。そのため、短期間で、OTA、Airbnb、Booking.com、Vrboへの接続で最高の認知度を確保し、最も信頼性の高いプラットフォームの1つとしての評判を得た市場に出ている唯一のPMSおよびチャネルマネージャーになった。 テクノロジー業界から来た私たちは、他のソリューションとの統合が顧客にとってどれほど強力であるかも知っていた。ユニークなことに、私たちは市場での統合のためにパートナーに手数料を請求しない(競合他社がこれと同じことを行うことはない)。つまり、顧客は成長に必要なツールを厳選することができる。最終的には、受賞歴のあるサポートに裏打ちされた、ビジネスの管理と成長に役立つ強力で信頼性の高いソリューションを提供できるため、顧客が私たちのところに来ると信じている。これは、直接の競合他社よりもわずかに低い価格を請求するのに役立つ。

Q: 2022年の会社の優先事項は何か?

私たちは成長を管理する必要がある。成長することは素晴らしいことだという一方で、古いプロセスは機能しなくなったため、作業方法を迅速に変更する必要があるという、すべての成功した企業にはこのパラドックスがある。テクノロジー企業のスタッフと顧客の両方が、会社が自分たちの利益のためにあまりにも速く成長したと主張するのはよくあることだ。成長する業界で急速に市場シェアを獲得しているにもかかわらず、私たちは、私たちが有名な優れた製品と優れたサポートを維持するのに十分な速さで変化することを保証する必要がある。

Q: Hostawayの成長戦略は何か?

私たちは常に顧客の成功を成功として祝うことの価値を生きてきた。これは、顧客が予約を促進し、収益を増やし、ポートフォリオを拡大するのを支援することで、顧客とのビジネスを後押しするため、成長のための優れた戦略であることが証明されている。ただし、すべてのチャンピオンには強力なチームが必要である。私たちは、適切な人材を採用し、彼らを適切に扱うことに重点を置く。これはこれまでのところ成功の良いレシピであり、人員が劇的に増えても文化的適合性に妥協することはない。

Q: あなたはDtravelと興味深いパートナーシップを結んでいる。レンタルにおける分散型テクノロジーのユースケースについてどう思うか?

北米で最大のテクノロジーハブの1つになったことは偶然ではなかった。Dtravelは、トロントを拠点とするもう1つの成功したスタートアップであり、一緒に仕事をすることを楽しみにしている。分散型技術は他の多くの業界で使用されており、私たちの業界でも成功すると思う。

Q: 自分のキャリアの中で失望したことを1つ挙げてください。

16歳のとき、マクドナルドでアルバイトをしたのが、最も楽しい思い出であり、また、スケールの大きなプロセスをデザインする上で最も困難な経験でもあった。3週間で辞めたが、今思えば、マネージャーになって同社の経営大学に入れば、多くの恩恵を受けることができたはずであった。でも、その代わりにテクノロジーが私を育ててくれたのだから、一生感謝している。

Q: 何があなたを夜に目覚めさせるのか?

会社が急成長を遂げるとき、それは嵐の間に船を航海するようなものである。物事は絶えずきしみ、時には漏れている。想定していたものが突然機能しなくなり、回避策を見つける必要がある。アドレナリンと組み合わされた不確実性は独特であるが ― それはエキサイティングだが、確かに夜は眠りにくくなる! 

(6/21 https://www.phocuswire.com/CEO-interview-Marcus-Rader-Hostaway?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

5.   Kok Sheng Sun of WebBeds

パンデミック時にホテルパートナーが国内にピボットしなければならなかったのと同様に、WebBedsも国内コンテンツにリソースを再配置し、台湾オフィスを閉鎖し、地元の旅行代理店と連携する国内流通ネットワークを強化した。WebBedsのAPAC社長であるKok Sheng Sunは、Web in Travelの創設者であるYeoh Siew Hoonに、ホスピタリティ流通の状況とインドネシアなどの一部の市場における新しいソーシャルチャネルの出現による変化と、そしてこの新しい世界をどのように見ているかについて話す。

Q: 親会社であるWebjet Limitedは、22年下半期に黒字転換した。同様に、北米とヨーロッパの市場に牽引されて2H22に利益を上げたWebBedsも同様である。APACは現在どのようになっているか?

4月のアジア(オーストラリア、東南アジア)の開業による大きな影響が見られ始め、ビジネスは力強く戻ってきた。この四半期は、前の四半期と比較して、4月から6月にかけて大幅に改善されている。アジア太平洋地域のビジネスの大部分を占める最大の市場の1つである中国はまだ開かれていないため、将来性は十分にあることを念頭に置いて欲しい。中国はまだオープンしていないが、再開したその他の目的地はCOVID以前のレベルに近づいており、オーストラリアなどの一部の市場はCOVID以前のレベルを超えている。

Q: どのような回復の兆候が見られるか。また、予約パターンに関してどのような主要な傾向が見られるか。顧客の行動に認識できる変化はあるか?

