top of page

海外事情 2022年  9月  5日号

「13. Q&A: OAG、なぜスーパーソニック離陸できない」が、BoomやExsonicが開発している超音速旅客機の飛行可能性を疑問視している。環境に与える影響、巨額開発費、高額運賃、法人旅行需要の減少などの幾つものネガティブな要因がその理由であると言っている。その一方、電動垂直離着陸機(eVTOL)のエアタクシー市場は、おそらく超音速ジェット機の潜在的な顧客よりも10倍または20倍大きいと述べている。今週号でも「15. 韓国MintAir、JauntとeVTOLで提携」のニュースがあった。

 

「1. (TJ) OTA、第2四半期マーケティング効率改善」は、AirbnbとExpedia GroupとBooking Holdings 3社のマーケティング費用効率の改善を伝えている。各社の決算書で、以下の通り確認した。

 

 

 

 これらの3社比較ではAirbnbが飛び抜けて良い。ダイレクト予約の構成比が90%にも達している。Airbnbの第2四半期プレスリリースでは、パンデミック前の2019年第2四半期比で、ADRが40%増加、28日以上の長期宿泊が90%増加したと言っている。短期レンタル市場が長期レンタル需要も取り込んで、パンデミック後も活況を呈している。宿泊市場の押しも押されもせぬ本格的なカテゴリーに成長した。

(編集人)

スクリーンショット 2022-09-05 9.18.46.png

目 次

1. (TJ) OTA、第2四半期マーケティング効率改善                      閲覧第1位

2. (TJ) ブロックチェーンOTA、航空会社とダイレクト

3. (TJ) グーグル、航空便Book on Google中止                         閲覧第2位

  (TJ) = トラベルジャーナル 9月26日号参照

 

4. 小説「XYZ・コム」(第9回)

5. ホッパーホームズ、イボルブと提携

6. VIDEO: 地上輸送の前途                                                     閲覧第5位

7. 報告書:ホテルデジタルテックでゲスト体験実現

8. 今が、旅行取引を再考する時期

9. 新興企業の舞台:太陽光発電モバイルスイートMoliving

10. デジタル流通、脆弱リンク強化の鍵                                   閲覧第4位

11. Vouch、ホテル到着前プラットフォーム立上げ

12. ロイヤルカリビアン、インターネットサービス開始

13. Q&A: OAG、なぜスーパーソニック離陸できない                 閲覧第3位

14. VIDEO なぜ旅行業界DDIとSSIが必要か

15. 韓国MintAir、JauntとeVTOLで提携

16. 8月29日の週の資金調達記事

4. 小説「XYZ・コム」(第9回)

会議終了後、皆は揃って社員食堂で昼食をとって、日頃のオンラインのコンタクトばかりで不足しがちなフェイスツーフェイス(F2F)のリアルの会話を楽しんだ。会議の参加者15人のおよそ3分の2は、北は北海道から南は沖縄まで各地に散らばっているリモートワーカーたちなので、いつもの通り自然と話題はローカルの話となって盛り上がった。ローカルDMO活動などの各地の情報の交換は、現場優先主義を社是としているXYZにとっての貴重な経営資源だ。昼食にはY部長はもちろん、会議には出席していなかった経営管理室の主だった連中が参加した。

 

昼食の献立は、XYZの子会社であるケータリング会社のナビグルメが提供する新作の幕の内弁当で、この昼食はその試食会も兼ねていた。ナビグルメは、XYZの全国契約ホテルにもデリバリーサービスを提供している。リモートワーカーによるデイユース(客室時間貸し)の増加と相まって、最近、契約ホテルへの出前サービスのオーダーが急増、ナビグルメもこれを好機と新規メニュー開発に努力しているわけだ。安部公房の「方舟さくら丸」には、平均年齢75歳の“女子中学生狩り”に興じる「ほうき隊」が出没するけれど、ナビグルメの「婆さん料理隊」はなんと80歳を超えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼食をとったHは、試食のアンケートには、おかずとご飯を別にした2段重ねのスタイルが気に入った、味付けも塩分控えめでちゃんと健康に配慮している。味は頗る美味しい・・・と記入した。その上で、SDGに配慮してプラの使用の取り止めと、税込1,210円の大幅値下げ、少なくとも800円以下にできないかとコメントした。おかずとおかずの間に仕切りとして入れてある、どぎつい品のない緑色の笹の葉を真似たプラスチック片は、食欲を削ぐ何ほどのものでもない。

ナビグルメでは、暇を持て余して老人ホームで鼻ょうちんばかり出している料理自慢のお婆さんたちを雇っているので、味はどこにも負けない。思ってもみなかった就労の機会を与えられたお婆さんたちは、ここぞとばかりに腕を振るって料理してくれる。お婆さんたちの健康状態は頗る良くなり、認知機能と運動機能が驚くほどに改善された。ナビグルメとお婆さんたちの一石二鳥の絶妙のコンビは、国の人材シルバーセンタ-構想に貢献したとして、厚労省より大臣表彰を受けている。

アンケートを提出した後、Hは、せっかくの機会なので、本社の技術部とコールセンターに顔を出すこととした。

 

XYZの技術部は、総勢20人の優秀なエンジニアを揃え、日常のサイト運営管理やメンテナンスに加え、IBE(Internet Booking Engine)やアプリの開発からアフィリエートとのAPI接続まで、システム開発を内製化している。これからは、トラベルテックが会社の競争力を左右する最重要の経営課題と考えたXYZは、システム開発のアウトソースを採用しなかった。

 

Hにはサイトデザイン担当のRも同道した。今年2回目となるサイトのデザイン変更の進捗状況の確認が彼らの目的である。技術部は、サイトの使い勝手の改善のための新たなモデルの開発に取り組んでいる。ちょうど隣の部屋では、フォーカスグループの人たちを対象にした、この開発のための実験が隠密裡に始まっていた。フォーカスグループとは市場調査や製品評価などで、情報を収集するために集められた顧客のグループのことで、XYZでは、当然のことながら旅が好きでたまらないという旅行オタクが集められている。

 

この新モデルは、ユーザーの目線、眉毛、顔のわずかな皺の動き、頬の変形を高感度のセンサーでコンマ0秒の単位で隈なく拾い、ユーザーのサイト使用時の心理状況をほぼ完璧に把握し、そのデータを参考にしてサイトの使い勝手を改善する実験である。いわば、今使っているA/Bテストの改良版である。技術部主任のVは、「このAIとマシランを使ったモデルは、刑務所のどんな嘘発見器よりも優秀だ。これで今回の2回目のサイト設計変更はしっかりしたものができますよ。コンバージョンも増えるだろう」と、なんだか奇妙な比較でもって自慢した。

