top of page

海外事情 2022年  8月  22日号

「1. (TJ) 法人旅行回復、2026年に遅延」が、『最近の逆風により、世界の法人旅行市場の回復が2026年と予測されており、昨年11月の予測よりも2年近く遅れていると言っている。この見通しは、Global Business Travel Associationによるものである。GBTAによると、インフレ、エネルギー価格の高騰、サプライ チェーンの課題、労働力不足のため、出張の回復は2026年まで見込めない』という。

しかしこれは、市場の回復が遅れているのではなくて、市場そのものがバーチャル会議に影響されて縮小しているのではないのだろうか?

 

「10. 法人旅行、スケジュール混乱対応テック必要」が、『ビジネス旅行者の94%は、仕事で旅行することにまだメリットがあると考えている』と指摘する。営業部門や出張者自身にとっては、対面販売が必須と考えるのは当然であって、だからと言って、彼らの希望通りになるとは限らない。

 

「14. 欧州新興企業のための新旅行テックファンド」では、2017年に設立されたヨーロッパが専門のトラベル テック ファンドRoch Venturesが、3つの主要な旅行トレンドに焦点を当てているという。1つ目は、2035年に10 億人と予測されているデジタル遊牧民市場、2つ目は、ますます求められている持続可能性、そして3つ目が(市場の縮小している)法人旅行であるという。Rochは、利益の75%をこの市場から稼いでいる航空会社の対応を探さなければならいと言っている。1番のデジタルノマド増加と3番の法人旅行減少の対比が印象的で、現実は「そう言うことなのだろう」とうなずかされる。

マイクロソフトのBill Gatesの“50%減少”予測とまではならなくとも、法人旅行市場の縮小は現実味を帯びてきている。

 

「11. DIDとSSI、旅行体験市場をどのように変えるか」が、分散型識別子 (DID= decentralized identifiers ) と自己主権型アイデンティティ (SSI= self-sovereign identity) の進化が、今後10年間で断片化された旅行体験市場を変革する。進化がどのように起こるかは不明であるが、起こることは間違いないだろう。時間が経つにつれて、DID/SSI の進化は旅行業界のゲームチェンジャーになる可能性が高い・・・と言っている。

 

またこの記事の筆者は、「旅行と観光のどこにイノベーションが見られるか?」の問に対して、持続可能性がメインで、その次がインシュアテック(insurance technology)、最後がブロックチェーンだと言っている。(「14」の記事の3つの主要な旅行トレンドでも持続可能性があげられている。)

このうちブロックチェーンについて、『今日、最悪の体験の1つは空港に行くことだ。そのため、飛行機に飛び乗る前の体験を促進でき、ブロックチェーンがそれを可能にできるものは、何か興味深いものになる可能性がある』と言っているのは、自分の経験にてらしあわせると極めて分かりやすい。先週号「9. 元BKNG幹部、コネクテッド・トリップ ソリューション開発」でも、元Booking.comの幹部2人が、業界パートナーと旅行者の両方に、旅行のための分散型デジタルIDソリューションNeoKeを開発したと伝える。

ブロックチェーン技術の旅行への応用が確実に進んでいるようだ。

(編集人)

目 次

1. (TJ) 法人旅行回復、2026年に遅延

2. (TJ) Citi、ブッキングと提携して新トラベルサイト立上げ

   (TJ) = トラベルジャーナル 9月12日号を参照ください

 

3. 小説「XYZ・コム」(第7回)(8月22日)

4. 新興企業の舞台・価格比較アプリWayAway

5. VIDEO: アゴダTim Hughes

6. ホテル、データ収集にチャットボットがマストハブ               閲覧第3位

7. ウーバー、無料ロイヤルティ中止サブスクへ

8. VDEO: トリップ・コムの欧州展開野望                               閲覧第1位

9. 旅行で間違ったパーソナリゼーショしていないか?

10. 法人旅行、スケジュール混乱対応テック必要

11. DIDとSSI、旅行体験市場をどのように変えるか                  閲覧第4位

12. 旅行における小さな人種差別への対応

13. 航空会社のリテーリング

14. 欧州新興企業のための新旅行テックファンド                      閲覧第2位

15. NY大学、先進旅行改革でフォーカスライトと提携

16. 法人旅行マネージャー、アルゴリズムを信じるべきか           閲覧第5位

17. 8月15日の週の資金調達記事

3. 小説「XYZ・コム」(第7回)

Y部長は続けて「さっきも言った通り、どこのOTAも同じような商品を並べている。画一化されてしまって、どこで買っても変わらない。品ぞろえがちっとも変わらない。」

 

「そりゃあー難しくないですか」先の失策を取り戻そうと、Gがここぞと反論した。「そもそもサプライヤーのマーチャンダイジング(商品計画)がなっていない。航空会社は運賃とスケジュール、ホテルは値段とベッド数を羅列して自ら自分の商品をコモディティ化してしまっているじゃないですか。最近ではGUIによって商品の見える化に努力していると言っても、あまり代わり映えしない。結局、ほとんど同じメーカーが作る航空機、ほとんど同じコンクリートのビルのホテルなのだから、差別化が難しい商品なのかもしれない。それに、どこかが新商品を開発すると、すぐに競争敵に真似されてしまうという問題もある。例えば、ある航空会社がビジネスクラスに180°リクライニングするライフラットのベッドを導入すれば、即競争会社も同じようなベッドを直ぐに採用する。あるホテルでキーレスとかスマートスピーカーを導入すれば、これも右に倣えと即座にコピーキャットが出てくる。結局、移動とか泊まるだけの目的の商品しか作らない。旅行者のエクスペリエンス、そこが一番重要なのだが、そんなことに構ってなんていられないと無視している。そんな商品を並べるのだから差別化なんてできっこない。」

 

「できっこないとは・・・やれやれ君は諦めが早いね。確かにサプライヤーのマーチャンダイジングは、君がいうとおり旅行者の旅の体験の本来的なニーズに応えていないようだね。航空会社ではノーフリルのLCCや、ホテルでは代替宿泊施設やLCCと同じような宿泊特化型のビジネスホテルが誕生している。彼らは、完全コモディティ商品だね。」

 

「部長、僕たちは、何も諦めているわけじゃありませんよ。他社に負けないように、レートパリティーの縛りをつけるとか、マーチャント販売の安い卸値を交渉するとか、最後の1席あるいは最後の1室までの販売権利、すなわちlast-seat-availabilityとかlast-room-availabilityを確保するとか、努力してしいるじゃないですか。」

 

「御免ごめん、Gの言う通り、サプライヤーとの交渉を実にうまくやってくれている。ありがとう。どうだ、この話は2番目の流通のテーマで議論しようじゃないか。ここではサプライヤーの話はさておき、我々OTAを差別化するためのコンテンツが議論のテーマだ。そんなサプライヤーのコモディティ商品でも、それらをうまく繋いでパッケジングしょうというのが、これから我々が取り組まなければならないコネクテッド・トリップの考えでもある。コンテンツに関しては、僕は、XYZでなければ行けない、見ることができない、鑑賞することができない、予約が取れない、そんな商品を並べることはできないのかと考えている。」

 

Hが引き取って、「そんな商品を見つけるのは至難です。在庫担当としはあまり自信がありません。今まで通り、地元のDMOとコラボして地道にそこに埋もれている観光資源を見つけ出して行くということになる。あるTTAから聞いた話ですが、そのエージェントが有名なA美術館の優先入場を交渉した時に、その美術館から、見返りに説明プログラム付きの音声ガイド機器500台の提供を要求されたそうです。これも釈迦に説法ですが、人気のチケットは、一定量の事前の仕入れが必要になる。売れ残って余ってしまったら大損する。第一、そもそも人気が高いイベントほど仕入れが難しいと言っています。それに人手を食う悩ましい在庫管理の問題もある。いずれも結構大きな予算が要る。この手の話は採算ラインに乗りにくい。OTAは、あくまでミドルマンに徹していた方が良い。旅行商品作りに手を出すのは・・・。」

 

「どうも君たちには、チャレンジ精神がちょっと欠けている・・・のじゃないかね。できない、難しい、問題があると言うばかりじゃ能がない。今、君たちが並べた“できない、難しい”ことの“ナイナイ尽くし”のリストを作って、そのリストごとにその問題をどのようしたらブレークスルーできるかを再検討してくれないか。そうじゃなければ、僕の提案を引っ込める訳にはいかないよ。」

 

「XYZでは、一芸に秀でた人材を採用して、各自の得意分野の旅行を開発できる体制を整えているね。頭でっかちを避けて、企画力と実行力のある実践派の人材を揃えているはずだ。Gは体育会サッカー部、Hは美大出身、Aは音大卒だ。それにI君はゲームの世界のeスポーツ金メダリストだね。アウトドア、サイクリング大好き人間、オトキチだって居る。君たちが、君たちの得意分野の旅を探してくれている。Hが言うとおり、OTAはミドルマンで、旅を作っているわけではない。

さっきGが言った“サプライヤーのコモディティ化”の話と同じように、伝統的旅行会社(TTA)のプロダクトも、昔のいわゆる“旗持ちの名所旧跡巡りの団体旅行”よりは随分進化したけれども、依然としてあまりパッとしない旅が多いじゃないか。特にデジタルネイティブのZ世代以降の旅行者を引きつける魅力溢れる旅が少ないようだ。」

「我々XYZは、オンライン旅行会社でデジタルのDNAを持っている。ミドルマンだからと言って、ズーッと仲介専門のインターメディアリーにとどまっている必要なんてない。君たちのような若いジェネレーション向けの旅を作る潜在的能力を有している。人材も揃えているし、この際、我々自身が旅作りを開始して、もっと洗練した“XYZならではの旅”を作れないか?」と部長は熱っぽく訴えた。

(続く)

4. 新興企業の舞台・価格比較アプリWayAway

WayAway(香港)は、消費者が旅行のお得な情報をキャッシュバックできる有料会員プランであるWayAway Plusを提供する価格比較アプリであある。5月にローンチされたWayAwayは、姉妹会社Travelpayoutsの300,000を超えるアフィリエイト パートナーにチャンスがあると考えている。WayAwayは、旅行ブランドが収益の一部をホテル滞在、ツアー、アクティビティ、または保険を販売するブロガーと共有するアフィリエイト プラットフォームであるTravelpayoutsから生まれた。