今後数ヶ月で、トレンドの変化が起こると思う。状況に大きな変化があり、旅行は国境の制限、そこへの行き方、そして空室状況に依存するようになった。パンデミックの間、すべてが間際で国内旅行が主であった。国境再開のこの初期段階では、旅行に必要な追加の書類があるため、以前とほとんど同じだが、人々はさらに先の予約をしている。特にピーク時のリードタイムの予約が長くなっている。12月の需要は非常に強い。実際、一部の目的地では、供給が鬱積需要に追いついていない。物事はしばらくの間不安定であり続けるだろう。中国がオープンすれば、それはトレンドをかなり劇的に混乱させるだろう。そして、日本もある。現在、国境が完全に開いていないのに予約がある。そのため、国境が完全に開いたときに需要の急増があると予想している。私たちにとっての戦略は、直前予約でも事前予約でも十分な供給を確保し、供給を需要に一致させることである。私たちの利点は、トレンドを見つけることができることである。たとえば、7月にインドと中東からの強い需要が見られ、ホテルがそれに対応できるように支援したいと考えている。

Q: あなたの在庫のどのくらいが直接契約か?

クライアントに提供する40万以上のホテルのうち、3万以上のホテルと直接契約している。私たちの取引量の大部分は直接契約によるものだが、サードパーティのディストリビューターには価値がある。サードパーティのディストリビューターは、私たちの手の届かない場所に私たちを接続してくれる。

Q: 従来、WebBedsのようなベッドバンクは、インバウンドおよびアウトバウンドのビジネスに依存していた。COVIDの間に、それは止まり、国内での役割が始まった。それはあなたにどのような影響を与えたか、そしてあなたはビジネスにどのような変化をもたらしたか?あなたは今、国内に深く関わっているか?そして、それは在庫の調達と管理をどのように変えるか?

COVIDは、国内の専門家と協力する機会となっている。パンデミック前、国内は当社の事業の約11%であった。パンデミックの間、私たちは資源を国内に向けた。一部のチームメンバーの役割を、販売から国内市場向けのより多くの製品の契約に変更した。Tier 2とTier 3の都市に行き、国内市場にアピールするブティックホテルにアプローチした。現在の国内売上は約37%だが、旅行回復に伴い、これらのパートナーが海外インバウンドにビジネスを拡大することを支援している。例えば、インドネシアでは、一部の国内代理店が当社の海外売上高でトップになっている。人員削減については、グループレベルで22%の削減を行った。WebBeds APACについては、台湾の事務所を閉鎖し、香港とシンガポールの事務所で顧客とホテルパートナーを管理している。(現在、APACのチームは約250名である)。

Q: 古くからある課題として、異なるチャネル間のレートパリティーの問題がある。パンデミック時に悪化したか。また、需要回復が進み、ホテルが復活を待ち望んでいる現在、さらに悪化しているのか。

悪くなっていない。パンデミックの間、予約量が少なかったため、レートパリティの問題は最小限に抑えられた。ほとんどのホテルは、今でもレートパリティを重視しており、どのようにレートを配分するか、そのルールに従っている。過去数年間、私たちはこの管理方法を改善した。クライアントをどのようにセグメント化するか、どのように流通するか、今ではより良いコントロールができるようになった。ホテル側もその努力を認め、評価してくれているし、私たちに対する信頼も高まっている。

Q: しかし、まだリーケージがありますね。あるべきでないところにホールセール・レートが現れている?

厳しいチェックと管理をしていても、ある程度の漏れは避けられない。しかし、率直に言って、レートパリティはホテルにとって重要な課題であるが、それが一番高いわけではない。ホテルにとって最も重要なのは、リソースの枯渇である。私はマレーシアにいたが、現地のホテルはスタッフの確保と人件費の問題を抱えていると話していた。

Q: レートパリティの問題は解決されるか。

ホテルがどのようにビジネス戦略を立てるかによる。10年前、レートパリティは存在しなかった。しかし、オンライン販売によってすべてが変わり、料金はオープンで透明なものになった。インドネシアでは、Instagramのソーシャルコマースが大きな役割を果たしている。韓国では、NaverやTmonのようなオンラインやEコマースプレーヤーを通じた流通が増加しているようである。

料金のリークが完全になくなるとは思えない。量販しようと思えば、不完全なものは出てくるだろう。

Q: AirAsiaのスーパーアプリと提携を結ばれた。Lazadaのようなeコマースプラットフォームとの連携も視野に入れているか?