 

次の訪問先のコールセンターは総勢80人の世帯だ。英語と中国語の堪能なバイリンガルのスタッフも集められている。センターがある場所は沖縄だ。新宿本社の分室では、壁一面に貼り付けた大画面のビデオモニターで、沖縄センターの運営状況をリアルタイムで映し出す。オンラインの旅行会社であるOTAが、オフラインのコールセンターを展開するとは如何にも不可思議・・・、と考える人たちもいるかもしれないが、XYZでは外資OTAのいずれもが、コールセンターを設置して、顧客サービスに力を入れているのを真似ている。かつて、ある大手TTAの社長が、「自分たちはOTAができないオフラインのF2Fの顧客対応をしているので絶対有利」と語っていいた。彼は、全くOTAを理解できていなかった。今では、ひょっとするとOTAの顧客サービスの方がよほど優れているかもしれない。

 

外資OTAが、アウトソースしたり外国のコールセンターに転送したりしているのとは違って、XYZでは、自前の日本人スタッフによって電話応対されている。ユーザーからの「たどたどしい日本語で意思疎通がうまくできない」との苦情はここでは一切上がって来ない。応答率はなんと90%を超えて、“待ち呼”は驚くほど少ない。だからと言って、スタッフを多く配員しているわけでは決してない。レズエージェントのための会話能力向上教育や応答マニュアルの改訂、チャットボットの導入、スナッチ応対(一時受付して、後にコールバックする方法)、“アフレ呼”のフォーカスグループ有志への転送などで、“放棄呼”はゼロに近い。その上、応対後のユーザーアンケートで顧客満足度評価5点を獲得したエージェントには、その獲得数に比例した僅かであるがボーナスが支給され、月毎の5点獲得数ランキングで名前が発表される。コールセンターに配属されると、決まって「左遷された」とか「島流しされた」と感じてやる気を無くす人が過去には多く居たが、今では全くその真逆で、この配属先はエリートコースの出世街道となっている。迅速に苦情を処理してもらった、あるいは問題を解決してもらった顧客のロイヤルティーは極めて大きく改善する。コールセンターは、禍を転じて福と為すセンターなのだ。

 

XYZコールセンターの凄いところは他にもある。全ての電話応対はモニターされ、通話時間内でどのキーワードが何回喋られているか(つまり電話のテキストマイニングということになる)、電話をかけてきた顧客の声色から判断してクレームの強弱はどの程度なのか、問題は何なのか、最終的に問題は解決できたかを克明に自動化された機械が調べまくり、ここでもAIによってユーザーの顧客満足度を分析する。そして、即その結果は、技術部のサイト設計部門にフィードバックされている。データ重視のオペレーションがここでも実施されているのだ。コールセンターは、会社が必要としている情報の金山なのだ。

 

時間は15:00を回っていた。店が閉まるまで未だ時間がある。Hは、久しぶりに神田神保町の古本屋街を訪ねることにした。外に出ると、新宿駅南口前のバスタの屋上から、極東航空のeVTOL機がせわしなく離発着していた。

(続く)

IMG_0561.jpeg

5. ホッパーホームズ、イボルブと提携

Hopperは、Evolveとのパートナーシップを通じて、ホームズ ビジネス ラインの構築を続けている。この取引により、2022年1月にアプリで発表されたHopper Homesに24,000の物件が追加され、Evolveは最大の直接的なバケーション レンタル サプライヤーになった。今年の2月、Evolveは1億ドルを調達した。Hopper Homesの責任者であるSusan Hoによると、このアプリは現在、約220万件の物件を顧客ベースに提供している。アプリベースのビジネスは、フィンテック製品をHopper Homesに追加することも計画している。Hoは、航空会社やホテルの顧客にすでに提供されているキャンセル保険について、プロパティ マネージャーが特に期待していると述べている。「多くの住宅所有者は、30日から60日という非常に厳しいキャンセルポリシーを持っている。彼らは土壇場で収益を失いたくない。私たちは、物件管理者がリスクを負わずにより高いコンバージョン率を実現できるように、データとデータサイエンス機能を使用して自分自身を危険にさらす価格設定により、キャンセルのリスクを喜んで引き受けている」と彼女は言う。バケーション レンタルの在庫を調達することは、これまで成長の潜在的な障壁として指摘されてきたが、Hoによると、Hopperはプロパティ マネージャーとの直接的なパートナーシップを構築してきた。

「1月のローンチ以来、111の新しいパートナーを追加し、その成長は加速する一方だ。私たちが見てきたことの多くは、市場がAirbnbへの依存を回避する新しいチャネルを求めている。非常に多くの不動産管理者が、パンデミックの間、相談することなくゲストに一方的に返金するAirbnbの市場支配力を目の当たりにし、私たちは、立ち止まって真剣に考慮し、独自の直接ビジネスの構築に力を入れた」とHoは言う。Hopperが直接契約した家の予約は、数か月前に比べて20%も増加したと彼女は付け加える。

Hopper Homesの立ち上げ以来、Hoは、このユニットの焦点は、消費者が何を予約したいのかを理解し、関連する在庫を取得すること、および最良の価格を提供することの2つに重点を置いてきたと述べている。「私たちの顧客は若く、特売(deal)を望んでいる。私たちの使命は、より頻繁に旅行できるように価格を下げることである。これは、在庫をマルチソーシングしている分野の1つであり、1つの物件を複数の異なる場所から取得して、顧客に最低価格を提示する可能性がある分野の1つである」と彼女は言う。

(8/29 https://www.phocuswire.com/hopper-homes-evolve-partnership?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