旅行を考えているすべての人のために、B2B製品をカスタマー サービスに転換することにした。与えれば与えるほど、得られるものも多くなる。新しい旅行検索エンジンを作成する際には、この知恵を念頭に置いた。つまり、売り手からのコミッションをユーザーと共有する。WayAwayは、ホテルの予約、レンタカー、次の旅行のための保険など、旅行関連の購入に対してキャッシュ バック (ポイントではなく実際の現金を意味する) を提供する。また、ユーザーと共有できることを誇りに思っている旅行ガイドのコレクションも集めた。WayAwayアンバサダーと協力して、米国および世界中の数十の都市への本格的なガイドを作成した。簡単に言えば、WayAwayは旅行検索エンジンである。当社には、Kiwi.com、Trip.com、Flightnetworkなど、数十の旅行代理店があり、全部で約100のOTAと航空会社がある。

しかし、それだけではない。サブスクリプション経済のトレンドに続いて、WayAway Plusと呼ばれる有料メンバーシップ プランを導入し、すべての旅行取引に対してキャッシュバックの払い戻しを受けた。私たちの最初の取引の中には、Booking.com、Rentalcars、Viatorなどの有名なブランドが提供するキャッシュバックがある。ユーザーは、航空運賃が最大5%割引、ホテルが最大10%割引、レンタカーが最大5%割引、ツアーやアクティビティが最大7%割引になる。WayAwayの収益化は、レベニュー シェア モデルとメンバーシップ プランに基づいている。ユーザーは WayAway Plusの初年度に$100でサインアップできる。WayAway のアフィリエイト プログラムはドル箱だ。当社のパートナーである旅行コンテンツ クリエイターは、代理店や航空会社が提供する航空券販売からWayAwayが受け取る収入の最大50%を受け取る。さらに、パートナーは WayAway Plusメンバーシップ プランの販売ごとに10ドルを受け取る。Travelpayouts – 当社の姉妹会社であり、旅行向けのアフィリエイト マーケティング プログラム – は、世界中の300,000人を超えるコンテンツ クリエイターおよびソロプレナーと提携しているため大きなチャンスである。

c(8/15 https://www.phocuswire.com/wayaway-cashback-membership?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

5. VIDEO: アゴダTim Hughes

PhocuswrightのAsia Pacific Travel Market Report 2021-2025によると、世界の一部の地域で旅行が再び活況を呈し始めているため、アジア太平洋地域の旅行市場は回復に向けて大きな課題に直面し続けている。Agodaの企業開発担当バイスプレジデントであるTim Hughesは、現在進行中の制限により、アジアは世界の他の地域よりも約 6か月遅れていると推定している。しかし、Hughesはこれを、Booking Holdingsの子会社であるオンライン旅行代理店にとってチャンスだと考えている。

「私たちは新型コロナウイルスの旅行ブームのスタートラインに立っているのではなくレースをしたいのだ。そのため、私たちはその前に投資している」と彼は言う。Phocuswright EuropeのPhocusWire Studioでのインタビューで、Hughesは会社がCOVID前よりも大きくなり、世界中のさまざまな役割で何百もの求人を採用していることを説明している (Agodaは世界中に75のオフィスを持っている)。また、在宅勤務とオフィスベースの仕事の適切なバランスをまだ見つけていない。その他の優先事項には、エンドツーエンドの体験を消費者に提供するための Agodaの旅行プラットフォームの構築と、支払いやその他のフィンテック ソリューションに関連する新しいオプションの探索が含まれる。「あなたが旅行会社としてのフィンテック企業でないなら、あなたは動揺するだろう。私たちは、旅行と同じくらい支払いについて考えることに時間を費やしている」と彼は言う。以下の完全な議論をご覧ください。

(8/15 https://www.phocuswire.com/agoda-preparing-for-travel-boom?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

6. ホテル、データ収集にチャットボットがマストハブ

すべての道がローマにつながる場合、すべてのデジタル パスはホテルの Web サイトにつながるはずだ。Webサイトは、あらゆる企業のデジタル エコシステムの中心である。プラットフォーム アカウント、ソーシャル メディア、電子メール、メッセンジャーなど、すべてのデジタル アクティビティとオンライン ビジネス プレゼンスからのトラフィックは、直接オンライン予約が行われ、顧客の行動と関心に関するデータが収集される場所として、ウェブサイトに誘導する必要がある。ホテルが可能なすべてのソースから顧客に関するデータを意図的に収集せず、分析もしていない場合、それを開始するのに最適な日は今日である。Googleが2023年からサードパーティCookieをサポートしないと発表した後、デジタル マーケティングと販売の世界は混乱に陥った。ホテルのWebサイトとAIチャットボットは、このドラマとどのような関係があるのだろうか?すべてである!ホテルはサードパーティのCookieを使用する場合と使用しない場合があるが、いずれの場合もデータ収集は必須である。ホテルができることは、ファーストパーティおよびゼロパーティの顧客データ収集に集中することである。これは、ホテルが直接収集するデータである ― 顧客の行動に関する情報などのウェブサイト上で、ホテルのゲストが自発的にオンラインおよびオフラインで共有するデータ ― 名前、電子メール、電話番号の連絡先などである。

ホテルは、顧客をよく知るため、マーケティング メッセージで顧客にリーチできるようにするため、最新の改善されたサービスとコンテンツを提供するため、検索や質問に基づいて新しいゲストの傾向を発見するため、およびより多くの顧客を獲得するために、このデータを必要としている。これにより柔軟で競争力があり、より賢明な意思決定を行うことができる。顧客やゲストに関するファーストパーティデータとゼロパーティデータを収集するには、複数の手段を併用し、常に最新で分析可能なバランスのとれた客観的な顧客情報を取得する必要がある。顧客と即座にコミュニケーションできるツールをWebサイトに追加することが必要になってくる。探していたものが見つからなかったときに、お客様がメールを書いたり、電話をかけてきたりすることを期待してはいけない。ほとんどのユーザーは、チャットを好み、ライブチャットやメッセンジャーで質問を書くとき、彼らは即座に答えることを期待する。ホテルがこれらのライブコミュニケーションチャネルを通じてチームから24時間365日即答を提供できない場合、次のオプションは、ウェブサイト上で人間の力をAIチャットボットに置き換え、ゲストと従業員の両方を支援することだ。

接点

Point of contact

AIチャットボットは、「持っていて損はない」ツールから「持っていなければならない」ソリューションに急速に移行している。AIデジタルアシスタントは、ゲストのセルフサービスへのサービス期待に応えるものでもあり、ファーストパーティとゼロパーティのデータ収集だけが目的ではない。WebベースAIチャットボットは、顧客との最初の即時の連絡先として機能し、よくある質問に24時間年中無休で即座に回答し、潜在的なゲストと社内ゲストの両方からの問い合わせを収集する。チャットボットで発生するすべてのことは、消費者の行動に関する統計に蓄積され要約される。どの情報が最も見られたか、どのような質問が最も多く聞かれたか、1日の中で最も忙しいチャット時間はいつであるか、何人のユーザーが再び戻ってきたかなどである。収集されたデータは一般的なものであるため、GDPRに準拠しており、ホテルは運用、サービス、販売における傾向と機会を監視できる。チャットボットに組み込まれたサービスおよび予約リクエスト フォームは、ゲストの問い合わせを即座に収集するだけでなく、ゲストの滞在を改善するだけでなく、名前、電子メール、電話番号、好みなどの顧客データも収集することで、ホテル サービスの販売を促進するのに役立つ。これは、ホテルにとって便利で迅速かつ簡単な支援であり、最新のゼロパーティ データである。チャットボットの各要素には、独自のリンクとQRコードを含めることができる。これにより、ホテルのゲストは、チャットボットの特定の要素 (情報、ダウンロードするファイル、入力するフォームなど) を含むWebサイトの特定のページにオンラインでもオフラインでも、どこからでもワンクリックまたはワンスキャンで移動できる。たとえば、ホテルの部屋からQRコードを介して、チャットボットのテーブル予約またはモーニングコールのリクエストフォームに移動できる。技術ソリューションとして、AI チャットボットは多機能であり、ホテルの顧客へのサービス提供、サービスの促進、追加の販売チャネルになり、時間とリソースを節約する (クライアントとスタッフの会話時間を最大 12 分間節約する)。したがって、NYU Tisch Center of HospitalityとStayNTouch PMSによる2022年1月の調査によると、2022年にホテル チャットボットの導入と供給が53% (独立系ホテルでは64%) 増加すると予想されることは驚くべきことではない。

ホテルがAIチャットボットを使ってどのように技術の恩恵を最大限に受けるか戦略を立て、ホテルチームが従うプロセスを構築し、計画を実行すれば、サービス、販売、データ収集ツールとしてのAIチャットボットは、ホテル、顧客、スタッフにとって大きな利益をもたらすホテルのデジタルエコシステムの重要な要素となるだろう。著者: Elitza Stoilovaは、Umniの共同創設者兼CEO。

(8/15 https://www.phocuswire.com/why-the-hotel-ai-chatbot-is-a-must-have-for-data-collection )

7. ウーバー、無料ロイヤルティ中止サブスクへ

Uberは今秋、Uber Rewardsの無料ロイヤルティ プログラムを終了する。

同社はブログ投稿で、ユーザーは8月31日まで引き続きポイントを獲得でき、ポイントは2022年10月31日の午前0時までに引き換える必要があると述べている。。「Uber Rewardsに取って代わるものはない。しかし、私たちはUber Oneと呼ばれる月額$9.99の料金で、乗り物が5%オフになる優れたメンバーシップ プログラムを構築した」と投稿には書かれている。8月2日の同社の財務アナリストとの第2四半期の収益報告についての電話会議で、CEO Dara Khosrowshahiは、Uber Oneには約1,000万人のメンバーがおり、世界の7つの市場で利用できると述べている。「総予約数の約23%がメンバーからのものである。それはデリバリーの 32%。一般的に、メンバーになることでエンゲージメントが向上している。会員は、非会員の約2.7倍のUberでの取扱高を持っている。したがって、これはかなり重要なエンゲージメント レバーであり、LTV [ライフタイム バリュー] レバーでもあると考えている。そのため、メンバーシップで見られるものは間違いなく気に入っている」と彼は言う。最近の調査によると、サブスクリプションを提供する業種の中で、旅行は今後12か月で最も成長する可能性が高いとされている。