Eコマースプラットフォームとはまだ提携していないが、私たちは常に消費者に販売するための新しいチャネルを模索している。製品を流通させることができる企業であれば、どこでも協力できる。バックエンドでは、商品をセグメント化し、適切な商品を適切なチャネルに流通させる必要がある。オンライン(ソーシャルメディアを含む)はビジネスの一部であるが、卸売と小売はまだ成長中である。実際、卸売と小売は力強く回復しており、その回復力は我々と同じくらい強い。また、彼らは進化しており、ソーシャル・チャンネルを使って顧客と接触している。

Q: ベッドバンクやホテルにとって、もうひとつの重要な課題は与信(credit)です。そして、パンデミックはキャッシュフローに大きな打撃を与えた。パンデミックは、ホテルのパートナーとの与信取引にどのような影響を及ぼしたか?バリューチェーンの各プレーヤーがキャッシュフローと与信条件を最大化するために努力している中で、どのような新しい取り決めが見られるか?

Webjet Limitedでは、パンデミック発生時、当社の株価に影響を与えたため、市場に出て3億4,600万豪ドルを調達した。この資金により、人材、技術、ビジネスへの投資を行うことができる余裕のある状態になった。また、パートナーとの取引も正常に行えるようになり、信頼を得て、関係を強化することができた。パンデミック以前は、バーチャル・クレジットカード・システムで取引をしていた。パートナーへの支払いはチェックイン時に行っており、それは今も変わっていない。確かに与信管理は厳しくなり、ホテルは与信に消極的になっている。どちらかというと、部屋を事前に購入し、代金をそのまま支払うという、事前購入型の取引に注目しているようだ。ホテルは、固定保証金や仲介業者への変動保証金を求めている。私たちは、より自動化されたヴァーチャル・クレジットカード・システムを好んで使っている。

Q: パンデミック時には、ホテル予約がよりダイレクトになったという話もあるが、旅行の回復に伴い、OTAの流通は依然強力であると言えるだろうか。今後3年間で、ホテルのディストリビューションに影響を与える重要なトレンドは何だと思うか?

パンデミックにより、一部のプレーヤーは減少したが、取り残されたプレーヤーはより強くなって戻ってくるだろう。仲介ビジネスはまだ成長しており、エコシステムの重要な部分である。仲介業者はコストが低く、長い間ビジネスをしていて評判も良いので、パンデミックの間は休眠状態であったが、すぐにビジネスを再開できるほど機敏なのだ。

Q: 現在、OTAや従来の旅行代理店などの仲介業者を通さずに、ホテルとお客様を直接つなぐ機会を提供する新しいスタートアップが居る。これらのスタートアップは流通の状況をどのように変えると思うか?

ホテル側は、より高い利回りを得られるかどうか、さまざまな販売方法を模索することに大きな関心を寄せている。私たちは、こうした動きを注視しているが、自分たちが得意とすることに集中するつもりである。私たちのテクノロジーとデータを活用し、ホテルがより良い商業的判断を下せるようにすることで、ホテルの痛みに対処している。

Q: この2年間で、航空、ホスピタリティなどさまざまな分野のトラベルテクノロジー、流通、マーケティングに何が起こったと考えるか?また、旅行業界のリーダーとして、どのようなトレンドに注目しているか。

以前は、旅行はそれほど簡単なものではなかった。もっと計画的に、もっと旅行代理店の力を借りる必要があった。しかし、テクノロジーの進歩により、より簡単になり、消費者が自助努力で行動できるようになった。しかし、パンデミックにより、ある意味で逆行するようになった。普段は自信満々で旅行している人たちが、挫折を味わったのだ。私自身の経験から言うと、最近クアラルンプールに行ったが、現地のアプリをダウンロードして記入するのにかなり時間がかかった。現在、消費者は自信とパワーに欠けているかもしれないが、正常化すれば、パワーは消費者に戻ってくるだろう。このトレンドは、私たちの戦略にも影響を与え、どのような流通業者と協力するかということも含めて検討する。ホテルは当社の中核であり、今後も非常に重要な宿泊施設のオプションであるが、代替宿泊施設のようなトレンドも変化している。私たちは、特にトラベルテックの分野で、スタートアップ企業との協業や投資の機会を積極的に探っていきたいと考えている。

*本記事はWeb in Travelに掲載された。

(6/22 https://www.phocuswire.com/webbeds-rate-parity-credit-distribution-shifts?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

