海外事情 2022年  8月  1日号

今週号では、以下の3つの記事が気にかかった。

 

「1. (TJ) アラスカ航空の電子手荷物タグ

Alaska航空は、キオスクの無いロビー、生体認証搭乗、電子バッグタグプログラムなど、最新技術のテストベッドとしてサンノゼ国際空港を使用していると述べている。航空会社は、デバイスが預け入れ荷物の取り扱いに費やす時間を40%近く削減することを期待している。

空港のチェックインデスクがキオスクに変わり始めたのは、つい先だってのことだと記憶している。それが、電子手荷物タッグが開発されて、今度はキオスクまで無くしてしまうと言う。パンデミックにより、旅行者の非接触テックの要求と、プロバイダー(この場合は航空会社)の人手不足が、これらのテクロジーの開発と採用を加速させているのだろう。空港の旅客ハンドリング業務の完全無人化がもうすぐ完結する。

 

「9. 空港モビリティ市場規模700億ドル

空港のモビリティ(旅行者を空港に出入りさせる交通手段)の世界市場規模は600億ドルから700億ドル(およそ10兆円)の価値があり、空港レンタカーの倍以上だと言う。歴史的に、空港のモビリティに関しては、旅行業界は主にレンタカーに焦点を合わせており、この市場の開拓に遅れている。上位100の航空会社のうち、レンタカー以外のモビリティオプションを提供しているのは44%のみであり、OTAの50%のみがより広範な空港送迎を提供しているに過ぎない・・・と言うのがこの記事のエッセンスだ。

自分は、数年前の米国出張でBlacklane.comの運転手付ハイアーを予約したことがある。空港到着と同時に自分の携帯に予約した車の運転手から「手荷物引き取りカルーセルの所でお待ちしています」と連絡が入り、荷物の引き取りから持ち運びまで全てやってくれて、ホテルにスムースにチェックインできたことを覚えている。支払いは、予約時点で登録したクレカで決済された。実に便利だった。航空会社やOTAは、空港モビリティ販売を拡大して、もっとアンシラリー収入の増収をはかるべきだ。旅の販売は、タビマエ・タビナカ・タビアトのエンドツーエンドのコンシューマージャーニー全てをカバーするべきだ。業界では、コネクテッドトラベル戦略が進み出しているじゃないか。

 

「3. (TJ) デジタル規則、欧州先行

今月初め、欧州の規制当局がデジタル市場法(Digital Markets Act = DMA)を承認した。今年中に施行されるという。DMAは、あらゆる規模の企業に対して公平な競争環境を確保し、Googleなどの大手IT企業のデジタル・ゲートキーパー の脅威に取り組む。デジタル商取引の競争法となるのだろう。

ホテルなど旅行サプライヤやOTAなど旅行仲介業者は、これで大手デジタル・ゲートキーパーの自社製品やサービスを優先させる不公正競争が是正されると期待する。これにより、オーガニック検索によるリフェラルトラフィックが増加して、SEOが強化されると考えて良いのだろう・・・か?

(編集人)

目 次

1. (TJ) アラスカ航空の電子手荷物タグ

2. (TJ) 米ツアオペ、国立公園新予約システムにウンザリ

3.(TJ) デジタル規則、欧州先行                                           閲覧第3位

  (TJ) = トラベルジャーナル8月29日号を参照ください。

 

4. 小説「XYZ・コム」(第4回)

5. 消費者、インクルーシブに出費を厭わない

6. より良いCO2指標

7. ツアー&アクティビティから複雑さを除去                       閲覧第4位

8. ルフトハンザ・イノベーションハブ

9. 空港モビリティ市場規模700億ドル                                閲覧第2位

10. ホスピタリティにおける女性リーダーの新連合

11. MMP、全セグメントで増収なるも欠損計上

12. 旅行仲介業者、Phocuswright Europeで語る                閲覧第1位

13. アマデウス、北米市場牽引 第2四半期好決算

14. アコー、43ホテルブランドを2事業部門に再編

15. 旅行市場回復、ハッカーも活発化                                 閲覧第5位

16. 7月25日の週の資金調達記事

4. 小説「XYZ・コム」(第4回)

新宿本社8階での会議は10時に始まった。リベンジトラベルの急増に対応した販売体制の強化が議題だ。この緊急会議を招集した経営管理室のY部長は、ペンタアップ需要がいよいよ動き出そうとしているこのチャンスをタイムリーに捉え、できるだけシェア拡大をして行きたいと述べ、そのためにはコンバージョン率とコンテンツと流通の三つで、素早い何らかの強力な対策が必要だと発言した。

 

このうち最初のコンバージョン率(予約クリック数/サイトアクセス数)については、この比率を上昇ができるかどうかが増収の鍵となる。知っての通り、オンライン旅行会社のコンバージョン率は、2~3%とけたたましく低い。この率を5%程度に引き上げることができれば、大幅な増収増益が可能となる。しかも、増収率よりも低いコスト増率とすれば、より大きな増益を達成できることになる。ところが、誰でも簡単に分かる単純なこの理屈が解けない。

 

XYZがライバルとしているグローバルOTA大手のBooking Holdingsでは、およそ10兆円の年間取扱高で、その15%の1.6兆円の収入を稼ぎ、なんとその三分の一の5,500億円を宣伝費に注ぎ込む。この巨額の宣伝費により、Googleなどの大手検索エンジン(・・・と言うよりは優越的地位を濫用しているとして悪名高い“デジタル・ゲートキーパー”と呼ぶべきかもしれない)にベタベタと広告を貼って、とことん低いコンバージョン率を、できる限りの大量の自社サイトの呼び込みトラフィックで補って、増収する戦略をとる。しかしこの方法では、コンバージョンの量を拡大するのであって、コンバージョン率を引き上げてはいない。つまり、この問題の方程式の解とはなっていない。

 

Y部長は、コンバージョン率の上昇を、タビマエの開始時点で顧客にリーチして、最終的に、唾をつけたその顧客の予約を勝ち取れないかと提案した。旅行の販売では、旅行者の旅行の計画から、運輸(脚)/宿泊(宿)/目的地体験の予約と手配に進み、実際の旅行を開始して、目的地滞在とそこでの体験をエンジョイし、そして自宅へ戻るというタイムラインを、時間軸に沿ってタビマエ・タビナカ・タビアトと三区分する。この三区分は、マーティングで言うところの、「コンシューマージャーニー」(消費者が商品やサービスを知り、購入し、利用し、そして処分するまでの顧客が辿る一連の体験)と符合する。

 