(8/16 https://www.phocuswire.com/uber-ending-free-loyalty-program-focuses-on-paid-subscription-plan?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

8. VDEO: トリップ・コムの欧州展開野望

中国のオンライン旅行大手であるTrip.com Groupは、ヨーロッパではスタートアップに近いと考えているが、市場のリーダーになるという大きな野望を抱いている。昨年、Trip.com Groupのヨーロッパ担当ゼネラル マネージャーに任命されたAndy Washingtonは、同社はナンバー1になりたいと述べているが、それには数年かかることは認めている。Washingtonは、Phocuswright Europe 2022での講演で、業界はまず旅行の貪欲さを反省し、顧客を最前線と中心に据えることに再び注力する必要があると考えていると述べた。Culture Tripや Expedia など、多くのオンライン旅行会社で上級職を歴任してきたWashingtonは、Trip.com Groupに入社したのは、そのテクノロジーとデータ基盤だけでなく、「非常に意欲的でありながら非常に謙虚な文化だ」と言っている。彼は、大衆市場のオンライン旅行代理店として大きなチャンスがあると考えており、航空会社の強みを生かし、宿泊施設の提供を拡大し、データを使用して顧客が何を望んでいるのかを理解し、それを提供している。Phocuswright Researchの創設者でアナリストのLorraine Sileoとの幅広いインタビューで、Washingtonは組織的に成長したいという願望と適切なテクノロジー投資の重要性についても話した。以下のセンター ステージ セッションの全編をご覧ください。

(8/16 https://www.phocuswire.com/phocuswright-europe-2022-staying-the-course )

9. 旅行で間違ったパーソナリゼーショしていないか?

旅行業界はパーソナライゼーションに苦労してきたと言っても過言ではないが、より広範な小売業界の経験に頼りすぎたのかもしれない。

顧客のセグメントを定義してターゲットにする方法は、何年も前から話題になっているが、旅行の頻度が低く、旅行を構成する複数の複雑な要素が組み合わさっていることを考えると、これは難しい作業である。旅行者は、友人とスキー旅行に出かけた後、ヨーロッパの街で休暇を取り、家族で休暇を過ごすかもしれない。BD4の共同設立者でマネージング ディレクターのAndy Owen Jonesは、旅行業界の誰もが小売業について話している一方で、小売業の手法を業界に適用するには実際の課題があると述べている。これは、パーソナライゼーションが機能していないという意味ではないが、平均的なユーザーだけでなく、より明確な個人グループに対しても最適化する作業が必要である。Phocuswright EuropeのPhocusWire Studioでのインタビューで、Owen Jonesは例として割引バウチャー(discount vouchers)を提供している旅行会社を強調し、彼らはオファーで誰をターゲットにすべきか本当に分かっていないと述べた。彼は、誰が購入ファネルを離れようとしているのか、誰が価格に敏感で、誰がクーポンの有無にかかわらず購入したかを理解することだと言う。「視聴者の価値をどのように成文化(codify)し、その視聴者に対する個々の貢献が何であるかを理解する方法を考え始めなければならない。もし私が何かをしたら、その視聴者は多かれ少なかれ価値のあるものになるだろうか? 

「セグメンテーションについて話しているのだから、個人からオーディエンスを作り、セグメントを作るという話をしようじゃないか。個人からセグメントを構築することはできても、セグメントから個人を構築することはできないのだ」と語る。Owen Jonesは、オンライン旅行代理店やツアーオペレーター、航空会社におけるパーソナライゼーション技術の進化についても述べている。

以下の完全な議論をご覧ください。

(8/17 https://www.phocuswire.com/travel-personalization-approach-BD4?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

10. 法人旅行、スケジュール混乱対応テック必要

旅行のスケジュール混乱は、レジャー旅行者とビジネス旅行者の両方にとって非常に一般的になっている.Egenciaの新しいレポートによると、頻繁に出張するビジネス旅行者の73%が、フライトの遅延やキャンセルなど、最近の旅行が何らかの形で中断されたと述べている。フランス、英国、米国からの2,250人の旅行者を対象とした調査では、ビジネス旅行者の69%が旅行の混乱を予想していることが明らかになった。そして、その混乱に対処するために、ビジネス旅行者はますますテクノロジー ソリューションに目を向けている。このレポートによると、旅行者の96%が、混乱管理テクノロジーを高く評価していると述べている。ほぼ4分の3 (74%) が、パンデミックの発生以来、旅行の混乱に対処するためにアプリや仮想エージェントなどのデジタル ツールを使用する可能性が高いと述べている。調査の回答者は、テクノロジーを使用して旅行の中断を管理することの最大のメリットとして、リアルタイムの最新情報を入手できること、時間を節約できること、企業の旅行代理店からパーソナライズされたサポートを迅速に受けられること、カスタマー サービスで行列を避けること、新しい手配の選択肢が増えることを挙げている。ビジネス旅行者は将来的に追加の自動化オプションを望んでおり、頻繁に旅行する旅行者の34%が予測フライト アラートを要求し、28%がフライトの自動再予約を望んでいる。混乱が続く中、ビジネス旅行者の49%は旅行をキャンセルしたいと答えている。しかし、この混乱にもかかわらず、ビジネス旅行者の94%は、仕事で旅行することにまだメリットがあると考えている。Egenciaの社長であるMark Hollyheadは「旅行の目的が何であれ、旅行することを決定した場合、それは時間への投資である」と述べている。

6月、2021年5月にExpediaからEgenciaを買収したAmerican Express Global Business Travelは、モバイル アプリで新しい仮想アシスタントを開始した。Amex GBTのグローバル製品およびユーザー エクスペリエンス担当バイス プレジデントであるMark McSpaddenは、PhocusWireとのインタビューで、このボットによって効率が向上し、顧客の待ち時間が短縮されると述べている。

「混乱の間、旅行者、旅行カウンセラー、旅行エコシステムにとって、一刻一刻が重要だ」と McSpaddenは述べている。GBTAによると、インフレ、エネルギー価格の高騰、サプライ チェーンの課題、労働力不足のため、出張の回復は2026年まで見込めない。以前は、2024年までに2019年の水準まで回復すると予想していた。

(8/16 https://www.phocuswire.com/business-travelers-want-tech-to-address-travel-disruptions?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

11. DIDとSSI、旅行体験市場をどのように変えるか

分散型識別子 (DID= decentralized identifiers ) と自己主権型アイデンティティ (SSI= self-sovereign identity) の進化は、今後10年間で断片化された旅行体験市場を変革する。個人とグループがほぼピアツーピアでつながり、統合されたシームレスな旅行体験を計画し、購入し、実行し、味わうことができるようになるのだ。このような進化がどのように起こるかは不明であるが、起こることは間違いないだろう。

その理由は。DID/SSIによって、消費者、サプライヤー、仲介業者、サービスプロバイダーが個々に、また集合的に生み出す経済的価値がある。その価値が誰によって、どのように獲得され、そして/または共有されるかは不確実である。それを捕捉するインセンティブは現実的であり、確実である。

DID/SSIの戦略的意義

Strategic significance of DID/SSI

時間が経つにつれて、DID/SSI の進化は旅行業界のゲームチェンジャーになる可能性が高く、旅行者は自分の個人情報を管理して個人の経済効果を最大化し、個人のプライバシーを保護できるようになる。DID/SSI の取り組みは、銀行業界や医療業界ですでに足がかりを得ている。旅行と同様に、デジタル文書の認定された交換の前に身元の証明を要求しながら、あらゆるタイプの消費者と一斉に関わる必要があるセクターだ。SSI の認識と採用は、2つのニュースによってさらに加速された。

·    COVID の流行により、旅行やレストラン、バー、ショップへの入場のために、健康状態をデジタルで伝達する緊急の必要性が生じた。

·    暗号通貨の認識と使用の増加により、ブロックチェーンとデジタルウォレットの技術が初めて多くの人々に紹介された。

旅行に関する消費者特典

Consumer benefits for travel 

DID/SSI の広範なバージョンは、旅行者にとってよりパーソナライズされたシームレスで非接触型の旅行体験につながる可能性がある。これにより、パーソナライズされ、促進され、最適化された、次のような多数の消費者利益が生み出される。

·   料金や旅行サービスの購入が容易になる (例: ロイヤルティ、協会、法人会員などによる)

·   検証済みのリアルタイムの個人情報に対する旅行者の所有権と管理

·   サプライヤーと仲介業者からの割引と付加価値

·   業界全体でのメリットの共有 (例: 銀行カード、ショッピング サイト)

·   旅行関連の使用のための NFT (非代替トークン) の機会

·   確認済みの身分証明書、パスポート、セキュリティ、医療情報による効率的な海外旅行

·   非接触型のチェックインと搭乗 (航空会社)、客室へのアクセス (宿泊施設)、レンタカーの受け取りと返却

·   ビジネスやレジャーの団体旅行、イベント旅行などの旅行者間で共有可能な情報

旅行業界の利点

Travel industry advantages 

·     旅行業者や仲介業者には、顧客によりパーソナライズされた付加価値サービスを提供する能力、仲介業者への依存度の低下; 業界パートナーと協力してシームレスな旅行体験を提供する能力の向上と言う、サプライヤーと仲介者にとっての潜在的な追加の利点がある。