6. VIDEO: 地上輸送の前途

ロックダウンと公共の場への恐怖が日常生活を一変させたパンデミックの初期に、あらゆる種類の陸上輸送を提供する企業が復活を遂げている。特に今年の夏は、旅行が急成長し、人員配置の問題が空の旅に対するフラストレーションを引き起こしたため、鉄道、レンタカー、配車サービスなどのセクターが、他の方法では短距離フライトで処理されていた可能性があるビジネスを取り上げている。さらに、気候変動に対する懸念の高まりは、陸上輸送に追い風をもたらしている。投資家も購入している。PhocuswrightのState of Travel Startups 2022のレポートによると、2012年から今年の5月まで、配車サービスは2番目に多くの資金を投じられた業種であり、そのほぼ10年間で73億ドルを稼ぎ出し、ホテル/ホステルの業種に次ぐものとなった。自動運転技術、eVTOL、その他の形態の公共交通機関や大量輸送機関にまたがる都市交通は、3番目に多くの資金を調達している業種 (55億ドル) で、自転車/スクーターは4番目 (44億ドル) である。レンタカーは16億ドル、タクシーは9億9,800万ドル、バスと鉄道はそれぞれ4 億6,200万ドルと3,400万ドルの収益を上げている。Phocuswright Europeのセンター ステージ セッションで、Trainline Partner Solutionsの社長であるChampa Magesh、Blacklaneの共同創設者兼CEOであるJens Wohltorf、Door2Doorの最高コマーシャル責任者であるAndré Gerhardyが、過去1年間にそれぞれの事業がどのように推移したか、パンデミックからのどのような変化が続くか、何を優先しているかについて話し合った。将来のために。Mageshは、Trainlineがどのようにプラットフォームに投資し、鉄道チケットの販売場所を増やすために取り組んでいるかを説明した。Blacklaneが2020年4月の3週間で収益の99%を失ったと述べたWohltorfは、同社が自らを「再発明」した方法を共有し、COVID前の最高の月よりも250%高い収益を上げた。Gerhardyは、Door2Doorの2つのコア製品であるオンデマンドのライドプーリングとサービスとしてのマス モビリティについて、また同社が「ラストマイル」と長距離輸送を1つのシステムに統合するためにどのように取り組んでいるかについて説明した。「人々が休暇に電車を利用することの大きな障壁は、信頼できるラストマイルの移動手段がないことである。これら2つのことと要素を一緒に接続することは、持続可能でCO2に優しい観光を可能にするための非常に大きな手段となる」と彼は言った。以下の完全な議論をご覧ください。

(8/29 https://www.phocuswire.com/road-ahead-for-ground-transportation-phocuswright-europe-2022?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

7. 報告書:ホテルデジタルテックでゲスト体験実現

COVID-19 パンデミックにより、ゲストがテクノロジーによってホスピタリティ体験を強化することを期待し、好む方法の進化が加速している。そして、ホテルの技術スタックは、デジタル ゲスト エクスペリエンスを可能にするバックボーンである。しかし、プロパティ マネジメント システム(PMS)がホテルの技術スタックの出発点だった時代は終った。今日、PMSはホテルの運営プロセスを指示するだけでなく、ゲスト中心のアプローチもサポートする必要がある。マーケティング担当者は、(予約ポイントだけでなく)ゲストについてもっと知ることができる必要がある。レポートからゲストの行動を推測するのではなく、ゲストの話を聞く必要がある。消費者は、キオスクやモバイル チェックインとチェックアウトが提供する利便性、エンパワーメント、偏見のない、列のない体験を求めている。また、非接触およびモバイル技術は、ゲスト エクスペリエンスを向上させ、付帯収入を促進するための技術ソリューションのリストのトップにある。PhocusWireとShijiが作成した次のレポートは、ゲスト中心のホテル スタックがパンデミック後のゲストのニーズに対応しながら、ホテル管理のニーズに対応し、収益創出を促進する方法を示している。レポートは以下から入手できる。

(8/29 https://www.phocuswire.com/shiji-enabling-digital-experience-guest-centric-hotel-tech-stack?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

8. 今が、旅行取引を再考する時期

インフラストラクチャの課題にもかかわらず、革新は世界中で構築されており、旅行者や旅行会社が国境や通貨を超えて簡単に取引できるように、テクノロジーを強化した支払いソリューションを作成している。パンデミックは、金融取引との関係を変えた。対面サービスを制限する世界的な制限により、電子商取引ビジネスは活況を呈した。可処分所得は少ないが消費者の需要が高いため、今すぐ購入して後で支払うなどの支払い機能が出現した。テクノロジーの進歩により、消費者や企業に非線形の取引モデル(non-linear transaction models)が長年提供されてきたが、パンデミックは私たちの取引方法を永遠に劇的に変えた。旅行業界では、消費者、サプライヤー、その他の利害関係者が旅行ビジネスとの取引に期待する方法に最も劇的な変化が見られた可能性がある。伝統的に、旅行業界は、主に地域社会におけるグローバルな規模のため、多くのフィンテック ソリューションの適応に制限が存在した。テクノロジーによって強化された決済ソリューションは、複数の仲介者なしでは、特に国境を越えて地域社会でグローバルに拡張することが難しくなっている。しかし、過去2年間、前例のない混乱の中で世界が混乱する中、インフラストラクチャは世界中でワイヤレス決済オプションをサポートするために加速し、フィンテック企業は、適切なインフラストラクチャが不足している地域で旅行の支払いの問題を具体的に処理するソリューションを革新してきた。2021年、WeTravel ― 数日間の旅行を運営するあらゆる旅行ビジネス向けに構築されたオールインワンの予約および支払いプラットフォーム ― は、2016年の創業以来、3,000を超える旅行会社が支払いを処理するために私たちのフィンテック ソリューションを使用しており、ビジネスで最も多くの取引を記録した。これらのトランザクションのうち、40%は新しい旅行ビジネスからの物であった。今年もまた、新しいビジネスに支えられて、毎月の2桁のトランザクションの成長が見られる。SaaSおよびフィンテック プラットフォームとして、多くの企業がオールインワンの予約および支払いプラットフォームに移行し、旅行者やサプライヤーとの新しい革新的な方法で取引を行っている。当社のピアツーピア決済ネットワークから分割払いオプション、即時支払いオプションまで、当社のフィンテック ソリューションを利用してビジネス ニーズを満たす旅行ビジネスが大幅に成長している。以下が、私たちが見ているものである:

旅行者のために

For the traveler

  • キャッシュレス決済オプション

  • Cash-free payment options

デジタルおよびモバイル決済ソリューションは、顧客体験を向上させ、顧客データを保護する。旅行の専門家として、多くのオペレーターは旅行の総費用を得るために含まれるものを含むツアーをパッケージ化しながら、目的地で支払われる追加の活動を提供している。現在、旅行者のニーズが変化しているため、これらのアドオンは、旅行の合計に追加される追加費用として提供できるため、旅行者はデジタル決済ソリューションを使用して、目的地での不要な現金支払いを回避できる。旅行者はより少ない現金で旅行したいだけでなく、出発前に旅行にかかる費用を最もよく知りたいと考えている。目的地のPOSでは、デジタルおよびモバイル対応の非接触型決済オプションを提供する方法が複数ある。保証はできないが、世界中でデータ伝送用のワイヤレス通信が利用できるようになるにつれて、非接触型決済がより可能になりつつある。企業 (旅行者であるか旅行者に依存しているかにかかわらず) は、アプリケーションを使用して、多くの地方の目的地でワイヤレス支払いオプションをサポートしている。あなたのサプライヤーと協力して、アクティビティや体験が現金なしの支払いオプションを提供しているかどうかを事前に確認して、旅行者が出発前に準備できるようにすることができる。

  • 包括的な支払いオプション

  • Comprehensive payment options

販売する旅行の購入価格を検討する場合、旅行者に提供できる支払いオプションを理解することが重要。e コマース ビジネスと同様に、今すぐ予約して後で支払うという方法は、旅行業界では比較的新しいものであるが、高額な商品を購入するためのフィンテック オプションとしてよく使用され、特に旅行者に好まれている。多くのフィンテック企業がこのソリューションを提供して予約プロセスに統合し、ビジネスの支払いオプションに簡単に追加できるようにしている。予約プロセスに直接統合するフィンテック プラットフォームと提携することで、旅行者にシームレスなオプションを提供できる。同時に、予約時に旅行の全費用を前払いしていない可能性のある旅行者から金銭的なコミットメントを得ることもできる。旅行者向けのソリューションを実装できない場合、または提供したくない場合は、分割払いを提供することで、旅行者が出発前に旅行の費用の一部をデジタルで支払うオプションを提供できる。WeTravelのプラットフォームを通じて、クライアントはビジネスと旅行者に適した預金額と分割払い額を設定できる。

旅行業の場合

For the travel business

  • 即時支払いオプション

  • Instant payout options

旅行事業主として、キャッシュ フローを最適に管理する方法を理解することは困難である。支払いを受け入れて処理するための包括的なソリューションを提供しているが、コストと時間が透明でないため、国境を越えた支払いは困難である。従来、グローバルな支払いを送るということは、宛先に到達する前に複数の銀行を経由することを意味し、しばしば支払いが遅れ、追加料金が請求されていた。しかし、フィンテックによるクロスボーダーおよびクロスカレンシー ソリューションは、支払いをより迅速に、時には即時に、そしてより簡単にする。適切なオプションを見つけることは、ビジネスのリスクを軽減し、サプライ チェーン内で戦略的な成長の機会を形作るのに役立つ。

  • 国境を越えた通貨間の支払い – 手頃な料金で

  • Cross-border, cross-currency payments – at an affordable rate

伝統的なフィンテック企業は、競争がほとんどなくビジネスを支配していたため、国境を越えた通貨間の支払いに極端な手数料を請求することから逃れてきた。ただし、国境を越えた支払いを処理するフィンテック ソリューションの数が増えているため、旅行者にとってより手頃なオプションがある。ビジネス オーナーは、クロスボーダーおよびクロスカレンシーの支払いを低料金で処理する統合プラットフォームを使用して、あなたと旅行者の追加費用を節約できる。Mastercardによると、2022年には旅行の購入額が増加し、航空会社の支出は昨年から13.3%増加し、宿泊費は昨年から30%近く増加した。旅行会社は、回避可能なコストを削減し、収益機会を増やすために、フィンテック ソリューションを通じて得られるこの非線形の金銭的オプション(the non-linear monetary options)を理解することが重要である。もっと詳しく知る!WeTravelにアクセスして、オールインワンの予約および支払いプラットフォームについて調べてください。(8/29 https://www.phocuswire.com/travel-businesses-rethink-how-they-transact?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

9. 新興企業の舞台:太陽光発電モバイルスイートMoliving

Molivingは、土地所有者やホテル経営者に、従来のホテルの数分の1の費用で、数年間ではなく数か月でホテルを開発する機会を提供する。Molivingは2021年7月にNY市で設立され、従業員は9人。同社は、2023年に東海岸と西海岸のいくつかの場所に拡大する前に、ニューヨークのハドソンバレーに旗艦物件であるハーレーハウスを立ち上げる予定である。Molivingは、いつでもどこでもポップアップできる世界初の遊牧民向けホスピタリティ ソリューション。持続可能性とテクノロジーの最前線に立つMolivingは、自然を中心とした不動産の最良の使用例を作成した。Molivingは、将来のホテル経営者や土地所有者に従来のホテルの何分の1かのコストで数年ではなく数か月でホテルを建設する機会を提供する、これまでにないコンセプトを導入することにより、モジュラー リビングおよびホスピタリティ業界を混乱させている。Molivingは、季節的な需要を予測し、リアルタイムで需要に合わせて部屋の在庫を調整できる。Molivingの目標は、ホスピタリティを民主化するだけでなく、有害な慣行に代わる持続可能な方法を実施することで環境を保護することである。Molivingは、土地所有者、将来のホテル経営者、国立公園、キャンプ場のためのジョイント ベンチャー パートナーシップとして運営されている。パートナーは、土地を提供し、比較的小規模な恒久的なインフラストラクチャをインストールする。代わりに、Molivingは、管理サービス、予約システム、ホテル全体のブランド、およびホテルを効率的に運営および運営するためのすべてのサービスを含むホテル運営システムと、スイートの柔軟な在庫を提供する。当社の豪華なモバイルスイートは、洗練されたテクノロジーを自然にシームレスに統合し、環境への影響を実質的にゼロにする。スイートは可動式で、カスタム設計のシャーシ上に構築されているため、スタンドアロンとして設定することも、グループ化してマルチレベルの施設を形成することもできる。スイートはまさに「グリーン」である。それらは、電力網から完全に独立し、サイト全体の他のすべての施設を操作するのに十分な電力を生成するのに十分な太陽エネルギーを収集するように設計されている。各スイートは、最新のリチウム電池技術を使用して、屋上のソーラー パネルから得たエネルギーを蓄え、水消費量の削減を可能にするグレーウォーター リサイクル技術、UV 消毒技術、すべての電子機器のハンズフリー コントロール、シームレスなタブレット コントロール統合を使用している。Molivingの投資回収期間は、従来のスペースに比べて大幅に短縮されている。Molivingスイートは、環境に配慮したアドオンに応じて、製造に約150,000ドルから始まる。これは、80万ドルから120万ドルにも及ぶ同等の4つ星または5つ星の製品よりも約2倍から3倍安価であり、より迅速に投資を回収できる。(8/30 https://www.phocuswire.com/Moliving-solar-powered-luxury-suites?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

