TD勉強会

旅行流通(Travel Distribution = TD)に関する世界のニュース集
 
新着情報

海外事情 6月 7日号  NEW

 

「14. なぜホテル直販上昇」が、ホテルの自社サイトによる直販が、最近大幅に増加していると言っている。 パンデミックが影響して、安全・安心を強く求める旅行者が、一番信頼おける情報を掲載しているホテルのサイトに直接アクセスしていると言うのだ。 少し前にも、同じ理由によってリアルの旅行会社(TTA)のウオークイン客が増えていると言う報道もあった。

 

「5. 旅行会社は、しばしば顧客を無視」が、eメールの70%とソーシャル メッセージの46%が無視されていると言う。 そして、ますます競争が激化する市場で効果的に競争するために、旅行会社は、旅行者に最も人気のあるデジタル サポート チャネル(eメールとソーシャル)を通じて、無視などせず、早期回答を重んじて、パンデミック後の安心・安全を強く求める顧客に対して、カスタマー・サポートをしっかり実行しなければいけないと説く。

 

ある時、大手のホテルの幹部に、「どうしてホテルのサービスは、航空会社に比べて良いのですか?」と聞いたことがある。 彼は「10%のサービス料をお客様から頂いているのですから、グッドサービスするのは当たり前ですよ」と、事もなげに即座に答えた。 そして、このホテルでは、フロントラインの接客スタッフ全員にこのことを厳しく躾ている、と言っていたことを思い出した。

 

最近、病院通いで感じたことがある。 先生がたの中には、PC画面を凝視して入力作業に集中し、患者と目すらなかなか合わせない先生が居る(断っておくが、決して全ての先生ではない)。 そして、画面を見つめながら「患者さ~ん、その後どうですか~?」と、“患者さん”の名前を呼んでくれない先生が居る。

インフォームド・コンセントをもっと容易に成立するために、両者の信頼感を増すためにも、なるべく名前を呼んで欲しいものだ。

それに長い待ち時間には誰もが閉口し切っている。 患者さんは、病院にとってある意味“お客様”ではないのだろうか。 病院とホテルの語源は、同じホスピタリティからだと記憶している。 両者の提携により、病院で先生がたのもっと会話能力に長けた良いサービスができないものだろうか? 医は仁術なりと言われているじゃないか。

 

ところで、両者でメディカル・ツーリズムを開発したらどうだろうか。

ググってみたら、三井不動産は、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の敷地内に、国内外からのがん患者やその家族、研究者などを受け入れる施設を建設、2022年の開業を目指す。 大阪国際がんセンターは、受診や入院中、術前術後ケア、またはこれらの前後において宿泊を希望する患者やその家族のために、宿泊料金の割引制度を設けた「連携宿泊施設」を案内していることが分かった。 自分が知らないだけで、すでにちゃんと提携している。

海外事情 5月31日号

 

Expediaが、一昨年の暮れの業績悪化に伴ったCEOとCFOの突然の同時交代後、積極的にリストラを推し進めている。 「2.  (TJ) エクスペディアのリストラ、アップルとベライゾンの幹部採用」は、Expedia Services、Expedia Brands、Expedia Marketplace、Expedia for Businessの“4つの主要な柱”に組織変更し、それらのトップにAppleやVerizonの最高幹部クラスの人材を引き抜いたと書いている。 はて、今月、法人旅行サイトのEgenciaをAMEX GBTに売却したばかりだというのに・・・何故Expedia for Businessの新部門が設立されたのだろうか? この売却と同時に両社が合意した戦略提携にその解がありそうだ。 観光需要と法人需要の両方を、双方が今後も力を合わせて販売して行くというのだろう。

 

Googleが、バケーションレンタルの検索を追加した(「18. グーグル、バケーションレンタル追加」)。 9-11の混乱が、航空業界でLCCを誕生させた。 今度はCOVID-19パンデミックが、ホスピタリティ業界で本格的な短期レンタル市場を誕生させている。 先週号でも「4. 短期レンタル、2019年需要を突破」の記事があった。 今では宿泊市場のおよそ4分の1を構成するまでになっている。 混乱の後には、新たなイノベーションが必ず生まれると言われている。