6.   エアビーのユニークプロパティー

Airbnbは、100のユニークな不動産アイデアに資金を提供するイニシアチブを開始した。「$10,000,000 OMG! Fund」は、デザイナー、建築家、DIY愛好家がアイデアを実現し、Airbnbでホストできるよう支援することを目的としている。この基金は、100人にそれぞれ100,000ドルを提供して、自分の資産を作成し、会社の1回限りの宿泊先リストに追加する。審査員には、AirbnbのスーパーホストでありOMG! Listingsの創設者であるKristie WolfeとKoichi Takada Architectsの高田浩一(オーストラリア・シドニーを拠点とする建築家)と、Airbnbの体験型クリエイティブ製品の副社長であるBruce Vaughnがなる。ファンドをさらに説明する投稿の中で、Airbnbは、その立ち上げは「過去2年間に出現した柔軟な生活の成長トレンドによって部分的に形作られている」と述べている。また、このトレンドの一環としてゲストは予想外のスペースを求めているとし、より広範なアップデートの一環として先月発表されたそのOMG! Categoryが250万回クリックされている。このピアツーピア・プラットフォームからのアップデートでは、スタイル、場所、アクティビティへの近さに基づいて物件を整理する“Airbnb Categories” が追加され、56のカテゴリーから選択できるようになった。

(6/22 https://www.phocuswire.com/Airbnb-omg-fund?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

7.   デジタル決済、旅行市場回復に貢献

兆候は明らかだ。旅行は戻ってきた – すべての喜びと頭痛の種だ。2年以上のパンデミックの逆風の後、2022年だけでも世界の観光と旅行が8.6兆ドル以上成長すると予想されている。アメリカ全土で、旅行が戻ってきたという兆候がますます増えている。カリフォルニアでは、2022年の第1四半期に1,300万人以上の旅行者がロサンゼルス国際空港を通過した。これは、2021年の2倍以上の数だ。混雑した空港、フライトのキャンセル、高額な費用、COVIDに対する懸念が長引くにもかかわらず、旅行者は出かけている。これらすべての中で、支払い(決済)は簡単な部分である。しかし、適切なツールが整っている必要がある。消費者に支払い方法の柔軟性、制御性、利便性を提供するデジタルファーストのオプションが、例外ではなく規則になりつつある。旅行業界がこのリバウンドを利用して頭痛の種を減らし、収益を増やすのに役立つデジタル決済ツールを準備する3つの方法を次に示す。

非接触型決済で旅行  Taking contactless to travel

旅行は戻ってくるかもしれないが、消費者が支払いを期待する方法は二度と同じになることはない。日常の購入に関しては、消費者は非接触型カードやデジタルウォレットなどの方法を採用している。パンデミックの不安は依然として存在し、旅行中の接触の必要性を排除するツールは自信を高める。非接触型決済は世界中で広く普及しており、70か国で非接触型決済が50%以上普及している。よりローカライズされたレベルで旅行を見ると、非接触型決済オプションの人気はすぐにわかる。米国では、ニューヨーク市などの主要な大都市圏からMonterey-Salinas Transitなどの地域事業者へのトランジットシステムは、タッチレストランジットに関する消費者の高まる期待に応えるための措置を講じている。目的地に関係なく、旅行者はシンプルな体験を望んでいる。

信頼の構築と不正の防止  Building trust and preventing fraud

支払い体験に対する旅行の信頼を構築することは、期待に応えることと、COVID以前のレベルに戻ることの両方において重要である。旅行には多くの可動部分が含まれ、多くの場合、国境を越えた状況で、旅行者は取引が安全で保護されていることの保証を求め、同時に迅速な承認プロセスを持っている。

消費者の支払いや取引の処理方法が変化し続けるにつれて、詐欺師による攻撃も変化する。チャージバックや拒否からアカウントの乗っ取りまで、不正の防止は重要であり、日ごとに複雑になっている。旅行業界は現在、より一般的な形態の詐欺を悪化させている新たな課題に直面している。最近の調査によると、調査対象の加盟店の46%が、詐欺やチャージバックの削減がビジネスの最優先事項であると述べている。また、すべてが悪意のあるものではないが ― カード所有者が発行者から払い戻しを受け取った場合に ― 払い戻しとチャージバックを2回繰り返すことは、旅行スペースでも深刻なリスクとなる可能性がある。

収益とキャッシュフローを改善する  Improve revenue and cashflow

これらの新しい決済テクノロジーを提供することは、間違いなく顧客体験を後押しする。しかし、メリットは一方的なものではない。デジタル決済ツールを組み込むことで、企業が全体的なキャッシュフローと収益を把握し、改善する機会が増える。分割払いなどのオプションを追加すると、旅行がよりアクセスしやすくなり、コンバージョンを促進できる。分割払いは消費者の間で広範囲に成長しており、2021年の調査では、過半数(56%)が購入のある時点でこの方法を使用したと報告していることが分かっている。また、チップが非常に重要であることが多い観光業界の従業員にとって、消費者がデビット/クレジットカードを使用してQRコードまたはアプリを介してスタッフに迅速かつ安全にチップを渡すことができるデジタルチップソリューションは、ますますキャッシュレス環境の影響を打ち消す。デジタルイノベーションは、旅行における支払いの進化の中心であり続けてきた。今日それを受け入れることは、これまで以上に競争の激しい市場において不可欠である。