·   顧客関係管理を改善するための豊富でリアルタイムの検証可能な消費者情報

·   ロイヤルティ プログラムのメンバーにより良いサービスを提供し、新規の忠実な消費者を引き付けるための、サプライヤーを含む、検証済みの認証ショッピング

·   サービスを改善し、人件費を削減し、運用効率を生み出す、仲介者なしの統合されたシームレス/非接触型の旅行体験

·   旅行者向けのシームレスで差別化された旅行体験を促進するための、旅行および小売業者間の新しい共同サービス/製品パートナーシップ

·   店頭・仲介手数料の削減と直販シェアアップ

主な考慮事項は、旅行者が旅行のために DID/SSIアプリケーションをサポートおよび使用するかどうかだ。おそらく彼らはそうするだろう。どのように、そしてどれくらい早くなるかについては、あまり確実ではない。旅行サービス プロバイダー、仲介業者、およびツアー オペレーターや政府が後援する目的地マーケティング組織 (DMOなど) などの統合目的地サービス プロバイダーなどの主要な業界参加者は、消費者にそれらを採用して使用することを奨励するための双方にとって好都合なインセンティブを持っている。これにより、技術標準や近代化されたビジネス慣行などの問題について、サプライヤーと競合他社の間で法的に協力する意欲が高まる可能性がある。しかし、短期的には、供給者と仲介者間の協力による統合されたDID/SSIの開発には、(1) 消費者の忠誠心を確保し維持するための既存の個々の活動と、(2) レガシー技術への依存という 2 つの大きな障害がある。これらは、DID/SSIの開発をサポートするために必要な技術を提携、協力、統合する取り組みを妨げている。

消費者ロイヤルティの確保

Securing consumer loyalty

ホテル チェーン、航空会社、レンタカー会社は、ロイヤルティ プログラムと認証アクセス (企業や協会のレート プログラムなど) を利用して、サプライヤーの直接予約を促進し、仲介手数料を回避している。その主な目的は、消費者から現在および将来のビジネスを確保し、仲介業者に支払われるマージンと手数料のレベルを下げることであった。大手ホテル チェーンによる「ビジネスを直接的販売に推進する」ための数年にわたる取り組みは、この取り組みの代表的なものである。この傾向を相殺するために、仲介業者はパッケジングと不透明な割引(opaque discounting)をサポートし、個々のサプライヤーの料金構造の整合性を保護する必要性と価値があるのである。仲介業者のパッケジングは、個々のサプライヤー(航空、ホテル、自動車)の価格を、包括的な単一パッケージ価格の見積もりで隠蔽する。これにより、消費者は、本来支払うべき、または実際に支払った高い料金よりも安い割引(パッケージ)価格を見ることができなくなる。仲介者割引不透明価格設定(discounted opaque pricing)により、サプライヤーは、仲介者に与えられた料金が消費者に明らかにされない場合に、より低い料金を仲介者に提供できる。 このような価格設定方式では、消費者には、仲介業者に与えられたレートと取引のために仲介業者が請求する手数料の両方を含む単一のバンドル価格が表示される。仲介業者に対するサプライヤーのレートは表示されない。これもまた、消費者が、他の状況下で支払うことができた、または実際に支払った価格よりも低い価格を表示する能力を低下させる。DID/SSIの発展に伴う供給者と仲介者間の協力は、この重要なOTC機能を維持する可能性がある。

レガシーテクノロジーへの依存

Reliance on legacy technologies

ホテル チェーン、レンタカー会社、航空会社などの主要な旅行業者は、運営、予約、情報 (顧客関係管理データベースなど)、チャネル流通、および収益管理システムに多額の投資を行ってきた。多くの場合、これらのシステムは相互にリンクしており、また、グローバル ディストリビューション (GDS) や仲介業者 (すなわちOTC ) システムなどの外部システムともリンクしている。これらのシステムとそれらの間のリンクを変更または交換して、DID/SSIテクノロジーに「統合」および/または「オープンにする」ことは、潜在的な将来の利点と効率にもかかわらず短期的には費用がかかり、面倒になる可能性がある。

変化をもたらす可能性が高い業界の力

Likely industry forces for change

変化を求める業界の力はいくつかある。これらには以下が含まれる:

· 個々の旅行業者、仲介業者、サービス業者の組織内での技術的ひらめき

· MicrosoftやIBMなどの大手テクノロジー企業による DID/SSIへのコミットメント

· 主要な旅行業界団体間のパートナーシップ

· テクノロジーおよびサービス プロバイダーの分野における新規参入者またはディスラプターの出現

技術的ひらめき

Technological epiphanies

多くの旅行業界組織では、DID/SSIに関連する戦略的思考と計画がすでに進行中である可能性が高い。DID/SSIの採用に関連して、個々の企業に潜在的な競争上の優位性が存在する可能性があるため、内部の考え方と計画は今のところ機密のままである可能性がある。業界協力の価値に関するこのような戦略的意思決定の本質は、孤立したDID/SSI開発と、統合アプリケーションに対応するための他のサプライヤーや仲介者との協力およびパートナーシップとの、財務的、運用的、および時間的なトレードオフを決定することである。

主要なテクノロジー企業によるコミットメント

Commitments by major tech players

2018年以降、MicrosoftとIBMは、複数の業界にわたる一連の分散型ID管理テクノロジーの標準開発を開発し、参加することを公約した。 彼らは引き続き開発を進め、業界の参加を得ることに積極的に取り組んでいる。旅行に特化して、2018年にNorthern Blockはカナダ政府と協力して、デジタル トラスト エコシステムの採用を促進する一連の自己主権ID製品の作成を開始した。これらの利害関係者はすべて、旅行業界内の発展を可能にすることで経済的に利益を得る機会を想定している。

主要な旅行業界団体間のパートナーシップ

Partnerships among major travel industry organizations

DID/SSIに関連するテクノロジーおよび旅行業界の主要なプレーヤーの間で、パートナーシップがすでに形成されている。一部は、サプライヤーと仲介業者の間の垂直的なものである。サプライヤーや競合他社にまたがる水平的なものもある。最近(2021年10月)の例の1つは、世界経済フォーラム、Accenture、複数の業界関係者および政府との協力により、国境を越えた旅行の未来を構想し、信頼できる共有された相互に有益なシステムを共同設計することである。もう1つのIATA One IDは、IATAが後援する航空会社、空港、政府向けのプロジェクトで、手作業によるIDチェックに費やす時間を短縮し、乗客が空港内のどこにいるかをリアルタイムで可視化することにより、スタッフの生産性を向上させる。  

新しいスタートアップ/イノベーター/ディスラプター

New startups/innovators/disruptors

DID/SSIアプリケーションの進化と、それが消費者とサプライヤーにもたらす潜在的なメリットは、テクノロジー分野に一連の新規参入者とイノベーターを生み出す可能性がある。私たちはすでにその活動の一部を目の当たりにしている。例として、Affinidiが挙げられる。これは、国境を越えた旅行を可能にし、デジタル健康証明書の検証を可能にするアプリケーションを提供する企業である。Indicioは、事前に構築されたコンポーネントと相互運用可能なシステムを備えた包括的で信頼できるデジタル エコシステムを作成することを目的としたスタートアップである。同様に、Trinsicは、検証可能な資格情報やその他の相互運用可能なプロトコルを使用して、あらゆる業界で分散型IDを実装するためのプラットフォームだ。消費者向け、Danube Techは、個人がオンラインでの関係や取引を直接管理できるようにするための新しい技術を生み出している。Liquid AvatarとMattrは、SSI認証済みのユーザーに、デジタルIDを管理、制御、活用するためのサービスを提供する。Spherityは、安全で改ざん防止のビジネス トランザクション用に設計されたクラウドベースのIDウォレットを作成している。これらは、SSI/DID分野に参入している多くの新興企業や新興企業のほんの一部である。

業界にとって、今後どのようなステップになるのか。

What are some steps forward for the industry?

SSI/DIDの進化はすでに進行中であり、旅行体験市場への影響は大きくなるだろう。しかし市場の変革のタイミング、構造、ペースは、それほど確実ではない。それでも、現在の市場参加者 (企業や組織) が将来の財務的および戦略的利益を保護し、進化が生み出す市場価値のシェアを獲得するために実行できるいくつかのアクションがある。

·   SSI/DIDの進化を社内の戦略計画の一部にする。

·   カンファレンスに参加したり、ブログやレポートを読んだり、DIFのHospitality & Travel Special Interest Groupに参加したりして、旅行業界における SSI/DIDの進化を可能にする活動を理解し、サポートし、資金を提供する。

·    将来の利益、価値創造、市場シェアを最適化するために、仲介業者やサービス プロバイダーとのパートナーシップ、買収、取り決めのオプションを評価する。

要約すると、旅行体験プロバイダーとそのテクノロジー パートナーは、今すぐ教育を受けて参加する必要がある。

著者: Bill Carrollは、旅行業界のコンサルティング会社である Marketing EconomicsのCEOであり、Phocuswrightの上級アナリスト。彼は、この記事に貢献してくれたNick PriceとGene Quinに感謝する。

(8/17 https://www.phocuswire.com/how-did-ssi-will-transform-travel-experience-market?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

12. 旅行における小さな人種差別への対応

エグゼクティブ リーダーとしての輝かしい30年間のキャリアを通じて、無数のフリークエント フライヤー マイルを獲得してきたOrlando Ashfordに取って、一流の航空会社としての地位を疑問視することがある。黒人のAshfordが飛行機に最初に搭乗するために列に並ぶとき、それは時々ゲートで起こる。Holland America Lineの元社長で現在のAzamaraの会長であるAshfordは、「人々が私を遮ったり止めたりして、『ファーストクラスの乗客を呼んだだけだ』と言われたことが何度もあった。「そして仮定は、『それはあなたではないはずだ。あなたは後に行ってください』または「なぜ列の先頭に移動するのか?」と言っている様だ。ホテルの外に立っているだけの時でも、不快なやり取りになることがある。「私が建物やホテルの前に立っていたことが何度もあったが、人々は私が係員だと勘違いした。彼らは車でやって来て、私に鍵を投げつけて立ち去る」と Ashfordは言う。このような事件は一般に、より明白な人種対立にエスカレートすることはないが、実に侮辱的なままである。Ashfordは、それらを明確なマイクロアグレッション(micro-aggressions = 小さな侮辱)として特徴付けている。「私はロイヤルティプログラムの特典を享受し、楽しんで最初に飛行機に乗り、座って飲み物を飲もうとした時に、マイクロアグレッションに襲われると、まあ、私は動揺したり怒ったりする。または悲しんでいる」と彼は言う。「そして、それは確かに、私にその地位を与える意図はないが、マイクロアグレッションは、体験全体を本当に損なうものになる」