10. デジタル流通、脆弱リンク強化の鍵

陸上輸送のデジタル変革が進行中であり、世界が再び開かれるにつれて、シームレスな地上輸送の予約体験に対する旅行者からの需要が高まっている。しかし、一部のサプライヤーはこの市場機会を逃している。バス事業者がデジタル流通機能を持っていない場合、座席をオンラインで販売することはできない。ブランド ドットコムや、OTAや小売代理店などのサード パーティとの契約がなければ、サプライヤーのリーチと収益は、ローカルで、オフラインで販売できるものに限定される。航空会社などの他の旅行プロバイダーとの商用提携はできない。これを変えるには、航空会社の旅客サービス システムのように機能する輸送管理システム (TMS) が必要である。これは、その在庫をOTAやサードパーティがスケーラブルな方法で販売できるようにするための前提条件だ。現状では、地上輸送は断片化されている。供給側と流通側の両方にいくつかの大きなプレーヤーが存在するが、大多数のオペレーターは小規模で独立している。実際、APACとLATAMのビジネスの大部分はオフラインでアナログである。旅行者はオンライン機能を期待しており、バスのチケットやフェリーの事前予約は、フライトや部屋の予約と同じくらい簡単であるべきだ。TMSがこれらの小規模な独立したビジネスによって広く利用され、オンラインで座席を利用できるようになるまで、地上交通機関は旅行エコシステムの弱点であり続けるだろう。空港から市内中心部へのバスやブティック ホテルへのフェリーをオフラインでその場で予約しなければならない場合、エンドツーエンド/ワンストップ ショップ/スーパー アプリという究極のトラベル テクノロジーの目標は、とらえどころのないままである。

シームレスな予約に対するこの進行中の障害を解決することは、TMSプロバイダーの1つの焦点であるが、実行できることは他にもある。TMSは、多くの運用要件をオフラインからオンラインに移行することで、地上輸送サプライヤーがビジネスを成長させるのに役立つ。これらには、ロイヤルティ スキームと報酬、ロジスティクス、メンテナンス、車両の準備、モバイル オフィス、機内販売、貨物の集荷、スタッフのスケジュール、ルート計画、歩留まり管理、財務報告、そしてデータと分析が含まれる。グローバルな地上輸送業界の細分化された性質は、TMSがグローバル システムに接続すると同時にローカル市場のニーズに応える必要があることを意味する。同じ地域内の国の間には層の違いがあり、単一の国のオペレーターでさえ、異なるルートのTMSから異なるニーズを持っている可能性がある。同様に、オペレーターは、サードパーティの販売に関して、TMSにある程度の自律性を与えることを望んでいる。たとえば、データと分析機能により、オペレーターは、販売パートナーが販売したチケットの価値と量を比較対照することができる。

TMSを導入することの最終的な結果として、オペレーターはより多くの座席を旅行者に販売できるようになり、ビジネスがより効率的に運営されるため、旅行者はより良い体験を得る可能性が高くなる。これにより、業界全体の基準が高まり、陸上輸送がその持続可能性に関する資格情報をより多くの聴衆と共有する機会が得られる。今後、バス事業者は飛行機よりも環境に優しい選択肢としての地位を確立する可能性があるが、これを効果的に行うには、旅行者がオンラインで予約でき、販売時点で必要な情報を入手できる必要がある。他の場所では、地上交通機関は訪問者に遠隔地を体験するよう促し、オーバーツーリズムに対処し、観光の経済的利益をより広く広めるのに役立つ。

デジタル旅行エコシステム内で地上交通が注目を集めるためには、交通管理システムが中心である必要がある。セこのクターが旅行者にもたらすこれらすべてのメリットは、オペレーターがより効率的になり、旅行者により良いサービスが提供されるように、デジタル トランスフォーメーションを加速することに基づいている。バスとフェリー事業部門の多くが転換の機が熟しているため、TMS部門は注目すべきものとなるだろう。

著者: Noam Toisterは、Bookaway Groupの共同創設者兼CEO。

(8/30 https://www.phocuswire.com/transport-management-system-ground-transportation-online?oly_enc_id=7798E1381467C7B )

11. Vouch、ホテル到着前プラットフォーム立上げ

ホテル テック プロバイダーのVouchは、Bespoke by Vouchを立ち上げた。これは、ターゲットを絞ったパーソナライズされたオファーを通じて、ゲストが到着前にホテル滞在をカスタマイズできるプラットフォームである。

Bespoke by Vouchは、同社の主力のゲスト エクスペリエンス プラットフォームを到着前に拡張したものである。Vouchによると、そのアルゴリズムは、ゲストのプロファイルと好みに基づいて、到着前にゲストに合わせた推奨事項を作成する。Vouchの創設者兼CEOであるJoseph Lingは、到着前の経験は「しばしば無視される」と述べている。「今日のホテルは、前例のない人手不足に対処しながら、宿泊客の需要の増加に直面している。これは、信頼できるソリューションでホテル パートナーをサポートし、毎回素晴らしいゲスト エクスペリエンスを提供する取り組みを支援できる場所である」とLingは言う。2016年に設立されたVouchは、シンガポールに本社を置き、韓国、インドネシア、ベトナム、中国で事業を展開している。Vouchは 2021年のPhocusWire Hot 25 Startup。同社は、2021年10月 にForge Venturesとエンジェル投資家が主導するシードラウンドで110万ドルを調達した。Bespoke by Vouchにより、ホテルはアップセル チャネルを通じて増分収益を得ることができ、客室のアップグレード、スパ パッケージ、飲食の提供、サードパーティの付帯サービスなど、価格設定と在庫を完全に管理する。同社によると、トランザクションを処理する際に、プラットフォームはホテルのスタッフの時間を節約する。Bespoke by Vouchは、食事制限、到着時間、滞在目的などのゲスト情報を収集できる。同社によると、ホテルが部屋の在庫を確実に管理できるように、Bespoke by Vouchは到着日にゲストのアクセスを無効にするようにプログラムされており、ホテルへの予期せぬ土壇場でのリクエストがないようにしている。以下は、LingがPhocusWire Pulse: Startups In The SpotlightイベントでPhocusWireのMitra Sorrellsと話している様子である。