 

エアビーは、新たに曖昧検索機能などを追加して、この市場の来るべき激戦に備える。 Googleの参入によりAirbnbのブランドマーケティングは影響を受けないのだろうかが気にかかる(「7. エアビー、これまでで最も包括的アップデート」)。

パンデミックで一時停止していたエアビーの新規事業はどうなっているのか。 同社の共同創立者の1人で兼最高戦略責任者のNathan Blecharczykは、「交通機関やホテルなど、パンデミックの最中に一時停止されたビジネスユニットには“多くの成長の可能性”がある」と述べている。

 

「5. テクノロジーが世界を動かす鍵である理由」と「13. デジタルCOVIDチェック無しでは空港混乱」を読めば、いかにトラベルテックが必要なのかが良く理解できる。 デジタル認証テックが存在しなければ、旅行者の健康チェックに長い時間がかかり、空港におけるボーディングやホテルのチェックインは、混乱どころか実施困難になってしまうだろう。 LHR空港のターミナル5だけでも、COVID-tested便の搭乗前後のPCR検査で、約500人の新たなスタッフの採用が必要だとの試算も存在する。 世界標準と相互運用性を持つ統一された健康パスポートのアプリが不可欠なのだ。

2021年5月24日号 編集人コメント

 

先週号に続いて、旅行市場の回復をレポートする記事が並ぶ。 ワクチン接種が進んでいる欧米では、業界の待ちに待ち続けていたパンデミックの収束がやっと期待できそうなので、自然とそれに関する記事も多くなる。 ワクチンに加え健康パスポートの流通が回復促進をさらに加速させるだろう。

 

パンデミックで人員整理を余儀なくされたホテル業界が、予想されていた通り今度はスタッフ不足に遭遇している。 この問題を軽減するために、非接触テックの導入や自動化などによるフロントデスク廃止や事務の効率化が求められている。 航空会社でも、セルフのKIOSKテクノロジーで代替して、この際、空港のチェックインデスクを廃止しろと言っている。 航空会社の空港旅客接遇部門の無人化が始まる。

 

ロックダウンに対応して自動車を中古市場で売却してしまったレンタカー業界では、車不足が発生しているという。 半導体不足のために自動車生産が遅れており、レンタカー不足はおいそれと直ぐには解決できそうもないそうだ。 そのため料金が大幅に高騰している。

 

旅行市場が回復し始めた時に、事業の再開に集中するばかりに、懸案のサステイナビリティー(環境問題)やダイバーシティとインクルージョン(D&I)の経営課題についても忘れてはいけないと戒める。 米ホスピタリティー業界では、パンデミックで黒人従業員が不釣り合いにより多く失職しているという。

 

この他、日本のTravel.jpによる法人旅行チャットの立ち上げの記事があった。

これは、Kayakの共同創立者Paul Englishが2014年に作った法人旅行チャットLolaと似ている。 この会社は、2019年3月のシリーズCまでで、合計8,170万ドル(約90億円)の資金調達に成功した。 パンデミックで安全安心な旅行を求める旅行者にとっては、このような24/7のコンセルジュタイプのモバイルアプリは必須のツールとなり始めている。

海外事情 2021年 6月 7日号  NEW 
  1.  (TJ) サウスウエストとセーバー、7月26日GDS開始

  2. (TJ) TUIのツアープラットフォームNezasa

  3. 新興企業ステージ:旅行VIDEOシェアリングNaviSavi

  4. VIDEO:旅行のデジタルセキュリティー

  5. 旅行会社は、しばしば顧客を無視

  6. Cosi、Friendly Rentals買収

  7. コーチとメンター、市場回復で業界支援

  8. Operto、ホスピタリティテックVRScheduler買収

  9. セキュリティソリューションのPangiam、Trueface買収

  10. 私の足跡 eps 67:MewsのRichard Valtr        第5位閲覧

  11. VIDEO: 旅行IDと検証の分散型テクノロジー

  12. アゴダCEO、差別化テクノロジーを語る

  13. 直言:誰が回復のリーダー達をリードするのか?