「マイクロアグレッションは、旅行体験全体を本当に損なう」

‘Microaggressions really detract from the entire travel experience’

悪名高い陰湿な人種的マイクロアグレッションは、無数の形で現れる可能性がある。それらは言語的または非言語的である可能性がある。それらは意図的である場合もあるが、意図的でない場合もある。それらは無意識の偏見の産物である場合がある。そして、それらは本質的に微妙な場合があり、受け手側の人々の方向感覚をさらに混乱させる。BIPOCの人たち、それもアシュフォードのような旅行専門家にとって、旅行業界を経験するとき、それらはどの程度浸透しているのだろうか。旅行業界のベテランであり、ニュージャージーに本拠を置く代理店Global Village Travels Inc.のオーナー兼社長であるGloria Hobbinsによると、仕事や休暇で旅行中にマイクロアグレッションに直面することは決して珍しいことではないという。「私は世界中を旅してきたが、それは自分の気のせいだと思うこともあると感じる。でも他の人と話すと、彼らは同じ経験をしたと言う。正直なところ、黒人として、ある時点から、あまりに頻繁に起こるので、毎回それに振り回されるわけにはいかなくなった」と Hobbinsはと言う。Hobbinsは、マイクロアグレッシブな行動の可能性に関して言えば、レストランが特に嫌な場所であることを発見した。白人の友人にその主張を証明するために、Hobbinsは最近実験を行いった。二人が満員とはほど遠いレストランで昼食のために会ったとき、Hobbinsは友人に最初にテーブルをリクエストするように頼み、Hobbinsは外で待っていた。友人はプライムテーブルに座っていた。Hobbins は3分後に続き、ホストと話し、テーブルをリクエストした。彼女は最終的にレストランの後ろ、キッチンのスイングドアの隣に座らせられた。「マスターが意識的にそれを[意図的に]したかどうかはわからないが、それが問題だ。マイクロアグレッションは潜在意識である可能性がある」とHobbinsは言う。「だから、私が今レストランでしていることは、とても冷静に『キッチンやバスルームの近くには座りたくない』と言うことだ。私がそう言うと、スタッフは非常に困惑しているように見えるかもしれないが、それは通常、[私が] 良い席を確保することを保証する。

オハイオに本拠を置く Phillips TravelのオーナーであるMary Phillipsも同様に、時には有色人種のクライアントに代わって、マイクロアグレッションの可能性を最小限に抑える方法を見つけなければならないことに気付いた。

彼女は、空港からジャマイカのリゾートへの移動のためにバウチャーを発行された黒人クライアントが関与した最近の事件を引用し、そのバウチャーは到着時にリゾートに提示されることになっていた。しかし、運送会社が誤ってバウチャーを持って行ってしまって、チェックイン時にそのバウチャーがないままになってしまったのだ。「簡単に言うと、彼らは彼をチェックインさせなかった」と Phillipsは言う。「しかし、私は彼らがすでに彼の名前をリストに載せているという事実を知っていた。そして、彼は自分の名前が書かれたパスポートを持っていた。結局、別のバウチャーを彼らにファックスする必要があったが、それは馬鹿げていると思った。その状況の後、Phillipsは、すべてのクライアントがそのような書類を2セット持って旅行するようにし始めた。「実際の問題はおそらく彼の肌の色にあるとわかっていても、そのようなことは二度と起こらないように、事前にアプローチを調整しようとする」とPhillipsは言う。

Phillipsはまた、一部のホテルやリゾートでは、黒人以外の顧客からの苦情よりも、黒人の顧客からの苦情を最初は真剣に受け止めない場合があることも発見した。Phillipsが黒人のクライアントから、リゾートの客室が汚れていて、トイレットペーパーがなく、カビの問題があるように見えると報告したとき、Phillipsが苦情を管理者自身に訴えるまで、施設は問題を解決するために何もしなかった。「とても動揺した」とPhillipsは言う。「私は、『自分でそこに行かなければならないならば、そこに行く』と言った。そして、彼らが彼をもっと良い部屋に移したのはその後のことであった。

PhillipsもHobbinsも、有色人種のクライアントに、旅行中に何か気分が悪いと感じた場合は、彼らに連絡するかマネージャーに相談することを強く勧めている。「私はいつもクライアントに、何かに遭遇した場合ははっきり言い、すぐに担当者に話すように伝えている。

私はクライアントに、[バイアス] に遭遇した場合は担当者に相談するよう伝えている」

‘I tell my clients, if they encounter [bias], simply talk to the person in charge’

プロの業界関連のイベントに参加している黒人のビジネス旅行者でさえ、自分が選ばれていることに気付くかもしれない。Americas Lodging Investment Summit (ALIS) の最後の会議で、契約警備員が黒人の参加者の資格情報に異議を唱えたが、白人の同僚は一目見ただけで通り抜けることができた。ALIS はTravel Weeklyの親会社であるNorthstar Travel Groupによって運営されており、Northstarにこの通知があったとき、代表者と会って謝罪したことに加えて、そのような事件が再び発生する可能性を減らすための措置を講じた。警備員を採用した会社は、その会議のすべての分野でイベント請負業者が別のそのような事件の可能性を最小限に抑えるためのトレーニングを受けさせる予定である。ただし、レストラン、ホテル、航空会社、その他の旅行業者がマイクロアグレッションに関する苦情にどのように対応するかは、大きく異なる可能性がある。シカゴのルーズベルト大学マンスフィールド社会正義研究所所長で社会学の教授であるHeather Dalmageは、人種差別と旅行分野における人種対立について広範な研究を行っており、特に異人種間のカップルや多民族の家族の扱いに焦点を当てている。Dalmageは、オンライン レビュー プラットフォーム Tripadvisorの2018年のデジタル分析の一環として、旅行業者や旅行会社が人種差別の苦情に対して非常に防御的な方法で対応することが多いことを発見した。Dalmageは 「最終的に人種差別を完全に否定するべきだ」 と強く主張している。

「調査によると、否定的なレビューはビジネスに影響を与えることがわかっているため、返信することがビジネスにとって最善の利益となる」とDalmageは言う。「しかし、企業が単に『これを指摘してくれてありがとう。私たちはもっとうまくやるつもりです』と言ったのはまれな例である。代わりに、『私たちには黒人の甥が居るのに、私たちをよくも人種差別主義者と呼んだね』とか『あなたの家族を覚えている。あなたはとても目立っていた』など、極端な反応があった。これが、あなたが確立した業界で、どのように振る舞っているかの実態だ。「彼らはオンラインで効果的に対処していない。それは、現実世界で何が起こっているかについての洞察になる」とDalmageは付け加える。

しかし、ダイバーシティ、公平性、インクルージョンの取り組みを全面的に強化する取り組みの中で、一部の旅行およびホスピタリティ企業は、マイクロアグレッションと無意識の偏見へのより良い対処を目指している。たとえば、Marriott Internationalは、Respect For Allシリーズと呼ばれるものを含め、企業レベルと施設レベルの両方でマイクロアグレッションに対抗するために設計されたさまざまなトレーニング ツールを展開している。Marriottの多文化問題、社会的影響、ビジネス評議会担当シニア バイス プレジデントであるApoorva Gandhiによると、Respect For All プラットフォームには、施設で発生する可能性のあるさまざまな状況を紹介するシナリオベースのビデオが含まれており、スタッフに包括的方法で最善の対応をする為にガイダンスを提供する。「ビデオは、無意識の偏見、マイクロアグレッション、およびそのようなものがサービスに影響を与える可能性があるという事実を浮き彫りにする。そのため、私たちが最初に行うことは、これらのトピックに対する認識と理解を構築することである。

「マイクロアグレッションはサービスに影響を与える可能性がある。私たちは、人々が自分たちの居場所だと感じてほしいのだ」

‘Microaggressions can impact service. We want folks to feel like they belong’

もちろん、マイクロアグレッシブな行動を根絶しようとする試みは、グローバルな視点からアプローチすると、はるかに複雑になる。 しかしMarriottは、国際的なポートフォリオ全体で、Gandhiが「文化的能力」と表現するものを教えることに長い間投資してきた。2014年、同社はCulture Daysプログラムを開始し、8つの異なる国で没入型のトレーニング体験を提供した。個人の不動産や法人顧客からの需要に応えて、2018年にはこのイニシアチブが拡大され、追加の目的地や文化をカバーするようになり、現在も活動を続けている。「私たちが誇りに思っているCulture Daysプログラムを通じて、さまざまな顧客文化について施設内のチームを教育してきた。たとえば、2018年には日本に行ってアメリカの文化を紹介した。ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンが世界中で異なって見えることを私たちは完全に理解している」とGandhiは説明する。

Ashfordによると、より多くの旅行およびホスピタリティ サプライヤーがマイクロアグレッションの問題にイノベーションの「機会」としてアプローチする必要があり、堅牢な従業員トレーニングもソリューションの重要な部分である。「旅行とは、楽しみ、贅沢、人々や家族とのつながり、その他すべての素晴らしいことだ。マイクロアグレッションはそれに悪影響を及ぼす。企業がそれを最小限に抑える方法を見つけ出すことができれば、実際にすべての人々、特に有色人種の旅行体験が向上する」とAshfordは言う。

「非常に多くの業界が、白人は他の人よりも価値があると言うレンズを使って機能している」

‘So many industries function with a lens that white people are more valuable than others’

しかし、Dalmageは、旅行業界が持続的な根本的な変化を起こすことにコミットできない限り、マイクロアグレッションの最前線での物質的な進歩はとらえどころのないままになる可能性があると懸念している。「それは旅行業界だけではない。旅行業界は、白人が他の人よりも価値があるというレンズで機能する他の多くの業界の中に位置している。白人はもっと値するというこの仮定が存在する。この問題を解決するには、植民地の歴史全体をひっくり返す必要がある」と Dalmageは付け加える。