旅行会社(TTA = traditional travel agency)は、どちらかと言うとタビマエの旅行の手配と予約に集中して商売してきた。旅行の本来の醍醐味は、目的地における体験(エクスペリエンス)であるはずだ。ところが、TTAが販売する旅行商品の多くは、できるだけ多くの人気観光地を物見遊山するパッケージ旅行商品が中心であった。それでは目的地の名所旧跡の観光が中心となり、中身の濃い目的地体験とは程遠いものであった。手間のかかる目的地体験よりも、ワンサイズフィッツオールの販売効率のよいパッケージツアーを重視してきたのだ。そうした旅行商品の販売では、どうしても手配と予約の業務に集中した。

そしてそこでは、店舗のレジにPOS(Point of Sales)と呼ばれる販売時点情報管理システムが用いられた。2000年頃からインターネットの普及に伴い、旅行のオンライン販売が始まった。ExpediaやBooking.comなどのOTAが市場に参入したのがこの頃だ。OTAの場合は、リアルの店舗のPOSに変わって、バーチャルな店舗であるWebサイトでIBE(internet booking engine)が用いられる。この予約エンジンは、処理能力のスピードと信頼性と、利用者(旅行者)にとっての使い勝手の良し悪しが市場シェアの大小に影響を及ぼすことになる。

Hは、XYZ 入社直後の研修で聞いた、このIBEの話を、まるで自動車メーカーのような話を、今でもハッキリと覚えている。サービス産業でも、このようなエンジニアリングが必要なのだとは夢想だにしていなかったのだ。そういえば、旅行業界では、大手造船会社のタンカー設計の技術者(エンジニア)が、造船不況で旅行産業に転換した直後にOTAを立ち上げ、Eコマースの時流に乗ることができずに、従来通りの非効率な店舗中心の販売を続ける「旅行会社はアホか」と喝破した話が有名だ。Hは、タビマエ・タビナカ・タビアトをシームレスに繋ぎ、全てのモーメントにおける旅行者にとってのペインポイント(痛点)を取り除く設計図が求められていると理解し、それからは、なんでも仕事の問題点など設計図にまとめて考える癖をつけた。

 

そんなこともあってか、旅行者にコンシューマージャーニーについて絶えず自習し研究しているHは、Y部長の3つ、コンバージョン、コンテンツ、流通の強化施策の提案について、「これは、いずれも有効な具体策を考え出すのは極めて難しい問題だ」と直感した。特にコンバージョン率の引き上げについては、最も難しいと・・・。旅行は目に見えない“コト”の財であり、“モノ”の財と違って五感に訴えることができない商品なのだ。だから顧客との双方向のコムニケーションが重要となる。それだけではない。そもそも旅行は、販売業者にとっては多くの厄介な特徴を有している。ゴールデンウイーク・夏の休暇・年末年始などの特定期間に需要が偏在しピーク&ヴァレイが強く季節性に富んでいる;購入頻度が年1~2回と極めて少ない;旅行者は価格に敏感で、ロイヤルティを構築するのが難しい。旅行者の「いったいどこに旅行したら良いのだろうか?」と悩む虚ろげな定まらない心理も、販売業者にとっては困ったものだ。Y部長の「旅の計画前の、旅の誘いのタイミングに誰よりもいち早く顧客を獲得しろ」と言う号令は、一体どのように具体化したら良いのだろうか?

5. 消費者、インクルーシブに出費を厭わない

新しい調査によると、消費者の10人に7人は、すべてのタイプの旅行者にとってより包括的(inclusive)な目的地、宿泊施設、または交通機関のオプションにもっとお金を払う用意がある。Expedia Group Media SolutionsのInclusive Travel Insights Reportによると、消費者の78%が、メッセージやビジュアルを通じて表現されていると感じたプロモーションや広告に基づいて旅行を選択したと述べている。ミレニアル世代の場合、この数字は最も高く、84%が、広告での表現に基づいて旅行の決定を下したと報告している。消費者の92%は、旅行会社がすべての旅行者のアクセシビリティのニーズを満たすことが重要であると考えている。ただし、消費者の54%だけが、すべての能力(all abilities)にアクセスできるオプションを見たと答えており、52%だけが、すべてのタイプの旅行者を含むオプションを見たことがある。旅行を計画するとき、消費者の43%は、目的地またはその近くで地元の文化やコミュニティと最もよく関わる方法についての情報を見たいと言っている。42%は、旅行計画で先住民の文化や遺産をサポートする目的地の推奨事項を確認したいと述べている。34%は、地元の組織とのボランティアやサポートの方法に関する情報を求めている。

11のグローバル市場で11,000人の消費者を調査したこの調査では、消費者の64%が地元の文化やコミュニティをサポートする旅行オプションについてもっと知りたいと考えている一方で、5人に2人の消費者が、過去2年間の旅行で、地元のコミュニティやマイノリティグループから購入していることも明らかになっている。旅行会社の場合、マーケティングでインクルーシブとすることには、人種、性別、年齢、家族、カップル、能力、活動に関する多様な画像を集めることが含まれる。旅行ブランドはまた、使用する言語を認識し、マーケティング資料や旅行リスト全体で包括的で歓迎的で敬意のある言葉を目指す必要がある。また、あらゆるバックグラウンドの旅行者向けのアメニティとアクセシビリティ機能を強調することも役立つ。

Expedia Group Media Solutionsのブランドマーケティング担当シニアディレクターであるJenn McCarthyは、「人々が包括的旅行をどのように認識し、評価するかをよりよく理解することは、すべての人にとってより包括的で多様な旅行体験を促進するのに役立つ」と述べている。

(7/25 https://www.phocuswire.com/consumers-willing-to-pay-more-for-inclusive-travel-choices?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

6. より良いCO2指標

航空会社は定期的に燃料消費量を報告している。良いことだ。航空会社のCO2排出モデルは改善され、アクセスしやすくなっている。良いことだ。企業は旅行関連の炭素排出量を推定しています。良いことだ。

購入者は、CO2排出量について航空会社を判断するために間違ったKPIを使用している。良くないことだ。旅行者は、最も害の少ないフライトの旅程を選択するために間違ったメトリックを使用している。良くない。

旅行のCO2排出量の絶対量、たとえば2,000トンを測定する必要があることは間違いない。この絶対的な対策は、気候を保護するために何を削減しなければならないかを報告するため、非常に重要である。

相対的な問題

The relative problem

問題は、ある航空会社または旅行プログラムからのCO2排出量を別の航空会社または旅行プログラムと比較するように設計された相対的な指標にある。現在の相対的な指標の例は、乗客1人あたりのCO2または飛行1マイルあたりのCO2である。これらの現在の指標は、航空会社の比較、旅行プログラムのベンチマーク、および都市ペアのさまざまなフライトオプションの気候への影響の判断のタスクに適しているようだ。小さい数値、たとえば乗客1人あたり200キログラムのCO2は、大きい数値よりも優れていることは明らかだ。それが真実である場合(そうではない)、この相対的な主要業績評価指標を下げるのに役立つものはすべてサポートする必要がある。それについてもっと考えてみよう。