  14. なぜホテル直販上昇

  15. 5月31日の週の資金調達記事

1. (TJ) 目的地 回復にグーグルとUNWTO支援

2. (TJ) エクスペディアのリストラ、アップルとベライゾンの幹部採用

3. ラーストミニッツ、予約改善管理調整

4. ホテルの直予約

5. テクノロジーが世界を動かす鍵である理由

6. 出張規定変化、ハイブリッドのパターン登場

6. 7. エアビー、これまでで最も包括的アップデート

8. 新興企業ステージ:Live The World

9. メイクマイトリップ、今年下半期の国内旅行回復期待

10. ビッグチェアー:Sankar Narayan、サイトマインダー

11. セーバーByHours提携。ホテルの時間売り

12. eDreams Odigeo、サブスクとワクチンが回復支援

13. デジタルCOVIDチェック無しでは空港混乱

14. 私の足跡ep66: D. Armstrong and S. Kaatz、HolidayPirates

15. VIDEO:バイオメトリック、旅行の迅速・非接触ID先導

16. 直言:旅行の大志のメインストリームにはマスク不要

17. Watch: デジタルトラベル取扱高推移

18. グーグル、バケーションレンタル追加

19. 5月24日の週の資金調達記事

1. (TJ) 旅行需要回復、レンタカー台数不足

2. (TJ) 短期レンタル、2019年需要を突破

3. (TJ) Trip.com、中国国内旅行完全復活

4. (TJ) エクスペ,ブッキング,エアビー異なるマーケティング

5. MyDigitalOffice、Broadvine買収

6. 空港、チェックインデスク廃止すべき

7. 旅行回復と責任、正しいことをするチャンス到来

8. VIDEO: 中東旅行市場回復進展

9. GojekとTokopedia合併、GoTo Groupに

10. GetYourGuide調査、旅行需要回復基調つたえる

11. テクノロジーは、ホテル従業員不足を補えるか?

12. ホテル黒人従業員、より多く失職

13. Despegar COVID影響で減益

14. ワクチン接種の官僚主義、旅行業界を殺すか?

15. 新興企業ステージ:短期レンタルのリネン供給Washbnb

16. 航空会社の旅行者信頼獲得新方法

17. 私の足跡ep65: Alex Cruz 英国航空

18. LIVE BROG:コロナの旅行業への影響

19. 日本Travel.jp、法人旅行チャット立ち上げ

20. 直言:旅行業界、それらのアイディアを大切にしろ

21. Awaze、欧州で買収継続

22. ワクチンパスポート、法人旅行復活支援

23, COVID-19、旅行決済変革

24. 5月17日の週の資金調達記事

 
旅行流通に関する世界の
ニュース集

TD勉強会は、フォーカスライトJapanが、旅行流通(Travel Distribution = TD)に関する世界のニュースを集めているサイトです。

記事の一部は、トラベルジャーナル誌(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD/海外事情」に掲載しています。このサイトには、TJのコラムに掲載された記事以外の記事を、TJ発行日の3日遅れで掲載しています。

世界の旅行流通情報を
ベテランスタッフが意訳

原則隔週で、Tnooz (tnooz.com) 並びにTravel Weekly (travelweekly.com)を含む海外の主要経済紙、業界紙などに掲載された旅行流通に関する最新ニュースを、ベテランのスタッフが意訳・編集して旅行業界の皆様にお届けします。

閲覧には会員登録が必要です。
閲覧ご希望の方は、「お問い合わせ」メニュー(または右の「お問い合わせ」ボタン)からお名前や連絡先などの会員情報をご登録の上、右上の「ログイン/会員登録」から閲覧のためのID(メールアドレス)とパスワード(任意)をご登録ください。​