*この記事はトラベルウィークリーに掲載された。

(8/18 https://www.phocuswire.com/addressing-microaggressions-in-travel?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

13. 航空会社のリテーリング

真の航空会社の小売りへの記念碑的なシフトが今起きている。航空会社は、旅行者の期待に応えるために、市場で製品を差別化するために多額の投資を行ってきた。ただし、フライト ショッパーがショッピング ジャーニー全体で差別化された旅行体験を認識できない場合、この投資は十分ではない。価格とスケジュールのみに焦点を当てた、化されたショッピング体験は、コンバージョン率、ブランド運賃のアップセル、アンシラリーの取り付け率に悪影響を及ぼし続けている。より優れた、よりカスタマイズされたショッピング体験を求めるフライト ショッパーの期待は進化し続けている。彼らは、自分のニーズに合わせて旅行体験をパーソナライズできる視覚的に説得力のあるオファーを通じて、選択肢を理解したいと考えている。さらに、これらの消費者の期待と要求に応えることで、航空会社は財務実績を即座に改善することもできる。 

今すぐ真の航空会社の小売業に変革する重要な理由

An important reason to transform to true airline retailing now

2022年6月に開催された年次総会からの最新の理事会レポートで、IATAは、真の航空会社の小売りに向けた継続的な進歩と、それが航空業界全体にとってどのようなものになるかについて議論した。旅行者は運賃やスケジュールの先を見たいと思っている。彼らは価値を理解し、フライト体験を選択し、コントロールしたいと考えている。価格は単なる価格ではなく、フライトの買い物客にとって最も重要な情報ではなくなった。消費者調査では、より多くのビジュアル、より透明性、より多くの選択肢に対する明確な需要が示されている。IATA の調査結果は、McKinseyの「収益性の高い航空会社の6つの秘密」でさらに検証された」の記事で、顧客は価格とスケジュールだけに基づいて航空券を購入することはなくなったことを強調した。Wi-Fi、機内エンターテインメント、座席の詳細と地図、定時運行、さらには環境への影響などの属性が、顧客の航空券購入の決定に影響を与える。より豊富な情報とコンテンツが顧客に表示されるようになり、顧客は購入について自信と満足を感じることができる。IATA とMcKinseyの両方と並んで、ATPCOの2022年年次フライト ショッピング調査は、フライトの買い物客が購入を決定する際に価格以上のものを期待しているという考えをさらに検証した。その結果は明白である。フライトの買い物客の80%は、価格とスケジュールのみに焦点を当てたコモディティ化されたディスプレイよりも、フライト オプションを効果的に宣伝するターゲットを絞ったビジュアルを使用してフライトを予約する可能性が高くなる。彼らは座席、エンターテイメント、サステナビリティへの取り組みなどのビジュアルを求めている。視覚的な体験は、フライトの買い物客にとって明らかに需要があるが、製品への投資の価値を実現しようとしている航空会社にとっても不可欠である。

航空会社の小売業の変革はどのようなものか?

What does airline retailing transformation look like?

顧客は、購入する前に何を購入しているかを視覚化したいと考えている。これが、航空会社の小売りの真の姿である。フライト ショッパーにフライト体験がどうなるかを伝えるのではなく、見せることが、この変革の背後にある主要なコンセプトである。顧客は選択肢と管理を求めており、利用可能なオプションを知る必要がある。彼らは、独自のニーズに合わせてエクスペリエンスを調整したいと考えている。このタイプの販売は、顧客によりまとまりがあり、コントロールしているという感覚を生み出し、顧客体験を最優先することで価値の創造を解き放つ。真の小売業へのこの動きの不可欠な要素はマーチャンダイジングである。マーチャンダイジングとは、航空会社が、顧客が望むものに共鳴する方法でこれらのオファーを顧客に提示する「方法」である。これは、独自のオファーの価値を差別化およびカスタマイズするための最初のステップだ。これまで、多くの航空会社は、競合他社との差別化を図るために、より多くの商品を提供することに注力してきたが、これらすべての新しいオプションをどのように提示 (マーチャンダイジング) するか、または顧客が見るために実際に何を望んでいて何を必要としているのかについては、ほとんど強調されていなかった。最終的に、顧客は提供されているさまざまな製品の違いを視覚的に理解する必要がある。 

現代のマーチャンダイジングの背後にある力

The power behind modern merchandising

視覚的に魅力的な画像を通じて最新の航空会社のマーチャンダイジングを実現することで、消費者のショッピング体験の要求を満たし、それを超えることで、消費者の満足度を向上させる。航空会社のブランド運賃、プレミアム キャビン エクスペリエンス、付帯サービスのいずれを紹介する場合でも、これらの要素は、最新のマーチャンダイジングの背後にある力を解き放つ鍵となる。視覚的に魅力的な画像を使用して最新のマーチャンダイジングをショッピング体験に統合すると、航空会社は、消費者が切望する顧客体験を作成しながら、コンバージョンと収益を増やすことができる。

著者: Ellen Leeは、ATPCOの最高商務責任者。

(8/16 https://www.phocuswire.com/time-to-meet-flight-shoppers-needs-is-yesterday-atpco?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

14. 欧州新興企業のための新旅行テックファンド

旅行テクノロジーの新興企業向けの新しいベンチャー ファンドヨーロッパが専門のトラベル テック ファンドには、今後数年間で1億ユーロの投資が予定されている。Roch Venturesは、2017年にボストン コンサルティング グループに会社を売却した起業家のBobby Demriと、BCGの名誉シニア パートナーであるLudger Kuebel-Sorgerによって設立された。PhocusWire とのインタビューで、Demriはを必要とする理由、デジタル遊牧民、持続可能性と企業旅行への焦点、および旅行と観光の高い成長の可能性について説明する。

Q: なぜ今ファンドを立ち上げたのか?

いくつかの理由がある。第一に、私は起業家であり、ホスピタリティ、旅行、観光に大きな情熱を持っている。2017 年に最後の会社をボストン コンサルティング グループに売却したとき、彼らは私にとどまることを求め、私は約5年間、そのソフトウェア ファンドを率いていた。私は航空会社、ホテル、クルーズなどの旅行や観光に力を入れてきたので、私の情熱を超えて、この業界でより多くの専門知識を生み出すことができた。

Q: では、なぜ今、なぜ旅行なのか。

1つ目の理由はビジネス上の理由である。これは、あらゆる種類の業界をカバーするジェネラリスト ファンドを立ち上げている多くの人々が居るということである。私は専門のファンドを作りたいと思った。なぜなら、彼らは投資先の会社の成功を最大化するために彼らの専門知識を活用するからだ。そして、私が何かをしたいと思ったとき、私が本当の専門知識を持っている唯一のことであり非常に大きなネットワークは旅行と観光である。それを超えて、COVIDは業界を変えた。私が投資家に伝えていることは、旅行および観光業界はいくつかの革命に直面しており、今は新しい革命だ。非常に基本的なレベルでは、GDS から始まり、booking.com、次に Airbnb、そして今は新しい革命であるため、旅行および観光技術の起業家をサポートする手段を作成するのに最適な時期である。ヨーロッパに焦点を当てているため、これは非常に珍しい。米国にはこの種のファンドがあり、ヨーロッパには専門家がいないため、Rochは旅行のテクノロジー VC 業界でヨーロッパのリーダーになろうとしている。

Q: あなたはGDS、booking.com、Airbnbについて言及している。この最新の革命とは何だと思うか?

私たちは3つの主要なトレンドに焦点を当てている。ナンバーワンはデジタル遊牧民だ。デジタル遊牧民は、新しい旅行者という点で目を見張るものがある。人々が心に留めておく必要があることの1つは、COVIDが発生する前は、およそ6,500万人のデジタル遊牧民がいたということである。2035年には、10 億人のデジタル遊牧民がいるだろう。問題は、この市場にどのように対処するかだ。彼らは他の旅行者とは非常に異なる何かを期待している。私が本当に興奮したことの1つは、スペイン、フランス、ドイツ、ポルトガルなどの国がデジタル ノマド ビザを作成しているという事実である。現在、デジタル ノマド ビザを作成している国は世界で60か国以上あると思う。これは、これらの旅行者が非常に重要であるという政府の理解が深まっていることを示している。

2つ目のトレンドは、持続可能な旅行である。誰もが未来としての持続可能な旅行について話している。未来じゃない、今だ、昨日のことだ。私の世代の30歳から40歳、さらにはそれ以下の世代を例にとっても、彼らは大きな二酸化炭素排出量を望んでいない。彼らはより持続可能な体験を本当に求めており、私たちが行ったすべての調査で非常に印象的だったのは、人々はそのためにもっとお金を払っても構わないと思っている。そのため、現在の旅行の消費方法は持続可能ではなく、もはや受け入れられないという現実的な認識がある。私たちは、非常に持続可能な方法で素晴らしい体験を生み出すことができる企業、テクノロジー企業を見つける必要がある。私は人々にニューヨークまで歩いていくべきだと提案しているわけではない。

3つ目の傾向は、法人旅行である。正確な数を共有することはできないが、元BCGerとして、私たちの旅費は数百万ドルであった。一部の大企業は、旅行に年間2億ドルを費やしている。リモートワークができない会社には就職しない、と雇用主に言われるようになった今、私たちはどうすればいいのか。だから、私たちの取締役会にはエールフランスの元副社長がいて、法人旅行者から得た航空会社の利益についての知識を持っている。航空会社の利益75%はビジネスクラスからのものであり、ビジネスクラスのほとんどは法人である。旅行者。これらの人々は出張予算を大幅に削減しているため、企業出張に対応する新しい方法を見つける必要がある。

Q: 体験談ですか?

Are you talking about the experience?

それは経験を超えている。たとえば、大きなビジネス イベントを開催するとき、人々は飛行機のことをよく考えていないと思う。来年には鉄道が台頭すると確信している。あなたはすでに、この分野で優れた体験を作ろうとしている素晴らしい企業を持っている。フランスにはMidnight Trainsと呼ばれる会社があり、それは法人旅行と持続可能な旅行への素晴らしい答えになる可能性がある。

Q: 1回の投資はいくらか? 10回の投資になるか?