結果を考慮しろ

Consider the consequences

航空会社はどのようにして乗客1人あたりのCO2または飛行距離を小さくすることができるか?1つの方法は、航空機により多くのエコノミーシートを配置することである。シートが多いほど、分母が大きくなり、メトリックの値が小さくなる。航空会社はこれらの余分な座席をどのように埋めるか?旅行の需要を増やす運賃を下げることによって。需要が高ければ高いほど、より多くの人が飛んで、より多くの燃料が燃やされる。この航空会社が燃料効率を改善したり、CO2排出量を削減したりする必要はないことに注意して欲しい。この航空会社は、純粋に低運賃で密集した座席のビジネスモデルの結果として、乗客1人あたりのKPIで高い評価を得る。さらに悪いことに、低運賃は航空会社に持続可能な航空技術に投資する余地をほとんど残していない。

乗客1人あたりの現在のCO2またはマイルKPIを使用する企業の旅行プログラムは、旅行者を低コストのビジネスモデルの航空会社に誘導するリスクがある。ショッピングツールで乗客1人あたりのCO2を見る旅行者は、気候的には低運賃で高密度の航空会社が最良の選択であると考えるだろう。しかし、低価格のチケットは、企業の旅行予算からより多くの旅行をとることを意味する。出張費が安いため、価値の低い会議への出張の承認が容易になる。その結果、航空会社の旅行の価値が低下するのではなく、利益率が低下する。それらは気候の観点から私たちが望む結果なのか?

目標は何か?

What’s the goal?

重要な気候目標を達成するには、航空会社、企業、およびその旅行者による行動を調整する必要がある。重要な問題は、どの目標に向けて調整するかである。

航空会社のCO2排出量を削減することは、航空業界のCO2効率を改善することとは大きく異なる目標だ。削減目標は、航空業界の気候への影響を完全に削減する。CO2効率の目標達成は、航空会社の絶対排出量を増やしながらでも達成することができる。これらはまったく異なる目標である。1つは航空会社の排出量を削減する。もう1つは、乗客または飛行マイルの増加よりも遅いペースで成長する限り、それらを成長させる。これらの目標には互換性がない。どちらを選ぶべきか?

排出量を削減するのが最善

Reducing emissions is best

短期的に航空会社のCO2を大幅に削減する唯一の方法は、旅行量を減らすことである。これは、すべての環境に責任のある旅行プログラムの絶対的な目標でなければならない。問題は、この目標をどのように達成するか、そしてどのように自分の進歩を判断するかである。

1つのオプションは、旅行予算を削減することだ。これにより旅行は減るが、持続可能な航空への投資に資金を提供する航空業界の能力が損なわれる。

別のオプションは、各フライトにかなりの炭素税を追加することにより、フライトをより高価にすることである。これにより、価値の低い旅行の需要が減り(良い)、航空会社が持続可能な航空活動に資金を提供するのに役立つ(良い)。しかし、それは旅行をより良くするために何もしないし、気候に合わせた旅行の決定をするためのより良いKPIを提供しない。

支出を脱炭素化する

Decarbonize the spend

重要なのは、空の旅への支出を脱炭素化することである。これを追跡するKPIは、航空運賃1ドルあたりのCO2である。たとえば、500キログラムのCO2と500ドルの価格のチケットには、航空運賃1ドルあたり1.00kgのCO2が含まれる。この「1ドルあたりのCO2」KPIは、航空会社の排出量の削減に努めるすべての関係者に、行動と結果の強力な連携をもたらす。航空会社は、フライトオペレーションを脱炭素化し、価格を上げることでこのKPIを削減できる。これは重要だ。航空運賃が高くなると、KPIの価値が低下すると同時に、旅行の需要が減少する。航空運賃が高くなると、低価格の旅行を正当化するのが難しくなり、旅行予算をより早く削減できるため、低価格の旅行が少なくなる。航空会社は、持続可能な航空技術への投資に対して、より多くの利益率を得るだろう。

旅行者は、このKPIを小さくすることでどのようなメリットがあるか?予約ツールにこのメトリックを表示することにより、旅行者はより高価であるが炭素化の少ないチケットを購入するように案内される。スケジュールの混乱が生じた場合、より高い運賃は旅行者に航空会社によるより良いサービスの資格を与える可能性がある。これらのより高い運賃は、頻繁な旅行者により高いステータスとより良い特権をより迅速に獲得する。

「より少ない旅行、より良い結果」の旅行戦略に取り組む企業は、低炭素と正当な価格の許容可能な組み合わせを持つ運賃を見つけることを条件として、旅行者にファーストクラスとビジネスクラスの座席を提供できる。「最低炭素化航空運賃」を新しい旅行政策の計画と考えて欲しい。

 

 

 

 

本当に重要なこと

What really Matters

この新しいKPIは、今日の調達チームにとって重要な要素である、フライト収益の脱炭素化における各航空会社の進捗状況を明らかにする。Flight BIによる米国の航空会社データの最近の分析によると、デルタ航空のCO2量はフライト収益1ドルあたり最低であった。それでも、乗客1人あたりおよび1マイルあたりの飛行量の指標を使用した場合、デルタは最悪に近いランクになった。企業の出張管理チームは、メトリックを賢く選択する必要がある。

航空運賃に喜んで高い価格を支払うという考えは、マネージャーがコスト第一の旅行戦略に固執しているとうまくいかない。彼らは、低価格が依然として旅行排出量の削減よりも優先されるかどうかを上級管理職に尋ねるべきである。多くの企業にとって、答えはノーだ。この優先順位が高いほど、健康的で生産的で意欲的な旅行者が旅行を成功させることは少なくなる。この主張を裏付ける証拠については、tClaraのホワイトペーパー「How We Meet Matters」を参照して欲しい。低運賃とより価値の低い旅行は、持続可能な企業旅行と互換性がない。より少ない炭素でより高い価格でより少ない旅行をするという戦略的利益を受け入れる時が来た。この新しいKPIは、私たちがこれらの行動にどれほどコミットしているかを明らかにする。今すぐ採用して欲しい。

*この記事はもともとBTNに掲載された

著者:Scott Gillespieは、tClaraの創設者兼CEO。

(7/25 https://www.phocuswire.com/We-need-a-better-co2-metric-here-it-is?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