著者:Jeni Mundyは、Visaマーチャントセールスおよび買収のグローバルシニアバイスプレジデント。

(6/22 https://www.phocuswire.com/how-digital-payments-can-help-travel-rebound?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

8.   新興企業の舞台: Stay Open、空きビルをポッドホテル

Stay Openは、空いているまたは十分に活用されていないオフィスや小売スペースにポッドホテル(カプセルホテル)を作り、その収益を住宅のない人々を支援するために寄付する。旅行者は、NFT(非代替トークン)を購入することで、会社のメンバーシップおよびリワードプログラムであるStayPassに参加する。同社はこれまでに280万ドルを調達し、カリフォルニア州ベニスに拠点を開設し、サンディエゴに240床の拠点を開発中である。Stay Openは、デジタル遊牧民や旅行者向けに転用された建物のポッドホテルを管理および運営し、収益の一部を住宅のない人々を支援するために取っておく。オフィスや商業施設をホテルや共同生活空間に変換している。最初の場所はカリフォルニア州ベニスビーチにあり、90%の占有率で運営されている。

Stay Pass NFTメンバーシップは、最初のWeb3のオンチェーンホテルリワードプログラムの1つであり、NFT保有者は、割引滞在と無料滞在に加えてコワーキングスペースの1日のユーティリティを利用できる。

(オンチェーンとは、ブロックチェーン上に記録される取引のことを指す。)

すべてのStayPassの収益の20%は、stayDAOに資金を提供する。Stay Openの全収益の3%は、stayDAOにも資金を提供する。stayDAOは、非営利のDAO(decentralized autonomous organization分散型自律組織)であり、住居のない人々を支援する。Stay Openは、Stay Openの不動産を運営するために、不動産所有者に管理費とフランチャイズ料を請求する。

ホテルのファイナンスと開発。創業チームは、Waldorf Astoria Beverly Hillsに融資し、オフィスビルを改造した400床のHyatt by Los Angeles International Airportを開発した。Stay Openは、2億5千万ドル以上の資金を運用し、7億5千万ドル近い価値のあるホテルを開発してきた。

(6/23 https://www.phocuswire.com/startup-stage-stay-open-turns-empty-buildings-into-pod-hotels?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

9.   ブッキングのモバイルappと消費者トレンド

Booking.comは、予約の約60%をモバイルで獲得しており、そのうち約40%はアプリからのものである。同社は、パンデミック時に見られたデジタルの加速を利用し、モバイル向けサービスをさらに勢いづけたいと考えている。

Booking.comのチーフ・マーケティング・オフィサーであるArjan Dijkは、消費者動向が同社の手中に収まっていると語る。PhocusWireとのQ&Aで彼は、行動の変化、文脈に沿った体験(contextual experience)の提供、アプリファーストのアプローチについて話す。

Q: Booking.comは、2022年の第1四半期に全体の40%の予約がアプリで行われたと述べているが、詳しく説明して欲しい。

アプリとモバイルウェブが60%であるが、モバイルアプリが本当に伸びている。私は以前、シリコンバレーのGoogleで働いており、主要な消費者向けアプリで、デスクトップからモバイル、モバイルアプリへのシフトが起こっているのを目の当たりにしてきた。私はFacebookのグローバルクライアントカウンシルの一員でもあるが、FacebookやInstagramは、デスクトップでの利用状況を報告することすらなくなり、モバイルアプリでの利用が90%以上と、主要な消費者アプリでは5、6年前に船出したようなものである。

現在、私たちが見ている重要な洞察は、電子商取引の減少である。以前は、フリーズしないかと言う不安や携帯電話で何かできるということが完全に信用されていなかったため、少し遅れていた。モバイルアプリの優れた点は、携帯電話にネイティブアプリケーションのようなものがあり、ライブデータを取り込むことができることである。Amazonによると、45%の消費者がAmazonでの購入にアプリのみを使用し、35%がモバイルウェブとモバイルアプリを併用しているとのことである。これを足すと、Amazonの80%がすでに携帯電話を使っていることが分かる。旅行業界においても同様の変化が見られるが、その主な理由は、明らかに若年層が市場に参入し、当社で予約するようになったことである。驚くべきことに、昨年の8月はまだCOVIDの時期であったが、ヨーロッパでは8週間ほど旅行ができる期間があり、実際に月間アクティブユーザー数が1億人を超えた。私たちは、旅行アプリでダントツ世界一になったことを非常に誇りに思っている。

Q: その指標は何処のものなのか?