How much per investment - will it be 10 investments? 

それはおよそ15であり、Roch Venturesを他のファンドと区別するいくつかの理由がある。私たちは、私たちが投資しようとしている企業に非常に深く関与するユニークな取締役会との非常に強力な専門知識を持っている。なぜ15社かというと、20 社を支援できる20人のチームを持っていないからだ。15名の取締役会は非常に大きな違いを生み出すことができると考えている。私がほとんどのVCに対して持っている大きな批判の1つは、彼らが数字を見ているということである。私は起業家であり、起業家として、会社を作ることが何を意味するのか、ジェットコースターが何を意味するのかを知っている。Roch Venturesからの資金を獲得するのは非常に困難であるが、資金を手に入れたら、何が起こっても、私たちは永遠にあなたと一緒に居る。

Q: これら3つの重点分野の中で、B2BとB2Cについて話しているか?

Within those three areas of focus, are we talking B2B and B2C?

B2Bにもっと力を入れたい。B2Cは大好きなのだが、非常に難しいので、ちょっともどかしい。顧客を獲得するのは非常に難しく、顧客獲得には非常にコストがかかる可能性がある。しかし、もっとビジネス的な理由は、Roch VenturesがBCGのチームであること。創業者の2人はBCG出身で、B2Bの経験がかなり豊富なので、その経験をB2B業界で活かしたいというのがある。もうひとつは、私たちは旅行会社のほとんどにアクセスできるので、彼らのニーズや課題を理解しており、その課題に答える企業を連れてくることで彼らの役に立てるかもしれない、ということである。私たちは、B2Bの問題に取り組んでいる企業と話をしている。例えば、Duveはイスラエルのトラベルテック企業で、アーリーチェックインビジネスを展開している。私たちは投資家ではないが、ホテルが本当に必要としていることに応えている企業なので、喜んで支援することができるだろう。

非常に賢いことをしているJoynedと呼ばれる、私たちが本当に気に入っているもう1つの会社がある。このウィジェットをホテルの予約システムに接続すると、ソーシャルで予約できる。リンクをすべての友人と共有するだけで、予約を行うのではなく、リアルタイムで全員が同じものを見ていることを意味する。誰もがリアルタイムでまったく同じもの、同じ部屋などを見ることができ、予約を行うための素晴らしい新しい方法だ。また、航空業界にとって利益面で非常に重要なアンシラリーの販売を支援したいと考えている企業がたくさんある。

Q: 米国の投資コミュニティは、スタートアップに今すぐコストを削減するように伝えている。市場についてどう思うか?

The investment community in the U.S. is telling startups to cut costs now. What’s your view on the market?

多くの理由から、旅行と観光は今後10年間で次に高い成長を遂げる業界であると確信している。投資家がアウトパフォームする業界を探しているとしたら、それは多くの理由から旅行と観光になると思う。最大の理由は、世の中にこれ以上のものはないと人々が理解しているからである。お金をかけることで豊かになれるのは、それだけなのだ。この業界は変化する必要がある。今、プロセスをデジタル化するために、より多くのテクノロジー製品を求めていない大企業は決して見つからないだろう。今の業界がすごいのは、本当に変化を望んでいて、それを求めているからこそ、企業との共創が可能になるのである。だから、業界が破壊(disruption)に向かって突き進んでいるときこそ、最高の瞬間なのである。

Q: 不況の脅威を心配していないか?

You’re not concerned by the threat of recession?

全くない。旅行や観光でも、旅行テクノロジーでも心配していない。これは次に急成長している業界だと思う。

Q: SPAC をめぐる誇大宣伝についてどう思うか? 

What are your thoughts on the hype around SPACs? 

残念ながら、SPAC 経由で上場した最近のトラベル テクノロジー企業のほとんどは、ひどい株価を記録している。大好きな会社ばかりだったので、とても残念だ。正直なところ、SPAC は優れた手段だと思うが、人々は何かを大きくするために手っ取り早い方法を使用しており、それは最善の方法ではない。 

Q: どうしてここまで間違ってしまったのだと思うか?

Why do you think it has gone so wrong?

成熟度は非常に重要なものだと思う。3年か 4年後にSPAC経由で会社を上場させるには、十分な歴史、十分なバックグラウンド、十分な実績、さらには十分な経験がないと思う。起業家として、私はこの動きをよく理解しており、彼らは早く株式を公開したいと考えていた。

Q: それで、彼らは一歩下がって、それが最高の方法であるかどうかを尋ねるべきであったか?

So should they have stepped back and asked if it was the best vehicle?

絶対その通り。しかし、別の理由があるかもしれない。彼らは資金調達に苦労していたのかもしれない。なぜRoch Venturesを立ち上げるのかを正当化するための、もう一つの良い論拠になる。旅行テクノロジー業界への投資は大幅に不足しており十分ではない。投資家は複数の理由で旅行を恐れており、すべての議論は正しいのだが、私たちは旅行が最も急速に成長する業界になると強く信じているため、旅行技術セクターに投資して影響を与えるためにここに居る。

Q: あなたの理想的な投資について説明して欲しい・・・

Describe your ideal investment…

シリーズA:設立から3~4年経過し、強力な収益を上げていること、規模は大きくないが真剣勝負であること。明日誰かがやってきて5日で複製できるようなものではない、防衛可能な技術。一度でも失敗したことのある強いチームであること。変に聞こえるかもしれないが、私は失敗した起業家を尊敬している。失敗は成功よりもずっと多くのことを教えてくれる。女性の創業者であること。持続可能であること。私たちは小さな会社を支援するつもりはない。リーダーを見つけ、十分な多様性がある会社を探しているのだが、これはとても重要なことである。

そして、創業者たちにも、チームと一緒にケーキを分けてあげたい。そして、最大の関心事は、ヨーロッパ。ヨーロッパは、最も訪問者数の多い大陸で、GDPの10%は旅行からもたらされ、10%の雇用は旅行であるのに、リーダー的な旅行者がいないのは理解できない。今こそ、ヨーロッパがリードする時だ。

Q: では、企業はシリーズ A を受け取っており、あなたはシリーズ B/C に進むのか?

So, the companies have received Series A and you will go for Series B/C?

私たちはフォローする、会社が大きくなったら辞めたくないので、常にフォローする予備軍を確保しているが、シリーズAからスタートしているので、ユニコーンになる可能性があると判断したら、できる限りフォローする予定だ。

Q: なぜファンドの 5 分の 1 をイスラエルに?

Why Israel for a fifth of the fund?

小さな国だが、最高の技術のほとんどはイスラエルから来ている。知られていないかもしれないことの1つは、旅行テクノロジー企業の強みである。ある意味、Wazeは旅行会社である。私がイスラエルで気に入っていることの1つは、彼らがプレッシャーに強く、革新性と敏捷性に優れ、非常に強い人々であることだ。最も興味深いのは、規模を拡大できない国であるため、起業家が会社を設立するとき、彼らは世界を探しており、私たちがもたらすことができるのは市場である。

Q: 現在、旅行と観光のどこにイノベーションが見られるか?

Where do you see innovation in travel and tourism right now?

Selfbookは大きなイノベーションだ。英国にAltoVitaという素晴らしいな会社がある。期待以上の成果をあげたら、テクノロジーと彼らが取り組んでいることについて話すことにしよう。持続可能性がメインである。今では必須と言っても良いくらいだ。石油とガスを扱う企業を支援する投資家を見つけるのは非常に難しいだろう。人工知能、AI に関連するすべてのことは非常に重要だ。なぜなら、人々が予約またはキャンセルしようとするとき、取り組むことは価格のフィルタリングになるからだ。もう1つ興味深い傾向がある。難しい市場だが、インシュアテックがある。新型コロナウイルスの影響で以前にはなかったキャンセル保険への加入意識が高まった。数字と調査を見ると、ほとんどの人が何かが起こった場合に備えて旅行をカバーするために保険に加入しているので、興味深い市場である。多くの人が、米国Lemonade保険会社(2015年設立のinsurtechスタートアップ企業)が行ったことを真似ようとしている。この製品はすばらしかったので、旅行保険会社の余地があると確信している。Fayeと呼ばれる非常によいものがイスラエルにある。1つの大きなビジネスは、デジタル遊牧民向けのインシュアテックかもしれない。ハイライトする最後のポイントは、ブロックチェーンに関連するすべてのものである。今日、最悪の体験の1つは空港に行くことだ。そのため、飛行機に飛び乗る前の体験を促進でき、ブロックチェーンがそれを可能にできるものは、何か興味深いものになる可能性がある。

Q: Rochやもっと一般的なものから注目を集めるために、スタートアップは何をする必要があるか?

What does a startup need to do to attract attention, from Roch or more generally?

彼らは製品に集中する必要がある。すべては製品だ。最高の製品があれば、顧客を見つけることができる。お客様を理解する必要がある。残念ながら、クライアントに十分な質問をせずに始めてしまう人がいる。しかし、もしあなたがコミュニティと共同で製品を作ることができれば、大きなものを作ることができるだろう。

Q: 最初の投資はいつ発表するか?

When will you announce the first investment?