MicrosoftTeams-image.png.webp

7. ツアー&アクティビティから複雑さを除去

パンデミックにより、非接触型ソリューションと自動化の向上という点でツアーセグメントに変化がもたらされたが、市場の複雑さの多くは残っている。

多くの場合、ツアーやアクティビティプロバイダーは小売部門に解決策を求め、同様のテクノロジーをエクスペリエンスに適用できるかどうかを質問するが、複数の異なる要素、価格設定、アベイラビリティ、説明(description)、および旅行モードは、必ずしも適用できるとは言えないことを意味する。Phocuswright Europe 2022の幹部とのパネルディスカッションでは、ツアーとアクティビティセクターの製品の断片化とテクノロジーギャップの課題が議論された。

TourRadarのCEOであるTravis Pittmanは、消費者が全体的な旅行ミックスの一部として体験を検討できるように、ツアーやアクティビティに関する説明(narrative)を変更することについて話す。TourRadarとFlight Centerとの最近の流通パートナーシップは正しい方向への一歩であるが、Pittmanは、オンライン旅行大手のWebサイトに独自のタブがある複数日ツアーを見たいと考えている。同社は最近、TourRadarの自転車ホリデーを販売するlastminute.comのホワイトレーベルパートナーシップを発表した。これは、複数日ツアーセグメントの認識をさらに変えるのに役立つとPittmanは言う。B2Bの流通には、 TUIグループのCIO兼将来市場のCEOであるFrank Rosenbergerも触れている。彼は、TUI Musementの成長と発展、およびBooking.comを含むOTAとのパートナーシップについて説明している。流通契約はより主流のツアー製品を対象としているが、TUIは複数日ツアーへの参加も検討しており、Pittmanは物事をできるだけシンプルに保ち、即時予約を可能にするためのアドバイスを提供している。どちらもツアーセグメントに対する継続的な投資家の意欲に触れており、スタートアップは依然として重要なラウンドを引き付けている。PhocusWireのシニアレポーターであるLinda Foxとの完全なセッションをご覧ください。

(7/25 https://www.phocuswire.com/tours-fragmentation-and-digitization-phocuswright-europe-2022?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

8. ルフトハンザ・イノベーションハブ

空港、鉄道駅、港を越えた現在の旅行の大混乱により、旅行業者は基本的なことを正しく行うべきだという強い主張が存在する。ただし、旅行のピーク期間はすぐに終了するため、業界は、それがどのように革新し、効率を高め、真に顧客を最優先するかを検討する必要がある。不況の迫り来る脅威が迫っていることもあり、スタートアップはすでにコスト削減を準備するように言われている。では、イノベーションはどこから来るのか?機会は何か、そして誰が投資を受ける可能性があるか?

Lufthansa Innovation Hub(LIH)のマネージングディレクターであるChristine Wangは、後期投資(later-stage investment)はまだ行われていると述べ、投資家が実証済みの市場適合性を備えたスタートアップを見たいという事実を反映していると付け加えた。Phocuswright Europe 2022のPhocusWire Studioでのインタビューで、Wangは、Lufthansa Groupを支援するLIHがスタートアップをどのように支援できるかについて説明している。彼女はまた、航空会社が消費者行動の変化に応じてサービスを多様化しようとしている方法についても話す。旅行者にコワーキングスペースとミーティングスペースを提供し、MeetingsbookerとのパートナーシップであるGlobal Spacesの最近の立ち上げはその一例である。Wangはまた、旅行者、特に若い世代がインスピレーションを得るためにソーシャルプラットフォームに目を向けるにつれて、旅行におけるライブストリーミングの成長にも目を光らせている。PhocusWireのシニアレポーターであるLinda Foxとの完全なインタビューをご覧ください。

(7/26 https://www.phocuswire.com/executive-interview-lufthansa-innovation-hub?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

9. 空港モビリティ市場規模700億ドル

旅行の需要と予約がパンデミックから回復する中、航空会社と旅行プラットフォームは、増収する方法を模索している。そのような方法の1つは、空港のモビリティ(旅行者を空港に出入りさせる交通手段)の販売によるものだが、消費者は常に選択肢を認識しているわけではない。Dynataと提携して11,500人の旅行者を調査したCarTrawlerのAirport Mobility Opportunityレポートによると、世界の空港モビリティ市場は600億ドルから700億ドルの価値があり、プライベートトランスファー、ライドヘイリング、タクシー、シャトルサービスを含む“より広義の空港トランスファー”では、レンタカーに匹敵する190億ドルから230億ドルの規模となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史的に、空港のモビリティに関しては、旅行業界は主にレンタカーに焦点を合わせてきた。ただし、空港モビリティは、空港でのレンタカー予約の7倍の空港内送迎予約があり、オンライン旅行代理店、航空会社、ホテル、旅行管理会社が旅行者のラーストマイルを獲得するためのスペースが開かれている。

CarTrawlerによると、2021年の空港でのレンタカーの世界的な予約数は6,500万から8,000万と推定され、世界的なより広範な空港送迎の予約は4億6,000万から5億5,500万である。

消費者の意識

Consumer consciousness

消費者は、フライトまたは旅行ベンダーから空港のモビリティを予約することを受け入れている。51%が航空会社で空港送迎を予約することを検討し、60%がオンライン旅行代理店で空港送迎を予約することを検討すると述べている。とは言うものの、消費者はしばしばこれらのオプションに気づいていない。また、旅行会社が 常に幅広い空港モビリティの選択肢を利用できるとは限らない。上位100の航空会社のうち、レンタカー以外のモビリティオプションを提供しているのは44%のみであり、OTAの50%のみがより広範な空港送迎を提供している。調査によると、消費者の30%は、オプションを知らなかったか、オプションが利用できなかったため、フライトベンダーのモビリティを考慮していなかった。さらに20%は、モビリティの予約を検討する際に、フライトベンダーは最優先事項ではないと述べている。空港への往復の移動手段を選択する場合、消費者の44%が、コストが最も重要な基準であり、次に信頼性(35%)と利便性(34%)が続く。さらに、23%は、保証されたピックアップ時間と無料の待ち時間により、将来的に特定のモビリティオプションを検討するようになると述べている。CarTrawlerの最高商務責任者であるAileen McCormackは、「競合他社を追い抜きたい旅行会社は、旅行者の進化するニーズに注意を払い、提供物と意識(offerings and awareness)の両方のギャップに積極的に対処する必要がある。これにより、アンシラリー収入を最大化しながら、よりシームレスな旅行体験を生み出すことができる」と述べている。 

(7/26 https://www.phocuswire.com/consumer-demand-fuels-70-billion-airport-mobility-opportunity )