App Annieは業界の誰もが使う情報源であるが、Apptopiaなど他の情報源もある。

Q: 1億人とは巨大な数字だ。Facebook、Google、Amazonを挙げているのは興味深い。Facebookではできることでも、旅行アプリに反映されるとは限らないので、アプリでやることを常に阻むものがあるのか。

全くその通りだと思う。大きな休暇を計画し、多額の出費をする場合、デスクトップで写真をじっくりと見るという明確なユースケースが存在する。それがなくなることはないと思うが、私が言いたいのはそこではない。ただ、モバイルアプリの利用は爆発的に増えており、人々はこのようなインスタントな体験ができるモバイルアプリを気に入っている。どのようなデータ接続環境であっても、ほとんどのアプリは、たとえデータ接続がそれほど良くなくても、それなりにうまく動作する。旅行業界にとって非常に重要なことだが、人々の携帯電話に入っているアプリの数を見ると、先進国では平均で約80、アジアに行くとその数は激減し約40となる。重要なのは、人々が携帯電話に入れている旅行アプリの数を見ると、おそらく3、4、5個だろう。私は宿泊施設のパートナーと話すとき、モバイルアプリへの移行に参加したい場合は、booking.comと協力してくださいと伝えている。重要なのは、デスクトップが死んだと言うことではない。しかし、トレンドや成長は明らかにアプリの領域にあり、私たちが宿泊施設のパートナーに言っているのは、これに目を覚まし、私たちと協力して、モバイルアプリ向けにサービスを最適化してくださいということなのだ。私たちは今、4時間半から6時間を携帯電話に費やしている。少し寂しい気もするが、これが現実なのだ。重要なのは、携帯電話に入っているアプリは、多かれ少なかれ、あなたの人生の窓であるということである。私たちは、Booking.comが人々の人生の重要な窓の一つであると言い、人々にそのことに目覚めてもらいたいと思っている。

Q: この膨大な数と成長以外に、アプリファーストのアプローチに今こそふさわしいと思わせるものはあるか?

それは消費者行動の変化と勢いだ。3年前にすでにその兆候が見られたが、今では私が考えていた以上の状況になっている。

(6/23 https://www.phocuswire.com/booking-CMO-Arjan-Dijk-mobile?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

10.  ダイレクトへの復帰

パンデミックによってもたらされた旅行業界への無数の変化の中で、直接予約への回帰は最も見過ごされ、最もそれが長続きするものの1つである可能性がある。ヨーロッパでは、ホテル全体の直接予約のシェアは2020年に28%に達し、2019年から7%増加した。アジア太平洋地域の直接予約は2020年になんと36%に上昇し、2019年に比べて8%増加した。世界中の130人を超える短期賃貸物件マネージャーの2021年の調査では、直接予約が、2018年の2.3%から2021年にはほぼ4分の1にさらに劇的に増加した。

では、直接予約がこのように劇的に増加する原因は何か。その答えは、デジタルエコノミー全体に広がる幅広いトレンドに結びついている。それは、ブロックチェーンテクノロジーに基づいて構築されたインターネットの次の進化であるweb3の先駆けとなる、より優れた制御と所有権に対する需要の高まりである。旅行、特にバケーションレンタルの複雑さは、直接予約の比較的マイクロレンズを通してこれらのマクロシフトを調べるための途方もない環境を提示する。旅行業界は、世界的な収益がパンデミック前のレベルにほぼ達する可能性のある忙しい夏に備えているので、直接予約の構造、ホストとゲストにもたらすメリット、および関連するいくつかの課題を調べてみよう。

直接予約とは何か?  What are direct bookings?

直接予約は、まさにその名のように、オンライン旅行代理店(OTA)や短期賃貸(STR)プラットフォームなどの仲介業者を介して行われる予約とは対照的に、プロパティマネージャーまたはホストに直接行われる旅行予約である。これらのプラットフォームが登場する前は、所有者と旅行者は、電話、電子メール、さらにはファックスによる直接予約に依存していた。これは主に、非直接予約構造のプラットフォーム、ホスト、ゲストの間で契約の網が結ばれているために重要である。OTAまたはSTRを介した通常の予約では、ゲストはプラットフォームとホストの両方と契約を結ぶ。ホストはプラットフォームとは別の契約を結んでいる。このWeb内の各契約には、支払い条件と料金など、予約の固有の側面が含まれる。ホスト/ゲスト契約は、キャンセルポリシーやハウスルールなど、滞在に関連する条件を主にカバーしている。これは、ゲストとホストの間の単一の契約が最初の予約から滞在の完了まですべてをカバーする直接予約とはまったく対照的である。直接予約では、OTAまたはSTRプラットフォームは関与せず、ホストとゲストのみが関与する。これにより、Web3への移行を促進する消費者の要求に直接対応する合理化されたプロセスが実現する。集中型プラットフォーム(centralized platforms)で信頼を失ったユーザーの制御、柔軟性、所有権、透明性を向上させたいという要望である。直接予約は、両方の主要な利害関係者に大きなメリットをもたらす。