(8/31 https://www.phocuswire.com/vouch-prearrival-platform-hotels-revenue-upselling?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

12. ロイヤルカリビアン、インターネットサービス開始

Royal Caribbean Groupは、SpaceXのStarlinkテクノロジーを実装して、ゲストとクルーの機内接続を改善している。この計画は、Elon Muskによって設立された会社のブロードバンド インターネット サービスを、既存および新規のRoyal Caribbean International, Celebrity CruisesとSilversea Cruisesの船に設置することを目的としている。このサービスのロールアウトは、Freedom of the Seasでの試験に続いてすぐに開始され、2023年の第1四半期の終わりまでに完了する予定である。Royal Caribbean Groupの社長兼最高経営責任者であるJason Libertyは「企業としての私たちの目的は、お客様に責任を持って最高の休暇体験を提供することであり、この新しいサービスは、これまでの旅行業界におけるStarlinkの高速インターネットの最大の公開展開であり、その目的に対する私たちのコミットメントを示している。この技術は、船上で画期的なインターネット接続を提供し、ゲストと乗組員のクルーズ体験を向上させる。ビデオストリーミングなどのより高帯域幅の活動やビデオ通話などの活動を改善し、可能にする。Starlinkを使用することは、ゲスト、乗組員、私たちが訪れるコミュニティ、株主のために革新と卓越性に継続的に焦点を当てているもう1つの例である」と述べている。Carnival Groupの一員であるPrinces Cruisesは昨年、リモート ワーカーを自社の船に乗せるために「陸上のような」接続を導入すると発表した。同社はまた、この動きにより、ブランドが会議やコンベンション市場に参入できるようになる可能性があると述べた。

(9/1 https://www.phocuswire.com/royal-caribbean-rolls-out-spaceX-starlink-internet-service?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

13. Q&A: OAG、何故スーパーソニック離陸できない

2003年にコンコルドが最後の飛行を行って以来、音速で乗客を輸送するという約束は、航空旅行業界では実現できなかった。しかし、超音速旅行は復活する可能性がある。American航空は今月初め、コロラド州に本拠を置く航空宇宙メーカー、Boom Supersonic社の20機の超音速Overtureジェット機に返金不可の保証金を支払った。この発表は、15機のOverture航空機を購入するというUnited航空の2021年の合意に続くものである。Boomと日本航空は以前、JALが同社に1,000万ドルを投資して戦略的パートナーシップを結んだ。

Boomは、この10年間の終わりまでに最初の商用飛行が行われると予想していると述べている。同社によると、Overtureジェットは、現在最速の民間航空機の2倍の速度で65人から80人の乗客を運ぶように設計されている。乗客は、ニューヨークとロンドンの間を3.5時間、マイアミとロンドンの間を5時間弱、ロサンゼルスとホノルルの間を3時間で飛ぶことができる、とBoomは言う。しかし、超音速旅客機の飛行可能性は、航空券1枚あたり数千ドルの価格が予想されることもあり、依然として疑問視されている。批評家はまた、超音速ジェット機が環境に与える影響を非難している。Boomは、Overtureは100%持続可能な航空燃料で動作するように設計されていると述べている。そして5月、BoomはClimeworksとの10年間の契約を発表した。この契約により、Boomの残りのCO2排出量の一部が大気から除去され、地下に永久に保管される。これにより、Boomは2025年までにネットゼロ カーボンを達成することができる。懐疑論はまた、音の壁を壊すことによって生じる雷のような音であるソニックブームを取り囲んでいる。Boomは、当初は水の上だけを飛ぶと言っている。Phocuswrught's Battleground: The Americas 2019の勝者であるExosonicは、ソニック ブームを抑えた旅客機を開発しており、陸地の上空で飛行できるようになっている。

PhocusWireとのQ&Aで、航空データ プロバイダーOAGのチーフ アナリストであるJohn Grantは、超音速商用飛行の将来が暗いと考える理由を説明している。英国に本拠を置くこの航空分析会社は、世界中のすべての航空会社から航空会社のスケジュールを収集、公開、流通している。Grantによると、OAGには、飛行していた航空機の種類、座席数、その他の詳細に関する25年以上前のデータがある。これは、「歴史が未来にどのように情報を与えるか」を示すデータだ。回答は簡潔にするために編集されている。

Q: 超音速旅行の予測は?

What is your forecast for supersonic travel?

それは非常に限定的な旅行者向けであり、そのようなサービスが実行可能なさらに限定的なルート向けである。このタイプの航空機の顧客となる航空会社は世界でもほとんどない。航空機の商業的現実、および業界が操業する環境上の制約の増大により、持続可能で収益性の高い航空機開発を実現することは非常に困難である。航空業界の営業利益率は非常に脆弱である。好調な時期には、業界全体の資本収益率は約7%または8%です。そして明らかに、ここ数年は恐ろしくネガティブである。航空業界の利益の50%は、世界の約20の航空会社によってもたらされている。世界中で800以上の航空会社が運航している。したがって、これは潜在的なターゲット航空会社のすでにニッチなグループにとって非常にニッチな製品となる。おそらく両手でこの製品に興味を持つ可能性のある航空会社を挙げることができる。

Q: 一部の大手航空会社がこれらのジェット機に投資しているのはなぜか?

Why are some major airlines investing in these jets?

この航空機が飛行する場合に備えて、投機的な列(queue)に場所を確保したいという純粋な願望からだろう。

Q: 他の航空会社がこの形態の旅行への投資を妨げているのは何か?

What is holding other carriers back from investing in this form of travel?

彼らは現実的であり、商業的には、市場の動きに適合しないため、おそらくこの機会にあまり興奮していない。ここで検討しているコンセプトは、非常にニッチな市場にサービスを提供するため、非常に高価な航空機である。そして、人々がよりコストを意識している今日の経済的現実において、この航空機を支持する市場がどこにあるかを見極めるのは難しい。今後3~4年の経済見通しを見ると、特に心強いものではない。そして、価格(運賃?)については、超音速で飛ぶ価値はない。

Q: 人々が宇宙に飛ぶために6桁のお金を払っているのに、ニューヨークとロンドンの間の3.5時間のフライトに4,000ドルから5,000ドルを支払う人を想像するのは、なぜ難しいのか?

With people paying six-figures to fly into space, why is it far-fetched to imagine people paying $4,000 to $5,000 for a 3.5-hour flight between New York and London?