Global Airport Mobility Opportunity.PNG.webp

10. ホスピタリティにおける女性リーダーの新連合

ホテルの幹部10人に対し、女性幹部は1人。この状況を変えようとする新しい連合がある。ホスピタリティ業界における女性リーダーを育成するため、19の団体が連携し、「Women in Hospitality Leadership Alliance」を設立した。個々の組織は今後も独立して活動し、アライアンスを通じてそれぞれのプログラム、メッセージング、イニシアチブを増幅していく予定である。このアライアンスを率いるホテル業界のベテラン、Rachel Humphreyは、「協力することで、これらの取り組みすべてを進めることができ、私たちの業界にとってより遠く、より早く針路を変えることになるだろう」と述べている。「人材と財源が割高な今、これらのグループが集まり、それぞれが持つインパクトを最大化するために、互いに共有することは素晴らしいことだ」。"とHumphreyは言う。

アライアンスは2021年11月に会話を始め、2022年1月にPhocusWireの親会社であるNorthstar Travel Groupの子会社、Americas Lodging Investment Summitで実際に顔を合わせした。それ以来、定期的に接続し、参加者の目標、今後の取り組み、教育資源、イベント情報などを共有している。

参加団体は以下の通り。

  • African Association of Women in Tourism and Hospitality

  • ForWard: Women Advancing Hospitality

  • Asian American Hotel Owners Association

  • Boutique Lifestyle Leaders Association / Travel Industry Executive Women’s Network

  • Castell, an AHLA Foundation Project

  • DEI Advisors

  • FAB Workshop

  • Forum on Leadership for Women by Red Roof

  • WINiT by Global Business Travel Association

  • Hertelier

  • Howard University School of Business Marriott-Sorenson Center for Hospitality Leadership

  • International Society of Hospitality Consultants / Questex Diversity Council

  • Inspiring Women in Hospitality

  • Latino Hotel Association

  • RaizUp

  • She Has a Deal including Fortuna's Table

  • Women Leading Travel & Hospitality

  • Women in Travel Thrive

  • Women Own the Room by Wyndham

Marcus Hotels & Resorts の Andrea FosterとHilton Hotels & Resorts の Talene Staabが指導に当たっている。RaizUpのCEOでアライアンスの創設メンバーであるRita Vargaが、フォーカスライト・ヨーロッパのPhocusWire StudioでPhocusWireのJill Menzeに話した。討論の全容は以下からご覧いただけます。

(7/27 https://www.phocuswire.com/New-alliance-forms-to-advance-women-leaders-in-hospitality-industry?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

11. MMP、全セグメントで増収なるも欠損計上

MakeMyTripは、パンデミックからの回復を続けながら、「強固な」前四半期比の成長を見せている。インドに本拠を置くこのオンライン旅行会社の2023年度(ママ)第1四半期の予約総額は11億6,000万ドルで、予約総額は2億8,700万ドルだった2022年度第1四半期と比べ、増加したと報告した。同社の航空券の売上高は3,100万ドルに増加し、MakeMyTripの2022年第1四半期に報告された1,500万ドルから2倍以上に増加した。ホテルとパッケージの収益も大幅に改善し、2022年第1四半期の1、100万ドルに対し、8,400万ドルとなった。調整後の営業利益は、前年同期の900万ドルの営業損失に対し、1,650万ドルとなった。2022年第1四半期に報告された約2,500万ドルの損失に対し、同四半期の損失は1,000万ドルとなった。グループCEOのRajesh Magowは、「2023年度第1四半期は、夏休みシーズンの旅行需要の増加やレジャー旅行の需要のため、力強い回復を目の当たりにした」と述べている。「旅行に対する消費者心理は極めて良好な状態を維持しているが、航空燃料価格の高騰が航空運賃の上昇につながり、特に海外旅行については、パンデミック前と比較して旅行市場の回復に影響を及ぼし続けている。当社の総合的な旅行商品とブランド力により、インドではお客様に選ばれ、当社の目指す利益ある成長の達成に貢献している」と述べている。また、パンデミックの2年後に旅行マインドと行動が回復していることは「心強い」と述べた。同社は、ホームステイの分野で引き続き成長の機会があることを強調し、(物件カテゴリーを問わず毎四半期何百もの物件を追加しているが)予約状況も非常に好調であることを述べた。

また、Magowは、国内レジャー旅行が力強く回復しているが、海外は回復が遅れていると述べた。法人旅行は、「ワークパターン」が正常に戻るにつれて、今後数四半期は引き続き回復すると予想される。

(7/27 https://www.phocuswire.com/makemytrip-q1-2023-travel-recovery?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

12. 旅行仲介業者、Phocuswright Europeで語る

Hopper、Trivago、Etraveli Groupなどの旅行仲介業者は、旅行者、パートナー、投資家、従業員など、複数の利害関係者の真ん中に位置している。 製品の革新と成長を推進し続けながら、これらのダイナミクスを管理することは困難な場合がある。Phocuswright Europe 2022でのパネルディスカッションで、Hopperの最高戦略責任者であるDakota Smithは、「仲介業者は商品開発面で独自の価値を提供できる。なぜなら、彼らはレガシープラットフォームに制約されている一部のサプライヤよりも新しい技術システムの優位性を持っている可能性があるからだ」と述べている。しかし、そのタイプのイノベーションには、依然としてコラボレーションと調整が必要である。TrivagoのCEOであるAxel Heferは、「新しい機能や元のアイデアにひねりを加えてから、多くのパートナーと協力して、顧客にとっての価値を実際に創造する必要がある」と説明している。パネルは、Etraveli Groupの企業開発担当上級副社長であるLisa Katsourakiとともに、企業の成長に合わせて焦点を維持することの重要性と、「購入または構築(buy or build)」という永続的な質問についても話し合う。

「コアバリュープロポジションの基本的でないものについては、構築するのではなく購入する必要がある。テクノロジー企業として拡大しようとすると、あらゆる機能や特徴を構築しようとする罠に陥りがちである」とSmithは言う。

買収については、2021年にBooking Holdingsに買収された企業のKatsourakiは、「価値を破壊しないように、常に重複をできる限り少なくする必要がある」と述べている。パネリストたちは、経済や不況が旅行業界に与える影響についても議論する。「Trivagoにとって、それは消費者のコスト意識が上がることを意味する。私たちはそこにイノベーションの力を注いでいる」とHeferは言う。

Smithは、Hopperにとって、2021年に1億7,000万ドルと1億7,500万ドルの2回の資金調達を行った同社では、景気減速が考え方の転換を促していると話す。「我々は・・・顧客のために革新を続け、市場シェアを獲得しなければならないが、最終的に収益性につながる方法でそれを行う必要がある。それは、我々が再び自由に、あるいは2021年と2020年のように自由に資金を調達できることを暗黙の前提としていないからだ」と語る。PhocuswrightリサーチマネージャーConey Dongreとのディスカッションの全容は以下よりご覧ください。