ホストにとってのメリット  Benefits for hosts

  • 条件とポリシーのより詳細な制御:ホストは、OTAおよびSTRプラットフォームによって設定された条件とポリシーを変更できず、紛争はゲストに有利に解決されることがよくある。直接予約により、ホストは正確な条件とポリシーを自由に設定できる。

  • リピーターを増やす:直接予約では、ホストとゲストの関係がよりパーソナライズされ取得コストが削減され、リピーターの可能性が高まる。

  • 差別化のためのパーソナライズ:直接予約Webサイトにより、ホストは独自のブランド、レイアウト、プロモーション、報酬、メッセージング、画像、ビデオなどを自由にデザインできる。

ゲストへのメリット  Benefits for guests

  • 柔軟性の向上:ゲストから要求された変更は、匿名のサポートチームではなく、ホストに直接送信される。

  • 強化された体験:ホストが直接予約サイトを管理および設計することで、ゲストは予約前に利用できるユニークな体験とより多くの情報の恩恵を受けることができる。

  • 低料金:直接予約にはプラットフォーム手数料がないため、ホストは適切と思われる独自の割引やアドオンを提供できる。

  • 紛争解決の迅速化:仲介プラットフォームがない場合、ゲストは紛争の単一の連絡先を持つ。

直接予約が直面する課題  Challenge facing direct bookings

これらの利点にもかかわらず、直接予約の1:1の性質には、OTAおよびSTRプラットフォームが通常カバーするいくつかの課題が伴う。

開発  Development

直接予約に対応するために独自のWebサイトを構築しようとしているホストは、サイトの開発にリソースを割り当てる必要がある。より成熟したOTAおよびSTRプラットフォームと競争するには、直接予約サイトは視覚的に魅力的で、ユーザーフレンドリーで、携帯電話向けに最適化されている必要がある。このようなサイトの構築と保守には、専門の開発者が必要になる可能性がある。不格好なサイトからのトラフィックの減少とロイヤルティの低下のコストは、デスクトップとモバイルの両方のWebサイトを構築できる開発者が請求する初期費用を上回る。

マーケティング  Marketing

世界最大のOTAの1つであるExpediaは、パンデミックの前にマーケティングに年間50億ドルを費やした。そのため、ホストは、そのようなマーケティング支出の恩恵を受けるために、より大きなOTAまたはSTRプラットフォームにプロパティをリストし続けるのが一般的である。直接予約サイトのマーケティングは、特にわずかな予算で、ホストが直面する最大の課題の1つになる可能性がある。最大の結果を得るために予算を最適化する方法と、潜在的なゲストがサイトの存在を知ることができるように検索ランキングを上げる方法をよく理解することが重要だ。

データ管理  Data Management

ゲストのための質の高い体験は、滞在を超えて、繰り返し予約を奨励する活動と結びつく。ゲストのデータ(最後に訪問した日時、滞在期間、特別なリクエストなど)を活用することで、ホストは滞在を超えてパーソナライズされたコミュニケーションを提供できる。直接予約を行うホストは、最初からゲストデータがデータベースにキャプチャされ、リードを促進するために効率的に解釈できることを確認する必要がある。もちろん、これには適切なテクノロジーと時間が必要である。Boostlyは素晴らしいリソースだ。これは、自己開発した直接予約サイトにトラフィックを誘導するためのツールとヒントをホストに提供する。直接予約に移行するという決定を検討しているホストは、その利点に対してその課題を評価する必要がある。直接予約サイトとOTA/STRプラットフォームの両方で同時にプロパティを一覧表示する柔軟性があるが、前者の増加は主に、オンライン経済とその中のプラットフォームの構造におけるより大きな変化の中で、オンラインとオフの両方で行うすべてのことをより詳細に制御および所有するという消費者の動きの高まりによって推進されている。ホストは、直接予約を通じて予約エクスペリエンス全体の所有権を大幅に獲得する。これにより、今日のリピート予約が促進される可能性が高く、テクノロジーが成熟し、消費者の習慣が進化し続けるにつれて、明日は新しい機会につながる可能性がある。

著者:Eric Paceは、Dtravelの供給成長の責任者。

(6/24 https://www.phocuswire.com/return-of-direct-booking?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

11.  6月20日の週の資金調達記事

  • lアクティビティ切符発券 easyGuide

活動の発券プラットフォームであるeasyGuideは、UKTV Venturesから100万ポンドの資金を調達した。オンライン予約サイトへの注入は、親会社がBBCスタジオである民間放送局UKTVの投資ファンドから来ている。 

投資は「公平のための放送時間(airtime-for-equity)」の形をとり、easyGuideは7月に7つのUKTVチャンネルで2,600万人の潜在的な視聴者を対象にテレビキャンペーンを開始する。

easyGuideは2019年に立ち上げられ、 easyJetの創設者であるStelios Haji-Ioannouが同社の少数株式を取得し、当時はシード資金も集めていた。