間違いなくその提案に惹かれる人々のグループがいるが、この航空機の開発費をカバーするビジネスケースを作るのに十分か? Concordeの経験から、航空機の維持費が非常に高かったことがわかっている。機体にかかるストレス、つまりそれに必要なエンジニアリングは、飛行時間に比べて非常に集中していた。

Q: 法人旅行者がこれらの飛行機を満席にすることを期待するのは合理的か?

Is it reasonable to expect business travelers to fill these planes?

現時点では、法人需要はCOVID以前よりもおそらく30%低いと推定している。私たちは不況に直面しているので、ビジネスクラスを旅行した人々は現在、プレミアムエコノミーまたはエコノミーのいずれかで旅行している。年に3、4回旅行していた人は、年に2、3回しか旅行していない。そのため、法人市場の価値は現在、あらゆる点で低下している。

Q: 環境問題とは?

What are the environmental challenges?

Concordeは、ソニックブームにより羊が早く出産したと、農村地域の農家には言っていた。こうした環境への懸念は、20年前よりも今の方がおそらく顕著である。私たちはより環境に配慮している。騒音と騒音の軽減は、世界中の当局にとって多くの議題の上位にある。Concordeが地上を飛行する能力は、その寿命の間に厳しく制限された。そのため、最終的に主にヨーロッパと北米の間で運航することになった。これは、大西洋のみを航行していたためである。

また、超音速ジェット機はどのような燃料を使用する予定か? Concordeは大量の灯油を消費していた。航空業界が二酸化炭素排出量を削減しようとしているとき、業界のほとんどは、二酸化炭素排出量を増やすと批判される燃料技術に投資することを望んでいない。特に、1回のフライトが80人限定の場合はなおさらである。十分な量を生産でき、機能し、費用対効果の高い代替燃料供給を見つけることは、実際にはまだ考えられていない課題である。そして、その航空機はどこで燃料を補給するか? 人々がまだ航空機に搭乗している間に、ゲートで通常の空港環境で燃料を補給することはできるか? 多くの問題がある。

Q; 超音速技術はスタートアップにどのような機会をもたらすと思うか?

What opportunity do you think supersonic technology could present for startups?

これがスタートアップにとってどのように機能するかを理解するのは非常に困難である。スタートアップが市場に参入するには、可能な限り低コストである必要がある。旅行と製品提供で差別化を図らなければならない。そして、旅行がコモディティ化した方法を考えると、これをスタートアップが使用する可能性のある航空機モデルと見なすのは非常に難しいと思う。

Q: 旅行の未来を形作っている他のテクノロジーは何か?

垂直離着陸機は、より多くの牽引力と関心を得ると思う。それは、今後数年間の成長にとって非常にスイートな場所である。

Q: 何故か?

Why is that?

技術が証明されているため、開発コストははるかに低く、複数のサプライヤーが存在する。また、超音速機よりもはるかに幅広いニーズと市場の要件に対応する。

Q: エアタクシーとしても知られる垂直航空機も、ニッチ市場に対応していないのか?

YES、しかし、おそらく超音速ジェット機の潜在的な顧客よりも10倍または20倍大きい市場である。また、垂直航空機での作業の多くは、バッテリー、電力、および充電式ユニットの使用に関するものである。ですから、現時点で業界が求めているより多くの資格を持っていると思う。

(9/1 https://www.phocuswire.com/oag-analyst-supersonic-travel-wont-take-off?oly_enc_id=9229H9640090J9N )

14. VIDEO なぜ旅行業界DDIとSSIが必要か

「現代で最も重要な技術」、Nick Priceは、一般にDIDやSSIと呼ばれる分散型自己主権型アイデンティティを実現する技術をそう表現している。Decentralized Identity FoundationのHospitality and Travel Special Interest Groupの議長であるPriceは、DIDとSSIが旅行のあらゆる分野にどのような影響を与えるかについて、主要な意見を述べる人物の一人である。

 

Phocuswright EuropeでPriceは、この技術、およびそれが可能にする信頼され、許可された、安全な通信が、サプライヤーと旅行者の交流方法を変え、現在存在する障害を取り除くと説明している。「あなたが旅行業者であるなら、あなたが知りたいのは、私の顧客は誰なのかということだ。ホテルであれば、誰が私のドアを通ろうとしているのか。航空会社であれば、誰が私の飛行機に乗ろうとしているのか。なぜなら、その中間にはブラックボックスがあり、それが仲介業者だからである。この20年間で、仲介者がより強力になったことは誰もが認めるところだろう」と彼は言う。「しかし、その逆もまた真なりである。もしあなたが旅行者で、旅行体験に何か特別なものを求めているとしたら、それをどのように伝えればよいのか。Priceは、開発中のDID/SSIの使用例とともに、この10年の終わりまでに「急速に普及する」と予想されるこの技術に備えるために、現在の旅行業界で働く人々ができることを詳しく説明する。PhocusWire編集長Mitra Sorrellsとの対談の全文は以下の通り。また、QRコードで共有されているリソースには、このリンクからアクセスできる。

(9/2 https://www.phocuswire.com/why-travel-should-care-about-self-sovereign-decentralized-id?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=7798E1381467C7B )

15. 韓国MintAir、JauntとeVTOLで提携

MintAirは、最大 40機のJaunt電動垂直離着陸機 (eVTOL) を発注した。

韓国を拠点とする企業と米国を拠点とするJauntとのパートナーシップにより、MintAirはJauntの韓国での独占的な先進航空モビリティ (AAM) パートナーとなる。JauntのCEOである Martin Peryeaは、「MintAirは韓国でAAMサービスを提供することを計画しており、Jauntと提携して商業旅客航空輸送事業を開始する」と述べている。MintAirのCEOであるEugene Choiは、「Jaunt Air Mobilityは、航空機のライフサイクル全体を通じて、同じ原則に取り組んでいる」と述べている。United航空は、昨年、Archer Aviationとの契約を通じて、100機のeVTOLエア タクシーを購入すると発表した。

一方、AirAsiaはAvolonと提携して、空港と市内中心部の目的地間のライドシェアリング サービス用に100機の航空機をリースし、ANAはJobyとエア タクシー サービスの契約を結んでいる。

(9/2 https://www.phocuswire.com/mintair-partnership-jaunt-evtol-taxis?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