 (7/27 https://www.phocuswire.com/hopper-trivago-etraveli-group-on-innovating-from-middle )

13. アマデウス、北米市場牽引 第2四半期好決算

Amadeusは、6 月 30 日までの 3ヶ月間の収益が 12 億ドルに達する堅実な四半期を発表した。マドリッドに本拠を置くこのグローバル流通企業の売上高は、前四半期から 18% 増加し、2019 年第 2 四半期の売上高の約 83% を占めている。Amadeusの社長兼 CEO であるLuis Marotoは、特に北米で旅行代理店の予約数と搭乗客数が改善したと述べている。彼は、ボリュームの増加と新規顧客によって、同社はホスピタリティにおいても「パンデミック前のレベルに近づいた」と付け加えている。第 2 四半期の航空の流通は 6 億 400 万ドルで、同社によると、この四半期の予約は 2019 年第 2 四半期の 75% であった。航空 IT ソリューションの収益は 4 億 1,000 万ドルで、乗客数は 2019 年第 2 四半期のほぼ 78% に達した。ホスピタリティおよびその他のソリューション ビジネス ユニットは、2019 年第 2 四半期のレベルの約 94% に相当する 1 億 9,300 万ドルの収益を報告した。同社の EBITDA は合計 5 億 600 万ドルで、これは 2019 年第 2 四半期のレベルの 84% であり、2022 年第 1 四半期から 35% 増加している。この数字には、5,200 万ドル強の返金不可の政府助成金が含まれている。この四半期の調整後利益は 2 億 5,200 万ドルで、これは 2019 年第 2 四半期のレベルの 75% であり、2022 年第 1 四半期から 46 パーセンテージ ポイント増加している。

(7/29 https://www.phocuswire.com/Amadeus-earnings-Q2-2022?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

14. アコー、43ホテルブランドを2事業部門に再編

Accorは、10月上旬に予定している再編のさらなる詳細を明らかにした。2022年第2四半期の決算を報告した、フランスに本拠を置くこのホテル会社の会長兼CEO、Sebastien Bazinは、「ターボ(turbo)」と名付けられたこの再編成により、グループ内に2つのユニットが誕生すると述べている。最初のグループは、エコノミー、ミッドスケール、プレミアムホテルで、ポートフォリオ全体の約90%に当たる4,800のホテルで構成されている。Bazinは、これらのホテルは、グループの料金(group’s fees)の85%を占めるが、キャッシュフローの3分の2を占めていると話す。また、グループの43ブランドのうち、15ブランドがこのユニットに入ることになるという。2つ目のグループは、ラグジュアリー&ライフスタイル部門となり、Ennismore、Fairmont、Rafflesのブランドが含まれる予定である。また、今回の再編ではシンプルさを重視し、各ユニットに意思決定の権限を与え、自律させることで、ホールディングレベルで「これまでで最もスリムな構造」を実現することを強調した。エコノミー、ミッドスケール、プレミアム部門は、アコーの副CEO兼CFOであるJean-Jacques Morinが率い、Bazinによると、よりスリムで効率的にすることに重点を置くとのことである。ラグジュアリーおよびライフスタイル部門は、ニューヨークを拠点とするCEOが指揮を執る。Bazinは、この再編を「必須」と位置づけ、「必要であり、不可欠であり、正しいタイミングである」と語る。同グループの半期売上は17億2,000万ユーロとなり、前年同期比97%増となった。ホテルサービス部門の売上は119%増、ホテル資産は57%増となった。2019年同期とのRevPAR比較では、10%の減収になるという。

 (7/29 https://www.phocuswire.com/Accor-restructure-2022?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

15. 旅行市場回復、ハッカーも活発化

2 年間の休止期間を経て、旅行が本格的に再開された。ブランドの評判を利用して顧客アカウントをハッキングしようとするハッカーも同様である。制限が解除された今、世界は切望されていた日光にシャッターを開けた。ついに休暇が話題にのぼり、対面式の業界会議、イベント、および会議が出張者の復活を後押ししている。大打撃を受けた旅行およびホスピタリティ業界にとって、これは非常に歓迎すべきニュースである。旅行がキャンセルされ、ホテル、会議スペース、レストランが閉鎖を余儀なくされた後、パンデミックは間違いなくこれらのビジネスに他の多くのビジネスよりも大きな影響を与えた。しかし、旅行シーズンが本格化し、人々は待望の夏の休暇や出張の予約で忙しくしているため、サイトにアクセスしたりアプリを使用したりするすべての人が正当な旅行者であるとは限らないことに注意して欲しい。熱心な消費者が旅行予約サイトに群がると、攻撃者も群がり、ユーザー情報を盗んで利益を得ようとする。

詐欺師の台頭

The rise of the scammers

旅行者の増加に便乗しようとするサイバー犯罪者は、この業界を攻撃するために自由に使えるツールを持っており、多くはボットや自動化された攻撃を利用して汚れ仕事をこなしている。ボットを使用すると、攻撃者は攻撃を拡大し、旅行サイトやホスピタリティ サイトを一斉に攻撃してユーザー アカウントを侵害することができる。今日、旅行およびホスピタリティ サイトを標的とする最も顕著な攻撃の 1 つは、アカウントの乗っ取り (ATO) に焦点を当てている。これらの脅威には、攻撃者が旅行サイトで有効なユーザー資格情報をテストすることが含まれる。これは通常、ダーク Web のデータ ダンプから取得され、ボットを使用して一度に数千回のログイン試行をテストする。

非常に多くの消費者が複数のオンライン アカウントで同じパスワードを使用することを考えると、詐欺師は多くの場合、攻撃を通じて多数の有効なログインを見つけることができる。有効なログイン資格情報が特定されると、攻撃者はアカウントを乗っ取ってフライトや宿泊施設を予約したり、航空マイル、ポイント、栄誉や特典を換金したりして、できるだけ多くの方法で盗難を収益化することを目指す。旅行サイトの運営者やブランドは、攻撃によって多額の資金を失うだけでなく、顧客が自分のアカウントが侵害されたことを知ったときに評判が損なわれるため、これは旅行サイトの運営者やブランドに大きな損害を与える。