2023年の第1四半期に何かを発表する可能性がある。最初の発表は重要なものになるだろう。これは市場にとって重要なシグナルとなる。私たちは巨大な案件のパイプラインがあり、これは素晴らしい問題である。どの案件を選ぶかだが、企業のバリュエーションが完全に狂っていたので、今はより正常なバリュエーションに戻りつつある。バリュエーションが狂っていると判断した場合には、大きな案件を拒否する可能性がある。

(8/18 https://www.phocuswire.com/Roch-Ventures-100M-travel-tech-startup-fund?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

15. NY大学、先進旅行改革でフォーカスライトと提携

Phocuswrightと NYU School of Professional Studies Jonathan M. Tisch Center of Hospitalityは、旅行技術を開発する学生と新興企業を支援するために協力した。このコラボレーションは、起業家精神を育成するために 2021年に立ち上げられたTisch CenterのHospitality Innovation Hub (HI ハブ) の一部。Phocuswright は、HIハブと Tisch Center of Hospitality の学生に、研究レポートと分析、データ視覚化ツール、および業界の洞察の完全なライブラリへのアクセスを提供する。さらに、学生や新興企業は、Phocuswright Conferenceなどのイベントやコミュニティを通じて、Phocuswrightの旅行技術リーダーのネットワークを活用する機会を得ることができる。11 月に、Phocuswrightのイノベーション プラットフォーム ピッチ コンテストに参加する。Richie Karaburun, MBA, DPS, Clinical Assistant Professor, Director of the Hospitality Innovation Hub Incubator Programは、「ホスピタリティ業界で最も確立された主要な研究会社の 1 つとして、Phocuswright とのコラボレーションに非常に興奮している。このコラボレーションは、NYU Tisch Centerインキュベーター プログラムとそのメンバーが、Phocuswrightの調査によって市場規模と消費者動向に関する知識を高めるのに役立つ。さらに、Tisch Center Hospitalityの学生は、独立したデータ、研究、分析、ネットワーキングの機会にアクセスできるようになり、幹部が賢明な戦略計画と成長の決定を行う方法を知ることができる」と語る。Phocuswrightのマネージング ディレクターであるPete Comeauはこのコラボレーションにより、Phocuswrightは学生や新興企業をこの活発な仲間のコミュニティに紹介し、企業の立ち上げと投資家への売り込みに関するガイダンスとトレーニングを提供し、研究とインテリジェンスを活用する方法を示し、メンターシップを提供したいと考えている。私たちのリソースを通じて学生に露出と経験を提供できることに興奮しており、Tisch Centerから来る次世代のスタートアップ創業者を楽しみにしている」と述べている。

(8/18 https://www.phocuswire.com/nyu-tisch-phocuswright-collaborate-advance-travel-innovation?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

16. 法人旅行マネージャー、アルゴリズムを信じるべきか

データ サイエンス、人工知能 (AI)、機械学習 (ML) の台頭により、データ駆動型の出張とポリシー設定に革命がもたらされている。出張アルゴリズムの進歩により、最もお得な航空券とホテルの部屋を自動的に検出し、最も好ましい旅行オプションのみを提供することで、旅行管理者と旅行者の時間とコストを大幅に節約できる可能性がある。しかし、出張管理者は、賢明なビジネス上の意思決定を行うために自信を持って使用できる信頼できる情報を提供するアルゴリズムを、どの程度信頼しているか? またそうすべきか?  最終的には、これらのアルゴリズムとAIを活用した技術に対する信頼を構築し、旅行管理者が時間をかけて完全に採用するよう促すのは、テクノロジー企業の責任である。

テクノロジーが出張業界を再形成

Technology is reshaping the business travel industry

現在、世界は流動的な状態にある。COVID-19 は依然として未知のままであり、予期せぬ地政学的紛争が世界中に重大な影響を及ぼしている。その結果、出張はパンデミック中盤の不振から回復しつつありるが、企業はまだ数年前に中断したところから回復することに慎重だ。実際、SAP によると、ほとんどの財務マネージャー (84%) は、2022年の出張の増加に対応する準備が整っていないと述べている。多くの人にとって、旅行の自信を高める鍵は、たとえ計画が予期せず変更されたとしても、旅のあらゆる段階でより良い知識にアクセスできることである。幸いなことに、テクノロジーの進歩により、旅行手配業者、管理者、および旅行者はこれを達成することができる。よりパーソナライズされたスケジュール情報、より正確なホテルのおすすめ、24時間365日のAIを利用したサポートへのアクセス、または旅行者の電話に直接送信されるリアルタイムの旅行の最新情報など、テクノロジーはより良い決定を下し、セルフサービスの要素を提供する力を与えている。彼らの旅を全体的に自信を高める。

優れたデータは信頼できるアルゴリズムの鍵

Great data is the key to trustworthy algorithms

インテリジェントな出張計画に関しては、アルゴリズムがそのプロセスで重要な役割を果たし、高度なAIの開発により、常により摩擦のない旅行体験を構築することができる。そうは言っても、アルゴリズムはその背後にあるデータと同程度にしか強力ではない。今日の旅行管理者と予約担当者は、強力なデータを使用して、「もしも」のシナリオや動的な価格設定構造などのインテリジェントな体験と機会を作成できる強力なツールを必要としている。最高の旅行管理プラットフォーム プロバイダーはこのことを知っている。そのため、価格の変動や需要から地域の気象イベント、業界のすべてのセグメントにわたる旅行者の行動まで、あらゆるものに関する膨大なグローバル データセットを最大化するソリューションに投資している。旅行チームの構成が変更された多くの旅行チームは、ビジネスに不可欠な対面でのやり取りのためにさまざまなグループが集まるため、パンデミック前よりもはるかに小規模になっている。その結果、専用の旅行アルゴリズムとAIツールの潜在的なメリットがさらに重要であることに気付いた。たとえば、旅行管理者はAIを使用して、ビジネスの規模、ニーズ、予測される年間支出の組み合わせ、および同様の企業が行っていることの組み合わせに基づいてポリシーの推奨事項を作成できる。そのため、綿密に調査したり、ポリシー全体をゼロから設計したりする必要はない。このアプローチは、特に小規模なチームの場合、時間とリソースを大幅に節約できる。継続的な不確実性に満ちた世界では、企業の旅行管理者、プランナー、および旅行者は、どこにいても迅速に情報に基づいた意思決定を行うために常に信頼できるツールを必要としている。最良のアルゴリズムはまさにそれを可能にし、広範なデータセットから引き出して、最も必要とされる重要な洞察と推奨事項を提供する。

著者: Axita Bhalsodは、Egenciaの分析担当シニア ディレクター。

(8/19 https://www.phocuswire.com/should-corporate-travel-managers-trust-algorithms?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

17. 8月15日の週の資金調達記事

  • Guesty

短期賃貸物件管理プラットフォームのGuestyは、ビジネスを国際的に拡大し、新しい分野に拡大するために1億7,000万ドルを調達した。Apax Digital Funds、MSD Partners、Sixth Street Growthがラウンドを主導し、既存の投資家であるViola GrowthとFlashpointも参加した。シリーズ E の成功は、Guestyが昨年4月に獲得した5,000万ドルのシリーズDラウンドに続くもので、当時、テルアビブに本拠を置く会社は、代替宿泊施設を提供する不動産管理ソフトウェア会社としては最も資金が多かったと述べている。シリーズDの資金調達以来、Guestyによると、評価額は3倍になり、収益は2倍になった。来年中には1億ドルの収益に達すると予想している。新たな資本により、Guestyはその事業を拡大して需要の増加に対応し、新しい事業分野に拡大する。また、昨年のYour PorterとMyVRの買収に続き、追加の合併と買収も追求する。「非常に困難な資金調達環境にもかかわらず、Guestyが調達した資金は、旅行および短期レンタルのエコシステムへの信任投票であり、ホスピタリティおよびプロパティ管理ソフトウェア部門の市場リーダーとしての当社の先駆的な技術と地位を支持するものである。代替宿泊施設の人気が急上昇する中、イノベーションを優先するという私たちのコミットメントと、顧客がより成功するのを支援する能力のおかげで、Guestyは明らかな勝者になった」と、Guestyの共同設立者兼CEOであるAmiad Sotoは述べている。Phocuswright Research によると、米国の短期賃貸市場は2025年までに500億ドルを超え、米国のホスピタリティ市場の 5 分の 1 以上を占めると予測されている。2021年にはホストの 60%が、2019年のホストの半分未満と比較して、賃貸のすべての側面を管理するためにプロパティ管理会社またはサービスを使用すると述べた。Apax Digital のパートナーであるDave Evansは、「Guestyは、その成功と革新の実績に加えて、成長を続けるプラットフォームのツール スイートと直感的なユーザー エクスペリエンスにより、あらゆる規模のホスティング ビジネスと協力して、そのカテゴリを定義および統合する立場にある」と述べている。2013 年に設立された Guesty は、ホスピタリティ プロバイダーに、Airbnb、Booking.com、Vrbo、Agoda などの複数のオンライン旅行代理店からのリストを管理するためのツールを提供している。

(8/16 https://www.phocuswire.com/guesty-raises-170-million-as-demand-for-property-management-software-rises?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • アトラクションテック Connect&GO

アトラクションの運営とゲスト体験を管理するためのテクノロジーを提供するモントリオールに本拠を置くConnect&GOは、1,700万ドルを超えるシリーズA資金調達ラウンドを完了した。Financière Outremont が資金調達を主導し、フランスの持株会社 Carey、Finalta Capital、Gestal が参加した。Connect&GOのクラウドベースのアトラクション管理プラットフォームであるKonnectは、仮想ウォレット技術を使用して、電子商取引、POS、ケータリング、RFIDアクセス制御、およびキャッシュレス決済を統合する。同社によると、現在、世界中の数十のアトラクションで使用されている。Connect&GOはこの資金を「グローバルなプレゼンスを強化し、毎年収益とインストール数を倍増させる野心的な成長計画を追求する」ために使用する。「私たちの成長は、私たちのテクノロジーの最高のアンバサダーである顧客の満足度に直接依存している。これが、投資の大部分が、製品開発、イノベーション、ユーザー エクスペリエンス、展開および顧客満足度チームに直接関連する理由である」と、Connect&GO の販売およびマーケティング担当シニア バイス プレジデントであるTara Morandiは述べている。Connect&GO は、モントリオールを拠点とする人工知能企業Moov AIと提携して、100万ドル以上を投資して、アトラクションの交通量予測および管理エンジンを立ち上げる予定。Connect&GO の社長兼CEOであるDominic Gagnonは、「人工知能は、交通量を事前に予測するだけでなく、動的な価格設定戦略とオファーを通じてトレンドに影響を与えるエキサイティングな機会をアトラクションに提供する」と述べている。Connect&GO の最後の資金調達は、2021年11月に調達された300万ドルであった。

(8/17 https://www.phocuswire.com/connectandgo-raises-17m-expand-attractions-tech?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

印刷用ファイル

bottom of page