「easy」企業ファミリーの下にある独立系企業であるこのスタートアップは、2020年にウェブサイトを立ち上げ、何千ものアトラクション、体験、ツアーを提供している。easyGuideのCEOであるBlake Reddyは、「UKTVネットワークが提供する広大なリーチは、まったく新しいオーディエンスでブランド認知度を高めるのに最適な方法だ」と述べている。

(6/20 https://www.phocuswire.com/easyguide-1m-funding-uktv?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • 陸上輸送プラットフォーム Omio

陸上輸送プラットフォームOmioは、「単一のデジタルプラットフォーム上にグローバルに統合された輸送ネットワーク」を構築するために使用する8,000万ドルを調達した。資金は、新規投資家のLazard Asset ManagementとStack Capital Group、および既存の投資家であるNEA、Temasek、Goldman Sachs Asset Managementが管理するファンドから提供される。「Omioの旅のもう1つの重要なマイルストーンを発表できることを非常に感謝している。約2年以上の歳月を経て、強力な投資家からの資金提供により、当社のビジネスモデルの巨大な力と可能性、そして人間に対する信念が強調される。旅行の必要性は揺るぎないものである。この旅行への欲求は進化しており、地上輸送への移行、モバイルファーストの予約、ハブ以外の旅行の増加など、この分野での刺激的な根本的な変化を観察している。これらはすべて、何年にもわたって私たちの成長を後押しする。新たな資金により、単一のデジタルプラットフォーム上でグローバルに統合された輸送ネットワークのビジョンを追求することができる」とOmioの創設者兼CEOであるNaren Shaamは述べている。Omioは、旅行需要の急増により、予約が2019年のレベルを140%以上上回ったと述べている。 同社は、合併や買収を含むグローバル展開のために資金を使用すると述べている。Omioはまた、Kayak、Huaweiなどの企業とのパートナーシップを拡大し、製品とサービスを構築する予定である。 その新しいOmioヨーロッパモビリティレポートで、同社は顧客の予約に見られる傾向に関するデータを共有している。たとえば、Omioによると、2019年1月以降、モバイルアプリでの予約は25%増加したが、デスクトップの予約は13%減少している。Omioの予約の全体の80%はモバイルで行われている。 2019年10月、Omioはマルチモーダル企業Rome2rioを買収した。同社は1,000以上の交通機関と提携しており、21の異なる言語と26の異なる通貨での予約をサポートしている。2013年にGoEuroとして設立されて以来、Omioは4億ドル以上を調達してきた。今月初め、ShaamはPhocusWireと、PhocusWireパルス中の「陸上輸送のためのグリーンライト」で、マルチモーダルの複雑さについて話した。以下の完全なインタビューをご覧ください。

 (6/21 https://www.phocuswire.com/omio-raises-80m-for-global-expansion?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • Kiwi.com

オンライン旅行代理店のKiwi.comは、“卓越したグローバル機関投資家”と呼ばれるものから転換社債の形で1億ユーロを調達した。チェコ共和国に本拠を置くこの会社は、仮想インターライニングを提供し、旅行者が正式に航空会社のパートナーではないフライトで単一の予約を作成できるようにし、電車やバスでの旅行も含めることができる。Kiwi.comは、この資金を使って世界の旅行業界での地位を強化すると述べている。共同創設者兼CEOのOliver Dlouhyは、2012年の設立以来、プラットフォームのテクノロジーは「50年以上前に格安航空会社が市場に参入して以来見られなかった」業界の混乱をもたらしたと述べている。「この投資により、私たちはその革新に基づいて構築を続け、より多くの顧客をサポートするために将来の成長を促進することができる」と彼は言う。Kiwi.comは、顧客体験、低運賃、製品革新に焦点を当てることにより、フライトの新たな需要を活用することを計画している。

同社によれば、世界中で1,000人以上を雇用し、毎日70,000席を販売している。Kiwi.comのCFOであるIain Wetherallは、この投資を「大規模な機会」と呼んでいる。「パンデミックの最中であっても、製品の革新と顧客体験への投資を止めることはなかった。この資本により、成長計画をさらに加速させることができる。Kiwi.comと当社の大株主であるGeneral Atlanticは、空の旅の力強い回復と市場でのリーダーシップへの自信を反映して、この権威ある世界的な機関投資家と提携できることを嬉しく思う」とWetherallは言う。
2021年初頭、Kiwi.comは、顧客の苦情に対応しないことで注目を集めた。COVID-19のためにキャンセルされたフライトの払い戻しについて。Better Business Bureauによると、同社にはまだ300件を超える未回答または未解決の苦情が存在する。

(6/22 https://www.phocuswire.com/Kiwi-raises-100m-for-innovation?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

印刷用ファイル

bottom of page