Web スクレイピングは、ハッカーがアカウントの乗っ取りを行うために使用する一般的な方法であり、PerimeterX は最近、米国で最も有名な 2 つの消費者向けオンライン旅行代理店を標的としたWebスクレイピング攻撃に関する注目に値する 3 つの方法を発見した。攻撃は、攻撃者が製品や価格情報をスクレイピングするアイテム化攻撃から、詐欺師がカスタマー エクスペリエンスを混乱させるためにボット トラフィックで Web サイトをあふれさせる検索エンジン攻撃にまで及んだ。ボットは、旅行代理店のサイトから製品のレビューや証言を収集しようとすることも確認された。この例では、本物のレビューを盗んで自分のウェブサイトをより魅力的に見せようとする競合サイトである可能性がある。または、元の旅行サイトを探している人々をだまして偽の旅行サイトにアクセスさせ、そこから金銭を盗もうとするサイバー犯罪者である可能性がある。この種の攻撃は、ボットがサイトの処理能力を圧迫するため、カスタマー エクスペリエンスを混乱させるだけでなく、閲覧と予約の比率(look-to-book ratio)にも影響を与える。ボットは、閲覧するが予約はしないため、これらの比率が歪められてしまう。この比率が旅行およびホスピタリティ業界で使用される主要な成功指標であることを考えると、これは問題である。このような攻撃は、すでに回復基調にある業界を危険にさらすものであるが、旅行会社やホスピタリティの業界は、自社サイトと顧客を守るために一体何をすればよいのだろうか。

自動化されたボット攻撃からの保護

Protecting against automated bot attacks

これらすべての攻撃シナリオがボットを介して実行されることを考えると、旅行およびホスピタリティ サイトはリスクを理解し、人間以外の Web サイト トラフィックを検出して軽減するソリューションを実装する必要がある。これらの簡単な手順は、ボット攻撃の現在のリスクと緩和に関する提案を理解するのに役立つ。

  •  個人を特定できる情報、メンバーシップ ポイント、保存されているクレジット カードなど、エンド ユーザーの情報が保存される可能性がある、または攻撃者にとって価値のあるすべてのアプリケーションのリストを作成する。

  • 主要なアプリケーションを監視して、攻撃の兆候を確認する。予想外の動作は、攻撃の兆候である可能性がある。

o    多数のログイン失敗または多数のパスワード リセット リクエストは、クレデンシャル スタッフィングまたはアカウ       ント乗っ取り攻撃の兆候である可能性がある。

o    アドレス変更リクエストの急増は、アカウント乗っ取り攻撃の兆候である可能性がある。

o    チャージ バックの急増は、カーディング攻撃の兆候である可能性がある。

o    大量のカート放棄は、スクレイピング攻撃の兆候である可能性がある。

  • 攻撃の兆候が存在する場合は、CDN またはボット軽減ベンダーと協力して、監視モードでソリューションを試し、攻撃が存在するか、進行中か、さらにはエスカレートしているかを確認する。

  • ボット軽減ソリューションが必要かどうか、および現在のセキュリティ技術スタックとどのように統合するかを決定する。

  • ソリューションをデプロイし、ボット トラフィックの変化を監視する。アプリケーションに合わせてソリューションを調整するには少し時間がかかるかもしれないが、時間が経つにつれて、ほとんどのセキュリティ チームは、ボットベースのトラフィックが大幅に減少し、顧客と管理者の満足度が向上することに気付くだろう。

旅行を予約しようとする消費者が増えるにつれて、この悪質な活動の増加により、詐欺師が攻撃を実行するための新たな手段が露呈している。旅行およびホスピタリティ企業は、混乱やさらなる旅行の混乱を引き起こす前に、悪意のあるトラフィックを検出できるプロアクティブなソリューションを展開することで、これらに対抗する必要がある。

著者:Robert Kusters は、PerimeterXのシニア マネージャー兼セキュリティ エバンジェリスト。

(7/22 https://www.phocuswire.com/travel-is-back-so-are-hackers)

16. 7月25日の週の資金調達記事

  • Qstay Hospitality Technologies

ホスピタリティ企業 のQstay Hospitality Technologiesは、650万ドルのシード資金を調達した。2020年に開始されたドバイを拠点とする事業への投資は、個人投資家からのものである。Qstayは現在、アラブ首長国連邦とヨーロッパで約200の高級バケーションレンタル物件を提供しており、さらに200の物件がすでに署名されていると述べている。同社は、地元のプール、ジム、スパへのアクセスや、ホテルのような施設へのアクセスなど、モバイルアプリを介してゲストに技術主導の体験を提供している。同社は、その占有率が80%を超えており、EBITDAは過去2四半期にわたってプラスであると主張している。Qstayは、2022年末までに450ユニットを保有し、来年には600ユニット以上に拡大し、2023年には5,000万ドルの収益を達成することを目指している。同社はまた、今後12か月間、ヨーロッパと中東の5つの都市に進出したいと考えている。

創設者兼共同CEOのArtur Khayrullinによると、この資本は、同社がこれまでに見た「驚くべき成長を加速する」ために使用される。

彼は「Qstayの差別化されたデジタルサービスモデルにより、同社は従来のホテルと比較して運用コストを最大50%削減できる。革新的なテクノロジーを通じて、トップビーチリゾートの施設へのモバイルベースのアクセスなどの追加のデジタルサービスや慎重に設計された宿泊施設であるQstayは、ホスピタリティ業界に革命をもたらす」と述べている。

共同創設者兼共同CEOのAlec Fesenkoは、。「旅行に対する私たちのビジョンは、優れたモバイルアプリベースのアドオンサービスを提供しながら、テクノロジーを使って誰もが美しくデザインされたスペースにアクセスできるようにすることである」と述べている。

(7/15 https://www.phocuswire.com/Qstay-seed-funding?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • トラベルテック Spotnana