16. 8月29日の週の資金調達記事

  • eSimのCelitech

カリフォルニアに拠点を置くCelitechは、eSIMサービスのシード資金として120万ドルを獲得した。Cove Fundは$675,000の投資でラウンドをリードした。他の投資家には、Tech Coast Angels Orange County、Blue Startups、Hawaiian Angelsが含まれる。2018年に設立されたCelitech独自のAPIにより、旅行会社やアプリは、他の製品とバンドルできる共同ブランドのeSIMサービスを提供できるようになり、パートナーに追加の収益をもたらす。旅行者のデータ ローミングを最大80%節約できるCelitechのサービスは、スマートフォンやタブレットなどのeSIM対応デバイスでQRコードを介してアクティブ化できる。その技術は、AT&T、Vodafone、Telefonicaなどのワイヤレス ネットワークを介して、米国を含む 160 以上の国で利用されている。

Celitechの創設者兼CEO Ahmad “Al” Faresは、100か国以上を訪問する際の国際データ ローミングのコストに不満を持っていたため、Celitechを作成したと述べている。現地のSIMカードを購入したり、既存のカードを現地のカードに交換したりするのも面倒だった、と彼は付け加える。Faresは当初、会社に45万ドルを自己資金で調達した。彼の以前の会社のエンジェル投資家数人は、さらに275,000ドルを出資した。Celitechはこれまでに合計200万ドルを調達した。Faresは、Kayakの元副社長であるRichard BrattonをCelitechの共同創設者兼最高商務責任者として迎え入れた。同社は2021年の第3四半期にソフトローンチを行い、今年の第4四半期にハードローンチを行う予定。Faresは、Celitechが月間収益目標の$100,000を達成した場合、来年シリーズAラウンドを開始すると述べている。2021 年 10 月、The Phocuswright Conference 2019で旅行イノベーション賞(スタートアップ部門)を受賞したデジタルSIMカード プロバイダーのAiraloは、シリーズAの資金調達で540万ドルを調達した。

(8/29 https://www.phocuswire.com/celitech-raises-1-2m-expand-service?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • プロパティテックFlywat

Flywayは、完全に管理されたセカンド ハウスの共同所有権を提供するプロップテック スタートアップであり、ロンドンで最初の物件を取得するために、1,000万ドルのシード資金と負債による資金を確保した。このラウンドの投資家には、Signal Ventures、Monday Capital、GroupRMC、およびエンジェル投資家の Florian HagenbuchとAlex Chatzieleftheriouが含まれている。

Flyawayマーケットプレイスは、2021年9月にそれぞれ1億2,500万ドルと5,600万ドルを調達したPacasoやKocomoなど、この分野の他の共同所有モデルに加わり、旅行者は予算、ニーズ、場所、家のタイプの好みに合った家の所有レベルを選択し滞在することができる。各住宅は、12株の不動産固有の有限会社に変換される。買い手は希望する株数を選択する。たとえば、家の4分の1は買い手がその年の4分の1の間滞在することを保証し、Flywayは残りのシェアを吟味された買い手に売却する。所有者は、Flywayのアプリを介して、滞在を予約し、共同所有者間の共同費用を管理し、自宅にアクセスできる。Flywayは、清掃、修理、メンテナンスを含むプロパティを管理する。

「これは、DIYセカンド ハウス共同所有モデルが『Airbnb化』され、この不動産セグメントが大幅に拡大する瞬間である。Flywayは、需要の集約、物件管理、スケジューリングなど、セカンド ハウスの共同所有を煩雑にするすべての障壁を取り除く。所有者グループをまとめて組織し、法的手続きを管理し、技術ツールを提供して、所有者が簡単かつ公平に時間をスケジュールできるようにする。さらに、私たちは家自体を管理する」と、FlywayのCEO Nikos Drandakisは言う。Flywayは2021年に設立され、ロンドンとアテネに拠点を置いている。

(8/29 https://www.phocuswire.com/flyway-raises-10-million?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

 

  • レンタル マーケットプレイス Zumper

サンフランシスコを拠点とするレンタルマーケットプレイスのZumperは、シリーズDラウンドに3,000万ドルの資金を追加して、短期レンタル製品を立ち上げた。2012年に設立されたZumperは、毎年1億7,800万を超えるサイト訪問者を抱える、北米最大の個人所有のレンタル プラットフォームであると述べている。現在までに、Kleiner Perkins、Goodwater Capital、Headline、Dawn Capital、Blackstone Groupから1億7,800万ドル以上を調達している。短期賃貸の追加により、Zumperは、年次、月次、および夜間のオプションを提供する最初の不動産市場であると主張している。VrboやBooking.comなどのパートナーからの 500,000を超えるリスティングを比較するプラットフォームを介して、ゲストは追加料金なしで短期レンタル リスティングを予約できる。一方、家主は、Zumperユーザーの間で高まる需要に対応するために、物件を短期としてリストするオプションを利用できるようになった。Zumperの調査によると、プラットフォームのユーザーの3分の1が柔軟なレンタルに興味があると述べている。また、ユーザーの75%が年間1~2か月のレンタルを予約しており、49%が2~6か月の間に1つのユニットにとどまっていることも分かった。「したがって、短期レンタルは、人々が休暇を過ごす方法だけでなく、彼らがどのように生活するかという選択肢でもある」と同社は言う。「従来の短期レンタル業界では、料金が高すぎるため、消費者は適切なリストを見つけるためにさまざまなWebサイトを調べる必要があった。そこで、今日のはるかに柔軟な世界向けに設計された製品を使用して、賃貸人が最高の短期、月間、または長期レンタルを簡単に見つけられるようにする最も包括的なレンタルプラットフォームを構築したいと考えている」と、Zumperの共同設立者兼CEOであるAnthemos Georgiadesは述べている。Zumperは、最近の資金調達で柔軟な生活をするスタートアップのコホートに加わった。先週、Landingは、家具付きの柔軟な賃貸アパートのメンバーシップベースのネットワークのために、シリーズCの資金調達で1億2,500万ドルを調達した。2月、英国のプロップテック企業Lavandaは、Aldarと提携して、1日から1年間の滞在を提供するCloud Livingと言う短期レンタル プラットフォームを立ち上げた。

(8/29 https://www.phocuswire.com/zumper-adds-30-million-to-launch-short-term-rental-marketplace?utm_source=eNL&utm_medium=email&utm_campaign=Daily&oly_enc_id=9229H9640090J9N )

印刷用ファイル

bottom of page