ほぼ1年前にステルスモードから抜け出した旅行テクノロジーのスタートアップであるSpotnanaは、シリーズBの資金で7,500万ドルを調達した。このラウンドはDurable Capital Partners LPが主導し、既存の投資家であるMadrona Venture Group、ICONIQ Growth、Mubadala Capital、Blank Venturesが参加した。Spotnanaは、そのソリューションを「サービスとしての旅行(travel-as-a-service)」プラットフォームとして説明し、オンライン予約ツールから予約エンジン、旅行予約の記録システム、オフィス内での交換、旅行在庫のデータ統合まで、あらゆるものを組み合わせている。このソリューションは、企業、旅行管理会社、サプライヤ、テクノロジープロバイダーが使用できる「単一のクラウドベースのテクノロジースタック」である。昨年秋にローンチして以来、創設者兼CEOのSarosh Waghmarは、「Spotnanaは企業側の急速な拡大を見てきた...いくつかの大規模なTMCも登録している。また、APIを使用し、製品にホワイトラベルを付けるテクノロジーパートナーの発表もある」と言う。同社はBrexを大企業の顧客の1つとして挙げており、WaghmarはFortune 20の企業が試験運用を行っていると述べている。「私たちは非常に迅速にエンタープライズスペースに移動した」と彼は言う。Spotnanaは、法人旅行に焦点を当てながら、業界の「インフラストラクチャを再構築」して、レジャーでもビジネスでも、すべての旅行者のエクスペリエンスを向上させることを目的としていると述べている。同社によれば、一部の企業ユーザーはすでにレジャー旅行に予約ツールを使用しており、来月にはグループレジャー旅行を可能にする予定である。さらに、Spotnanaによると、その技術スタックは、オンライン旅行代理店や旅行特典を提供したい金融サービス会社など、消費者向けの企業が使用できるとのことである。Spotnanaはこの資金を使用して、エンジニアリングチームと製品チームを成長させる。現在、世界中の8か所に200人以上が働いている。「Spotnanaは、旅行業界向けのまったく新しいタイプのソリューションプロバイダーである」と、Durable Capital Partners LPのマネージングパートナー兼最高投資責任者であるHenry Ellenbogenは「彼らの革新はエレガントなオンライン予約ツールをはるかに超えているため、彼らは驚異的な成長を遂げている。旅行を予約するためのテクノロジースタック全体を最新化することで、サプライヤと旅行者の間の壁を打ち破り、予約プロセスにおける新しいレベルのパーソナライズへの扉を開く。Spotnanaは、長期的で持続可能な成功を収める可能性を秘めている」と述べている。同社はこれまでに1億ドル以上を調達した。Waghmarは、この最新のラウンドで、同社の拡大する顧客ベースが投資家に検証を提供しているという事実と、機会が大きいという事実を認めている。グローバル企業の場合、Waghmarは、APIネイティブのソリューションは複数の国で事実上同時に起動でき、すべての従業員の活動を可視化する単一のダッシュボードを提供すると述べている。このシステムは、従業員がサプライヤのWebサイトを通じて受け取るのと同じメリットに関連するパーソナライズされた予約オプションも提供する。直接接続、グローバル流通システム、その他のソースからの在庫(GDSインセンティブのバイアスなし)、および旅行者とエージェントの両方が使用する単一のプラットフォームである。「Spotnanaは、クラウドコンピューティング、マイクロサービス、オープンプラットフォーム、オープンAPIのパワーを誰もが利用できるようにすることで、旅行業界全体でイノベーションを加速させている」と、Madrona Venture GroupのマネージングディレクターでSpotnanaのエグゼクティブチェアマンであるSteve Singhは述べている。「ConcurのCEOを20年以上務めた後、私はSpotnanaへの投資家になることに興奮している。今日、世界中の旅行者により良い体験を提供するために、旅行業界のハードテクノロジーの問題に取り組むためにこれ以上のことをしている人は誰もいない」と語る。Singhは、昨年11月のThe Phocuswright ConferenceでのインタビューでSpotnanaについて話した。下記のPhocuswrightのリサーチおよび製品戦略担当シニアバイスプレジデントであるCharuta Fadnisとの完全なディスカッションをご覧ください。

(7/26 https://www.phocuswire.com/spotnana-57-million-series-b-grow-cloud-based-travel-platform?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 

  • 収入管理ツール PriceLabs

短期レンタル業界の収益管理ツールを提供するPriceLabsが、Summit Partnersから3,000万ドルのマイノリティ・グロース・インベストメントを獲得した。今回の出資はシカゴに拠点を置くPriceLabsにとって初めての資金調達で、2021年には3倍近く成長し、収益性の高いビジネスになっているとしている。2014年に設立されたPriceLabsは、短期賃貸のオーナーや管理者にダイナミックな価格設定と収益管理ソリューションを提供している。このソフトウェアは、人工知能とアルゴリズムを用いて、運営者が価格設定や滞在制限を管理し、収益を上げるのを支援する。PriceLabsは、AirbnbやVrboを含む70以上の不動産管理システムおよびチャネルと統合している。そのツールは、100カ国以上、15万件以上のリスティングをサポートしている。PriceLabsの共同設立者Richie Khandelwalは、「特にホスピタリティ分野では、ほとんどのビジネスがいまだに古風な方法と固定価格を使用しており、収益の10~40%をテーブルの上に置いてしまうことがある。私たちは、短期レンタル事業者のニーズに応えるためにPriceLabsを一から作り上げ、事業者が私たちのAIやアルゴリズムと、地域市場や物件に関する独自の知識を組み合わせることができる、使いやすく、高度に設定可能なソリューションを提供する」述べている。共同創設者のSana Hassanは、PriceLabsの製品は、歴史的に大規模なホスピタリティビジネスで使用されてきたツールの民主化に役立つと付け加える。「パリのアパートを季節ごとに貸す個人ホストから、フロリダの数千ユニットのバケーションレンタル・マネージャーまで、私たちは使いやすく、手頃な価格で、彼らがすでに採用しているソフトウェアとシームレスに統合できるソリューションを構築した」とHassanは言う。今回の資金調達により、同社は世界各地での新規雇用と製品開発への投資を計画している。

(7/28 https://www.phocuswire.com/pricelabs-gets-30-million-investment-for-short-term-rental-pricing-solution?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7Bhttps://www.phocuswire.com/pricelabs-gets-30-million-investment-for-short-term-rental-pricing-solution?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

 

  • 韓国 OTA Tripbtoz

昨年 11 月にシリーズ B で 60 億ウォン (約 460 万米ドル) の資金調達を行った後、ソウルを拠点とする OTA であるTripbtozは、動画ベースの旅行アプリを韓国国外に持ち出すことを計画している。元ExpediaのJiha Jungが2017年に設立したこのスタートアップは、現在までに105億ウォン(約800万米ドル)を調達している。韓国の視覚効果会社(visual effects company)Giantstep Inc.、NICE Investment Partners、SJ Investment Partners、TS Investment が最新の資金調達に参加した。2014 年から 2017 年まで Expedia で働いていた Jung は、シンガポールとサンフランシスコにオフィスを開設して、「自己表現のワンストップ プラットフォーム」を東南アジアと北米に輸出することを検討している。韓国では、旅行者が「遊ぶ、共有する、滞在する」ことができる同社のアプリは、20 ~ 30 歳をターゲットにしており、その 60% が女性である。「この MZ 世代は自己表現を求めているが、前の世代は社会的つながりのニーズがあり、それ以前は安全と生存のニーズがあった。ジェネレーション 2030 は韓国で最大のオンライン消費者であり、OTA での消費の 80% は若者によるものだ」と Jung は言う。業界と消費者が移行期にあり、現実世界とメタバースの境界線があいまいになっているため、彼は Tripbtoz 内にメタバースを作成して、顧客がコンテンツを作成して共有し、「ホテルを予約する手順を最小限に抑える」ように刺激したいと考えている。

(7/29 https://www.phocuswire.com/tripbotz-expands-to-singapore-san-francisco-with-series-b-raise?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

 

+++++

印刷用ファイル